5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1986年〜1989年

1 :日本昔名無し:2011/09/13(火) 23:03:24.76
バブル期へ突入していった時代


200 :日本昔名無し:2012/01/22(日) 20:45:49.87
90年代後半に「文化バブル?」が起こったのだとしたらマスコミやアーティストが
放っておかない。テレビで「90年代後半大特集」を組むだろう。しかし、
そんなの聞いたことない。90年代後半に思い入れの深い世代なら中年、高齢者にも存在
する。しかしナツメロすらやらない。カバーや猿真似は70〜80年代のものばかり。

他の板では若年層みずから「90年代後半の歌手って誰かいたっけ」ととぼけたレスも
多くみられた(俺も知らんわw)

また「戻れるとしたらいつの時代がいいか」という板では、
98年頃というのはほとんどない。若年層に多いのは2002年ごろである。
2002年ごろというのは俺も(なるほど)とうなづける所がある。
若年層にも90年代後半が暗黒中の暗黒時代であることぐらいわかるようだ。





201 :日本昔名無し:2012/01/22(日) 21:31:46.55
>>200
若者の大半はもう音楽番組なんてみてないからねw
でも残念ながら音楽の国内の消費のピークはその1998-1999年ごろなんだわ
熟年層は自分らの若い時期の音楽にいくにきまっとるだろw
団塊とそれに準じた世代、あとはアイドルヲタくらいしかいま音楽番組なんか
みてないってことよ。90年代を境に細分化も進んだわけで。
またTVに毒されず、脱芸能が進んでいた時代でもあった(これはあの時代、あらゆる業界で顕著)

さて、02年頃がいいという意見だがそりゃ本当か?
CDの消費自体はもうその頃から下がってきている
音楽系の板いったことある??90年代懐古が未だに多いんだけど?
で、確かそのころからカバーや青春パンクで質が下がったという意見も根強い
ためしに90年代にあなたの思うバンドでもユニットでも歌手でもいいから20組くらいあげてみてよ
02年あたりもね、そのセレクトのバランスで文化を語れるか否かが分かるから

202 :日本昔名無し:2012/01/22(日) 22:54:08.10
宇多田のCDとか普通に買ってたよ そういえば・・・

203 :日本昔名無し:2012/01/22(日) 22:54:46.85
>でも残念ながら音楽の国内の消費のピークはその1998-1999年ごろなんだわ

その頃って、日本の音楽もう既にグダグダだったよな。
ウタダが出てきた事で、似非R&Bが若干活気ついたくらいか。

今にして思えば、なんであんな声量の弱い歌手が神扱いだったんだか。

204 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 02:42:46.44
>>203
>今にして思えば、なんであんな声量の弱い歌手が神扱いだったんだか。

正当な歌謡曲だったから幅広い年代に好まれたんだよ。

205 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 15:02:31.88
というより、歌でアメリカに追いついた!という
バカというか痛い感覚があったんだと思うw
全然遠いのに。

206 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 17:08:15.14
>>203
というかあれのお陰で声量の無いペラペラ高音=上手いってイメージ作りができちゃった
で、コピーしまくったような素人に毛が生えただけのをお手軽再生産->Jpop低迷
音楽業界が目先の楽さに飛びついた罰だね

207 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 18:40:12.40
201は細分化と言ってる割にはCDの売上げ量を気にするのだな
売上げ量ならAKBの某曲はピンクレディーを超えたらしいし、今も劣らない状況だw
細分化というのなら、どんな個性的で魅力的な曲が後世に残っているかという所で論じるべきだろう。
当然ながら文化の価値は後世にならないとわからない所がある。

若者が90年代を好むのは当然だろう。それは内容というより彼らの年齢の
問題である。要点は90年代のいつのことかということだ。前半、中盤、後半は
それぞれ違うからである。201のいう通りなら98年頃の文化が熱く若者達に語り継がれて
いるということだろう。


208 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 18:44:45.91
98年ごろ、経済も世の中の雰囲気もドツボなのに文化はバブルだったとするなら
知らなかった我々は本当にバカな人間だったと思う。穴があったら
入りたいぐらい恥ずかしい。しかし、学者も評論家もそういう本を出していないのが
あまりにも不思議なのだ。なぜだか教えてほしい。


209 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 19:00:44.26
>でも残念ながら音楽の国内の消費のピークはその1998-1999年ごろなんだわ

計算方法が違う

80年代・・レコード売上げ数+カセットテープ売上げ数+CD売上げ数+ラジオからのエアチェック数
90年代・・CD売上げ数
00年代・・PCやケータイへのダウンロード数+CD売上げ数

※これらにレンタル屋や友人から借りたCDなどのダビング数が
加わる。

210 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 20:21:11.60
>>207
相変わらず人のいない時間に連投してんのなw
死に体だった邦画業界、ゲーム業界、アニメ業界、またドラマ業界なども
90年代中後半、特に後半は売り上げや革新が混ざった独自の熱気があった
それをわかりやすく文化バブルって形容してる訳(洋楽、洋画もこれに近い)
偶然かあんたのいう02年あたりまでその余波がつづき
そっから先はネタ切れになった、はいい過ぎにせよ
文化的熱気は徐々に終息していくことになる。
まぁここじゃ板違いだから97、98年スレあたりでやるか?
で、20組くらいいつになったらあげてくれんの?

