5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

織田信長って一騎打ち弱そうだなwww

1 :人間七七四年:2010/06/16(水) 09:39:06 ID:UOpwU+Z7
所詮口だけ番長。


2 :人間七七四年:2010/06/16(水) 10:17:43 ID:jLhzHz5g
一騎打ち強い大名は滅亡フラグ
義輝とか氏真とか

3 :人間七七四年:2010/06/16(水) 12:04:19 ID:icjLLFPc
戦争に関して織田信長が弱かったのは定説

4 :人間七七四年:2010/06/16(水) 12:39:07 ID:LvOTx5Fr
信長は毎日熱心に武芸の稽古してただろ。
秀吉は信長を並ぶものが無い勇将とかいってなかったっけ
あと尾張時代自ら敵将を討ってたよな

まあ焼けた斧握って「見たかーー!!」って言う人だからな

5 :人間七七四年:2010/06/16(水) 12:46:31 ID:LvOTx5Fr
林美作と柴田勝家が叛いたときだ。
「信長、林美作をつき臥せ、頸をとらせられ〜」

で、大音声で絶叫し、びびった相手が総崩れ。
「相いがかりに懸かり合ひ戦う所に、爰にて、上総介殿大音声を上げ、
御怒りなされ候を見申し、さすが御内の者共に候間、御威光に恐れ立ちとどまり、終に迯崩れ候キ。」

6 :人間七七四年:2010/06/16(水) 14:51:32 ID:80NYY2lG
本能寺で部下に簡単にやられちゃうキャラ

7 :人間七七四年:2010/06/16(水) 15:19:38 ID:Sq1L12ur
信長公記にも若年から兵法(剣術)の稽古をしていたと書いてあるし、
当時の日本人としては長身だったみたいだから、弱くはないだろう。
本能寺でも弓と鑓で奮戦してるしさ。

8 :人間七七四年:2010/06/16(水) 21:13:20 ID:jLhzHz5g
つーか
殆どの大名がある程度武芸を心得てると思うが
むしろ武芸やってない大名はいるのか?

9 :人間七七四年:2010/06/16(水) 22:20:10 ID:Sq1L12ur
>>8
>武芸やってない大名

筆頭は秀吉。
他にも北条氏規も否定派。
「兵法などは下郎のもので、数人でも支配する立場ならやるものではない」とのこと。

本多平八郎や大久保彦左衛門も剣術・鎗術無用派。

10 :仙台藩百姓:2010/06/17(木) 01:39:02 ID:JrZNu2Mx
優勢なら大将が武器振り回すような情けない事にならないものね( ^ω^)

11 :だぅ:2010/06/17(木) 02:09:46 ID:fQ5iZPlK
信長も敵のクビ取って喜んでた氏郷の事批判してたしな
まぐれでもズブリとやられたら
どんな屈強な男でも終りだもんね

12 :だぅ:2010/06/17(木) 02:16:26 ID:fQ5iZPlK
鉄砲つう凶暴な武器発明されてから女子供でも殺せるようになった
一騎打ちとか時代錯誤

13 :人間七七四年:2010/06/17(木) 12:13:47 ID:k/YpNpO4
>>12
ここまで誰も日本の戦国時代に一騎打ちてw
って突っ込まずにいたのに・・・ネタにマジレス

