5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

仙谷 「中国の属国化は今に始まったことではない」

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 08:21:10 ID:P+tXXwhk0
仙谷氏「APEC影響懸念で釈放」と丸山氏暴露

 18日の参院決算委員会で自民党の丸山和也氏は、事件で逮捕した船長の釈放には、
来月横浜で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)に影響することへの懸念があったとし、
釈放直後に仙谷官房長官と電話で話した内容を“暴露”。
 「判決まで拘置して強制送還すべきだった」と訴えると、仙谷氏は「APECが吹き飛んで
しまう」と答え、「日本が中国の属国になる」との懸念を伝えると、「属国化は今に始まった
ことではない」と応じたという。
 仙谷氏は答弁で「健忘症にかかったか、今暴露された会話の記憶は全くない」と否定。
18日夕の記者会見では「何らかのことを友人関係で話したとすれば、国会で質問されるのは
不本意だ」と不快感を示した。 (2010年10月18日20時18分 読売新聞)
ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101018-OYT1T01000.htm


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 17:16:55 ID:6UAf60QH0
仙石、こいつはボケサルマタ爺じいの生まれつき寸足らずの脳足らずなのだ、
どんなことを言うかわからん 爺じいのくせにいつまでもせんずりを
かけたがっている 起ちもしないくせに 死ね

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/21(木) 22:06:15 ID:X5fpb7NI0
225 :名無しさん@十一周年 :2010/10/17(日) 22:04:41 ID:pZf5icRoO
尖閣の事件で海保の人が殉職したって本当? 誰か教えて
226 :名無しさん@十一周年 :2010/10/17(日) 22:06:37 ID:C69sXovr0
マジ。日本政府は隠蔽し、中国側も日本人に漏れることを恐れて情報規制されてるが、事件発生直後の中華ニュースサイトには日本人死者1名と記載されていた。
仙石が、お得意のマスコミ操作で、国民へのビデオ公開をうやむやにしようとしている。
79 :名無しさん@十一周年:2010/10/12(火) 16:02:28 ID:SyEf0mmw0
いや、どうも、こういう内容らしい。
海保船舶が横付け。海保職員が乗り込む。
その後、中国船舶が突如離船。
取り残された海保職員が縄でぐるぐる巻きにされ、中国人船員に飛び蹴りされて中国船舶から 海中に突き落とされる。
海に落ちた海保職員を潰すように、中国船舶が進路変更。
海保職員が必死に泳いで逃げるのを執拗に銛で突き殺そうとする中国人船員。
海保船舶が海保職員を救出するため停船し救助に乗り出す。
その後ろから中国漁船が溺れる海保職員に乗り上げ、海保職員が海の中に
沈んで見えなくなる。
その後、浮かび上がった海保職員は海保船舶に後部から担ぎ上げられる。
這い上がる海保職員めがけて数秒後に漁船が全速力で海保船舶の後部から
衝突し、海保側の船体が大破。

688 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 20:51:18
未確認だが・・・。海上保安官殉職って情報が出回っている模様です。
726 名前:688[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 21:10:48
裏が取れていないので「怪情報」と言われても反論も検証も出来ませんが…。
コレが事実なら、我が党の異様な対応も説明がつくのでは?又、海保退職職員後援会(海友会)、
警察職員退職者後援会(警友会)等が動いてるのも合点が行きます。何れにせよ、
ビデオに驚愕の事実が隠されているのは間違いなさそうです。


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/25(月) 10:14:03 ID:Flxig03Y0
縄でぐるぐる巻きにされて?誰が其のビデオを撮つたのでしょう。
その人はぐるぐる巻きにされなかったのか。
殉職?何処の誰。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/31(日) 11:24:24 ID:k9MfaGZ/0
■中国抗議デモ■
11月6日(土) 日比谷野外音楽堂
13:00開会 、15:45出発。 詳細は「頑張れ日本!全国行動委員会」を検索。
■沖縄は日本領■
他のスレッドに「沖縄県民の75%は独立を希望している」とありました。それをマジに信じた人もいるのは、 残念で情けな
い。某大国の駐日ネット工作員が投稿した文章だと見抜けないのでしょうか? 沖縄県民は誰も独立など希望していません。

中国国内ネットには「沖縄は中国領だ」という文章がしばしば投稿され、事実を歪曲した勝手な主張が書かれています。
それを知る人なら、日本の2チャンネルに「沖縄県民の8割は独立を希望」と投稿したのは誰か、簡単に見抜くでしょう。

「ウソも1万回言えば真実になる」と言います。尖閣衝突事故についても、中国最大の「人民網」ネットは、日 本巡視船が
中国漁船の右横腹に90度(T字型)に突入する歪曲衝突図解を掲載し、中国全国民は日本が悪いと信じき っています。
そのようにして14億人の巨大な世論を形成するのです。

14億人を抱える中国は、エネルギー・食料確保に必死で、尖閣海域の天然ガスと魚を渇望していることでしょう。地
図を見る時には北を上にしないで、中国大陸から東を見てください。奄美・琉球・石垣の諸島が中国大陸の目の前を塞ぐのは、
中国にとって邪魔なのです。沖縄にアメリカ軍が駐留するのも、中国にとっては邪魔なのです。中国ネットで「沖縄は中国領だ」と主張、
日本の2ちゃんねるで「沖縄県民は独立を希望」と主張するのも、世論形成のためのウソ散布です。中国網易ネットでは、屋久島・種子島・
奄美・沖縄までもが中国領になっています。

言語学的にも琉球方言は日本語と同じウラルアルタイ語族です。中国とは無関係です。日本人は「沖縄は日本領」と毅然と主張し、
泥棒国家・中国を追い払うべきです。
工作員は東京の中国太子館員。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/31(日) 17:42:51 ID:k9MfaGZ/0
■中国抗議デモ■
11月6日(土) 日比谷野外音楽堂 (千代田区日比谷公園1−3)。
13:00開会 、15:45出発。 詳細は「頑張れ日本!全国行動委員会」を検索。

■日本の掲示板では中国工作員が勝手な工作をやってます。こんな卑怯な国とは、まともに付き合えません。

ヤフー掲示板では、08年チベット騒乱の時には、無関係な話題を大量投稿して妨害しました。昨日の書き込みを見ようと
してクリックすると、とんでもなく古い記事へと飛んでしまい、思うようになりませんでした。強力な信号を送りつけられて、
パソコンを壊された人たちもいました。

2ちゃんねるでは投稿を阻止したり、投稿した文章を文字化けさせて読めなくするなどの妨害をしています。

Yahooニュースコメント欄では投稿削除、投稿不能などが続発。Yahooや在日の仕業だと思い込む人もいます。
実は某大国の駐日ネット監視員が高度なパソコン技術と日本語能力を持ち24時間工作しています。

投稿不能になった時には、
1. 別のパソコン(ネット喫茶)を使用する。
2. ID(例:tak***)を変更する。
3. 事前にワードで作文しておき、ニュース発表後5秒以内に貼りつける。書き込み欄でゆっくり書いていたら敵に丸見
えで、投稿阻止処置をされてしまう。
などの対応を迫られます。

■あなただったら、こんな厚顔無恥・自分勝手なことをできますか?一方で、日本人は中国国内の掲示板で真実を伝えること
は全くできません。削除・アクセス拒否されます。
尖閣漁船衝突事件以後も、日本は中国西部の災害に1億円の援助をしました。日本は世界に稀に見るお人よし国家だと自覚
する必要があります。


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/01(月) 14:41:01 ID:Jl2ncV/M0
ほう

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/01(月) 23:37:29 ID:eaVoTc8H0
仙石は許さない。
この売国奴を本当に、しっかり追い詰めなければ、
この日本は、本当に中国に売り飛ばされるぞ!!!


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/02(火) 23:18:32 ID:9uFNuzbV0
■中国のネット事情■

中国侵略、靖国・尖閣・教科書問題などで中国国民の反日感情は強く深いことを、日本人は理解できない。中国国内ネットの文章・写真を見たことない日本人には、中国の
ネット状況を想像できない。反日文章や虐殺写真などが投稿されている。05年頃は特にひどかった。

写真・動画・イラストはひどいものだ。網易・中日関係論壇では現在でもこんなものが見られる。日の丸がグーッと横に伸びて使用済み女性用品に。その前で両陛下
が頭を下げて「私がまちがっていました」。男のパンツを覗くと中からモノが勃起して出てくる。その頭部は小泉総理の顔。

中国ネットでは、尖閣の次には、今度は「沖縄を日本から分離しろ」なんて言っている。沖縄に関する勝手な長文投稿をしばしば見かける。
「1945年に日本軍は沖縄島民を全員虐殺した。現在は日本人(本土人)が沖縄を不法占拠している。だから彼らを追い出してもいい」。沖縄・奄美・屋久島・
種子島までが中国領の地図も堂々と掲載され、削除されない。

投稿文のごく一部を紹介する:

■「中国は琉球問題に注目するばかりでなく、堂々と「琉球は日本の領土ではない」と指摘し、国際法レベルで日米と交渉すべきだ。琉球国復興運動を全力で推進し、
琉球人が中国で復興組織を作るのを許し、必要資金を提供し、組織が資料や情報を収集するのを助け、当然、世界地図上では琉球を日本と明確に分離することが必要だ。」
(網易・中日関係論壇・9月29日)

■日本の歴史は、侵略をしているか、さもなくば刀を磨いて侵略準備をしている。日本の中国侵略はすでに法則となっている。日本経済はエネルギーを完全に国外に頼っている。
エネルギーが逼迫した時、日本人は野獣性を発揮する。日本には軍国主義の土壌があり、全面戦争を起こす。日本列島は最後に太平洋に沈むから、必ず大陸に目を付ける。
中国人は反日であるべきだ。中国領土への挑戦はすべて敵視とみなす。日本が釣魚島を譲らないなら、中日は必ず一戦交える。祖先の怨恨を忘れてはならない・・・
(網易・中日関係論壇・連日の投稿)

↑彼らは70年前と今を区別したがらず、今の日本を軍国主義と決めつける。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 14:33:54 ID:lAfLEqgF0
農民出身の毛沢東は、人口を増やして皆で人海戦術で農作業をすれば、国が豊かになると単純に考えた。北京大学の学長が必死に反対したが、毛沢東は
逆に学長を投獄した。農民出身の無教養な独裁者の独断のツケが今日まわって来て、14億人を抱える中国はいま、エネルギー・食糧確保に必死。それが尖閣
諸島や南シナ海での領土・資源争いの背景のひとつ。

1980年から一人っ子政策を実施しましたが、中国国民の男尊女卑思想は簡単には変わらない。男の子を欲しいけど一人しか産めない。そこで「人為」が働く。
現在生まれてくる子の男女比は、男の方が多いという不自然な状態。近い将来、今度は嫁不足が深刻な社会問題になる。嫁が1000万人不足すると言われる。
伝統的に国民の団結力が弱く、自国政府への不信が他国よりも強く、あくまでも自分のことを考える国民の割合が他国よりも多いから、社会が歪む。海外へ出た
がる中国人が多いのも、自己中心な考え方と自国に対する不信とが背景にある。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/05(金) 17:56:38 ID:Blgshe7BO
【尖閣ビデオ流出】 仙谷長官 「調査で事実関係が判明すれば、中国に説明する」
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1288945030/

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/05(金) 21:36:19 ID:sObDoGWn0
p


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/05(金) 21:38:05 ID:sObDoGWn0
あほ、極左、仙石 書き込み規制と思ったら、ここでは書けるんだ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/05(金) 21:39:33 ID:PuwKQ1R40
>>1
その通り、そしておまえ(仙石)が今の後継者だ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/05(金) 21:42:38 ID:sObDoGWn0
極左仙石、市民運動菅がコンビだから中国もソ連も高飛車に出ているんだ。
君たちは日本を共産主義の国に変えようとした過去をよく知っている。
君たちの過去は消えない。
君たちの存在が日本国を貶めているんだ。

16 : baka sick sengoku:2010/11/10(水) 05:10:13 ID:CJ6++BL00
仙谷氏「日本人の精神は鎖国状態」 TPP参加で開国をと

仙谷由人官房長官は9日の記者会見で、政府が環太平洋経済連携協定(TPP=トランス・
パシフィック・パートナーシップ)の対外交渉参加を見合わせたことに関連し、「日本人の精神の
ありようが鎖国状態になっている」と強調し、改めてTPP参加を目指すべきだとの考えを示した。
 仙谷氏は、「あと何年かは親の世代が作っったストックで国民全体は何とか食っていけるかも
分からないが、(鎖国)傾向が産業界も農業もむしばんでいる」と指摘。その上で「開国を受け入れ、
競争力を持った産業を興すことで生き抜く術を身に付けなければならない」と持論を展開した。
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101109/plc1011091800019-n1.htm


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/10(水) 08:28:02 ID:1GpO1EEk0
仙石自衛隊

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/10(水) 10:28:02 ID:Hg1O//jd0
11/13(土)横浜デモのチラシ
「尖閣ビデオを見て怒りが収まらないあなたへ」
http://www.jcn-knt.jp/~yokohamachirashi/yokohamademo.pdf


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/10(水) 12:07:34 ID:ebdSSc8W0
>>16
こういう日本人のアイデンティティーを一切持たない中国人にだけは、
日本を開いて貰いたくは無いね。
TPPには賛成したいが。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/10(水) 13:29:18 ID:MkTJckCe0
仙谷官房長官
「「野党も連動して不安不安とおっしゃるが、韓国の目線からすれば、
現在の外交方針に不安をお持ちだとは聞いていないし、評価を得ている」と強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101110-00000545-san-pol

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/10(水) 21:04:02 ID:wIT8rfod0
                仙谷
      ...| ̄ ̄ |       ↓
   /:::| 支__|       ∧∧   
  /::::_|___|_    ( 。_。)
  ||:::::::( `ハ´)     /<▽> 
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」  
_..||::|   o  o ...|_ξ|:::::::::|  
\  \__(久)__/_\::::::|  
.||.i\        、__ノフ \|    
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\  
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ | 

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/10(水) 22:33:53 ID:UWZ0nciD0
日本国民よ立ち上がれ!
黙っていては、何も変わらない!
日本国民よ立ち上がれ!
日本の国力向上を目指し!
日本国民よ立ち上がれ!
不法治国家中国にやられっぱなしでいいのか!
日本国民よ立ち上がれ!
力を結集し世界に真実を主張しよう!
日本国民よ立ち上がれ!
売国奴、極左官房長官の仙石を即刻更迭すべし!
Yes,we can.
Yes,we can.
Yes,we can.




23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/12(金) 09:08:50 ID:xlF94B4K0
アメリカ属国化は今に始まったことではない。

24 :仙谷バカ:2010/11/12(金) 12:43:32 ID:8Y6SiPH9O
>>1

支那の属国化は民主党が政権を取ってからだ

自民党時代はアメリカの属国だから

APECが吹き飛ぶ?
仙谷はバカか?
支那が参加しなくなるだけだろ
かえって良い事なのでは?

外交の成否は自国の権益をいかに主張し相手国に呑ませられるかだ

会談することが成否ではない

会談できたら支那は尖閣を日本の領土だと認めるのか?
認めさせるのが外交の成果である
いまの支那になんらのパイプもない民主党じゃ話相手にもならない

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/15(月) 08:17:41 ID:tXJA8aAs0
ここ数日、民主党とマスメディアが始めた「上司の命令に武器を所持できる公務員が逆らうとは何事か!!」といった大キャンペーンは、
「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓を強要して日本軍人、国民を洗脳し、
軍人・民間人の多量の無駄な討ち死・自殺(特攻・集団自決)を引き起こさせた大本営指導者たちの傲慢さを不気味に想起させる。

「上司の命令には絶対逆らうな!!」と大声で叫び始めた民主党とマスメディアは、
日本国民、一人ひとりが自分自身で考え判断する自由は、徹底的に収奪して構わないという鼻持ちならないエリート意識の塊だ。

テレ朝で黒鉄ひろしが言っていた。
「上司の命令ならたとえそれが間違っていたとしても絶対に逆らえないという理屈はおかしい。
ナチス政権化で、規律に反してユダヤ人を救うためパスポートを発行し続けた杉原は間違っていたのか?
ヒトラーを暗殺しようとしたナチスの将軍は間違っていたのか?
船長の指示通り船を動かせば岸壁に衝突沈没するとわかっていたら、船員は船長の支持なんて当然聞かないでしょう。」
まさに黒鉄ひろしの指摘するとおり。

海保の正当性を全世界に証明して日本の国益を守り、何の害にもならなかったビデオ流出を、
なんと戦前のクーデターと結びつけ、味噌も糞も一緒くたにする屁理屈戦略で、
「上司の命令に絶対逆らうな!!」という国民洗脳大キャンペーンを始めた民主党と糞マスメディアは、
以下の共産党志位のコメントを、1000回音読しろ!!

志位氏は、「明らかになったビデオ映像を見れば、本来、これは非公開にしておくべき内容の
ものではなかったというのが私たちの判断だ。こういう内容のものであれば、政府の責任で
もっと早い段階で公開すべきだった」と述べました。

そして、志位氏は「いま問われるべき問題の焦点は『ビデオ流出問題』ではない。政府が
ビデオ映像の扱いについて、責任ある方針をもたず、早い段階で公開すべきものを公開して
こなかったことにこそ問題の焦点がある」と強調。「公開すべきものを公開しなかったことが、
今回の流出問題につながった。その責任こそ問われるべきだ」と指摘しました。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/22(月) 06:14:08 ID:9mbD9CcH0
「中国による尖閣侵略阻止」デモin神戸
日時 平成22年12月5日(日)13時30分〜15時
集合場所 神戸三宮 東遊園地
集合時間 13時
主催 頑張れ日本全国行動委員会 兵庫有志の会




27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/04(土) 17:07:33 ID:GTqBkWHy0
仙谷左翼官房長官が民主党を潰す、日本を潰す

28 :先刷り仙石:2010/12/06(月) 19:23:43 ID:O+7U7mnT0
てすと


29 :せんずり由と:2010/12/06(月) 19:27:39 ID:O+7U7mnT0
この仙石を早くなんとかせんと安心してセンズリもかけなくなるぞ
こんな国賊爺今まで見たことがない
ボンクラ間抜けの臆病者ときている 山に連れて行って熊におそわせろ

30 :せんずり由と:2010/12/08(水) 12:27:25 ID:yN6vbzSH0
仙石は左派
左手でせんずりをかけるのだな
まだちったぁちん子がたつならテレビの前でやってくれ おまいにはそれくらいがお似合いだ


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/18(土) 22:13:37 ID:5l+b0CB10
西岡武夫参院議長は15日、国会内で記者会見を開き、先の臨時国会で参院から問責決議
されながら自発的辞任を否定し続ける仙谷由人官房長官に対し「問責決議を何と心得てお
られるのか」などと批判を繰り広げ、早期の辞任を迫った。

 仙谷氏が今月8日の記者会見で「少なくとも私のところに辞任を要求してきた人や『お
前辞めろ』と言ってきた人はいない」と発言したことには「参院が『辞めろ』と言ってい
るわけだから、何を考えてるんだと申し上げたい。まったく納得がいかない。参院に対す
る極めて許しがたい発言だ」と反論した。

 さらに「仙谷官房長官の傲岸不遜な発言、失策の数々には与野党を問わず批判が集中し
ている。一刻も早く、官房長官が職を辞すことが、菅内閣による日本の国益への損失を少
しでも抑えることにつながる」とした問責決議の提出理由をも読み上げた。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/19(日) 22:17:19 ID:wXg4sUZd0
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   /アホ缶総理操る黒幕の仙谷
  ゞ|     、,!     |ソ  <  参議院で問責受けて居座るマヌケな官房長官!
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     │    「尖閣問題で売国奴をさらした仙谷」 「いまや民主党の極悪左翼政治家」
    ,.|\、    ' /|、     │      「国家空転は問責無視の仙谷が諸悪の根源!」
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  \        「徳島県の農産物不買運動も頷ける徳島県の恥さらし」
    \ ~\,,/~  /       \________
     \/▽\/


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/29(水) 21:21:31 ID:9MgZEwf30
マヌケな空き缶は総選挙で信任もされていない、他人のふんどし政権のくせに総理に居座るな

とっとと解散総選挙しろよ、空き缶

オマエを総理になど国民は思っていない、辞めろ辞めろ空き缶総理

他人のふんどし総理は早く解散総選挙しろ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/05(水) 21:28:40 ID:PwMJ664X0
ひどい内閣だねええ。問責仙谷に操られている腰抜け菅内閣

自衛隊を暴力装置と国会答弁した仙谷官房長官が最低最悪の政治家。これだけで自衛隊、OB。家族の票を1000万票減らした。

自衛隊を暴力装置と国会答弁した仙谷官房長官が最低最悪の政治家。これだけで自衛隊、OB。家族の票を1000万票減らした。

自衛隊を暴力装置と国会答弁した仙谷官房長官が最低最悪の政治家。これだけで自衛隊、OB。家族の票を1000万票減らした。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/13(木) 02:33:45 ID:bINEWndpP
>>30
オカマ仙谷「まあ!なんてお下品なんでしょう!
これだから知性のない人間は嫌だわ!!」

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 17:36:48.03 ID:TihojFAY0


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 17:38:11.52 ID:1Z98E+gf0
最近見ないなw

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 19:43:44.19 ID:rNp6Wz8oP
>>1
>「日本が中国の属国になる」

Google Earthで徳島の仙谷由人事務所を見て納得したわ。
お隣さん、「チャイナ」だもんな。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 11:12:34.94 ID:CJBWxWQA0
アホ、バカ、、マヌケの菅総理で民主党国会議員は恥ずかしくないのか!
アホ、バカ、マヌケの枝野官房長官、仙谷官房副長官の左翼シフトで民主党国会議員は恥ずかしくないのか!
アホ、バカ、マヌケで選挙に負け続けている岡田幹事長で民主党国会議員は恥ずかしくないのか?
政権交代を望んで民主党に投票した我が家は民主党に絶望している
被災者、国民、有権者の声が届かない暴走無策アホ菅内閣は総辞職しろ

地震は天災、原発被害拡大はアホ菅の人災!!

地震は天災、原発被害拡大はアホ菅の人災!!

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 00:23:54.55 ID:IGSpUXI+0
仙谷由人は自衛隊に土下座をして即刻議員辞職しろ!
自衛隊が暴力装置を国会答弁した仙谷前官房長官を問責処分を受けたのにも関わらず地震のドサクサ紛れに官邸入りなんて許されない
今、国民が自衛隊活動に感謝しているのに暴力装置発言後、自衛隊に謝罪もしていない仙谷は議員バッチをつけている資格も無い
仙谷こそ災害復興の邪魔、足かせである
仙谷は自衛隊に土下座をして議員辞職しろ!!
いったい自衛隊の何処が暴力装置なんだ!!
自衛隊を暴力装置といっている仙谷を内閣からも民主党からも追い出すことが大事!!


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 22:31:05.08 ID:8cjb1s21P
徳島の仙石事務所の隣は無関係?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 23:10:07.02 ID:MCZ6sv5A0
>>41
http://maps.google.co.jp/maps/place?cid=3033693503321703115&q=%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E5%B8%82%E6%B2%96%E6%B5%9C%E6%9D%B1%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE+%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8A&hl=
ja&ved=0CA4Q-gswAA&sa=X&ei=vGOMTpezIqHymAXB0bHPCg&sig2=3VNtyvssfdruK5t311_-fg

これか?関係ないはずが無い。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 00:43:11.78 ID:2zocgZg80
近日、中国政府は日本入国ビザを緩和し、中国人を日本に大量に流していますが、もし、その後中国政府が中国人に、
「防衛行為として日本人を殺しましょう」
と言えば、合法に殺人が認められる流れになっています。
http://www.youtube.com/watch?v=CWwS44PyjHo
http://www.youtube.com/watch?v=yWMYSUh36QM&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=YP6F8AuiHDM&feature=related

44 :1:2011/10/06(木) 22:28:31.95 ID:KP6uee7v0
愛は思いつきや、気が向いた時にあれば良いというものではありません。
情熱や欲求や本能が、どれだけ強く激しくても、そもそも、愛ではありません。
赤ん坊を3日分愛したと思っても、現実に赤ん坊を3日放っておけば、赤ん坊は死ぬでしょう。
愛は責任を伴う職務です。人には人としての健全な責任を伴う愛が必要です。
しかし、人は死にますし限界があるので、個人の命や力を超えた課題に対処するために、人々は願いを込めて国家を築いてきました。

しかしながら、国家は健全な人々の健全な努力がなければ腐敗しますし、歴史や慣習や制度などを悪用した、侵略者やテロリストや独裁者や強盗などの犯罪者を処罰しなければ、犯罪国となって、世界を害して破滅する可能性もありえます。
力の強い国が犯罪国になれば世界は大きく害されますし、力の弱い国であってもテロ国家やたかり国家などの犯罪国が世界の秩序などを大きく害する可能性がありえます。
力の強弱に関わらず、犯罪国を処罰しなければ、健全な国際社会の秩序は破壊され、健全な国々が傷ついて力を失って破滅したり、それぞれ実力を行使する可能性もでてきます。

個人からなる社会の健全な秩序を維持するために、人々は、警察力などを伴う国を建設してきました。
健全な個人が、健全な国家を築いて、健全な社会を育てて受け継ぐように、国々にも健全な秩序を維持するためのその国が必要です。
これまで多くの人々が、人々が健全であり、国々が健全であるための、その名前にふさわしい健全な力と活力のある、その国を求めて願ってきました。
人が人としての責任を伴う愛を勤めるためには、健全な社会や国やその国が必要です。

ここでは、政治家などの発言を通して、平和の中で健全な文明を育成するために必要な、政治と愛について検討してみたいと思います。


45 :1:2011/10/06(木) 22:30:15.76 ID:KP6uee7v0
>>44
削除

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 22:31:45.75 ID:KP6uee7v0
 

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 21:15:36.88 ID:Zwfp8eWM0
日本は独立国です。

日本が中国や朝鮮韓国などの属国となった場合には沖縄と同様になるでしょう。
日本の属国化や腐敗のシュミレーションは沖縄です。
日本人が中国や朝鮮韓国などの属国となって沖縄化すれば、左翼などの犯罪者が跋扈し、激しい洗脳がなされて奴隷化し、産業や文明が意思や努力ごと破壊され、完全に無価値となり、例外的にまともなものは逃げ出して、害悪だけの存在になるでしょう。
この場合、モンゴロイドの文明は、大幅に後退することになるでしょう。
中国や朝鮮韓国などの属国となった場合には、たとえ安全保障や自由や民主主義を保障しても、安全保障も自由も民主主義もなく、滅ぼされるほかにないでしょう。

中国や中東などの、他民族国家の場合にも、同様のことが起きていて、犯罪者が跋扈して自立を損なっているのでしょう。
中国の中にある一部の優れた民族が国として自立していれば、自民族のペースで文明を育成し、支援することもできたのかもしれません。
しかし、中国の中の、優れた民族は。無意味な競争にさらされ、過剰な成果を求められ、貶められ、奴隷化され、無力化されたのでしょう。



48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 21:19:54.33 ID:Zwfp8eWM0
ちなみに、かつて、ある程度のレベルの文明を築いた実績がなく、文明を育てて人間としての能力を開花させる意思もなかったインディアンは滅ぼされたようです。
そして、例外的に、文明を持つ他民族と共に文明の育成に協力するか、保留地での保護を選択?したインディアンだけが存続しているようです。

ちなみに、かつて建築や学問などにおいて高度な文明を育てたといわれるイスラム文明は、インド人や、エジプト人や、アラブ人に滅ぼされたペルシャ人などが、ある程度独自性を保持している期間に、築いたもののようです。(不明)
エジプト人もペルシャ人も、長い歴史をもち、高度な文明で人類をリードし、多くの人物を輩出した、偉大な民族です。
しかし、アラブ人はある程度のレベルの文明を築いた実績がなく、文明を育てて人間としての能力を開花させる意思もないようです。



49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 21:21:53.35 ID:Zwfp8eWM0
http://www.wcsnet.or.jp/~m-kato/bible/matthew.htm
2514> また天国は、ある人が旅に出るとき、その僕どもを呼んで、自分の財産を預けるようなものである。
2515> すなわち、それぞれの能力に応じて、ある者には五タラント、ある者には二タラント、ある者には一タラントを与えて、旅に出た


2516> 五タラントを渡された者は、すぐに行って、それで商売をして、ほかに五タラントもうけた。
2517> 二タラントの者も同様にして、ほかに二タラントもうけた。
2518> しかし、一タラント渡された者は、行って地を堀り、主人の金を隠しておいた。
2519> だいぶ時がたってから、これらの僕の主人が帰ってきて、彼らと計算をしはじめた。
2520> すると五タラント渡された者が進み出て、ほかの五タラントをさし出して行った、『ご主人様、あなたはわたしに五タラントをお

預けになりましたが、ごらんのとおり、ほかに五タラントもうけました』。
2521> 主人は彼に言った、『良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主

人と一緒に喜んでくれ』。
2522> 二タラントの者も進み出て言った『ご主人様、あなたはわたしに二タラントお預けになりましたが、ごらんのとおり、ほかに二タ

ラントもうけました』。
2523> 主人は彼に言った、『良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主

人と一緒に喜んでくれ』。
2524> 一タラントを渡された者も進み出て言った、『ご主人様、わたしはあなたが、まかない所から刈り、散らさない所から集める酷な

人であることを承知していました。
2525> そこで恐ろしさのあまり、行って、あなたのタラントを地の中に隠しておきました。ごらんください。ここにあなたのお金がござ

います』。
2526> すると、主人は彼に答えて言った、『悪い怠惰な僕よ、あなたはわたしが、まかない所から刈り、散らさない所から集めることを

知っているのか。
2527> それなら、わたしの金を銀行に預けておくべきであった。そうしたら、わたしは帰ってきて、利子と一緒にわたしの金を返しても

らえたであろうに、
2528> さあ、そのタラントをこの者から取りあげて、十タラント持っている者にやりなさい。
2529> おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまで取り上げられるであろう


2530> この役にたたない僕を外の暗いところに追い出すがよい。彼は、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 21:39:31.49 ID:8wz+kxGA0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E7%B1%B3%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%85%AD%E5%A7%93
久米三十六姓出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内, 検索
久米三十六姓(くめさんじゅうろくせい)は、1336年に明から琉球王国に渡り、琉球の久米村(後の那覇市久米付近)に定住した中国人(?人=福建人)達の事。琉球と中国との交易に貢献した。


http://www.ytv.co.jp/announce/kotoba/back/1101-1200/1131.html
産経新聞に作家の曽野綾子さんが連載している「透明な歳月の光」というコラムの今朝(4月11日)の分(第53回、毎週金曜日掲載)で、「部族」が出てきました。
今回のタイトルは「イラクの民主化」でサブタイトルは「同部族社会には無理な論理」。
該当する部分を抜書きしましょう。
「そもそも彼らは、遊牧民の文化に属し、同宗教・同部族しか信用しない。」
「同部族の数が増えれば、安全と繁栄にがるからである。」
「何しろいとこ社会・同部族社会なのだから」
「よそ者に対するように契約なんかしなくても、部族の掟と人情で縛られれば裏切られることもない。」



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 21:47:19.09 ID:8wz+kxGA0
沖縄にいるのは、独自の民族ではなく、中国などの属国となった日本人なのでしょう。(不明)
あるいは、人類の健全な文明の進歩に貢献する意思もなく、人類の可能性の実現に貢献もしない、反文明の滅ぶべき野蛮人なのかもしれません。



52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 21:48:11.51 ID:8wz+kxGA0
>>48
>>51
2202> 「天国は、ひとりの王がその王子のために、婚宴を催すようなものである。
2203> 王はその僕たちをつかわして、婚宴に招かれていた人たちを呼ばせたが、その人たちはこようとはしなかった。
2204> そこでまた、ほかの僕たちをつかわして言った、『招かれた人たちに言いなさい。食事の用意ができました。牛も肥えた獣もほふられて、すべての用意ができました。さあ、婚宴においでください』。
2205> しかし、彼らは知らぬ顔をして、ひとりは自分の畑に、ひとりは自分の商売に出て行き、
2206> またほかの人々は、この僕たちをつかまえて侮辱を加えた上、殺してしまった。
2207> そこで王は立腹し、軍隊を送ってそれらの人殺しどもを滅ぼし、その町を焼き払った。
2208> それから僕たちに言った、『婚宴の用意はできているが、招かれていたのは、ふさわしくない人々であった。
2209> だから、町の大通りに出て行って、出会った人はだれでも婚宴に連れてきなさい』。
2210> そこで、僕たちは道に出て行って、出会う人は、悪人でも善人でもみな集めてきたので、婚宴の席は客でいっぱいになった。
2211> 王は客を迎えようとしてはいってきたが、そこに礼服をつけていないひとりの人を見て、
2212> 彼に言った、『友よ、どうしてあなたは礼服をつけないで、ここにはいってきたのですか』。しかし、彼は黙っていた。
2213> そこで、王はそばの者たちに言った、『この者の手足をしばって、外の暗やみにほうり出せ。そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。
2214> 招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」。



53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 21:49:53.31 ID:8wz+kxGA0
>>51
一部訂正

人類の可能性の実現に貢献もしない、

人類の健全な可能性の実現に貢献もしない、

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 21:50:29.60 ID:U5oZ/Wzr0
2歳の女の子が車に2度ひかれても気にしない中国の街_1_of_2
http://www.youtube.com/watch?v=rxq-dd5wmmQ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 21:51:27.27 ID:8wz+kxGA0
訂正

中国

現在は中国とされている国

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 23:29:59.01 ID:4SUcQL/G0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E9%9D%A9%E5%91%BD
トルコ共和国の改革 [編集]
1924年のカリフ制の廃止とともに、ワクフを管理するワクフ省の廃止、シャリーアの廃止と憲法の制定、イスラム学院(メドレセ)の閉鎖が行われ、政治と教育の世俗化がはかられた。
1925年には神秘主義教団の修行場が閉鎖され、トルコ帽が廃止されて着衣の西洋化が強要された。

続いて民法が改正され、一夫多妻制が禁じられた。さらにアラビア文字とヒジュラ暦が廃止され、トルコ語の表記にはラテン文字、暦にはグレゴリオ暦を用いることが定められた。
1928年、脱イスラム化改革の集大成として憲法のイスラムを国教と定める条項が削除された。



57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 23:34:25.69 ID:4SUcQL/G0
イスラム教徒のなかに、少しでも信仰のあるものがいれば、クルアーンを削除していたことでしょう。
東ローマは、優れた民族と協力して、クルアーンを削除して、もっと善いものを求める努力をしている面もあるようです。

ペルシャ人は、悲惨な歴史の中で多くのペルシャ人たちが願い続けて期待しきたペルシャの独立の志も忘れ果て、まともな白人達の力を借りてペルシャ人をアラブの属国から救いだし、協調して人類の健全な進歩に貢献しようとした指導者を追放して、滅んだようです。
ペルシャ人は、滅ぶように定められた野蛮なアラブ人の支配による滅亡を選び、滅ぶべき不正な指導者によって、でたらめな言葉で、アメリカやアメリカの指導者を中傷して、アラブ人と共に滅亡するようです。



58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 23:36:51.61 ID:4SUcQL/G0
>>57
一部訂正

白人達

白人など

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 23:41:00.67 ID:4SUcQL/G0
ユダヤ人は、血筋に関わらず、その人と共に、人類の健全な発展のために努力して貢献する民族であるべきでしょう。
血筋や、伝統や、慣習や、書物などによって、ユダヤ人と自称していても、その人と共に、人類の健全な発展のために努力も貢献もしないようなものは、偽ユダヤ人であり、ユダヤ人ではありません。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 23:54:16.62 ID:RAeaNHru0
中国は 3000年以上に亘り、血で血を洗う戦乱を繰り返して来た。敗残兵は、その度に相手の「食料」にされた。
その度に、敗者の歴史を根絶やしにして勝者の歴史が新たに始まるので、そこに成熟はなく、「接木の歴史」であると言える。
ゆえに中国の歴史は、4000年どころかせいぜい100年程度である。

まとめました。 ☆ 中国3000年失笑の歴史・世界の中心で何をやっとる

http://blog.goo.ne.jp/deception_2010/e/820105dfc88dc7518e5957259fb4c655


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 20:20:25.19 ID:UKeYKCXF0
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/c9f8a65586c63d5eeae0b6868148f8cd
今時、北朝鮮を理想の国と考える人はいないと思う。
だが、沖縄では太田昌秀元知事が団体を引き連れ北朝鮮を訪問し、北朝鮮礼賛をぶち上げてみたり、
大学教授など有識者と言われる層にチュチェ思想の信奉者が多い。
当日記はブログ開設間も無い3年前ごろから、沖縄の知識人の間にはびこるチュチェ思想について何度か書いた。
⇒沖縄に忍び寄る北朝鮮の「チュチェ思想」
本土左翼を自称するブログ「きゃすさんの辺野古とやんばる東村 高江の現状日記」さんが、沖縄のチュチェ思想について書いているので丸ごと引用します。
               ◇
北朝鮮金正日総書記を信奉する沖縄県民
北朝鮮は、朝鮮半島赤化統一の戦略拠点として過去にも現在にも沖縄を
最重要視しています。
東アジア地域最大の米軍勢力がある沖縄が北朝鮮暴発の抑止力の一つと
なっている事実は疑いようが無く、これを取り除くことは軍事面でも
外交面でも北朝鮮に莫大な利益をもたらすからです。
この為、沖縄には北朝鮮の工作員がたくさん入り込んでいます。
沖縄の人はあまり問題視していないみたいですが沖縄人全体が北朝鮮の
優秀な工作員と化しています。


沖縄左翼や左翼は、侵略者や犯罪者などの悪者の側に立って、外部の悪とも内部の悪とも戦わず、悪の力を背景に侵略や犯罪などの悪事の共犯をして、悪事を野放しにして、悪事に加担して、破滅させ破滅を求めて激しく活動しているようです。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 20:21:54.97 ID:UKeYKCXF0
人々は健全な自由や健全な文明や健全な暮らしを支えるための、有意義で健全な仕事を求めています。
文明を高め、人としての愛や、人の可能性の実現を求めて、調和のある世界の発展を実現することは人間の重要な職務です。
文明の進歩によって、現代では、多くの人が、自己責任を負って、自立して助け合って、健全な暮らしや仕事を得て、自由や余暇さえ楽しみうるようになってきています。
しかし、文明が高まると、余裕ができるだけでなく、自然への負荷が高まり環境破壊が起きたり、失業などの問題もでてきます。
産業革命時にも、技術の進歩によって、職業が失われたり、工場がつぶれたりしたそうです。
しかし、現在の視点から見れば、技術進歩によって生じた余力によって、労働環境の整備や、環境問題の解決などが必要かつ可能となっており、さらに、健全な文明の発展への取り組む可能性さえ開けていたようです。
自由を活かして、進歩を求め、課題を克服することは、容易い事ではなく、厳しさや努力が必要な狭く険しい道でもあります。
新しい可能性を追求することは、技術者達などが発明に当たって、情熱的に努力するように、多くの人々に、情熱的な努力を求めるのでしょう。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 20:38:33.70 ID:UKeYKCXF0
現在の社会では、失業や貧困、社会問題や環境問題などが大きな課題となっており、文明を牽引してきた、行政や企業や、進歩そのものを非難する声もあるようです。
しかし、それでは、文明の進歩は望ましくないのでしょうか。偉人達や研究者達の情熱の成果である科学技術の進歩や人文科学の発展は、人々を苦しめるものなのでしょうか。
努力を憎み、厳しさを非難して叫び、解決すべき深刻な課題を無視して踏み倒すことが正しいのでしょうか。
労働を伴わない富は略奪や侵略となり、現実の課題そのものを無視すれば、悲惨な破滅に至るほかないでしょう。
人の健全な可能性の発揮をやめ、文化も生み出さず、気候の変化や天災に怯え、何に何を願うかも分からずに、独善的に悲惨な因習や原始的な狩猟採集や農耕などを繰り返し、略奪や殺戮をする、インディアンやアラブ人などは滅ぶ必要があります。
人の健全な可能性を発揮し、人類の健全な発展のために、努力し協力し貢献する、まともな民族が、土地などを得る必要があります。



64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 20:41:50.42 ID:UKeYKCXF0
多くの人々が心血を注いで得た文明の進歩を享受しながら、新たに発生した困難で厳しい問題を前にして、努力に報い、励ましあうどころか、怒りをぶつけ、罵倒して、踏み倒すことが人として健全なのでしょうか。
失業や環境問題や社会問題などを怒って、憎悪や破壊に耽ることで、課題が解決するのでしょうか。
イギリスの産業革命は、激しい競争などで、平均寿命が二十歳代となり、資本家さえもが破産して自殺したそうです。
テロや怒りで、一部の有能なものを奴隷化することで、問題が解決するのでしょうか。
当時の労働条件や環境破壊は持続可能なものではなく、資本家さえも破綻していたそうです。
強いものも弱いものも、それぞれの立場で、それぞれの人々が、産業革命で生まれた余力を全て生産力を活かして、労働や環境等の問題に対処し、自由を活かして新たな文化や技術進歩に取り組まなければ、問題は解決できないでしょう。
そもそも、テロや混乱は、問題解決の妨げです。
独善的で無責任な怒りや、激情によって、破滅に突き進んで問題もろとも敗戦革命でぶち壊そうとして破綻やテロを繰り返したり、無責任な群集を侵略に振り向けて戦争をしても、問題が悪化するだけです。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 20:44:20.41 ID:UKeYKCXF0
かつては、破壊や戦争などで、すっきりして、ようやく働かなければ問題が解決しないことを受け入れて、困難で厳しい課題に取り組んできたようですが、もはや、これまでのような無駄やリスクを負うのは不可能です。
人々は、一部の立派な研究者や偉大な先人達や、ともにまじめに健全に働く仲間達などの努力を見習い励ましあって、問題に取り組み、課題の解決を目指して、たやすくない、狭く険しい道を進んでいることを自覚しながら、努力するべきです。
先人達が文明を築いてきた努力や情熱と、同様の努力や情熱がなければ、問題を可決できずに、滅ぶほかないでしょう。
健全な文明の進歩や、人類の健全な可能性の発露そのものを拒絶する、反文明を滅ぼす必要があります。
人はいずれ滅ぶでしょう。人が人としての健全な可能性を追求し、実現することが、人としての幸福であり、滅びていったものや、自然などへの責務でもあります。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 20:56:29.62 ID:UKeYKCXF0
人は動植物などの生命を奪って生きています。人が生きるのは当然のことではありません。人には人としての仕事があります。
人は多くの生命や物質やエネルギーなどに支えられ、人としての愛の実現や可能性を追求している存在でもあります。
人は人としての能力を発揮し、生命や物質やエネルギーなどを愛と調和に導くべき仕事があります。
多くの民族は、古代から既に人としての文明を築き、人として生命や物質やエネルギーなどと調和した愛に満ちた高い文明を目指して努力しています。

人としての健全な可能性を実現せず、責務を果たさないのは、人に対する罪にもなり、人を育み可能性や職務を託してきた、自然などに対する根源的な犯罪です。
仕事をせずに、生きるのが当然と思う根源的な犯罪者を淘汰して滅ぼす必要があります。
人には人としての責務があり仕事があります。
人としての責務を果たさず仕事をしないものは、動植物などへの殺戮の責任を問われます。人としての責務や仕事に反するものを処分する必要があります。

人類の健全な発展のために努力して貢献するならば、騎士団出身のユダヤ人であれ、ロスチャイルドであれ、その人と共に働くべきでしょう。
もしも、気候変動が事実で有効な対処方法があるのであれば、努力するべきでしょう。(不明)


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 21:18:46.30 ID:UKeYKCXF0
左翼新聞社や左翼学校などの洗脳機関を含む日本左翼は、戦前は敗戦革命で数百万人を殺戮して憎悪や犯罪を楽しんだようです。
そして、日本左翼は、天皇が途中で邪魔をしなければ、戦争を続けて、さらに数百万人が死ぬどころか、核などで日本人を完全な滅亡に追い込めたとして、平和や文明や日米同盟や、健全な協調や信頼関係を求める天皇を貶めて攻撃しているようです。
また、日本左翼は、アメリカが公共の福祉のために必要ならば、民族などを滅ぼす意思や能力がありうることを知りながら、アメリカを憎ませるように洗脳し、アメリカを困らせようとして、罵倒して怒らして正当防衛や公共の福祉による日本人殺戮をあおり続けています。
そして、日本左翼は、冷戦崩壊まで、中国やソ連などに日本人を殺戮させようとして、日本人を洗脳し、デタラメを報道し、憎悪や犯罪を楽しんできたようです。

また、中国人などによって侵略され属国化されようとしている、沖縄の元日本人は、殺戮されるのを知りながら、犯罪の共犯となって、犯罪に耽り、破滅に至ることで怒らせ困らせるだろうと感じて喜びながら、犯罪を楽しんでいるようです。


そして、腐敗した日本人は、犯罪政治家におもねって、三権分立や、民主主義や、自由を破壊し、北朝鮮のようなでたらめな独裁を育て上げ、犯罪を野放しにするために、デタラメを報道しているようです。

また、日本には、同盟国が、中国人や朝鮮人などの支配を受けて腐敗しきった沖縄がたかりなどの犯罪をしているという事実を指摘したときに、かえって、怒ったものがいたそうです。(不明)
犯罪被害者を救おうとするものと共に戦うこともせず、犯罪者と一緒に、攻撃するようでは、犯罪の解決には至らないでしょう。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 21:26:22.93 ID:lQWRbEGG0
人間の能力は高く、思いや情熱や志の高いものも多くいます。
人間の健全な可能性を貶め、因習などで歪め、押しつぶすのは酷い犯罪です。
沖縄左翼や北朝鮮などの左翼や、アラブ人やインディアンが、進歩を損ない、人々を貶めてきたことは、重大で深刻で致命的な犯罪です。
また、人間の能力はこれまでの生命やその他の生命などに比べてきわめて高く、自由度が大きく、いずれにしても人間は進歩するので、現在では、邪悪なものは、より邪悪で、悲惨になっているようです。
いずれにせよ、人の可能性は、現状では、余り発揮されているとはいえないことから、同じことを繰り返すには無理があり、いずれにしても変化し、発展していきます。
北朝鮮などでも日々邪悪になり、邪悪な兵器を開発し、際限なく、犯罪や悪事を押し通しています。
韓国も、北朝鮮の同類であった過去を、引きずって、邪悪で、でたらめな、主張を繰り返して、他者を貶めることに、無上の喜びを見出し、日々邪悪さに磨きをかけているようです。
険しい道であっても、健全な努力を目指すものが、リーダーになるべきでしょう。
そして、邪悪なものを断ち切る必要があります。

ちなみに、朝日新聞や毎日新聞などの日本左翼の悪人達は、世界中から少しでも邪悪なものをわざわざ選び出して、邪悪さを押し通し、憎悪を満足させているようです。
毎日新聞はアラブ人を苦しめて女性を貶め身体を既存することに無上の喜びを感じて、煽て上げ、擁護しつづけ、まともな国などに押し付けて、困らせて、憎悪を発散して、でたらめで邪悪さを押し通し、裁かれずに、破壊することに、無上の喜びを見出しているようです。



69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 21:34:58.56 ID:lQWRbEGG0
日本は大きな発展をしました。
そのため日本は、邪悪との戦いにおいても、激戦地帯となっています。
日本では、極端で著しい邪悪が大手を振って議員や新聞記者やコメンテーターなどになって、平気で邪悪のための洗脳活動を行っています。
日本左翼や沖縄左翼や一部の周辺国などが、あらゆるデタラメを考え出し、憎悪を進歩させながら、世界中の邪悪を擁護し、邪悪を押し付け、邪悪を押し広げ、邪悪を押し通し、公共の福祉や治安維持を憎悪し、健全な発展を損おうとする努力や情熱は凄まじいものがあります。
腐敗政治化の擁護報道の様子などにも日本左翼の邪悪さが表れています。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 22:19:23.46 ID:F6W7pxKa0
無秩序と自由主義は違います。
自由主義によって、毎日新聞などが享受してきた、憎悪の発散や共同犯罪や殺戮を求めて、健全な人々を苦しめ貶め困らせ貶め押しつぶす凶悪犯罪が野放しの状況は失われます。
自由主義では、健全な進歩や発展などしか許されません。
毎日新聞のような放置されてきた犯罪者は、自由主義によって自由を失って、処罰されることになります。
自由主義は、強者にとっても弱者にとっても、健全な可能性を実現するための情熱や努力が必要な、狭く険しい道です。

自由主義では、これまで野放しとなってきた毎日新聞などの犯罪者の自由が処罰されるようになります。
自由主義によって犯罪者を処罰し、健全な自由と秩序を実現し、犯罪を放置せずに取り締まる必要があります。
これまで、憎悪に酔いしれて、不正な地位に上り、搾取し暴利を貪り、世界中の凶悪犯罪を擁護し、健全な人々を困らせ苦しめ貶め押しつぶしてきた、毎日新聞などの凶悪犯罪者を処罰する必要があります。

世界中の邪悪を擁護し支援し押し付け押し広げ、デタラメな論理を押し付け、思い付きを執拗に育て上げ、同種の犯罪を繰り返し、
健全な人々を苦しめ困らせ押しつぶすことに激しい情熱をぶつけて、寝る間も惜しんで憎悪を練り上げ鍛え上げてきた毎日新聞などの日本左翼のような犯罪者を滅ぼす必要があります。
その人は、天邪鬼のような犯罪者がいるので気をつけるように言っていました。
日本左翼のように、挑み、試み、挑戦し、絶えず努力し続け、困難を乗り越え、喜びを感じながら、日々真剣で過激で真摯で情熱的な努力を続ける凶悪犯罪を処罰しなければ、悪の破滅の道をひたすら際限なく堕ち続けることになるでしょう。



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:28:20.63 ID:kWLrP3B10
マルクスはユダヤの支援を受けており、共産主義は、ユダヤの陰謀でできたという説があるようです。
敵となりうるものの動向を把握して分析して、危険を察知して、危険に対応し、危険を回避するためにも早めにパイプを作ったのかもしれません。
日本の明治天皇の孫ともいわれている反米の危険人物に対しても、アメリカは早めにパイプを作ったようです。かつて日本は反米左翼の皇族によって破滅に突き進みました。天皇を悪用した犯罪は極めて危険です。
アジアの侵略国などが、日本を反米反近代や、独善孤立化や、戦争に引きずり込んだり、破滅に向かわせるための、極めて有力な駒になりうるので警戒や対処が必要でしょう。
問題があるとしてもアメリカは世界の近代化に大きな成果を上げました。その人は、アメリカを支持しており、インディアンについても原爆についても、指摘せず、裁くようにも言いませんでした。
日本が反米反近代になれば、アメリカがなるべく使わないように真摯な努力をしている、保留地方式での近代化を、日本を過ぎこさずに遂行することになるでしょう。