211 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 20:24:30.44
>独自の熱気があった

あんたの主観でしかないわな。

212 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 20:31:56.22
>>211
だからそれをあっちのスレで細かく展開しようって事なんだが
ただ対する相手が髄系反射の1行レスや自演連投で文化的なネタにそもそも疎いんじゃ
意味なかったりもするのよねぇ


213 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 20:33:32.85
細分化に関してだが、当時は売り上げと細分化のバランスがちょうどよく取れてたとこに面白みがあるかもな
大衆受けがミリオン、マニア受けでも頑張れば30万という時代
細分化が数になって現れ、チャートにもある程度反映されたりしてたから
地下に潜ったいまより実態がわかりやすかった。

ネオフォークとインストとアイドルとヴィジュアル系とみんなの唄と
メロコアとミクスチャーとR&Bとavexのダンスミュージックが
ごちゃごちゃになりながらチャートインしていたよーな時代だからな
この時代にCDバブルとともに若者の音楽の価値観がバラバラになってった訳だ
ジャンルの多様化はこれ以降たいして進んでいないとも言える。

214 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 21:37:54.76
小室の90年代後半頃の楽曲は酷かったな。
華原とか、1発撮りでレコーディングやらされてたらしい。
だからCDの歌唱もめちゃくちゃ。
鈴木あみも同じような感じで酷かった。

小室以外の流行ではspeedも、歌唱力もそんなにあるとは思えんし
とにかく声がキンキンうるさかったな。

215 :日本昔名無し:2012/01/23(月) 22:18:54.33
>>214
小室の楽曲が酷いなんてのは90年代後半擁護派ですら認めてるだろw
globeとかアムロの一部に本気だした曲があるくらい、量産期ですから。
基本TMNでマニアックと商業の両立は終わってるよ

歌の酷さはアイドル黄金期の80年代も現在もたいして変わらんけどさw
けっきょくミューマガなんかの名盤特集でオールタイム組まれるような
アルバムやアーティストがその時代チャートにどんくらい反映されていたかとか
そういうとこで質を云々するしかない、そーすると80年代は前半
90年代は中後半〜00年代前半みたいになってしまいがちっていう

216 :日本昔名無し:2012/01/24(火) 11:56:19.13
細分化とか言うなら、戸川純が出てきたりヒカシューやプラスチックスがテレビで変な踊りしてたり
ゴールデンのドラマがいろんな題材扱ってて、邦楽も洋楽も色んな事をやってたバブル前のほうがあったと思うけどな
漫画もアニメも色んなジャンルが同居してたし、サブカルアングラの世界も色んな雑誌が成立してた
バブル以降はむしろ収束していってたじゃん
ビーイング一点縛りとか小室の粗製濫造とか。アニメも漫画も萌えにバトルに収束したし
サブカルなんか消費しつくされるか、文化を支えていた物が収益上がらずに消えるかしかなかった

217 :日本昔名無し:2012/01/25(水) 00:22:48.02
>>216
直前のレスでもいってるがニューウェーブやサブカルの元気だった80年代前半
は確かにそういうムードがあったんだが、それと違う流れでまた細かい文化が
盛り返してきたのが90年代後半〜00年代前半だな
小室やビーイングの裏でポスト渋谷系やバンドブームサヴァイヴ世代がフェスを盛り上げ
新しい感性を持った98年世代も登場し、それらがHEYHEYでDTにつっこまれてた
エヴァの成功で製作委員会方式が定着しバトルや萌えや玩具売り上げに収束しない
わけわからんアニメの企画が通りだし、その中から迷作や名作が生まれたり
PS・SS→PS2・DC時代はファミコン時代以来のアクションやRPGだけに留まらない
バラエティに富んだゲームが受け、利益もある程度出せていた時代
無論そんな時代も長くはつづかなかった訳だけどね

218 :日本昔名無し:2012/01/25(水) 09:44:17.88
でも、90年代後半すぎになるとレコード会社も新人発掘とかに
金かけられんようになったんだよな。それまでの方がアングラにも目がいってた。

219 :日本昔名無し:2012/01/25(水) 10:33:01.33
結局そういうマイナーなのとかアングラサブカルにたどりつくために苦労したんだよね
80年代はまだそのためのパスが各種書籍だの雑誌だので成立してたけど
90年代に入るとネットが普及するまでは需要と供給の点がなかなか線で繋がらなかった

220 :日本昔名無し:2012/01/26(木) 18:02:15.06
>>217
何言ってるのかな?この時代ってプリプリやWinkの時代だよ。
小室やビーイングなんてずーっと後の話だよ。
昭和の話をしてくれませんか?昭和。

221 :日本昔名無し:2012/01/27(金) 09:43:49.75
>>220
バンドブームって言っても結局イカ天系ばっかだったし
福岡大阪のバンド文化から出てきたやつらは基本スルーだったなあ
ガールズパンクも一気に終息しちゃったし
ロケノンやミュージックマガジンはじゃがたらだーパリ発だーマッドチェスターだーばっかり

222 :日本昔名無し:2012/01/27(金) 16:04:10.88
イカ天って関東ローカル

223 :日本昔名無し:2012/01/27(金) 16:10:32.90
>>222
大阪では放送してなかったけど
全国規模でネットしてたよ
名古屋出身だけど見てたもん

224 :日本昔名無し:2012/01/27(金) 21:52:56.21
80ねん代も90ねん代もダッセー!

おっさんって思い出話しか描けないんだね☆
  
2007ねんから文化バブルがはじまった!えへへ♪
おっさんにはわかるまい!
    