14 :人間七七四年:2010/06/17(木) 12:55:39 ID:4eqwyDK9
自分の貧弱な知識を見せびらかしたいだけなんでしょうな

15 :人間七七四年:2010/06/17(木) 14:58:26 ID:0ggxH+CZ
↓以下全国大名で誰が一番一騎打ちが強いか

16 :人間七七四年:2010/06/17(木) 14:59:25 ID:0ggxH+CZ
ごめん
全国じゃなくて戦国

17 :人間七七四年:2010/06/17(木) 15:21:23 ID:6CBMD89Y
秀吉なんて貧弱で身長150ないんだろ。
女とやっても負けそうだな。

18 :人間七七四年:2010/06/17(木) 17:43:56 ID:93AoP0/D
>>17
168cmの茶々様と殴り合ったら負けるだろうねw

19 :人間七七四年:2010/06/17(木) 18:25:48 ID:8wzfOaXo
>>13
一騎打ちは戦国時代でもたまにやってるけどな

20 :だぅ:2010/06/17(木) 20:46:10 ID:nNiMrPxj
組討するときは一騎打ちになるだろ
知識が薄いのはお前だヴァカ>>13-14

21 :人間七七四年:2010/06/17(木) 20:56:50 ID:hTWrjEGo
>>11
氏郷も(お前だけには言われたないわ!)と思ってたろうなw

22 :人間七七四年:2010/06/18(金) 00:59:00 ID:JuFpuoDJ
結局まだ早杉の時勢を読み取れなかった信長は負け組

23 :人間七七四年:2010/06/18(金) 07:59:32 ID:mbiRHC1q
>>19
そういうのは一騎打ちとは言わない。
1対1の戦い=一騎打ちではなく
文字通り騎馬に乗った大将同士が1対1の果し合いをする事を一騎打ちという。
組討ちが一騎打ちなら戦場中が一騎打ちだらけの戦いになるだろ

24 :人間七七四年:2010/06/18(金) 08:30:35 ID:+3ysBRk+
>>19
無知な癖にえらそうにレスして恥ずかしいやつ

25 :人間七七四年:2010/06/18(金) 12:23:07 ID:XCa0gOEI
このしとひつこいね

26 :人間七七四年:2010/06/18(金) 14:54:11 ID:PehKicMq
大将の首取れば農民でも大出世。
首狙われるんだから鍛えないとダメだろ。
小田原城や大阪城に篭っているウンコ以外は。

27 :仙台藩百姓:2010/06/18(金) 16:05:27 ID:V2YiT8ns
雑兵なんかがいくら首取っても出世なんてたかが知れているお( ^ω^)
兵が大将首取っても指揮官の手柄になるのが普通だからだお
討ち死にした将達が直接誰に討たれたかは曖昧な事が多く
名が明瞭でもその後その者がどうなってしまったか分からない事も多い事を考えれば
いかに個人の武功なんて些細な事かよく分かるお( ^ω^)
そして前代未聞の大出世を遂げた秀吉が全く腕が立たず
首一つ取った事あるか怪しいのを考えれば出世に何が必要か一目瞭然だお( ^ω^)

28 :人間七七四年:2010/06/18(金) 17:11:48 ID:/kabd/PO
褒賞なり名声なり人柄なりで
脳筋武辺者を従えて手足の如く扱えば良いまでよ

秀吉、昌景みたいなチビや如水、道雪みたいな不具者でも
肝の据わった名将に人は付いてくる



29 :人間七七四年:2010/06/18(金) 18:45:49 ID:NRgQltnB
こいつ元ヤンなんだから喧嘩とか強そうなイメージなんだがどうなん?

30 :人間七七四年:2010/06/18(金) 23:03:02 ID:azODZviq
>>23
大将じゃないが、武田信玄の提案で川中島の領有権を賭けて
上杉方と武田方の武士が両軍の見守る中一騎打ちをし、
上杉方の武士が勝ったので海津より北は上杉領になった。

信長って朝倉滅ぼすぐらいまでは槍を手に先陣切って突っ込んでるよね。

31 :人間七七四年:2010/06/18(金) 23:12:13 ID:mbiRHC1q
>>30
何に載ってる話だ?それ。
限りなく胡散臭いけど

32 :人間七七四年:2010/06/18(金) 23:34:02 ID:+3ysBRk+
講談社のを真に受けたんだろ

33 :人間七七四年:2010/06/19(土) 00:06:08 ID:ji7yCZu9
>>23
いや、山中鹿之助と品川大膳の一騎打ちは有名だろう。

34 :人間七七四年:2010/06/19(土) 00:36:52 ID:iw3PMJBE
>>26-27
そもそも、大将が戦場で討たれた事例ってのが
戦国時代全期を見渡してみても、ほとんどないんだよね。
義元さんや道三、小弓公方は例外中の例外だ。
負けてもみんな逃げちまったわけだ。

