5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

月詠お婆ちゃんはホームレスとファック【銀桂】

1 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/23(火) 02:52:08.15 ID:TE3xyzDM0
ああ、ホームレスに抱かれたいバカ月詠腐閉経婆さんですたね

2 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/23(火) 02:54:29.83 ID:UnBjRX/e0
公式は銀高

3 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/23(火) 03:00:29.01 ID:kkjvF43F0
公式は銀桂

4 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/23(火) 03:01:07.08 ID:OMoyZ+x90
スレタイに描いてあるし

5 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/23(火) 03:02:00.46 ID:EyCZVoyW0
銀時×桂
銀桂

公式

6 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/23(火) 03:02:57.10 ID:fljxPbqS0
それに呼応して発せられる嬌声は、一度達した銀時と土方の雄を再び硬くさせる。
「もう我慢できない!」
銀時は指を引抜き、猛った自身を桂の秘部に当てがった。
「やっ…いやだ!」
桂は逃げようとするが、がっしり腰を捕まれてはそうはいかない。
「銀時っ、やめ…っつ」
ギチギチ…ギチ

鈍い音を立てながら、銀時自身は桂の中に埋め込まれていく。
「ぁ…っうぁあ…」
経験したことのない激痛に、桂は瞬きも呼吸も出来ずにいた。
「い…息吐いて、銀サンの食いちぎるつもりぃ?」
「オイ、万事屋。桂座らせろや。」
銀時は梁に縛った紐を短くして桂の上体を起こすと、後ろから抱き抱える体位変えた。
「ひっ…」
自分の体重で銀時自身を根本まで咥え込んでしまった桂は、体を硬直させてしまう。
「力抜いてやるよ。」
土方は桂自身を取り出すと、咥えた。
「はぁっ…」
突然の甘い刺激に、桂はふっと脱力する。
「ヅラ、動かすから」
銀時はゆっくりとした律動を開始した。
「痛ぃ…やめ…、あぁ…熱ぃ、銀時っ」
熱に貫かれ、うなされるように喘ぐ桂。
「ヅラァ、もっかい名前呼んでよ。」
「?…銀時…、うぁ!」
より奥に銀時自身が当たる衝撃に悲鳴を上げた。
「銀時…、お願い…抜いて、ぇ」
「俺が抜いてやるよ。」
土方は桂自身を強く吸った。
「やぁ…そっちじゃ、ないぃっ!!」
急に襲った激しい快感に射精感を抑え切れずに白濁を溢れさす。
「ちょっ、ヅラっ…っ」
達した時の秘部の締め付けに銀時もまた達した。
「はぁぁ…ん、」
中を満たす、熱に桂も熱い吐息を漏らした。
「ごめん、中出ししちゃった。」
「何、その"イッケネ"顔」
「ひっ土方、貴様飲んだのか!?それはマヨネーズじゃないぞ!」
「「なんて馬鹿な子!?可愛すぎる!」」
改めて桂に萌える二人。
「いっ!」
桂は銀時自身が引き抜かれる感触に身震いした。
「い…痛い、」
「俺は気持ちよくさせてやる!」
「いぃ!しなくていいから、マジで!」
土方は嫌がる桂に自分を跨がせる。
「や…ちょっ、ひゃ!」
胸の突起を口に含むと、舌で転がしたり、軽く歯を立てたりした。
「んっ…土、方」
快感に眉を顰めて、堪える様は妙にそそる。
「い…ぁ」
銀時を受け入れたばかりの秘部に、今度は土方が咥えこまれていく。
銀時の精液が潤滑油となり、スムーズに入った。
「あっ!」
「どうした桂ぁ?」
「ぁ…貴様、動くな」

7 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/23(火) 03:03:21.02 ID:fljxPbqS0
銀桂公式

8 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/11/01(木) 22:55:52.96 ID:alhGEIQK0
あげ

9 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/11/06(火) 07:49:07.05 ID:vJoUru/20
銀桂公式夫婦
糞月詠爆死

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)