225 :日本昔名無し:2012/01/27(金) 23:18:24.51
>>224 とりあえず年と言う字だけは覚えておけ

226 :日本昔名無し:2012/01/28(土) 03:00:37.30
>>220
まずスレの流れをみろよw
で、小室は既にヒットを出してたし、ビーイングもTUBE、B'zを送り出してた
89年の翌年、90年最大のヒットシングルはビーイング
つまりこの時代と地続きみたいなもんで、ずっと後ではないw

>>224
「おっさんのかんがえたゆとりのぶんしょう」丸出しだね

227 :日本昔名無し:2012/01/28(土) 19:12:41.55
>>226
ちょっと時代が違うかな?この時代はビーイングが主流ではないよ
TUBEはメジャーだったけど、まだサザンの亜流と考えられていた
B’Zはまだマイナーっぽく本格ブレイクするのは90年代。
小室は単独ではあまり知名度がなく、まだこの時代はTMNとしての
知名度が高かった。TMNが本格的にブレイクするのも90年代。

228 :日本昔名無し:2012/01/28(土) 19:19:25.48
この時代、BOOWYやレベッカのファンはいたけど、B’Zのファンは
周囲にいなかったと思う。TMNはいたようないないようなって
感じ。渡辺美里の曲は流行ってたけど、小室が作ったなんて
気づいたのは相当後の話。

229 :日本昔名無し:2012/01/28(土) 19:22:24.63
ガキは後付けで知ったかぶりするからなw

230 :日本昔名無し:2012/01/28(土) 21:54:24.08
s

231 :日本昔名無し:2012/01/28(土) 23:07:41.70
TMNはself controlとget wildがヒットして
89年ゴロかな?Carol と 僕らの7日間戦争と続き
90年になってからポテトチップのcmにでてrythm redとかcome on funksって
流れだったような

とにかくスレの年代ではプリプリ、BOOWY,レベッカ、米米クラブ、爆風スランプあたりかな?
で90年になってからリンドバーグ、パーソンズじゃ無かったっけ?

232 :日本昔名無し:2012/01/28(土) 23:16:28.71
>227
ビーイングに関しちゃこの時代が主流とは思ってないよ
でも翌年にBBクイーンズがミリオンだして、稼ぎ頭のB'zが
ブレイクしてるから時代的に「ずーっと後」ではない。
この時代だとTUBEはブレイク済みのB`zデビュー済みだから既に芽が出ていた状態。
TMのブレイクは87年で既にBOOWYやレベッカクラスの人気はあったはず。
88、89年ごろだと小室はアイドルのプロデュースやらソロデビューやらして
単独で音楽番組に出たりしてた時代じゃないかい?
個人的な体験はまた別としても片や売り上げ、存在的には既にある程度世に浸透してた
片や芽が出ていて直後の時代にメジャーになったってとこだろう。
ビーイング全盛期なら93年頃、小室哲也プロデュース全盛期なら90年代半ば〜後半が正しいけどね。

233 :日本昔名無し:2012/01/28(土) 23:43:27.10
BOOWY、レベッカ、美里、TUBE(85〜88年)

TMN、ブルーハーツ、爆風(87〜91年)

X、プリプリ、米米、ユニコーン、リンドバーグ(89〜93年)

エピック全盛期とかバンドブーム視点で見るならこんな感じ?
筋少とかB-Tなんかもいれるとさらに細かくなりそうだが
個人的にはRCやYMOがいた80年代前半の方が好きだけど

234 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 00:06:49.97
あのー年少者さんは90年代からこの時代に遡るクセがあるけど
リアル世代は70年代〜80年代前半からこの時代に下るのよw
時系列で行けば昔から新しい時代へ下ったほうがつながりがわかる
まずビーイングブームってのは後世の名づけ方で当時はそんなのなかったわけ
それと書かれているバンドはこの当時はまだどれも新鋭の類で、
昔から存在しているサザンやユーミン、中森明菜などのアイドル、WINK、おニャン子系の
工藤静香、オフコース、それと洋楽などの勢力があまりにも強くて、混沌としていた。
しかし、BOOWYやレベッカ、TUBEはこの時代短期間に急成長して、とりあえずは売れてた。
若者中心にね。それでもまだまだ。つまり文化全盛期だからBOOWYだけでなく
他もいっぱい売れてた。サザンだって売れまくってた時期だよ?意味わかる?あの米米クラブでさえ
新鋭の類だったわけ。
もちろんこれは90年代に入ると急激にメジャーになるよ。年少者さんは90年代にメジャーになった
ものから拾ってこの時代を観測するからおかしくなる。
ここは80年代後半のスレだから当時の目線で評価したほうが妥当だと思う。

このスレは86〜89だから87〜88が真ん中に来るんじゃないの

235 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 00:20:16.06
>>233
もっといるでしょーそんな単純化できないだろ?
自分の好きなのだけ集めてるよね
サザンは?KUWATAband の時代もあるよね?ジッタリンジンは?
ピンクサファイアは?たまは?BEGINは?THE BOOMは?小田和正は?吉川晃司(complex)は
演歌あげたら吉幾三、歌謡曲なら中森明菜他多数だっているんだかさ
無茶苦茶いるよ、この時代


236 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 00:33:13.19
>>234
後世からつけたのが正解とするならバブルだってそうでんがなw
通りがいいから使ってるだけで、現象としてあったのは確かなんだから。
スレタイの時期はあくまで86〜89だから真ん中が87〜88ってのは苦しくない?
ほかに86年や89年の語れるスレがあるならともかくね。
スレの流れで直前、直後の時代の話になるのはどの年代スレでもあることで
今回は、出てきたバンドの流れを時系列順に並べたら90年代ブレイク組も含まれたという流れ。
でも中心はあくまで80年代中〜後半に入ってるんだけど。
あとビーイングという呼称はあとづけだし、このスレタイ期が全盛期ではないが
言ってるポイントはビーイングはずーっと後ではなく直後に台頭してきたってのと
小室は80年代から既に作曲家として認知されてたレベルっていう2点だけよん
あと文化的というか音楽史的にはバンドブームとアイドルブームの時代は
黒歴史的に語られることが多いと思うんだが?
売り上げ面ではレコードの時代からCDの時代への過渡期でむしろ不振の時代じゃない?