大将首なんて発想自体、平和な江戸時代人が空想した架空戦記の中の出来事。

35 :人間七七四年:2010/06/19(土) 01:41:27 ID:ji7yCZu9
そろそろ騎馬隊はなかった!とか日本刀は首切り道具!って流れになりそうだな・・・

36 :人間七七四年:2010/06/19(土) 08:50:35 ID:1DlZ22/5
竜造寺隆信や今川義元の数カ国の太守級ですら戦場で討たれる事例がある
地域の領主級の大将が討たれるケースって調べれば結構ありそう

>>34
大名=大将じゃねーからな

37 :仙台藩百姓:2010/06/19(土) 11:39:20 ID:tTE+pDQO
>>34
大名だけではなく陣代の大将や侍大将とか足軽大将とかもだお( ^ω^)
それに大名が討ち死になんて事は滅多にない珍事なわけだけど
つまり討てれば大手柄なのに
宇都宮尚綱、佐野宗綱、足利義明、今川義元、明智光秀、龍造寺隆信
などを討った者はたいした出世をしていないお( ^ω^)

38 :人間七七四年:2010/06/19(土) 12:25:28 ID:rYngc/gS
今川義元とか龍造寺隆信とかが討たれたのは
本当に戦国でも「珍事」の部類に入るから大きな話題として残ってるわけで
大名クラスの人物が「一騎打ち」なんてしないけどな、とマジレス

39 :だぅ:2010/06/19(土) 16:07:16 ID:sEupMGGk
戦場で死んでる奴沢山いるじゃん

大名は少ないかも知れないけど

中川清秀、武田信繁、森可成etc

40 :人間七七四年:2010/06/19(土) 17:05:08 ID:rYngc/gS
だから、そいつらが一騎打ちやったってソースはどこから?

41 :人間七七四年:2010/06/19(土) 20:23:51 ID:sUIMdO1G
戦死した大名って大半は敵に討たれる前に自刃してる様な…。ガチで最後まで戦って
殺された人っているんだろうか

42 :人間七七四年:2010/06/19(土) 22:54:37 ID:rYngc/gS
義元はかなり奮戦してるよ

43 :人間七七四年:2010/06/20(日) 00:15:36 ID:dxk+SZE9
最後まで自ら奮戦するっつーのは自刃する間もなく乱戦になった
ってパターン多いんじゃねぇかな

44 :人間七七四年:2010/06/20(日) 00:42:24 ID:gRyzW/7T
>>40
>>34で、大将が戦場で討たれた事例が戦国時代全期を見てもほとんどないってことへのレスだから
一騎打ちは関係ないだろ。

45 :人間七七四年:2010/06/20(日) 19:29:25 ID:noUMJlC2
城攻めの場合、時間稼ぎがしやすいから自害する時間はありそうだね
野戦時に強襲された場合だけかな
竜造寺隆信、今川義元、守護だと安芸の武田元繁、あと三好兄弟のだれかも
戦場で死んでなかったっけ

46 :人間七七四年:2010/06/20(日) 19:40:06 ID:2WpatVuD
戦国武将自害多すぎ。
ホントに強かったら自害しない。
やっぱ腕力や剣術が雑魚レベルwww


47 :人間七七四年:2010/06/20(日) 20:01:06 ID:+zB7/J9W
>>46
お前死ぬなら名前もわからない雑兵に惨めに殺されるのと
自分で潔く自決すんのどっちがいいの?
雑兵がいいとは恐れ入るな

48 :人間七七四年:2010/06/20(日) 21:03:59 ID:2xW8dXi9
>>41
大名ではないが、将軍・足利義輝はガチ。

49 :人間七七四年:2010/06/22(火) 06:35:42 ID:bw83nTDs
武田勝頼は血気にはやるあまり戦国無双を地で行ってしまい
「お前何やってるんだ馬鹿!雑兵の真似事してんじゃねえ!」
って信玄にこっぴどく怒られたそうな