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:47:37.74 ID:kWLrP3B10
あるいは、ユダヤ人たちは、そもそも、当時あった危険な勢力や動向を分析して、言葉にして、誘導し利用しようとしてマルクスを育て上げたのかもしれません。
当時の西欧社会では啓蒙時代を経て、世界の近代化が課題となっていたようです。
近代化には因習や悲惨な宗教的慣習や独裁国家などを倒す必要があり、そのための手段として、習慣や宗教や国家などを、いったん完全に否定して、考え直し、問題を克服させるために、共産主義を用いようとしたのかもしれません。
現在でも少数民族やアラブの文化などといって、悲惨な因習や犯罪を繰り返させようとするテロリストが跋扈しているようですが、あらゆるデタラメな論理で、人々を苦しめ続け押しつぶすことに無上の喜びを見出す犯罪者が実在しています。
日本の犯罪者洗脳達は、部族社会の戦乱国家をみて、部族社会だから西欧の民主主義は無理だなどと、いい気になって、部族社会やその弊害を擁護し、押し付け、困らせて、得意げに侮蔑と憎悪と偏見を撒き散らして、人々を苦しめて殺す悪事に耽っているようです。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:48:45.88 ID:kWLrP3B10
しかし、民主主義は西欧だけのものではなく、日本も比較的早くから、国際社会と共に国内の民主化を進めて、民主主義を採用したそうです。(不明)
しかも、中東における部族社会は、ムハンマドなどによって克服するように求められたものであり、ムハンマドの本来のイスラム法においては違法のようです。
日本の犯罪者は、現代社会で違法となり、イスラム法においてさえ違法とされる、血族結婚などによる閉ざされ腐敗した部族社会や、独裁や偏見因習で、人々を苦しめ、押しつぶすために、全身全霊で戦って、憎悪を押し通し人々を苦しめて殺す喜びに酔いしれているようです。
社民党などの、テロリストは、共産主義の憎悪のみによって立ち、社会変革もなく、人々を苦しめ損ない押しつぶす因習や慣習や宗教などであれば、いかなる因習でも慣習でも宗教でも擁護し、押し付け、押し広げ、人々を苦しめ、困らせ悩ませて、喜んでいるようです。
しかし、民主主義の採用は、日本だけでなく、西欧においてさえ、実現困難な、多くの犠牲を伴う、険しい道でした。
フランスのような先進国の教育を受けた人々が民主主義を実現するためであってさえ、大きな困難と努力が要求され、それまでの伝統が大幅に更新され、一部は致命的に破壊され、多くの人々が傷つき、宗教などでさえ見直され制約されたようです。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:52:11.07 ID:kWLrP3B10
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111022-OYT1T00430.htm?from=top
ナエフ王子は、国内のテロ対策で実績があるが、国王やスルタン皇太子に比べ、保守的とされる。
「アラブの春」と呼ばれる民主化運動が中東に広がる中、サウジも先月、地方選挙で初めて女性の参政権を認めるなど改革路線にカジを切り始めた。ナエフ王子が皇太子となった場合、民主化問題にどう対応するか、注目される。
 初代国王には36人の男子がおり、存命は約20人。「第2世代」と呼ばれるこれら王子の息子である「第3世代」は、数百人に上る。年長者を尊ぶ伝統があるサウジでは、引き続き第2世代が登用されるとの見方が強い。
 皇太子はこれまで国王が指名してきたが、06年、第2、第3世代で作る「忠誠委員会」が投票で選ぶと決めており、今回がその初のケースとなる可能性がある。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:55:40.85 ID:kWLrP3B10
たとえ、ユダヤ人がマルクスや共産主義を育て上げて、因習を破壊して、社会を革新するために使おうとしたとしても、現在では、逆に機能しています。
社民党などの日本左翼は、世界中のテロリストや過激派や侵略者などの犯罪者と連携して、犯罪を押し通すために共闘し、侵略者などの侵略や犯罪に加担して、高利貸しや違法賭博や女性に関する悲惨や、憎悪や犯罪を押し通す、生粋の犯罪者です。
マルクスによって、宗教や伝統や国そのものさえ否定された地点から、おそらくは理想があれば理想を求め根源的に検証しうるにもかかわらず、日本左翼達は、人々を苦しめる宗教や伝統や国を擁護し、前提として、悲惨を押し付け、押し広げるために、活動しています。
日本左翼は犯罪被害者を殺したり女性を貶め血族で世界をゆがめる宗教を擁護し、女性差別の悲惨な因習や、侵略者などによる裏社会や賭博や性に関する悲惨な問題を擁護し、収容所のような奴隷国家を擁護して洗脳教育に加担して、戦っています。
民主党などの議員は、賭博を支援する団体に入って、日本人を苦しめて破滅させるために賭博を活性化させているようです。
団塊以前の一部の左翼は、勉強したり考えたり現実の環境問題などに取り組むものもいたようですが、現在の日本左翼は、憎悪集団であり、因習や悲惨や破滅を擁護し促進するための邪悪な犯罪者です。



76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:59:56.43 ID:kWLrP3B10
日本の場合は、天皇が率先して、人々を苦しめるようになった慣習や問題を克服したり、大胆に優れた文明を取り入れて変革を先導して指導してきた歴史もあるようです。
日本の場合には、仏教の導入も、当時の最先端であった中国の学問や政治体制を学んだ革新も、西欧文明を学び取り入れた革新も、戦後の平和主義や国際協調や民主主義や日米同盟さえも、天皇が率先して採用してきた歴史があります。
しかし、日本共産党や一部の右翼を装った左翼などによる、反米反文明などの、日本人を苦しめて殺そうとする勢力は極めて情熱的で、あらゆる知能や知性や知識を破壊と憎悪に用い、激しく攻撃し、執拗で、過激です。
日本は、かつては、天皇でさえ、左翼の破壊衝動に誘導されたようです。

かつての団塊以前の日本の戦後左翼のなかには、社会の因習や、宗教の問題や、公害や社会問題などの国の問題の克服や、近代化の役に立ったものもいたのかもしれません。
しかし、現在の社民党などの左翼は、ただひたすら、人々を苦しめて殺し破滅させるためだけに、日々激しくデタラメを洗脳しているようです。
日本や沖縄の左翼は、近年、中国による侵略で日本人を殺戮し日本を滅ぼそうとしました。
そして、今でも、沖縄の元日本人だけでも、殺戮して滅ぼして、中国に侵略させようと情熱的に激しく活動しているようです。



77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 08:44:52.55 ID:Mvi51aSj0
>>75
>>76
団塊以前

団塊より前


>>76
中国

中国とされている国


日本における自由主義や民主主義は、左翼の皇族によって、戦前に既に失われており、社会主義になっていたようです。
アメリカによって、天皇もまた、社会主義の抑圧や破壊から、解放された面もあることを受け入れるべきでしょう。
しかし、諸国の独立や自由や民主主義を求めて戦ったと思ったものは、戦後に勝利を得たのでしょう。



>>71
一部削除

指摘せず


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:19:37.95 ID:lQX/mnmY0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E7%94%B0%E6%81%92%E6%B3%B0
竹田宮恒徳王の孫。恒徳王第三子、日本オリンピック委員会会長竹田恒和の長男。祖父 恒徳王は竹田宮恒久王と明治天皇の第六皇女 常宮昌子内親王の間に生まれていることから、恒泰は明治天皇の玄孫にあたる。
また、父親を辿ると北朝第三代崇光天皇に行き着くため、天皇の男系の子孫にも当たる。環境、憲法、孝明天皇などについて研究。
26歳の時、2002年横浜市長選挙への立候補を一旦表明するが、結局、立候補を取り止めて、中田宏への支援を表明した。
「ブッシュ政権のイラク攻撃を止めさせる緊急アピール」の発起人に名を連ね、2003年にはサッダーム・フセインの招きでイラクを訪問。
「戦争こそ最大の環境破壊」と訴えた。 また、その一方で米国のブッシュ一家とも親交がある。 その後、ロングステイ財団専務理事、NPO法人あきらめない名誉会長。慶應義塾高等学校時代英語会に所属し、ディベートのインターハイで優勝。
2006年(平成18年)に著書『語られなかった皇族たちの真実』で山本七平賞を受賞。旧皇族の一族としては初めて、皇位継承問題における「女系天皇容認論」に反対を表明したことで注目を集める。
その後も、皇室や日本史関連の書籍を相次いで執筆しており、新聞・テレビ、雑誌等にたびたび登場している。
2008年(平成20年)12月に論文「天皇は本当に主権者から象徴に転落したのか?」で第二回「真の近現代史観」懸賞論文“最優秀藤誠志賞”受賞。



79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:21:10.52 ID:lQX/mnmY0
>>78削除

>>71
明治天皇の孫

明治天皇の玄孫


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 07:47:07.43 ID:yzn7mp5O0
日本にはでたらめな通貨や国債の発行を求める意見が多いようです。

企業が増資や借り入れをするときには、経営改善の見込みや将来の見込みが必要でしょう。
企業であっても国であっても、将来に対する何のプランも計画性もなく、増資や借り入れをすることなどできないでしょう。
かつてバブル崩壊時の日本企業は、様々な形で、事業を蔑ろにしたり、金で事業を見失うなどして、倒産したようです。

国家は、教育を整えて人材を育成し技術開発や研究を支援し、労働環境や社会環境を整備し、将来の見込みの統計やデータなどを整え、資源の輸入や輸出先との交渉や、産業の育成や変革への支援などをしています。
しかし、新規事業を含む事業や産業について、行政が単独で行えるものではなく、いわゆる産学官などの主体が、それぞれの特性を活かして、国家経営がなされています。
企業が事業案を提案して、行政が公共性や健全性や将来性などを判断して支援したり、他国や技術開発の動向などを参考にして事業案を提示するなどもあったのでしょう。(不明)
行政が単独で全てを計画する社会主義は、どの国でも破綻したようです。
戦前の左翼皇族の政権においては配給制度などで経済を破壊したようですが、それ以外の日本では、野放図に金を刷れば良いとか、物を

配れば良いなどという政策を採ることはなかったようです。
国家が全てを抱え込むのではなく、産学官などが連携して、国家を運営してきたようです。

福祉などの不労所得が多すぎると、名目の利子率が低くても、実質利子率は上がり、社会も腐敗するでしょう。

ちなみに、事業に失敗したり、過剰な福祉をしたり(寄付は人々を腐敗させやすいそうです)、野放図な財政運営をするなどして、国家

が財政破綻すれば、属国になったり、滅亡する可能性もあるでしょう。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 20:12:37.23 ID:gUWIv7Yj0
>>80
一部訂正
戦前の左翼皇族の政権においては配給制度などで経済を破壊したようですが、それ以外の日本では、野放図に金を刷れば良いとか、物を

配れば良いなどという政策を採ることはなかったようです。

戦前の左翼皇族の政権においては配給制度などで経済を破壊したようです。
また、民主党も同様の野放図な政策をとっているようです。



82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/27(木) 19:39:44.61 ID:otPcb2Q10
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n173/n173_058.html
1 血族結婚と障害
 アラブ社会では階級、貧困の差を問わず血族結婚(特に従兄妹同士の結婚)の因習があり、財産を同族内に残すためか、好まれる傾向さえある。
これは、障害を産み出す原因の1つである。筆者が集めたデータによると遠縁を含む血族結婚は、ヨルダンで50%(注2)、エジプトで29%、クウェートでは54%、進んでいるはずのレバノンの首都ベイルート市内でも25%と非常に高い。
 マスメディアを通して啓発する方法や、結婚カウンセリングなどの必要性が指摘されているが、風土、文化、政治的な面からなかなか難しい。
 さて、スウェーデンの研究者ジャンソンが、ヨルダンで行ったサンプルリサーチによると、重度知的障害児の両親の68%が血族結婚(35%が従兄妹同士、14%がはとこ同士、18%が遠縁)である。ヨルダン一般平均の50%よりずっと高い。
 更に興味深いのは、21%の子供達が、やはり知的障害をもつ兄妹をもっている点である。その内訳は、11.3%が1人の兄妹が知的障害を持つ。
7.9%が2人の兄妹。1.5五%が3人の兄弟。そして、残りの0.5五%に関しては、本人を除いて、家族内に4人の兄妹が、やはり知的障害を持つということである。
 これは、明らかに遺伝性の知的障害の兆候である。ここで注目したいのは血族結婚と一般女性の教育レベルの相関関係である。血族結婚防止のためには、女性側の高等教育が効率的である。
というのは、ヨルダンの大卒女性(大卒既婚女性)の、80%が血族結婚をさけている。これに対して、大卒既婚男性で血族結婚をさけているのは61.5五%である。
大卒女性は因習に縛られずに、自由にパートナーを選ぶようである。大卒男性の方が保守的で、因習に縛られているのだろうか。障害児の両親の血族結婚率に関しては、他のアラブ諸国でもよく似たデータが見られる。
エジプトでも障害児の両親の67%が血族であり、パレスチナのガザでも知的又は複合障害を持つ子供達の両親の血族結婚率は約7割である。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 08:51:42.61 ID:wWqyAcH00
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%BB%BA%E7%AF%89#.E9.A0.90.E8.A8.80.E8.80.85.E3.83.A0.E3.83.8F.E3.83.B3.E3.83.9E.E3.83.89.E3.81.A8.E6.AD.A3.E7.B5.B1.E3.82.AB.E3.83.AA.E3.83.95.E3.81.AE.E6.99.82.E4.BB.A3
イスラーム建築の端緒は、622年のヒジュラの後にマディーナに礼拝所として建設された預言者ムハンマドの邸宅に始まる。
記録によると、預言者の家は日干しレンガ(アドベ)で作られ、1辺が100ディラーウ(dhir?')すなわち約50メートル、面積は約2,500平方メートルの広い中庭と、
それに接する南北に1列ずつの柱廊を巡らした部屋から成り、壁の高さは2.5メートル程であったという。
中庭に面する柱列にはシュロで覆って屋根をつけた。ムハンマドはここを信者に開放して集団礼拝や信者からの陳情を聞いたと伝えられる。
当初エルサレムがキブラであったため北側の壁面を背にして普段ムハンマドが礼拝する右脇に3段の木製の高座(のちのミンバル)が置かれ、
ここでムハンマドは説教を行っていたが、マッカ征服後はキブラはマッカに定められたため、南側の柱廊が増設されミンバルも移動した。
これが現在の預言者のモスクであり、その後の全てのモスクの起源、雛形となった。
ただし、アッバース朝の歴史家イブン・サアドによるムハンマドの伝記によれば、ムハンマド自身は信者の財産を無駄にするということで、建物の建設を禁じたと伝えている。
豪華な建築物の建立と偶像を禁止するという預言者の教えに従い、ムハンマの存命中と彼の後継者である正統カリフの時代には、イスラーム建築はほとんど発展が望めない状況にあった。



84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 08:52:15.52 ID:wWqyAcH00
7世紀中に、ムスリムの軍隊は、ペルシャ、シリア、エジプト、マグレブ(そして8世紀にはイベリア半島へも)に領土を拡大し、各地に信仰の拠点となるモスクを整備した。
638年、サアド・ブン・アビー=ワッカースはクーファの町を建設し、ここに会衆モスクを建設した。周囲を堀によって一辺約104mの正方形に区切り、キブラに向かって木造屋根を架けた列柱を持つだけの、たいへん簡素なものである。
しかし、この単純な建物が最初のイスラーム建築で、635年頃に建設されたバスラの会衆モスクは葦で囲われただけであった。
宗教施設と比較すると、世俗建築はより強固な建築であった。
635年、バスラに政庁府(ダール・アル・イマーラ)が建設され、638年には、クーファにも政庁府が建設されるが、賊が侵入したことによって、ウマル・イブン=ハッターブはクーファの政庁府をより堅牢なものに建て替えるよう命じている。
また、644年から656年の間に、ムアーウィアによってダマスカスの政庁府が建設されている。しかし、やはり建築物には何らの装飾も行われなかったようで、東ローマ帝国の使節はこの政庁府を評して、上は鳥の巣、下はネズミの巣と述べている。

上は鳥の巣、下はネズミの巣


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 08:54:34.96 ID:wWqyAcH00
ウマイヤ朝によるイスラーム建築の発達それまでの正統カリフの時代に比べると、ウマイヤ朝はイスラームに芸術をもたらすことになるが、
その着想はサーサーン朝の装飾やシンボルの影響がたいへん強く、少なくとも芸術分野においては、ウマイヤ朝はサーサーン朝の後継者であった。
東ローマ帝国の影響があまり認められないのは、コンスタンティノポリスを攻略できなかったことが大きいと考えられる。
建築については、やはりサーサーン朝のペルシャ様式の影響が濃いものの、都がダマスカスにあったこともあって、ローマ建築、古代エジプト、ビザンティン建築の影響も認めることができる。

ムハンマドは、孤児でも生きていける社会を目指し、部族抗争の無明状態と戦ったようです(不明)。
アラブ人は、部族抗争に明け暮れ、建築や文明においても、周辺諸国に比べて、明らかに劣っていたようです。
イスラム建築はムハンマドともアラブ人とも全くの無関係のようです。
イスラム建築とされる建築様式は、ペルシア人の建築様式のようです。

アラブ人は、他の周辺の文明諸国と違って、残虐な犯罪民族だったようです。
日本にも残虐な犯罪者がますが、少数のまともなものが、苦しみながらも忍耐強く戦っているようです。
ただし、沖縄では、福建国の侵略者やかつての太平洋戦争の戦争犯罪者や新たな戦争や殺戮を求める残虐なテロリストやたかりなどの犯罪者が支配しており、侵略や犯罪と戦うものもなく、残虐な犯罪者が野放しの犯罪地帯になっているようです。
日本にも反文明の日本人が大勢いて、テロや浪費やデタラメで国家を破壊して、技術や文明を放棄させ、日本と日本人を滅ぼそうと必死で戦っています。
人が自然と調和し、自然を保護するためには文明の関与が必要です。反文明の日本人が勝利すれば、日本の文明は破壊され、日本の自然も完全に破壊され荒地になるでしょう。文明や乱開発だけでなく文明の破壊も自然破壊につながります。
中東が砂漠なのは、文明や乱開発によるのではなく、アラブ人による文明の破壊が原因のようです。
アラブ人が侵略して、技術や文明を破壊することで、いくつもの町が破壊され、砂漠に埋もれていったのでしょう。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 08:55:18.04 ID:wWqyAcH00
アラブ人の勢力が弱いうちは、ペルシャもビザンチンも、ムハンマドの部族抗争の否定や孤児でも生きていける社会の構築を目指して、それなりの文明を育てることができたようです。
ただし、アラブ人は、ムハンマドを無視して、ムハンマドが否定したアラブの慣習や残虐性や人種差別などのジャーヒリーヤをペテンで正当化して押し通してきたようです。
アラブ人が勢力を広げて増殖して、アラブ人の好むジャーヒリーヤで支配するようになると、民族も文明が死に絶えるのでしょう。



87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 19:11:53.39 ID:C0/zmWwy0
>>86
民族も文明が死に絶えるのでしょう。

民族も文明も死に絶えるのでしょう。


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 19:13:09.02 ID:C0/zmWwy0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E4%BA%BA
19世紀以降、マグレブ地域はフランスによる侵略と植民地支配を受けた。フランス語がアラビア語に代わる公用語となり、アラブ人の一部にはアラビア語を捨ててフランス語に乗り換えるものもいたが、ベルベル人の一部も同様であった。
彼らはフランスの植民地支配に協力的な知識人層を形成し、フランス支配の中間層として働いた。しかし一方で植民地支配に対する抵抗も継続し、このときベルベル人はアラブ人とともに植民地支配者のフランス人に対抗して、ムスリムとしての一体性を高めた。
しかし、独立後のマグリブ諸国では、近代国民国家を建設しようとする動きの中で、ベルベル文化への圧迫とアラブ化政策がかつてない規模で進められ、
人口比の関係からもアラビア語を話す者が増えたため、20世紀後半にはベルベル語と固有文化を守っていこうとする運動が起こった。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 19:13:56.02 ID:C0/zmWwy0
アラブ諸国とは、アラブ人のペテンによって侵略されて、アラブ人の土地などと公言されて、ジャーヒリーヤのアラブの慣習や残虐性を押し付けられて、滅亡するアラブの属国の国々のことのようです。
アラブ人は、中東でも、最も残虐で文明の低い民族であり、ムハンマドの慈悲深い指導を受けながらも踏み潰して、ペテンでジャーヒリーヤの残虐性や部族闘争の慣習を押し通し、押し広げて破滅するようです。
アラブの残虐な慣習に耐えられる民族など、アラブ人しかいないので、支配下の民族は滅亡するほかないのでしょう。
数千年の歴史のなかで文明を育ててきたビザンチンは、イスラムともムハンマドとも無縁なアラブの慣習と戦い、偉大な歴史を受け継ぎ、文明諸国と共に健全に発展する努力を止めて、文明諸国を離れて、滅亡に向かうのでしょうか。
数千年の歴史のなかで文明を育ててきたペルシャ人は、野蛮なアラブの慣習に耐えられないでしょうから、残虐性や遺伝病などで倫理も文明も失って、エジプトやベルベル人のように少数派に落されて滅亡に向かうのでしょう。
もしも、エジプト人が残っているならば、心を強く持って、ジャーヒリーヤや残虐や野蛮を押し付けているアラブ人の支配から抜け出して、文明人と共に人類で最も偉大な文明の一つであるエジプト人の国を取り戻すべきでしょう。
もしも、ベルベル人が残っているならば、心を強く持って、ジャーヒリーヤや残虐や野蛮を押し付けているアラブ人の支配から抜け出して、今度は選択を間違えずに、仲間の文明人と共にアウグスティヌスなどの偉人を生み出した偉大なベルベル人の国を取り戻すべきでしょう。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 21:40:40.34 ID:WTXM4lKW0
83年〜2009年 最高期
87年〜2003年 安定最高期
89年2001年  文化大成期
89年〜93年  文化大成期 成長期
94年〜98年  文化大成期 華期 96年〜97年(97年)黄金期
99年〜2001年 文化大成期 終盤期


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 23:19:30.22 ID:At4eN4Oo0
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%B7%9D%E5%91%A8%E6%98%8E-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%A8%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%96%E3%81%BE%E3%81%A7-%E8%87%BC%E6%9D%B5-%E9%99%BD/dp/4791765567
 大川は、戦前という時代に、イスラムの可能性に目を付けた。これは慧眼以外の何物でもない。イスラムという宗教に一種の世界統一を見出した大川の予見性は、今なお新鮮だ。
イスラムがいまだに信者を増やしており、近い未来には25億人になると聞く。世界同時期に一斉に行われる断食等を通じて、国を超えた大イスラム圏という意識も高まっているという。

http://plus.yomiuri.co.jp/article/words/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%8E%9F%E7%90%86%E4%B8%BB%E7%BE%A9
[ミニ時典]イスラム原理主義とは
 西欧型の近代化政策、生活様式を否定し、イスラム法(シャリーア)の厳格な実践を通してイスラム社会を正していこうとする復古主義運動。
シャリーアは聖典コーランと預言者ムハンマドの言行などを法源とし、礼拝の仕方からトイレの使い方まで生活全般を規定。窃盗に対しては手足の切断、密通には投石による死刑など厳しい刑罰を科す。


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 23:37:41.98 ID:2wj4/E330
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%A9%E4%BA%BA
ハザラ人は、中央アジアに居住する民族である。
アフガニスタンに住むイラン系の民族で、人種的には、モンゴロイドに少しコーカソイドが混じる。宗教は、シーア派のイスラーム。アフガニスタン中部バーミヤーン周辺に分布。
彼らが話すペルシャ語類似のダリ語にはモンゴル語起源の単語が多いため、13世紀、チンギス・ハーンに率いられてアフガニスタンにやってきたモンゴル人の末裔だと言われている。
アフガニスタンに国を建てたことはないが、宗教的な関係から隣国のイランと友好関係にある。
アフガニスタンにおける人口比は1割程度の少数派で、外見的特徴がモンゴロイドであるために差別を受け、虐殺された歴史もある。現在でも、差別されており、カブール市内の清掃労働者などは、彼らが担っている場合が多い。
タリバンが爆破したバーミヤンの石仏は、彼らの居住地域にある。


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 23:39:09.79 ID:2wj4/E330
http://ameblo.jp/ibn-ishaq/theme-10022244235.html
人権 [編集]
サウジアラビアにおいては前近代的なイスラーム法に基づく人権蹂躙が数多く報告されており、国際社会からの批判を浴びている。
これはサウジアラビアでは宗教が法律と融合しイスラム教を擁護する法としてのイスラム法が規定され、それに基づいて行政が執行されているためである。
このため近年は欧米諸国からのみならず他のアラブ諸国からも人権擁護を求める声が寄せられる。
基本統治法は第26条で「王国はイスラム法にのっとり人間の権利を保護するものとする」と明文規定するが、ここに定める“人間の権利”とはイスラム法における権利であって、現代西洋の人権思想における人権とは異なる概念である。
具体例として、性的自由の抑圧、人体の切断や公開の斬首刑などの刑罰、イスラム教ワッハーブ派以外のすべての信仰を「邪教」と断じ、禁止していたが、基本統治法以降は建前上は存在を認めるようになった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2
政治 [編集]
サウード家による絶対君主制でワッハーブ主義に基づく厳格なイスラム教義を国の根幹としている政教一致。要職は王族が独占しており、ギネスブックには王族の数が世界最大と記載されている。
アブドゥッラー現国王は第2世代であるが現在は第6世代まで誕生している。
国内は13の州に分割されている。勅任の知事(アミール)が就任するがサウード家出身者以外は認められない。



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 23:40:11.56 ID:2wj4/E330
参考
【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】60
>>596
>>598‐608
>>627‐629
>>657‐658
>>667‐673
>>675‐676
>>700‐703
>>709‐712
>>714‐716
>>719
>>743‐744
>>747
>>815‐818
>>821‐824
>>844‐847
>>851
>>928‐932
>>959
>>963‐966
>>968
>>996‐997

【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】61
>>61
>>63
>>65‐66
>>73
>>75
>>77‐78
>>648
>>651
>>654
>>689
>>692
>>694‐696
>>733‐737
>>750‐751
>>815‐816
>>818‐819
>>823
>>902‐906
>>912
>>914


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 23:40:54.87 ID:2wj4/E330
参考
【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】62
>>91
>>159‐160
>>353‐357
>>385‐388
>>420‐422
>>569‐574
>>653‐656
>>658
>>660‐662
>>770‐771
>>773‐775
>>815‐819
>>822‐825
>>848‐851
>>853‐855
>>857‐858
>>901

【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】63
>>102‐103
>>262‐263
>>267‐269
>>272‐273
>>275‐279
>>281‐282
>>284
>>288‐289
>>570‐572
>>574‐575
>>577‐581
>>602‐609
>>762‐766
>>975
>>989‐991
>>997‐1000


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 23:42:23.55 ID:2wj4/E330
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110722/mds11072220140005-n1.htm
公開処刑に日本のクレーン イラン、米市民団体が指摘
2011.7.22 20:13
 米国の市民団体「イランの核に反対する連合」が、イランでの公開処刑に日本企業2社のクレーン車が使われていると指摘していたことが22日までに分かった。
 同団体の指摘などによると、2企業は重機メーカー「古河ユニック」(東京都)と「タダノ」(高松市)。
 古河ユニックの担当者は共同通信の取材に対し「イランとは数十年前から取引がなく、どういう経緯でイランに入ったのかは分からないが、私どもの意図している用途ではない」と話した。
 タダノ側は「指摘を受けて既にイランへの建設機械の輸出はやめた。中古のものが何らかの経緯でイランに渡った可能性が高い」としている。(共同)


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 23:45:35.19 ID:2wj4/E330
>>89
数千年の歴史のなかで文明を育ててきたペルシャ人は、

数千年の歴史のなかで文明を育ててきた、アラブかしなかったまともなペルシャ人は、

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 23:47:44.01 ID:2wj4/E330
ペルシャの歴史を受け継ぐべき、まともなペルシャ人は、アラブ化して、既に滅んだのでしょう。(不明)

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/01(火) 21:22:14.89 ID:CWr0zAND0
http://homepage2.nifty.com/hashim/whistory/iranhistory.html
 12人のイマームのうち、最後の第12代イマームを除く11人のイマームが非業の死を遂げています。そのなかでも、第8代イマームのレザーは重要です。彼が最初にイラン高原にやって来たイマームです。
そして、遺体がイラン領内に葬られているただ一人のイマームです。彼の聖廟はイラン東部のマシュハド(今日ではイラン第二の都市)にあります。12人のイマームのうち、殉教地がイランにあるただ一人のイマームなのです。
 シーア派の聖地はすべてイマームとその側近の殉教地です。殉教者の血のにおいがします。これに対して、スンナ派の聖地はメッカ、メディナ、エルサレムであり、預言者ムハンマドに関わる地であって、血のにおいがしません。
 第8代イマームのレザーがイラン滞在中に妹のファーティマが彼を訪ねてきましたが、不幸にして旅の途中でゴムで病気で亡くなりました。ゴムはマアスーメとも呼ばれるファーティマの聖廟を中心に発展した都市です。
ササン朝の時代にすでにゾロアスター教の女神アナーヒター神殿があったところにファーティマの遺体が埋葬されました。イラン的要素とイスラムが融合されていくのです。このように、イランのイスラム化はイスラムのイラン化をも意味していました。
 第11代イマームは874年に毒殺されました。彼の妻は東ローマ帝国の皇帝の娘であるといいます。彼の長子はまだ幼児でした。スンナ派の手先がイマームの血筋を絶やすため徹底的に調べた。彼は身を隠しました。
第12代イマームはお隠れ(ガイバ)になったのです。「隠れイマーム」です。これ以後現在までイマームの言葉を直接には聞くことのできない時代になりました。
シーア派(12イマーム派)の人々は、いつの日かお隠れになっているイマームがこの世を救いにやってきてくれると信じています。イマームの再臨(ロジューウ)と救世主(マフディ)待望です。


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/01(火) 21:26:04.79 ID:CWr0zAND0
ムハンマドやクルアーンをペテンで悪用して、ジャーヒリーヤの残虐性や部族抗争や差別などの邪悪な慣習を正当化して、多くの国や民族を侵略して、属国にして、文明や民族を破壊し、凶悪なアラブ化したり、抹殺しているアラブ人は、
権力闘争や人種差別などで、ムハンマドの子孫を殺戮して皆殺しにしたそうです。
ムハマンドの子孫を虐殺して皆殺しにしたアラブ人の中には、ムハマンドの子孫を抹殺しておきながら、ムハンマドの子孫を自称するペテンさえも実在するそうです。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/01(火) 21:27:13.07 ID:CWr0zAND0
ムハンマドは、最善を尽くしたのでしょうが、周辺の文明国に比べて明らか文化の劣った、歴史も文明もない残虐なアラブ人のなかで、アラブ人を相手にしていた限界を認めて、クルアーンを削除するように願ったのかもしれません。(不明)
しかし、アラブ人は、残虐性や部族社会や人種差別を克服することもなく、クルアーンの残虐な部分あるいは全部を削除することもなく、ムハンマドやクルアーンをペテンで踏み倒して悪用して、アラブの残虐性なジャーヒリーヤの慣習を押し通し押し広げているようです。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/01(火) 23:40:10.34 ID:CWr0zAND0
>>99
>>100

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%B3
イスラム教徒の中では、「アシュラフ」および「アラブ」と呼ばれる少数派の二つの部族が上層階級となっており、アラブ人によるエジプト征服の時代以来の構造を残している。
社会の最上層を占める「アシュラフ」(Ashraf)は預言者ムハンマドの子孫であるとされ、その下に位置する「アラブ」(Arab)はアラビア半島からエジプトに移った人々の子孫とされる。
社会の圧倒的多数派であるファッラーヒーンはアラブによる征服以前のエジプト人の末裔でイスラムに改宗した者たちの子孫とされ、最下層を占める。


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 00:41:30.11 ID:HjTiEfz60
http://www.asahi.com/paper/editorial20111027.html#Edit2
普天間問題―同盟のために見直そう 外交が国内政治の制約を受けることはままある。
だが、ここまでこじれたら、もう動かしようがない。
 沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題は、完全に暗礁に乗り上げた。このほど来日したパネッタ米国防長官の日本側担当閣僚との会談が厳しい現実を映し出していた。
 一川防衛相との普天間問題の協議で一致できたのは、名護市辺野古沖への移設を約束した日米合意を可能な限り早く進めるという原則だけだった。
 防衛相は新滑走路の建設に必要な環境影響評価(アセスメント)の評価書を年内に沖縄県に提出すると米側に伝え、歓迎されたという。
 けれど、その先がない。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 00:44:35.07 ID:HjTiEfz60
朝日新聞が沖縄の基地に反対して邪魔して、地域や国々の安全保障を維持しつつ危険や騒音を解消するための基地移設に反対し、騒音で苦しめ殺戮しようと、完全な暗礁に乗り上げさせようと、懇親の努力をしてきたのは周知の事実です。
しかし、朝日新聞は、あからさまなペテン記事で愚弄して、嘲笑しています。
朝日新聞の記者達は、沖縄を殺戮し、日本人や台湾人などの多くの人々を困らせ苦しめ殺し、アメリカを失望させて忍耐できなくさせ、人気と金を得ながら、
高い知能で完全犯罪をして、誰にも裁かれずに、邪悪な欲望を満たしたと、誇りに思って、舌なめずりして、すっきりしているのでしょう。
しかし、朝日新聞が、殺戮を望んで、日本を殺そうとするのは大東亜戦争だけでなく、冷戦期から続くソ連や中国や北朝鮮などによる侵略など、
多くの日本人が既に気づいており、邪悪と戦って押しつぶし踏み潰す努力をしているものもいるようです。
朝日新聞は、基地反対のために真摯に努力しており、大東亜戦争で味をしめた敗戦革命によって沖縄の殺戮を見たいという邪悪で残忍な欲望や、基地反対による沖縄の滅亡で日本人を困らせて苦しめあわよくば巻き込んで殺して滅ぼすために活躍してきました。
朝日新聞は、韓国人や台湾人を殺して滅ぼし、アメリカを失望させ忍耐をあきらめさせるか、人権や正義を求める真摯な努力を打ち砕き、希望を奪って、絶望させ、破滅の道具に使おうと、罵倒や愚弄を繰り返し、努力を貶め成果を否定し、必死の努力をしています。


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 00:46:13.02 ID:HjTiEfz60
どの民族にも、デタラメな理屈などで、人々を困らせ苦しめて殺しながら、たかって搾取するために真摯な努力を続ける、残虐な犯罪者がいます。
日本では、朝日新聞や毎日新聞などが、知能の高い犯罪者の巣窟となっており、戦前も戦後も一貫して、人々を困らせ苦しめて殺しながら、たかって搾取するために真摯な努力を続けてきたようです。
今でも、朝日新聞や毎日新聞や沖縄は、たかりながら殺戮するために、日々憎悪やデタラメの刃を研ぎ澄まし、邪悪で傲慢な衝動を高ぶらせて、日本人を真剣に困らせ苦しめ殺そうとしています。
どのようにして、邪悪なものを押さえ込んで、邪悪さを押しつぶすかが課題になっています。

ムハンマドは、アラブの邪悪な慣習を滅ぼそうとしたのかもしれませんが、アラブ人は、おそらく、武力で侵略すると、、クルアーンを悪用して、平和的な文言で多くの民族をペテンにかけて抵抗させず、残虐な文言で、アラブの残虐性を発揮して、押しつぶしてきたのでしょう。
アラブの悪影響もあって、中東の多くの民族が、アラブ化したり、あるいは、本来持っていておそらく押さえ込もうとしてきた?残虐な側面が、沖縄や朝日新聞や毎日新聞やアイルランドやテロリストのように、際限なく発揮されるようになっているのでしょう。
あるいは、もともと残虐な民族もいたのかもしれませんが、不明です。
残虐な民族や人などは滅ぶ必要があります。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 01:44:56.43 ID:sWoZdiJy0
>>103
先がないのは朝日新聞の記者などの邪悪です。
朝日新聞は、地域や国々などの安全保障を維持しながら、危険や騒音を解消するための、沖縄の基地の移設に反対し、沖縄を騒音で苦しめて殺戮し、日本などのまともなものをでたらめで苦しめ抜いて殺そうと、知能や職業などを悪用して、裁かれずに搾取して嘲笑しています。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96%E7%8E%8B%E5%9B%BD
オスマン帝国は、エジプト総督ムハンマド・アリーにサウード王国を滅ぼす攻撃命令を下した。ムハンマド・アリーは軍隊を率いて、ヒジャース地方に殺到し、聖地の奪還に成功した。
また、ムハンマド・アリーの子供であるイブラーヒーム・パシャは、軍隊をナジュドへと進め、首都ディリーヤを1818年の冬に包囲した。
首都ディリーヤの攻囲戦は数ヶ月に及んだが、エジプト軍の勝利に終わり、サウード家とワッハーブ運動を展開した主要メンバーは、エジプトやあるいはオスマン帝国の首都イスタンブルへ連行された。
ディルイーヤは、徹底的に破壊され、現在は王国が存在した当時の面影は存在しない。最後のイマーム、アブドゥッラー・ビン・サウードは、後にイスタンブルで処刑され、その首はボスポラス海峡に捨てられた。
こうして、第一次サウード王国は滅亡したが、ワッハーブ運動の火種はアラビア半島に残っており、サウード家の生き残りとともに第二次サウード王国を建設する(1891年まで存続した)。
第二次サウード王国の滅亡後は生き残った王子が再び王国を再建し、1931年に国王に即位し、現在のサウジアラビアとなっている。このため、サウジアラビアは第三次サウード王国と見ることも出来る。


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 01:47:04.67 ID:sWoZdiJy0
>>103
先がないのは朝日新聞の記者などの邪悪です。
朝日新聞は、地域や国々などの安全保障を維持しながら、危険や騒音を解消するための、沖縄の基地の移設に反対し、沖縄を騒音で苦しめて殺戮し、日本などのまともなものをでたらめで苦しめ抜いて殺そうと、知能や職業などを悪用して、裁かれずに搾取して嘲笑しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96%E7%8E%8B%E5%9B%BD
第一次サウード王国(アラビア語表記で?????? ???????? ??????)は、1744年にアラビア半島に建設された王国である。
ムハンマド・イブン・アブドゥルワッハーブが唱えるワッハーブ派の運動の普及のために、ナジュドの豪族出身であるムハンマド・イブン・サウードが軍事的・宗教的にキャンペーンを起こした。
王国の性格からワッハーブ王国ということもある。主君はワッハ-ブ派イマームを兼ねる。
王国の版図は、初めはナジュドに限定されていたが、東は現在のクウェートからオマーンの国境にまで及んだ。
また、北には、イラクやシリアの国境近くまで広がり、1801年には、シーア派の聖地であるカルバラーおよびナジャフを陥落させたことで頂点に達した。
このとき、アリー・イブン・アビー=ターリブの墓所などシーア派の聖地多数が破壊されシーア派住民も虐殺された。 1802年、王国の軍隊は、ヒジャーズ地方に進出を開始し、イスラームの2大聖地であるマッカとマディーナを陥落させた。
両聖地の陥落は、1517年以来聖地の守護者を自認していたオスマン帝国に衝撃を与えた。
また、イスラム原理主義であり聖者崇拝などを認めないワッハ−ブ派により、聖地マッカでの廟など多数が破壊されたことにより、それ以外の宗派から反感をもたれることになる。


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 01:48:24.15 ID:sWoZdiJy0
>>103
先がないのは朝日新聞の記者などの邪悪です。
朝日新聞は、地域や国々などの安全保障を維持しながら、危険や騒音を解消するための、沖縄の基地の移設に反対し、沖縄を騒音で苦しめて殺戮し、日本などのまともなものをでたらめで苦しめ抜いて殺そうと、知能や職業などを悪用して、裁かれずに搾取して嘲笑しています。

>>105
アラブ人の穏健派は、平和を押し付けて抵抗させないためのペテン部隊であり、アラブ人の過激派は殺戮部隊であり、連携しながら、属国にして奴隷化して、宿主を食いつぶして、文明や民族を破壊して殺しあっています。
アラブ人の穏健派もアラブ人の過激派も同様の残虐性を有しており、全くの同罪です。


日本で流行ったロールプレイングゲームでは、弱いモンスターから倒していき、経験を積みスキルを磨いて、仲間を集め、防御や攻撃力などを高めて、徐々に強い相手を倒し、邪悪すのがセオリーのようです。
モンスターには、支援援護タイプやや攻撃タイプなどの特性があり、特性にあわせて、最も有効な攻撃をすると効率的だそうです。



109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 01:51:18.22 ID:sWoZdiJy0
>>103
先がないのは朝日新聞の記者などの邪悪です。
朝日新聞は、地域や国々などの安全保障を維持しながら、危険や騒音を解消するための、沖縄の基地の移設に反対し、沖縄を騒音で苦しめて殺戮し、日本などのまともなものをでたらめで苦しめ抜いて殺そうと、知能や職業などを悪用して、裁かれずに搾取して嘲笑しています。



>>108訂正
邪悪すのが

邪悪を倒すのが

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 01:52:42.57 ID:sWoZdiJy0
>>103
先がないのは朝日新聞の記者などの邪悪です。
朝日新聞は、地域や国々などの安全保障を維持しながら、危険や騒音を解消するための、沖縄の基地の移設に反対し、沖縄を騒音で苦しめて殺戮し、日本などのまともなものをでたらめで苦しめ抜いて殺そうと、知能や職業などを悪用して、裁かれずに搾取して嘲笑しています。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC
ハサン・アスカリー (アラビア語: ?????? ????? ?? ??? ?????????, 846年12月6日 - 874年1月1日)は、シーア派・十二イマーム派の第11代イマーム。名はハサン・イブン・アリー・イブン・ムハンマド。
生涯 [編集]ハサン・アスカリーは、父アリー・ハーディーとサリールの間にマディーナで生まれた。アスカリーとは軍隊を意味するアラビア語にちなんだものである。これはハサンが軍部隊の駐屯する都市で人生の大部分を送ったことによる。
ハサンはビザンツ出身のナルジスという奴隷を妻としたが、シーア派のあいだでは彼女はビザンツ皇女であると信じられている。
ハサンはその生涯のほとんどを、アッバース朝カリフの監視下、サーマッラーの家宅に軟禁されて過ごした。時にはバグダードゆきを許されることもあったが、これも必ず警護と監視のもとでのことである。
ハサンが没したのは874年1月1日、27歳の時であった。毒殺であった。葬儀には何らかの関与があったとされるアッバース朝カリフ・ムウタミドら多くの人々が参列した。
葬地は父の眠る現在のサーマッラー・アスカリー・モスクの地である。当地は多くのムスリム、特にシーア派の聖廟となっている。2006年2月22日の爆弾事故で非常に大きな被害を受けた[1]。


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 02:01:33.75 ID:sWoZdiJy0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96%E7%8E%8B%E5%9B%BD
サウジアラビアにおいては前近代的なイスラーム法に基づく人権蹂躙が数多く報告されており、国際社会からの批判を浴びている。
これはサウジアラビアでは宗教が法律と融合しイスラム教を擁護する法としてのイスラム法が規定され、それに基づいて行政が執行されているためである。このため近年は欧米諸国からのみならず他のアラブ諸国からも人権擁護を求める声が寄せられる。
基本統治法は第26条で「王国はイスラム法にのっとり人間の権利を保護するものとする」と明文規定するが、ここに定める“人間の権利”とはイスラム法における権利であって、現代西洋の人権思想における人権とは異なる概念である。
具体例として、性的自由の抑圧、人体の切断や公開の斬首刑などの刑罰、イスラム教ワッハーブ派以外のすべての信仰を「邪教」と断じ、禁止していたが、基本統治法以降は建前上は存在を認めるようになった。
また、雇用主による外国人就労者に対するパスポートの取り上げ(スポンサー制度)も横行しており、国際労働機関 (ILO) から再三に渡り改善勧告を受けている。
近年、スポンサー制度を一括管理する民間機関の設置が議論されているが、本格的な実施には至っていない。
サウド家を始めとする政府中枢と支配層はスンニ派(ワッハーブ派はスンニ派に含まれる)である。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 02:56:40.67 ID:sJI/2rct0
>>108一部訂正
平和は大事です。

>>105
アラブ人の穏健派は、平和を押し付けて抵抗させないためのペテン部隊であり、アラブ人の過激派は殺戮部隊であり、連携しながら、属国にして奴隷化して、宿主を食いつぶして、文明や民族を破壊して殺しあっています。
アラブ人の穏健派もアラブ人の過激派も同様の残虐性を有しており、全くの同罪です。

>>105
アラブ人の穏健派は、クルアーンを悪用してジャーヒリーヤの残虐なアラブの慣習を押し付けるペテン部隊であり、アラブ人の過激派はテロや殺戮部隊であり、連携しながら、属国にして奴隷化して、食いつぶして、アラブ化したり、文明や民族を破壊して、殺しあっています。
アラブ人の穏健派もアラブ人の過激派も同様の残虐性を有しており、ムハンマドやクルアーンを悪用して、残虐性を押し通しており、全くの同罪です。


よく、アメリカ人などを非難して責め立てているようですが、そもそも、アメリカ人や西洋人や白人とは関係なく、アラブには平和も人権も無いようです。
アラブ人は、侵略の戒めを踏みにじり、多くの国々を侵略して幾つもの偉大な文明や民族を食いつぶして抹殺したり、アラブ化して台無しにして、ムハンマドの子孫さえも殺戮して抹殺し、アラブ化したトルコでも指導者の兄弟を殺戮するなど、残虐に殺しあっていたようです。
アラブ人は、穏健派であれ過激派であれ、平和や人権とは無縁であり、文明を破壊して、野蛮で残忍な社会を作り出して、人々を苦しめて殺すために戦っています。



113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 02:58:34.25 ID:sJI/2rct0
>>105
一部訂正

平和的な文言で

アラブの残虐な慣習を押し付けて、

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/03(木) 16:34:48.61 ID:Bnl40acg0
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1319526029/l50
【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】64
>>208‐209

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%91%E6%85%A2
我慢(がまん)とは、仏教の煩悩の一つ。強い自己意識から起こす慢心のこと。

四慢(増上・卑下・我・邪)の1つ、また七慢(慢・過・慢過・我・増上・卑劣・邪)の1つ。仏教では人間を固定的な実体として捉え、自己に執着(しゅうじゃく)することを我執(がしゅう)といい、その我執から、自分を高く見て他人を軽視する心をいった。
現在、一般的に自分自身を抑制し、また耐えるという意味あいで「我慢する」などと使われるが、これは、もともと「我意を張る」などという強情な心意を介した転用で、近世後期から言われるようになったとされている。


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/03(木) 16:41:12.73 ID:Bnl40acg0
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111103/plc11110303090000-n1.htm
もともと現行憲法は米国製だった。当時の米国の対日政策は非軍事化を根幹としたから、日本よ、安全と生存の保持には諸国民の公正、信義に信頼するに限るのだよ、と「安全神話」を説いた。
薬は効きすぎた。国際情勢がどうあろうと日本は「安全神話」憲法を護持、改憲を忘れてきた。

一部の日本人は、属国になるどころか、日本の自由意志の根幹を公然と貶め否定して戦っており、日本の歴史を断ち切って、同じ過ちを繰り返させて、巨大な勢力を誇っている国内の犯罪集団に従って、激情のままに暴れて、日本を完全に滅ぼしつくしたいようです。
一部の日本人は、一旦、押し通した犯罪は、破滅に至ろうが滅びようが、間違いを認めず、言動共に、頑強に固執して、何度でも平気で繰り返すようです。
一部の日本人は、当然のように日本国憲法がアメリカに押し付けられたでたらめだと言っていますが、終戦の詔勅を無視し、日米同盟を前提とした平和主義や民主主義や国際協調を選択した昭和天皇と日本人の意思をでたらめだと言っているのと同義です。
アジアを開放するために戦ったと思ったものは、日本左翼などによる悪意の誘導や、交渉によって植民地を廃止していたイギリスなどの国々についての無知や誤解や事実誤認があったのでしょう。ペテンなどの犯罪の処罰や、相互理解や交流不足の解消が課題です。
しかし、高村光太郎のように、耐えて隠してきた屈辱や憎悪を爆発させて、憎悪犯罪を正当化して、西欧と戦ったというのは、日本の誠実さや協調性や努力や善意自体を完全に否定し、日本を滅ぼすべき獣とする攻撃であり、怒って全否定するべき侮辱です。
現実の日本は、日本自身の意思で、西欧文明を採用して、努力して、国連の常任理事国として世界の秩序維持や人類の進歩に貢献していたそうです。


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/03(木) 19:46:25.40 ID:NoJjpzVM0
かつての日本は、近衛文麿という高い知能や地位を持ち、ある程度の容姿にさえ恵まれた邪悪で力強い左翼の犯罪者と、朝日新聞や毎日

新聞などの大勢の日本左翼のペテンによって、騙されて、天皇などの日本人の総意に反して、間違った戦争をしました。
一部の日本人は、邪悪なペテンに騙されて間違った戦争をした事実を認めず、現実に植民地を解放した欧米の努力や事実さえ無視して、

悲惨な破滅に至った詐欺師の殺し文句にしがみついて、同じ過ちを繰り返して、日本を滅ぼしたいようです。
一部の日本人は、日本国内で未だに大きな勢力を誇って殺戮のために戦っている平和を愛さない国民の不正で不誠実な犯罪を冷静に処罰

するどころか、過ちを繰り返して、日本を滅ぼしたいようです。
日本人を苦しめて殺そうとする日本左翼などの犯罪者は、日本に大きな勢力を築いており、たかりや恐喝で超え太り、寝る間も惜しんで

努力し、手をかえ品をかえて犯罪を押し通し、進歩し、あるいは、同じような邪悪やペテンを繰り返し、裁かれずに嘲笑しています。
ちなみに、警察官の宣誓には、憎まずに犯罪を取りしなるというようなことが書いてあり、激情に駆られて真偽を見失わないように戒め

ているそうです。(不明)

米国であれ、ユダヤであれ、あきれてなどいないでしょう。冷静に真偽や危険性を判断するように努力して、対処方法を検討していることでしょう。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/03(木) 19:47:56.42 ID:NoJjpzVM0
日本国憲法は、マッカーサーの提案も参考にしていますが、昭和天皇の終戦の詔勅で示された平和主義や国際協調主義や人権尊重などに

忠実に作られた憲法です。
昭和天皇の終戦の詔勅は、国民の総意に基づくものであり、前提として、現実の危機に対処するための世界のリーダーとしてのアメリカ

を承認した上で、悲惨な歴史を含めて、日本の歴史を引き継ぎ、問題を改めながら、平和主義を求めたものです。
ちなみに、文明論的に言えば、日本は、国民の総意を伝統的な方法で示したものである天皇の号令に基づいて、明治維新の際に西欧文明

を選択しており、日本の本心から西欧と共に共通の理想を求めて協調しており、昭和天皇も明確に欧米を支持しています。
一時期の日本は、近衛文麿をリーダーとする社会主義者革命や敗戦革命によって、日本人と昭和天皇の意思に反して、交渉によって植民

地を廃絶していたイギリスなどと、間違った戦争をしましたが、例外的です。
昭和天皇や日本人の多くは、問題もあったようですが、日本人自身の決断と意思で欧米の文明を学んで、文物の交流をして、文学や芸術

や野球などのスポーツなどもともに楽しみ、協調して人類の健全な発展のために貢献して成果を上げていたのが歴史の事実です。
日本人は、インド文明や中国文明や欧米の文明などの多くの文明を、属国や植民地としてでなく、自国の意志と決断によって選択して学

んで、共通の価値観を大事にして、発展させてきました。
しかも、他文明を学ぶ際には、根拠や由来を明示して、敬意を払い、たとえ自国が近隣諸国に比べて遅れていても、間違いをしていたと

しても、ごまかさずに、自国が歩んできた歴史や事実を率直に謙虚に認めて、問題を克服して、退行せずに成長して来たようです。
日本を悪意で敗戦に導いた日本左翼などの邪悪は今も活発に活動しています。ペテンのプロパガンダを正当化したり、事実をごまかせば

、歴史の連続性が壊れますし、邪悪なペテンを見失って、犯罪が野放しになって、破滅を繰り返すことになるでしょう。
日本左翼の知能は、通常の日本人よりも高いので、大胆かつ自由にデタラメや憎悪を報道して、搾取して超え太っています。そして、戦

前から引き続いて、多くの日本人が事実を見失って、破滅に向かう傾向があるようです。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/03(木) 19:50:07.40 ID:NoJjpzVM0
日本国憲法について、アメリカの関与を指摘して廃棄を求める執拗な意見があるようですが、現実のアメリカは、自衛や国際社会の平和

維持のための日本の努力を求めていますし、実際に戦後日本の敗戦革命を扇動しているのは日本左翼や近隣国の侵略者や沖縄左翼です。
たとえアメリカが陰謀に関与しているとしても、手足となって働いている?沖縄左翼や日本左翼や近隣国の侵略者がいなければ、アメリ

カだけでは陰謀を遂行する力がないことは、中東の政策の失敗でも明らかです。
そして、アメリカの陰謀の有無に関わらず、日本左翼や沖縄左翼や近隣国の侵略者は、自分自身の激烈な情熱と、強力で執拗な意志に基

づいて、嘲笑しながら、裁かれずに、日本の自衛や国際協力を妨げて、日本や日本人などを困らせて苦しめ抜いて殺そうとしています。
たとえ、アメリカの強制で、沖縄左翼や近隣諸国の侵略者や日本左翼が、自身の意思に反して、やむを得ずに、苦しみながら、アメリカ

の意向どおりに、日本の自衛などを妨害しているとしても、沖縄左翼などの犯罪者を処罰すれば、陰謀を実行できないでしょう。

日本の平和主義は、伝統的な方法で示された日本人の総意であるだけでなく、繰り返し確認されてきた日本人の意思であり選択です。そ

して、平和主義を採用するための前提である日米同盟は、昭和天皇や日本人の強力な意思によって締結されたものです。
日米同盟と日本国憲法を曲解して侮蔑して踏み倒すことは、日本の意思や選択を否定して踏み倒すものであり、たとえ間違いであっても

伝統的な方法で示された日本人の総意を踏み倒せば、日本の伝統的な方法そのものが軽く踏み倒せるものに落ちて崩壊するでしょう。
また、日米同盟という、平和主義の前提を破棄すれば、戦後左翼の望んできた敗戦革命プランのとおりに、滅亡するほかないでしょう。

たとえ、日本国憲法が間違いであったとしても、改正すべきだとしても、日本の伝統的な方法で示され、同様の選択を続けてきた平和主

義を、無視して踏み倒すならば、日本の伝統的な意志や表示方法が否定されて、無政府状態になるか、共和制の革命を意味します。
日米同盟を前提とした平和主義や民主主義や国際協調主義や、文明の選択のような、国家の命運や存続に直結する問題について、伝統的