237 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 00:42:26.37
>>235
だからバンドブームのメジャーどこだけに絞ったって書いてあるがなw
それもあくまでブレイク〜活動全盛期ね
ジッヤリンジンやBEGINやらまで入れたら聖飢魔IIやエコーズやルースターズまで
フォローせんといかんくなるがなw
小田和正やサザンはどちらかといえばニューミュージック勢
吉幾三や中森明菜は仰るとおり演歌や歌謡曲

238 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 01:33:20.94
ちょうどこの時代小学生だったけど、光ゲンジのレコードはよく買ってた
レコードは数枚でその後カセットに変えたけど

239 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 09:57:38.21
バンド物以外も、光ゲンジとか良く聞いてたな
wink、アイドル夢工場、乙女塾 coco ribonとかそのくらいの時代かな?
でも当時一番人気があったのは南野陽子かな?

240 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 10:16:07.75
>>238
もうCDはあったけど、まだレコードの人も多かったのかな
カセットというのはうなづける。けっこうこの時期カセット買ったw

241 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 10:22:48.70
>>236
いや、俺はこの時代、音楽的に不振とは思えないな
JPOPはともかく、洋楽はすごかったと思うんだけど
その洋楽を日本語で歌って人気が出たのが、荻野目ちゃんやWINKとか。
うまいぐあいにJPOPの至らない点を洋楽がカバーしていたような
時代だった。



242 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 10:53:44.00
>>236
ご存知だと思うが、1990-1991ごろは日本史上、JPOPの黄金期で、
歌謡曲含めるといっくらでも良い曲があった時代。小室系が多いな、とか
ビーイング系が多いな、とかそんなの考える余裕もなく、
乱立する多数の良い曲をチェックするだけで精一杯だったんだよw

歌謡曲で言えば、大江千里、徳永英明、岡村孝子、大黒摩季、KATSUMI、
高野寛、久保田利伸、チャゲアス、古参の山下達郎や小田和正やサザン、ユーミン・・と無数にいたわけ。
B'Zもヒットしていた。でもそれは大勢の中の1グループにすぎなかった。
俺はまんべんなくチェックしていたけど、偏った何かのファンなら気づかなかったと思う

それが1995年頃、篠原涼子やTRFが売れ出すころから、最近小室系の曲が多くなったなあ
こればっかりだなあ、と気づきはじめるわけ。だから220の言っている「ずっと後」というニュアンス
もよくわかる。あながち間違いではないと思うね。

243 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 14:04:20.62
>>242

だね。

244 :日本昔名無し:2012/01/29(日) 19:43:24.07
>>242
1990-1991はアイドルブーム、バンドブームとj-POP時代の狭間、タイアップ全盛時代だよ。
トレンディドラマのタイアップにやまかつはじめバラエティでプッシュされた歌手
ビーイングみたいにCMでサビだけ強調された曲が人気が出るという分かりやすいTV主導時代。
トレンディドラマでニューミュージック勢が多用されたんで一時的にそのへんが息を吹き返す現象がおこる。
そこにバンドブームの余波がわずかに残ってそのへんがポツポツランクし
裏では都市部で渋谷系のムードがようやく形成されはじめた頃で
ニューミュージックや歌謡曲にバンドブームが影響してJ-POPが形成されてく狭間の時代か。


小室系、ビーイング系に加え、サザン、教授の大御所勢
スピッツ、ミスチルのギタポ勢、DA、林檎のオルタナ勢
宇多田、MISIAの似非R&B勢、ゆず、19のネオフォーク勢、GLAY、ラルクのV系勢
SMAPやモー娘のアイドル勢、ハイスタのようなインディーズ勢に加え
だんご三兄弟やアニソンや洋楽もランクし
裏ではフジやエアジャムなどフェス環境が育っていった90年代末や
演歌やアイドルや歌謡曲がまだ売れてたところにニューミュージックが進出して
テクノポップが一時的にブームになり、裏ではパンクにジャパメタにプログレにニューウェーブが
ひしめいてた80年代前半と比較し売り上げ、バリエーション、マニア畑共に
強調するほど個性のある時代とは思えないんだよな。

245 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 09:39:26.73
90年代末を文化バブルにしたくてしょうがないのねw

246 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 10:09:46.17
文化バブルって何よwww

247 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 20:50:04.46
あなたの中には10年間で何回ブームがあるのか?毎年ブームと違う?
昨年はAKBブーム。これはどうゆう現象だ?個性があるのかい?

248 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 20:58:21.65
ですよね

249 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 21:39:07.30
>>247
というより80年代前半は熟年層と若年層の聴く音楽がバランスよく住み分けられていて
それが徐々に若者の音楽として拡大していきお茶の間からは離れていくが
音楽業界主導として年々ジャンルが細かく枝分かれしていくのが80年代から90年代いっぱいの流れ。
スレタイ期はまだアイドルブームやバンドブームがあったけど
90-91年頃はそこからJ-POP時代への移行期に当たるため、そこまで目立った動きがない時期かぁと。
売り上げ面ではレコード→CDへの移行にあわせて一旦縮小→拡大していくので
スレタイ期の頃はちょうどその移行期ど真ん中で、あまりソフトが売れず音楽番組も減少傾向
90-91年頃は、ミリオンセラー時代の入り口にかかる時期。
00年代以降はソフト売り上げの頭うちと細分化の影響からか音楽業界そのものが次第に停滞していくが
ブームと呼べるものがあるなら00年代前半のハロプロ・カバー・青春パンクブームと
ここ2年ほどのアイドルブームくらいかな?