50 :人間七七四年:2010/06/22(火) 09:19:13 ID:4vAIKdqI
蒲生氏郷「信玄さんダセェw」

51 :人間七七四年:2010/06/22(火) 11:05:49 ID:WeGJv+gj
たまには大将がつっこんだ方がいいと思うの

52 :人間七七四年:2010/06/23(水) 16:27:47 ID:5jQsmvTb
怖くて前線に出ないチキン信長www

信長の野望の武力とは一致していないのは明らか。

53 :人間七七四年:2010/06/23(水) 21:15:17 ID:9WjbEiHt
>>52
天王寺でも対朝倉の最終戦でも先陣きって突っ込んでるよ?

54 :人間七七四年:2010/06/24(木) 09:19:56 ID:MMdW9fs8
前線に出てないとかどんだけ知識少ないんだよw
無知な癖に得意気に書き込むなよ

55 :人間七七四年:2010/06/24(木) 18:19:50 ID:tZPjCupp
まあ、大軍の将帥が最前線で戦うのは愚策なんだけどな。
前線の鼓舞は他の武将に任せて、
本陣は武田信玄のようにどっしり構えているのがいい。

アレクサンダー大王や、グスタフアドルフ、上杉謙信、最上義光、蒲生さんみたいな例外もいるが・・・

56 :人間七七四年:2010/06/24(木) 18:39:20 ID:Gz0thROg
項羽「強くない大将とか誰得だよ」

57 :人間七七四年:2010/06/24(木) 22:14:45 ID:dxenJES/
輝元「・・・そんな目で俺をみるなお…」

58 :人間七七四年:2010/06/27(日) 19:08:02 ID:Raq4Tjzp
馬に乗らずに剣術とかで戦えば強そうな大名
 足利義輝、今川氏真、北畠具教、徳川家康?
前線指揮官としても活躍できそうな大名
 佐竹義重、織田信長、北条氏康、戸沢盛安
よくわからないけど何となく強そうな大名
 上杉謙信

59 :人間七七四年:2010/06/27(日) 19:29:23 ID:Raq4Tjzp
馬に乗らずに剣術とかで戦えば強そうな大名に
 六角義治、最上義光
を追加します
 長宗我部元親は何とも言えん

60 :人間七七四年:2010/06/27(日) 19:43:42 ID:WvyC4e52
柳生宗矩も剣術を使えば強い大名だと思う

61 :人間七七四年:2010/06/27(日) 19:55:19 ID:Raq4Tjzp
柳生宗矩は戦国大名と言えるかな?

62 :人間七七四年:2010/06/27(日) 20:34:30 ID:FOSTjSa8
まあ、大名になったのは「戦国時代」ではないよな

63 :人間七七四年:2010/06/28(月) 11:36:35 ID:/17Rz++b
刀振り回して大将が一人突撃なんて天地人の兼続じゃないんだから・・・

64 :人間七七四年:2010/06/28(月) 12:02:42 ID:NnC/vRoP
現実は刀なんかすぐ折れたり刃こぼれがすごいのに
振り回して突撃とか無理じゃないか
一騎打ちなんてもっと変

65 :人間七七四年:2010/06/28(月) 17:44:12 ID:f9recSjV
戦国時代の一騎討強そうな面々は
源平合戦のころに生まれればきっと幸せだったろうに。

66 :人間七七四年:2010/06/29(火) 00:13:06 ID:7xqS2Teb
源平合戦は馬上に弓矢で一騎討の時代だから、
いくら鑓や刀が得意な戦国武士が向かって行っても
近付く前に射殺されちゃうよ。

67 :人間七七四年:2010/06/29(火) 06:09:31 ID:qMjyrl8p
源為朝に勝てる戦国武将いないだろ。
腕力が違いすぎる。

68 :人間七七四年:2010/06/29(火) 06:56:36 ID:3A6Bm79i
所詮軍記物だろ

戦国時代が実質武将最強時代だったと思うけどな
戦場の殺し合いの技、個人武芸、武具、全てがあの時代にはそろってた

69 :人間七七四年:2010/06/29(火) 20:51:52 ID:LQ6oIa+s
>>64
戦国時代に実戦で使われてた刀は、あつがさねといって
鉈を長くしたような物で切るより叩くことを前提にしたような刀です
想像がつかないなら自分で鉈を買ってきて使ってみなさい、ただし安物ではなく
ちゃんとしたやつを買いなさいね

