5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【空知英秋】銀魂 二百十四訓

191 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/11/27(火) 23:08:34.37 ID:BGl+BpYv0
>>182
あたらずとも遠からず。こいつは俺のことをそれなりに理解しているのだろう。

「・・・フン」

「紅桜に飲まれたあの男のことも、お前の計算のうちなのだろう。・・・哀れなものだ」

「あれは、奴が望んだことだ」

「そういうもっともらしい理屈付けをするところも嫌いなんだ」

「嫌いなとこばっかりだな」自嘲気味になる。

「昨日は、・・・俺のことも、あやつと同じなのだろうと思った」

「・・・・」なるほどな。だからか・・・。桂の行動に妙に得心がいく。



こいつは、こういう奴だ、昔から。自分の身のことなど何とも思ってはいない。以蔵に斬られたときですら、自分の斬られたことに怒ったのではない。

俺がしようとしていることに怒り、阻止しようとしてきた。大切なものを守るためならば、自分がどうなろうと関係ないのだ。国でも人でも。

目的のために手段を選ばない、という意味では、こいつは俺と似ている。ただ、犠牲にするのが他人であるか、自分自身であるかだけの差だ。

だが、その差は大きい。だから、いつも相容れない。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)