250 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 22:57:35.22
自分も90年代後半よく聴いていた曲があるから、この時代を否定している
わけじゃないが、、例えばシャズナはよく聴いた。今のどこの馬の骨かわからないヘタクソ歌手が
80年代の名曲をカバーしていると殺意すらおぼえるんだが、シャヅナが一風堂の「すみれ〜」をカバーしてても
全然違和感がなかった。が、動画サイトでは「今見ると気持ち悪いな」と。
こういう90年代後半曲に対する冷たい批評は多いんだよ
ファンとしては悲しい限りだが「しかたないな」と思う。だってガングロ、ヤマンバ
とか奇抜なものが流行った変な時代だからね。その奇抜さをバブルというか否かだな。
単に「一過性の流行」だったと思うよ。宇多田とかは「藤圭子の娘で、若干18歳の超大型新人」
とか前評判がすごかったけど、藤圭子って知らないし、個人的にはあんまり曲もピンと来なかった。
アムロちゃんのほうがずっと良かった。ファンには悪いが、団塊世代が等身大以上に持ち上げていた
だけじゃないのか、と思えてならん。

251 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 23:05:46.09
面白いのを見つけたんだけど、これは清水寺の今年の漢字という
やつで、一文字でその世相をあらわすもの。

95年 震 96年 食 97年 倒 98年 毒 99年 末

96年を除いてロクな漢字がないw00年代はもうちょっとマシな漢字
になっているよ。90年代後半は本当に暗い時代だったんだよ


252 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 23:18:48.31
96年ってO-157だっけ?

253 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 23:24:57.82
>>251
95年 震災
96年 食いだおれ人形引退
97年 倒産相次ぐ
98年 毒入りカレー 毒入り餃子 毒入り粉ミルク
99年 末 ファンキー末吉 死去


254 :日本昔名無し:2012/01/30(月) 23:45:42.96
>>250
シャズナとか悪いがまさに当時の「ヘンな面」の代表みたいな感じだよww
暗い時代には暗い時代だがミスチルの「深海」やラルクの「侵食」
あたりがダブルミリオン、ハーフミリオン売れちゃうあたり世紀末とジャンル枝分かれの象徴みたいな感じかね。
いまああいうアルバムまず売れないし、世紀末っていう祭みたいなもんだ。
別の面で当時の空気感をよく表してるといえば業界的には
フィッシュマンズの「空中キャンプ」とかスーパーカーの「スリーアウトチェンジ」とかかね
00年代は世紀末を通りこしてそういう発展も停滞も当たり前になっちゃったんだよw
だからそういう「空気感」をあらわしたアルバムもまた減っていく
よくも悪くも狂騒感が失われてくというね、80年代アングラ文化もそうだが
景気に関係なく一時文化が盛り上がる時があるんだよ
ある面は継承されてくが濃い時期ってのは長くつづかない、タイミングがかち合った時だけおこるって訳だ

255 :日本昔名無し:2012/01/31(火) 00:07:59.64
>>251
1998年の「毒」は良くも悪くも世相を表す漢字として相応しいんだよな
逆に2005年の「愛」や2010年の「暑」は不適当だと思う

256 :日本昔名無し:2012/01/31(火) 00:33:30.52
相変わらずの自演乙w
よっぽど98年頃に私怨が強いと見える
まぁあの時代文化が割りと活性化してたってだけで世相は決してよかった訳ではないからね。
バブルの時代、好景気や世相が比較的安定してたのに反して文化がパっとしなかったり
00年代にネットの発達や細分化が進み、ある面で非常に快適になった反面
停滞感、閉塞感がもはや恒常化してしまったように完璧な時代なんてないって訳だ

257 :日本昔名無し:2012/01/31(火) 09:40:49.21
なんか当時を肌で感じてない子が
wikipedia等々で知識身につけて適当に書いてるっぽいな

258 :日本昔名無し:2012/01/31(火) 15:56:04.88
バブルの時って、文化パッとしなかったか?んな事ないだろ。
それを言うなら、90年代後半の方が先細っていってたような感覚があった。

259 :日本昔名無し:2012/01/31(火) 16:12:52.85
猥雑感と言うか、メディアの中にいろんなジャンルがごった煮になってたのは
80年代の方が上だったな

260 :日本昔名無し:2012/01/31(火) 18:32:21.38
アニメはレンタルビデオの普及で一気に人気コンテンツになってった時代だね
逆に実写映画はつまんないアイドル映画とヤンキー映画が多かった気がする
日本映画がダメな時期だったね
まぁ角川はがんばってたけど

モノが溢れていろんな選択肢が出てきた
だけどまだ連絡手段が手紙か電話っていう古い手段しか無かった
だから朝日新聞みたいな左翼バリバリの論調でも
懐疑的に見る人がいなかったんだよなぁ。。。不思議

あとフジテレビの深夜番組が一番輝いていた頃だね


261 :日本昔名無し:2012/01/31(火) 19:48:06.10
>>258
80年代に猥雑な文化があれこれ芽を出したが80年代も後半に差し掛かる
バブルの頃はそれが一時的にしぼんでた印象があるんだが
で、90年代も半ば〜後半になるとまたゴチャゴチャ多様化してくるような。
好景気の割りに文化の色に乏しいって感じがするんだよね
変化の面ではレンタルビデオ店の普及とか、あとジャンプは元気な頃だったけど。
でも部数ピークはもうちょっと後なんだよな。

>>260
ドラマは元気だったけどトレンディ一色でどちらかというと
フジの深夜とかスレタイ期だとTBSのバラエティの印象が強いね

262 :日本昔名無し:2012/01/31(火) 20:35:20.10
>>260

日本映画はいつも駄目駄目

263 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 00:13:21.03
>>260
「カノッサの屈辱」とかなら90年だからちょっと後だな。

264 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 09:59:59.85
>>260
転校生あたりを境に角川が箸にも棒にもかかんなくなった気がする
復活の日を作るのにアメリカの特撮技術班を呼び寄せたら
あまりの日本側の低能さに逃げ出したり、さよならジュピターがアレな出来で
原作者の小松がほんとにリアルからさよならしちゃったり
それ以降ひとりだけ気を吐いたのが伊丹十三だけだったとか
元気だったのは単館上映系のサブカル系だったとか、今に繋がる系譜