70 :人間七七四年:2010/06/29(火) 22:21:17 ID:UC2YPKRx
細身のなんか使うわけないしな
ぶっちゃけ切れるより殴り殺す感じじゃないか
槍も突くより叩く感じだし

71 :人間七七四年:2010/06/30(水) 11:25:01 ID:MNs4X8X0
最上義光なんて金棒だしな

72 :人間七七四年:2010/07/03(土) 04:23:33 ID:iy9o5BLp
西洋鎧着けてるから実は一騎打ちなら無敵っぽいな信長
本多とか相手だと無理だろうが

73 :人間七七四年:2010/07/03(土) 10:56:18 ID:8+XEMnk7
マジレスすると
信長が『南蛮笠』を愛用していた記録はあっても
西洋甲冑を持っていた証拠はひとつもないんだわ。

信長のイメージが、いかに創作されたものが多いかってことなんだよな。

74 :人間七七四年:2010/07/03(土) 16:57:28 ID:iy9o5BLp
鎧来た信長自体あまり一般的じゃないと思うw

75 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 07:49:01 ID:RWCXm4p0
足利義輝に一騎打ちで勝てる戦国大名はいるか?

76 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 08:14:43 ID:ZLTc962x
鬼武蔵に百段と人間無骨のセットなら

77 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 09:03:46 ID:1zsumQrm
>>65
南北朝期
>>68
それはない
むしろ一番弱いだろ

78 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 10:56:56 ID:lu0S2ZM0
織田信成は信長の子孫ではなかったぁぁぁぁ!!!!
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/lobby/1277464457/1-100

79 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:43:49 ID:AhnpJg3x
>>68
戦国時代、ヨーロッパ人たちは日本人は頑健で、自分たちはひ弱だ、と記しているからな・・・
少なくとも今では考えられないほど元気だったんだろう

80 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:46:17 ID:7oH/6RVR
戦国時代は肉なんて殆ど食ってなかったのになぁ

明治時代の日本人も白兵戦は無茶苦茶強かったんだがな

今はなんでもかんでも日本人の体格のせいにする風潮があるけど

81 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:54:23 ID:euBsXOjA
>>80
結構食ってるよ山鳥、鶴、猪、鹿、熊、
牛を食わないというだけだろ、まあ貴族なんかは汚れ思想というやつで
四ツ足は食べなかったそうだがな

82 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/12(月) 16:35:35 ID:rZLTjxyo
現代なら亀田みたいなキャラ。

83 :人間七七四年:2010/07/12(月) 17:13:27 ID:SteHhcXi
稲生の戦い 弘治二年八月(1556)
織田信秀の死後弾正忠家を継いだ信長だったが、反対する勢力が弟信勝をかついで敵対した。篠木三郷の領有権を巡って対立は顕在化、稲生の地(現名古屋市西区)で衝突した。
信長軍700、これに対する信勝軍1000(ただし信勝自身は出馬せず、柴田勝家が指揮。兵力のうち300程度は柴田の兵と思われる)さらに林秀貞、美作守兄弟軍700が加わる。
二倍以上の兵力を相手に信長は苦戦したが、信勝軍にも弱みがあった。それは兄弟の母土田(土田)御前が信勝の末森城にいたこと。
信長母子は不仲だったといわれるが、信長の首を前にして土田御前がどう反応するかわからない。戦場では信長と関わりたくない、というのが信勝軍参加者の思いであったろう。
事実、信長本陣近くまで攻めよせた信勝側の兵が。信長の一喝を受けて逃げ去った、と公記は記す。
これに業を煮やした林美作守は、自身で槍をとり信長へ肉薄した。美作守は反信長派の中心的存在で、この戦いを起こしたのも彼だった。
信長もこの挑戦に応じ、二人の一騎討ちとなった。結果はもちろん信長の勝ち。美作守を突き伏せて首級を挙げた。
戦国時代としては小規模な戦いだが、事実上の大将同士の決戦で勝敗が決まった珍しい戦い。