な方法で正式に明示された判断を、無視して踏み倒したという事実が残れば、今後の、いかなる決定も踏み倒されます。

一部の日本人が、アメリカの意思や陰謀だと執拗に主張している圧力の正体は、伝統的な象徴によって示された日本人自身の意思であり

、膨大な数の日本人の総意を日本国家として統合して一体として動かしている日本国家自体の激しく強力な意思と力そのものです。


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/03(木) 20:06:31.05 ID:qCZbt4D70
多くの国々の歴史を見ると、民族の象徴を通して国家意思を表現する国家のあり方は、多くの矛盾や問題の原因とみなされるなどして、近代の革命によって、ほとんど倒されたようです。
現代の多くの国々では、共和制を採用しており、国民が、直接に国家の代表を選択して、選択した代表によって、まともな国民の総意を形作って国家意思として統合して表現して、国家と国民がまともに存続して健全に成長するように努力しているようです。
いずれの方法によっても、国家の統合の力は強力に働きます。国家をまともに健全に成長させたいという国民の意思の統合の力そのものに反発するものは、破滅やでたらめや破壊や無秩序を求める無政府主義者や犯罪者です。
犯罪者はどこの国にもいますし、数や力の上で、原理主義者やテロリストや左翼などの犯罪者が増殖して国家を支配することもありふれたことです。
多くの独裁者やテロリストが大量の犯罪者を動員したり、心の弱さを悪用して、権力を握り、人々を苦しめ抜いて殺し、殺戮や侵略や破滅に突き進む犯罪国家や犯罪民族などになることも、現在では、ごくありふれた、日常的なことであり、よくある普通の光景です。
ギリシャでは、デタラメや不正や傲慢や犯罪が繁茂して、踏み倒しや犯罪への強烈な情熱が、まともなものの努力や意思を圧倒して踏み倒して、国家として、国民や、世界を苦しめ傷つけながら、破滅に突き進むことが懸念されているようです。
共和制であれ、なんであれ、いずれの方法によっても、国家を健全に統合するには国民の理性的な判断や健全な努力が必要でしょうし、国民の総意をまともな国家の意思として統合することは、極めて困難です。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/03(木) 20:07:45.50 ID:qCZbt4D70
日本の伝統を健全な形で受け継いでまともに成長させたいと思う日本人は、一部の日本人が、アメリカを理由として、日本の伝統を踏み倒して無視して、日本の統合を破壊しようとしているのか、共和制を求めて戦っていることを認識して対処するべきでしょう。
共和制を求める人々の強烈な意思への対処を誤れば、国家の統合自体が崩壊するか、伝統的な方法が崩壊するでしょう。
伝統的な日本を健全に存続させたいならば、犯罪者によって国家の統合自体が破壊されないように注意して、犯罪者の犯罪への努力を上回る健全な成長への努力が必要です。
共和制を求めるものが多い場合には、必要ならば、犠牲を避けて、なんらかの形で伝統的な方法を大幅に撤退させたり簡素にするなどして、様子を見るべきかもしれません。フランスでも伝統的な勢力が完全に倒されたのでなく、温存されているそうです。(不明)
しかし、一部の日本人による、伝統的な日本の方式の無視や踏み倒しにかける信念は極めて堅固で明確なものです。現状を見る限り、たとえ伝統的な日本の象徴がたとえ真摯な努力して健全に機能していたとしても、悪意で完全に失われる可能性が高いでしょう。
説得をする際には、繰り返し同じことを言うことが有効な場合もあれば、新たな対処が必要な場合もあることでしょう。
しかし、健全な努力に対する正当な報酬がなければ、どんな努力もできなくなり破滅するほかないでしょう。
日本には悪意や騒音が満ちており、現実の生命や国家存続の危険を目の前にしても、安全保障に必要な基地に反対したり、騒音や危険を防ぐための基地移転に悪意で反対する意見がまかり通るなど、もはや、まともなものが、まともに生きていけなくなっています。

犯罪者は寝る間を惜しんで真摯に努力しており、歴史や寛容や少数民族や多数民族や伝統や慣習や宗教などのあらゆるものを悪用して、殺戮やでたらめや犯罪を貫き通しており、手を変え品を変えて悪用し、同じ犯罪を繰り返したり、日々努力して進歩しています。
犯罪者の犯罪を取り締まり、健全な社会を築くには、犯罪者以上に努力して、強力になるだけでなく、犯罪を犯罪として取り締まることが必要です。邪悪にせよ健全せよ、いずれにせよ人は進歩するので、まともに健全に進歩する必要があります。
ただし、日本の伝統を引き継いで更新することを選択するか、それとも、共和制を選択するかの選択自体は、まともなものが、まともに生きるための、まともなものによるものであれば、正義や悪の問題ではなく、実を見て判断するべき問題であり、民族の選択の問題です。
よい実を結ばないものは、滅びます。公共の福祉によって制約を受けたり、犯罪は処罰されます。



121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/03(木) 20:08:53.76 ID:qCZbt4D70
昭和天皇は、地域および日本および周辺の国々や国際社会の平和と安定のために、沖縄に基地を設置することを支持したという説もあるそうです。
努力も自己責任も国際協調もなく、際限なく無責任やたかりや憎悪やでたらめに落ちて行き、野蛮な慣習を押し通すようなものは、大国であれ小国であれ、少数民族であれ多数の民族であれ、国であれ人であれ、処罰され、滅ぼされることになるでしょう。
そして、現実に、犯罪者を犯罪者として処罰して滅ぼして、土地などの資源を、まともなもののために取り戻す必要があります。
沖縄のようデタラメで自己責任の欠如した腐敗した邪悪な犯罪者が容認されて存続しているのは、昭和天皇と日本人の間違いであり、あえて言えば犯罪を見過ごして、野放しにしてきた、健全な治安維持に対する責任の放棄であり、理由のない悪意ならば犯罪です。
沖縄は、洗脳やでたらめなどあらゆる犯罪に染まりながらも、平和の中で文明に触れる機会を持ちながら存続できましたが、かえって邪悪で無責任ででたらめになり、日々邪悪で無責任ででたらめに堕ちて行っています。
沖縄左翼は、まともな人間に土地などを返して、人間社会から出て行って、犯罪者として、滅ぶ必要があります。
通常の世界では、沖縄のような犯罪地域は処罰されて滅ぼされますし、沖縄などの犯罪地域を処罰して滅ぼすことは公共の福祉のために必要不可欠です。

愛は厳しいものでもあります。まともな心を守り鍛えなければ、たとえ本能などが求めても、愛することさえできずに、愛を失い、自身を失って破滅します。
まともな心や、愛のないものは、誰にも手を出さずに滅ぶ必要があります。

ゲーテのファウストについて言えば、権利や自由は公共の福祉の制約を受けます。公共の福祉に反する権利の主張は認められず、強制執行や、犯罪として処罰の対象になりえます。
また、まともな心や愛のないものが、手を出すことは犯罪であり処罰の対象です。まともな心や愛のないものは、誰にも手を出さずに滅ぶ必要があります。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/04(金) 12:49:36.36 ID:Vc7bD96D0
>>114
共和制であれ、立憲君主制であれ、現在の世界のまともな国々では、民主的な手続きによって政治などがなされています。
民主的な手続き自体を否定するものは、たとえ選挙で選ばれたものでも、独裁などとして非難されて、悲惨な末路を辿っているようです。

英国は、多くの危機や苦難を経て、国家の中核に立憲君主制を採用した、儀礼を重んじる国であり、大きな成果を挙げているようです。
日本は、立憲君主制の意義を認めて、明治維新の際に国家の根幹として正式に採用しており、大きな成果を挙げているようです。

警察官がトモダチだったとしても、まともな警察官ならば、犯罪に対しては、トモダチでも逮捕し、場合によっては殺害するでしょう。
トモダチであれ、トモダチでなくても、警察官の職務の遂行には、差別がないことになっているようです。
たとえトモダチを守りたいと思っても、警察官としては、警察官の職務に反する行動はできないでしょう。
たとえトモダチだと思っていたとしても、理由なく職務を侮蔑され否定されたならば、トモダチではなかったと考え直すことでしょう。
たとえトモダチでも、治安維持に必要な警察署や警察官の職務を妨害するものは、保護の対象でなく、処罰の対象です。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/04(金) 12:51:06.42 ID:Vc7bD96D0
>>114
人気歌手などが、失言をすれば信用を失いファンが離れて行き、失言を改めても人気を回復するには大変な努力が必要になるでしょう。もしも失言を改めなければたとえ歌が上手くても、歌手としてやっていけなくなることも、現実にはありふれたことのようです。
会社が金や信用を粗末に扱って改めないと取引停止になって倒産することがあるようですし、ペテンにかかってもペテンを擁護したりペテンを承認したりペテンに対処しなければ、倒産することもあるでしょう。
リーダーの選択を根拠なくデタラメだといったり、信義を示してきた同盟国の、公正や助けに対して尊敬を払わず、改めなければ、尊敬や信義を示されることもなくなり、同盟も信義も公正も助けも与えられずに、デタラメな独善として扱われて、孤立して滅ぶでしょう。
国家が経済犯罪や共産主義や民族差別や宗教犯罪などの犯罪や間違いをして改めなかったり、犯罪や間違いを放置し支援し擁護したり、犯罪者や間違った者の数や力で、まともなものを押しつぶして、犯罪や間違いを正当化して滅ぶことはありふれたことのようです。
天皇や女王などが何の代替案もなく立憲君主制を否定して、失言を改めなければ、国家の根幹への致命的なダメージとなり、職務放棄やテロが急増し、国民の統合が急激に崩壊して、瞬く間に国家が滅亡して、伝統や歴史や文明が崩壊する可能性が高いでしょう。
現在では、大統領であれ首相であれ、民主的な手続きを否定したり独裁を承認して改めなければ、政治生命を失う可能性が高まる場合もありうるようです。また、多くの犯罪者に犯罪が支持されていることを理由に犯罪をすれば、犯罪者として非難され、処罰されるでしょう。


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/06(日) 12:35:01.30 ID:PaNaVS0Y0
>>76
>>115
>>118
民主主義

人権尊重主義



125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/06(日) 12:40:01.97 ID:PaNaVS0Y0
>>77
団塊などでも、平和やまともな人権や仕事や暮らしを求めたり、公害問題や騒音問題や社会問題などの解決を願うなどして、一時的に間違っても、間違いを認めて改心して、自身でまともな仕事をして自身で社会に貢献して働いて成果を上げてきたならば問題ありません。
また、余りに不合理なものや、公共の福祉に反するものや、犯罪などでなければ、働いて大きな成果を上げてきたまともな高齢者の資産や年金などの福祉も尊重するべきでしょうし、寄付などの自主性を尊重するべきでしょう。

かつての日本企業などは、団塊の左翼かぶれだったものでも、やる気や能力があるものは、チャンスを与えて、鍛えて共に仕事をして成果を上げたそうです。
駄目に見えても、やる気や能力があるものは、チャンスを与えて、鍛えて共に仕事をしなければ、国にも企業などにも、未来は開けないでしょう。


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/06(日) 12:41:59.66 ID:PaNaVS0Y0
http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/2010/01/no_713.html
NO・1471笑えるアメリカのイスラム関連ニュース
 アメリカ政府直属の機関による、イスラムに関連した世論調査の結果が発表された。それは実に面白いというべきか、アメリカ的とい

うべきものであったので、ご紹介することにした。
 アメリカ国民にとってイスラム世界やイスラム教徒がどの程度の認知度であり何を持ってアメリカ国民がイスラム世界やイスラム教徒

を評価しているかがわかる。
 その興味深い世論調査の結果トップ点は以下のものだった。
1:イラン民主化大衆デモ
2:レバノン安定化
3:トルコ5・8%経済成長2002〜2008,26番から17番の経済力に
4:最大ムスリム国家インドネシア選挙成功裏に行われた
5:クウエイト民主化進む
6:アルバニア10%GDP伸び
7:アラブでのインターネット利用増加
8:米のムスリムは社会に適合
9:カタール7・5%のGDP伸び記録
10:男女共学大学サウジ国王が許可
 このうち経済がらみが3と6と9であり、民主化関係が1と2と4と5と7と10であろうか。8は何か無理にそういうことにした感

じがしないでもないが?
 アメリカ国民と政府の関心は、民主化の押し売りと、経済つまり金儲けがほとんどのような、気がしないでもないが、、?イスラムの

文化とか宗教そのものに対する関心は、ほとんど持たれていないということだ。つまり、現在起こっている現象の根源に対する関心は、

全く無いということではないのか?


投稿者: 佐々木良昭 日時: 2010年01月03日 18:26 | パーマリンク



127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/06(日) 12:45:17.38 ID:PaNaVS0Y0
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1163366216
アフガンやイラン、パキスタンの田舎などでは、婚家から逃げ出したりレイプされた女性を「不貞」とか「一族の恥」とか言って石打ち

刑とかにしてしまう習慣があるようですが、これはイスラムの文化の一環として

尊重できますか?
それとも、ただの野蛮な風習に過ぎないでしょうか?



128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/06(日) 12:53:22.81 ID:PaNaVS0Y0
>>126
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E5%BE%B3%E5%A4%A9%E7%9A%87
仁徳天皇
人家の竈(かまど)から炊煙が立ち上っていないことに気づいて租税を免除し、その間は倹約のために宮殿の屋根の茅さえ葺き替えなかった、
と言う記紀の逸話(民のかまど)に見られるように、仁徳天皇の治世は仁政として知られ、「仁徳」の漢風諡号もこれに由来する。


民主化
と、経済つまり

仁政と
民のかまど

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/06(日) 17:15:12.83 ID:T5pACQPo0
http://ja.wikisource.org/wiki/%E5%89%B5%E4%B8%96%E8%A8%98(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)#16:11
16:12彼は野ろばのような人となり、その手はすべての人に逆らい、すべての人の手は彼に逆らい、彼はすべての兄弟に敵して住むでし

ょう」。


http://ja.wikisource.org/wiki/%E5%89%B5%E4%B8%96%E8%A8%98(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)#16:11
17:18そしてアブラハムは神に言った、「どうかイシマエルがあなたの前に生きながらえますように」。

[編集] 17:19神は言われた、「いや、あなたの妻サラはあなたに男の子を産むでしょう。名をイサクと名づけなさい。わたしは彼と契約を立てて、後の子孫のために永遠の契約としよう。

[編集] 17:20またイシマエルについてはあなたの願いを聞いた。わたしは彼を祝福して多くの子孫を得させ、大いにそれを増すであろう。彼は十二人の君たちを生むであろう。わたしは彼を大いなる国民としよう。


アブラハムは、イシマエルがあなたの前に生きながらえますようにと頼んでいますが、神は、否定しています。
神は、イサクと契約を立てて、イサクの子孫のために永遠の契約としたようです。
そして、イシマエルは、既に、十二人の君たちを生んで、多くの子孫を得て、大いに増えて、大いなる国民となったようです。



130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/06(日) 21:20:04.52 ID:/nLNhniX0
>>123
一部訂正
テロ

反論等


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/07(月) 22:49:20.46 ID:jcxeiD9b0
>>129
追加
祝福され


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 07:47:40.40 ID:H5J5O5x60
参考
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1319526029/
【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】64
>>274-277
>>314-318

>>318一部訂正
伊勢崎賢治

左翼

個人名会社名などは削除。


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 07:48:04.71 ID:H5J5O5x60
>>126
民主化デモ、安定、経済成長、選挙、民主化、GDP伸び、ネット、社会に適合、GDP伸び記録、共学可。
文化。宗教。
OR
アラブ化(反文明)テロ、不安定、経済破綻、血族、部族化、GDP崩壊、言論弾圧、社会不適合、GDP崩壊記録、名誉の殺人。
モスク爆破。野蛮な慣習。


アメリカの理性や信義に、理性や信義で応える。文明のための努力。繁栄。努力。費用負担や報酬や感謝などが必要。
OR
凶悪犯罪者(左翼テロリスト無心論者等)の侮蔑や憎悪で、侮蔑や憎悪に堕ちる。文明の破壊。滅亡。殺害。無責任と絶望などで終わり。


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 19:46:52.11 ID:H5J5O5x60
>>133
削除

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 20:38:11.38 ID:DkxGu2fP0
【政治】中国人船長釈放をめぐり、丸山議員が仙谷氏を告訴

 弁護士で自民党参院議員の丸山和也氏(65)が、昨年9月の尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件での
中国人船長釈放をめぐり、当時の仙谷由人官房長官(65)が指揮権を発動したとして告訴していた
ことが2日、分かった。8日に初公判を迎える。
 船長を逮捕、起訴すれば「(昨年11月の)APECが吹っ飛ぶ」と仙谷氏が電話で述べたと委員会
質疑で暴露した丸山氏を「いいかげんな人のいいかげんな発言」と中傷した仙谷氏を侮辱容疑で昨年末に
刑事告訴したが、今年7月に嫌疑不十分で不起訴処分となった。

 同時に民事で訴えていたが、10月中旬に告訴内容を「仙谷氏が指揮権を発動し、那覇地検に釈放させ
た」とバージョンアップ。菅政権で内閣官房参与を務めた松本健一氏が9月、一部報道で「釈放は仙谷氏
らの政治判断によるものだった」と、当時の政府の主張と食い違う証言をしたことにも後押しされたという。
 仙谷氏の侮辱発言について「指揮権発動を隠ぺいするための名誉棄損行為だった」と丸山氏。謝罪広告、
損害賠償3000万円などを求める。丸山氏によると、石原慎太郎都知事らが証人として出廷する予定と
いう。
 丸山氏は、意欲を見せていた大阪府知事選(27日投開票)に不出馬を表明したばかり。「選挙なんて
出てる場合じゃない。震災などで国民の関心は薄れたが、国家の根幹に関わる問題だ」と強調した。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1320294396/


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 22:00:59.16 ID:qa9d/w5I0
http://www2.dokidoki.ne.jp/racket/koran_frame.html
104.その日われは、書き物を巻くように諸天を巻き上げる。われが最初創造したように、再び繰り返す。これはわれの定めた約束である。われは必ずそれを完遂する。
105.われは(ムーサー)に訓戒を授けた後、詩篇の中に、「本当にこの大地は、われの正しいしもベがこれを継ぐ。」と記した。


137 :Mr.日本:2011/11/08(火) 22:10:46.35 ID:Lx05rmhv0
今日、また生放送でベンジャミン・フルフォードが裏の世界をバラしまくるぞ!!
国家非常事態対策委員会11月8日(火)20時15分〜

 → mopal.jp/emergency/index.html  ← ここをクリック!


上杉、岩上、副島、武田先生・・・・みんな、
政治の裏はバラしても、「本丸の世界の裏」はバラさない。 つまり、寸止め。(笑)
命の危険を冒して、バラしているのは、ベンジャミン・フルフォードとリチャードコシミズくら
いでしょ。

裏世界の大筋はこれを観れば分かります。
 → http://www.youtube.com/user/amenouzumei#g/u    

既に、日本は危険な状態なのに、いい加減に、気づかないと、手遅れになってしまうと思
います・・・・

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/09(水) 08:53:11.18 ID:cNJGa3vp0
>>124
人権尊重主義

基本的人権尊重主義


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/10(木) 08:46:01.28 ID:/cPp8h0l0
民主主義の対象になる民は、まともで健全な市民だけです。
自由主義では、働かなければ飢えたり死ぬことを認識して、働いて生きようと覚悟して、働いて自立する誇りと、人類や世界の健全な発展に貢献している誇りによって支えられます。
働かないでも飢えたり死ぬという認識や、働いて生きようという覚悟がなければ、働いて自立する理由も、何のために生きているのかも分からなくなり、力を失って、滅びます。
それどころか、働かないで生きようという覚悟を決めた、犯罪者によって、奴隷化されて、働くことで苦しめられ、責められ、困らせ抜かれて、殺されるでしょう。
また、そもそも、健全な成長や可能性の実現そのものを憎悪し、破壊する、反文明の犯罪者も実在しており、文明を処罰して破壊して、自然を破壊して、荒野を広げて殺しあっています。
アフガンなどのアラブ人(あるいはアラブ化人)は、ムハンマドやクルアーンに逆らい、ソ連やアメリカなどの支援した、公共財や教育などさえ破壊して、野蛮な因習を求めて、殺しあっています。
(ソ連にさえ、なんらかの理想を求めて間違って社会主義に走った者がいて、アフガンでは、支援や福祉などで文明を育成しようとしたという説があるようです。(真偽不明))
しかし、アラブ人でさえ、侵略して自分のものだと思わない植民地では文明や自然を破壊し殺し合っていますが、アラブの本拠地では文明を採用し、信義と誠実公正を信義と誠実公正と認識して、人間であるかのように暮らしているようです。
まともなものだったとしても、犯罪者に仕えれば、犯罪者になります。
民主主義においては人々の健全性に注意が必要です。
まともで健全な成長を求め努めるものにしか民主主義は適用されません。


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/10(木) 08:46:48.48 ID:/cPp8h0l0
日本では、左翼などの凶悪犯罪者の度重なる攻撃によって、まともな者が倒されて、ごまかしやたかりや踏み倒しや、苦しめて困らせて殺す犯罪者が民主主義を悪用して犯罪を正当化しています。
日本では、農業の所得保障や、資産や仕事や持続可能性や必要性などを無視した、でたらめな生活保護や、若年層福祉や年金保障や所得の強制的で不可逆的な再配分などが打ち出されて、社会主義犯罪主義を肯定しています。
社会主義犯罪主義では、働くものは、責められて、非難されて、奴隷化されて、困らせられ苦しめられ、殺されます。
働かなくても生きていける、働かずに生きると思う犯罪者は、左翼ニュースキャスターなどを見れば明らかですが、豪邸に住んで膨大な搾取をしながら、貧しい庶民だと言って、あらゆるごまかしとたかりを押し通して、憎悪を発散させ仕事を邪魔しています。
犯罪者の存在を、容認し、寛容になり、肯定する限り、まともな者は、苦しんで、困って、生きていけずに死ぬことになります。

日本は社会主義犯罪主義を購入しましたが、費用負担を踏み倒そうとしています。
日本が、社会主義犯罪主義を処罰し社会や職業から追放しない限り、日本は必ず破滅するでしょう。
たとえ、費用を負担しても、ごまかしとたかりの犯罪者に応えることなどできないので負担しきれるはずがありませんが、破滅します。
日本は独立国家として破滅を選択しました。日本の破滅を、世界に広げないために、日本に負担させる必要があります。
日本は犯罪者に寛容であり、犯罪者に仕えることで、職務放棄などを招いて破滅するでしょうが、ある種の協定によって、日本の技術や産業は保護されうるでしょう。
日本では、努力をして健全な技術や産業を育てて努力して働いて、やむえずにした間違いを責めているようです。しかし、正当防衛や緊急避難を認めなければ、誰も生きていけないでしょう。
しかし、日本では、日本左翼のごまかしやたかりの悪意でした生命や文明や平和などに関わる重大で深刻な犯罪を罰するどころか、非難さえできないようにして、押し通しています。
日本では、民族を滅ぼしかけた戦争犯罪者が現在でも憎悪犯罪者として、正当化されています。
日本には自己責任や自由主義や、犯罪者への処罰が必要でしょう。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/10(木) 08:47:16.82 ID:/cPp8h0l0
いつの時代にも、種籾を巡る争いがありました。
みんなが困っているのに、飢えているのに、死んでいるのに、たんまり種籾を溜め込んでいる、などというものが、破壊を掲げて、憎悪し攻撃してきました。
あるいは、どんな時代にも種籾はあるので、種籾を食べれば生きていける、などというものが、破壊を掲げて、憎悪し攻撃してきました。
あるいは、種籾も労働も考えも、義務も責任もなく、破壊し尽くして暮らそうと、農業や倉庫そのものを破壊して、狩猟採集や盗賊暮らしを求めて戦うものもいたのでしょう。
破壊を掲げる攻撃に負けて、種籾を食ってしまえば、飢えて死ぬことになります。
そして、現実には、犯罪が頻発し、戦争が起きたり、殺しあって、おそらく聖書などで豚肉という隠語で置き換えられてきた、人肉を食うことになります。


余計に働いたり、溜め込んだ資産を活用したり、生産したり、他所に働きに出たり、交換したり、支援や助けを求めたり、なんらかの手を打たなければ、破滅するでしょう。
信用を粗末に扱えば破滅します。

投機などで地価や株価が上がったときに、無駄遣いしたものは、バブルがはじけて破滅しました。
そして、多くのものが、不良資産や無駄遣いの支払いのために、長い間にわたって、苦しむことになりました。
まともな事業に取り組み、借金の返済や事業の整理や方針転換に挑んだものは、時期を活かせたのかもしれません。(不明)


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/10(木) 08:47:44.05 ID:/cPp8h0l0
日本が犯罪者を正当化し続ける限り、働く意味が分からなくなり、生きている意味を失うだけでなく、働くものが、苦しめぬかれ、せめられて、ころされるようになります。
日本は、高い金を出すといって買った、社会主義犯罪主義のために滅ぶでしょう。
犯罪者のごまかしとたかりの才能はきわめて高く、寛容に容認されうる邪悪さや欲望は、左翼ニュースキャスターが庶民で貧しいと自称して、通っていることからも、はてしないものです。
犯罪者を処罰して、職業や社会から追放しない限り、日本は必ず滅亡するでしょう。
増税しても破滅します。
しかし、増税によって、日本は短の悪影響を国内にとどめて、世界に迷惑をかけずにすみます。
また、ある種の協定によって、人類のために必要な日本の技術や産業が、保存されうるでしょう。
しかし、自立した上で、助け合い、それぞれの健全な成長を目指すための協定は大事でしょう。


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/10(木) 08:50:38.15 ID:/cPp8h0l0
>>139
一部訂正
、人間であるかのように暮らしているようです。

いるようです。(不明)


144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/10(木) 18:51:37.50 ID:X6g1HDSu0
【TPP】 民主党の仙谷氏 「絶対にJA(全国農業協同組合)を許さん! 俺は(政権交代の)総選挙の恨みは忘れない」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1320912967/
【民主党】TPPでも信じがたい“茶番劇”…仙谷はJAに恨み!慎重派もショボ〜山田氏ら離党してでも信念を通す気概無し
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1320912776/


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/10(木) 21:38:16.69 ID:cbmGOACB0
>>142
日本は、高い金を出すといって買った、社会主義犯罪主義のために滅ぶでしょう。

日本は、国を壊して金を出して買った、社会主義犯罪主義のために滅ぶでしょう。


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 09:29:32.19 ID:bl6vn36RO
東芝部品!!
日本は盗聴機器で終わった公明党は創価学会信者のみ
知るべき!
日本テロ装置犯人、医師アカギアイカワ50代歯科医サイトウツヨシ43歳
Googleで集団ストーカーと検索下さい
誤解のない様テクノロジー犯罪を理解願います

*公安が新興宗教を配下とし、オウム信者潜伏捜査からの誤作動は2004から!?
国民は20%公安に盗聴管理されてる


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 21:27:09.40 ID:jnLOt4JY0
自民党は問題もあったようですが、問題を緩和したり解決のために努力する経営者として、問題の解決に取り組み、たかりやごまかしで分け前を求める詐欺師たちと戦って、左翼が仕事の邪魔にならないように、押しつぶしてきました。
しかし、今は、詐欺師たちが政権をとっており、問題の解決を放置して、怒鳴り込んで、たかっています。そして、問題解決の負担どころか、産業そのものを壊そうとしたり、法外で無意味ででたらめな賠償金を巻き上げようと、怒って罵倒しています。
現在の日本は邪悪な凶悪犯罪者集団に支配されています。
働くものは激しく罵倒されて、搾取されています。
行政や企業は、働いても、罵倒されて、問題を攻められ、問題がなくても破壊して分け前をよこせと脅迫され、因縁をつけられ、ごまかしとたかりで悩まされ、でたらめな賠償を求められて苦しめられ困らせられて殺されようとしています。
社民党の政治家達は、広場でクレーンで人をつるして殺したり手足を切り取り投石で殺す野蛮なカルトや、飢餓で苦しみ核で脅迫する収容所国家の洗脳や攻撃に加担し、世界中の邪悪と密接に結びつきながら、日本では、政治家として容認されて、平気でテレビに出ています。
左翼はいつでも、責任を負わずにごまかし、たかりで搾取し、不可能な要求や、破滅そのものを突きつけて、賠償金や、分け前をよこせと、脅迫しています。
労働組合の幹部や、共産党の幹部は、酷い搾取をして、たんまり溜め込んで、貧しい庶民だから金をよこせと、弱者の声や立場さえ強奪して、私腹を肥やし、負担から逃げて、でたらめを蔓延させて、苦しめ困らせ殺し、凶悪な心情を邪悪で満たしています。
左翼は、知能が高すぎるために、通常人が、事実上、裁けていない、凶悪犯罪者です。
左翼は、人々を苦しめ困らせ、苦しめ抜いて殺す犯罪を、社会問題や弱者や、現在では民族や慣習や宗教や国や自由にさえかこつけて、裁かれずに押し通し、ごまかしとたかりで、裁かせずに成し遂げる、凶悪犯罪者です。



148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 21:35:34.45 ID:jnLOt4JY0
現在の日本は、左翼や社会主義者の強力な意思によって、北朝鮮化が進められています。
所得がなかったり少ない若年層及び老年層へ資産や能力を無視した持続不可能な国からの所得保障がなされ、無意味で害悪になる生活保護がなされています。
そして、当面は企業から労働の対価としての給与支払いがなされていますが、これも、国有化などで労働と無関係にして、実質的に労働によらない所得を実現しようとしています。
労働によらない所得は、実現不可能であり、基本的に犯罪です。
ソ連の人々が、才能や忍耐力を注いで、全力を尽くして、必要な食料さえも生産できなかった、悲惨な体制です。

それぞれの個人が、世界に実在するさまざまな危険や、働かなければ飢えたり死んだりする現実の危機などを認識して、それぞれの健全な自由で困難に立ち向かって、健全な可能性追求への努力をし、健全な可能性を追求することで、未来を開くことができます。
人は、働いて自立して、助け合うことで、働く意義や他の人々の労働への感謝を知り、自立して生きる誇りや自由や感謝を得ます。
人は健全な労働を通して、健全な文明を育んで成功する喜びや報酬を得たり、助け合うことで現れる人間性や感謝を得たり、豊かな感情の

中で生きて、健全な可能性を追求し、助け合い、健全に生きるための自由な可能性を追求することができます。
経営と、圧制はまったく違います。
経営は、事業の改善や目標について考え、資源を有効に配分するなどして問題を解決したり、健全な目標を示すなどして、健全な発展や成

長を目指すものです。
左翼などの圧制は、常にたかりや脅迫のねたを探しており、問題があっても解決のための責任を果たすことがないようです。
左翼は、問題を見つけると、喚きたててたかり、問題ごと、労働や労働者を非難して、破壊して、苦しめ抜いて、殺害するために努力しています。
労働によらない所得保障は、自立を破壊し、人々を奴隷にします。働かないものや凶悪なものが、働くものを搾取して、絶えず不足を訴え

、絶えず飢えや殺意を突きつけ、略奪や恐怖や憎悪や差別や絶望や嫉妬などを蔓延させ、働くものが全ての害悪の責任を負わされます。
日本で、働く人々は、際限なく攻められて、足りないとののしられ、困っているとか飢えているとか言って略奪され、邪悪として、事業を解体して、死ぬように求められています。
そのうえ、間違いをしたり事故がおきれば、問題の踏み倒しや、助けや支援どころか中小と罵倒の中でも悲惨な労働や、破滅を突きつけられ、成功しても失敗しても奪われて破壊され、人々は働くことそのものができなくなっています。


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 21:43:15.35 ID:jnLOt4JY0
日本左翼は知能が高すぎて、これまで通常の日本人が事実上裁けなかった凶悪犯罪者です。
左翼の圧制の下では、人々は、自由を奪われ、自立を損われ、助け合うこともできなくなります。
感謝や善意の存在の余地のない、左翼のたかりやごまかしに従うだけの、強制や脅迫や恐怖や絶望や略奪の支配する、洗脳や収容所国家が、人々を常に悩ませ、困らせ、苦しめ抜いて殺すことになります。
左翼を見れば明らかですが、金持ちで、知能が高く、高価な衣装を着ているようですが、貧しいものの声や立場を奪って、貧しいと主張して、貧しさを騙って、自身の搾取を押し通しています。
貧しいものも、働くものも、だまされて、なにか有意義で役に立つことをやっているかのように洗脳されていますが、左翼は、存在そのものが悪の、たかりです。
左翼は、怠けようが、人殺しだろうが、泥棒だろうが、処罰されて滅ぶべき犯罪者が、生きるのが当然の世界を実現することを求めています。
左翼は、足りないものがあれば、怒って騒いで、怒鳴り込んで、強奪するのが当たり前の世界を出現させ、たかりやごまかしや凶悪犯罪者が感謝され尊敬され、働くものを奴隷にする世界を作ろうとしています。
左翼は、安全や自由や支援を受けても踏み倒して踏み潰して、そもそも安全や自由や支援を受けること自体を恩恵だとしています。
また、たとえ安全や自由や支援を受けても不平不満を言って、害悪をこじつけて、被害者だと主張して、攻め立てる、でたらめな圧制者を育て上げて困らせて喜んでいます。
左翼は、労働に伴う問題がおきても、解決のために何の負担も努力もしませんし、労働者への配慮も一切しません。
左翼は、でたらめを言って、怒鳴り込んで、無駄に金を使わせて問題解決を邪魔して、賠償金をせしめようと罵倒して、負担どころか、もっと安く食い物をよこせと、労働者を苦しめ悩ませ抜いて破滅させ危険にさらして殺すために、不可能な脅迫を、わめきたてています。



150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 21:48:32.28 ID:jnLOt4JY0
花は、花として健やかに咲いて、花の役目を果たすことを願っています。
花が開くのを押しとどめるのは、花の目的に反しており、押しとどめても、咲くまでの同じ状況を繰り返そうとしても、花が咲ききれずに苦しんで、傷んで、花が花であることも知らずに、咲くことも実を結ぶこともなく、惨めに枯れて散っていくだけです。
人は人としての健全な可能性を追求して、成長し、実をつけて、役目を果たす中で、幸福を追求する必要があります。



151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 21:54:35.60 ID:jnLOt4JY0
左翼やアラブ人のように凶悪で邪悪なものは、人間が健全な可能性を発揮したり、人間が自然や世界に負うべき健全な役目を果たすことそのものに反対しています。
かつてのインディアンのうち、努力せず邪悪な争いにふけった上に、文明や努力を拒絶するために争おうとしたものさえいたようですが、犯罪者として処罰されて滅んだようです。
もしも、今でも、健全な人間性の発露を求めず人間ほど能力に恵まれていない動物のように野蛮で怠惰に暮らす暮らしを正当化しようとしたり、人間性を損なうことを求めて戦うようなインディアンが残っているならば、処罰して滅ぼす必要があります。
インディアンの中でまともなものがいるならば、インディアンのうち、人間の健全な可能性の発揮や追求を慣習や暴力などで拒絶して押しつぶそうとし、あるいは、怠ったり、邪魔するものを押しつぶして、健全な人間性を発揮するべきだったのでしょう。
インディアンは、インディアンの中の邪悪なものを放置して、邪悪さや怠惰を発揮して、何の役にも立たずに、全体として邪悪で怠惰な犯罪者になったようです。アイルランドのアイルランド人も邪悪と戦わず、邪悪になっているようです。
日本も、邪悪と戦っているようですが、現状では、邪悪に負けて破滅に向かっているようです。
人であれ民族であれ国であれ犯罪は処罰されます。
際限なく邪悪さや怠惰を肯定して、邪悪や怠惰の正当化のために戦う犯罪者が実在するならば、人や民族や国ごと滅ぼす必要があります。
また、インディアンが、人間としての健全な可能性を発揮せずに、進歩もなく、慣習や暴力や略奪などで、数世紀も無駄にしたことを、文化などというものもいるようですが、まったくの間違いであり、致命的な犯罪です。
世界の各地で、多くの人々が文明を生み出しました。
怠惰で、何の成果も挙げず、人間の可能性を貶め邪魔し攻撃するものが土地などを占拠することは、健全な文明の育成を邪魔し、健全な人間性の発揮を損なう致命的な犯罪です。


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 22:05:00.96 ID:jnLOt4JY0
カンボジアで和解が成立したのは、ソ連が崩壊して冷戦が終結に向かい、共産主義の失敗が明確になったという時代背景もあったようです。
世界中で、共産革命やテロが蔓延している状況で平和的な努力がなされたわけではなかったようです。

イスラム原理主義といわれている状況を、平和的に解決するには、問題点を周知し、これまで数百年続いた悲惨なアラブの春を終わらせて、北アフリカやエジプトやビザンチンなどの国々を本来の持ち主に返し、脱アラブによる春を実現するべきでしょう。
テロリストによる治安維持部隊の武装解除でなく、テロリストの武装解除も重要でしょう。


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/15(火) 08:53:44.70 ID:PBZ6SEd10
>>147
一部削除

広場でクレーンで人をつるして殺したり手足を切り取り投石で殺す

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 21:02:07.75 ID:uiyWELAc0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2%E6%95%B0%E5%AD%97
アラビア数字(アラビアすうじ、Arabic numerals)あるいはインド・アラビア数字は、十進記数法で用いる 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8,

9 の十種類の数字を指す。ヨーロッパの数字であるため洋数字とも呼び、また筆算に用いる数字であるため算用数字とも呼ぶ。
日本の法令ではアラビア数字[1]もしくはアラビヤ数字[2]と呼ばれる。
なお、インド起源の数字にもかかわらず「アラビア数字」と呼ぶのは、アラビアからヨーロッパへ伝わりそこで"Arabic numerals"と命名さ

れたことによる。

数字はインド起源であり、アラビア語ともアラブ人とも無関係だそうです。
インド人や人類の名誉のために、名称をインド数字に改正する必要があります。



155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 21:04:22.56 ID:uiyWELAc0
おそらくムハンマドが意図したとおりに、クルアーンを削除するには、アラブの慣習やアラビア語やアラブの建築などの、アラブの全て削除する必要があったのでしょう。
しかし、現実の歴史では、アラブの侵略によって、数千年かけて育まれた複数の文明が民族ごと滅ぼされたり、民族や文明ごとアラブ化して事実上滅びました。
人類とアラブのような野蛮とは共存できいません。
アラブの慣習やアラビア語やアラブの建築などのアラブの全てを滅ぼして、アラブを滅ぼす必要があります。

地名や建築や人名などからもアラビア語などのアラブの全てを根絶するべきでしょう。
必要ならば、地域社会や建築や人などを保留地などに移動することも有効でしょう。
必要ならば、アラビア語を起源とする語彙なども、破棄して、改正するべきでしょう。



156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 21:22:00.05 ID:uiyWELAc0
日本左翼は、サービスが増えないのに負担が増えるのは納得できないなどといっているようです。
しかし、高齢化によって、必要なサービスのボリューム自体が大幅に増えており、これまでと同様のサービスを増大する対象者に供給するだけでも、大きな負担が必要になります。
高齢者人口が増えるので、従前のままでは福祉の費用が増え、より大きな負担する必要が生じる程度のことは、多くの日本人が、理解している当然の前提です。
しかし、日本左翼は、平気で事実をごまかして、たかり、あわよくば、国を壊したり、犯罪を蔓延させたりして、人々を困らせ、苦しめ抜いて殺そうと、同じでたらめを、執拗に繰り返して、しかも、そのような言説で金をもうけて、のうのうとしているようです。

いずれにせよ、福祉などを調整する必要があるでしょう。


そして、世界の人口や経済のボリューム自体についても調整して、質の向上を目指す必要があるでしょう。


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 21:27:07.84 ID:uiyWELAc0
>>41
人間の中には、人々を困らせ苦しめ抜いて殺すことを激しく求めて、魂や生命などを全てかけて全力を発揮する犯罪者も実在しています。
そして知能が高すぎたり、容姿や態度や話し方が落ち着いていて説得力や信頼性などがあったり、気力や体力などによって、現実に誰も裁けずに、際限なく略奪し搾取し、ごまかしたり、たかりをしている左翼などの職業としての凶悪犯罪者が実在しているようです。

凶悪犯罪者は、あらゆる法や社会を踏みにじって、ごまかしたかる喜びを求めているので、人間を食べるなと定めれば、左翼は法や社会を破壊したて、人間を食べさせたり、人間を食べるために全力を尽くすことでしょう。
このため、豚肉を食うなという理不尽を強制することで、合理的な結果を導こうとしたのかもしれません。
豚を食べてはいけないのなら、人を食べていけないのは当たり前だということになります。
また、普段は豚を食べないことで、食料を保存しておくことができます。
また、犯罪を求めるものは、豚を食べることで、法や社会を踏みにじって、満足することができます。

また、豚には特別な意味があります。
豚は、もともと、いのししだったようです。
人はいのししを飼いならして、食用にしています。
このことが、一部の犯罪者の恐怖に訴えかけているのでしょう。
もともと人間ではなく、人間になろうという意思さえもないものは、人間と意思疎通すれば、飼いならされて、食われると考えて、暴れて

いるものも実在するのかもしれません。
しかし、まともな人間は、たとえ世界の進歩に遅れをとったとしても、獣になることなど望まず、問題を改めて、努力して人間らしくなって、人間として人間に認められることを望むでしょう。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 23:26:13.86 ID:2rEpCcDX0
>>157
ブタかいのししかという選択と思って戦っており、人間だとか、人間らしくなれるとか、人間になろうと思わないものもいるのかもしれません。
人間でなく、ブタかいのししかの選択と思う時点で、人間ではないし、人間らしくもなく、人間になれないのでしょう。


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 23:30:23.68 ID:2rEpCcDX0
ちなみに、アラブが侵略して民族や文明を滅ぼして、植民地支配している土地は、他の文明の下では緑豊かだった土地でも、文明も緑もなくなり、荒地になっている場所もあるようです。
イスラム文明は、アラブの支配が弱く、自治が認められた、わずかな期間に、消えかけた炎が、一時的に輝いたようなものだったようです。

人々や女性を虐げ、因習を繰り返し、部族抗争で殺しあう、悲惨で残忍なアラブには、文明を育む要素はまったくありません。
アフリカの黒人の争いにおいても、イスラム教やムハンマドに反するアラブやアラブの慣習などが関与しているというような説もあるようです。
かつてキュロス二世によって奴隷を解放して自由や人権尊重を実現しようとしたペルシャ人は、ムハンマドの子孫を執拗に殺戮し抹殺したアラブ人の子孫で、イスラムともクルアーンとも無関係のカルトに虐げられ、アラブやアラブ化した野蛮な指導者を立てて滅ぶようです。
アラブ化した指導者の一部は、ユダヤ人で、イルミナティの工作員といううわさもあるようです。(不明)
ペルシャ人はクルアーンに反するアラブの慣習で、ペルシャ人やペルシャの文明を滅ぼし、文明人だった過去を忘れ、アメリカなどの文明国や文明人による自由や支援や文明の再生を拒絶して、アラブに負けた事実を認めずに、アラブを正当化して滅ぶようです。
ペルシャ人は、文明人による助けを拒絶して、アラブの残虐な支配下で消滅するために、凶悪な兵器さえ作って、戦っているようです。
いくら残虐な支配をしても、野蛮がはびこって、苦しんで滅びに向かうのはペルシャ人だけでしょう。
残虐な支配は、アラブ人にとっては当然なので、アラブ人だけが大量増殖して、ペルシャ人を駆逐して根絶することでしょう。


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 08:49:25.63 ID:Rkc7VNif0
>>159一部削除
アラブ化した指導者の一部は、ユダヤ人で、イルミナティの工作員といううわさもあるようです。(不明)


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 07:45:52.76 ID:S5ijHluG0
>>159
文明人による自由や支援や文明の再生を拒絶して、アラブに負けた事実を認めずに、アラブを正当化して滅ぶようです。

文明人による自由や支援や文明の再生を、豚のように拒絶して、逆に襲い掛かって、競い合いや助け合いが可能な文明人と無駄に争って、ペテンで残虐なアラブに負けた同じ過ちを繰り返して、完全に滅ぶようです。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 19:37:32.67 ID:PTfmEK+J0
>>157
>>158
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%82%BF
野生のイノシシと同様土中の虫や植物の根や球根を掘り返して食べるため、他の家畜と違って硬い鼻先と強大な背筋を備えており、木製の柵では横木を鼻先で押し上げて壊してしまう。
オスの牙も強い背筋を生かせるよう上向きに生えており、人間のような丈の高い動物を敵と認識すると、突進して鼻先を股ぐらに突っ込み、頭部を持ち上げながら強くひねる。
野生時代の名残ともいえるこの行動を「しゃくり」といい、まともにしゃくられると大人でも数メートル飛ばされ、腿の内側の静脈を切って大出血することがある。日本で小規模養豚が多かった時代には、年に数人はこれによる死者が出ていた。


豚については、飼いならしているわけではないのかもしれません。(不明)
豚と同様に、危険な犯罪者や犯罪民族や犯罪国などを、強力な囲いで隔離することが重要のようです。


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 15:35:27.43 ID:y0mNQgr60
日本が環境問題を改善解決して、産業を運営してきたのは、自民党や企業や官僚の成果です。

左翼の言うとおりにしていたら、公害を出した企業は即座に廃絶されて、ばらばらにされて、たかりのえさになり、廃工場は悪意で放置されて、無意味な保障や現状復帰で、いつまでも、たかりのネタになっていたことでしょう。
たとえ問題を起こさず、順調に成果を挙げていても、大企業や行政や企業などや働くものは、悪とされ、不足や不平不満の不当な責任を際限なく負わされて、不当な恨みと怒りをかって、ばらばらに解体されて、売り払われて、跡形もなく、食いつぶされたでしょう。
ダムは全て悪として破壊されて、水力発電がなくなり、治水ができずに洪水が頻発して家が流され浸水し死者が発生し、さらに、飲用水を飲むこともできなくなっていたでしょう。
空港は破壊されて更地になり、日本人は海外に出ることもできず、文明の進歩に遅れをとって偏狭な慣習で殺しあったでしょう。


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 15:44:18.50 ID:y0mNQgr60
現在の左翼などのテロ機関の言うとおりにすれば、原子力発電所は即座に廃絶されて、東京電力も解体されることになります。
東京電力は解体されて、ばら売りにされ、電力値上げもいかなる負担も拒否され、かえって莫大な賠償や、無意味ででたらめな原状回復がたかりのネタになります。
さらに、実現不能なエネルギーに無意味で莫大な経費が注がれ、そのうえ、電力などを現在よりも安く供給するように命じられて、命令を遂行できずに、労働者が死に電力そのものがなくなるでしょう。
しかも、でたらめで、無意味な、たかりによって、大金が、圧制や洗脳などに加担する民主党幹部や社民党などのテロリストや犯罪者などにばら撒かれて、犯罪が頻発することになります。
原子力については、運用はもとより、廃棄に関する研究さえ一切なされなくなります。
結局は、コンクリートなどで埋め立てられて、たかりのネタにするために悪意で放置されて、無意味ででたらめな原状回復や損害賠償などで、無駄な作業で膨大な金を費やして、内外のテロリストや犯罪者のテロや犯罪の正当化や、莫大な資金源になるのでしょう。
当然ですが、日本の産業は死滅して、世界の最貧国に落ちるでしょう。しかし、世界の凶悪なテロリストや圧制国と連携した社民党などの邪悪は安全を確保して富裕になり、権力を振るえると思っていることでしょう。

ドイツ人はかつて原子力に関する研究でも大きな力を発揮した人類で最も有能な民族のひとつです。ドイツが、原子力の開発や運用にかかわりたくないというとしても、国際社会の責任ある一員として、安全や廃棄の方向での原子力研究などに貢献するべきでしょう。



165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 15:46:12.15 ID:y0mNQgr60
沖縄などの健全な平和維持のために必要な基地への反対運動は軍事攻撃とみなして、軍隊や治安維持部隊や警察などによって対処する必要があります。
また、健全な平和維持のために必要な基地などのための土地などは、接収する必要があります。
琉球新報や沖縄タイムズや毎日朝日などの団体や、基地反対の議員や社民党などの政党(基地反対容認なら自民党を含む)や知事など

の侵略外国人などの、団体や施設や構成員などは、戦時下の軍事攻撃中の軍隊や軍事施設や軍人などとして、軍事治安など実力で対抗

すべきでしょう。



166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 19:15:50.08 ID:ai3wjXWp0
朝日新聞などの日本左翼は、自民党政権の頃よりも、控えめだし、日本の企業経営や官僚や労働者はそれほど変らないので日本は大丈夫だし、今までとは違う左翼政権なのだから、かえって課題が解決されるはずだと思っているのでしょうが、現実はまるで違います。
そもそも、たかりやごまかしで生きてきた犯罪者には、問題や課題を解決する、やる気もなければ、能力もありません。
まともな指導者の下での、反論や反対運動と、やる気も能力もないでたらめな指導者の下での反論や反対運動は絶対的に違います。
反論や反対運動に耐えられずに、恐怖に駆られて、慣れ親しんだ、脅迫的手段や、たかりやごまかしが頻発して、圧制を導き、でたらめを繰り返して破滅していくでしょう。
そもそも、この期に及んでも、凶悪犯罪者の巣窟である社民党は、詐欺商法を支援しているという噂さえあるそうです。(不明)


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 19:19:29.74 ID:ai3wjXWp0
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011111600659
山岡氏問責案に慎重=社民党首
 社民党の福島瑞穂党首は16日の記者会見で、自民党が参院に提出する方針の山岡賢次消費者担当相に対する問責決議案について「(山岡氏とマルチ商法業界の関係は)閣僚になった後の問題ではない。
(問責の根拠として)ちょっと弱いと思う」と述べ、同調することに慎重な姿勢を示した。
 福島氏は一方で、「マルチ商法で問題のある人を閣僚にした時、正直『えっ』と思った」とも語り、山岡氏を入閣させた野田佳彦首相の判断に疑問を呈した。(2011/11/16-16:53)


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 19:20:33.53 ID:ai3wjXWp0
>>166
一部削除
そもそも、この期に及んでも、凶悪犯罪者の巣窟である社民党は、詐欺商法を支援しているという噂さえあるそうです。(不明)



169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 19:21:29.02 ID:ai3wjXWp0
左翼達が現実の危険に気がついて、やむを得ずに、自民党に戻して、以前と同じように、反論や反対運動をしようと思ったとしても、もはや、戻ることはできません。
これまでの日本は、どうやっても、左翼が政権をとることなどありえないということが、信頼や安心感になっていました。
もはや、日本の信頼や安心感は、決定的に失われました。
いつ左翼が政権をとるかわからなくなった、現在の日本は、これまでの日本とは質的にまったく違う世界になっています。
もはや、日本の経営者や労働者や官僚は、日本人を信頼できないでしょうし、民主主義を見直そうとさえ考えていることでしょう。
実際に、戦後の民主主義は歴史の解釈においても現実への対応においても不完全です。凶悪犯罪者の左翼日本人が跋扈してテロや犯罪や侵略をあおっている状況では信頼も安心もできませんし、民主主義対象外の犯罪者が参加しているのでは民主主義も成立しません。
日本左翼は、今そこにある現実の危険であり、処罰して滅ぼすべき凶悪犯罪者です。しかし、日本人の多くは、左翼の知能や容姿や、執拗な繰り返しや洗脳や、優柔不断や、心の弱さで、左翼の凶悪犯罪を認めずに、他国を憎んで、自身の意思さえ否定しているようです。
日本左翼は、戦前から、日本人を苦しめ悩ませ、苦しめぬき、悩ませ抜き、もだえ苦しませて、殺そうとして、実際に数百万人を殺して全滅させようとしたことさえあり、同じ過ちを繰り返そうとした凶悪犯罪者です。
日本を大事に思うものがいるならば、歴史を直視して、信義や誠実のあるものによる文明の進歩や平和や現実の成果の価値を認めて、日本左翼などの凶悪犯罪と戦い、これまでのような、野放しの無法状態を、改める必要があります。
自由には責任が伴ないます。自由や独立というならば、自国の中の凶悪犯罪者やテロリストを、処罰する必要があります。



170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 19:23:57.71 ID:ai3wjXWp0
>>169一部訂正
信義や誠実のあるものによる

自国民であれ他国民であれ、自国であれ他国であれ、信義や誠実のあるものによる

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 19:27:48.43 ID:ai3wjXWp0
http://www.wcsnet.or.jp/~m-kato/bible/matthew.htm
0706> 聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。おそらく彼らはそれを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみ

ついてくるであろう。

聖なる物を豚に与えると襲い掛かってくるそうです。
実際に、アイルランドやアフガンに自由や独立を与えても、全ての害悪を他者の責任にし、自己責任も内省もまるでなく無責任の被害者として、犯罪者を野放しにして、テロリストを育てて、信義や誠実を踏み倒して、間接直接の侵略や、テロを繰り返すだけでした。
自由や独立に値しない国や民族なども実在しています。
日本は、国内の犯罪者を放置して、独善に走って、一度大きく躓いて失敗して、信義や誠実のあるものの信義や誠実さえも裏切り、世界に大きな迷惑をかけた国です。
自由や独立というならば、明治の日本人が自国の野蛮な風習を大胆に廃絶し、天皇が率先して洋服を着るなど進んだ異文化を大胆に取り入れるなどして示した、真の勇気や健全性を発揮して、凶悪犯罪者の日本左翼を滅ぼし、心を鍛えて自己責任を負って成長するべきでしょう。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 19:31:12.67 ID:ai3wjXWp0
愛するには心を鍛える必要があります。心が弱ければ愛することはできず、事実や真実を見失い、ごまかし、虚偽に走って、事実や真実を破壊して、破滅します。
心の弱いものには、好きなものを好きになることさえ、どうしてもできずに、反発して、憎んで、だめにすることでしょう。
そもそも、心の弱いものや、心のゆがんだものには、愛する能力も資格もありません。
心の弱いものや、心のゆがんだものは、誰にも手を出さずに、滅ぶ必要があります。