265 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 10:14:35.18
映画版「首都消失」って角川だっけ?
あと「マルサの女」(87)、「マルサの女2」(88)(監督:伊丹十三)がこの時代大ヒットしたよね。
あれはバブル時代の影の部分を見事に描いた傑作だよ。
角川じゃないぞ。
しぶいのになると「利休」なんて映画が89年の興行成績9位にランクインしてる(松竹、博報堂連合)。

266 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 10:31:49.68
>>265
>あれはバブル時代の影の部分を見事に描いた傑作だよ。
>角川じゃないぞ。

うん。伊丹十三については邦画全体の話として出しただけ
バブル前の社会派だと高校大パニックとか花いちもんめとかあったね
角川も白昼の資格だの人間の証明とかやってた時はまだ良かったのにな

267 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 10:54:30.70
角川自体、出版業界の異端児だから。
好きな物が作れない、角川社長の趣味で出版が決まるとか編集者泣かせの会社だよ。
角川春樹社長が逮捕されたような気がしますね。この社長さんは自分は超能力者だとか信長の生まれ変わりだとかとんでもないことを言ってた気がしますね。
つまり、角川自体がサブカルチャー集合体企業なんですよ。
アスキーとか電撃なんかも角川系じゃないんですか。
小学館とか集英社とか講談社といった大手から距離おかれてましたよね。
また流行の最先端を発表してたマガジンハウスといった会社とも違いますよね。

268 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 11:58:17.98
>>267
キレた一点で物作るのは強権持ったやばいトップのいる会社しかできないってのもある
民主主義的運営だとあっと言う間に空気が淀んで官僚化するし、一長一短
角川がメインストリームより一歩引いた立ち位置で独自の文化を生んでいた時期があるのには同意

ただ、アスキーは当時角川じゃなかったよ
角川グループが関係持ったのはメディアワークスに合併されちゃってからだ
しかも角川春樹が薬で捕まって業界追い出されて、ごたごたがあった後の話

269 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 15:49:26.53
角川映画で、公開期間を延長するほどの大ヒットになったのは
93年の「REX 恐竜物語」ですよ。覚えてますか?史上最強の糞内容ヒット映画。

270 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 17:25:06.58
90年代以降の角川は脳軟化症映画ばっかだったな
あのころからじゃないの?メディア使ってブームを煽動し始めたのって

271 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 20:47:53.84
角川は90年代以降はオタク文化の代名詞みたくなったからなぁ


272 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 21:19:07.23
>>258
その通り。当時は「昭和元禄」と呼ばれていたね。元禄文化、外国で
いうならルネッサンスのことだ。90年代後半は毎日のように「暗い、暗い、恐慌前夜」
とかテレビで言われていた。本心は文化だけでもバブルになってほしかったねww

バブル期なのに、「文化はしぼんでいった」とか面白いことを書いている人が
いるけど(というかわけわからないw)、バブルって「膨らむ」って意味だからね。

景気と文化は大体相関関係があるんだけどね。景気が良くなれば文化も隆盛する。
文化にお金出す企業や顧客が増えるから当然。景気と文化に時間差は多少はある。
バブル期の文化はバブル崩壊後も95年ぐらいまで遅れて到達していたと考えてよい。
98年以降はさすがに無いw


273 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 21:31:00.06
>98年以降はさすがに無いw

同意。大体、90年代後半て、95年辺りまでにやったことを
もう一度なぞっただけ。それも劣化しながら。



274 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 21:31:51.39
昔のパソコンにはバブル・メモリーというのがあってな
使用量が増える度に磁性体がブクブクと泡を立てて
表面積を多くするのじゃった

275 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 21:32:28.42
80年ぐらいから文化がはじまったって人は何もわかってない
本当は70年代末なんだよね
80年代前半は日本はあんまり景気良くなかった
YMOもインベーダーも筍もザベテンもサザンも金八も80年だと思ってるようだが
本当は78〜79年ごろが発祥なんだよね。
70年代末は第二次石油ショックがあった割には景気が良かったのさ
そして文化は少し遅れて到達するという原則から言って
80年代前半にわっと湧いてくるのは当然

276 :日本昔名無し:2012/02/01(水) 23:07:11.76
ガンダムもそうだな

277 :日本昔名無し:2012/02/02(木) 00:08:51.55
>>272
まーた自演しおってからに
映画、音楽、ゲーム、アニメ、ドラマ、など細々比較しても
90年代中後半→00年代初頭に比べ、バブル期はいまひとつという意見は多かろう
出版業界とドラマの視聴率くらいじゃないのんこの時期って。文化がなかった訳じゃないが
好景気に反して薄いって感じか、MTV期の洋楽みてーな印象かね
その70年代末〜80年代中盤にかけては確かに面白いと思うんだけどね

278 :日本昔名無し:2012/02/02(木) 00:38:54.06
レジャーや観光など消費の面ではやはりバブル期が活発だったと思うよ
明日への不安感もない時代だった、デジタルとアナログがいい感じに共存してもいた
まぁこれはPCが普及しあれこれ手段が増える前の90年代いっぱいも言えるかもしれんが
バブルの頃にはまだいい意味で昭和の息吹があったからね。
だが、カルチャーという面ではどこか画一化されていて、バラエティに乏しい
上でも出ている単館系映画やOVAなどでいい意味で吹っ切れた作品も見られるが
この時代にアイデア・バラエティが練られていれば、もっと凄いもんができていたと思うんだが

279 :日本昔名無し:2012/02/02(木) 01:02:15.64
ファミコンやプラモは雨が降った時の遊びだった
晴れてる日は外で遊んだ

デジ・アナの共存というのは体感してたように思う

280 :日本昔名無し:2012/02/02(木) 09:47:21.94
>>275
70年中期くらいから積み重ねたのが80年に花開いた
ってのが正しいんじゃないの?
パンク/ニューウェーブもそうだしテクノもプログレもそうだし
ただそれを言うとスレ違いと言う

