5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

史料・資料・文献・日記・書状などを淡々と貼り付けるスレッド

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/31(日) 13:48:52.69
著作権の切れた史料・資料・文献・日記・書状などを、どんどん貼り付けていきましょう!

〜著作権について〜
@1899(明治32年)7月14日以前に亡くなった著者の著作物は著作権フリー。
A2013(平成25)年現在、1962(昭和37)年以前に亡くなった著者の著作物は著作権フリー。
B訳書(口語訳を含む)は翻訳者の没年に準拠するので、いくら古い文献でもAを考慮すること。
C2013(平成25)年現在、1962(昭和37)年以前に公表された不特定著者(法人名義など)の
 著作物は著作権フリー。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/31(日) 13:53:19.40
聯合艦隊解散之辞(れんごうかんたいかいさんのじ)

二十閲月ノ征戰已ニ往事ト過ギ、我ガ聯合艦隊ハ今ヤ其ノ隊務ヲ結了シテ茲ニ解散スル事トナレリ。
然レドモ我等海軍々人ノ責務ハ決シテ之ガ爲ニ輕減セルモノニアラズ。
此ノ戰役ノ收果ヲ永遠ニ全ウシ、尚益々國運ノ隆昌ヲ扶持センニハ、時ノ平戰ヲ問ハズ、先ヅ外衞ニ立ツベキ
海軍ガ常ニ其ノ武力ヲ海洋ニ保全シ、一朝緩急応ズルノ覺悟アルヲ要ス。
而シテ武力ナル物ハ艦船兵器等ノミニアラズシテ、之ヲ活用スル無形ノ實力ニアリ、百發百中ノ一砲能ク
百發一中ノ敵砲百門ニ對抗シ得ルヲ覺ラバ、我等軍人ハ主トシテ武力ヲ形而上ニ求メザルベカラズ。
近ク我ガ海軍ノ勝利ヲ得タル所以モ、至尊ノ靈徳ニ頼ル所多シト雖モ、抑亦平素ノ錬磨其ノ因ヲ成シ、果ヲ
戰役ニ結ビタルモノニシテ、若シ既往ヲ以ツテ將來ヲ推ストキハ、征戰息ムト雖モ安ンジテ休憩ス可カラザル
モノアルヲ覺ユ。
惟フニ武人ノ一生ハ連綿不斷ノ戰爭ニシテ、時ノ平戰ニ由リ其ノ責務ニ輕重アルノ理ナシ。
事有レバ武力ヲ發揮シ、事無ケレバ之ヲ修養シ、終始一貫其ノ本分ヲ盡サンノミ。
過去ノ一年有半彼ノ風濤ト戰ヒ、寒暑ニ抗シ、屡々頑敵ト對シテ生死ノ間ニ出入セシコト固ヨリ容易ノ業ナラザリシモ、
觀ズレバ是レ亦長期ノ一大演習ニシテ之ニ參加シ幾多啓發スルヲ得タル武人ノ幸福比スルニ物無シ。
豈之ヲ征戰ノ勞苦トスルニ足ランヤ。
苟モ武人ニシテ治平ニ偸安センカ、兵備ノ外觀毅然タルモ宛モ沙上ノ樓閣ノ如ク、暴風一過忽チ崩倒スルニ至ラン。
洵ニ戒ムベキナリ。
昔者、神功皇后三韓ヲ征服シ給ヒシ以來、韓國ハ四百餘年間、我ガ統理ノ下ニアリシモ、一タビ海軍ノ廢頻スルヤ
忽チ之ヲ失ヒ、叉近世ニ入リ、徳川幕府治平ニ狃レテ、兵備ヲ懈レバ、舉國米艦數隻ノ應對ニ苦シミ、露艦亦千島
樺太ヲ覬覦スルモ、之ト抗爭スルコト能ハザルニ至レリ。
飜ツテ之ヲ西史ニ見ルニ、十九世紀ノ初メニ當リ、ナイル及ビトラファルガー等ニ勝チタル英國海軍ハ、祖國ヲ泰山ノ
安キニ置キタルノミナラズ爾來後進相襲ツテ能ク其ノ武力ヲ保有シ世運ノ進歩ニ後レザリシカハ、今ニ至ル迄永ク其ノ
國利ヲ擁護シ國權ヲ伸張スルヲ得タリ。
蓋シ此ノ如キ古今東西ノ殷鑑ハ爲政ノ然シカラシムルモノアリト雖モ主トシテ武人ガ治ニ居テ亂ヲ忘レザルト否イナトニ
基ケル自然ノ結果タラザルハ無シ。
我等戰後ノ軍人ハ、深ク此等ノ實例ニ鑑ミ、既有ノ錬磨ニ加フルニ戰役ノ實驗ヲ以ツテ、更ニ將來ノ進歩ヲ圖リテ時勢ノ
發展ニ後レザルヲ期セザル可カラズ。
若シ夫レ常ニ、聖諭ヲ奉體シテ、孜々奮勵シ實力ノ滿ヲ持シテ放ツベキ時節ヲ待タバ、庶幾バ以テ永遠ニ護國ノ大任ヲ
全ウスル事ヲ得ン。
神明ハ唯平素ノ鍛錬ニ力メ戰ハヅシテ既ニ勝テル者ニ勝利ノ榮冠ヲ授クルト同時ニ、一勝ニ滿足シ治平ニ安ンズル者
ヨリ直ニ之ヲ褫フ。
古人曰ク勝ツテ兜ノ緒ヲ締メヨト。