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 19:41:17.18 ID:ai3wjXWp0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%BC%81%E8%88%B9%E8%A1%9D%E7%AA%81%E4%BA%8B%E4%BB%B6
尖閣諸島中国漁船衝突事件(せんかくしょとうちゅうごくぎょせんしょうとつじけん)とは、2010年9月7日午前、中国漁船が日本の領海である沖縄県尖閣諸島付近で違法操業し、
その後日本の海上保安庁の巡視船に衝突してきたことに端を発する一連の事件。尖閣漁船事件、中国漁船衝突事件とも呼ばれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%B2%E4%BA%95%E7%9C%9E%E5%BC%98%E5%A4%9A
琉球王国に渡来した中国人の子孫(久米村人(くにんだんちゅ:久米(?人36姓)))[1]


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3
ターリバーンはパシュトゥーン人の部族掟「パシュトゥーンワーリ」に従い、パシュトゥーン人以外の民族の不満を招いた。このパシュトゥーンワーリは一部報道では実際にはイスラム教のシャリーアの代表的解釈とは相容れない部分があるとも言われている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%BA%BA
ドゥッラーニー族が支配するアフガニスタンでは、パシュトゥーン人部族の有力者(貴族)が国家のあらゆる側面で力を持ち、国家を支配してきた。
1978年の社会主義クーデターとそれに続くアフガニスタン内戦はパシュトゥーン人の支配力を減少させたが、依然として同国最大の民族集団であり、20世紀末期に権力を握ったターリバーンはパシュトゥーン人を支持基盤としていた。

ターリバーン政権崩壊後のアフガニスタンの指導者となったハーミド・カルザイもまたパシュトゥーン人である。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 19:47:14.36 ID:ai3wjXWp0
http://meigen.shiawasehp.net/t/j-dryden02.html
『はじめは人が習慣を作り、
それから習慣が人を作る』

ドライデン (イギリスの詩人)


幸せのヒント 「幸せになる習慣」

  幸せを感じる習慣、気分よく過ごす習慣、愉しむ習慣、
  読書・学習の習慣、運動の習慣、よく考える習慣、
  夢や目標をもって努力する習慣、
  愛する人の幸せを考える習慣、
  自分を育てる習慣、幸せに暮らす習慣、・・・

 習慣はつくることができます。はじめは意識して心がけます。それを続ければ、だんだん慣れてきます。習慣になれば、自然にできるようになります。

 良い習慣は、少しずつ、人を成長させてくれるのではないでしょうか。


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 20:17:33.65 ID:NXmRupiu0
仏教であれなんであれ、伝統を重んじる国だとしても、まずは、自由の前提となるある程度の常識的な教育を重視して、自由を重んじるべきでしょう。そして、伝統的な表現方法を採るにせよ、伝統を選ぶかどうかは国民の総意で定めて、自由を保障するべきでしょう。

通常の日本人は、まずは、日本人である前に人間だと思っており、執着に支配され煩悩にとらわれないように気をつけて、犯罪は犯罪として処罰し、信義は信義として重んじ、公正であり誠実であるように心がけていることでしょう。
通常の日本人は、まずは、人間としてある程度の教育を受けて、世界の進歩や最低限の常識や信義や誠実を踏まえなければ、日本人としても駄目だと思っていることでしょう。
通常の日本人は、自由の前提となるある程度の常識的な教育を重視して、自由を重んじており、日本を選ぶものには貢献を求め、日本がいやなものには去ってもらう決断や覚悟を求めていることでしょう。
一部の日本人は、日本人であることに酷く執着しており、煩悩に支配されて、人間としての信義や常識を踏みにじり、独善的になったり、貪欲になったり、あからさまな人種差別や民族差別や傲慢などで、信義や誠実を貶めて損なっているようです。
執着や煩悩によって、事実や現実を歪めても、かえって、大きな破綻が来るだけでしょう。日本人である前に、人間としての正邪や信義を重んじなければ、人間でも日本人でもない、執着や煩悩の犯罪者になるだけでしょう。
犯罪民族であれ、犯罪人種であれ、犯罪者は処罰されて、滅ぼされることになります。
いずれにせよ、人は生まれては死んでいきます。いずれにせよ、ひとつの民族や人種だけに生まれるものなどいません。執着によらずに、まずは人としての、信義や公正を重んじる必要があります。
そもそも生まれや育ちなどによる執着や煩悩を断ち切って、偏見や差別によらずに、悪を改めて避けて、信義や公正を重んじることが、仏教の根本思想のひとつでもあります。
執着で事実や現実を歪めても、歪みによって、一時的に楽をしても得をしても、かえって、民族や人種の信義や誠実を損なって、自信や信頼や力を失って、破滅させるでしょう。
日本人によるものであれ、西欧人によるものであれ、信義は信義であり、誠実は誠実です。日本人が信義や誠実を独占して、他者を全て貶めて否定し続けるならば、だれも、日本人をまともに扱うことはなくなるでしょう。
もっとも、一部の日本人などは、日本人を破滅させるために、悪意で信義や公正を損ない、人種差別や独善を振りまいたり、貪欲に振舞ったりしているのでしょう。
一部の白人差別の日本人の中には、容姿や思考方法などが、血筋によるものであれ、気質や性質によるものであれ、何によるものであれ、おそらくは、もともと、明らかに日本からかけ離れた、西欧的であるものもいるようです。
そのような差別的で攻撃的で偏見や憎悪の劇場執拗にとらわれた日本人の中には、西欧人の歴史の中で、酷い圧制をしいたり、差別を行ったもの(そのようなものがいるのかどうかは不明。)と同じような、魂のものもいるのかもしれません。(不明)
いずれにせよ、人間としての普遍的な価値や信義や誠実を前提とすることなしに、日本人としての個性や性質もありえません。
人間であることよりも、日本人であることを重視するものは、もはや人間ではなく、当然ですが、日本人でもないのでしょう。
おそらく、仏教で見ても、一部の日本人のように執着や煩悩にとらわれて、際限なく独善に走り、他者を貶め続けるものは、人間とも日本人ともみなされないことでしょう。(不明)


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 20:46:14.96 ID:NXmRupiu0
>>175
一部削除
一部の白人差別の日本人の中には、容姿や思考方法などが、血筋によるものであれ、気質や性質によるものであれ、何によるものであれ、おそらくは、もともと、明らかに日本からかけ離れた、西欧的であるものもいるようです。
そのような差別的で攻撃的で偏見や憎悪の劇場執拗にとらわれた日本人の中には、西欧人の歴史の中で、酷い圧制をしいたり、差別を行ったもの(そのようなものがいるのかどうかは不明。)と同じような、魂のものもいるのかもしれません。(不明)


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 20:46:36.33 ID:NXmRupiu0
以前、中国の指導者や中国人が優れているとか成果を挙げたなどというようなことを書いたと思いますが、その人が、何度も、中国はだめだからねといっていたので、取り消します。


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 20:47:52.51 ID:NXmRupiu0
>>175
追加
>>114

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 21:25:03.86 ID:RC8+HU7g0
イスラエルがアメリカの植民地だなどと思うものはいないでしょう。
同様にアメリカは、危険地帯にあるいくつかの国に対して、特別な支援などの対応をしているようです。

支援を受けて感謝せずに襲い掛かるのは、人ではなくて、豚のようです。


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/21(月) 21:14:18.66 ID:HM0Wj+yF0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%B4
現在にまで残るカルタゴの遺跡のほとんどはこのローマ時代のものである。

近郊のタガステ(ティムガッド)出身のアウグスティヌスは青年期をカルタゴで過ごし弁論術を学んだ。クラウディウス帝は全8巻からなる「カルタゴ史」を書いたが、現在は散逸している。

>>89一部訂正
もしも、ベルベル人が残っているならば、心を強く持って、ジャーヒリーヤや残虐や野蛮を押し付けているアラブ人の支配から抜け出して、今度は選択を間違えずに、仲間の文明人と共にアウグスティヌスなどの偉人を生み出した偉大なベルベル人の国を取り戻すべきでしょう。

もしも、カルタゴ人が残っているならば、心を強く持って、ジャーヒリーヤや残虐や野蛮を押し付けているアラブ人の支配から抜け出して、今度は選択を間違えずに、仲間の文明人と共にアウグスティヌスなどの偉人を生み出した偉大なカルタゴ国を取り戻すべきでしょう。



181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 20:50:40.31 ID:86hHjUn+0
企業や資産家などには、企業や資産などを健全に活用する社会的責任があります。
日本においては、問題もあったようですが、左翼企業や左翼資本家以外の、多くの企業や資本家が社会的責任を自覚して、決断して、努力をして、環境問題などの困難な課題や善行などにも取り組むようになっているようです。
ちなみに共産主義などの言論の自由もない独裁国では、自由主義や民主主義の国などと比べて、環境問題への取り組みが遅れているようです。(不明)
また、沖縄などの自由も民主主義もない地域では、必要性を完全に無視したでたらめな埋め立てがなされ、例外的に必要な埋め立てがなされる場合には、悪意の反対運動でたかり、金儲けのためにより無駄な金のかかる自然破壊を行うという説があるそうです。



182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 20:51:36.52 ID:86hHjUn+0
>>140
互いに困難や問題を抱えているならば、それぞれの長所を活かして助け合うべきでしょう。


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 17:02:40.02 ID:aPp+U2OF0
>>738
>>741
自由や権利などには、公共の福祉による制約があります。
多くの人々を養える農地で、人々に必要な食料を育てずに毒草を育てたり、人々を憎悪で洗脳して、駄目にしたり、仕事を邪魔して攻撃したりテロや破壊したり、ごまかしてたかるのを放置すれば、多くの人々が苦しんで死に、国も駄目になって滅びます。
経営権や所有権などを悪用して、憎悪や侵略や犯罪を支援して、社会や人や国を苦しめ困らせ奴隷化や破滅させたり、自己責任も義務も踏み倒して、ごまかしてたかるものがいれば、国も社会も成り立たちません。
沖縄左翼や左翼新聞社や左翼資本家などのような所有権や資産を悪用した資質も行いも凶悪な犯罪者に対しては、革命や戦争などが起きて来たのでしょう。
革命や戦争によらずに、凶悪犯罪者を処罰して滅ぼして、健全な社会を取り戻すためには、軍事力や警察力などの行使が必要な場合もあります。
自由や権利を悪用して凶悪犯罪を実行してきた沖縄左翼や左翼新聞社や左翼資本家などの凶悪犯罪者を処罰して滅ぼす必要があります。


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 17:06:48.87 ID:aPp+U2OF0
>>738
>>741
自由や権利などには、公共の福祉による制約があります。また、犯罪者は処罰されます。
健全な自由主義や民主主義のためには、犯罪者の自由や権利を制約して、場合によっては取り上げる必要があります。
多くの人々を養える農地で、人々に必要な食料を育てずに毒草を育てたり、人々を憎悪で洗脳して、駄目にしたり、仕事を邪魔して攻撃したりテロや破壊したり、ごまかしてたかるのを放置すれば、多くの人々が苦しんで死に、国も駄目になって滅びます。
経営権や所有権などを悪用して、憎悪や侵略や犯罪を支援して、社会や人や国を苦しめ困らせ奴隷化や破滅させたり、自己責任も義務も踏み倒して、ごまかしてたかるものがいれば、国も社会も成り立たちません。
沖縄左翼や左翼新聞社や左翼資本家などのような所有権や資産を悪用した資質も行いも凶悪な犯罪者に対しては、革命や戦争などが起きて来たのでしょう。
革命や戦争によらずに、凶悪犯罪者を処罰して滅ぼして、健全な社会を取り戻すためには、軍事力や警察力などの行使が必要な場合もあります。
自由や民主主義の対象外である、沖縄左翼や左翼新聞社や左翼資本家などの凶悪犯罪者を処罰して滅ぼす必要があります。



185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 17:26:16.98 ID:aPp+U2OF0
ユダヤ人は、悲惨な経験やホロコーストを経て、民族の自主性を尊重しているようです。
しかし、ユダヤ人が、聖書などに書かれているユダヤ人の苦難などを否定するものにまで、民族の自主性を尊重するべきと考えているのかどうかは不明です。

日本国憲法にはユダヤ人が関与しているという説もあるようです。(不明)
一部の日本人は、執拗にでたらめな解釈を誇って、日本国憲法を悪意でけなして、ユダヤ人の信義を踏み潰しているようです。
でたらめな解釈そのものが、一部の日本人の悪意や憎悪を表現しているのかもしれません。(不明)
多くのまともな国々が、まともな人々や国々の間での、名誉ある地位を求めていることでしょう。
しかし、一部の日本人は、一部の犯罪国などにあこがれており、無法の世界を作って凶悪な兵器やごまかしやたかりなどの犯罪で莫大な利益を上げることを求めたり、歴史や宗教などを悪用して悲惨な因習を誇って殺しあうことを求めているようです。


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 17:51:25.53 ID:ZDMIal4w0
もう預言者が来ないと言われたと主張して平気でいるものは、そもそも、絶対的無神論者です。


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 22:59:55.54 ID:yPOsP0PM0

>>175
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/3935/ww2/syusen3.html
 私はここに、国体を守り、それを得て忠実で善良なるあなた方日本国民のうそ偽りのない誠の心にたより、常にあなた方日本国民と共にある。
 もしあなた方が、激しい感情のまま、むやみに事端をおかしくしたり、あるいは国民同士で陥れあい、互いに情勢を乱れさせ、そのために人としての道を誤って、世界に対しての信義を失うようなことは、私が最も忌むべきこととして嫌うものである。
  (syusen7.wav 270KB 34.5sec)

人としての道を誤って、世界に対しての信義を失うようなことは、私が最も忌むべきこととして嫌うもの



188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 23:03:25.75 ID:yPOsP0PM0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%9A%84%E7%B5%8C%E6%B8%88%E9%80%A3%E6%90%BA%E5%8D%94%E5%AE%9A
環太平洋戦略的経済連携協定(かんたいへいようせんりゃくてきけいざいれんけいきょうてい、TPP、Trans-Pacific Partnership、またはTrans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)は、経済連携協定 (EPA) の一つ。
加盟国の間で工業品、農業品を含む全品目の関税を撤廃し、政府調達(国や自治体による公共事業や物品・サービスの購入など)、知的財産権、労働規制、金融、医療サービスなどにおけるすべての非関税障壁を撤廃し自由化する協定[1][2]。
2006年5月にシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4か国が域外への経済的影響力を向上させることを戦略的な目的として発効し、運用している



189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 23:05:07.56 ID:yPOsP0PM0
かつて、アメリカが主要貿易国だった頃には、日本経済は成長していたそうです。
問題があったようですが、結果として、アメリカは、日本経済や特許などを尊重したようです。
日本が理不尽な反米を主張して、搾取されているとか、交渉下手などと主張しても、でたらめな国になるだけでしょう。
問題があるならば、対処が必要でしょう。

しかし、近年の日本は、アメリカとの貿易の割合が下がっており、そして、経済成長していないという説もあるそうです。(不明)
労働の対価や報酬は大事です。
また、一部の地域との貿易などにおいて、関税や特許権などで問題がおきており、情報などの管理への対応や管理の意思にも問題があるそうです。(不明)
なお、日本は、周辺国の、経済を支援してきたようですが、民主主義や自由主義や安全保障や倫理的な成長においても貢献するべきでしょう。

ちなみに、一部地域では、バブルの崩壊がおきると想定されているようです。(不明)
一部地域の問題を整理するには、優良部門?と、不採算部門?を切り分けて、分割して、それぞれに整理して、特性を活かして運営することになるでしょう。(不明)
この混乱に対処するには、日本単独では不可能であり、自由主義国での連携が必要です。

なお、欧州の経済危機においては、小さい国から問題が指摘され、対応がなされているようですが、ユダヤであれなんであれ、ある程度の整理計画を立てて、順番に問題に取り組んでいるのでしょう。(不明)
いずれ、日本についても、ユダヤであれなんであれ、ある程度の計画の順番が来れば、問題が指摘されて、対応が求められることになるのでしょうし、準備しておくべきでしょう。



190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 23:06:34.75 ID:yPOsP0PM0
>>189一部訂正
問題があったようですが、

問題もあったといわれることもあるようですが、(不明)

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 23:45:44.87 ID:cf8cMNWq0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E4%BB%B6
そして、文章の最後で「日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう」と日本の将来への絶望を吐露している。
この文章は、実質的な『遺書』の一つとして、以降の三島研究や三島事件論において多く引用されている。

一部の日本人は、日本は欧米などを含めた世界でも比較的富裕な国なのだから、落ち目で困っている国の破滅に巻き込まれたり、策略でだまされてTPP協定に入らずに自国を守れと主張して、激情に駆られて際限なく罵倒しているようです。
一部の日本人は、世界は腹黒いなどといって、世界が腹黒いから、世界の責任にして、何の理想も価値観もなく、自他の信義も踏み潰して、無機的に、一部の腐敗した日本人の思う普通に流されて、抜け目なく、腹黒くなって、恐喝しようと主張しているようです。
ユダヤ人には信義もあれば、厳しい面もあることでしょう。信義を貶めて罵倒して襲い掛かってくるものに、信義を与えることなどできないでしょうし、でたらめや犯罪には、厳しい面で対処することになるでしょう。
ある種の陣営や一部の隣国は、全てを他者の責任にして、ごまかしやたかりで、莫大な利益を得ているようですが、一部の日本人は、信義を尊重する国々を裏切って、日本もでたらめな国にして、たかりやごまかしで大もうけしたいようです。
一部の日本人は、恩義のある国の危機を助けるどころか、平気で踏み潰して、裏切って、偏見や独善や差別やでたらめの同じ過ちに突き進んでいるようです。
ちなみに、アイルランドは、全てを他国の責任にして、歴史を悪用し、執拗にテロを繰り返して、反省も自省も全くなく、他の落ち度を攻め立てて、傲慢や独善を突き進み、かつて移民したものの信用さえも傷つけ成果を裏切りながら、滅亡に向かっているようです。

しかし、日本人の多くは、人種差別をせず、独善的にもならず、人の道を守って、自他共に信義あるものの信義を認めて、信義を重んじて、激情を抑えて、現実の問題に対処していることでしょう。

恩義のある国では、近年莫大な資源が実用化され(不明)、これまでも、コンピューターやインターネットのような産業や文明そのもののの変革を成し遂げたり、IPODのような時代をリードするいくつもの製品を生み出しているようです。




192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 23:50:00.16 ID:cf8cMNWq0
>>191一部訂正

信義を貶めて罵倒して襲い掛かってくるものに、信義を与えることなどできないでしょうし、

信義を貶めて罵倒して襲い掛かってくるものを見捨て去る必要がありますし、自衛や処罰などの必要な対処をして、離れ去る必要がありますし、


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 22:52:00.10 ID:o99qc9fU0
>>189一部訂正
関税

通貨


>>191一部削除
腐敗した

>>191一部訂正
実用化され

実用化が可能となり


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 22:52:23.45 ID:o99qc9fU0
日本はアメリカの陰謀論や、小泉改革や官僚や自民党の全否定をやめて、バブルとバブル後の危機や歴史の経緯を直視して、日本の現状を理解する必要があります。
そしてそれぞれが、課題を知って危機に取り組む必要があります。そして、今後の、地道でまじめに努力するものが報われるような、日本のあり方を考えるべきでしょう。

日本には、供給能力があるので、足りないのは需要だけだという説があるそうです。
共産主義社会主義でも、同様の考え方があり、なかには、結果として、働かなくてもよくなるなどという説もあるようです。
しかし、時代は変化し、設備も古くなって更新が必要になります。そして、失業や、労働者や環境への負荷なども問題になってきます。
日本の一部のスーパーなどは、設備や不動産などに無計画な投資をしたために、バブル崩壊後に、経営危機に直面したそうです。
困難に直面したスーパーなどの経営者は、高い販売能力があるので、足りないのは需要だけだと主張したのでしょうか?
バブル崩壊後の日本では、さまざまな景気対策がなされたものの、不良債権問題が解決せずに多くの会社が潰れていったそうです。
日本は、小泉改革の際に、経済の心臓とも言われる銀行を整理して、その際に、銀行の資金の貸し出し先の事業も整理したようです。
ちなみに、需要のない供給能力は無駄とされ、設備や不動産などの価値を高く見積もりすぎていたとされて、整理されたそうです。
不要な資産などを整理して、実態に沿った評価に直さなければ、健全な事業までも駄目になり、整理も合併もできなかったようです。
(ただし、有意義で必要な事業のためにまじめに健全に働いてきたのに、一部が投機などで失敗して問題を負わされた企業等については、問題の解決そのものを重視して、健全な事業やまじめに働く労働者を大事にして、課題の整理や解決を支援すべきでしょう。)



195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 22:52:49.86 ID:o99qc9fU0
小泉改革などで、銀行を支援する際には、大きな非難がなされたようですが、銀行は経済のために重要な機能を果たしています。
そして、一般的に政府は公益を追求し、企業が利益を追求しており役割が違いますから、臨機応変の対応ができないようです。
また、一時的な対処方法としては有効な場合もあるかもしれませんが、政府が銀行を抱え込むと後がなくなり、政府の信用自体が危険にさらされます。
日本では、バブル崩壊から小泉改革までの間は、実際に、デフレギャップ解消のための様々な景気浮揚策をしていたようです。
デフレギャップ解消のために、莫大な資金が投入されたという説もあれば、真水の実質的な資金供給は少なかったという説もあるようですが、いずれにせよ、バブルで膨らんだ供給能力に対して、不足した需要を政府が満たそうとして資金を流し続けたそうです。

現在、一部で盛んに言われているデフレギャップ説の是非については、多くの日本人が、経験的に、実感していることでしょう。
日本は資金を流し続けましたが、結局は不良債権の整理はできず、経済は悪化を続けたようです。
おそらく、一部のデフレギャップ説を主張しているものは、小泉改革以前の日本の経済政策を知らないのか、抜け目なく立ち回って富裕になり、バブルで利益を得て、支援されて乗り切り、景気回復で損失を補って、ぼろもうけしたものの手先なのかもしれません。
バブル崩壊後に、多くの日本人が困難に直面しました。若者の就職先がなくなり、解雇がなされ、多くの会社が次々と倒産していきました。この期間、他人の苦しみや日本の存続にも無関心で、無機的で、のっぺりした顔で無視してきたものもいたのでしょう。
この期間には、既存の不良債権対策だけでなく、政治家や官僚主導で、世界や時代の動向を調べて、新規事業に対する取り組みもなされました。
IT革命などの試みでは、IT部門に膨大な資金を流して、産業構造自体の効率化が期待され、新産業の育成支援がなされました。
また、後の小泉改革の際には、市場開放がなされて、新規事業などへの資金供給や、事業の統廃合などが期待されました。
IT産業や市場開放などの結果として、新たな事業者が現れました。この頃から、一部では、政府は無能だから市場に任せて何もしないでほしいとか、官僚は役立たずだとか、税金が高すぎるとか、税金が高くてやる気がなくなるなどという主張されたようです。
支援を受けて活躍する国民が主役なのですが、実際には政府や官僚が世界や時代の動向や国家の現状を調査して計画を練り上げて莫大な資金を投じた支援の結果という面もあるようです。やる気がないなら、やる気のあるものに事業などを譲って引退するべきでしょう。



196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 22:53:35.92 ID:o99qc9fU0
日本には、執拗なアメリカの陰謀説があるようですが、経済的利益にまい進して、ニュートラルに、からっぽに過ごしていたものには、苦難に直面していた日本経済や日本政治の動向も、企業や労働者の努力も苦しみも、他人事だったのでしょう。
日本は、アメリカの陰謀で苦しんだのではありません。
バブル期の無計画ででたらめな投資の結果、多くの会社が不良債権や事業の役に立たない不良資産を抱え、含み損で帳簿の資産価値と実際の資産価格が乖離して、実際の事業の価値も利益もわからなくなり、信用不安や連鎖倒産の危機の中で、多くの会社が破綻しました。
小泉改革が軌道に乗るまでの日本は、バブルの処理ができずに、経済が悪化を続けて、会社が次々とつぶれていき、有意義な事業も引き継げずに、失業者があふれ、就職できない世代が生じ、銀行までもが次々と経営困難に陥っていたようです。
小泉政権が不良債権処理に取り組んだ際にも、すぐに回復したのではなく、一時的に日本はひどく深刻な危機に陥ったそうです。
小泉政権は、アメリカのアドバイスも受けたのでしょうが、国民を苦しめるためでも、搾取するためでもなく、経済にとって重要な銀行

を整理統合しながら、バブルで膨らんだ過剰で時代遅れの不良な金融や供給や資産の整理に取り組んだようです。
問題の解決にあたっては、銀行をつぶさずに統合していき、そして、銀行の不良債権の処理や債権放棄などの形で、事業会社の問題を整理したようです。
この期間、資産価値を評価しなおして、優良部門を保全して合併したり、不良企業や不良事業や不良債権が処理されたようです。
事業の中で価値のある部分については、できるだけ、継続させるように努力したようです。これによって、連鎖倒産や、失業者が抑制できた面もあったのでしょう。(不明)
ちなみに、小泉改革以前に、首都や地方などの一部地域でなされた金融機関そのものをつぶす方法では、経済に対して多くの悪影響が及んだようです。
資産を投機のかたに入れられるなどした一部のまじめな優良事業者や、優良事業までもが、投機の責任を一方的に負わされて、債務を押し付けられて破綻したり、譲渡先を探して苦労したりして、多くの労働者が失業したようです。



197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 22:54:50.58 ID:o99qc9fU0
日本は、円高なので、円をすって、円の価値を下げようという意見があるそうです。
日本は、民主党政権になってから、国の信用や資金を壊して、持続不可能なでたらめをして、さらに、賠償金などで、海外のテロリスト

と連携したたかりやごまかしのプロやテロリストに大量の資金を供給したそうです。
民主党の一部の指導者は、日本を核攻撃しようとしている国と密接なつながりがあり、金銭などの不正があるとされているそうです。
日本では、毎年社会保障費が大幅に増えており、租税税収が上がらないために、政府が国債を大量に発行しており、高齢者などの個人の

金融資産の円が増加傾向にあるといわれているそうです。

有意義で将来性があり採算の見込みのある事業や、事業に必要な資産があるならば、余力を活かした不採算事業の整理や資源の再配分な

どによって、準備などがしやすい環境という面もあるのかもしれません。(不明)
しかし、収入を超えた無駄なローンで、不必要なものを買っていたら、いずれ、支払期日が来て、払うことも、借り替えることもできな

くなって破産するでしょう。
たとえ、景気がよくて晴れたときに、借り手がいなくて、金利が安くて借りてくれと言われたとしても、借りなければ損すると煽られた

としても、雨が降って傘が必要になり、資金が必要になったときには、誰も貸してくれずに、困ることになりうるでしょう。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 23:18:04.28 ID:qV72Ug8n0
欧州は、ユーロ高のときに、実態を無視した過剰な投資や、贅沢な暮らしなどで、バブル経済になっていたそうです。
そして、バブルが崩壊して、実態に合わない投資は無駄になり、労働に見合わない贅沢な暮らしなどが、続けられなくなったそうです。
困難に直面した欧州は、無駄を整理するために、努力しているようです。
よりよい暮らしを望むならば、地に足をつけて、希望を持って、働かなければ未来は開けないでしょう。

朝日新聞や毎日新聞などの左翼などの凶悪犯罪者は執拗に、アラブの悲惨な犯罪を擁護し続けて、国や人々を苦しめて殺し、世界中にテロや危険や因習を押し付

けて、文明を破壊して、困らせて、苦しめて、破滅させようとしました。
一部地域では、左翼やカルトなどの凶悪犯罪者が勝利しており、邪悪な犯罪者のたかりやごまかしや、犯罪者による凶悪な兵器による恐喝などの犯罪が、左翼などの凶悪犯罪者によって、際限なく擁護されたり正当化され、警察が貶められ続けています。
健全な人々は、左翼も役に立っているはずなどという幻想から立ち直って、現実に危険にさらして苦しめて殺そうとしている左翼に立ち向かって、左翼を処罰して、社会から排除する必要があります。


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 23:18:26.11 ID:qV72Ug8n0
日本はバブル以降に多くの人々の努力によって、大幅に改善がなされたといわれているようです。しかし、現在では、効率の問題ではなくて、人々を苦しめ困らせて殺そうとする邪悪な左翼などの害悪が繁茂して身動きが取れなくなっています。
日本は小泉改革を全否定して、でたらめで、持続不可能な福祉や浪費を押し通して、破滅に突き進んでいます。
日本人は、まずは、日本がどのような困難にあり、なぜ小泉改革をして、どのような成果を挙げたのかを、きちんと歴史的に判断して評価するべきでしょう。
日本人は日本の直面していた危機と、小泉改革の意義を認識して、自民党や官僚や企業に対する信頼を取り戻して、邪悪な左翼を排除する必要があります。
小泉改革に問題があったのは事実です。まじめで健全な労働によらない富などで、社会に不満が高まったり、健全な事業まで整理されたり売却されたりして、多くのまじめな労働者が苦難を味わったようです。
しかし、日本は、一部の経済に悪影響を与える投機などを取り締まる努力をしたようです。
(以前、一部の投機で儲けたものについて、日本が、投機による産業の破壊を防ぐために、事後法で対処したというようなことを書きましたが、別案件との勘違いか、あるいは、全くの間違いか、間違いがあるというような意見がありました。)
日本にとって最も重大は害悪は、戦前も戦後も、無責任で、内省も自省も全くなく、でたらめで、たかりやごまかしを続けて、国や人々を苦しめて殺す左翼です。
現在の日本は、民主党の幹部が、核武装した侵略国家と、不正な資金関係にあるとされても、裁かれない程度に腐敗しきっています。
また、縁を切って離れ去るべき、不誠実ででたらめで内省も自省も全くない、歴史を悪用して侵略や犯罪を続ける一部の隣国と、不正な関係を結んで、トンネルでつなごうなどというとんでもない犯罪者さえもいるようです。



200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 23:18:49.54 ID:qV72Ug8n0
日本は左翼や侵略者などによって、社会的にも政治的にもでたらめになっており、もはや、行政や企業などが激しい攻撃にさらされて機能不全になり、国家運営も事業も国民の安全の確保もできなくなっています。
日本は、日本に対して、致命的な悪影響を与えている、左翼資本家や左翼資産家や左翼労働者や左翼企業などを処分して整理する必要があります。
能力の有無だけでなく、害悪かどうかの価値判断をしなければ、知力や活力が高かったり、抜け目のない犯罪者が、のうのうと生き残って、いつまでも害悪になり続けることになります。
日当たりのよい土地で、怠けて働かなかったり、所有権を悪用して奴隷化したり、毒草を育てているものがいれば、社会全体が歪んで貧しくなって、人々が不幸になって飢えて損なわれて、自由や健全性を失って駄目になります。
革命や戦争によらずに社会を健全化するためには、怠けて働かなかったり、所有権を悪用して奴隷化したり、毒草をそだてているような左翼資本家や左翼資産家から、資本や資産を回収する必要がありますし、左翼労働者や左翼企業には撤退してもらう必要があります。
税制や、景気変動などだけでは、整理しきれない、邪悪を、社会運動であれ、警察力であれ、なんであれ、国や社会や職業などから排除する必要があります。
新聞社などの既存の邪悪な左翼企業や左翼労働者や左翼資本家や左翼資産家を処罰して、撤退してもらうことで、新規の健全な事業者が発展する余地ができますし、新たに健全な雇用が生まれるでしょうし、大幅に、日本の未来が明るくなることでしょう。


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 22:03:47.23 ID:dDx6cyLd0
>>194
人的物的資産が不良債権とみなされて塩漬けにされると、公共の福祉が悪化するのも大きな問題でしょう。


>>195
現在の持続不可能で腐敗や破滅をもたらす社会主義政策は、デフレギャップを埋める方法のひとつという位置づけもあったようです。
デフレギャップを埋めるために、新規事業を探したり、建設業や小売業などの多くの産業を保護したり、激変を緩和して統廃合や変革を促すなどのために、資金が流されましたが、政策が一部業界に限定されて不公平であるとか効果が薄いなどの批判があったようです。
また、リーマンショック時の世界的な信用収縮や経済危機に際しては、危機に対応する能力と意思を示したり、激変を緩和して景気を底上げして谷を浅くするなどのために、一時的な給付金で、景気を刺激しようという特別な政策が例外的に世界各地で取られたようです。
日本ではこれが左翼に悪用されたようです。従前型の景気対策に対する批判や反省と、給付金による現金給付の実績を悪用して、左翼などの凶悪犯罪者が、打ち出したのが、人々を債務奴隷にして自由を奪い、国や文明や暮らしや仕事を破滅させる社会主義政策でした。
この際には、消費者に金を渡すことで市場を通して消費者が選択した事業が活性化するとか、生活第一とか、銀行や建設業や企業でなく生活者を支援するとか、高齢化や少子化や福祉対策とか、GDP比率の悪用などによる無秩序な資金の放出などが求められたようです。

社会主義政策によって、誰でも働かずに暮らせるなどの確信は、一部の働かずに大金を得ている労働組合幹部や侵略者や犯罪者や、巨額の資産を持った凶悪な怠け者などの、現実に働かずに搾取を押し通してきた、非道で凶悪な搾取の現実の犯歴に基づく確信なのでしょう。
一部の共産党や労働組合の幹部は、弱者などから金を奪って巨額の資産を築いているだけでなく、綱領や機関紙などで厳しく言論などを統制して、自由な意思や言論を打ち砕き、様々な権利を収奪して独占し、弱者の立場を悪用してごまかしたかり脅迫しているようです。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 22:04:06.17 ID:dDx6cyLd0
一部地域では、莫大な場所代や、みかじめ料を搾取して、激しく高圧的な恐喝や、捏造やでたらめなどの犯罪を常態化させているようです。
左翼などの凶悪犯罪者が、弱者の立場を悪用するなどして、犯罪で得た金を、地域や弱者にばら撒くこともあるのでしょうが、言論と同じように、資産家や幹部が大きく独占しているようです。
断固として決して働かないと強力で確固たる意思によって決断したものや、巨額の資産などで働いて暮らすという概念自体が欠如したものなど、搾取を押し通す犯罪者が実在しており、ごまかしやたかりを非難されると激昂して執拗に戦うので、放置されてきたようです。
また、民主党や社民党は、一部の侵略外国人が経営してるという、人々を苦しめて破滅させている違法賭博や、高利貸しや、薬物や、女性を傷つけ破滅させたり、闇経済などを支援し、違法な資金のつながりさえあるようです。
民主党の幹部や社民党によって、おそらくキックバックを取って、莫大な金が、国内外の凶悪なテロリストに流れ出ていることでしょう。
日本では、一部の歴史を悪用した侵略者の犯罪率が極めて高く、間接直接の侵略や、犯罪などを行っており、弱者の立場や人権や歴史を悪用した、様々な犯罪や憎悪の正当化や洗脳や擁護などで、女性などの多くの人々が苦しめられているそうです。
左翼などの凶悪犯罪者を社会や職業や地域などから排除して処罰する必要があります。

必要ならば、実力で排除するべきでしょう。



203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 22:09:22.28 ID:dDx6cyLd0
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/8cd97ffd9743310ce1e8c53c1fc533ec
「日本の75%の米軍基地が僅か0・6%の面積の沖縄に集中している」。
これは沖縄の各メディア、大学教授等の「反基地・平和団体」が長年文章や演説の枕詞に使い続けてきた常套句の一つだ。
在日米軍基地は沖縄以外の22都道県に98施設がある。
その中でも沖縄の米軍基地が群を抜いて一番大きいのも事実である。
そういった状況で、このフレーズは幾度となく新聞の社説や地元大学の教授たちの論文にも引用されてきた。
沖縄在住の評論家恵隆之介氏によると、「75%は数字のマジックで分母の全在日米軍基地の面積に米軍と自衛隊との共用米軍施設(佐世保・横須賀・厚木・岩国・三沢)が含まれていない。 これを加えると実際は沖縄には23,5%しか存在していない。」と言う。
地元では恵氏の論評はトンデモ本のようなものだと無視されており、彼の論文が地元のメディアに掲載されたのを見たことは無い。
恵氏の論文発表の場は地元メディアには無く、主として本土の「産経新聞」や雑誌「文芸春秋」、「諸君」、「正論」、「中央公論」、「VOICE」等のオピニオン雑誌を意見発表の場としているようだ。http://www.cosmos.ne.jp/~ryunosuk/
そこで、ネット上に公表されたデータから「75%か23・5%か」を計算・検証をしてみた。
その結果は、沖縄県に存在する米軍基地の米軍基地の割合は、23・41%であった。
 端数を切り上げた恵氏の23・5%が信頼に足る数字だと言う事がわかったのだ。



204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 23:14:40.13 ID:643n+OQb0
仮説。
リーマンショックの際には、アメリカでは、労働者に良好な住宅を供給することを目指したようです。
良好な住宅が社会的なストックを形成し、また、大量供給によってバブルの価格上昇を抑えようとしたのかもしれません。
しかし、供給を増やそうとして、与信が甘くなり、でたらめになって、多くの労働者が返済不可能となって破綻したそうです。
人口が多いようなので、バブル期の不動産に住宅としての価値があるのかどうかが、問題なのかもしれません。
アメリカは、世界の警察として、厳しい仕事をしており、多くの国で整備されている福祉や保険にも不備があるといわれていたそうです。不合理な格差があり、厳しい環境で働いている人もいるそうです。
しかし、産油国の富豪や独裁者などに対応する人格を育成したり、電灯、自動車、家電、PC、ネットなど人類の文明を開拓し牽引するには、それなりの費用や報酬が必要なのかもしれません。

欧州の一部の国では、通貨バブルによって、実際の労働や国の価値よりも、贅沢な暮らしをしたようです。
公務員や賃金や年金などを増やしたり、早期に引退するなどして、事業や労働が軽視されたようです。
国債発行によって、有価の上昇分を、利益に変えたようですが、返済可能な事業計画もなく、仕事への意欲もなく、日々の労働に見合わない生活のために浪費したのかもしれません。(不明)
新規国債の発行や、発行した国債の借り換えなどができなくなったようですが、欧州の一部の国が、債権の一部を放棄したり、再建計画を支援するなど努力しているそうです。


日本の場合には、不動産価格が高騰して、不動産購入をあきらめて、ブランド品などを買うものも多かったそうです。
投機によって不動産価格は上昇を続けて、企業の多くが含み益で、実際の企業価値よりも、高く見積もられたそうです。
このため、多くの企業が本業や労働の価値を見失ったり、甘い与信がなされて、でたらめな、投資などもなされたようです。
また、一部では、無駄なハコモノが作られたが、使われていないなどと非難されることもあるようです。
日本も、ノートパソコンや、液晶や、液晶テレビや、LEDなどを発明したそうです。
無意味な目先の価格競争でつぶしあうのは破滅の道です。産業を更新したり改善するためにも、開発国が利益を得たり、産業を保持することも重要でしょう。
日本は、アメリカの自動車市場や自動車産業を尊重し、努力し貢献したようです。


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 19:59:41.93 ID:/2eSxebg0
>>132追加

>>329
>>332-333
>>356
>>373-374
>>376
>>379-382

>>529-530
>>525-526
>>544-545
>>548-550
>>695-705
>>717-719
>>722
>>738-741
>>749
>>751
>>753

>>776-783
>>798-804
>>806-811
>>813
>>819
>>846-847
>>849-850
>>852-856
>>858
>>885-886
>>900-909


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 23:59:19.79 ID:XF1wgq2V0
相変わらず人気の無いスレだね!

尖閣同様

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111130/stt11113017070007-n1.htm
この ズレた 奴 では無理のないか・・・
 

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:37:38.58 ID:OGbhauhn0
一部では、資産価格が回復すれば、多くの問題が解決するという意見があるようです。しかし、資産価格が上がりすぎると、普通の人が自分の家を変えなくなったり、採算が合わなくて新規事業を始められなくなったりするようです。
資産が価格上昇や回復などの投機などで放置されたり、活用したいものが入手できなかったり、入手困難になれば、社会の活力が大幅に下がるでしょう。
また、資産の評価に当たっては、バブルを反省して、収益性などを重視するようになっているようです。購入価格に見合った収益が生じれば、市場価値にかかわらず経営できるのではないかというような理屈が合ったのかもしれません。(不明)
しかし、資産は古くなって傷んだり、陳腐化していきます。たとえ取得時に収益性が高くても、周りに新しい不動産ができたり、時代に合わない設備になったり、町の中心部が移動したりすれば、収益性は大幅に下がるでしょう。
収益性を重視した評価をしても、投機や資産の陳腐化や需給の変動や景気全体の影響などによって、評価額が大きく上下するようですし、結局はバブルが掟、実際の価値と乖離して、バブルがはじけた際には、大きな悪影響が生じるようです。
資産の評価が、実態とかけ離れないように、さまざまな要因を考慮する必要があるでしょうが、市場には限界もあるようです。
市場や所有権に過度に任せるのでなく、適切な活用や更新がなされていない資産を公共の福祉によって再配分したり、新規事業者や、まじめに働く労働者などが、事業や労働にみあった、働きにふさわしい不動産などを取得できるような配慮や価値判断なども必要でしょう。



208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:38:06.59 ID:OGbhauhn0
>>201
GDP比率の悪用

効率性や経緯や実態の違いなどを全て無視して、他国と比べた当該事業予算のGDPに対する比率の悪用




209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 20:06:58.74 ID:OGbhauhn0
仮説。
小泉改革では、規制緩和がなされて、自由競争が採られたようです。
規制や税金の控除については、状況の変化に応じた見直しが必要になりますが、不利益な変更に対する反対が多く、見直しが難しかったのかもしれません。
このため、一旦、規制を大幅に緩和して、問題に対して、新たに対処していこうとしたのかもしれません。(不明)
いずれにせよ、規制緩和などによって、それぞれが、新規事業などを開拓できるようになった面もあったようです。
しかし、見込みのある事業が少なかったり(不明)、不正に資金を集めて着服するなどの犯罪などもあったそうです。
また、個人の利益を追求しすぎて、公益を無視したり、国民として取り組むべき課題の解決を放置するものもいたようです。
会社は、株主だけのものではなく、社員や経営者のものという面もありますし、国や社会や地域などの支援を受けて貢献するべき面もあります。
会社が株主や経営者や労働者などだけのものであるとして、株主や経営者や労働者などが、会社の利益や資産を独占したり、会社を壊して利益を得るようなことがあれば、公益は大きく損なわれます。
また、自由化によって、働き方が多様化したという意見もあるようですが、労働条件が悪くなった面もあり、一部では問題も生じたようです。
また、一部の資産家は、資産を大きく増やしたようです。日本の国債は国内で消化されているから将来負担にならないという説があるようです。しかし、資産の不公平が固定化すれば、将来の国民に、当初から逆転不能の格差ができて、社会が歪んで停滞するでしょう。
資産を受け継いだり、相続することを望むものも多いようですが、公共の福祉による制約も必要です。資産の適切な管理や活用や更新がなされなかったり、不合理な独占などの場合には、公共の福祉などによって再配分するべきでしょう。
経営についても、短期間に巨額の利益を得て引退することを目的として、課題を解決したり、会社などに貢献する気がなく、会社を壊したり、労働者をひどい条件で働かせたり、必要で健全な労働者などを解雇するなどしたものもいたのかもしれません。(不明)
また、新規事業や、新産業を始めるには、会社や市場だけでは困難です。国や世界の動向や全体を考えたり、長期的な視点に立つなどのために、政府や官僚などの支援が必要です。
他の国では巨大な資産家や組織などがあるのかもしれませんが、ここでは、日本のコアは官僚機構などにあるのではないかと考えています。いずれにせよ、どの国でも、文明を更新して変革するような事業には国の関与が必要になるでしょう。
また、市場は暴走したり失敗したり、不公平や不公正な結果になったりします。このため、問題が起きた場合や、適切な経営をするための、ある程度の、政府や官僚機構などによる、制御が必要になる場面もあるでしょう。危機の際の関与の余地を残すべきでしょう。
ただし、時代の変化に合わせるには、リスクを十分に考慮して、緊急時の対応などを検討するなどしたうえで。時には、大きく規制緩和したり、大幅に税金の控除を廃止したり、様子を見るなどの、余地も残すべきなのでしょう。(不明)


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 20:09:27.73 ID:OGbhauhn0
>>207
資産が価格上昇や回復などの投機などで

価格上昇や価格回復などの投機的な理由などで、資産などが活用されずに

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 23:15:32.22 ID:PeAk7uVL0
http://chiebukuro.toremaga.com/dir/detail/q1075623325/
違法献金の野田首相、菅元首相、前原氏はなぜ公民権停止にならないのですか?



212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 23:20:16.33 ID:PeAk7uVL0
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1319526029/
【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】64
>>855

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9
アラブ社会主義


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 23:23:23.52 ID:PeAk7uVL0
>>212追加

>>849-850
http://mainichi.jp/select/world/news/20111130k0000m030067000c.html
中東:「イスラム躍進」巡り対立 イランとイスラエル
 【エルサレム花岡洋二、テヘラン鵜塚健】イスラム主義政党の躍進が予想されている、28日に始まったエジプトの人民議会選挙を

機に、大衆運動「アラブの春」で中東地域で起きているイスラム勢力の台頭を恐れるイスラエルと、地域のイスラム主義化を求めるイ

ランとの激しいさや当てが本格化している。

 「お前たち(米欧諸国)が受け入れるか否かにかかわらず、この地域では次々に『新しいイラン』が生まれている。そのひとつがエ

ジプトだ」

 イランのイスラム指導体制を支える革命防衛隊精鋭コッズ部隊のソレイマニ司令官がエジプトの人民議会選挙を前に25日、エジプ

ト国内で親イランの流れが既に加速しているとの見方を強調した。
イランは、エジプトが親米イスラエル路線を取った前ムバラク政権との完全な断絶を望んでいる。
イランは、イスラム革命(79年)の際にエジプトがパーレビ国王の亡命を受け入れ、イスラエルと平和条約を結んだことに反発し、

80年にエジプトと国交を断絶。
ムバラク政権崩壊後、イランは外務省幹部を繰り返し派遣するなどし、エジプトとの関係回復に向けて動いている。
 中東地域では、イランの最大の同盟国シリアで民主化デモが泥沼化し、アサド政権が揺らぎかねない状況だ。イランは、反米イスラ

エル路線で協調できる新たな「足場」を、イスラエルの隣国エジプトに求めている。



214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 23:26:13.02 ID:PeAk7uVL0
 ◇和平条約破棄も
 「イスラエルへの脅威は増している。エジプトの新政権とは、これまでのような親密な関係を期待できない。(エジプトとの)和平

条約が破棄される可能性もある」
 イスラエルのネタニヤフ首相は28日、議会の外交防衛委員会で証言し、エジプトが反イスラエルに転じることへの警戒感をあらわ

にした。
エジプト軍が抑え込んできたシナイ半島のイスラム原理主義の武装勢力がパレスチナの武装勢力と連携し、対イスラエル武装活動を活

発化させる可能性も指摘される。
 イスラエル軍は現在、エジプト国境に高さ約5メートル、長さ約240キロの鉄製防護壁を建設中だ。国境の大半は広大な砂漠地帯

にあり、簡単な有刺鉄線などで仕切られているに過ぎない。
アフリカ諸国から密入国する労働者や難民の侵入が絶えず、09年に計画が発表された防護壁は侵入防止目的だった。
 ところが、エジプトのムバラク政権が今年2月に崩壊。8月にシナイ半島から武装勢力が越境し、イスラエル人8人を殺害する事件

が発生。
ネタニヤフ氏は「テロリストの侵入防止」との目的を明確にし、防護壁は政変後のエジプトをにらんだものへと変質した。来年1月に

は約100キロが完成する見通しだ。
毎日新聞 2011年11月29日 21時09分


左翼は憎悪や犯罪の正当化や戦争や殺戮を願って、激しく戦っています。
左翼を処罰して滅ぼす必要があります。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 23:51:47.70 ID:PeAk7uVL0
まともな国では、悪事を行うと、処罰されるようです。

しかし、悪が勝利した国や地域では、現実に、麻薬やテロや殺人や人身売買や奴隷化や強姦殺人などの闇社会の生業が正義とされ名誉とされ文化とされています。
毎日新聞や朝日新聞や多くの国の左翼が、麻薬やテロや殺人や人身売買や奴隷化や強姦殺人が正義や名誉や文化とされるべきだと、激しく戦って、世界に広げており、
麻薬やテロや殺人や人身売買や奴隷化や強姦殺人を犯罪として処罰するアメリカなどを激しく罵倒して殺そうとしています。
アラブや毎日新聞などでは、でたらめな警察兼裁判官が、幼女や女性の監禁や奴隷化を幇助し、脱走した女性を見せしめに鼻をそぎ落として放置することが名誉で正義で文化とされるそうです。
アラブや毎日新聞などでは、強姦して殺すと、正義で名誉で文化になるそうです。
アラブや毎日新聞などでは、借金漬けなどにした幼女を監禁して奴隷化して、逆らうと、広場で傷つけたり殺したりすることが正義や名誉や文化になるようです。
アラブや毎日新聞では、多くの国のテロリストや犯罪政治家などから支援を受けているカルトが国や地方をのっとって、気に入らない対抗勢力に町の弱者を鉄砲玉にして爆殺したり、一部では麻薬の栽培や販売を平気で行うことが、名誉や正義や文化のようです。
そもそもアラブや左翼は、もともと、侵略や殺戮や民族浄化や、部族抗争や、権力闘争を繰り返しているようです。



216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 07:50:35.63 ID:7KuXYTwS0
>>215一部訂正
闇社会の生業

犯罪

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 07:52:54.59 ID:7KuXYTwS0
イスラムの冒涜をやめて、アラブカルト、アラブ原理主義、アラブテロリストというべきでしょう。


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 19:24:21.47 ID:7KuXYTwS0
>>197
http://ja.wikipedia.org/wiki/PIIGS
PIIGS(ピーグス[1][2][3]、英語発音: /pigz/ ピグズ)またはPIGS(ピッグス、英語発音: /pigz/ ピグズ)は、世界金融危機において金融・財政部門の改善が自国の力のみでは達成出来ない可能性のあるヨーロッパの国をまとめて表現するために、
該当する国家群の英語の頭文字からつくられた頭字語である。経済状況は変化するため該当するとされる国家も変化しており、いくつかの同種の頭字語が存在する。



219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 19:29:36.10 ID:7KuXYTwS0
日本の一部地域で見られる高圧的で凶悪な、たかりやごまかしは、おそらくは、従前は同地域の被支配民に歴史的にずっと向けられていたのでしょう。
圧制を強いていた侵略者が、住民を搾取するより、住民をねたにして他を搾取するほうが効率的と判断して、これまで住民を苦しめて殺すために鍛えぬいた、悲惨ででたらめな手法を他に向けているのでしょう。
日本の一部地域の侵略者の邪悪さや残忍さや理不尽さや凶悪さには、ひどい歴史があるようです。

これまでひどい理不尽を突きつけられて苦しんできた被支配民は、以前は、実際に侵略者によって、農奴とされて、福祉も医療もなく、搾取されて踏みつけられてきたそうです。(不明)
邪悪ないじめられっこは、他の子供がいじめられるようになると、いじめから逃れて利益を得るために、いじめと戦わずに、いじめに従って、いじめだすそうです。
一部地域の住民は、以前は、理不尽を押し付けられて、ひどい圧制や、でたらめや、高圧的で全てを他者の責任にする卑劣で邪悪な侵略者に、奴隷化されていたようですが、現在も、ひどい洗脳をされて、たかりやごまかしのねたにされているようです。
しかし、住民には、もはや、侵略者でなく、住民のことを考えるまともなものに救い出される機会があるようです。
邪悪で凶悪ででたらめな侵略者の支配から抜け出す機会が与えられているようです。
一部地域では、でたらめで邪悪な侵略者の下で、でたらめで邪悪だけが生き残る邪悪な状況で、でたらめで邪悪になったのかもしれません。
でたらめで邪悪の側に立つものはでたらめで邪悪です。
でたらめで邪悪な侵略者と戦って処罰して滅ぼさなければ、でたらめで邪悪なままで滅ぶことになるでしょう。
邪悪と戦わずに、でたらめや理不尽を突き進むならば、でたらめで邪悪な侵略者の共犯として滅ぼされるでしょう。



220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 19:31:08.17 ID:7KuXYTwS0
>>215
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2843537/8151911
強姦され姦通罪に問われた女性、加害者との結婚条件に釈放へ アフガニスタン
2011年12月02日 14:15 発信地:カブール/アフガニスタン


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 19:34:34.00 ID:7KuXYTwS0
>>211
http:/www.cyzo.com/2011/07/post_7977.html
自民党・平沢勝栄議員が「総理の献金事件は脱法行為」と断罪


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 19:47:52.64 ID:PMmUvTl40
>>219
左翼や侵略者などの凶悪犯によるごまかしやたかりなどの犯罪の分け前をもらって邪悪に堕ちて滅ぶのか、信義に答えて信義を持ってまともに生きるかの分かれ道でしょう。
いずれにせよ、公共の福祉によって、排除されることでしょう。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 19:48:55.05 ID:PMmUvTl40
>>222
いずれにせよ、

邪悪なままならば

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 17:45:22.68 ID:0vHUeNTP0
>>195一部削除
おそらく、一部のデフレギャップ説を主張しているものは、小泉改革以前の日本の経済政策を知らないのか、抜け目なく立ち回って富

裕になり、バブルで利益を得て、支援されて乗り切り、景気回復で損失を補って、ぼろもうけしたものの手先なのかもしれません。



225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 17:46:26.57 ID:0vHUeNTP0
>>191
文化を大事にして、因習を廃止することは大事です。
因習は文化ではなく犯罪です。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:04:46.84 ID:UUzxPueP0
社民党や民主党の一部の議員は、侵略者と結んで、弱者保護や人権擁護などを悪用濫用して、侵略者などによる闇社会や犯罪組織や犯罪を支援しているそうです。
女性や若者は弱い立場にあり、経験や訓練がなく、社会に出るにあたって、一部では、間違えたり、深刻な不安や酷い孤独などにさいなまれている面もあるようです。
また、若者などの弱者に漬け込む闇社会の犯罪者もいるようです。
社民党や民主党の一部は、社会を健全にする努力をせず、人権や弱者保護を悪用して侵略者や犯罪者の犯罪や侵略を擁護して、社会でまともに生きるための支援や、教育などをせずに、金をばら撒いて、弱者を食い物にするようです。
社民党や民主党の一部は、闇社会の側に立って、理不尽を押し通し、国や会社や人々などを苦しめる、闇弁護士や闇政治家として、違法賭博や闇社会の犯罪を正当化して、国や地方で暗躍しているという説もあるようです。(不明)



227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:24:52.23 ID:0vHUeNTP0
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A1O0BQKH5PZ1W2/ref=cm_cr_pr_auth_rev?ie=UTF8&sort_by=MostRecentReview
本当の怪物たちよ、児童福祉の充実を早急に!, 2009/1/30
By ほうじろう - レビューをすべて見る
(VINEメンバー) (トップ500レビュアー) レビュー対象商品: 家のない少女たち 10代家出少女18人の壮絶な性と生 (単行本)
単純に「家出少女」として括られ、堕落した若者の象徴のようにTVで報道された少女たち。
しかし、その裏にどれだけ凄惨な事情があり、その先にどれだけ悲しい未来があるのかを、この本を読んで初めて知り、言葉を失いました。
この本で取り上げられる少女たちは、援助交際を経験しています。それにもまた様々な理由があり、様々な末路があるのです。辛い境遇に負けず強く生きてゆく少女もいれば、精神を病み、消息を絶つ少女もいる。無論、圧倒的に多いのは後者です。
彼女たちがそうなる理由の多くは、貧困であり、家庭内暴力であり、蔓延する違法薬物であり、現実を見ていない法の規制がもたらす混迷です。

子供が死ねば、無為無策の骨頂として悪者にされる児童福祉施設。でもそこで働く職員たちは、少ない予算と人員と数多くの規制の中で、己の無力感に苦悩し、疲れ果てているのです。
そしてそれ故に救われず、生き地獄を味わい続けなければならない子供たち。この現状を知って、それまで何も知らなかった自分と、本気で子供たちを救おうとしない政治に対する激怒で手が震えました。

「いまの若者はモンスターだ」と言う識者がいます。
しかし、彼らを健全に育てる責務を果たさず勝手なレッテルを貼り、ろくでもない政治家に票を入れ、腐敗官僚の横行を許し、無責任な元首相たちによる格差拡大ゆえの貧困を見逃してきた私たち大人こそが「自覚なきモンスター」だったのではないでしょうか。
何よりも、大人には、子供たちと異なり、参政権があるのです。本当に何もできなかったというわけではないはずです。

もはや一秒の余裕もありません。すぐに行動を起こしましょう。募金でも、政治家や知事への嘆願書でも、ボランティアでもいい。
いつの間にか精神的貧困大国と成り果てた日本で声のない悲鳴をあげる、この国の未来そのものである子供たちを救うために。 レビューを評価してください


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:40:19.54 ID:iD0uX7sp0
>>227削除



229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:40:34.08 ID:iD0uX7sp0

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/479666632X/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1
5つ星のうち 5.0 現代社会の暗部を照らし出す良作, 2009/3/29
By アレン (博多) - レビューをすべて見るレビュー対象商品: 家のない少女たち 10代家出少女18人の壮絶な性と生 (単行本)
 現代社会の暗部を照らし出す良作です。
時に奔放に、時にスキャンダラスに見える援交少女たちの青春の陰に、実は家庭崩壊があり、肉親による性的暴行を含む家庭内暴力があり、彼女たちを蝕み搾取するドラッグや闇の組織があることを明らかにしています。
 最近の生まれたときから不況だった世代はどうだか分かりませんが、日本経済の絶頂期を多少とも知っている世代は、どうしてもこういう若者たちに対して「甘えなんじゃないか」とか「親の教育が悪い」とか「自己判断=自己責任じゃないか」とか考えがちで、
豊かで選択肢がありすぎるが故の逸脱だと考えてしまいがちです。メディアの報道のせいもありますが、90年代の援交容認の社会学者の論調の悪影響もあるかもしれません。
 しかし、用意された理論に現実を当てはめるのではなく、当事者の事情を生い立ちからこと細かく聞きだし明らかにするのが、こうしたルポライターの仕事のいいところで、中産階級的道徳観から他人を裁断するのでは現実を見失うことを示しています。
 この書物によると現実の問題は、絶対的貧困や福祉の無策にあることは明らかであり、彼女たちはその犠牲者にすぎないことが示されています。
 すなわち、第一義的には両親の離婚や、それに伴う貧困、養育能力の無い親のアルコール依存等、家庭的不遇の犠牲者であり、次にそれらをサポートすべき国家の福祉政策の絶対的貧困の犠牲者なのです。
 これらの現実を目の当たりにして、私たちは、自らの相対的に恵まれた環境、自足的な道徳観・倫理観に踏ん反り返り、無力で無垢な犠牲者を放置して、沈黙を貪ることは最早許されないのではないでしょうか?