281 :日本昔名無し:2012/02/02(木) 15:19:24.75
>>277

ヲタクが喜べそうな物が少なかったってだけだろ>バブル期
それ以降、ヲタク的なものが文化をよくしていくのかと思えば
結局足を引っ張っただけで、今日に至る。

282 :日本昔名無し:2012/02/02(木) 15:31:04.41
90年代ゴリ押し派は前もどこぞの板の1980年代スレで暴れてたなあ
90年代系のスレでほざいてれば良いのに

283 :日本昔名無し:2012/02/02(木) 23:40:42.58
>>281
ヲタクっていうか児童文化は絶頂期かもしれんな
ミニ四駆、SDガンダム、ビックリマン、ジャンプ、ドラクエ等>バブル期

逆にヲトナが楽しめるものの選択肢が少なかった時期だよ
スレタイ期の頃はまだバラエティ全盛期だったりしたが
バブル期の90年前後というとひたすらフジがトレンディやバラエティで幅利かせて
音楽もその付属物みたいなイメージがあるからな。92,93年くらいまでまだその名残が残ってるし
洋画、洋楽は徐々に80年代のお気楽さが抜けてきた頃だが、邦画は角川が引っ張ってたがまだ死に体だし
この後他業種からの監督流入による活性化、アニメによる興行収入塗り替え
ドラマとの連動ヒット、Jホラー勃興、海外での相次ぐ受賞などで一種のバブルを迎える
ゲームはファミコンブームが一段楽し8ビットから16ビットの谷間でドラクエ人気が一人歩きしてた頃
この後スクウェアの台頭、格ゲー、次世代機戦争、ポケモン、セガの暴走と後半にいくに従って多様化する
アニメはガンダム、エヴァの狭間で空白のように言われるが地上派、劇場版、OVAと意外や万遍なく強い時期
逆にドラマは話題になることが多いが前後の時期に比べて社会派、サスペンス、学園、特撮など総じて弱体化
トレンディと刑事ドラマは元気。ノベルは春樹、ばななあたりが気を吐いていたがミステリーはこれもバブル前
ラノベは勃興期で試行錯誤してた頃だな。ファッションは奇抜すぎてなかなかリバイバルの兆しがない

284 :日本昔名無し:2012/02/02(木) 23:57:48.03
>>282
俺もたいがい長文連投しすぎだし、スレ違いだからぼちぼち控えるけど
そちらが90年代や00年代まで乗り込んで一々他の時代を腐すから比較論みたくなるんだよw
この時代もバブルも他の時代もそれぞれいいところや他の時代にない特徴があるんだから
たまに比較したり、優劣語りつつもそれぞれの時代のいいところをひきだしていきゃいいんだけど
ひたすらバブルや昭和マンセーして、その都度ついでに他の時代をディスってく
ついでに文章特徴ありまくりのありえない時間に自演しまくりだから
ついしたくもない比較論に流れちゃう訳で。

285 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 09:05:22.14
>>260
何言ってるの?
バブル期のオタクなんて人間以下の存在に見られていただろ
12歳以降でアニメにはまる人間は異常と見なされていた時代
アニメが人気コンテンツになるのは動画サイト以降の2006年。




286 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 09:17:14.52
>>284
>そちらが90年代や00年代まで乗り込んで一々他の時代を腐すから比較論みたくなるんだよw
知るかよ。そっちのスレで個別に論破()してればいいだろ
こっちがわざわざ送り出してるとでも言うのかヒマ人が

>>285
当時のOVAなんてほんとにマニアのもんだったよな
ただそういう市場が切り分けられて存在を許されてたってだけで
流行なんてちゃんちゃらおかしいレベル
それどころかくりぃむれもんあたりと一緒くたにされて
ワイドショーで叩かれまくってた

287 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 11:12:27.53
お前ら宮崎勉事件でオタクって気持ち悪がられて排除されたという歴史を知らないのか?
アニメ=子ども専用だよ。
ドラゴンボールは天下一武道会で大ヒットになったけど、もちろん子ども用アニメだよ。
一方DQやFFのように大人でも出来るRPGが開発された時代でもあったのは事実だよ。
でもアニメはもっと後。世界名作劇場とかサザエさんが大ヒットしてた時代ですよ。星矢とかね。
当時の大人が星矢なんて見るか?よーく考えろ。サザエさんぐらいじゃないのか。大人が見るアニメというのは。
そう考えると極めて健全な時代だよ。

288 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 11:15:42.08
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1326345357/l50

今のRPGゲームなんてキモオタしかいないからこんなスレまであるんだぞ。
しかも「ネタ」扱いだぞ。たった25年でここまで変わるんだ。
もっとも市場は正直で売上げは激減してるからユーザーはキモオタ用Z指定RPGなんて見捨ててますが。

289 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 12:48:12.57
必死かw

290 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 17:20:22.69
76年か77年頃かな?松本零士のアニメが好きな奴がいてさ
今思い出してみると容貌も後に宅八郎って出て来たけど、あんな感じだった。

最初に違和感を感じたのは
松本零士の事を「れいじ・まつもと」と言ってた所かな?
おそらく人生で初めて会ったオタクがあいつだと思う。

291 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 18:32:25.83
>>290
いきなりファーストネームから呼ぶ人が現れると「こいつ日本人なのか?」と疑ってしまうよな

292 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 20:24:39.86
>>286
流行したかどうかじゃなくそれだけ選択肢がおおかったっつーこと
海外受けしたAKIRA、ファミリー受けの定番となったトトロ
マニアの目をひいたトップやパト、大衆受けするDBやまる子があった
だからアニメは比較的強い時代ってこと、マニア向けも大事よ