84 :人間七七四年:2010/07/12(月) 20:43:04 ID:yC8Mpdrv
その頃の信長はマジでヤンチャだからなぁ
小姓引き連れて暴走族みたいな状態だったしw

殆どバサラの政宗だろw

85 :人間七七四年:2010/07/12(月) 23:20:55 ID:T+gGDmy7
宣教師が、信長は異常な声帯を持っていて
何kmか先まで聞こえる大声だって言ってたな

86 :人間七七四年:2010/07/14(水) 22:25:57 ID:SCecNpQ7
「うぉぉぉおおおおりゃあああああ、俺が信長だあああ!!!  夜露死苦!」

87 :人間七七四年:2010/07/14(水) 22:30:08 ID:P68l/lQ7
結構強かったということで



このスレ終了----------------------------------

88 :人間七七四年:2010/07/15(木) 15:57:57 ID:slMKD8v5
>>87
勝手に終わらすな

89 :人間七七四年:2010/07/15(木) 21:48:30 ID:8LgxaaTJ
>>79-80
信長の家来になった黒人(ヤスケ)は
当時の日本人から見ても滅茶苦茶強かったようだけど。史料によれば。
彼はあくまで例外的な存在であり、一般的な人同士の比較なら
当時の日本人は黒人よりも肉体的に強かったの?

90 :人間七七四年:2010/07/20(火) 15:03:39 ID:hkmAJcNd
>>83
兄弟ファイトでは勝っても世間では強いとは思われないし
相手弱いんだから盛り上がらない。
織田家なんて信雄見ても判るようにヘタレ一族。

91 :人間七七四年:2010/07/22(木) 03:58:38 ID:+lqzlT1V
信長はここぞって時は陣頭指揮するからな
一騎打ちに弱いってこともないだろう
その代わり、鉄砲で撃たれて負傷したりもしている
あれが三国志の呉の周ユのように鎖骨をやられていたら、致命傷ものだったろう

92 :人間七七四年:2010/07/22(木) 17:22:51 ID:F77k+1mY
鎖骨って本来は人体に必要のない骨なのにな

93 :人間七七四年:2010/07/25(日) 16:04:19 ID:PCdW/lRb
信長は気性的に孫策・周ゆクラスでOK?


94 :人間七七四年:2010/12/20(月) 22:24:02 ID:D1oOQde2
ううん
忍耐強く、戦運が自らに味方しない時も心気闊達
カエサルクラス

95 :人間七七四年:2010/12/20(月) 22:29:54 ID:D1oOQde2
>>73
証拠がない≠そうではなかった
史料絶対主義に毒されないようにね。

>>79
おそらくはドワーフのような体型だったと思われる>当時の日本人

>>80
日本人や中国相手にしてもしょうがない。
あと、体格が重要だといわれるのは武術がスポーツになったから。

>>89
肉体的には圧倒的に黒人だよ。

>>90
兄弟じゃねーよ馬鹿。
相手も弱くない。
数少ない例外だけ出して「見ても判るように(キリッ)
>>90はアホの典型。

96 :人間七七四年:2010/12/22(水) 14:19:06 ID:ETzmLECn
>>95
資料もないのにそうだったと思い込むって
単なるお前の妄想至上主義なんじゃねーの

信長公記を見る限り稲生は信長が大声あげたら敵が崩れたそうだぞ
ついさっきまで仕えていた相手なんだから、そりゃ士気ももろいわな

ひらたくいうとお前は阿呆の典型

97 :人間七七四年:2010/12/23(木) 13:12:49 ID:QF4WQW6w
最後の1行でお前のレスは完全に信用を失った

98 :人間七七四年:2010/12/23(木) 14:37:03 ID:ox9ivkf0
と思いたい信長厨であった

99 :人間七七四年:2010/12/23(木) 20:12:27 ID:IzyyeUJB
>>95は何を基準に歴史を見てるんだろうなw
史料は基準にならないらしいがw