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 13:10:26.62 ID:zVGyKHo/0
>>204一部削除
や、LED


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 13:11:03.36 ID:zVGyKHo/0
>>220
アラブカルトでは、強姦は名誉や正義や文化のようです。
アラブには強姦が犯罪だとか、強姦などの犯罪を処罰するという意思も概念自体もないようです。
アラブへの偏見や差別を改めて、まともな世界はアラブという犯罪民族による民族犯罪の重大かつ深刻な危険性を十分に認識して厳重な処罰などの対応をするべきでしょう。


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 13:12:09.38 ID:zVGyKHo/0
>>231
アラブには平和がなく、平和を愛するものもいないようです。
アラブには、公正も正義もないようです。


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 13:13:43.38 ID:zVGyKHo/0
たとえ、犯罪が犯罪として処罰される国であっても、実際には、犯罪が起きているようです。
性は悲惨な暴行になる場合があり、弱者が苦しんでいるようです。
たとえ結婚していたり、愛があると思っていたり、愛だと思っていても、性は身体に関係するので、暴行にもなり得るものであり、深刻に苦しむ人々もいるそうです。
プライドやごまかしや悔しさやある種の倫理観などの混乱などで、やり直しや、離婚などが難しくなりうる場合もありうるのかもしれません。(不明)
まともな価値観や、まともな愛を大事にして、暴行をやめることが大事です。改めたり、場合によっては、離婚などをするべきなのでしょう。

それだけでなく、闇社会や、悪意があって、ごまかしやたかりなどで、食い物にしたり、犯罪をする場合もあるようです。
問題は、政治家や官僚の腐敗や、不合理な格差拡大ではありません。
社会の格差を緩和したり解消しても、制度を変えても、離婚や離婚に伴う貧困、養育能力のない親や、アルコール依存などの問題の解決にはなりません。
また、本人にも解決するべき問題もある場合もありうるのかもしれません(不明)。いずれにせよ、まともな価値観を大事にして、ある程度の自衛の意思や力を身につけるために、心身を鍛えることも必要になるのでしょう。(不明)
いずれにせよ、まともな価値観による価値判断や、犯罪の処罰や、ある程度の実力が必要になるでしょう。
朝日新聞や左翼などの凶悪犯罪者が人権や権利を悪用して侵略や犯罪を押し通して、執拗に犯罪者を擁護しておこぼれをせしめて食い物にしているために、日本では、価値判断が必要な場面で、価値判断がなされておらず、犯罪が放置される面があるようです。
お金を配っても、犯罪を処罰しなければ、やみ組織の資金源になって、食い物になるだけでしょう。
実際に民主党の一部議員や社民党などのテロリストは、闇組織と共犯関係にあり、犯罪や侵略や核攻撃などを支援しており、日本の自衛や自衛の意思を破壊したり、一部の地域を占拠して反乱してたかったり、資金を流しているようです。
特別な課題に対処するには、まともな価値判断に基づく、特別な対応策が必要になります。
まともな価値観が完全に欠如した、社民党や民主党の一部議員や朝日新聞などの左翼などの凶悪犯罪者の、人々を苦しめ抜いて殺す犯罪や犯罪擁護の価値観を処罰して根絶する必要があります。
通常の制度や福祉などを超えた課題に対しては、特別な実力行使や、特別な対応が必要になるでしょう。



234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 13:16:29.89 ID:zVGyKHo/0
普天間基地の移転につては、移転がなされると借地料が入らなくなるので、ごねている強力な犯罪者がいるようです。
実際に普天間基地が移転して、住民が安全になり、住民が騒音から解放されると、借地料がなくなって、沖縄の悪意の犯罪者の中で大損するものが出るので、犯罪者仲間で助け合ったり、たかりのネタを守るために、基地移転をつぶそうとしているのでしょう。
沖縄の凶悪犯罪者達は、基地移設をつぶすことで、住民を危険にさらして騒音で苦しめてることなど、全く意に介しておらず、たかりのネタを守り、儲けを上げるために、反対しており、たかりとごまかしで、より一層に金をむしりとろうとしているのでしょう。
沖縄の犯罪指導者層は、そもそも、金をむしりとることが目的で、アメリカや中国や北朝鮮などを適当にあしらって、ごまかしとゆすりで超え太ることが目的で、政治だと思っている、行いも内心も完全な犯罪者なのでしょう。

以前から沖縄では、侵略者が常に、あざとく市民に無理難題を突きつけて、目ざとく金をむしりとってきており、一部の住民が、ごまかしとゆすりに加担して、搾取してきたのでしょう。
そして、多くの住民は、以前はずっと、むしりとられる側だったのでしょう。しかし、現在は、他がむしりとられており、おこぼれにさえ預かれるので、信義や正義のために立ち上がることもなく、たかりやごまかしだとわかった上で共犯になっているようです。

犯罪を処罰して根絶する必要があります。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 13:17:50.38 ID:zVGyKHo/0
仮説
小泉改革に際しては、それ以前の小渕内閣での大量の財政政策の効果が少なかったことから、国債発行や公共事業を抑えようとしたといわれているそうです。(実際には減っていないなどの説もあるようです(不明))
そして、財政政策から、金融政策重視に切り替えたといわれているそうです。
財政政策では、過剰な供給に対して足りない需要を補うことを意図して、政府が実際に事業や福祉を行ったり、資金を供給していたのかもしれません。
金融政策では、日銀が国債を買うなどして、銀行の手持ちの資金を増やして金利を下げることを意図していたそうです。日銀が国債を売買すると、銀行の手持ちの国債と現金の比率が変わるようです。
日銀が国債を買うと、銀行の手持ちの国債が減って現金になります。銀行が国債を持っていると利息がつくようですが、現金を持っていても利息がつかないので、貸付などをする必要がでてくるようです。

小泉改革では、銀行をつぶさないように、銀行に資金を注ぎ込んで統合再編成を行っただけでなく、金融政策を行って、銀行の手持ちの現金を増やして、銀行の活動がスムーズになされるように配慮したようです。
小泉改革では、銀行へ大量の資金と現金が注ぎ込まれたということになるようです。
銀行の手元に国債があっても、現金がなければ、実際に使えるお金はなくなるようです。手元に現金がなければ、事業会社に融資をすることもできませんし、損失を償却することもできないようです。
銀行は、大量に注がれた資金と現金によって、不良債権を清算したり、債権を一部放棄したりして、事業会社の問題の解決に取り組んだようです。
事業会社のなかで、見込みのない事業や不要な資産などを処分して、見込みのある事業だけを切り離して、統合したり売却するなどして、できるだけ事業を継続させるようにしたのでしょう。
そして、採算のあわない事業や不良資産を清算するとともに、市場開放や規制緩和などによって、新たな事業が、創出されるように支援したのでしょう。
新自由主義者と言われるものなどの筋書きとしては、市場開放と規制緩和で新規事業の開拓などから行政が引いたり、福祉を所得保障に一元化するなどで、行政機能や能力を小さくすることで、不可逆的に、市場に任せるように誘導しようとしたのかもしれません。
しかし、自由主義では、自由を保障するために、ある程度の福祉などがなされることを想定しているようです。ロックの社会契約論では、個人の能力を超えた課題に、個人の能力を超えた法人格で対処することを想定しているようです。
しかし、市場や自由競争だけでは、産業が発展せず、労働者が苦しみ、環境が破壊され、資本家さえ破滅し、品質も供給も安定せず、壊滅状態になることは、イギリスの産業革命の時点で明らかなことです。
ちなみに、アメリカでは、おそらくなんらかの資質によるなんらかの選択がなされて、鉄鋼にせよ石油にせよ、PCのOSにせよ、ある程度の独占企業に事業経営が集中され、労働条件を守り、過当競争を防ぎ、品質を向上や安定供給や社会貢献などに努めたのでしょう。
ここでは、今のところ、日本のコアは官僚機構などにあり、アメリカのコアは民間部門などにあり、欧州のコアは何らかの団体などにあって、実力を蓄え経験を積んである程度機能しているのだろうと想像しています。


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 13:25:03.84 ID:zVGyKHo/0
仮説。
日本でよく言われる、高橋是清の政策についても金融政策だったという説もあるようです。
まず、銀行が潰れるといううわさが立って、取立て騒ぎが起きたときには、実際に財政出動して事業を行ったり、福祉をしたり、現金をばら撒いたのではなくて、お金を刷って銀行の窓口に積んでおいて、現金があっていつでも引き出せると安心させたそうです。
高橋是清は、野放図な財政政策をしたのではなくて、銀行の手持ち資金を増やしたようです。

そして、日本の財政支出が軍事費などで膨大なものになるなど、資産価値や事業価値や、経営や信用などを無視した、でたらめな財政政策や、社会主義政策などがとられて、戦争に突き進んだのは、高橋是清がいなくなってからという説もあるようです。(不明)



237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 13:31:41.57 ID:zVGyKHo/0
>>232
正義

信義

アラブでは、多くの国々から、女性の地位向上などを約束して、大きな支援を受けながら、信義を踏み潰しても、名誉で正義で文化のようです。


238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 19:08:23.35 ID:zVGyKHo/0
>>233一部削除
不合理な


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 19:13:07.27 ID:zVGyKHo/0
>>235
日本にも、地域や大学や資本系列や血族などによる、ある程度の派閥等があると言われることもあるようですが、経験や実力などを体系的に保存したり、高い倫理や強力な意思をもって一貫して行動して、国家や人々などのコアになっているのではないようです。
日本の財界にも政治に関与したり、有力者になったり、政治家を育成しているものもいるようですが、日本のコアとしては経験や実力や実績や安定性や継続性などが足りないようです。

ちなみに、陰謀論では、なんらかの団体が世界に大きな影響を及ぼしていると言われているようです。
騎士団や、ユダヤ人や、フリーメーソンなどの有力な団体などがあるのかもしれませんし、それらが複合しているのかもしれません。
ちなみに、ユダヤ人については、血筋においても正統な、顔の白くなったユダヤ人が実在しているようです。
ちなみに、クルアーンでは、顔の白くなったものが優遇され、顔の黒いものは裏切り者などとして処罰されるそうです。
イスラム教徒ならば、顔の白くなったものを尊重するでしょうし、非難することなど決してしないでしょう。



240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 19:16:05.15 ID:zVGyKHo/0
アラブでは、アメリカなどの本来のイスラムよりの政策と協調したり、アラブの慣習であるジャーヒリーヤと戦ったり、顔の白いもの

を善として顔の黒いものを邪悪としたムハンマドやクルアーンを支持するとテロなどで悲惨な末路をたどる危険があるようです。
信義に答え、本来のイスラムの意図を実現し、ジャーヒリーヤのアラブを滅ぼして、国や社会や人々をまともにするためにも、大きな努力が必要になることでしょう。
努力して敗北したならば、たとえ敗北したとしても、それなりの支援を受けられる場合もありうるかもしれません。
アラブには名誉がなく犯罪や犯罪者のごまかしやたかりがあるだけですし、日本の一部地域や一部の隣国も同様のようです。
しかし、まともな国では犯罪は犯罪として処罰されますし、自他の悪と戦って悪を押さえ込んで、善を目指す、まともなものの名誉が重んじられているようです。ちなみに、日本も、名誉を重んじる国だそうです。



241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 19:17:58.94 ID:zVGyKHo/0
>>240
アラブには名誉がなく

アラブにはまともなものやイスラム教徒には名誉がなく

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 20:40:10.51 ID:ibRQ+e0N0
>>239一部削除
日本にも、地域や大学や資本系列や血族などによる、ある程度の派閥等があると言われることもあるようですが、経験や実力などを体

系的に保存したり、高い倫理や強力な意思をもって一貫して行動して、国家や人々などのコアになっているのではないようです。
日本の財界にも政治に関与したり、有力者になったり、政治家を育成しているものもいるようですが、日本のコアとしては経験や実力

や実績や安定性や継続性などが足りないようです。


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 20:40:44.50 ID:ibRQ+e0N0
>>235
日本の官僚機構などに対しては、安定性や継続性などといって、経営課題への対処や問題の解決のために世代を超えて経験を蓄え粘り強く努力するのではなく、課題や問題を放置するものがいるなどという批判もあるようです。


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 20:06:07.25 ID:P8cUy7XP0


自身が聞いた情報によると、もうじき中国はバブルがはじけて昔の貧乏な中国に戻るんだぜ
もう経済は破綻してて、取り戻すのは無理なんだそうだな


その世界ではやたら有名な政府関係者筋から聞いた確かな情報だな

まあお前ら頭の良い連中には、今さらなくらいのネタだ、
お前らからすればもう常識的なくらいの知識だろうぜ






245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 21:19:20.52 ID:KYOqsWHn0
左翼は、社会主義政策を突き進んでいるようですが、国家の債務が積み重なれば破綻するでしょう。
左翼は、莫大なバラまきをした分を増税でまかなったり、バラまきをやめるどころか、増税に当たって、さらに、バラまきを増やして国家を破綻させようとしているようです。
左翼は、増税といえば、いくらでも新規にばら撒けると考えているのでしょう。そして社会主義を突き進んで、国が駄目になったら、大喜びで祝って、他のものが立て直せば、また、邪魔をしてたかり、ごまかして壊そうとしているのでしょう。
不況やデフレの状況で、増税をすると、税収が増えずに、ダメージを与える場合もあるそうです。
有意義で合理的で国民性などに見合った福祉のためならば、一時的な混乱があっても、高負担をこなせるのかもしれませんが、日本人の多くは、自立して日々の健全でまじめな努力の積み重ねが少しずつでも報われることを望んでいることでしょう。
いずれにせよ、左翼は、どんどんばら撒いているので、増税しても、均衡せず、合理的にも持続可能にもならないでしょう。
金融政策などで、衝撃を緩和できる可能性もありますが、持続不可能で無意味な福祉のために負担する上に、際限なく福祉が拡大するので、結局は破綻することでしょう。
イギリスでは、かつては、膨大な福祉をして、英国病といわれる、長い不況で苦しんだそうです。
社会主義政策で、不合理で無意味ででたらめな福祉のための負担を強制されたり、国民性を損なったり、自由や自立や、個人の努力や助け合いが否定されれば、お金をもらっても、社会が暗くなって、人々が腐敗して、かえって苦しむことになるでしょう。
そして、結局は、破綻して、国家が壊滅状態になったり、弊害が大きくなってから、大きな改革に取り組んで、苦労することになることでしょう。あるいは、危機感を感じても、左翼に押さえ込まれるので、不安が爆発して戦争などに向かうかもしれません。
かつての日本が、戦争に突き進んだのも、暗い配給生活や、無謀で破滅に至ることが明白な財政支出などの、左翼による、際限のないごまかしやたかりなどの凶悪犯罪から脱するために、破滅を求めた面もあったのかもしれません。(不明)
社会主義のように、自由がなく、配給も滞りがちの刑務所のような奴隷社会を作っても、多くの人々が暗く苦しむだけですし、日本の場合には耐えられずに、暴発する危険もありうるようです。


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 21:52:17.83 ID:6Iu1DQK20
仮説。
小泉改革では、結果として、企業などが抱えていた不良債権を、銀行などを通して、国に付け替えたという面もあるようです。
また、小泉改革以前にも、国はさまざまな景気対策で民間部門に資金を投入していたようです。

銀行については、実質的に倒産させて処分や整理したものを合併と表現していた面もあったのでしょう。銀行員にも失業したものがいたそうです。
企業についても、実際に倒産したり、実質的には倒産に近いものもあったのでしょう。
なお、日本の産業などを牽引する大きな成果を上げた一部の企業は、困難の中でも、大きな努力をして、国を支えたようです。

この期間には、失業したものや、就職できずに苦しんだ世代もいたようです。
しかし、一部の資産家や労働者などは、国から大きな支援を受けて、企業や社会などを支えてもらって、危機を乗り越え、バブルで膨らんだ大きな収入を得たり、資産を膨張させたようです。
一部の日本を牽引したものを除いて、日本企業や資産家の多くは、小泉改革や国からのさまざまな支援がなければ、連鎖倒産などで破綻して、混乱のなかで、大企業の経営層や不動産所有者やその他の労働者なども酷い困難に直面していたでしょう。
困難の中で、大きな成果を上げて、日本を牽引したものについては、それなりの報酬も必要でしょうし、失業などで苦しんだものには支援が執拗かもしれませんが、国から大きな支援を受けたものについては、国に対して果たすべき責務があるでしょう。

国から莫大な支援を受けたり、無謀な投機などの尻拭いしてもらい、会社や社会などを維持してもらいながら、バブルで膨れ上がった報酬や社会保障や資産などを不当に受けたり受け継いだり、資産を増やしたものなどについては、国に恩義があるでしょう。
日本の財政状況は大きな危機にあります。しかし、不景気の中で、増税をすると、景気などへの悪影響が大きく、税収が増えなかったり、かえって税収が減るなどという説もあるようです。
いずれにせよ、国に付け替えた資産を、解消して、日本の経済にふさわしい、バランスシートを作る必要があるでしょう。
バブルの日本では、借金も資産のうちといわれて、信用がある限り借金して投資して、バランスシートを膨らませなければ損だとされたそうです。しかし、実態を超えた借金や資産評価などは、経営や信用などの破綻や、資産の毀損や事業の崩壊をもたらすでしょう。
日本で莫大な資産を蓄えた団塊世代などは、国からの大きな支援を受け会社や社会を維持してもらったり、立て直してもらったり、債務の尻拭いをしてもらっている間に、国や会社や一部の労働者や会社や若者を苦しめ搾取しながら、資産を膨張させていたようです。
かつての日本人は、アジアの開放や、国家の存続を願うなどしてして、多くのものが犠牲を払ったようです。日本や子孫や日本人や人々などの存続を願うならば、自発的に、日本国に対して、遺贈や寄付などをするべきかもしれません。
ちなみに、日本人の一部は、日本が戦争したのはアメリカの陰謀だと執拗に主張しているようですが、自己責任を負わなければ破滅を繰り返しう、自立も独立も出来ないでしょう。


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 21:59:45.58 ID:6Iu1DQK20
アメリカが以前から戦争の準備や警戒をしていたり支援していたという説もあるようですが、現在でも、日本に対して、戦争の準備をして核実験をしたりミサイルを打つ国もあるようです。
また、日本の周辺のいくつかの国は、常に日本を警戒しており、陰謀をめぐらせており、現実に、直接間接の侵略をしているようです。
有力な国は、世界中の国々を警戒して、常に聞きに備えているでしょうし、現実の危険があれば、即座に対応することでしょう。
日本人が、信義を裏切り、無責任な独善に突き進むならば、警戒の対象になり、場合によっては、早期のうちに、何らかの攻撃の対象にもなりうることでしょう。
日本は、奇襲攻撃をした国といわれているようですが、伝統的で正式な手続きを踏んで自分から戦争を仕掛けながら、他国の責任にするのでは、独立も自立も何もかも不可能で、滅ぶほかにないでしょう。
10年に一度戦争をする強力な国を警戒して、軍事的な抑止を講じたり、対策をするのは当然です。戦争をするかしないかとは、全く別の問題です。
日本が植民地の解放を求めていたのなら、平和的で現実的な解決策を模索するべきだったのでしょう。
一部の危険な隣国に対して、単独で、対応できると考えるのは危険な間違いであり、価値観を共有するものとの協力が不可欠だったはずです。
歴史を見ても明らかですが、もしも、日本方式で、東洋を金だし貸した場合には、日本は破綻して逆に征服されて、混沌に飲み込まれて、実力も発揮できずに、まとまることも、身動きもとれずに、完全に変質して消滅していたことでしょう。
結局は、自由も自立もできずに、腐敗の中で、文明を失ったことでしょう。日本のテレビで明らかですが共産党員や政治屋などが少し混じるだけで、事実さえゆがめられ、議論も成立せず、番組自体が破壊されます。日本も破滅し、アジアから自由や独立は消えていたでしょう。
日本の一部の陰謀論は、日本の独立や歴史や意思を根源から破壊し、伝統的な表現方法そのものも無意味となるでしょう。
間違いにせよ、正しいにせよ、伝統的な方法による意思表示を無視した、歴史解釈は、伝統そのものを破壊するでしょう。間違いであったとしても事実を認めた上で改める必要があります。
日本の官僚機構は、小泉改革で、自己責任を求めており、バブルなどで、無謀な投資をしないように戒めているようです。経済でも政治でも、自己責任が、独立や自立などの前提になります。

日本は世界の多くの国々に貢献し、文化や文明の更新に貢献し、人間としての信義を守った上で日本の伝統を大事にして、有意義な成果を上げている国のようです。
資産を蓄えてきた団塊世代などは、国の支援や肩代わりなどによって、会社や社会を保ち、資産を蓄えてきた面もあることを認めて、自由を守るためにも、極端な税制度などによらずに、自発的な寄付などで、不合理な富や国の負債を清算するべきかもしれません。
また、左翼に対しては、何らかの処罰が必要でしょう。


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 22:04:31.49 ID:6Iu1DQK20
>>246
国に付け替えた資産を、

国に付け替えた借金を、



249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 22:04:42.54 ID:6Iu1DQK20
一部の人種差別的な日本人は激しく白人を差別して、信義を踏み潰し、陰謀で貶めているようです。
一部の人種差別的な日本人には、一部の白人などの人種差別(不明)を非難する資格があるのでしょうか。


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 22:11:32.36 ID:6Iu1DQK20
>>247
金だし貸

近代化



251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 08:56:11.59 ID:VIidMjO+0
>>247
日本は、戦争を回避するために最善を尽くしたというものもいるようですが、反米の共産主義者に、和平を委託した時点で、悪意と思われても仕方がないでしょう。
少なくとも、今後は、左翼を立てる時点で、侵略や反乱やたかりやごまかしや犯罪などの悪意があるとみなされて、なんらかの処罰や鎮圧などの対応の対象になるでしょう。
近衛文麿が、反欧米だったことは、日本人なら当然に知っていたことでしょうし、当然ですが、日本人の一部の世代などが深刻に警戒していただけでなく、世界の警戒の対象となっていたでしょう。
反欧米の首相の下で、戦線を拡大する、強力な軍事国家に対して、なんらかの対応をするのは当然です。
強盗や殺人犯や奴隷商人などの集まりである共産党に統治を任せれば、人々が苦しんで殺されるのは自明のことです。
共産党員が、事実をゆがめ、犯罪を押し通し、交渉どころか、対話さえ成立しないのは、日本人の多くが知っていることでしょう。
そして、当然ですが、軍事の専門家は常に、軍事的な対応を考えており、政治家は考慮に入れていたことでしょう。
反米のでたらめな指導者の下で軍事行動をとる軍事国家に、軍事的な解決を望むものがいたとしても当然でしょう。


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 08:56:54.85 ID:VIidMjO+0
>>247
奇襲については、相手方から見れば結果として奇襲です。
また、日本人の多くも奇襲されたように驚いたというような説もあるそうです。
しかし、ここでは、奇襲かどうかではなく、正式な手続きを踏んで、伝統的な方式に基づいて意思表示されたことを重視しています。
そして、親欧米の天皇や多くの日本人の信義や努力を貶め踏み潰す、左翼や独善などの根強い強力な反米勢力があり、対米戦争への意思と決意があり、陰謀などの、悪意があったことを問題にしており、対策を求めています。
日本人ならば、まずは、どのようにして日本国内の意思決定や同意形成がなされたのか、独善を戒め、人種差別をせずに人としての信義を重んじて、近衛文麿や、毎日新聞や朝日新聞などの、反米左翼の動きなどの問題と解決に取り組むべきでしょう。



253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 21:13:46.51 ID:TLhCuIGG0
>>252一部削除
奇襲されたように



254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 21:14:06.82 ID:TLhCuIGG0
日本には、毎日新聞や朝日新聞や左翼政治家や、独善などの、強力で巨大で大勢の情熱的な反米勢力があります。日本の反米勢力は、多くの日本人の信義や誠実や貢献や努力などを踏み潰し、偏見や差別をあおって、日本を苦しめて殺し、破滅に突き進んでいます。
戦前も戦後も、左翼の反米や、反自由、反自立、反独立などは、全く揺らいでいません。
敗戦革命は、実際に戦争を起こして敗戦させる場合もあれば、平和主義を悪用して自衛力や自衛の意思を粉砕して敗戦させる場合もあるそうです。
日本の反米は、戦争や戦争被害によるものではなく、戦前からあります。日本には、自由などの価値を貶めて、あらゆる犯罪者を擁護し、犯罪者に加担し、因習で殺しあったり、人道に外れた非道を行うことを求めて激しく活動する犯罪者が実在しています。
日本人は、毎日新聞や朝日新聞や左翼政治家などの凶悪犯罪者の存在や独善などの問題を認めて、処罰などの対処をする必要があります。



255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 22:35:09.11 ID:Hp354COl0
日本では、アメリカから攻撃されなかったのに宣戦布告して戦争しても、国民の多くが戦争が始まったことを後から知らされても、政治的にも特に問題にならずに、多くの日本人に受け入れられたようです。(不明)
アメリカが日本を戦争に追い込んで、喜んで戦争を始めたという一部の日本人の主張が正しいとするならば、平和を求めていたアメリカ人に対して、戦争を求める指導者が、当時のアメリカの国内の政治問題を克服できなかったということになるのでしょう。
実際に、日本と戦争をしたアメリカの指導者は、一部から大きな非難を受けたようです。
このような非難は、アメリカ人は平和を求めているので、宣戦布告の暗号の解読や艦隊の移動程度のことでは軍事的な対処を了解せず、奇襲攻撃で大きな損害を受けるなどしなければ、戦争を望まないことを当然の前提としたもののようです。(不明)
軍事的な脅威に対して、警戒して調査したり、自衛手段を講じたり、対応策を検討するのは、当然のことでしょう。真珠湾攻撃を事前に察知していたという説があるようですが、確証の持てる証拠あれば、自衛手段を取っても全く問題がないでしょう。
戦争が起きる可能性に対処しなかったり(不明)、確証などをもてずに対処できなかった(不明)などの可能性と、宣戦布告や戦争とは全く意味が全く違います。
日本との戦争を望み、日本軍の動向を把握していたアメリカ人がいるならば、証拠などを示して説得して、アメリカ人の同意を得て、事前に日本の攻撃に対処すれば、より被害が少くなり、戦力や戦意を砕いて、より早く安全に対処できたことでしょう

日本にとっての問題は、反近代や反自由や独善などを求めるものや、あらゆる犯罪者や犯罪を擁護して、犯罪の共犯となり、情熱的に犯罪に取り組む左翼などの凶悪犯罪者などが、確固たる大きな勢力を持って、現実に、戦前も戦後も激しく活動していることです。
敗戦革命は、実際に戦争を起こして敗戦させる場合もあれば、自衛力や自衛の意思を粉砕して敗戦させる場合もあるそうですが、現実に、生命や地域や国家滅亡の危機に際して、人々を殺し、殺戮を招き、国を滅ぼすために活動する凶悪犯罪者が受け入れられています。

日本は、日本の犯罪者を処罰しない限り、同じ過ちを繰り返して、滅ぶほかにないでしょう。



256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 22:39:26.35 ID:Hp354COl0
日本の一部地域では、長期間にわたって反乱が起きているようです。
左翼などの犯罪者とは、事実の確認さえできず、対話も交渉も成立しません。
左翼などの犯罪者に対しては、なんらかの実力で対処するほかに方法はありません。

軍事力や警察力などのなんらかの実力を導入して攻撃して、反乱を鎮圧する必要があります。
放送や社会運動なども有効でしょうし、反乱しているものなどの信義や公正に反する事実を指摘して処罰するべきでしょう。




257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 22:40:11.81 ID:Hp354COl0
まともなものでも、問題があれば問題を認めて改める必要があります。
しかし、現実には、正当防衛や緊急避難などの場合もありえます。

まともなものが、危険な状況で、正当防衛や緊急避難など自体を否定してしまえば、自衛ができなくなって、破滅することになるでしょう。
このため、キリスト教では、まともなものは、神などに罪を告白して、謝罪して、悔い改めているそうです。
おそらく、仏教では、まともなものは、内省をして、執着などの問題を検証して克服して、公平な判断をしたり善行に勤めているのでしょう。




258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 20:39:21.19 ID:EY3odXlw0
近衛文麿や毎日新聞や朝日新聞等の左翼や、反文明や反自由などの腹黒い人種差別主義者の独善が、国際協調や公正や信義を重んじ人類の文明の進歩に現実に貢献した多くの日本人や、親欧米の天皇や日本を対米戦争に追い込んで破滅させたのが歴史の事実です。
左翼や独善などは、多くの日本人とは全く性質も行動も異なっており、論文や新聞などで偏見や人種差別などを公言して、非難や罵倒のためなら犯罪者やテロリストを擁護して共犯や主犯になるようです。
現在の日本においても、左翼政治家や毎日新聞や朝日新聞等の左翼は、確固たる強力な勢力を誇っており、富や報道などの力を独占して、世界の凶悪犯罪者やテロリストなどと組んで反米闘争を繰り返しており、偏見やでたらめで日本人にアメリカを憎ませています。
そして、反文明や反自由などの腹黒い人種差別主義者の独善は、執拗に、日本人に憎悪や人種差別を植え付け、日本を監視対象にし、脅威として対応させて、日本とアメリカを戦争に追い込んで、日本を根底から破壊して滅ぼすために、日々情熱的に活動しています。
どの国でも、偏見や人種差別などで人心を掌握して脅威になりうる勢力があれば、当該勢力を監視して、影響や動向を把握して、支持者などを集めて現実の脅威になりうるならば、当該団体だけでなく、人々や国などにも、なんらかの対処に努めることでしょう。

多くの日本人は、国際協調主義を採り、平和を重んじ、人類の進歩に遅れないように努力して貢献して、忍耐をして誠実に振舞っているようですが、一部の左翼や独善に踏み潰されて、激しく攻撃され罵倒されて、破滅に追い込まれようとしています。
一部の日本人は、善を目指して努力したり、善を求めること自体に反対して悪を激しく求めており、一部の日本人は、誰もが腹黒い犯罪者であり、日本も腹黒い犯罪者にして滅ぼさなければ気がすまないようです。
一部の日本人は、努力や誠実さや信義を認めることもなく、認めさせないために激しく独善を突き進み、攻撃するようです。



259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 20:43:02.19 ID:EY3odXlw0
>>258
誰もが腹黒い犯罪者であり、

誰もが腹黒い犯罪者であるとして、問題だけを取り上げて、改心や善行などを無視して罵倒するなどして、激しい人種差別や憎悪を植え付け

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 20:45:53.18 ID:EY3odXlw0
一部の政治家は、伝統を重んじるように装って、裏切って、伝統を滅ぼすために、激しく攻撃しているようです。
正しいのであれ、間違っているのであれ、現実に起きる可能性のあるさまざまな可能性のうちの一つを、根源から否定して攻撃することは、そのような可能性が現実に起きた場合に、それらの罵倒が現実の伝統を攻撃して致命的な破壊をもたらすことでしょう。
また、日本には、伝統的な方法で示された民族の意思を踏み潰して、人類の進歩に貢献した多くの日本人の努力や親欧米の伝統の意思を踏み潰すのが、当然だという歴史観を立てて、憎悪を植え付け、反日の民族絶滅戦争を繰り返そうとするものがいるようです。
また、一部の政治家は、伝統に関係して結婚の自由そのものを否定しているようですが、伝統であれなんであれ、人道を踏み外せば、世界の尊敬を得ることはできませんし、人道について混乱がおきたり、おそらく、何らかの形で、反人道として滅ぼされる可能性が高いでしょう。


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 21:52:37.94 ID:iFhmtu9a0
>>256
善を求めるものは、ごまかしやゆすりなどの邪悪な犯罪を処罰する必要があります。

>>257一部追加
仮説


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 21:53:00.61 ID:iFhmtu9a0
仮説
バブル崩壊後に、多くの日本企業は、不良債権の返済のために苦労したようです。
不良債権がなければ、公正な利益を上げながら成長できたのでしょうが、債務奴隷として働くことになっていたようです。
不良債権の解消は、事業経営や信用においても、働くものの意識の上でも、重要な課題になるようです。

不合理な債権や債務がたまれば、労働によらない富を得るものや債務奴隷が出現し、多くのものが、債務を返済するために働くことにもなりかねないでしょう。
そして、国に債務がたまりすぎると、国が必要な政策を実現しにくくなることでしょう。
(民間部門にコアがある場合には、コアの事業用資産を尊重する必要があります。)

歴史を振り返ると、失業によって、不安や不満がたまり、左翼や独善などが、あおったり、暴動を起こすなどして、戦争がおきた面もあったようです。
邪悪が勝てば、文明や人権や自由や文化などが失われ、人類は因習や犯罪の中で滅ぶことになるでしょう。また、戦争の形態によっては致命的な破滅をもたらす可能性もありうるようです。
まともなものが勝てば、犯罪者の処罰や、改心が可能なものの復興を支援して、負担することになることでしょう。

100点をとったものから見れば、他の全てのものが何らかの間違いをしていることになります。
独善のものが、正しいからと主張して、でたらめをすれば、犯罪者です。
もともと善を目指さない犯罪者は、処罰の対象です。
共に善を目指すもの同士ならば、間違いを非難するのではなく、助け合い、改めるように努めることでしょう。
戦争によらずに、犯罪者を処罰して、まともなものが助け合うべきでしょう。

戦争によって、死んだり、壊滅状態になるなどして、うやく地道に働いて復興したり、支援するのか、不合理な債権や債務を清算して、損に見えても、身の丈にあった経済に立ち返り、債務奴隷でない自由な未来を開いて、地道にやり直すのかが、分かれ道なのかもしれません。
左翼は、悪意で人々の自由や自立を打ち砕き、債務奴隷にして、ごまかし、ゆすり、苦しめ抜いて殺すようです。


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 22:01:07.94 ID:iFhmtu9a0
>>262
になるなどして、うやく

になったり、繁文名などで破滅したり、インフレなどで債権債務を通貨ごと破壊するなどして、ようやく立ち返って


債務奴隷に落として、独裁や人権蹂躙や、殺戮や、非道やでたらめなどの犯罪をするのは、左翼などの犯罪者の常套手段のようです。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 22:02:35.24 ID:iFhmtu9a0
>>263
繁文名

反文明や反自由

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 22:07:49.63 ID:LWlEdTop0
日本の年金については、世帯や個人などで、なんらかの支給上限を定めるべきだという意見があるようです


性は暴力になりかねないものだそうです。若い女性などが苦しんで悲惨な人生を送れば、世代を超えた問題が起きる危険もありえます。
性が暴行になりうるものだということを認識して、暴行を防いで、心身や人格や愛などを尊重する必要があります。
聖書を尊重するものは、聖書のなかで、救いを求めている者たちの問題解決についても、努力するべきでしょう。



266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 22:12:24.73 ID:LWlEdTop0
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111206/asi11120621160000-n1.htm
シーア派を狙ったテロか アフガンで30人以上が死亡
2011.12.6 21:14

 6日、アフガニスタンの首都カブールで起きた自爆テロの現場で警戒に当たる警官(ロイター=共同)
 アフガニスタンで6日、イスラム教シーア派信者を狙ったとみられる爆発テロが相次いで発生、首都カブールでは、シーア派のモスク(イスラム教礼拝所)で自爆テロによる爆発があった。
地元警察によると、カブールの爆発で少なくとも30人が死亡、60人以上が負傷した。続いて、北部バルフ州の州都マザリシャリフでも、シーア派モスクの近くで爆発があり、4人が死亡、多数が負傷した。
南部カンダハル州でも爆発があった。この日は「アシュラ」と呼ばれる宗教行事にあたり、多数のシーア派信徒がモスクに集まっていた。(カブール 田北真樹子)





>>240一部削除
努力して敗北したならば、たとえ敗北したとしても、それなりの支援を受けられる場合もありうるかもしれません。


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 23:40:01.77 ID:LWlEdTop0
多くの国々がアフガン人の邪悪と戦いましたが、アフガン人の人道支援や自立支援は決定的に敗北しました。
また、エジプトやカルタゴなどのアラブの植民地などでも次々と、部族間抗争をし、ジャーヒリーヤのアラブのために戦う、アラブが勝利しています。
アフガン人やアラブは、強姦殺人や女性への脅迫や暴行などの邪悪な犯罪が正義や名誉や文化とする邪悪な犯罪民族です。
多くの国では、強姦殺人や女性への脅迫や暴行などの邪悪は犯罪とされており、処罰されることになっています。
犯罪者であれ、犯罪集団であれ、犯罪カルトであれ、犯罪民族であれ、犯罪国などであれ、犯罪を処罰する必要があります。
アフガン人やアラブは、強姦殺人や女性への脅迫や暴行などの邪悪な民族犯罪ために、激しく戦って、人道主義や自立支援と戦って勝ちました。
アフガン人やアラブは犯罪民族であり、民族犯罪のために戦って勝利しました。アフガン人やアラブには民族の問題として自ら犯罪と戦うまともなものが存在しませんでした。アフガン人やアラブは人道や自立を求めず、植民地を解放せず、人道や自立の資格がありません。
アフガン人やアラブが民族犯罪のために戦って、世界の国々の強力な実力や人道や自立や植民地解放の支援をしてさえも、人道主義や自立が敗北したことは、アフガン人やアラブには決して人道主義や自立が成立せず、植民地を解放しないことを意味しています。
アフガン人やアラブの民族犯罪は、アフガン人やアラブの伝統的な掟だとされているので、アフガン人やアラブは歴史的にずっと犯罪民族だったのでしょう。(不明)
いずれにしても、アフガン人やアラブは、アフガン人やアラブの掟である強姦殺人や女性への脅迫や暴行などの邪悪な犯罪のために人道支援や自立支援と戦って勝利した、民族犯罪肯定の悪意の犯罪民族であり、世界の刑事犯罪民族です。
犯罪者であれ、犯罪集団であれ、犯罪カルトであれ、犯罪民族であれ、犯罪国などであれ、犯罪を処罰して滅ぼす必要があります。


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 23:43:31.08 ID:LWlEdTop0
>>267一部訂正
人道主義や自立が敗北したことは、

人道主義や自立や植民地解放が敗北したことは、

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 23:46:13.49 ID:LWlEdTop0
>>267一部訂正
や植民地解放の支援をしてさえも

を支援し、率先して植民地を解放してさえも

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 23:47:09.99 ID:LWlEdTop0
イスラム教では、ジャーヒリーヤのアラブや部族間抗争などは、滅ぼすべき邪悪とされています。
聖書にも、良い実を結ばない木は切り取られて焼かれるなどということが書いてあるようです。


人道や正義などを求めて、犯罪と戦うものが、民族犯罪と戦って、犯罪民族を処罰して滅ぼして、まともな人々が住む土地を開拓して、人類のまともな文明や文化を築く必要があります。
民族を問わずに正義や人道などを求めるものが、未開の無法地帯を開拓して、結果として、何らかの形での国を形成するべきかもしれません。
あるいは、植民地は本来は問題ですが、例外的に単独や複数などで入植をして、期間を定めるなどして、ある程度の植民地支配をして、いずれは入植者による独立国家を築くべきかもしれません。
あるいは犯罪者や犯罪民族などの処罰先としての移民国を築くべきかもしれません。(不明)
いずれにせよ、まともなものが、犯罪民族と戦って、犯罪民族を処罰して滅ぼす必要があります。犯罪者や犯罪民族などの権利は大幅に制約されますし、場合によっては滅ぼされます。土地などの資源を、まともなものが受け継ぐ必要があります。



271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 23:55:29.53 ID:LWlEdTop0
一部の国では、安定や安全を求める国や、間違った国などが、それぞれが競うように大きな負担をして人道や自立などのために膨大な支援をしたようですが、かつては、独立や人道支援の方法などをめぐって、互いにけん制しあったり争いあっていたようです。(不明)
一部の国では、独立や治安や人道支援などのために力を注ぎすぎて国が傾いて、崩壊の原因の一つになったとさえも言われているようです。また、一部の国では財政が傾き、多くの人々が努力しても人道や自立がなされずに苦しんで激しく失望したようです。(不明)
実力を下げすぎたために、被害が増えているという説もあるのかもしれませんが(不明)、これ以上の負担は不可能です。いずれにせよ、強姦殺人や女性への脅迫や暴行などの邪悪な犯罪を悪と認めて、犯罪と戦う国々による、なんらかの協力が必要でしょう。
また、左翼や犯罪者などによる犯罪支援や犯罪擁護などの犯罪を処罰する必要があります。

冷戦時代の西側と東側の争いの時代に、一部の日本人は、第二次世界大戦でアメリカは、日本などと組んで左翼の国々と対峙するべきだったと考えたり、一部の指導者は左翼だったと考えたりしているようです。しかし、そもそも、日本の指導者が左翼でした。
独善と左翼のどちらと先に戦うべきだったのかは不明です。しかし、そもそも日本は左翼に支配されており、ナチスなども左翼だったそうです。いずれにせよ、左翼による激しい策略が働いているという面もあったのでしょう。
いずれにせよ、もはや独善も左翼も崩壊して滅びました。冷戦時代に戦った国々は、それぞれ自由主義や資本主義などの価値や意義を認めた上で、危険性を認識して、それぞれが危険に対処しながら健全な成果を上げようと努力しているようです。
対応策としては、倫理の高い選別された団体などがそれぞれの分野で影響力を発揮したり、倫理が高くおそらくなんらかの形で選別されたものなどが民間で実力を蓄えたり、官僚機構などを育てたり、それぞれ中心的なものを育てたり、組み合わせて制御しているのでしょう。


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 00:01:49.02 ID:ni8BIdwS0
いずれにせよ、西側や東側などに分かれるなどして争った国々などは、強姦殺人や女性への脅迫や暴行などの邪悪が犯罪であり、処罰が必要であることについては、意見の食い違いはないようです。
現在、一部の地域では、犯罪民族の民族犯罪の邪悪が決定的に勝利しており、世界最強とわれる国の軍事力などをもってしても、独立や人道支援や植民地解放などは決定的に敗北しました。
もはや、一部の地域での、独立支援や人道支援や植民地解放などは不可能であり、まともな独立や人道を求めるものもいないので、独立や人道の確立も植民地解放なども不可能です。
これまでのように多くの国々が、互いに非難したり、争ったりせずに、それぞれの国内の左翼などの犯罪者による犯罪擁護や共犯を処罰して、人道や正義などのために必要な協力するなどをするべきでしょう。
これまでは、自由主義による秩序がなく、無秩序が支配しており、一部の犯罪民族の民族犯罪が野放しになっていたようです。自由主義による秩序が成立すれば、当然ですが、犯罪者が処罰されることになります。
おそらく、本来は、聖書に書かれた、まともなユダヤ人の苦難などを認めないものや共犯者などには、民族に対する尊重や保護などが及ばないことになっており、なんらかの計画によって、保存されてきた無神論者などの犯罪者が、解き放たれているのかもしれません(不明)。
いずれにせよ、強姦殺人や女性への脅迫や暴行などの邪悪な民族犯罪のために、人道支援や独立支援や植民地解放などと戦って、決定的に勝利した犯罪民族の側に立ったり、犯罪を擁護したり、犯罪を支援するものなどは、犯罪民族の共同正犯であり、致命的な犯罪者です。



273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 00:02:30.39 ID:ni8BIdwS0
ちなみにペルシャ人は、アラブの植民地の中でも、文化的優位などを活かして邪悪なアラブの文明化を試みたり、ジャーヒリーヤのアラブから、ある程度の自立を確保して、比較的女性を大事にする傾向などを保っていたというような説もあるそうです。(不明)
しかし、ペテンで残虐なアラブの植民地支配の下で、ペルシャ人が様々な策略で戦って守ってきた伝統や文化が、近年になって、ペルシャと無関係のアラブカルトや、イルミナティのユダヤ人工作員?の支配下で、致命的な破壊と滅亡に向かっているようです。
ペルシャは、民族の中枢を絶対的無神論のアラブカルトや工作員などに占拠されて、歴史上かつてない、アラブからの致命的な攻撃を受けており、破滅的にアラブ化が進んでおり、アラブが繁殖して、ペルシャ人やペルシャ文化が根こそぎ滅亡しつつあるようです。
ペルシャは、ペテンで残虐なアラブが、アラブの植民地を守るための、捨石にされており、なんらかの陰謀の手段にされているようです。(不明)
本来のペルシャよりの人道や自由を重んじるアメリカは、アラブの植民地支配からの独立や人道を支援してペルシャを助けて来たようです。そして、かつてペルシャ人の手で解放した、イスラエルは、今でも本来のペルシャに対する感謝や恩義を忘れていないことでしょう。
しかし、ペルシャは、ペテンで残虐なアラブによって、アラブカルトや工作員などによるペルシャ文明やペルシャ人の殲滅体制を守るのために、本来のペルシャよりのアメリカやイスラエルなどの国々と無理やりに戦わされて、滅ぼうとしているようです。


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 00:03:01.11 ID:ni8BIdwS0
一部の日本人は、中東の動向に注目しており、いずれは、中東の時代が来るかもしれないなどと主張しているようです。
日本人が注目している中東とは、おそらくは、ペルシャの細密画や優れた建築などで証明されている、高度な文明を築き、きわめて古い歴史を持ったペルシャ人によるペルシャ文明のことなのかもしれません。
日本人は、いずれは、ペルシャ人が、アラブの植民地支配から抜け出して独立して、きわめて古い歴史を持ち、高度な文明を築き、自由や人道を尊重していたかつてのペルシャ人の国民国家を取り戻すと考えて、支援したり、敬意を示したりしているのでしょう。
イギリスなどの西欧人は、既に世界の植民地を解放しており、独立や人道を支援しています。また、そもそも西欧人がペルシャに関与した期間は比較的短いそうです。
しかも、人道や自立を尊重する本来のペルシャよりのアメリカなどの国々は、ペルシャ人の独立や人道支援していたようです。そして、ペテンで残虐なアラブに滅ぼされるまでの僅かな間は、ペルシャ人は本来のペルシャ民族の民族国家として立ち上がっていたそうです。
多くの人々が、いずれは、西欧が植民地支配をやめたように、アラブも悲惨で過酷な植民地支配をやめるだろうと考えているのかもしれません。
そして、多くの国々が、反イスラムの邪悪な因習に従う歴史の浅いアラブ人から、ペルシャ人などが独立して人道を取り戻すように支援してきたようです。
一部の日本人は、ペルシャ文明だけでなく、ビザンチン文明や、エジプト文明や、カルタゴなどが、アラブの植民地支配から独立して、民族国家として、立ち上がって、自由や人道などを尊重する国々の仲間ことなどを願って、支援しているのかもしれません。



275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 00:07:42.93 ID:ni8BIdwS0
>>270一部訂正
あるいは犯罪者や犯罪民族などの処罰先としての移民国を築くべきかもしれません。(不明)

あるいは軽犯罪者や軽犯罪民族などの処罰先としての移民国を築くべきかもしれません。(不明)


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 00:21:17.93 ID:+apuDKV80
ムハンマドやクルアーンはアラブによって踏み潰され、イスラムは敗北して、アラブの本拠地やアラブの植民地では、部族間抗争やアラブのジャーヒリーヤのための闘争が勝利したようです。