あと当時のDQやFFは大人も遊んでたがターゲットは児童〜ハイティーンだよ
明確な大人向けが増えるのは次世代機以降

293 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 22:53:52.67
オタクが気持ち悪いと感じるほうが健全じゃないのか?
子供は外で元気よく遊ぶものだし。鬼ごっこしたり草野球するほうが子供らしいよ。
家の中でピコピコゲームやったりアニメみている日本の子供より
外で泥んこになって遊んで帰ってくる発展途上国の子供のほうが生き生きして見える。
(日本も昭和30年代はそうだったが)
結局90年代以降、世の中が左傾化し、日教組のゆとり教育化が強まるにつれ、
人権の名のもと、甘やかされて、やりたい放題のわがまま未熟な子供が
大量生産されたわけだ。
こんにゃくゼリーを作る会社が悪く、ライターを作る会社が悪いと、ちっとも
自己責任が問われないようになった。




294 :日本昔名無し:2012/02/03(金) 23:02:15.97
宮崎勤の事件は特異で、彼は精神病だからね。
それだったらカレーおばさんや宅間の時代はマシなのかという
ことになる。宅間は自衛隊出身だけど、自衛隊は気持ち悪いか?
そんなことは無い。
個人的にバブルの時代が嫌いな奴は、嫌いでいい。
しかし、こんなに文化経済ともに大発展した時代はたぶん
二度と来ない。その貴重な時代を楽しもうじゃないかっていうのが
このスレの趣旨だ。90年代末の暗黒時代は貴重でも何でもない。
これから何回でもあんな時代は来る。
今はネットがあるから多少違う味は出てるが、ネットがなければ
リーマンショックの時代はあのときと同じになっていただろう

295 :日本昔名無し:2012/02/04(土) 01:18:25.61
趣旨がどんどんズレてくなw
まず90年代の文化的盛り上がりはオタクじゃなくて若者文化全体の盛り上がりだった。
ファッションや音楽も進化、多面化していったんだよ
クラブ、フェス、スノボ、サーフィン、総合格闘、サッカー、バス釣り、サバゲ、フィギュア、ネット、コミケ等
バブル前後に目を出したものに新しい流行がどんどんくっついて色んな選択肢が広がっていった
そして、それぞれの人口がでかかった。オタク文化はその中の流れの1つに過ぎない
オタク限定ならその発生は80年代でバブル前だし、メインポジになるのは00年代半ばごろから
少子化と細分化が進んでるから今後国内文化がまた盛り上がる可能性はあるが
内需限定で当時の市場規模で、それも多方面の盛り上がりってのは難しい

経済的には90年代前半が境目だが、不況に反して90年代〜00年代初頭頃まで文化が活性化してて
モノも売れまくっていて、だいたい02年頃を境にして元気がなくなるってのは
色んな業界で言われてることだと思うが。この視点ではバブルはまだ過渡期。
でも00年代は00年代でネットを中心に新しい文化が活性化した時期だね

296 :日本昔名無し:2012/02/04(土) 07:11:09.97
>>288
RPG(ロールプレイングゲーム)ゲームってなに??

ムービーやシナリオに力を入れすぎたから次第に洋ゲーにだし抜かれてきたんだよ
本来そーいうのは映画やアニメなどの領域、ってスレ頭からつっこまれまくってるじゃん
そのスレの1の主張どおりなら90年代末大肯定になるし
バラエティ豊かなゲームが出て色んな層に特化したゲームがでてきた一方
RPGはムービーやシナリオ、ミニゲームやおまけ要素に力を入れすぎ
ゲーム本来の面白さ・本筋の面白さから次第に離れだしていった、これは90年代末ゲームの負の側面
で、PS2でどんどんそれが悪化していき、PS3で世界市場で海外勢に逆転された。
Z用RPGが海外のゲームを指してるなら世界市場で二日で300万とか売ってるよ

297 :日本昔名無し:2012/02/04(土) 10:51:29.28
>ムービーやシナリオに力を入れすぎたから次第に洋ゲーにだし抜かれてきたんだよ
>本来そーいうのは映画やアニメなどの領域、ってスレ頭からつっこまれまくってるじゃん

それがソニー・ストリンガー社長の戦略じゃないの。何言ってるの。
彼は放送や映画業界からソニーに来た人でしょう。


298 :日本昔名無し:2012/02/04(土) 10:55:01.42
>結局90年代以降、世の中が左傾化し、日教組のゆとり教育化が強まるにつれ、

どう考えても逆だろ。
反戦教育をしなくなった。今まで公立進学校や特に広島・長崎・沖縄では君が代はご法度だったのにいきなり教員を処分した(国立高校、所沢高校等、また広島県の小中学校全般など)。
左傾化したなら日本社会党は大躍進してるよ。でも結果は壊滅して党名消失じゃないか。

馬鹿じゃないの。

299 :日本昔名無し:2012/02/04(土) 14:00:24.63
>>298
きっとブントとか三里塚とか知らない世代だよ

300 :日本昔名無し:2012/02/04(土) 18:39:31.18
細分化が文化の発展過程ならば、00年代はさらなる発展をするはず
なのにそうなっていない。なぜか?
それは文化でも経済でも「まとまる」ことによって力を生むからだ。
日本企業がアジアに分散することによって弱体化していったように
文化が細分化することによって文化の力はどんどん弱くなって
いったわけ。氷山、氷河だって大きな氷の塊であり続ける限り
何万年も解けないが、ハンマーで細かく砕いて放置するとすぐに融けて
しまう。

ここで90年代後半文化バブルを唱えている人はこの時代がまさに
文化の衰退過程、解体過程だということに気がついていない。衰退過程の
結果が00年代なんだよ。もし、90年代後半が文化の隆盛ならば、00年代は
不自然な形ではつながらない。わかった?何回も言ってるように、
別にこの時代が楽しかったというなら否定はしないが、
錯覚はあなたの脳内だけにしてもらいたいw


345 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)