100 :人間七七四年:2010/12/24(金) 01:23:32 ID:C7ODVqmB
自演するから信用を失う

101 :人間七七四年:2010/12/24(金) 18:07:15 ID:g961Ikfu
自演だとwww
誰が見ても突っ込みどころ満載だからみんなに叩かれてるんだよw

102 :人間七七四年:2010/12/27(月) 18:24:01 ID:o7hKlI5b
みんなって…
オレとお前と>>97>>100しか居ないじゃん
それとも書き込んだことを忘れたか

103 :人間七七四年:2010/12/28(火) 00:00:25 ID:ozPPXdd8
おれは>>73>>101を書いたけどw

104 :人間七七四年:2010/12/28(火) 10:40:35 ID:7+/9jgms
まあそれだけ妻んねえスレということだ

105 :人間七七四年:2011/01/03(月) 00:31:24 ID:4dm6/ykq
× 打ち
○ 討ち

まずは漢字の勉強だな。

106 :人間七七四年:2011/07/09(土) 12:21:39.13 ID:xEr9FKBY
チキン野郎だったからそれを隠すために、大量虐殺なんてしたんだろうな
飯も食えなくなる日も多々あったと聞く

107 :人間七七四年:2011/11/14(月) 01:12:02.42 ID:rYXBrRbx
重複に付き誘導

織田信長は過大評価されすぎ9
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1320387370/l50

108 :人間七七四年:2012/07/01(日) 00:15:47.93 ID:cktX4iLJ
重複に付き誘導

織田信長は過大評価されすぎ11
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1336979591/l50

109 :人間七七四年:2012/07/06(金) 01:45:23.60 ID:r3fNwGiL
一騎打ちwww

110 :人間七七四年:2012/07/11(水) 15:57:34.65 ID:QHRXlnNv
上杉・武田の作り話を信じてる馬鹿なんだろう

111 :人間七七四年:2012/07/14(土) 21:35:40.51 ID:sOI+Lc63
test

112 :人間七七四年:2012/07/25(水) 23:18:34.47 ID:YhxiCzrW
「織田信長のオリジナリティ要素とその犯罪性」は、
彼がもし、「明治時代(交通を開いた)に犯罪を犯さずに」今まで来たらば、
その「野望」は達成できたであろう。

彼に必要不可欠だった、
大正時代(総合理学療法の取得)、
昭和時代(資金源となる寝所を築けた)、
平成時代(人脈が成立した)


113 :人間七七四年:2012/07/25(水) 23:19:11.39 ID:YhxiCzrW
>>1

> 大河で信長を演じた役者

左側のタヌキがどうこうで欠席の多い長男は、お父さんに、おじさんに、その場を
委譲し、「所場」だったわけで。

> ・太閤記(1965年 演者:高橋幸治)

遊郭を逃し、

> ・天と地と(1969年 演者:杉良太郎)

勇敢さを持てず

> ・国盗り物語(1973年 演者:高橋英樹)

要素・有資格が成らず増えず

> ・黄金の日日(1978年 演者:高橋幸治)

愛情のすべてを表さず、青いまま


>>1 (続き)

> 大河で信長を演じた役者

左側のタヌキがどうこうで欠席の多い長男は、お父さんに、おじさんに、その場を
委譲し、「所場」だったわけで。

> ・おんな太閤記(1981年 演者:藤岡弘)

生みの親を知れず

> ・徳川家康(1983年 演者:役所広司)

父親を知れず

> ・武田信玄(1988年 演者:石橋凌)

(生みの親の種類で、武田真眩(甲府)の人の川の人間である武田信玄)=ぶどう農家の次男を知れず

> ・春日局 (1989年 演者:藤岡弘)