ところで、神は一つです。
あらゆる国や民族や人々などが、聖書を知っており、まともなものは、なんらかの形で、聖書を尊重しており、ユダヤ人の神と同じ一つの神を信じていることを自覚していることでしょう。
中東などでは、絶対的無神論者で多神教徒の邪悪なアラブが勝利しており、アラブの本拠地やアラブの植民地などには平和がなく、ジャーヒリーヤのアラブを実現するために戦ったり、部族間抗争で戦っています。
しかし、イスラム以外には、勝利を得るために努力しているものもあるようです。
部族間抗争にふけるジャーヒリーヤのアラブを滅ぼして、クルアーンを削除して、代わりに、見込みのあるものを生かす必要があります。

ちなみに、アラブでは、アラブカルトを棄教すると死刑だそうです。また、アラブカルトでは、アラブには預言者が来ないそうです。クルアーンやムハンマドを踏み潰したアラブには、もはや、いかなる救いもありません。
そもそも、地獄は地上ではなく、地下にあるものなのかもしれません(不明)。
アラブを滅ぼして、クルアーンを削除して、別のまともなものが、地上の土地などを受け継ぐ必要があります。
アブラハムの時代に既に、アラブが絶対的無心論であり、血筋においても伝統などにおいても、神と無縁の孤児であることが確認されており、滅亡が定められていたようです。
そして、アラブは、慈悲深いムハンマドやクルアーンを無視して踏み潰して、多神教徒になり、絶対的無神論者となり、部族間抗争で戦い、ジャーヒリーヤのアラブのために、ペテンや残虐などで戦っています。

アラブを断ち切って焼き捨てて滅ぼして、代わりに、まともなものが健全にまともに生きる必要があります。




277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:52:08.57 ID:ni8BIdwS0
人間として本物の愛を得て、人間としての健全でまともな幸福を実現するためには内省や自立や働きなどの努力が必要です。
愛のためには内省して自分自身を知る必要があります。たとえ本当と出会っても、自分自身を知って、心を鍛えなければ、惑わされたり、反発して、好きにもなれないでしょう。自然の愛でこそ様々な内省などの努力が必要になることでしょう。
そして、愛を実現して、幸福になるには、心の安定や、大変な努力が必要になることでしょう。
そして、愛を実現することは、働いて暮らしを立てたり、環境などを良くしたり、生命がよりよく生きるために必要な根源的なエネルギーにもなるのでしょう。


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:52:36.53 ID:ni8BIdwS0
愛を粗末に扱うことは、生命を根源から否定することになります。
強姦や暴力や脅迫などによる生殖は、愛の否定ですし、暮らしが壊れ、仕事も無意味となり、世代を超えた酷い不幸や致命的な問題となりかねず、そもそも自然の選択が働かず、努力や向上心がなくなるうえに、より劣悪なものがはびこることにもなるのでしょう。


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:54:43.24 ID:ni8BIdwS0
イスラム教で天国に入るには、顔が白くなることが必要なのだそうです。イスラムの信仰があるならば、結婚はともかく、少なくとも子供を残すのは、顔の白い男だけになるのでしょう。
イスラム教では、複数の女性と結婚できるという説があるそうですが(不明)、人為淘汰によって、顔が白くなるために必要だと考えたのかもしれません(不明)。
いずれにせよ、古代から遺伝的な問題を指摘されてきたアラブが滅びて、人為淘汰が終了すれば、複数の女性と結婚する必要はなかったのでしょう。
イスラムの天国のためには、まずは、遺伝的な問題があるものを、人為淘汰などで滅ぼすことが前提になっていたのでしょう。
また、ジハードで、ジャーヒリーヤのアラブを根絶し、部族間抗争を根絶し、孤児でも生きていけるような社会の構築が求められていたようです。

イスラムの天国のためには、最後の審判の時点で、アラブが滅びて顔が白くなっており、ジャーヒリーヤのアラブが滅び、部族間抗争がなくなって平和が実現しており、孤児などの弱者を支援し、クルアーンの残虐な部分や全部が削除されていることが必要だったのでしょう。

そして、当然ですが、宗教にかかわらず、最後の審判において、左翼などの凶悪犯罪者が処罰されることになります。
そして、宗教にかかわらず、経験の少ない若者などの弱者については、孤独や惨めさや不安などに打ちのめされたり、犯罪などの危険にさらされたり、道を踏み外すことがないように、必要な支援などを得て、健全な経験を積んで自立できるようにするべきでしょう。
そして、宗教にかかわらず、飲酒などは、酔いすぎたり、中毒になったり、健康などを害さないように十分な注意や教育や対策などをすることが必要になるでしょう。
そして、宗教にかかわらず、健全に働くものには、まともな労働に対して十分な報酬が与えられることになるのでしょう。以前から健全に働いてきたものは謙虚に努力して成果を上げることでしょう。
そして、宗教にかかわらず、自由主義などが、何らかの健全な形で、倫理の高いものによってまともに運営され、それぞれが自立して自己責任を負って働いて、文明を進歩させれば、品質の高い食料などの供給が十分になされ、環境なども整えられうることでしょう。
そして、ある種の文章については、おそらく、宗教にかかわらず、本当に望みあい求め合う、組み合わせの相手と何度も生まれ変わって結婚して、いくつもの人生を、ずっと大事に愛し合うことを意味していたのかもしれません。


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 22:02:26.66 ID:ni8BIdwS0
>>244
一部の地域では、混乱が起きると予想されているようです。

全くの仮説です。間違いがあるかもしれません。
日本は、現実に、これまでとは違った、現実的な意味での、自主防衛の努力をする切迫した必要があるようです。
平和主義を踏まえたうえで、同盟や自衛のあり方や、意識や法律などを見直して、現実の課題に対処できる形に、大幅に変革して、再編成する必要があるようです。
かつての日本は、実力の動向が航空母艦や空軍力中心に移っているにもかかわらず、資源や資金を浪費して、時代遅れで効果のない高価で巨大な戦艦を複数建造したり、人命を軽視したそうです。
高価で実績が乏しく実用性が低い運用困難な象徴的な実力ではなくて、比較的安価だったり効果的だったり、損害が少ないような、実績や実用性や即応性が高い、実際的な実力の大幅な増加が必要なのかもしれません。(不明)
新たに、必要な地域に、なんらかの実力を設置したり、飛行場などの建設が必要になっているのではないかというような意見もあるようです。(不明)

現実の危険に対処するためには、戦後民主主義の問題に真正面から取り組んで、犯罪者の処罰や、まともな価値判断を取り戻す必要があるようです。



281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 22:10:04.23 ID:ni8BIdwS0
ちなみに、不況などで苦労して働いた若い世代などは、苦労して働いたのが自分達だけではなく、戦前や戦後の混乱状態や焼け野原などを経験して、悲惨な状態から、日本の再建のために大変な努力をして、貢献したものがいることに、感謝や敬意を持つ必要があります。
多くの世代に様々な苦労があり、多くの人々が努力や貢献をして働くことで、国や社会や文化や文明などが成り立っていることを知って、働いたものを尊重して、仕事に対する報酬を大事にする必要があります。
たとえ苦労して働いたとしても、歴史などを悪用してでたらめな主張をすれば犯罪です。
独善や犯罪者などにならないようにしたり、まともなものを選んで、学ぶべきものから、学ぶべきことを選ぶなど、謙虚になって、事実に基づいて、歴史を受け継いで、健全に働いて成果を上げていく必要があります。
どの世代にも違いがあるのかもしれませんが、この世代については、経験や状況や立場や考え方などによって、大きく決定的に違っている場合があり、まじめに働いたものと、邪魔をしていたものがいるようです。
社会的な地位などにかかわらず、まじめに働いた、まともなものから、まともなことを学ぶべきでしょう。



282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 22:12:32.00 ID:ni8BIdwS0
国家として自覚的に選択して、努力して近代化に取り組んで働いた明治時代の人々は、その後の独善的な世代の動向を非常に心配して日本が滅ぶ危険があると考えていたそうです。
そして、実際に、独善的な世代も、独善的な世代から学んだものも、それぞれが無責任や独善やでたらめになって、現実に破滅に突き進んだようです。
日本人はまずは人間であり、人道を外れれば、日本人でも人間でもありません。
また、日本の伝統や歴史とされるものは、それぞれの時代の、意欲や活力のある日本人が、大変な努力をして、学んで働いて、多くの文明のなかから当時の最先端の知識などを学んで得たものや、大事にしているものなどの積み重ねという面もあります。
現代の日本人が、独善に走ったり、学ぶことや働くことなどをやめて、人間であることを無視して、人類の進歩に遅れをとれば、過去の日本人に対する、致命的で、大きな裏切りとなるだけでなく、現実に破滅して完全に滅亡することでしょう。
人類が生み出して育てている文明の成果を学んだ上で、まともな人間しての日本人の性質や個性に合った文化を育てたり、問題を改めるなどして、日本が人類のまともな文明の進歩に貢献したり、まともな労働の健全な報酬を得るなどのために働くことが課題になるでしょう。

そもそも、日本もドイツもイタリアの多くの人々も、多極化や無秩序を求めたわけではなく、なんらかの秩序を求めていたようです。


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 22:13:29.39 ID:ni8BIdwS0
>>282
国家として自覚的に選択して、

国家として自覚的に近代化を選択して、

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 22:16:21.05 ID:ni8BIdwS0
戦前戦後の混乱期などには、日本人の多くが大きな苦労をしたそうです。
食べ物がなかったり、おなかがすいてどうにもならないので、無理をして大雨などの水量の多い日に流れの速い川にまで入って、小魚やうなぎなどを取るために、死んだものなどもいたそうです。靴がなくて、草鞋や草履や、はだしだったものもいたそうです。
また、麦などのご飯が食べれずに、サトイモやかぼちゃなどばかり食べていたために、サトイモやかぼちゃを嫌うようになったものもいるようです。靴がぼろぼろのものだったり、途中で靴の底がなくなったり、ゴム製の一体成型のもの?もいたそうです。
なお、給食の脱脂粉乳がまずかったとか、おかずが少なかったり、肉を食べる機会が少なかったなどというものもいるようです。靴がお下がりなどだったものが多かったそうです。

アニメなどによると、都会から避難した都会人が田舎の人々にいじめられて苦労して死んだりするなどの話もあるようです。
資産を失った貴族などもいたそうですし、一部の資産家や社長や農家のなかには、公的な資源などを私物化したり、苦難につけこむなどして資産を蓄えたものもいたそうです。ただし、その後、働いたり、貢献したものもいたのかもしれません。(不明)

日本で、働かずに邪魔をするもののなかには、文化や文明の進歩そのものを非難したり否定するものさえいるようです。
同じような経験をしても、人道に基づく支援などや、近代文明や文化や文明や人類の進歩などに対する感謝や態度のあり方や、その後、働いたかどうかなどは、個人の資質や決断などにもよるのでしょう。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 18:49:12.96 ID:dMJQ6nOx0
>>284
食べ物がなかったり、

兄弟などの食べ物がなかったり、


286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 19:03:57.99 ID:WGfSHzig0
>>285一部追加
(不明)

>>282
自由主義の秩序を求めているものは、自由主義諸国同士で協力するべきでしょう。


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 19:34:59.33 ID:KQiURG8G0
一部に、貴族制度のようなものを復活させるかのような意見があるようですが、誤解ということでよろしいでしょうか。
貴族制度を復活させれば、おそらく、何らかの形で、伝統などは、激しい攻撃を受けて存続が事実上困難になることでしょう。

貴族制度によって、凶悪で強力な左翼が出現して、国家を破滅に導き、世界の多くの国々に迷惑をかけたのが日本史の事実です。
働かないのが当然だと確信する貴族の凶悪な怠け者が、若い頃から、自由を憎んで奴隷制を求め、独善を突き進んで破滅に向けて扇動し、信義を貶め、日本の世界的な信用を貶め、世界の有識者に警戒を植え付け、日本の敗戦革命や人種差別のために執拗に活動しました。
日本貴族は、貴族制度などで働かないことが当然とされていたり、独善になったり、あるいは、一時期苦難に陥って働かなくてはいけない危険を感じたり、不当な扱いを受けたか、不当な扱いを受けたと考えて恨んだりして、支援したものさえ踏み潰して、日本を破壊したようです。
現実に搾取で暮らし、誰もが働かないで暮らせると確信する左翼にとっては、労働は全て無意味な搾取や犯罪なので、労働によって成り立っている文明や文化や国や社会などの全てを憎悪して、苦しめて殺そうと確信して、実際に、深刻な憎悪に駆られて破壊活動に勤しむようです。
日本貴族は、国や社会や人々をだめにして破滅させたり、働くものを苛め抜いて殺したり、労働や暮らしや命そのものを否定し、国や社会や人々を苦しめて殺そうとして、実際に多くの人々を苦しめて殺したようです。


288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 20:27:11.63 ID:XW57tQ/f0
>>260
正しいのであれ、間違っているのであれ、

信義や人道などにかかわりがないならば、正しいのであれ、間違っているのであれ、


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 20:29:39.39 ID:XW57tQ/f0
>>288一部追加
伝統に関する解釈などがそれまでの伝統に照らして、

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 08:51:32.94 ID:RyhftRbo0
そもそも、部族間抗争をなくすには部族などの根絶が必要なのでしょう。



291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 08:53:47.16 ID:RyhftRbo0
>>286
自由主義の秩序のためには、信義や人道などを守ることが必要です。


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 19:17:02.15 ID:slOVlFh00
>>280
一部削除

かつての日本は、実力の動向が航空母艦や空軍力中心に移っているにもかかわらず、資源や資金を浪費して、時代遅れで効果のない高価で巨大な戦艦を複数建造したり、人命を軽視したそうです。
高価で実績が乏しく実用性が低い運用困難な象徴的な実力ではなくて、比較的安価だったり効果的だったり、損害が少ないような、実績や実用性や即応性が高い、実際的な実力の大幅な増加が必要なのかもしれません。(不明)


293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 19:58:21.44 ID:nG56MWMI0
ジンジン人生  GJ in GSW+小α北方人種(Hr)

831の誓いABC(P)

83年〜2009年 最高期
87年〜2003年 安定最高期
89年2001年  文化大成期
89年〜93年  文化大成期 成長期
94年〜98年  文化大成期 華期 96年〜97年(97年)黄金期
99年〜2001年 文化大成期 終盤期



294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 21:12:25.23 ID:AK7umgzU0
現在の日本では、これまで、まともなものによって、かろうじて、押さえ込まれてきた侵略者や日本左翼などの凶悪犯罪者が、解き放たれて、政権をとったり、社会の表に噴出して、破壊活動をしています。
日本には、団塊左翼を中心として、労働を犯罪として激しく憎悪して非難し、働かずに憎悪して邪魔をして、働かずにテロや左翼活動などの凶悪犯罪にふけってきた犯罪者が大勢おり、今の日本の政権与党となって、日本を破壊しています。

現在の日本では、潜入左翼や、侵略者やテロリストや凶悪犯罪者などと直接に連携した残虐な左翼などが、野放しになっており、激しく破壊活動をしています。
団塊前の凶暴で残忍な左翼の一部は、右派などを偽装するなどして文明の破壊や反近代などで日本人を苦しめて殺すために激烈な憎悪を注いで激しく扇動しているようです。
団塊後の凶暴で残忍な左翼の一部は、報道人などを偽装するなどして信用の破壊や中傷などで日本や日本人を苦しめて殺すために激烈な憎悪を注いで激しく攻撃しています。
団塊の凶暴で残忍な左翼の一部は、政治家などを偽装するなどして民族の破壊や植民地支配などで日本や日本人を苦しめて殺すために激烈なお憎悪を注いで激しく侵略しています。


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 21:17:55.89 ID:AK7umgzU0
戦前生まれの左翼も、戦後生まれの左翼も、団塊以降の左翼も、いずれにせよ、左翼は、凶暴で残忍な凶悪な犯罪者です。

一時的に左翼かぶれなどになっても、まともに改心して働いてまともな成果を上げれば問題ありません。
しかし、一時的に左翼かぶれなどになっても、その後の改心や経緯や国に対する考え方などが、全く違う場合があるようです。
少なくとも、戦前生まれで左翼かぶれになったもののなかには、その後に、健全な価値観などを取り戻して、有意義で健全な事業を起こしたり、まじめに働いて成果を上げるなどして、社会に大きく貢献して働いたものがいたのは事実です。
ある人は、働くものは、失敗することもありうるが、努力して失敗を克服したり、成長する可能性もあるといっていました。しかし、たとえ失敗しなくても、働かないものには何の価値も可能性もなく邪魔になるだけなので追放したり処分するほかにないそうです。

まともな価値観をもたず、まともな価値を求めて努力もしないなどの、絶対的無神論者などは、絶対的な犯罪者です。

まともな価値観をもって、まともな価値観を求めて努力すれば、方法論などに問題があっても、問題を改めて改善するなどして、問題を克服しうることでしょう。
しかし、まともな価値観を持たず、まともな価値観を持たなければ、いかなる仕事もできず、犯罪者になるほかないでしょう。
絶対的無神論者や左翼などの犯罪者を処罰して滅ぼす必要があります。


296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 21:22:03.63 ID:AK7umgzU0
日本左翼の中には、働かずにごまかしやゆすりをして肥え太り、凶悪な左翼犯罪者の侵略や洗脳やテロや核攻撃の共犯となり、資金や情報などを流したり、あらゆる凶悪犯罪に加担する凶悪犯罪者が実在しています。
知能や地位などを悪用するなどして、どこにでも左翼が紛れ込んでおり、日本を苦しめて殺すために、情熱的に戦っています。

日本左翼の中には、生まれながらに働くという発想がなく、傲慢や独善を押し通し、ごまかしやゆすりをして、知能や地位や信用などを悪用して、人々を苦しめて殺す凶悪な怠け者の有力者も実在しているようです。

左翼などの凶悪犯罪者を処罰して追放して処分して根絶して、企業や行政や政治やなどの、事業や組織や構成員などを再構築する必要があります。


なお、年金などの見直しになど際しては、労働に見合った報酬を考えて、労働への感謝を大事にして、十分な配慮や対策などをする必要があるでしょう。左翼などの犯罪者に対しては処罰が必要です。



297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 21:23:47.64 ID:AK7umgzU0
>>295
だけな


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 21:24:56.03 ID:AK7umgzU0
>>297追加

一部削除




299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 08:48:43.75 ID:at8i5VoB0
インドの一部は、アラブやアフガン人に侵略されて、アラブやアフガン人の植民地になっているそうです。
アラブ人やアフガン人には、一部であれなんであれインドに対する主権などありません。
権利は公共の福祉の制約を受けます。
アラブなどのアラブカルトには、主権など認められません。
もしも、インドの一部に、アラブ人やアフガン人に植民地支配されているインド人がいるならば、アラブ人やアフガン人の植民地支配を倒して、インドに復帰するべきでしょう。
インドは、インドの一部に残っているインド人と協力して、アラブ人やアフガン人の植民地支配を倒して、アラブ人やアフガン人による植民地支配を終わらせる必要があります。
いずれにしても、インドは、アラブ人やアフガン人から、インドの一部を返してもらう必要があります。
アラブ人やアフガン人などによる、悲惨で残忍な植民地支配によって、苦しんでいるインド人が実在するならば、アラブカルトの支配から抜け出して、インドに復帰することを願っていることでしょう。
そもそも、人間ならば、アラブカルトに支配されることなど、望むはずもないでしょう。

インドにも問題があるようですが、インドは、インドの問題を克服するべきでしょう。


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 18:44:31.96 ID:STabrT5n0
日本の一部地域で騒音や危険に苦しむ人々のための基地移転が、左翼新聞社や左翼政治家などのでたかりやゆすりや侵略などの犯罪によって頓挫したそうです。
左翼新聞社や左翼政治家などの犯罪や責任を厳しく追及して、激しく攻撃して、左翼新聞社や左翼政治家などを廃刊や辞任などに追い込むべきでしょう。


301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 18:51:27.30 ID:STabrT5n0
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111213-OYT1T00296.htm
パキスタン首相「米とは相互信頼ない」
【イスラマバード=横堀裕也】パキスタンのギラニ首相は11日、英BBC放送のインタビューに対し、「米国とは協力関係にあるが、相互の信頼はない」と明言した。
 24人が死亡した北大西洋条約機構(NATO)軍によるパキスタン軍検問所の誤爆事件(11月26日)を受け、パキスタン側が態度を硬化させたことを率直に述べたものだ。
 パキスタン軍関係者は、NATO軍が「故意にパキスタン軍を攻撃した」との見方を強めており、NATO軍を主導する米国に対する強硬姿勢につながっている。こうした見方について尋ねられたギラニ首相も、「そう思う」と同意した。
 パキスタン政府は誤爆事件への報復措置として、事件後直ちに、NATO軍への補給路を封鎖した。アフガンに展開する同軍は補給物資の5割近くをパキスタン経由の陸上輸送に頼っているとされ、封鎖の長期化は同軍にとって大きな打撃となる。
首相は「(封鎖は)数週間続く可能性がある」との考えを示した。
 一方、パキスタン南西部バルチスタン州のシャムシ空軍基地を利用していた米政府関係者は11日、同基地から完全撤収した。
撤収は、パキスタン政府が報復措置として米側に求めていたもので、パキスタン軍が同日、「基地は軍の管理下に入った」と声明で発表した。
 シャムシ基地は、米中央情報局(CIA)などが、パキスタンの部族地域で武装勢力に対する無人機攻撃を行う際、拠点として利用していた。
(2011年12月13日10時25分 読売新聞)



アラブの植民地のアラブ人は、戦争中に、自由主義や人権尊重や平和を守る基地を攻撃したようです。
インドの一部にはアラブ人が実在するようです。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 18:51:47.58 ID:STabrT5n0
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2008/02/post_4767.html
“3回目の世界戦争は政治的シオニスト達とイスラム世界の指
   導者達との間のイルミナティの工作員によってもたらされる
   紛争を利用して煽動されなければならない。
   その戦争はイスラム(アラビア世界のイスラム教徒)と政治
   的シオニズム(イスラエル国家)が相互に破壊し合う様に指
   揮されなければならない。


303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 18:56:54.46 ID:STabrT5n0
http://mainichi.jp/select/world/news/20111209ddm007030023000c.html
イラン:米無人偵察機の映像公開 ほぼ無傷「サイバー攻撃で押収」
 【テヘラン鵜塚健】イラン国営テレビは8日夜、イラン軍が今月4日にイラン東部で押収したとする米軍の無人偵察機「RQ170」の映像を公開した。
機体はほぼ無傷の状態で、映像を見た元政府関係者はAP通信に対し「イランの核関連施設の偵察に使われている機種に間違いない」と認めた。米政府はコメントを控えているが、イラン側への軍事情報流出を極度に警戒しているとみられる。
 イラン政府によると、イラン軍と革命防衛隊が共同で「サイバー攻撃」を展開し、アフガニスタン国境から約250キロの上空を飛行中だった無人機を着陸させた。
アフガンで活動する国際治安支援部隊は「アフガン西部で制御不能になった米軍無人機の可能性がある」としていた。
 専門家によると、無人機にはレーダーの捕捉をのがれる技術が詰め込まれ、偵察のデータも集積されている。これらの技術がイランの戦闘機開発に転用されかねない。
イランのメフル通信によると、中国とロシアはイラン政府に対し、機体調査に加わりたいとの意向を伝えた。
毎日新聞 2011年12月10日 東京朝刊


ペルシャ人は、アラブによって既に滅ぼされているようです。
また、戦争の最中に、アラブ側についた国があるようです。


304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 18:59:29.30 ID:STabrT5n0
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110518/amr11051822320016-n1.htm
大統領「冷戦に逆戻り」 ロシア抜きの欧州ミサイル防衛計画に警告
2011.5.18 22:28 [核・ミサイル事情]
 ロシアのメドベージェフ大統領は18日の内外記者会見で、北大西洋条約機構(NATO)が欧州ミサイル防衛(MD)計画にロシアを対等な立場で参加させないのなら、ロシアは「核攻撃能力を高める」など対抗措置を取ると強調。
これは「冷戦時代に逆戻りさせる極めて悪いシナリオだ」と警告するとともに、米国との新戦略兵器削減条約(新START)からの脱退もあり得ると述べた。
 MDをめぐっては、NATOとロシアは計画推進に当たり「協力」することで昨年合意。
しかし、両者の共同MD構築を主張するロシアと、それを認めないNATO側の溝は深く、ロシアはいら立ちを深めている。
 大統領はMDが「われわれ(のミサイル)を対象としたものではないとの保証を得たいのだ」と、これまでの立場を繰り返した。(共同)


冷戦時代のようなでたらめな指導者の下で、冷戦時代のようなでたらめを繰り返し、さらに、戦争の最中にアラブ側についたようですから、当然ですが、アラブ側として扱われるでしょう。



305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 19:05:05.03 ID:STabrT5n0
日本の一部地域についても、アラブとの戦争のために、基地が使われているなどとして、激しく基地を攻撃しているという説があるようです。
事実ならば、日本の一部地域もアラブ側のようです。


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 19:06:19.59 ID:STabrT5n0
>>303
あるいは、たとえ、ペルシャ人がいるとしても、アラブ側についたようです。


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 20:16:22.72 ID:zzsWoBzv0
>>126
>>127
http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_7_m.html
 それと、もう一つ憂慮すべき事態が持ち上がった。島には、世にも恐ろしい人喰い人種もいたのである。それは最初会った温和な原住民とは大違いで、彼らはカニバ族と呼ばれて恐れられていた。
コロンブスは、カニバ族の一軒の家の中で、男の生首が鍋に入れられて、グツグツと煮えたぎっているのを見て戦慄すべき記録を詳細に残している。
「彼らに言わせれば人間ほど美味なものはこの世にないということである。捕まえて来た人間は、生きたまま肉屋に引き渡すが、死体の場合は、たまらないようにその場で食べてしまう。
彼らは捕虜の女に子供を産ますが、子供は生まれると去勢して奴隷として使われる。そして生かされるもう一つの理由は、大きくなって肉がついて来た頃、殺して食用とするのである。つまり、彼らは食用人間として生かされるのである」
カニバ族の食人を描いた絵。捕らえた人間を殺して解体中の身の毛もよだつ風景である。
「カニバ族はその時の日が来るのを楽しみに待っている。人肉はたいそう美味で、それが証拠にしゃぶるところがないほどにしゃぶり尽くされた人骨がそこら中に転がっている。
子供も女性も夢中になって人肉や内臓を食している光景を見ると吐き気をもよおして来る」
 カニバ族とはカリブに住む食人種であるが、今日のカニバリズム(人肉嗜食)という言葉はここから来ている。
カニバ族に言わせると、人間の肉はこの世で一番美味なのであった。ただし、子供や女の肉は男よりも劣るとされていた。


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 20:16:34.71 ID:zzsWoBzv0
 しかし、本格的な植民と思われた今回もうまくいかなかった。最初、温和で組みしやすいと考えた原住民も力で支配せねばならず、原住民は原住民で人海戦術でスペイン人に対抗しようとした。
結果は、優れたヨーロッパの武器には歯が立たず、数カ月で10万人以上が殺されたのである。その上、行く先々の島々でいくら探しても黄金も香辛料も何一つ発見されないでいた。
これでは、スペイン本国から取り寄せる莫大な食料に対する口実にもならないばかりか、植民地を運営するための費用、つまり給料さえ出せないことになる。
 結局、4年間の統治でも結果を出せなかったコロンブスは、秩序を乱したと言う罪で本国送還の憂き目に合った。
航海の危険に加えて、植民地の運営の失敗、黄金がどこにも見つからないという焦りからか、スペインにつく頃には重病人のようになってしまっていた。もう一日遅ければ、助からなかったと言われ、回復するのに半年近くかかったほどだ。
 その後、これまで得たすべての地位と権利をはく奪された彼は、自分が苦労して発見した島に立ち寄ってはならぬという条件で最後の航海に出た。思えば、サンタマリア号に乗って船出して以来、10年の月日が経過していた。
しかし、コロンブスは最後の航海で中央アメリカを発見する。彼はそこを最後まで、東洋のマライ半島だと思い込んでいたようだが、やがて原住民から大西洋よりももっと広い海があること、つまり太平洋の存在を教えられたという。
この時の彼の心境はいかばかりであったのだろうか?
 コロンブスの新航路発見は、以後の歴史に大変化を持たらした衝撃的な事件であった。新航路が発見され新大陸の存在が明らかになると、旧大陸から続々と入植者がやって来くるようになった。
聖書を携えた宣教師や農民、いろいろな職業の民間人、武器を構えた軍人など、その数は途方もない数であった。


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 20:18:46.19 ID:zzsWoBzv0
>>308追加

>>267

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 20:24:27.90 ID:zzsWoBzv0
>>93
>>96
>>126
>>127

http://members.jcom.home.ne.jp/0350371001/works/works_4_d.html
時に、1462年6月、十数万という圧倒的な大軍を擁して、メフメト2世のオスマン軍は、ワラキアの首都目指して進撃を開始した。ビザンチン帝国が滅亡してすでに9年が経過していた。
それに比べて、ワラキア公国では、緊急に徴集した農民兵まで入れても、3万に満たぬ兵力だった。
ローマ教皇から巨額の軍資金を受領して、ワラキア公国に援軍を送る手はずになっていたハンガリー、モルドバ、トランシルバニアなどの国々は、再三の要請にもかかわらず、援軍を送ろうとはしなかった。
どの国も、自分たちの利害と権力闘争ばかりに熱心で、ワラキアのことなど眼中になかったのである。孤立無援のワラキア公国は、単独でこのオスマンの大軍と戦わねばならなくなった。
 そこで、ワラキア公国のブラド3世は、少数の兵力で夜襲を決行し、一挙に戦局の逆転をはかろうとした。まともに戦って勝てる相手ではなかったのである。狙うのはムフメトただ1人に決め、全員一丸となって集中攻撃を敢行することにしたのである。
そのため部下には、あらかじめスルタンの幕舎の見取り図を頭にたたき込ませ、闇の中でも自由に行動できるようにした。作戦は決行され、予想通り暗闇の中でのすさまじい白兵戦となった。
しかし、ムフメト2世は、強力な親衛隊に何重にも取り囲まれており、なかなか近づくことすら出来ない。
そうこうしているうちに、夜が明け始めた。少数の侵入軍が敵の大軍にその姿をさらすことにもなれば、もはや全滅は避けられない。そこで、ブラド3世は、やむなく全部隊に撤退命令を出した。
素早く兵をまとめたブラド3世は、首都には戻らずそのままトランシルバニアの山岳地帯目指してとん走していった。
 数日後、ブラドの奇襲から立ち直ったオスマン軍は再び進撃を開始した。ワラキアの首都を目指して進撃してきたトルコ軍は、そこで、異様な森に出くわした。
はるか彼方のうっすらと霞のかかる地平線上に姿をあらわしたそれは、森のようにもみえ、先端だけに枝葉がひっついているだけの枯れ木の集団のように思われたが、近づくにつれて、それは、兵士たちを恐怖のるつぼに叩き込んだ。
 枯れ木と見えたのは、立てられた杭であり、枝葉と思われたのは、その上に串刺しにされたトルコ軍の捕虜の死体だったのだ。
死体は、かなりの日数が経過しているとみられ、半ば、白骨化して首や手足のもげた状態で腐乱して原形を留めているものは少なかった。
頭上には、何千という禿鷲やカラスがバタバタと無気味な音をたてて群がっていた。初夏のむせかえるような湿気と混じり合って、吐き気を催すものすごい悪臭がそこら中に漂っていた。
一段と高い小山には、将軍や総督らしき死体が串刺しにされ、目立つように立てられていた。この身の毛のよだつ串刺し死体の群れは、2万以上もあるとみられ、丘を越えて、はるか彼方にまで延々と切れ目なくつづいているのだった。
 このゾッとする地獄のような光景に、進撃してきた兵士の多くは、恐怖のあまり戦意を喪失してしまった。そして、ある者はうずくまって激しく嘔吐し、また、ある者はひざまずいて泣き叫んだ。
実際、そのうちの何人かは、錯乱状態に陥って気が触れてしまった。


311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 20:25:58.12 ID:zzsWoBzv0
 これら串刺しにされたトルコ兵たちは、4か月前にブラドの率いるワラキアの奇襲に合って、捕虜になった2万4千名の成れの果てだった。
ワラキアの首都トルゴビィシテに、たどりついたトルコ軍だったが、首都はすでに焦土戦術により、至る所から黒煙がたちこめていた。
 城門は開け放たれており、財宝らしきものはすでに運び去られていた。市内には、誰一人おらず、家畜の姿もなく、おまけに、井戸と言う井戸には毒物が投入されていたのである。
 先日のワラキア軍のすさまじい夜襲の恐怖も覚めやらない中、何万という捕虜をひとり残さず串刺しにしてしまうブラド3世の変質的とも言える凶悪で残忍な行いを見せつけられたオスマン軍の兵士たちは、すっかり戦意を失ってしまっていた。
メフメトでさえも、「こんな男と戦って何か意味があるのだろうか?」とブツブツと放心状態になって独り言のようにつぶやいていたという。
その上、市内で黒死病が発生したというデマも手伝い、彼は、急きょ全軍をまとめて撤退することにした。彼としては、このような気味の悪い土地からは、一刻も早く立ち去りたい心境になったのかもしれない。
これ以後、トルコ人たちは、ブラド3世のことを串刺し王と呼び極端に恐れるようになったという。
 しかし、わずかの兵力で、超大国と言われたオスマン帝国の大軍を撤退させたワラキア公国のブラド3世は、西ヨーロッパを救った君主として絶賛されることになった。
もしも、ワラキア公国がオスマン帝国の侵入を許すことになれば、西ヨーロッパのローマ教会などキリスト教国全体が深刻な危機に陥っていたであろう。


>>213


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 20:33:47.84 ID:zzsWoBzv0
>>150
>>151

>>215


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 20:36:29.65 ID:zzsWoBzv0
>>312追加

>>303追加

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 20:39:43.27 ID:zzsWoBzv0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A5
ヴラド・ツェペシュ
ワラキア公ヴラド3世(Vlad III , 1431年11月10日 - 1476年)、通称ドラキュラ公または串刺し公(Vlad Dr?culea / Vlad ?epe?)は、15世紀ルーマニアのワラキアの領主。
諸侯の権力が強かったワラキアにあって中央集権化を推し進め、オスマン帝国と対立した。
日本では主に「ヴラド・ツェペシュ」と表記されることから、ツェペシュを姓と認識されることが多いが、これは「ドラキュラ」と同様にニックネームであり、本来は単に「ヴラド」である。
「ドラキュラ」のニックネームから分かる通り、ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』に登場する吸血鬼・ドラキュラ伯爵のモデルの一人として知られる。しかし現在は、ルーマニア独立のために戦った英雄として再評価されている。

ハンガリーでの幽閉 [編集]
ポーランドとハンガリーは、東方のカトリック大国として十字軍を送るべしという有形無形の重圧を西欧諸国やローマ教会から受けていた。
しかし、両国共に内部に反乱分子を抱えて不安定な情勢にあり、またヴァルナ十字軍を始めとする対オスマン帝国戦争の度重なる失敗もあり、十字軍を回避しようと画策していた。
その一方で、正教国家とはいえワラキア、モルダヴィア、アルバニアなどの小国がオスマン帝国に善戦している状態で手を引くわけにはいかなかった。
このためハンガリー王マーチャーシュ1世は、1462年にヴラドをオスマン帝国に協力していたという罪で捕らえ幽閉した。
この突拍子もない罪状を世間に受け入れさせるため、マーチャーシュはヴラドの様々な悪行を誇張・捏造して書かせ、パンフレットにして各国に配布した。
曰く、「ヴラドは人を無差別に殺し血肉を食らって晩餐を開いた」「ヴラドは田畑を燃やして農民を飢えさせた」(焦土作戦のことと思われる)。これには発明されたばかりの印刷技術が用いられた。
しかしヴラドの幽閉生活は悠々としたもので、一等の城を与えられ、監視付きではあったが出歩くことも許された。マーチャーシュと共に宴会に出席したこともあった。
1474年、マーチャーシュの妹と結婚しカトリックに改宗することを条件に解放されたが、1476年頃に戦死したとされる。



315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 20:53:09.78 ID:zzsWoBzv0
>>295

アメリカは、問題もあるようですが、現代文明をリードし人類の進歩に大きく貢献しているようです。
まともなものが、まともに生きて、人類の健全な能力を開花させて、人類としての責務を果たすには、犯罪者や犯罪を処罰する必要があります。

方法論に問題があるというならば、別の方法で、アラブなどの犯罪民族などを処罰して滅ぼすべきでしょう。
いずれにせよ、民族であれ国であれなんであれ犯罪者を処罰して、まともなものが、地上で健全でまともな文明を築く必要があります。

ただ乗りして非難したり、左翼や独善を突き進むのは犯罪者です。

一部の国々は、民主主義や自由主義の前提として必要な犯罪者の処罰に取り組まず、アラブなどの犯罪を処罰せず、アラブなどの犯罪と戦わず、アラブ化を支援しているかのように見えますが、誤解ということでよろしいのでしょうか。



316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 21:37:02.94 ID:C5ix36lw0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A2
そのためシャリーアはキリスト教の教会法のように後の時代に出来たものではなくイスラム教が発足した初期からのものである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A2
過酷な刑罰シャリーアにおいては、盗みを犯した人物の腕や足を切断するなどのハッド刑、婚外セックス・同性愛・離教などに対する石打ちや斬首による公開処刑など、現代社会においては過酷とされる刑罰が存在している。
そのためイランやサウジアラビアなど、シャリーアを国法として採用しているいくつかの国における刑罰は、国際社会から人権侵害として強い非難を受けている。

http://www2.dokidoki.ne.jp/racket/sura002_jp.html
106.われは(啓示の)どの節を取り消しても、また忘れさせても、それに優るか、またはそれと同様のものを授ける。アッラーは凡てのことに全能であられることを知らないのか。

アラブの残虐性は、イスラム発足の初期からのものだという説もあるようですが、いずれにせよ、イスラム以前のアラブについても、より残忍なジャーヒリーヤの状態にあったといわれているそうです。
ちなみに、ムハンマドのクルアーンでは、クルアーンのどの節を取り消しても、わすれさせても問題がなく、より優れたものが授けられるとされているようです。
ちなみに、アフガン人は比較的顔が白いなどという説もあるようですが、アフガン人はアラブでももっとも邪悪で残忍な民族の一つのようです。
ムハンマドの時代には、アフガン人とは別に、比較的まともな、顔の白い民族がいたのかもしれませんが不明です。

ペルシャは寛容さや文明などによって、アラブを立て直そうとしたのかもしれません。そして、一時期は一部では成果を上げた面もあるようです。
しかし、アラブは、犯罪を正義や文化や名誉とする致命的な犯罪者です。
長い間、抵抗して戦ってきたのだろうペルシャは、一時的にアメリカなどのの支援を受けてアラブの植民地から脱して独立して近代化したようですが、すぐにアラブに滅ぼされて、今では、アラブでも最も邪悪で残忍な民族の一つになっているようです。

一部の国が、犯罪に寛容になることで、犯罪者や犯罪をなくせると考えているならば、全くの間違いです。
極めて長い歴史のある文明国が、完全に文明も人道も歴史も民族も文化も全て失って、滅亡したのが歴史の事実です。
犯罪者や犯罪への寛容は、犯罪の共犯であり犯罪であり犯罪者です。
犯罪者や犯罪を処罰する必要があります。



317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 21:52:49.43 ID:C5ix36lw0
仮説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A2
運用にあたっては属人主義による。すなわちムスリムであれば世界のどこへ行ってもシャリーアが適用される(ただしハナフィー学派のみは別解釈をとる)。
一方、非ムスリムであれば、たとえイスラーム圏(ダール・アル=イスラーム)に滞在・居住していたとしても、直接にシャリーアを適用されることはない。


一部のアラブ化を支援しているように見える国は、ペテンで残虐なアラブによって、ペテンで残虐なアラブを処罰して滅ぼさせようと考えて、策略を用いてアラブ化を促進しているのかもしれません。
しかし、ペテンで残虐なアラブにとっては、当然のことのようです。
おそらく、近親相姦や顔を隠すなどで自然の選択を無視して、強姦などで繁殖することで、素質でも環境でも最も劣悪で邪悪なものを、強制的に大量に養殖しているのでしょう。
もともと邪悪な素質のものに、強姦や暴力や脅迫などで、世代を超えたダメージを与えて、戦略的にペテンで残虐なアラブを大量生産しているのでしょう。
条件の悪いときには、殺しあってより邪悪なものを選別したり、条件の良いときには侵略して極度に増殖したりしているのでしょう。

実際に、一部の地域では、ペテンで残虐なアラブが大量増殖したり、支援を悪用して、侵略地に、支援の力で、国まで作ろうとしているようです。
アラブに必要なのは、支援ではなく処罰であり、滅亡です。

実際に、インドの仏教とは殺戮されて滅んだようです。
また、エジプトはほとんど滅んでいるようです。


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/14(水) 22:33:44.60 ID:XnIROZdG0
アラブは滅ぶことになっているようです。
しかし、いかなる民族も、いずれは、滅びることでしょう。

アラブは滅びるに当たって、なにもまともな成果を上げず、内省もなく、他者を非難して、独善を突き進み、侵略やペテンや残虐などの犯罪を、名誉や文化や正義とする、処罰して滅ぼすほかにない犯罪民族になったようです。
どの民族であっても、たとえ滅びることが定められたとしても、アラブのような犯罪民族にならずに、健全な実力を発揮して、民族のまともな可能性を発揮するなかで幸福を求めて、貢献して祝福され、惜しまれながら滅ぶべきでしょう。

アラブが祝福されうるとすれば、他の民族が、民族犯罪の具体例となったアラブを悲惨な歴史を見て、たとえ滅ぶとしてもアラブのようには決してならないと決断して、まともに働いて、まともな成果を上げるなかで幸福を目指して、惜しまれて滅ぶことによるほかにないでしょう。


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/15(木) 20:36:19.13 ID:5OxSCDvV0
http://www.niyoniyo.net/vol9/hitolibrary/lecture/lecture.htm
テロ組織同士はネットワークがあり、IRAはイスラム原理主義組織と結びつきがあります。世界一の爆弾技術を持ったIRAが技術を教え、その代り、リビアのカダフィが4船に爆発物やけん銃を乗せてIRAに送り、協力し合ってきたんですね。

アイルランドのアイルランド人もアラブ側のようです。
ちなみに、アイルランドのアイルランド人は、独善を突き進んで、支援を受けてもゆすりごまかし攻撃し、ある種の権威さえも攻撃しているようです。
アイルランドのアイルランド人は、独善で、他者を攻撃する、テロ国家のテロリストです。


320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/15(木) 21:03:49.85 ID:5OxSCDvV0
>>126
>>127
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E6%95%99%E8%82%B2%E7%A7%91%E5%AD%A6%E6%96%87%E5%8C%96%E6%A9%9F%E9%96%A2
英語の正式名称は United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization。その頭字語である UNESCO (英語発音: /ju??neskou/ ィユーネスコウ)も公式に用いられ、日本語では「ユネスコ」と称する。本部はフランスのパリにある。

教育や文化の振興を通じて、戦争の悲劇を繰り返さないとの理念により設立の意義を定めたユネスコ憲章の前文には「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」との文言がある。

活動にあたっては、重点的に推進する目標として「万人のための基礎教育」「文化の多様性の保護および文明間対話の促進」などを定める。
それに基づき、例えば前者に関しては識字率の向上や義務教育の普及のための活動、後者については世界遺産の登録と保護、文化多様性条約の採択のほか、歴史的記録遺産を保全する世界の記憶事業などを実施する。
そのほか、極度の貧困の半減、普遍的初等教育の達成、初等・中等教育における男女差別の解消などを内容とするミレニアム開発目標など、国際開発目標達成を目指す。

>>315

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 07:47:22.19 ID:X9CPdHhF0
>>318
自然の選択や自然淘汰は必要ですし大事です。


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 19:43:17.69 ID:42mWEN4b0
>>318一部訂正
たとえ滅ぶとしてもアラブのようには決してならないと決断して、

たとえ滅ぶとしてもアラブのようには決してならないと決断して、アラブなどの犯罪民族などを処罰して滅ぼして、まともなものが、


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 19:48:10.35 ID:42mWEN4b0
>>126
>>127

>>231
日本はGPS導入で大騒ぎ 世界の性犯罪者対策はもっとスゴい
2011年1月26日 掲載
ネットで写真公開、ホルモン注射、去勢も…
 宮城県が性犯罪の前歴者をGPSで監視する条例を検討していることで、世論が真っ二つに割れている。他県の知事からも「賛成だ」という声が上がっている一方、「性犯罪者にも人権はある」「二重刑罰ではないか」「監視社会になるぞ」と反対意見も多い。
 性犯罪者の再犯率が高いのは事実だ。昨年度の「強姦」の再犯率は38.5%。「殺人」(17.2%)の2倍超である。北海道では昨年、懲役8年の実刑を食らっていた男(34)が出所し、4カ月後に女子高生を襲って逮捕される事件が起きた。
 そもそも、日本は性犯罪の量刑が軽すぎる。レイプされた女性の人生はメチャクチャになるのに、強姦罪は3年以上の有期懲役でしかない。だから、懲役10年以下の窃盗罪よりも量刑が軽くなるケースがザラで、性犯罪者は数年ですぐに社会に出てくるのである。
 アメリカでは性犯罪者の名前や住所、顔写真をネットで公開し、近隣住民に注意を呼びかけているし、韓国でも性犯罪者にGPS付きの足輪を着けて追跡できるようにしている。
 日本でも再犯防止のために、さまざまな方法を検討すべきという専門家は多い。
「性犯罪者の異常性癖は一種の病気です。GPSを持たせたからといって急激に再犯率が改善されるとも思えないが、そうした試みも含めて、刑罰のあり方を見直す必要があるのではないか。
日本の刑法には死刑や懲役刑、罰金刑しかないが、性犯罪者の場合は、何年か刑務所に入れて規則正しい生活をさせれば治るというものではない。教育やカウンセリング、医学的な治療も必要です。
米国ではホルモンを注射して性衝動を抑える化学療法も行われている。裁判所や法学者もそろそろ考え方を改めるべき時期です」(上智大名誉教授・福島章氏=犯罪心理学)
 北欧やヨーロッパの一部では去勢手術まで行われているからスゴい。
 今のままでは被害女性は泣き寝入りだ。


324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 19:57:45.34 ID:42mWEN4b0
バングラデシュで、40歳の既婚のいとこにレイプされた14歳の少女がむち打ち刑に処され、その後死亡した。
報道によると、少女は前月30日にいとこの男からレイプされた。
しかし、少女は逆にこの男と不倫関係にあったとして男の家族から殴りつけられた上、
イスラム法(シャリア)に則り、村の調停役からむち打ち刑100回を言い渡された。
少女の刑は公開で実施された。むち打ちが80回を数えたとき少女は意識を失い、
病院に搬送されたが、その後死亡した。

http://news.livedoor.com/topics/detail/5323313/




325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 20:02:45.97 ID:42mWEN4b0
>>213

http://gigazine.net/news/20101026_rape_victim_receives_lashes/
2010年01月26日 14時20分17秒
レイプされた少女がむち打ち刑に処され、加害者は無罪となる
Rape victim receives 101 lashes for becoming pregnant - Telegraph
Sindh Today ? Online News >> Rape, divorce, lashes triple hurt for Bangladeshi girl
これらの記事によると、2009年4月にバングラデシュのブラーマンバーリア地区にある村で16歳の少女が同じ村に住む20歳の男にレイプされたそうです。
日本でなら強姦罪として男が罰せられるところですが、シャリーアに基づいて被害を受けた少女が101回のむち打ち刑に処されることになり、少女の父親には罰金が科されました。
もしも罰金が支払えない場合、家族全員「はみ出し者」としての烙印を押されることになるそうです。
少女はこのレイプを受けた直後に結婚したのですが、妊娠検査によってレイプがあったことが判明、数週間で離婚することになりました。
人権活動家によると、村の長老が決めたむち打ち刑の処分を家族が承諾するまで少女は家に帰らせてもらえず、レイプされたことを認めざるを得ない状況に追い込まれていたそうです。
一方、レイプ加害者は村の年長者によって罪を許され、何食わぬ顔で今も村で暮らしているそうです。
少女は地元紙に「レイプ犯のせいで人生が台無しになった、もっと公平な判断をして欲しい」と、加害者と今回の判決を下した村長に不快感を表しています。

・関連記事
レイプの被害者なのに投獄されるアフガニスタンの女性たち - GIGAZINE
7歳の少女をレイプした男の裁判で通訳が見つからず訴えが棄却される - GIGAZINE
レイプ被害者の母親が報復のため犯人を焼き殺す - GIGAZINE
レイプされそうになった姉を守って死んだ7歳の少年に勲章が授与される - GIGAZINE
2010年01月26日 14時20分17秒 in メモ Posted by darkhorse_loge


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 20:03:33.80 ID:42mWEN4b0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3#.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2.E3.83.B3.E7.B5.B6.E6.BB.85.E6.94.BF.E7.AD.96
インディアン絶滅政策 [編集]
19世紀になると、「インディアン強制移住法」を制定したアンドリュー・ジャクソン大統領によって、「保留地制度に基づく強制移住に従わないインディアン部族は絶滅させる」とする「インディアン絶滅政策」が推し進められた。
これはユリシーズ・グラント大統領や、ウィリアム・シャーマン将軍らによって更に強化され、民族虐殺の戦火はさらに西部へと拡大した。
南東部での「セミノール戦争」は、白人とインディアンの国家間戦争としては最大級のもので、ジャクソンはこの戦いに焦土作戦による徹底殲滅を図った。「セミノール戦争」は現在、「インディアンのベトナム戦争」と呼ばれている。


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 20:47:41.37 ID:42mWEN4b0
>>320
独裁や近親相姦部族間の殺し合いで土地を破壊して砂漠化し、傲慢で独善で反文化で反文明の侵略アラブが、反社会反人道の掟で幼女暴行や脅迫するためのテロを支援して、侵略地にアラブの強姦殺人国まで作らそうとしているものがいるようです。



328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 21:12:19.32 ID:42mWEN4b0
>>320
多くの国々の闇社会には掟があるという説もあるそうです。(不明)
犯罪者が集まって、アラブカルトの掟のとおりだとか、アラブだと主張したら、文化ということになるのでしょうか。
アラブカルトは、世界の反社会団体そのもののようです。
反社会的団体は暴力や脅迫や女性の奴隷化などを資金源にしているようですが、支援されることもなく、国も作らせてもらえず、処罰されるようです。ちなみに、アフガンのアラブのタリバンは麻薬を資金源にするそうです。

犯罪者が集まって民族と名乗り、レイプや、暴行などに逆らう幼女などへの見せしめの鞭打ちや石打ちなどを文化だと主張したら、
支援を受けて、周辺国よりも豊かになり、高級車を乗り回して、テロや憎悪教育をしても、尊重され、守られれ、悲劇だといわれて、国まで作ってもらえるのでしょうか。

ユネスコには深刻で凶悪な憎悪犯罪組織か、犯罪に加担する犯罪組織のようです。

犯罪民族であれ犯罪国であれ、処罰して滅ぼす必要があります。


329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 21:27:40.40 ID:42mWEN4b0
>>328
たとえ、文明地域を破壊侵略して、人類の文明の重要な一部を西欧文明などとして否定したり罵倒して、反文明や反文化などのために闘争しテロを行うテロリストが、他のアラブより比較的、アラブ的でなかったとしても、支援を受けたり、国を作ってもらう理由にはなりません。



330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 21:28:43.08 ID:42mWEN4b0
>>329
支援を受けたり、国を作ってもらう理由にはなりません

支援したり、国を作る理由にはなりません

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/16(金) 21:36:10.47 ID:42mWEN4b0
キリスト教では、まともな成果を上げたものに、まともな成果に応じて土地などが与えられることになっているようです。ちなみに、人類として健全な能力を発揮するために、まともなやる気も能力もないものや、まともな成果のないものは土地などを取り上げられます。

人間ならば、まともな人間としての健全な文明や文化を築くものが土地などを得て、まともな人間としての成果のないものや、まともな人間としてのやる気や能力のないものは滅ぶ必要があります。

犯罪者や犯罪民族などを支援するのではなく、処罰して滅ぼす必要があります。

自然の摂理も同じです。



332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 22:29:44.82 ID:3Z5QjZqf0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%95%8F%E9%A1%8C
1970年代、イギリス政府は「アルスター化」の方針のもとIRA暫定派 に対する対決姿勢を維持した。IRA暫定派 との対立の最前線にはRUCおよび英軍予備役であるアルスター防衛隊(英語) (UDR)があたっていた。
政府の強硬姿勢によりIRAによるテロは減少したが、長期的にはどちらの勝利も望めないことは明らかであった。IRAのテロ活動に反対するカトリックも存在したが、差別措置を撤廃しない北アイルランド政府に対して彼らが好意的になることはなかった。
1980年代になるとIRAはリビアから大量の武器を調達して攻勢にでようとこころみた。IRAに浸透していたMI5の諜報活動によりこの計画が失敗すると、IRAはその目標を準軍事的なものから政治的な方向へシフトするようになる。
IRAの"停戦"はこの動きの一部であった。1986年にはイギリスとアイルランド政府がアングロ・アイリッシュ協定を調印し政治的な解決を模索した。
長期にわたる紛争により北アイルランドは高い失業率に苦しめられ、70年代から80年代にかけて行われたイギリス政府のてこ入れによる公共サービスの近代化も遅々として進まなかった。
90年代に入るとイギリス・アイルランド両国の経済が好転し紛争も沈静化する傾向が見えてきた。近年北アイルランドではカトリックの人口が増加しつつあり、全人口の40%以上を占めるようになっている。
英国政府は、「北アイルランドの帰属は住民の民主的決定に従う」としている。