明治三十八年十二月二十一日     聯合艦隊司令長官 東郷平八郎

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/31(日) 13:54:42.69
佐久間軍記/松永謀叛

天正五年丁丑十月。攻和州信貴城。松永彈正少弼久秀。大坂ノ附城ヲ守。信長公ニ恨ヲ含本願寺門跡。
サイカノ兵ヲカタライ。大坂ヲ退。信貴城ニ楯籠。其故ハ家康公御登城ノトキ。久秀參會シ奉ル。信長公。
家康公ニ向テ。此翁ハ松永久秀也。天下ノ人及カタキ事多シ。公方義輝ヲ奉戮。主君三好義長ヲ毒殺。
三好一家ト戰。東大寺ヲ焚テ大佛ヲ滅。三好長慶二男左京大夫義繼ヲ挾テ。永禄八年ヨリ同十一年マテ
天下ヲ守。大ニ奢。終ニ義繼ヲハナレ殺之ト。久秀赤面シ額ニ汗シ。頭ヨリ烟ヲ立。其憤ヲ以。謀叛企。
依之十月。城之介信忠大軍ヲ率。和州御進發。佐久間信盛。明智光秀。筒井順慶等。大坂對城ヲ出。
河州ヨリ向其通。久秀從黨片岡城ヲ攻落シ。城主森海老名ヲ討捕。十月五日。信忠ト信貴城ニ會戰シ責メ。
攻久秀久通父子防戰。味方不利。于時信盛與順慶相議シ。サイカノ兵ヲ謀テ。信盛ノ兵ニ相マシヘ。
城中ニイラント告。順慶カ兵ト追ツ返シツ挑戰。シカル所ニ。久秀兼テサイカノ者ヲ謀アイタ。城門ヲヒラキ
引入信盛兵。十月十日。信盛順慶。入城ニ火ヲ放ツ。久秀。天主ニノホリタトヘ骨トナリテモ。信長ヲ
見ハテン物ヲト云テ自殺ス。右衞門佐久通ハ生捕トナリテ被斬。久秀惡逆ツモリ。東大寺ヲ焚大佛ヲ滅モ
十月十日也。到其日滅ヒ。世ニ不思議ヲナスト云々。同年十月。賜播州於羽柴秀吉。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/31(日) 13:57:05.00
光緒二十年對日宣戰詔書(1894年8月1日)

上諭

光緒二十年七月初一日內閣奉上諭。朝鮮為我大清藩屬,二百餘年,歲修職貢,為中外所共知。
近十數年,該國時多內亂,朝廷字小為懷,疊次派兵前往戡定,並派員駐紮該國都城,隨時保護。
本年四月間,朝鮮又有土匪變亂,該國王請兵援勦,情詞迫切,當即諭令李鴻章撥兵赴援,甫抵牙山,
匪徒星散。乃倭人無故派兵,突入漢城,嗣又摯コ萬餘,迫令朝鮮更改國政,種種要挾,難以理喻。
我朝撫綏藩服,其國內政事向令自理,日本與朝鮮立約,係屬與國,更無以重兵欺壓強令革政之理。
各國公論,皆以日本師出無名,不合情理,勸令撤兵,和平商辦。乃竟悍然不顧,迄無成說,反更陸續
添兵,朝鮮百姓及中國商民,日加驚擾,是以添兵前往保護。詎行至中途,突有倭船多隻,乘我不備,
在牙山口外海面,開砲轟擊,傷我運船。變詐情形,殊非意料所及。該國不遵條約,不守公法,
任意鴟張,專行詭計,釁開自彼,公論昭然。用特布告天下,俾曉然於朝廷辦理此事,實已仁至義盡,
而倭人渝盟肇釁,無理已極,勢難再予姑容。著李鴻章嚴飭派出各軍,迅速進勦,厚集雄師,陸續進發,
以拯韓民於塗炭。並著沿江沿海各將軍督撫及統兵大臣,整飭戎行,遇有倭人輪船駛入各口,即行
迎頭痛擊,悉數殲除,毋得稍有退縮,致干罪戾。將此通諭知之,欽此。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/04/12(金) 19:10:06.65
つまんね

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/04/23(火) 09:40:29.31
てめえのほうがつまんねえよ

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)