ホテル経営も知らず


114 :人間七七四年:2012/07/25(水) 23:19:42.59 ID:YhxiCzrW
>>1 (続き2)
> 大河で信長を演じた役者

左側のタヌキがどうこうで欠席の多い長男は、お父さんに、おじさんに、その場を
委譲し、「所場」だったわけで。


> ・信長 KING OF ZIPANGU(1992年 演者:緒形直人)

日本を知らず

> ・秀吉(1996年 演者:渡哲也)

日の本人を知れず

> ・利家とまつ〜加賀百万石物語〜(2002年 演者:反町隆史)

子供の部類を知れず

> ・功名が辻(2006年 演者:舘ひろし)

男女愛を知れず

> ・風林火山(2007年 演者:佐久間二郎)

友情を知れず

> ・天地人(2009年 演者:吉川晃司)

舶来のルートも知れず

> ・江〜姫たちの戦国〜(2011年 演者:豊川悦司)

愛の不毛者(15男の左側)が優勝したのも知らず

115 :人間七七四年:2012/07/26(木) 21:33:28.40 ID:ARHQDa+N
大名同士の一騎打ちで本当にあったのは安濃津城攻防戦の宍戸元続vs分部光嘉だけ。


116 :人間七七四年:2012/07/27(金) 04:19:03.76 ID:rJ6VYbe2
島津義弘(悪代官)が倒れた理由は、織田信長が↑あんな風だから(笑)
加えて、島津義弘(悪代官)本人は「ぐうたら」+ほかの犯罪が多すぎた。

CETA日本
登場人物:織田信長 豊臣秀吉 島津義弘 福島正紀 江 > ・江〜姫たちの戦国〜(2011年 演者:豊川悦司)
                         織田信長=愛の不毛者(15男の左側)が優勝したのも知らず
                         

この長い、屏風の絵巻物語(界隈・日本、ALPHA日本、BETA日本、CETA日本、Di-ti日本)は、 
織田信長の「ぐうたら」+周知の犯罪の数々、同立て巻き兄弟殺し など、不正や、嘘、八百長などの構成で、
CETA日本、Di-ti日本が、連鎖的に滅びた(笑)
予め、界隈・日本、ALPHA日本、BETA日本、は関連せず、周知の事成り。
                        

117 :人間七七四年:2012/07/27(金) 04:27:24.53 ID:rJ6VYbe2
>>115
> 大名同士の一騎打ちで本当にあったのは
>>安濃津(あのつ)城攻防戦の宍戸元続(ししどもとのり)vs分部光嘉(はぶみつのり)だけ。

宍戸元続(ししどもとのり)は代官ですし。

分部光嘉(はぶみつのり)も代官ですし。

制裁官として活動していただけであって、一騎打ちではないよ?


118 :人間七七四年:2012/07/27(金) 04:43:06.75 ID:rJ6VYbe2
織田信長はまだ大和武士に交渉している。
CETA日本からDi-ti日本に忙しいが、
真の狙いは、在日朝鮮壊しだろう?(笑)


119 :人間七七四年:2012/07/28(土) 00:38:39.67 ID:82+WPhSv
信長は強いだろ。
腕に自信がなければ自ら武器をとって戦わないだろ。
桶狭間を含めた桶狭間以前の信長は自ら武器をとって戦うことが多かったし。

120 :人間七七四年:2012/07/28(土) 01:13:37.25 ID:r36vQLSi
桶狭間の戦いの時には、織田信長の年の頃は、
なんと、「中年豆ダヌキ」ほどでした。
その以前までは、農業に忙しく、
また、肥満症を抱えていた彼は、その解消に積極的でした。
故に、自ら武器を持って戦うことが多かったことに手伝っていたのです。

121 :人間七七四年:2012/07/28(土) 04:12:59.67 ID:r36vQLSi
織田信長(なまくら・のらりくらり)(憤怒者)・タヌキ

122 :人間七七四年:2012/07/28(土) 12:36:12.57 ID:kE96TOCQ
>>117
日本語でおk

123 :人間七七四年:2012/07/28(土) 15:06:29.26 ID:bKBQNi+0
>>119
尾張統一戦時代は自ら大将討取ってるぐらいのイケイケだったしな

124 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)