北アイルランドでは、テロ国家のテロ民族による民族浄化が進んでいるようです。
民族浄化をとめて、テロ国家のテロ民族の本拠地を攻撃して、処罰して滅ぼす必要があります。


333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 22:30:53.53 ID:3Z5QjZqf0
>>332
間接侵略も侵略です。
テロ国家のテロ民族を処罰して滅ぼす必要があります。


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 22:31:34.80 ID:3Z5QjZqf0
日本の団塊バブル世代の一部は、無責任な浪費や、でたらめな投機や、労働によらない収入や、労働に見合わない報酬について、全く反省しておらず、いまだに、無責任や浪費やでたらめを煽っており、極めて、凶悪で、確信的な、労働否定論者のようです。
日本の団塊バブル世代の一部のなかで、労働によらずに金を刷れといっているものは、現実に、労働によらない大金を得たか、労働に見合わない大金を得た、凶悪な怠け者のようです。
日本人の多くは、バブル崩壊以降の日本について不安や心配を感じたり、現実に日本と共に苦境のなかで努力したり、さまざまな方策を考えたりして、日本や日本人と共に、困難を克服しようと努力して、大変な努力をしたようです。
しかし、日本の団塊バブル世代の一部は、戦争の影響も受けず、高度成長期にも働かず、非難やでたらめをするだけで、労働によらない大金や、労働に見合わない大金を得て、日本の苦難や多くの日本人の苦しみを押しつぶして、贅沢をして超え太ってきたようです。
日本の団塊バブル世代の一部が、戦後日本の困難と無関係で、高度成長期の労働と無関係で、労働と無関係の大金を得て、何の苦労もなく、平然と弱者や働くものを踏み潰して搾取してきたという、実績や実感や事実が、でたらめへの確信になっているのでしょう。


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 22:32:37.47 ID:3Z5QjZqf0
日本の団塊バブル世代の一部は、当然のように労働と無関係の大金を得て、苦しんだ日本や日本企業や日本人の悲惨な状況を完全に無関心に、余裕で踏み潰し、平然と搾取してきたので、今からでも、今後も、搾取や破滅を繰り返しています。
そもそも、日本の団塊バブル世代の一部は、独善を押し通し、労働によらない大金を得ることを当然とみなして、日本や日本企業や日本人を苦しめて、日本や日本企業や日本人への憎悪や破壊を目的としており、さらに、大金を手にしようとしているようです。
日本の団塊バブル世代の一部は、憎悪と欲望が全てであり、左翼はテロリストや凶悪犯罪者やカルトの共同正犯や扇動者となって金儲けをし、他も、日本や日本企業や日本人を平然と債務奴隷にして苦しめる既得権益や利権集団になって、金を儲けるようです。

日本の団塊バブル世代の一部は、労働にふさわしい報酬そのものを破壊するために、反対するものならば、学者でも、官僚でも、政治家でも、国でも企業でも人々でも、当然のように怒り、平然と踏み潰して、ゆすりたかり、目先の金を、手に入れるようです。
日本の団塊バブル世代の一部は、頭の中が、金でいっぱいであり、金を得られるうえに、日本や日本企業や日本人を、苦しめて、悲惨な債務奴隷にできることを心底喜び、犯罪の手際に自信を持っており、死ぬ間際まで金を毟り取って、犯罪を押し通したいようです。


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 22:33:59.46 ID:3Z5QjZqf0
一部のカルト民族や植民地や、日本の一部の隣国などは、犯罪が明らかになっているのに、より犯罪をエスカレートさせて、犯罪を押し通そうとしているようですが、犯罪は投機などと同様に、インフレーションなどによって崩壊するまで、とまらないようです。
犯罪への寛容は、更なる犯罪被害をもたらす、犯罪の共同正犯です。犯罪を小さな芽のうちから摘み取って、処罰して滅ぼす必要があります。犯罪者であれ犯罪民族であれ犯罪国であれ、処罰して滅ぼす必要があります。
日本の団塊バブル世代の一部の犯罪の動機や手口は、一部の大金持ちが、働かないでも暮らせるのが当然だと実感して、労働を犯罪とみなして、労働をさせるぐらいならといって、殺戮したり、テロや凶悪犯罪と同様の性質のようです。


337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 22:34:57.35 ID:3Z5QjZqf0
日本の団塊バブル世代の一部は、全く働かないどころか、不況下で、会社が次々と潰れて、失業者があふれる中でも、金を蓄え、高利の年金で搾取し、邪魔をしながら大金を詐取して、弱者や、若年世代を、侮辱して、独善や傲慢を突き進んだようです。
日本の団塊バブル世代の一部は、戦争の影響も受けず、若い頃から全く働かずに、他の世代のお荷物になり、権威や地位を得て、バブルを起こして、働かずに、投機や、お手盛りの暴利をむさぼって、暴走して、他の世代が必死で働いた企業や社会を破壊したようです。
日本の団塊バブル世代の一部は、地位や権威を独占していることから、元気で地位や権威のあるうちに、でたらめや脅迫で、金を刷らして、団塊バブル世代の一部の元に集めて、後の世代や、地位も権威もないものたちを、債務奴隷にしてこき使いたいそうです。
日本の団塊バブル世代の一部は、働かないで大金を得た経験が身に染み付いていることから、労働によらずに手にした大金のために他の日本や日本人や日本企業が押しつぶされて働いているということを、当然として、苦しめるために、独善や犯罪を突き進むようです。
日本の団塊バブル世代の一部が、全く働かずに、団塊より前の世代の成果を、物心共に食いつぶして破壊して、団塊より後の世代などを債務奴隷にした事実は、いまだに、自分たちの浪費ために、働かないでも、金を刷ってよこせと、喚いていることから明白です。
日本の団塊バブル世代の一部は、実績として働かないで金を得たので、働いて金を稼ぐ必要があるということが実感として完全に欠如しており、働かないでも金があるのが当然だから、金をすればいいというのが、決して揺るがない搾取の実績に基づく確信になっているようです。
そもそも、日本の団塊バブル世代の一部は、労働によらない金や、労働に見合わない報酬が、搾取であることを知りながら、日本や日本企業や日本人を債務奴隷にして、こき使って、苦しめて殺すために、金を刷らして大金を労働なしに手に入れようとしているようです。



338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 22:39:20.42 ID:3Z5QjZqf0
ベルベル人が、アラブなら、別のまともなものが、カルタゴを受け継ぐべきでしょう。



339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 23:05:24.70 ID:3Z5QjZqf0
西欧などには、アラブテロリストの側に立つ暴力革命主義者や、部族掟でイスラムなどを踏みにじったアラブカルトの側に立つ絶対的無神論者などの文明の破壊者達(イルミナティのアラブ工作員?)が大勢政治家になって文明国や文明民族や文明を破壊しているようです。
西欧などには、まともな人間としての価値観をもたずに強姦殺人や近親相姦部族の抗争や独裁などの犯罪を文化として擁護犯罪への寛容を説く凶悪犯罪者や、テロや犯罪への寛容を説いて共犯になり、テロや犯罪への処罰を非難している暴力犯罪者が実在しているようです。
西欧などの、まともな人間の価値観をもたないアラブ側の凶悪犯罪者や、部族間抗争などの犯罪者の犯罪の自由のためにテロをするアラブ側の暴力犯罪者は、
世界各地にアラブの強姦部族の無政府殺戮状態を作り出して喜びながら大もうけし、直接侵略や間接侵略などで、まともな文明民族の民族浄化を進めており、文明国を破壊し、文明人を処刑して、人類の文明を破壊して、人間を苦しめ抜いて滅ぼそうとしているようです。
政治家であれ、知能が高いものであれ、なんであれ、反人類で反文明の、まともな人間の価値観を踏みにじる凶悪犯罪者や、犯罪者の犯罪の自由を求める暴力犯罪者などの犯罪者を処罰して滅ぼす必要があります。



340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 23:15:20.17 ID:3Z5QjZqf0
西欧などでは、テロリストや絶対的無神論者などの犯罪者によって、強姦などの犯罪を正義や文化や名誉とするアラブカルトやアラブテロリストなどによる、テロや移民や人口増加などの直接間接の侵略が進められ、このままでは人類の文明の根絶が予測されているそうです。
犯罪者や犯罪民族や犯罪国などを処罰して、根絶する必要があります。



341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/17(土) 23:17:54.73 ID:3Z5QjZqf0
>>304
テロと戦ったものもいるという説もあるそうです。(不明)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E7%B4%9B%E4%BA%89
第二次チェチェン紛争出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内, 検索
第二次チェチェン紛争(だいにじチェチェンふんそう)は、チェチェン独立派勢力(チェチェン・イチケリア共和国等)と、ロシア人及びロシアへの残留を希望するチェチェン共和国のチェチェン人勢力との間で発生した紛争であり、
一般的にソ連崩壊直後から1996年まで続いたものを第一次チェチェン紛争、1999年に勃発したものが第二次チェチェン紛争と分類する。
2009年4月16日に国家対テロ委員会は独立派の掃討が完了したとして対テロ作戦地域からの除外を発表、10年の長きにわたった紛争は終結した[1][2]。

紛争の再開 [編集]
チェチェンの独立派勢力がロシアからの独立を目指したことにより勃発した第一次チェチェン紛争は1996年に一応の終結を見ていた。1997年5月にはハサヴユルト協定が調印され5年間の停戦が合意されていた。
ところが1999年8月、独立最強硬派のシャミル・バサエフとイスラム原理主義思想を持つアミール・ハッターブに率いられた1500名程のチェチェン人武装勢力が隣国ダゲスタン共和国へ侵攻し一部の村を占領するという事件が発生する。
また同時期にモスクワではアパートが爆破されるテロ事件が発生し百数十名が死亡した(FSBの自作自演説有り[3])。これを受けてロシア政府はチェチェンへのロシア連邦軍派遣を決定。
ウラジミール・プーチン首相の強い指導の下、9月23日にはロシア軍が「テロリスト掃討」のため再びチェチェンへの空爆を開始し、ハサヴユルト協定は完全に無効となった。


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 00:46:11.58 ID:vMCJQwyF0
>>341
まともな人間としてのまともな価値観によるのかどうかは不明です。
まともな人間としての、まともな価値観によるならば、問題があっても、緊急避難や正当防衛などが認められうるのかもしれません。

一部の民族は、ユダヤ人の神やユダヤ人の神と同じものなどに照らして善を求めたり、問題を改めようとしたりしているのかもしれません。(不明)
一部の民族は、ユダヤ人の神やユダヤ人の神と同じものなどに照らして悪がないかを内省したり、問題を改めようとしたりしているのかもしれません。(不明)

西欧などの一部の国では、問題を認めて改めようとしているようです。しかし、守るべきまともな人間としての価値観が揺らげば、破滅するほかにないでしょう。
犯罪者が勝利すれば、文明や文化が破壊され、民族や国や人類は苦しんで滅亡するほかにないでしょう。
まともなものが、まともに生きるためには、犯罪者や犯罪民族や犯罪国の処罰が必要です。


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 00:47:19.89 ID:vMCJQwyF0
>>342
価値観が揺らげば、

まともな価値観が揺らげば、

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 00:48:40.36 ID:vMCJQwyF0
需要が10あるとき、国が10を供給した場合、国には過剰な負担がかかります。国がリスクを負えなくなり、国の供給事業の破綻が需要を満たせなくなるだけでなく、国家自体の破綻にもつながります。建て直しも事実上困難で不可能になります。
国が全てを負ってしまう社会主義では、責任や負荷が大きすぎるために、必然的に、リスクを取れなくなり、社会が停滞して、事故や自然現象などで、失敗した場合に、失敗をカバーして立て直そうとしても、国以上の力や支援体制などがなく、破綻することになります。
社会主義では、必要な食料さえ清算することができず、世界各地で悲惨な殺戮や独裁や独善やでたらめや戦争や混乱や人類滅亡の危機などをもたらし、多くの人々が苦しんで死にました。

しかし自由主義国の視点から見ると、需要が10あるときに、自由主義の下では、ある程度の自由によって、複数の供給者を配置できることになります。リスクを負って一部が破綻しても需要を満たせますし、立て直すべき上位主体の国がカバーできる場合もありえます。
日本のかつての大蔵省や財閥などは、主要産業を中心に、自由主義の下で、複数の供給者を、ある程度のコントロールをしながら、競争させたり、カバーしていたという説もあるそうです。
一部の国では、おそらく何らかの形で選別された巨大な事業家が、産業ごとにあるいは、複数の産業をある程度独占して、労働環境や、品質の工場や価格や供給を安定させ、資本家としての必要経費も得ながら、利益を福利や文明の向上などにも有効に活用したそうです。
倫理については、動機も向上心も努力も、人によって大幅に全く違います。金に色はないなどといってばら撒きやたかりやごまかしなどの犯罪にまで手を出すものもいれば、福祉は人を腐敗させる場合があるなどと慎重に考えるものもいるようです。
一部の国々では、金融機関や民族や選別された秘密結社などのなかの倫理の高いものがある程度機能しているなどという説もあるようです。
倫理の高いものが実力などで関与しない、通常人の市場などでは、産業革命時のイギリスのように、労働者の労働環境が悪化して平均寿命が大幅に短くなるなどしたり、環境が破壊され、品質や価格や供給が不安定になり、資本家さえもが破滅することになります。



345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 00:53:35.99 ID:vMCJQwyF0
>>342
ユダヤ人の神と同じものなどに

ユダヤ人の神と同じものに

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 22:13:43.94 ID:fYnVaM/a0
>>344
日本の方式には、自己責任をないがしろにするなどの大きな問題があって、問題の解決の努力がなされたそうです。
一部の国においても、一時期、独占による弊害などが問題視されて、分割などがなされて問題の解決の努力がなされたこともあったそうです。


347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 22:14:22.72 ID:fYnVaM/a0
>>346一部削除
一時期

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 22:42:05.24 ID:fYnVaM/a0
日本人の一部の酷い犯罪者は、信義を裏切り、憲法を酷く貶めることなどで、日本の信義や独立を貶めて、日本は自由や名誉に値しないとみなさせて、独善やでたらめや滅亡を繰り返そうとしているようです。
日本人が、日本人の一部の酷い犯罪者を野放しにすることで、共に協力して平和を守って人類の進歩に貢献してきた自由主義諸国の信義を踏み潰して、天皇や日本人の意思どおりの憲法を踏み潰し続けるならば、日本は独立や自由に値しないとみなされるでしょう。
日本人の一部の酷い犯罪者は、自国の伝統的な表現方法で表明された意思のとおりの憲法を貶めて、共に協力してきた自由主義の国々の信義を踏みにじって、独善に戻り、戦前と同じ過ちを繰り返して、日本や日本人や日本民族を苦しめ抜いて殺そうとしています。
日本人の一部の酷い犯罪者が、同盟国などにも尊重されている日本の意思で定めた憲法や、厳しい国際社会のなかで自由主義国として築いてきた信義を踏み潰して、勝利するならば、独立や名誉や自由どころか、日本や日本人や日本民族が亡ぼされることでしょう。
日本人の一部の酷い犯罪者は、そもそも秩序を求めておらず、自由主義の秩序や法治に反する多極や無政府状態を求める犯罪者であり、一度負けたくらいでなどといって、国際社会での自由や独立や名誉や責任などを踏みにじって、独善による破滅を求めています。
日本は、かつて独善によって自由主義の価値観や自由主義国の信義を裏切った犯罪を認めて改める必要があります。また、信義や価値観を破壊した左翼や独善を処罰して滅ぼさなければ、日本国や日本民族や日本人は、処罰されて亡ぼされるでしょう。
日本人の一部の酷い犯罪者は、日本や日本民族や日本人を苦しめて殺すために、日本の伝統や歴史や独立や意思などを踏み潰して、独善による日本や日本民族や日本人の滅亡のために、努力しています。
日本の一部の酷い犯罪者は、国際社会での日本の独立や信義などを破壊して、共に人類の進歩のために努力してきた自由主義の国々に襲いかかろうとしています。
日本人が、日本人の一部の酷い犯罪者による信義や憲法の破壊を処罰して根絶せずに、野放しにするならば、日本は国際社会での自由や独立などを失って、日本民族や日本国や日本は亡ぼされるでしょう。また、陰謀論が事実ならば、何らかの策略も止まないでしょう。

日本は、まともな自由主義諸国と共に、まともな自由や独立を確保して国際協調するよりも、独善やでたらめで、国際社会のまともな国々の信義や、伝統的な意思表示を踏み潰して、打ち勝ち、正当防衛や緊急避難で亡ぼされることを願うということでよろしいでしょうか。


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 22:54:00.03 ID:fYnVaM/a0
日本人の一部の酷い犯罪者は、内心においても邪悪を求めることでも極めて酷い犯罪者なので、憲法や信義を踏み潰して、勝利して、国際社会で日本が存在できないようにして、日本や日本民族や日本人を亡ぼすために戦っています。
日本人の一部の酷い犯罪者による憲法や信義の酷い罵倒によって、日本の地位は下がり続け、自由がなくなり続け、危険の認識はあがり続け、滅亡の危機はあがり続けて、いずれ、国際社会でのいかなる自由も存続の可能性も完全に断ち切られることでしょう。
日本人の一部の犯罪者が勝利して、憲法や信義を踏みにじって亡ぼすならば、日本や日本人や日本民族は、国際社会での地位や存続の可能性を完全に失って、破壊されて亡ぼされるでしょう。

日本人の一部の犯罪者は、憲法で昭和天皇などの意思を尊重された事実や、強力な軍事力などによる平和維持や復興支援などで示された信義を裏切って、踏み潰して、独善を突き進み、国際社会の全てから拒絶されて、日本人や日本民族や日本国を亡ぼそうとしています。

日本人の一部の犯罪者は、国際社会は腹黒いとか厳しいなどといっていますが、事実ならば、日本は完全に滅んでいたでしょうし、そもそも、一部の近隣諸国は、自国民の殺戮や、民族浄化などを繰り返してきたようです。
ある種の民族などや国際社会のまともな自由主義国の倫理や、善を求める努力などを認めて、協力して平和や自由主義や人類の進歩などに努めない限り、いずれにせよ、日本は日本でなくなったり滅亡するほかにないでしょう
一部の日本人の恩知らずな同盟国への罵倒や裏切りを聞いたならば、世界の多くの人々が日本人を恥じたり、怒りを感じたり、まともな人間とはいえないというようなある種の確信を強めることでしょう。

日本人は、信義や平和を与えられると同じように憎悪して襲い掛かって何度でも戦って勝利しようとすることから、信義や平和よりも犯罪や戦争を願っているとみなされたり、緊急避難や正当防衛で亡ぼされるということで、よろしいのでしょうか。



350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 22:59:52.61 ID:fYnVaM/a0
日本人が、日本の凶悪犯罪者を処罰して根絶せずに、自国の伝統的な意思表示のとおりの憲法や、国際社会における信義を踏み潰して、独善や戦争で勝利して、スカッとするために、強制や殲滅を願い続けるならば、日本は亡ぼされることでしょう。
日本の凶悪犯罪者は、尊重されてきた自国の決定や、平和よりも、互いを尊重しあう国際協調や協力関係に基づく平和よりも、独善や戦争で、スカッとすることを願い、強制や殲滅を願って、激しく戦っています。

日本人の凶悪犯罪者は、ある種の中毒者のように、理性を失うなどして気分よく独善を突き進み、スカッとする状態を求めており、国際社会の信義や平和を踏みにじって、独善のままに、スカッとすることを求めて、国や民族や人々の破滅を繰り返すようです。
日本の凶悪犯罪者にとっては、国も民族も人々も全く無価値であり、象徴も伝統も歴史も民族の意思も国家の存続も文明も理性も無意味であり、自国の信念や信義を破壊して独善をひたすら突き進んで、ただ、気分が、スカッとすることだけを、最高の価値とするようです。
日本の凶悪犯罪者にとっては、伝統を踏みにじろうが、国際社会の信義を踏みにじろうが、平和を踏みにじろうが、国が滅ぼうが、民族が殲滅されようが、歴史が断たれようが、人々が苦しんで死のうが、独善が勝利して、スカッとすれば平気のようです。

日本の凶悪犯罪者は、人々を苦しめて殺し、国を亡ぼし、民族を殲滅し、歴史を断ち切って、独善を突き進んで、スカッとすることを求めています。

日本人は、日本の凶悪犯罪者がスカッとするために凶悪犯罪を繰り返すのを野放しにして放置して、独善で暴走して、殲滅されて滅ぶために、信義を踏み潰して、国際社会のまともな国々に勝利して、正当防衛や緊急避難で亡ぼされるということでよろしいのでしょうか。


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 23:09:09.27 ID:fYnVaM/a0
日本が近隣の国々のために努力したように、アメリカがかつて戦った日本に対して信義を示して平和を守り、日本の復興や進歩などのために、忍耐を示し努力したことを、多くの国々が知っています。
一部の日本の近隣の国々に大義がないように、日本が再び国際社会を裏切って信義を失い、独善のために、国際社会の信義や平和などを踏み潰そうとしていることを、多くの国々が知っています。

日本にうそ偽りのない誠の心があれば、信義や平和を守って、まともな国々と協調をして、かつて信義を裏切って独善に走った間違いを改めて、恩義に感謝して、役目の違いはあっても対等の独立国として自己責任を果たし、連携や防衛などに努めることでしょう。
一部の日本の近隣の国々も、日本が改心すれば、ある種の警戒の意味がなくなったり?、日本の改心を見習って、間接直接の侵略やでたらめをやめて、相互の独立や信義や平和を守って協調するかもしれません(不明)。しかし、全く無関係だったり学ばないかもしれません。

理性や善に勝つのは簡単であり、一部の日本の近隣の国々や、日本人が示したように大義のない独善であれでなんであれ、勝利は容易に得られます。犯罪者は、理性や善や大義に打ち勝って、独善で、人々や民族や国を苦しめて殺せれば、大満足で大喜びのようです。
現実に日本人の一部の凶悪犯罪者は、未だに大東亜戦争を続けておけばよかったと主張しており、協調や平和を求める天皇などの日本人の一部による日本の自治や独立や自由が不可能であることを証明しようとしています。

理性や善に勝利した国や民族や人々はたくさんあるようです。多くの国や民族や人々が、理性や善を踏み潰して、打ち勝って、邪悪な犯罪者として滅んでいったのが歴史の事実です。
民族であれ国であれ人であれ、犯罪者を処罰して亡ぼす必要があります。

ちなみに、破滅に至るものを救済できると考えるのは、傲慢です。傲慢は大罪とされているようです。
また、破滅に至るものを救済できると考えるのは、執着です。執着から脱することが求められているようです。


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/18(日) 23:14:48.41 ID:fYnVaM/a0
>>338
アウグスチヌスなどを生み出したまともな国を受け継ぐ必要があります。
カルタゴという名称が独善などで破滅した国を連想させるなどの誤解などがあるならば、改称するべきでしょう。



353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/20(火) 21:41:21.96 ID:pxt1ekfP0
アラブが邪悪なカルトであるという基本認識を持つ必要があります。
アラブはイスラムやムハンマドと無関係の邪悪なカルトです。
アラブは、カルトであり、文明ではありません。
アラブは、民族浄化を実行し、間接直接の侵略を続け、まともな価値観を持たずに、人類の文明を破壊する凶悪犯罪者です。
アラブを処罰して根絶する必要があります。



354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/20(火) 21:42:35.91 ID:pxt1ekfP0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E
1991年から翌年にかけて「従軍慰安婦」問題の連載キャンペーンを展開。吉田清治著の『私の戦争犯罪・朝鮮人連行強制記録』にある「昭和18年(1943年)に軍の命令で韓国の済州島で女性を強制連行して慰安婦にした」という体験談を、4回にわたり報道した。
この「体験談」は拓殖大学教授(当時)秦郁彦の調査により嘘であることが判明し[179]、吉田清治本人も一部がフィクションであることを認め[180]、朝日新聞も「確認できない」という事実上の訂正記事を出した[181]。
また、1991年8月11日付の朝日新聞は、社会面トップで「思い出すと今も涙」「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」とのタイトルで、
「日中戦争や第二次大戦の際、女子挺身隊として戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍慰安婦のうち、一人が名乗り出た」と報じた(記者は植村隆)。
この朝鮮人慰安婦の「女子挺身隊として戦場に連行され」たという話にも、「当時、女子挺身隊という制度自体が無いばかりか彼女は親により公娼として売られたことを語っており、全くの捏造である」との反対意見が出された[182]。

朝日新聞には人道はありません。
朝日新聞の社員などはごまかしとたかりの凶悪犯罪者です。


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/20(火) 21:43:55.98 ID:pxt1ekfP0
>>354

http://www.asahi.com/paper/editorial20111219.html
日本と韓国―人道的打開策を探ろう


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 18:31:33.20 ID:DwJSIGML0
これまで、日本人の一部を独善と書いてきましたが、独善ではなく、邪悪のようです。
日本人の一部に対して用いた独善については、邪悪に訂正します。


人が独立するということは、社会の中で、信頼を得て、認められて働いて自立することを意味しています。
社会の秩序を壊したり、社会を侮蔑や破壊するなどして、身勝手に振舞ったりでたらめをするのは犯罪者です。
世界には、国際社会のなかで、犯罪者として振舞うことを、主権の行使とみなしているならずもの国家が多くあります。
ならず者国家は、間接直接の侵略をしたり、多極化や無秩序を求めて、でたらめや犯罪をつきすすんでいます。
ちなみに日本人の一部は、ならず者国家になることを、戦後体制の打破と呼んでいるようです。
日本人の一部は、明治大正の国際社会との協調の中で独立を目指して来た自由主義国の日本ではなく、近衛文麿体制のならずもの国家としての社会主義などの日本への回帰を主張しているようです。
明治大正の日本は、自由主義に基づく国際協調路線をとっており、近衛文麿の日本は邪悪なならずもの国家です。
日本は、自由主義国の一員であり、人類の健全な進歩や、まともな国際社会の秩序維持に貢献する国です。
ちなみに、聖書によれば、人類の健全な進歩に貢献して成果を上げない国や民族などは、土地などを取り上げられるそうです。
基本的に、人類は、民族国家を選択しています。人類の文明の進歩のために協力し合うことは重要ですが、反文明や文明と無関係な移民や人口増加による侵略や、地域侵略などは間接侵略であり、侵略であり、犯罪です。

国であれ民族であれ、犯罪者が処罰されるのは当然です。


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 18:34:35.76 ID:DwJSIGML0
多くの日本人は、まともな人間として、日本の社会で、日本の社会人として一人前の責務や義務を果たし、日本の社会の一員として認められて、信頼され、働いて自立して、友や名誉や報酬などを得るなどすることを、独立したとか一人前になったと考えることでしょう。
日本人にとって、独立するということは、日本社会を無視して、身勝手に振舞うことや、日本社会の法や秩序や制度などを無視して周辺の気に入らないものを暴力で屈服させることや、多極化や無秩序を求めたり、ならず者になって恐れられることではないでしょう。
一部の日本人は、ならず者でなければ独立しているとは言えず、ならず者以外は奴隷や植民地だから、ならず者になって、中国やロシアや韓国や北朝鮮のようなならず者に怯えて、恩義や信義を示した自由主義の国々に襲い掛かろうと主張しているようです。
まともな日本人がいるならば、日本人の一部の邪悪な犯罪者を処罰して亡ぼす必要があります。



358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 18:37:29.22 ID:DwJSIGML0
団塊世代の一部は、戦争の影響もなく子供の頃から甘やかされ、青年期にテロリストになっても非難も処罰もされず、高度成長期に怠けて、バブル期にむさぼり、不況期に支援を受けながら金を溜め込み、年金のために国や労働や財政の破壊を主張しているようです。
しかも、子供の頃から恩義ある親や社会を、軍国主義者と罵倒し、占領されても抵抗もしない戦後体制の日本人と恨み蔑み、青年期には国や社会を破壊し、高度成長期には会社や仕事を拒否し、バブル期が忘れられず、不況期に支援した国などを逆恨みし、恩を仇で返すようです。
一部の日本人にとっては、恩義を与えてくれたものや、善などを求めるものは、弱者であり、食い物なのでしょう。恩義に仇で報いて、襲い掛かって食い物にして生きることが、実績となっており、経験に基づく、確固たる人生の核心思想になっているのでしょう。
一部の日本人は、たかりやごまかしなどの犯罪者です。犯罪者を処罰して亡ぼす必要があります。



359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 18:44:39.40 ID:DwJSIGML0
日本人の一部は、日本の伝統的な意思表示によって示された意思決定でなく、憲法を貶める唄を作った中曽根康弘や、伝統にのっとって示された日本の意思を占領憲法などと主張した白州次郎などの傲慢や恨みを、日本の本心としているようです。
日本人の一部にとっての、日本の本心とは、日本の伝統によって表示された正式な意思決定ではなくて、中曽根康弘や白州次郎のような、国よりも自分の名誉や感情を重視したり、傲慢や恨みなどで国の存続を見失う種類の人物の意思なのでしょう。
また、日本人の一部は、国際協調主義や自由主義ではなく、多極化や無政府状態でのならず者国家になるために、日本や民族や人々を苦しめて殺す凶悪犯罪者のようです。
実際に日本人の一部は、日本は実質的に敗戦したことがなかったので、たった一度の敗戦で、自由や平和を押し付けられて、独立を失ったと主張しているようです。一部の日本人にとっての日本とは、近衛文麿体制の配給制の社会主義の戦争国家であり、ならず者国家のようです。
一部の日本人は、伝統的な意思表示を無視して、中曽根康弘や白州次郎のような恨みを日本の本心と主張して、伝統によって示された国民の総意や、文明を求め信義を心がけ国際協調のために努力した明治期などの日本人などを、平気で無視して踏み潰しています。
日本人の一部は、自由主義諸国との平和的な協調を選択した天皇や日本人が邪魔で、憎悪犯罪が発揮できないので、自由や平和を敗戦で押し付けられたことにして、アメリカの信義を踏み倒すことで、文明や信義や国際協調を求める天皇や日本人を踏み潰すようです。

この構図は、かつて高村光太郎が、アメリカ留学で感じた個人的な恨みの体験に寄せて、日本人は明治維新以来ずっと本心を隠して、西欧を破壊するために西欧文明を学んだが、十分に実力を身につけたので、西欧と戦争して打ち倒そうと主張したのと似ています。
苦労を知らず、傲慢で、他人や社会などを見下しており、働かないで暮らしたり、ちやほやされるのが当然だと考える者にとっては、高村光太郎のような傲慢で、恨みがましく屈辱を言い立てるような心象が身近に感じられ、他者を攻め立てるようになるのでしょう。
高村光太郎は、実際に差別されたか差別されたように感じて、欧米を恨むようになったそうです。それで、自分は初めから西欧芸術など学びたくなかったが、手段として学んだまでだなどと、無理やり合理化した自己の経験を、そのまま日本になぞらえたのでしょう。

しかし、人生にも国にも多くの困難があり、勉強など出遅れをとったら勉強が必要でしょうし、台風や地震などの理不尽な災害などもありうるようです。しかし、通常人は、困難や災害などを乗り越えて、対策しながら、努力していることでしょう。


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 18:47:42.76 ID:pU9AxKK/0
>>359
中曽根康弘や白州次郎は、有意義な仕事をしたとされているようです。
日本人は有意義な仕事については感謝すべきでしょう。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 18:52:20.83 ID:DwJSIGML0
>>359一部訂正
日本人の一部にとっての、日本の本心とは、日本の伝統によって表示された正式な意思決定ではなくて、中曽根康弘や白州次郎のような、国よりも自分の名誉や感情を重視したり、傲慢や恨みなどで国の存続を見失う種類の人物の意思なのでしょう。

日本人の一部にとっての、日本の本心とは、日本の伝統によって表示された正式な意思決定や、中曽根康弘や白州次郎などの有意義な仕事ではなくて、国や民族や人々のための仕事とは別の、個人的な恨みや感情などのことのようです。
しかし、おそらく、社会人として、公私を分けるように努力していたことでしょうし、職業人として、感情よりも仕事を優先していたことでしょう。(不明)



362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 18:53:25.00 ID:DwJSIGML0
>>359

実際は、明治天皇の写真を見れば明らかですが、洋服を無理やり着ているどころか、気に入って着こなしていたようです。また、昭和天皇も本心から自由主義国との協調を願い、人々の文化的な暮らしや、日本の人類の文明の進歩への貢献に満足していたようです。
高村光太郎は、初めから国の存続よりも個人の恨みを晴らすことを求めていたので、西欧文明を選択した天皇や日本人が憎くて仕方がなかったのでしょう。それが、左翼のでたらめで戦争になったので、最初から天皇や日本人が西欧を憎んでいたことにしたのでしょう。
高村光太郎は、戦後になって、かつて戦争を煽る氏を書いたことを後悔したというような説もあるそうです。いずれにせよ、国の存続よりも、個人的な恨みの発露を求めたり、時刻の意志や信義よりも、恨みや、スカッとすることなどを求めたのでしょう。
日本には戦前も戦後も、毎日大量に、左翼による執拗な欧米憎悪や非難の声が流れています。それに加えて、人気詩人などにより、多くの日本人が自然に欧米を憎悪し、たとえ破滅が明白でも、戦争を望むようになったのでしょう。今の日本人も反米が多いようです。
日本人の中でも、苦労のない、団塊世代や、一部の恵まれたものなどにとっては、自国が決定して(おそらく軍事指導者のレベルで奇襲を選択したのだろう)始めた戦争に敗戦して苦労したことでさえ、不当な屈辱や、陰謀にしなければ気がすまないのでしょう。
傲慢でちやほやされてきて苦労を知らず、全能感があるか、なんでも思い通りにならなければ気が済まず、思い通りにならなければ、全て他者のせいにして、責任を追及する、凶悪犯罪者のような人格が、国よりも、不合理な感情のわだかまりを優先するのでしょう。
日本人の一部は、以前から伝統や自国の意思決定を否定して、憎悪を突き進む機会を求めてきたようです。欧米は惜しみなく文明を教授し、支援したようですが、日本人の一部は、恩義をあだで返すことや、国際社会の信義の破壊を願う、ならずもののようです。


363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 18:56:57.40 ID:DwJSIGML0
中曽根康弘は、定年制を押し付けられて、党との約束を反故にされて辞めさせられたそうです。酷い扱いですが、日本を亡ぼすことが明白な民主党政権を支持する理由にはなりません。名誉回復を求めるなら、健全な方法によるべきだったのでしょう。
白州次郎についても、中国やソ連による占領が、民族浄化や皆殺しであり、多くの国や地域が中国になったりソ連の領土になっているということを理解しておらず、現実の敗戦の意味を理解していません。アメリカは通常の国より遥かに高い倫理で行動しています。
また、昭和天皇などの一部の日本人を除いて、ユダヤ人が、現実に民族を殲滅する意思や能力があることや、終戦の詔勅で示された日本の意思を受けて特別な信義を示したことを理解していないようです。ユダヤ人が独自路線を認めるのは、極めて大きな例外です。
アメリカは日本が社会主義化することを望んでいないでしょうが、ユダヤにとってはどちらでもかまわないことでしょう。社会主義を採れば社会主義役のユダヤが関与して誘導するだけのことであり、シナリオの中で社会主義の役目を振るだけのことでしょう。
日本人の一部を見れば明らかですが、伝統を主張しながら伝統を踏み潰したり、国や民族や人命や伝統などよりも個人的感情を重んじるものがいるようです。おそらく理性を悪用するものならば、感情を誘導して行動を制御することが可能なのでしょう。(不明)
いずれにせよ、恨みなどの感情を何よりも優先する絶対的無神論者が、真実を追究するものに、真実において勝利することはありえません。日本史を分析した北朝鮮工作員が、日本を誘導して対米憎悪を煽って成功しているように、北朝鮮にも操作されうるでしょう。
ユダヤ人が、独自路線を認めたり、容認するのは極めて大きな例外です。貴重なものを与えて、どのように振舞うかで、日本人を試みているのかもしれません。あるいは、いずれ日本人が、憲法を踏み潰して、協定を破壊するとみなしているのでしょう。
一部の日本人は、憲法を非難して、憲法を変えれば、北朝鮮の問題を解決したり、自衛ができるなどと主張しているようですが、全くの間違いです。北朝鮮の後ろには中国やロシアがいます。日本が、日米同盟などの連携なしに、単独で自衛をするのは不可能です。
日本人の一部は、通常の敗戦国のように振舞ったり、通常の敗戦国として扱われたいと熱心に主張しているようですが、憲法を踏み潰せば、望みがかなって、独自路線を失い、北朝鮮のような国になるか、あるいは、中国領やロシア領などになることでしょう。
ソ連や中国に接している国々は戦後秩序の中で当然のように、ソ連や中国などに飲み込まれたようです。ちなみに、フランスや西ドイツは自由主義国に接していて自由主義になったようです。ちなみに、日本の隣には、ソ連と中国が両方あったようです。
また、フランスやドイツは、自由主義国との連携や協力の中で、自由主義秩序の中で一応の社会人として振舞っています。自由主義諸国の国際社会そのものの破壊者は、犯罪者として処罰されたり、ならず者国家の一員となったり、ならず者国家に吸収されたようです。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 19:01:26.50 ID:DwJSIGML0
仮説。
日本国憲法の成立には、アメリカなどの国々だけでなく、ユダヤ人が関与しているという説があるそうです。
日本人が何らかの形でユダヤ人の信じている神と同じ神を信じているとしても、ユダヤ人や国際社会などが容認したり認定しなければ、意味がなかったり、なんらかの問題がおきるかもしれません。(不明)
たとえ、日本人が、ユダヤ人の信じている神と同じ神を信じていると主張したとしても、ユダヤ人や国際社会などが容認したり認定したりした、協定?を破壊してしまえば、容認や認定も当然に破壊されることにも、なりうるのかもしれません。(不明)
ユダヤ人が、日本を容認したり認定したとする根拠は、日本国憲法しかないようにも思えます。(不明)
日本人がユダヤ人が関与した日本国憲法を、憎悪したり破棄することは、おそらく、単に、日本人の総意を否定するだけでなく、極めて重大な結果をもたらすことでしょう。(不明)



365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 20:16:02.09 ID:GIQ4ZrMW0
>>356一部訂正
社会の中で

健全な社会の中で

社会の秩序

健全な社会の秩序



アブラハムやモーゼなどについていったユダヤ人には、白人などもいて、ユダヤ人になったことでしょう。
しかし、少なくとも、アブラハムの時点で、ユダヤとアラブは決定的に分かれたか、全く違うと認識されたようです。

ユダヤとアラブは全くの別物です。


366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 20:16:35.36 ID:GIQ4ZrMW0
>>363一部訂正
酷い扱いですが、

しかし

ユダヤ人が独自路線を認めるのは、極めて大きな例外です。

ユダヤ人などが日本を認めたということは重要です。
聖書を前提として、日本について、なんらかの判断するには、ユダヤ人などが日本を認めていることしか根拠がないのかもしれません。(不明)


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 20:19:17.35 ID:GIQ4ZrMW0
>>363一部訂正
ユダヤ人が、独自路線を認めたり、容認するのは極めて大きな例外です。貴重なものを与えて、

ユダヤ人は、当面、日本の独自路線を認めたり、容認することで、日本が



独自路線そのものは極めて困難ですし、独自路線そのものは貴重ではありません。
結果を実によって判断することが重要です。
いずれにせよ、ならず者国家を求める凶悪犯罪者を放置すれば、日本は破滅するほかにないでしょう。

日本の独自路線や歴史などが凶悪犯罪者を生み出し破滅を繰り返す原因とみなされれば、日本は、独自路線を破棄して、まともなものにとって貴重で大事な健全性や、まともなものとの協調を優先するように求められるかもしれません。(不明)

日本社会においては、会社や学校などの公の場で、仕事や勉強などよりも、個人的な感情やわだかまりを優先することは名誉や正義や文化なのでしょうか。
国として、信義や公正よりも、個人的な感情やわだかまりを優先することは名誉や正義や文化なのでしょうか。



368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/21(水) 20:20:27.59 ID:GIQ4ZrMW0
>>363
振舞っています。

振舞っているのでしょう(不明)。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:20:58.28 ID:mMzgd4Wi0
>>344
日本は創業のリスクや初期投資などを国家がある程度負担して、最初からある程度の品質や労働条件などを満たそうと試み?、産業を選択的に育成したようです。また、元々払い下げなどを前提にしており、経営が軌道に乗れば民間部門の自由や自立に委ねたようです。
日本は、企業経営の自由や、銀行の与信能力や自由などを、基本的に信頼しており、原則として自由に委ねながら、調整しようとしていたのでしょう。(不明)

一部の地域では銀行を直接経営したようですが、問題がおきたり、腐敗があったという説もあるようです。(不明)
基本的に、銀行の与信能力を信頼した上で、地域や国などの公共の福祉の観点から、重要な産業などを、効果を検証しながら支援したり、従前の問題点を改めて、連携や統廃合や改革や売り込みなどを支援するべきだったのかもしれません。(不明)


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:21:42.80 ID:mMzgd4Wi0
>>353
カルトであり、

邪悪なカルトであり、


>>359
合理化

ごまか


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:22:18.12 ID:mMzgd4Wi0
>>362
、全能感があるか

、でたらめを押し通してきたか、

なんでも思い通りにならなければ気が済まず、

恨みや差別などの感情や不合理やでたらめや犯罪などを押し通さなければ気が済まず、


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:28:19.60 ID:mMzgd4Wi0
>>362
アメリカは、多くの民族によって、構成されている特別な国です。
アメリカにも、さまざまな問題があり、さまざまなものがいることでしょう。
アメリカの優秀なものの中には、元日本人の優秀なものもおり、アメリカの邪悪なものの中には元日本人の邪悪なものもいることでしょう。
アメリカの優秀なものの中には、世界中の優れた民族の優秀なものがおり、アメリカの邪悪なものの中には世界中の邪悪な民族の邪悪なものがいることでしょう。

アメリカは優秀さのみで成り立っているわけではなく、現実には、邪悪や危険もありうることでしょう。

どの国や民族にも邪悪なものがいることでしょう。

アラブはずっと邪悪が勝利しており、自然の選択を歪めて、より邪悪なものを選んで、さらに、ダメージを与えて、邪悪を量産しているようです。
アイルランドは、まともなものが邪悪と戦わずに、逃げ出しているので、邪悪が滞留して野放しになっているようです。
しかし、アイルランドのまともなものは、逃げ出すのではなく邪悪と戦ってまともな国にするべきだったのでしょう。また、逃げ出したものも、アイルランドを大事に思うものがいるなら、アイルランドの邪悪と戦って処罰するべきだったのでしょう。
しかし、もともと、ローマ兵の子孫や、何らかの移民などで移転しただけで、民族に会わない環境なので、まともなものは、適した土地を求めているのかもしれません。


373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:44:00.70 ID:CVYCacpU0
どの民族でも国でも個人でも、まともなものが邪悪なものを処罰しなければ、まともな社会は成り立ちません。


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:44:34.47 ID:CVYCacpU0
http://www.bllackz.com/2011/10/blog-post_20.html?m=1
2011年10月20日木曜日イスラムの石打ちの刑というのは実際どのようなものなのか
R18
ソマリアは国家が崩壊しているので法治国家には成り得ない。そこで、犯罪者はソマリアの国教であるイスラムに則って、イスラム法(シャリーア)で裁かれることになる。
シャリーアはアフガニスタンでもイランでもそうだが、「目には目を、歯には歯を」の罰則がいまだに生きており、たとえば泥棒の右手を切断するだとか、子供の腕を轢くだとか、そういった刑がまだ普通に行われている。

シャリーア(イスラム法)
イランでは、女性に酸を浴びせた男にもその罰は同じ酸で目を焼くという刑が執行される寸前までいった。これが実行されなかったのは女性が中止を求めたからであり、別に裁判官が残酷だと思ったからではない。
公開処刑もまた多く、イランでも絞首刑やムチ打ちなどは公開処刑で行われることが多い。
このシャリーアは不倫(姦淫)にもまた強い姿勢で臨んでいることもよく知られている。
不倫をした男女は共に死刑だ。しかも「石打ちの刑」あるいは「絞首刑」である。こういったイスラムの刑については以前にも取り上げた。
・女性に酸を浴びせて顔を損壊させる事件の裏に何があるのか
・イランの公開処刑。政府に楯突いた人間は容赦なく公開処刑
石打ちの刑というのは下半身を土に埋めて、罪人が死ぬまで石を投げて打ち殺す刑である。
女性の場合は、処刑する男たちに引き回されて、その場で石を頭に打ちつけられて殺されることもある。
抵抗していた女性も、レンガくらいの石を思い切り頭に叩きつけられてぐったりしたまま、なおも石を投げつけられて殺されていく。
その状態を写した動画もある。ある18歳のクルド人女性は、別の宗教の男と恋に落ちて処刑された。女性を集団で殴る、蹴るの制裁を加え、下半身を脱がして辱めて殺す。
刑というよりもリンチに見えるがどうだろうか。


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:44:55.88 ID:CVYCacpU0
アフガンのタリバン支配下の石打ちの場合は以下のような感じだ。まず女性を石で打ち殺し、次に男を引っ張り出して来て、目隠しして集団で石を投げつける。
レイプされた女性は、レイプされた方に非があると認識されるので、女性が殺される。銃殺だと、以下のような感じになる。

ソマリアに関しても、不倫した人間を「石打ちの刑」にする。この写真は男女共に石で打ち殺されているのだが、女性のほうを殺す写真は残っていない。
女性が男に抱かれたというのが問題
イスラムでは女性の地位は極端に低く見られる傾向がある。
たとえば不倫などでは男は無罪なのに女が断罪されたりする。レイプされたのも女が悪いという話は理不尽だが、イスラム社会では珍しいものではない。
また、ほとんどの地区では婚外セックスなど言語道断である。
そういったものが発覚した場合は、シャリーアの前に家族がその女性を殺害することが多い。彼女を殺した家族の人間はシャリーア法によっては無罪にされる。
不貞を働いた女性を処罰して家族の名誉を守ったのだから、こういったものは「名誉殺人」と言われている。あちこちの男とセックスをするような女は「殺されて当然」というわけだ。
殺されなくても鼻を削ぎ落とされるのも珍しくない。さしずめ、ビビ・アイシャはその典型的な例だったが、同じ刑に遭った女性は数多い。


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:46:04.73 ID:moy2bLOi0
人民総ヤクザ支那狂獣どもを地球上から一匹残らず殲滅せよ人民総ヤクザ支那凶獣どもを地球上から一匹残らず抹殺せよ
人民総ヤクザ支那害獣どもは自ら妄信した共産党の戦車により轢断死骸と化せ
人民総ヤクザ支那狂獣どもは自ら招いた環境破壊により知障・身障・奇形児を量産せよ
人民総ヤクザ支那凶獣どもは自ら招いた砂漠化により灼熱の砂の中で生き埋めになれ
人民総ヤクザ支那害獣どもは食糧輸入を停止し計画育成によって強制堕胎した胎児を食み、自給自足を励行せよ
人民総ヤクザ支那狂獣どもは第二次文革を実施し、13億匹の人民畜を直ちに粛清せよ
人民総ヤクザ支那凶獣どもはあらゆる文明機器を放棄し、人文道徳のみを学習せよ
人民総ヤクザ支那害獣どもは自ら築いた脆弱な建造物崩壊により、血塊・肉片と化せ
人民総ヤクザ支那狂獣どもは自ら築いた脆弱なダム決壊により、存分に毒水を飲め
人民総ヤクザ支那凶獣どもは劣化コピー・知的所有権侵害を禁ずるために脳みそを摘出しlenovoを埋め込め
人民総ヤクザ支那害獣どもは食糧問題を侵略・収奪ではなく、亜硝酸塩、メラミンミルク、地溝油、髪の毛醤油の摂取により解決せよ
人民総ヤクザ支那狂獣どもは舌を抜き、手首を切断することにより国際社会に恥じぬ常識人に昇華せよ
人民総ヤクザ支那凶獣どもは軽挙妄動を封殺するために四肢を切断せよ
人民総ヤクザ支那害獣どもは死臭・腐敗臭に勝る体臭を巻き散らさぬよう硫酸で毒皮を溶解せよ
人民総ヤクザ支那狂獣どもは直ちに自己批判と総括を行え
人民総ヤクザ支那狂獣どもを地球上から一匹残らず殲滅せよ人民総ヤクザ支那害蟲どもを地球上から一匹残らず屠殺せよ
東シナ海を人民総知恵遅れ魑魅魍魎シナ畜の水葬墓場にせよ
http://ameblo.jp/margarita01/image-10188393791-10127361048.html
http://moniquemonicat.wordpress.com/2009/10/14/chinas-boiling-eating-babies-warning-very-graphic-photos/
http://funreadingemails.blogspot.com/2007/07/canibalism-eating-baby-for-health-china.html


377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:48:33.69 ID:CVYCacpU0
アラブのように、邪悪が支配すれば、強姦殺人や暴行や脅迫などの犯罪が名誉や正義や文化となり、社会がでたらめになります。
アイルランドでも、テロや侵略が、などの犯罪が名誉や正義や文化となっており、自身の犯罪を全て正当化し、他者を貶め、脅し、攻撃して、内省もなく、善を求めることもなく、でたらめをしています。


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 22:49:03.99 ID:CVYCacpU0
>>377一部削除
が、

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 23:13:21.61 ID:PTa3j1D90
まともなものが、まともに生きるには、犯罪の処罰が必要です。
少数民族であれ、多数民族であれ、反文明のものや、健全な文明の進歩に貢献しないものや、犯罪者を処罰して亡ぼす必要があります。
人類は、多くの生命などに支えられて生きています。人としての健全な成果を上げて、人として健全に成長して、人としての責務を果たす必要があります。

また、民族によって性質が異なるので、互いの国や民族などを尊重して、ある程度の適切な距離を保って、交流などをするべきでしょう。




380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 23:18:11.36 ID:PTa3j1D90

多くのまともな民族は人口においても均衡に向かっているようです。
一部の、人口爆発している民族については、抑制などが必要でしょう。
人類の文明などの向上のためでなく、人口侵略などの侵略を続けるものが実在するならば、処罰して亡ぼす必要があります。
ただし、文明などの向上のために必要な、指導や教育などは重要です。

民族国家は重要な単位です。
しかし、自由主義においても健全な秩序を保つがあり、公共の福祉による制約や、犯罪の処罰が必要です。
成果を上げなかったり、犯罪者については、民族であれ国であれ、取り除かれたり処罰されて亡ぼされます。
自国が遅れているならば、遅れた国からの移民などは、なおさら自国に戻って発展に貢献するべきでしょう。


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 23:20:05.54 ID:PTa3j1D90

処罰などに当たっては、人道などについても配慮するべきでしょう。


382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 23:21:12.30 ID:PTa3j1D90
>>381
配慮するべきでしょう。

できるだけ配慮するべきでしょう。

383 :〓偽物〓2011〓ブランド:2011/12/23(金) 12:29:56.56 ID:iC/gCgVL0
〓偽物〓2011〓ブランド
末の弟は誠実と信用第一主義
私の途切れない努力
家庭のもっと良い生活のために
http://www.2chshop.com

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 12:45:47.75 ID:zbLm/ciD0
中国・北朝鮮は「独裁、反自由、非人権」の価値観。
韓国は10年ちょっと続いた政党は新民党だけ。
職業政治家というものが育つ土壌がない。
時の権力者の宗族(血族みたいなもの)が利権を食い荒らし、
政権が変わると汚職と不正蓄財の調査が始まり饕餮(とうてつ・シナ古代の貪欲なる獣)らは
縛に就く。しかし恩赦ですぐ出てくる。昔は濫赦と呼ばれていた。
その間、別の宗族がまた富を蕩尽する。
彼らはこの価値観に日本を引きずりこみたがっている。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 20:01:16.81 ID:WO6NNOsJ0
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2847185/8226202
政治危機深まるイラクで連続爆発、死傷者多数 バグダッド
2011年12月23日 12:04 発信地:バグダッド/イラク
【12月22日 AFP】(一部更新)駐留米軍が完全撤退してまもないイラクの首都バグダッド(Baghdad)で22日、朝のラッシュアワーを中心に10件以上の爆発が相次ぎ、60人が死亡した。
 イラク保健省のジアド・タリク(Ziad Tariq)報道官はバグダッドで計60人が死亡、183人が負傷したと発表した。
 バグダッド治安当局の報道官、カシム・アタ(Qassim Atta)少将はAFPの取材に対し、「重要施設や治安部隊は狙われなかった。
標的にされたのは子どもの学校や、日雇いの労働者たち、汚職摘発機関などだ」と語り、爆発は市内全域で起きているが、何者による犯行かを語るのは時期尚早だと述べた。
 汚職摘発機関の事務所は、自爆犯1人が運転する爆発物を積んだ車で攻撃され、上級捜査官5人を含む23人が死亡した。この他に道路やカフェ、市場でも爆発があった。
 これに先立ち、バグダッドの北ディヤラ(Diyala)州の州都バクバ(Baquba)郊外で同日早朝、両親と娘2人、息子1人の一家5人が射殺される事件が起きた。
 この一家の父親と息子は、イスラム教スンニ派の部族による反アルカイダ(Al-Qaeda)の治安組織「覚醒評議会(Awakening、サフワ、Sahwa)」のメンバーだった。サフワは06年後半から米軍に協力し、反体制勢力対策に貢献した。
 さらにイラク北部の都市モスル(Mosul)で軍の検問所が銃撃され、兵士2人が死亡した。
 22日の連続爆発と銃撃事件による死者は合わせて67人となり、イラク全土の17都市で爆発が相次ぎ、計74人が死亡、200人以上が負傷した8月15日以降で最悪のものになった。


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 20:01:41.31 ID:WO6NNOsJ0
■政治混乱の中4か月ぶりの惨事
 イラクでは18日に駐留米軍の撤退が完了したばかり。
バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は15日に行ったイラク戦争終結宣言で「安定かつ自立した主権国家イラク」を同国民の手に委ねると述べたが、宗派間対立を内包した脆弱(ぜいじゃく)な連立政権のほころびが表面化している。
 19日、スンニ派指導者の1人、タリク・ハシミ(Tareq al-Hashemi)副大統領にテロ関連容疑で逮捕状が出されたことをめぐり、シーア派のヌーリ・マリキ(Nuri al-Maliki)首相率いる連立内閣は紛糾している。
ハシミ氏と同じ世俗派の政党連合「イラキーヤ(Iraqiya、イラク国民運動)」に属し、マリキ政権を「独裁体制」と呼んだサレハ・ムトラク(Saleh al-Mutlak)副首相の辞任もマリキ首相は求めている。
 イラキーヤ側が議会審議と閣議をボイコットすると、マリキ首相は閣僚の入れ替えと連立解消を示唆。
21日にバグダッドで記者会見したマリキ首相は、クルド自治区当局にハシミ副大統領の身柄引き渡しを迫るとともに、閣議のボイコットが続けば閣僚9人を入れ替えると語った。(c)AFP/Prashant Rao



387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 20:05:28.61 ID:WO6NNOsJ0
アラブは、男女の愛を貶め、命を粗末に扱い、愛を粗末に扱って、ムハンマドやクルアーンを踏み潰して、絶対的無神論で善を否定して、部族間抗争などで、憎悪のために戦って殺しあって滅ぶことを望んでいるようです。

アラブには愛がありません。
愛がないものには生きる資格はありません。


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 22:15:55.62 ID:E+R3vXg90

>>348
>>349
>>350
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2008/02/post_4767.html
我々は暴力革命主義者達と無神論者達とを断固
   として解き放つ、そして我々は凶暴性と最も残虐な騒動の源
   である絶対的無神論の効果としてそれらの国々においてその
   あらん限りの恐怖が明確に表されるであろう、恐るべき社会
   的大変動を断固として煽動する。それから至る所で市民達は
   世界の少数派の革命党員達から自身を防衛する事を余儀なく
   され、それらの文明の破壊者達を根絶するだろう



389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:09:22.94 ID:9fVxcvzD0
>>388

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%8C%96%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E6%A1%9C
日本文化チャンネル桜

スローガン(社是)は「草莽崛起(そうもうくっき)」と「敬天愛人(けいてんあいじん)」。

放送内容はかつては社名・チャンネル名の示すとおり落語・詩吟・講談・浪曲・民謡など日本の文化や伝統芸能に関する番組もあったが、
現在は放送時間の制約から看板番組である報道・オピニオン番組が中心となっている(ちなみに放送法は第1条第2項で放送局の自律・不偏不党を謳っており、全ての論評は発言者個人の見解という建前)。
番組の始めと終わりには日本の国旗の掲揚と君が代演奏の映像が放映されている。

開局以来保守の立場を堅持しているとされ、保守派とされる人物が多数出演しているほか、保守系とされるシンポジウムや講演会、市民運動を多く取り上げており、
社長の水島総が幹事長を務める頑張れ日本!全国行動委員会の市民集会やデモ行進を取り上げることも多い[2]。

国際的な人権問題も扱っており、北朝鮮による拉致被害者家族[3]やチベット人[4]、ウイグル人[5]などを多数出演させている[6]。
小泉純一郎政権の構造改革路線や郵政民営化には否定的であり、TPPについては「亡国」として反対する等、反米保守志向がみられる。


http://www.ch-sakura.jp/


390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:10:43.40 ID:9fVxcvzD0
正当防衛や緊急避難などが認められるには、それなりの成果を上げる必要があるようです。破滅に至るような事例で、正当防衛や緊急避難を適用すれば、破滅や犯罪を招きますし、犯罪の共犯になります。
自由や人類の文明の進歩などのためにやむを得ず戦ったものは、現在では、自由や人類の文明の進歩などを求めるまともなものには、自由や人類の文明などの機会を保障しているとされているようです。問題を改めて機会を活かせるかどうかは別の問題もあるでしょう。
人種差別の撤廃や植民地の解放を求めて戦ったというものが、人種差別が撤廃され植民地の解放がなされても戦っており、平和や名誉ある地位を与えられても、踏みにじって襲い掛かって、戦うならば、別の目的のために戦っていたのでしょう。
ある国には、人種差別の撤廃や植民地の解放のために戦ったものはいなかった可能性が高いようです。世界の少数派の革命党員達によって、全部を判断するべきではないというならば、市民達が暴力革命主義者達と無神論者達などの文明の破壊者達を根絶する必要があります。
ある国は、国際協調を求めず、信義や人道を踏み潰しても平気のようです。
おそらく、ある国には、実質的な憲法改正がなされて、おそらく、なんらかの陰謀などによって伝統の破棄がなされたり、平和や名誉ある地位などが剥奪されることでしょう。
会社の存続などを求める経営者ならば、会社の健全性などを証明して、社会の一員としての承認や名誉ある地位などを求めることでしょう。
しかし、会社の経営者が、社会での承認や名誉ある地位などを拒絶して、でたらめを突き進んで、ごまかしたりゆすることを事業や独立とみなすならば、反社会的な犯罪者として処罰されることでしょう。


391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:12:57.05 ID:9fVxcvzD0
ある国の一部?には、あまりにも恵まれて、わがままに育ち、でたらめを繰り返しても裁かれず、社会性というものを理解できない絶対的無神論者が満ちているようです。
スポーツなどで負けたことがないものが、社会やスポーツのルールを守って、よい成績を収めるならば、問題はないでしょう。
喧嘩などで負けた者がないものが、社会やスポーツのルールを踏みにじって暴れるならば、犯罪になることでしょう。
まともな社会人が、独立したり、結婚をする際には、社会や親などに承認されて祝福されることを求めて、努力したり、問題を改めたりすることでしょう。
まともな社会人は、まともな社会人の間では、信頼や自由を大事にして、助け合うことでしょう。誰に対しても、暴力で威嚇して、でたらめに振舞わなければ気がすまないものは、犯罪者として処罰されることでしょう。
まともなものならば、まともな社会人としての、承認や祝福を拒絶して、さまざまな恩義を受けている社会や親を否定したり侮辱して、暴力などで威嚇したり、たかったりごまかしたりすることを、独立などというものはいないでしょう。
学生が、教師を暴力などで威嚇したり、倒して、学校を占拠して、勝利しても、学問を学ぶこともできず、破滅するほかないでしょう。
子供が、子供を愛して育てる親を暴力などで威嚇したり、倒して、家を占拠して、勝利しても、なにも得ることもできず、破滅するほかないでしょう。
ある国のある民族のある人々は、社会性が完全に欠如しており、独立や名誉ある地位などにふさわしいとはいえないようです。



392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:22:20.87 ID:9fVxcvzD0
自由主義における国や民族や人々は、それぞれが自由の責任を負って健全に自立することが求められます。たとえ一部のものであっても、絶対的無神論者や暴力革命主義者などが、人道や信義を踏み潰して、破滅に向かうのを放置すれば滅びるほかにないでしょう。
自由には義務や責任などが伴います。なんらかの本が根拠になっているにせよ、天皇が根拠になっているにせよ、なんにせよ、人道や信義などを踏み潰すものを放置し続けるならば、無政府状態の犯罪国や犯罪民族などとして、処罰されて滅ぼされるでしょう。
犯罪者であれ犯罪民族であれ犯罪国であれ処罰して滅ぼす必要があります。

その人は秩序や福祉などのある健全な自由を求めています。誰も、自ら滅びに向かう国や民族や人々を救うことはできません。また、犯罪民族や犯罪国や犯罪者を処罰して滅ぼす必要があります。
滅びに向かうもののために努力をするのは間違いです。まともに生きることを求めるもののために生きて努力する必要があります。滅びに向かうものを見捨てて、足を洗い、手を洗うことも必要になる場合がありうることでしょう。
滅びるべき国や民族や人々については、安らかな滅亡にふさわしいならば、安らかに、慰めの中で、滅んでいくように、努力や言葉を示すべきなのかもしれません。
滅びに向かう国や民族や人々を放置すれば、まともなものは、生きる場所もなくなっていき、共に生きる友もなくなっていき、人として生きることさえできなくなっていくでしょう。
滅びに向かう国や民族や人々のために働いて、滅亡し、失望し、犠牲になるのは間違いであり、駄目です。
場合によっては、人類の歴史や、文明が、大きく損なわれたり、失われる危険もありうるようです。

その人の定めた、滅びをとめようとすることは、執着や傲慢などの大罪のようです。
また、ある種のユダヤ人が、必要な時に、手を入れたときに、噛み付くような国や民族や人々などは、おそらく滅びることになるのでしょう。
新しい道や命は、滅ぶべきものの中にはないようです。
親が先に死んでいくように、たとえ過去の歴史が偉大だったとしても、子は自らの命を生きるために、まともなものから学んで、自らの健全に生きる道を見出す必要があるようです。


393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:23:48.53 ID:9fVxcvzD0
かつての日本は、自由主義の国々の信義や人道を踏みにじって戦争した犯罪国です。

正当防衛や緊急避難は、人類の進歩や文明などのためにそれなりの成果を上げる必要があります。アイルランドやかつて日本などのように破滅に至るような事例で、正当防衛や緊急避難を適用すれば、破滅や犯罪を招くので、犯罪になります。
生きるべきまともな国やまともな民族やまともな人々の中に、健全な愛や、新しい健全な命や、新しい健全な道を見出す必要があります。



394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:28:24.41 ID:9fVxcvzD0
>>390

ある国には、人種差別の撤廃や植民地の解放のために戦ったものはいなかった可能性が高いようです。

日本は悪意の犯罪国であり、悪意の犯罪民族であり、人種差別の撤廃や植民地の解放のためだと思って戦ったものはいなかった可能性が高いようです。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:31:04.15 ID:9fVxcvzD0
日本に、平和主義や国際協調主義や基本的人権の尊重を求め、まともな国としての独立や名誉ある地位のために努力する市民達が実在するのかどうかは不明です。


396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:32:23.40 ID:9fVxcvzD0
日本に、人種差別の撤廃や植民地の解放のためだと思って戦ったものが実在するかどうかは不明です。



397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:35:39.80 ID:9fVxcvzD0
まともなものがまともに生きるためには、愛のない命を粗末にするような滅びるべき犯罪民族などを滅ぼすことが必要になります。
人道的な手段を巡って努力がなされたり、さまざまな混乱や間違いなどもありうるのかもしれませんが、どのような方法によるにせよ、正当防衛や緊急避難によるにせよ、いずれにせよ、滅びるべき犯罪民族などを、滅ぼすことが必要になるでしょう。
滅びるべき犯罪民族などを助けるのは犯罪の共犯であり、犯罪です。
多くの神話などで、国家や民族や人々などの滅亡が語られており、さまざまな努力がなされたにもかかわらず滅んでいったようです。しかし、どのような努力がなされても、滅びるべきものならば、滅ぼす必要があります。
滅びるべきものを滅ぼさなければ、まともなものがまともに生きていけなくなったり、人類の文明が失われたり、人類が滅んだりするでしょう。
その人が滅亡を定めたならば、誰も覆すことはできません。神話などで語られている滅亡については、本来は、混乱の中で何の記録もない中で滅んでいくはずが、努力や言葉が残されたということなのでしょう。
ムハンマドが深い慈愛を示しても無視されて踏みにじられて、ジャーヒリーヤが復興したように、北欧の神話でも滅亡が語られているとされており、ギリシャ神話でもトロイが滅んでいったようです。
たとえ、努力をしたとしても、多くの言葉が費やされたとしても、滅びるべきものを滅ぼす必要があります。
滅びにあたって示されたのは、傲慢であり、執着だったようです。しかし、さまざまな努力や情熱や思いが示されて、記録されて残されているようです。
滅びをとめようとしても、犯罪がなされるのを放置するならば、犯罪の共犯となりますし、多くの犠牲が出て、人類の文明が滅んだり、人類そのものが滅んだり、歴史そのものが大きく混乱していく場合もありうるようです。


398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:39:12.59 ID:9fVxcvzD0
>>397
深い慈愛を示しても

努力しても

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:41:32.07 ID:9fVxcvzD0
http://tak0719.web.infoseek.co.jp/qanda3/58B5KRq1nmci659639.htm

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/Rockefeller01.html

国連総会へのロックフェラーの手紙
ニュー・ワールド・オーダー近未来行程表

差出人:ロックフェラー・グローバル・コミュニケーション
宛先:GAPresident@un.org
Cc:ロックフェラー・グローバル・コミュニケーション
送信日:2002年3月22日金曜日午前2:05

総会へ:

終末が近づいています。好むと好まざるとにかかわらず、それは、私たち全員が直面しなければならない運命です。2001年9月11日に、世界は終末の始まりを目撃しました。
私たちが目撃し、経験したものは、もうすぐ起こることになっている大災害に比べればまさしく無に等しい。非常に多くの命が失われたことは悲しむべき事実でありますが、しかし、もっと多くの命が奪われることになるでしょう。
この旧いシステムが崩壊しはじめたのですから、こういった出来事は今後起こり続けます。今存在する、または、古代から存在し続けてきたいかなる政府も、完全な秩序を維持することができませんでした。すべての政府は失敗してきたし、これからも失敗するでしょう。


400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 22:42:07.09 ID:9fVxcvzD0
国は、あなたを守ることはできません。国には、人々が本当に自由に暮らし、隣人があなたの家族となり、外国人が友人となるような場所を提供する力がありません。
今日、いかなる政府もこれをなし得ませんし、これからも不可能でしょう。
これこそが、行程表を設定した理由なのです。それは従来、ハルマゲドンと呼ばれてきました。しかし恐るべきものではありません。私たちの文明を完全に破壊するものは、核のホロコーストでも、天から降ってくる小惑星でもありません。
実際、ダメージを受け、徹底して破壊されるのは、地球ではありません。

それは、同胞である人間に対する敬意も真摯な関心もまったく持ちあわせないこの偉大な惑星の住民なのです。次の一年間、誰もが何らかの非常に深く真摯な思索を行わなければなりません。
次のことを自問する必要があります。
私は同胞に対する憎しみを捨てるつもりがあるか。互いの違いを乗り越えて、結束し、隣人を愛する気持ちがあるだろうか。私は、親切心をもって隣人に接するだろうか。それとも、これからも他人を利用し続けるだろうか。
最後に通りに倒れている誰かを救い出し、食べ物を与え、一夜の宿を与えたのはいつか。最後にバスやショッピングモールで誰かの傍らに座り、「こんにちは」と声をかけたのはいつか。

愛する人を失った見知らぬ誰かを最後に慰めたのはいつか。その持ち物とかお金のためではなく、純粋に心配して誰かの世話をしたのはいつか。同胞に対して人間らしい心を真に示したのはいつか。
これらはいずれも容易なことではありません。
難しい。完璧な人間はいません。善人として生きてきた人はいません。ある人はこう考えます。「我々はある程度苦しんだので、自分が手に入れられるものなら何でも手に入れる資格がある。たとえその過程で誰かを傷つけることになろうとも」と。
しかし、ネガティブな手段を捨てて、決然と立ち上がる人は、生き残り、現在は単なる夢でしかない地上における命を報いとして受けるでしょう。へりくだる人だけが地を相続するのです。これは確実です。

新しい体制が始まろうとしています。唯一の問いは「あなたは生き残ることを選択するか」です。これを行わなければ、あなたは、自己破壊への道を転がり堕ちるだけでしょう。それはあなた次第です。
次の行程表を避けることは不可能であり、生き残ってそこにたどりつくには忍耐が必要です。だからしっかりと考えていただきたいのです。

あなたの未来がかかっています。どうかあなたがた全員が生き残ることができますように。



401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/26(月) 21:07:47.47 ID:ObJNHaUL0
>>279
肌の色だけでなく、ひげがあったり、ひげが濃くても顔が黒くなるようです。


402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/26(月) 21:11:07.87 ID:ObJNHaUL0
>>389

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E9%9F%B3%E6%94%BE%E9%80%81
昭和天皇は詔書を朗読してレコード盤に録音させ[1]、翌15日正午よりラジオ放送により国民に詔書の内容を広く告げることとした。
この玉音放送は法制上の効力を特に持つものではないが、天皇が敗戦の事実を直接国民に伝え、これを諭旨するという意味では強い影響力を持っていたと言える。
当時より、敗戦の象徴的事象として考えられてきた。鈴木貫太郎首相以下による御前会議の後も陸軍の一部には徹底抗戦を唱え、クーデターを意図し放送用の録音盤を実力で奪取しようとする動きがあったが、失敗に終わった(宮城事件、録音盤事件)。



403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/26(月) 21:19:10.18 ID:ObJNHaUL0
日本の伝統は、日本の総意を表した象徴ではなく、絶対的無神論者や暴力革命主義者などによる犯罪などのための偶像崇拝の可能性が高いようです。


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:25:36.37 ID:4C5T3Iu30
>>402

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89#.E6.86.B2.E6.B3.95
安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年(昭和29年)9月21日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(6期)。
自由民主党幹事長(第37代)、内閣官房長官(第72代)、自由民主党総裁(第21代)、内閣総理大臣(第90代)などを歴任した。



405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:27:39.27 ID:4C5T3Iu30
>>402

>>404
http://www.s-abe.or.jp/policy/consutitution_policy
憲法改正
最終変更日時 2009年06月12日
私は平成19年1月の内閣総理大臣施政方針演説で「戦後レジーム」からの脱却を宣言しました。憲法を頂点とした行政システム、教育、経済、雇用、国と地方の関係、外交・安全保障などの基本的枠組みの多くが、
21世紀の時代の大きな変化についていけなくなっていることは、もはや明らかです。
戦後レジームからの脱却を成し遂げるためには憲法改正が不可欠です。
憲法改正が必要と考える理由として、次の3点を指摘します。
まず、憲法の成立過程に大きな問題があります。日本が占領下にあった時、GHQ司令部から「憲法草案を作るように」と指示が出て、松本烝治国務大臣のもと、起草委員会が草案作りに取り組んでいました。
その憲法原案が昭和21年2月1日に新聞にスクープされ、その記事、内容にマッカーサー司令官が激怒して「日本人には任すことはできない」とホイットニー民生局長にGHQが憲法草案を作るように命令したのです。
これは歴史的な事実です。その際、ホイットニーは部下に「2月12日までに憲法草案を作るよう」に命令し、「なぜ12日までか」と尋ねた部下にホイットニーは「2月12日はリンカーンの誕生日だから」と答えています。
これも、その後の関係者の証言などで明らかになっています。
草案作りには憲法学者も入っておらず、国際法に通じた専門家も加わっていない中で、タイムリミットが設定されました。
日本の憲法策定とリンカーンの誕生日は何ら関係ないにもかかわらず、2月13日にGHQから日本側に急ごしらえの草案が提示され、そして、それが日本国憲法草案となったのです。
第二は憲法が制定されて60年が経ち、新しい価値観、課題に対応できていないことです。例えば、当時は想定できなかった環境権、個人のプライバシー保護の観点から生まれてきた権利などが盛り込まれていません。
もちろん第9条では「自衛軍保持」を明記すべきです。地方分権についても道州制を踏まえて、しっかりと書き込むべきです。
第三に憲法は国の基本法であり、日本人自らの手で書き上げていくことこそが、新しい時代を切り拓いていくのです。
憲法前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と記述されています。世界の国々、人々は平和を愛しているから日本の安全、国民の安全は世界の人々に任せましょうという意味にほかなりません。
普通の国家であれば「わたし達は断固として国民の生命、財産、領土を守る」という決意が明記されるのが当然です。
安倍内閣は憲法改正のための手続き法である国民投票法を成立させました。
保守合同によって昭和30年に自由民主党が結成されましたが、その原点は自主憲法の制定でした。これまで憲法改正問題が放置されてきたのは残念ですが、国民投票法の成立によって大きな一歩を踏み出しました。今後も憲法改正に向けて全力で取り組みます。


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:28:53.14 ID:4C5T3Iu30
新聞に対する需要が12が10という均衡を目指している時に、普通新聞6と、殺戮新聞6あったとします。
GDPを減らさないために、新聞の需要を喚起し続けるべきなのでしょうか。
それとも、需要に見合った経済を目指して、均等に1づつ減らすべきなのでしょうか。
殺戮新聞の資産価値はプラスなのでしょうか。撤去費用や廃棄費用はいくらなのでしょうか。
それとも、殺戮新聞を廃止にして、普通新聞や優良新聞の成長余地を切り開いて、再構築するべきなのでしょうか。

電車に対する需要が12が10という均衡を目指している時に、普通電車6と、殺戮電車6あったとします。
GDPを減らさないために、電車の需要を喚起し続けるべきなのでしょうか。
それとも、需要に見合った経済を目指して、均等に1づつ減らすべきなのでしょうか。
殺戮電車の資産価値はプラスなのでしょうか。撤去費用や廃棄費用はいくらなのでしょうか。
それとも、殺戮電車を廃止にして、普通電車や優良電車の成長余地を切り開いて、再構築するべきなのでしょうか。

ある国が、無謀な戦争をしなければ、国際協調主義の下で、平和の下で植民地の解放がなされ、戦争やテロが頻発する現在のような状況にならなかったという意見がありました。


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:31:04.65 ID:4C5T3Iu30
>>406
ある国が、無謀な戦争をしなければ、

ある国が、国際社会の信義や人道を裏切り、自国の植民地支配のために、国民などを悪意でだまし、国民もおそらく利益などを求めて悪意でしたがって、奇襲で戦争をしなければ、





408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:35:04.05 ID:4C5T3Iu30
>>389
天皇は、戦争に反対していれば、殺されていたというような意見があるそうです。
現実に、ある国では、戦争に反対することはもとより、国際協調主義や平和主義や基本的人権尊重主義を主張したり、人種差別をせずに、同盟国や文明を学んだ恩義のある国々への信義や協力を説くと命の危険があるようです。



409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:39:30.95 ID:4C5T3Iu30
まともなものがまともに生きいていけないような、犯罪国や犯罪民族や犯罪者を処罰して滅ぼす必要があります。


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:43:12.13 ID:4C5T3Iu30
>>404
>>405

ある国の有力政治家は、ある国やある民族と同様に12歳ではなく責任能力があるようです。また、政治家としての経験もあり、能力や経験や教育や知識が足りないわけでもないようです。
ある国の有力政治家は、ある国が、人種差別撤廃などの自国の人道的な主張や、交渉による解決をめざす国際社会の信義を裏切り、植民地支配の継続などのために、ならず者と組んで、自国民を解放戦争だとだまして突然奇襲攻撃して、多くの国々に襲い掛かり、
戦争に敗北して民族や国や人々が滅亡の危機にもたらしたことを知った上で、さらに、敗北時に、平和主義や国際協調主義や基本的人権尊重主義を目指した国民の総意を踏みにじって、民族や国や人々を殺戮して滅ぼすために革命を起こしたものの意思を継いでいます。

ある国の有力政治家は、人々や国や民族などを苦しめて殺すために、平和や国際協調や人道を求める国民の総意を悪意で無視して踏み潰し、国際社会の信義や人道を踏みにじる、凶悪犯罪者のようです。
ある国が戦争を続ければ、ある国やある民族やある人々が苦しんで殺されて滅亡したのは明白ですが、国や民族や人々を苦しめて殺して滅ぼすことそのものを目的とする凶悪犯罪者はどこの国にも実在しています。
また、ある国は健全な自由主義などを同盟国に守ってもらってきたようです。しかし、ならずものや凶悪犯罪者と、厳しい戦いをしてきた同盟国を非難して罵倒してきたようです。
健全な自由主義などを守られながら、感謝せず報酬も支払わないものは、犯罪者であり、処罰が必要です。
ちなみに、ある国の周辺国は、圧制の国の領土を広げるために平然と民族浄化や殺戮を平然と行い、自国の歴史や文明や伝統を破壊し、自国民や自民族や人々の殺戮を繰り返し、健全な自由主義を求める自民族のエリートさえ苦しめて殺戮しているようです。
また、ある国には、自国民や自民族や自国を苦しめて殺すためにあらゆる国との闘争を求める凶悪犯罪者だけでなく、自国民や自民族や自国を苦しめて殺すために周囲の凶悪犯罪国などと連携する左翼などの犯罪者が、地位や権威を持って暴れているようです。

ある国の有力政治家のように、思い通りにならない国民の総意をパペットとして無視して踏み潰して、あらゆる国などとの闘争を突き進む、ならずものや凶悪犯罪者が有力者になるならば、ならず者国家やならず者民族や、ならずものなどとして、苦しんで滅ぶほかにないでしょう。


411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:44:22.14 ID:4C5T3Iu30
>>408
一部削除
天皇は、戦争に反対していれば、殺されていたというような意見があるそうです。


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:47:22.20 ID:4C5T3Iu30
>>410一部削除
また、政治家としての経験もあり、能力や経験や教育や知識が足りないわけでもないようです。


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:53:38.82 ID:4C5T3Iu30


>>410
もともと、ある国の国民や民族や国は、敗北時に、平和主義や国際協調主義や基本的人権尊重主義を目指したというのは、方便の虚偽であり、そもそも国際協調や信義や人道という概念自体を拒絶して、
闘争のみを確信しており、信義や道義を裏切り、植民地を得たり、文明を破壊するなどのために、あらゆる国との闘争を求めているという趣旨の有力な主張があり、有力政治家も同様な趣旨の主張をしているようです。

ある国の有力政治家は、困難な時代に、ならずもの国家から、平和や健全な自由主義などをまもってもらいながら、戦争してきた国に平和を愛するものなどいないなどといって、罵倒しているようです。
平和や健全な自由主義を守ってもらいながら、感謝もせず報酬も支払わないものには、生きる資格がありません。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 21:58:47.25 ID:4C5T3Iu30
ある国に、人類の文明の進歩を求めて国際協調主義を求めて海外と交流したものや、左翼などにだまされて植民地を解放するための戦争だと思ったものや、
平和主義や国際協調主義や基本的人権尊重主義を求めるものが実在しているならば、暴力革命主義者や、無神論者達や、少数派の革命党員などを、根絶することでしょう。


415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 22:13:12.33 ID:4C5T3Iu30
>>404
>>405
ある国の有力者は、偶像崇拝者であり、偶像を用いて、人々や国や民族の総意を無視して踏み潰して、信義や人道を踏み潰して裏切り、あらゆる国との闘争などを繰り返して、滅ぶことをめざすならずもので凶悪犯罪者です。
ある国の有力者は、まともな同盟国や国際社会の承認を得たり、名誉を得ることが、国家などの存続のために、いかに困難で重大なことかを理解していないどころか、そもそも、まともな同盟国や国際社会との闘争をめざす、ならずもので凶悪犯罪者のようです。

ある国には有力な凶悪犯罪者が大勢いて、仲間の暴力集団やテロリストと共に意に沿わない偶像を踏み潰して、国際社会における承認を踏み潰して拒絶して、平和を守ってもらいながら平和を守る努力に感謝せず、あらゆる国などに襲い掛かろうとしているようです。

ある国にある現実の危機が明らかになったので、おそらく、国際社会は判断を改め、国際社会における承認は見直されることでしょう。

健全な自由主義や平和を守られながら、感謝せず報酬も支払わないものは、犯罪者です。
ある国には、世界中を侮蔑して襲い掛かる凶悪犯罪者や、世界中の圧制やテロ国家の共犯となって激しく秩序と闘争している左翼などの犯罪者が実在しており、政治や社会などが凶悪犯罪者や左翼などの闘争の場となって、仕事ができないので破滅するほかないでしょう。
また、ある国では、どちらも破滅するほかにない凶悪犯罪者や左翼などの討論番組や、闘争についての評論などが、人気のようです。ある国には、まともなものが仕事をする場所は存在せず、事実が歪められ、同じ過ちや破滅を繰り返すだけのようです。
ある国はあらゆる国などとの闘争を求め、あるいは、世界中のならず者国家やテロリストや女性を家畜や物同然に扱う性犯罪民族や憎悪犯罪者などの犯罪者と連携して、健全な自由主義と闘争しているようです。


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 22:26:12.83 ID:4C5T3Iu30
>>404
>>405

ある国の伝統が、ある国の総意を表す象徴ならば、尊重するべきだと考えてきましたが、偶像ならば、廃絶が必要になります。

ある国の伝統は、戦争に負けて、押し付けられて人間とされ象徴とされているだけで、実質的に、人々を押しつぶして独裁したり、絶対的無神論や暴力革命などのために崇拝してきた偶像のようです。
実際に、はっきりと人間だと宣言したのかあやふやで、現行のままでの存続は不可能です。ある国の伝統は、偶像の可能性が高く、無神論者や暴力革命主義者の温床になってきており、現在も、革命主義者が根城にしているようです。

偶像崇拝は重大な犯罪とされているようです。なお、チベットについても実質的には同様のことがいえるのかもしれませんが不明です。
有力政治家や支持団体は、信義や道義や平和に価値を見出さず、あらゆる国や民族や人との闘争のみに価値を見出し、平和主義や国際社会での信義や人道を説くある国の総意を表示することを、妨害するためにクーデターを起こしたものの意思を継いでいるようです。
支持団体については、民族や国や人々を苦しめて殺す方法の違いによって細分化され、互いに争いあっており、左翼同様に、争いあったり、非難しあうことによって、それぞれの席煮を逃れて、無責任になって、集団として、暴力やでたらめを押し通しているようです。
ある種の内紛を伴う犯罪民族や、内紛を繰り返す左翼などと同様に、全体として一団として理解して、全体の犯罪の責任を、まとめて全体として負わせた上で、さらに、内紛でなされた犯罪についても、別途の犯罪として加算して、処罰して滅ぼすべきでしょう。


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 22:31:10.32 ID:4C5T3Iu30
>>416
それぞれの席煮を逃れて、

それぞれの責任を限定しようとしたり、逃れようとしたり、押し付けようとしたりして、責任を逃れられると悪意で考えて、

絶対的無神論者や暴力革命主義者の中で過激派と争っていたものや、穏健派についても、全体として悪意の共同正犯として、処罰して滅ぼして根絶する必要があります。


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 23:12:25.05 ID:x45GnaxM0
>>406
能力や実力や知能や活力や利益などだけで判断しても駄目です。
まともな人間としてのまともな価値が重要になります。


>>410
圧制の国の領土を広げるために

人類の文明や人道などを守り進歩させるなどの正当防衛や緊急避難でなく、圧制国の領土を広げるなどのために


>>404
>>405
ある国には、まともな価値観のないまともでない有力者などがいて、絶対的に価値判断を否定し、闘争して、人々や民族や国などを苦しめて殺して名誉や金などをむさぼるための領土や権力などの拡張を目指し、ごまかしゆすり、人々や国や民族を破滅に導いているようです。
ある国の政治家は、まともな価値を求める努力もせず、理想を目指す努力も、内省もなく、信義も道義も踏み潰して、大きくなって、強くなって、むさぼって、さつりくして、威嚇し闘争して滅ぶだけのようです。


>>406
戦争やテロ

紛争やテロ

国際社会の信義を裏切って、自国の植民地の存続のために、自国の人種差別撤廃の主張さえ踏みにじって奇襲した、信義も人道もない人種差別国を鎮圧し、問題もあったようですが裁判で処罰して、戦後に寛容に扱ったことで、大きな戦争がなくなったという意見もあるようです。


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 23:21:14.45 ID:4C5T3Iu30
>>413
もともと、ある国の国民や民族や国は、

もともと、ある国の国民や民族や国は、信義や人道が完全に欠如しており、全てがでたらめで、ごまかしとゆすりや、犯罪や殺戮のための虚偽や方便で、文明や人道に価値を見出しておらず、

>>416
崇拝してきた

崇拝されてきた

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 23:27:40.90 ID:4C5T3Iu30
>>417
悪意

犯罪

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 23:29:25.36 ID:4C5T3Iu30
>>420訂正

>>417
穏健派についても、全体として悪意の共同正犯として、処罰して滅ぼして根絶する必要があります。

穏健派についても、犯罪の共同正犯として、処罰して根絶する必要があります。





422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 23:33:42.17 ID:4C5T3Iu30
>>418
滅ぶだけのようです。

世界や自国の国や民族や人々を苦しめて殺す凶悪犯罪者のようです。


423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 23:51:48.44 ID:4C5T3Iu30
>>416追加

>>402



424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:01:22.07 ID:6ECXkIvY0
ある国の表の歴史は、開国時に文明に遅れをとっていたが、文明の遅れを取り戻して、国際社会で健全に存続するために開国して、国際社会と協調し、多くの国から惜しみなく文明を教授され、ユダヤ人の支援なども受けて、成果を上げて認められて、
人類の文明の進歩に協力して、名誉ある地位を得たが、植民地支配の継続や文明の遅れた後進国の文明化をめぐる意見の相違があり、交渉などによって植民地を解放し独立を認めて支援するという国際社会の主張を、損益や差別などで拒絶し、植民地化や武力侵攻の継続を望み、
絶対的無神論者や暴力革命主義者などを悪意で野放しにして、人々をごまかして、ならず者と共に卑劣な手段で世界中に襲い掛かったが、
敗北して、裁かれて改めた。もしも、ある国が野放しのままで、モンゴルなどのように植民地化や武力侵攻を続けていれば近隣国に飲み込まれて消滅していたり、一般的な敗戦国の扱いを受けて、近隣国による伝統の廃絶や殺戮や奴隷化などで消滅していたことでしょう。
ある国は、問題もあるようですが裁判を受けて、間違いを改め、寛容な扱いや支援や教育などを受けて、伝統などについても承認を受けて、平和主義や国際協調主義や基本的人権尊重主義に戻って成果を上げてきたというものですが、これは完全な虚偽だそうです。



425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:09:57.61 ID:6ECXkIvY0
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2008/02/post_4767.html
“2回目の世界戦争はファシスト達と政治的シオニスト達の間
   の紛争を利用して煽動されなければならない。 この戦争は
   ナチズムが破壊される様に、そして政治的シオニズムがパレ
   スチナに独立国としてのイスラエルを設けるに十分な程、強
   くなる様にもたらされなければならない。 2回目の世界戦
   争の間を通じて国際的共産主義はキリスト教徒に均衡するた
   めに十分に強くならなければならない、そしてそれは我々が
   最終的な社会的大変動で必要とするまで抑圧され管理されな
   ければならない。”

ある国は、ファシストの側について、イギリスやアメリカの信義やユダヤの支援さえをも裏切って植民地支配や、いずれにせよ破滅に至るほかのない、でたらめな武力侵攻などのために戦ったようです。
ユダヤは、アメリカ独立や日本近代化などで人類の文明の向上の成果や実績を上げており、植民地解放や、自立支援のために戦ったようです。



426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:10:20.66 ID:6ECXkIvY0
ある国の隠された本物の歴史は、反文明の確信により悪意で人道に反する悲惨な慣習を繰り返していたが、武力によって無理やり人道や文明や国際社会の道義を押し付けられて、切りあいや残虐な刑罰や身分制や差別を行いたかったが、いやいやながら無理やり文明化したが、
実際は、いつでも文明を憎悪し、人種差別を滾らせ、近隣諸国を見下し、信義も人道も真実も何もなく、全ての言葉は無意味な嘘で、全ての本心や本質は憎悪や闘争や皆殺しであり、常に全てと闘争しており、いつかは皆殺しにしようと思いながら、本心を隠して、
憎悪や差別心や恨みをかくして、偽善の方便で人種差別撤廃を主張しながら、凶悪な兵器を開発してきたが、近隣の後進国への武力侵攻や、植民地支配の継続を巡る意見の相違で、大きな支援を受けてきたユダヤや英国などの信義を踏みにじって国際社会を裏切り、
卑劣な手段で、一気に戦ったが、力及ばず敗戦し、敗戦によって、平和主義や国際協調主義や基本的人権尊重主義や、伝統の承認や、まともな国際社会での名誉ある地位を受け入れたが、本心は、人道や信義を全く信じておらず、
戦後の国際協調も平和も人道も、人類の文明の進歩への貢献も全てが虚偽であり、人種差別で白人や近隣人種などを激しく憎悪しており、文明が、いやでいやでたまらずに、常に、真実を無視し、本心である憎悪や暴力の発揮や闘争を求めて、憎悪を滾らせています。


427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:12:57.42 ID:6ECXkIvY0
>>424
もしも、ある国が野放しのままで、植民地支配や武力侵攻を続けたり、理想を求めるユダヤ人などの関与がなく通常の敗戦国として扱われていれば、

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:13:50.32 ID:6ECXkIvY0
>>427追加
もしも、ある国が野放しのままで、


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:14:39.39 ID:6ECXkIvY0
>>389
>>404
>>405
凶悪犯罪者は、どのような国にも入れません。
まともなものがまともに生きるためには、凶悪犯罪者を野放しにせずに、根絶する必要があります。


まともなものならば、現在の、ある国には未来がなく、滅ぶほかにないと納得するでしょう。
もしも、ある国の本心は裏表のない表側のもので、隠された本物の歴史は、一部の犯罪者による間違った主張に過ぎないというならば、犯罪者を根絶する必要があります。

子供が悪さをして、叱られて、悪さをやめたとします。
大人になって、叱られてやめていた、悪さを繰り返すものは凶悪犯罪者です。
悪さを叱られたことを、逆恨みして、まともな価値観そのものを踏みにじり、親や社会に襲い掛かって、復讐しようと憎悪を滾らせるようなものは、社会と共存できない悪質な異常者であり、凶悪犯罪者です。

大人になって、自らの意思で悪さをやめて、まともな人間としてのまともな価値観を、まともなものから学んで身に着けて、自制して、まともにいきるのが、まともな大人です。


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:15:58.32 ID:6ECXkIvY0
>>429
悪さをやめて

悪さをせずに

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:17:43.12 ID:6ECXkIvY0
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111228/art11122803240000-n1.htm
受難と復興の日誌編(23)
2011.12.28 03:23
 ■「われわれは心をひきしめて敵を見すえ、「日本の珠玉」を護(まも)りぬかなくてはならない」(山田風太郎『戦中派不戦日記』)

 終戦を迎えたとき、作家、山田風太郎は東京医学専門学校(現・東京医科大)の医学生だった。彼が残した『戦中派不戦日記』の後半部は、「敗戦」という、日本人にとって未曽有の現実(山田は「亡国」という表現さえ使っている)にいどむ、若く多感な魂の記録である。

 《連合軍が仁義の道を以(もっ)て日本に、過去に対したとも将来に対するとも考えない。過去の錯誤は力が不足だったということ》《(東京医学専門学校の)教授連の異口同音の平和礼讃ことごとく敗戦の事実とかけ離る。
日本に訪れし平和は、剣にて刺されたる屍(しかばね)の静寂にあらずや》

 前者は終戦から2週間後、後者は3カ月後の記述である。そして山田は冒頭の結論にいたる。では「日本の珠玉」とは何か。第一に天皇制である。冒頭の文章の直前、彼はつづっている。
《日本人に天皇は必要である。われわれは八月十五日に於(お)ける天皇に対する戦慄的な敬愛の念を忘れることは出来ない》

 それから、武士道。同じころ、山田はある情景を記録し、感想を付している。

 《「軍として国民の前に深くおわび申しあげる。ただ尽忠の将兵と英霊には御同情を…」と壇上手をついて首を垂れる下村(定(さだむ))陸相。野次(やじ)の嵐に、ただ一人軍服の巨躯(きょく)黙して語らぬ米内(よない)(光政(みつまさ))海相。
(中略)この最後の陸海両相の態度は悲壮見事にして、いかにも日本人らしく武士的である》(文化部編集委員 関厚夫)


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:21:52.41 ID:6ECXkIvY0
ある国の明治維新においても、各地で士族などの反乱が起きて、文明の破壊者や、人類の文明の進歩を拒絶した凶悪犯罪者が暴動を起こしたので、力でねじ伏せて根絶するために、正当防衛で緊急避難がなされたようです。
まともなものがまともに生きるには、公共の福祉のために土地などを収用したり、犯罪者を力でねじ伏せる必要があります。
平和を守られながら、公共の福祉のための土地などの収用や、犯罪者への処罰を非難するのは犯罪などの共犯者なので処罰する必要があります。また、健全な自由のための治安維持などに、感謝せず報酬を支払わないものには、生きる資格がありません。



433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:23:29.19 ID:6ECXkIvY0
武士道というものがどういうものか知りませんが、実際に行われているのは、卑劣な奇襲を正当化したり、国際社会の信義の存在を認めずに人道を踏みにじって闘争したり、悪意の暴力などで信義や人道を無視して踏み潰す害悪だという説があるようです。

ある国の伝統については、実態として、ある国の暴力革命主義者や絶対的無神論者の根城となっており、ある国の根本的な害悪の一つになっているので、自主的な廃絶や見直しなどがなければ、国際社会などによって、廃絶を前提に見直しがなされることでしょう。

伝統は繰り返すためのものではなく、人類の健全な可能性の発揮のための経験の蓄積や課題の原因を辿ったり課題を解決するのためのものです。
人類の健全な可能性の発揮のための妨げとなったり、同じことを繰り返そうとしたり、ある国のように、同じ過ちを繰り返すような場合には、根絶する必要があります。

人類の健全な文明の進歩や、健全な未来を切り開くどころか、未来を食いつぶして失敗を押し付け、破滅や犯罪を引き継がせ、破滅を繰り返させようとする凶悪犯罪者は、伝統や国や歴史などを受け継いだりかかわる資格も、生きる資格もありません。

滅ぶべきものは滅ぶ必要があります。未来に生きるべきものに善を託して、滅ぶべきでしょう。
人生でも、国でも、民族でも同じことでしょう。滅ぶべきものが、年金などで未来を食いつぶしたり、国を破壊したり、民族の過ちや邪悪な慣習を繰り返させようとするのは犯罪です。
近代文明といわれるものの基礎は既にギリシャ時代にあったようですが、人類の多くはでたらめでした。一部の優れたものにとっては人類の文明は進歩していないように見えるでしょうが、人類の多くにとっては、明らかに文明が進歩しています。
人類の種自体に進歩の余地があるのかは不明ですが、かつての偉人達の到達点にたどり着いている人々は少なく、人類の多くには十分に進歩の余地が残されています。ある国の人々の多くは信義や人道において極めて劣っている面があるか、一部が酷く邪悪なようです。


434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:25:48.26 ID:6ECXkIvY0
人生であれ、国であれ、民族であれ、よりよい未来を開くために、間違いを滅ぼして、人類の文明の進歩に貢献するべきでしょう。
生命は進化しています。多くの生命が滅びに当たって、次代に生きるべきものに、命を託してきたことでしょう。
現在生きている人間は、多くの滅んでいった生命の可能性を、託されている生命でもあります。
人類が、人類の健全な文明の発展を実現しないことは、過去の滅んでいった生命たちを裏切る重大な犯罪になります。

人類の健全な文明の進歩のために貢献せず、能力を埋もれたままにしているようなものは、公共の福祉のために、土地などを取り上げられることになります。
また、人類の健全な文明の進歩を妨げる犯罪者は、処罰されて滅ぼされます。
器質に問題がある場合には、自然淘汰も必要になるでしょう。滅ぶべきものは、生きるべきものに命を託して、愛や善を示して、価値あるものを生きるべきものに託して、滅ぶ必要があります。
人は死にます、民族も滅び、国も滅びます。滅びに当たって、生きるべきものに、命を託し、価値あるものを託すのは重要な責務です。

イエスの時代、ユダヤは致命的に駄目だったのでしょう。
滅ぶべきものの犠牲になるのは駄目です。当時、神の国は近づいていたそうです。神の国とはローマとローマを承認して協調する国々が、平和や協力や人道などによって秩序ある健全な自由主義によって人類の文明の進歩に成果を上げるものだったのでしょう。
イエスは滅ぶべきものから、契約などの価値あるものを、生きるべきものに、引き渡して、託す必要があったのでしょう。
ある国についても、ある国の凶悪な心象が一部の犯罪ではなく、本質だというならば、滅ぶほかにないでしょう。もしも、ある国が、滅んでいくものならば、価値のあるものを、生きるべきものに託して、滅びを受け入れるべきでしょう。



435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:31:53.24 ID:6ECXkIvY0
>>433
面があるか



436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:37:30.68 ID:6ECXkIvY0
日本の独自路線は致命的に破滅しました。いずれにしても、日本には滅亡を前提として大きな変革が必要になります。いずれにせよ、なんらかの形で統合が成されて、日本のような独自路線は認められることはないでしょう。仏教なども滅ぶかもしれません。
日本が文明において滅ぶのか、民族や国のレベルで滅ぶのかは不明ですが、イロコイ族が生きるべきものに、自らの文明を託したように、未来に生きるものたちに託すべき価値のある文明が日本にあるならば、生き残るべきものに託して、滅ぶべきでしょう。



437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 13:38:52.29 ID:6ECXkIvY0
>>416
実際に害悪をとめたものについては、状況によっては、処罰の軽減などがされうる場合がありうるかもしれません。


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 18:35:15.77 ID:PqmyHdDq0
>>431
>>433
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%88%B8%E5%B9%B8%E4%B8%80
東京裁判 [編集]
極東国際軍事裁判(東京裁判)では、昭和天皇の戦争責任などに関して、自らの日記(『木戸日記』)などを証拠として提示した。日本語で372枚にも及ぶ宣誓供述書で「隠すところなく、恐るるところなく」、
いかに自分が軍国主義者と戦い、政治的には非力であったかを述べ、当時の政府や軍部の内情を暴露して天皇免訴に動いた。しかし、結果的には連合国との開戦に対して明確に反対しなかったことから、
イギリス代表検事であるアーサー・S・コミンズ・カーからは、「“天皇の秘書”であるなら、親英米派であった天皇の意向に沿って行動するのが道徳であろう」として、「不忠の人間」であると強く批判された。

また、『木戸日記』は軍人の被告らに対しては不利に働くことが多かったため、武藤章や佐藤賢了は、巣鴨拘置所と法廷を往復するバスの中で、幸一のことを指差しながら同乗の笹川良一に向かって「笹川君!こんな嘘吐き野郎はいないよ。
我々軍人が悪く言われる事は、別に腹は立たんが、『戦時中、国民の戦意を破砕する事に努力してきました』とは、なんという事をいう奴だ。
この大馬鹿野郎が」と吐き捨て、それを聞いていた橋本欣五郎も「本来ならこんな奴は締め上げてくれるんだが、今はそれもできんでね」と罵り、幸一もこの時ばかりは、顔を真っ赤にして俯きながら手持ちの新聞紙で顔を覆い隠したという。

その木戸も終身禁固刑の判決を受け服役する。なお、幸一に対する判事団のジャッジは、荒木貞夫・大島浩・嶋田繁太郎と並んで11人中5人が死刑賛成、といったわずか1票差で死刑を免れたという結果だった。



439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 18:36:25.91 ID:PqmyHdDq0
>>438
追加

>>389
>>404
>>405


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 18:41:15.10 ID:PqmyHdDq0
>>389

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%B3%B6%E7%B7%8F
在日米軍の存在について、「日本の二千年以上の歴史において、外国の軍隊が駐留しているのはこの六十数年の間だけであり、祖先に対してこんな恥ずかしい時代はない」と、
日本国の国体に対する懸念と、これを是正するための長期展望に言及しつつも、「在日米軍は(中国または北朝鮮が日本を攻撃したときの)人質としていてもらう」と、現実を鑑み段階的な国益を追求する姿勢を表明している。


>>431
>>433
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/seito_palesutina_yudayaginmondai_giteisyoco_shinganco.htm
1934年から40年頃にかけて、ヨーロッパのユダヤ人を満州に移住させ、世界の金融を握る米英のユダヤ資本を投資させその開発に利用するという秘密計画「河豚(フグ)計画」が、日本政府一部上層部によって企画立案される。

 「河豚(フグ)計画」の名前は、「シオンの議定書」の翻訳者でもある犬塚惟重海軍大佐の次の言に由来する。  「これはフグを料理するようなものだ。
もしユダヤ人をうまく料理できれば…つまり、ずるがしこい彼らの性格を監視し、彼らのエネルギーを日本のために利用することさえできれば、味も栄養もたっぷりの御馳走になる。
しかし、もしちょっとでも料理のしかたを誤れば、日本の破滅にさえつながりかねない」。



441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 18:42:33.43 ID:PqmyHdDq0
>>440削除

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%B3%B6%E7%B7%8F
在日米軍の存在について、「日本の二千年以上の歴史において、外国の軍隊が駐留しているのはこの六十数年の間だけであり、祖先に対してこんな恥ずかしい時代はない」と、
日本国の国体に対する懸念と、これを是正するための長期展望に言及しつつも、「在日米軍は(中国または北朝鮮が日本を攻撃したときの)人質としていてもらう」と、現実を鑑み段階的な国益を追求する姿勢を表明している。



442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 18:53:35.98 ID:PqmyHdDq0
>>389
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E7%B1%B3%E4%BF%9D%E5%AE%88
英国の歴史家アーノルド・トインビーは、大著「歴史の研究」において、強大な外部文明の挑戦を受けた文明の対応として、二つの典型を示した。「ゼロット(狂信的国粋主義者)」と「ヘロデ(開明的改革主義者)」である。
「ゼロット」とは、民族的誇りに燃えて、英雄的にして悲壮な徹底抗戦を追求する狂信的愛国主義者であり、日本の幕末で言えば攘夷主義者がこれにあたる。一方、「ヘロデ」とは、その愚を悟り、強大な外部文明を受容し、
その力の秘密を学びつつ、それによって長期的に外部文明を克服し独立を維持していこうとする立場である。トインビー自身は、日本を「ヘロデ主義」の好例としているが、ここで言う反米保守は、
アーノルド・トインビーが強大な力を保持する優越する外部文明に死を賭してでも愚かな抵抗を試みる人たちとする狂信的愛国主義者「ゼロット」を体現した人々と言えるという説もある[1]。

凶悪犯罪者が国に入れば、国や民族や人々は、苦しめ抜かれて滅ぶでしょう。
凶悪犯罪者はいかなる国にも入れません。

凶悪犯罪者を、処罰して、滅ぼし、根絶する必要があります。



443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 18:55:39.37 ID:PqmyHdDq0
>>389
>>399
>>400

凶悪犯罪者が国に入れば、いかなる国も凶悪犯罪国になって、北朝鮮や、闘争の実に価値を見出す卑劣で邪悪なならずもの国家になって、苦しんで死ぬでしょう。
あらゆる国の、凶悪犯罪者を処罰して、根絶する必要があります。

国は家族ではありません。国が責任を負えば、重すぎる責任で破滅し、独裁や殺戮や圧制で破綻します。

健全な自由主義の下で、自己責任を負った健全で自立した個人が家族を作り、健全な自由主義などのために国を作ることになります。

凶悪犯罪者を駆除しなければ、日本人は信義も人道もかけらもない邪悪ということで、伝統や文明だけでなく、民族ごと完全に滅ぶことでしょう。


444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 18:58:58.03 ID:PqmyHdDq0
ユダヤであれなんであれ、国や民族などを超えて、人類の健全な可能性を発揮することを、求めたものが実在するのでしょう。
文明の進歩のためには、犯罪民族などの根絶が必要です。
また、公共の福祉のために、文明の進歩などの成果のない民族なども滅ぼされるでしょう。
人類の文明の進歩のための移民や交流などは、民族や国などの尊属や発展や、人類の文明のためにも重要です。
しかし、人類の文明の破壊につながる移民や交流などは犯罪です。



445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 19:02:56.63 ID:PqmyHdDq0
供給力12に膨らんだ国が、10の均衡に戻ろうとしているときに、一時的に余力を生かして、期間を区切って後進国から移民を招いて文明を体験してもらい、
移民は、期間を区切って帰国して、自国や自民族などに戻って、文明国での経験を還元して、自国や自民族の存続をかけて、自国や自民族を文明化するのも、人類の健全な能力の発揮のために有効かもしれません。
文明の進歩は、国や民族や人々の存続が掛かった重大な課題です。人類の経験の蓄積を、それぞれの国や民族が共に活用して、共に学び、共に人類の進歩に貢献して、共に文明の成果を学び、共に自国や自民族の発展に貢献することは極めて重要です。
文明の進歩のために必要ならば、先進国からの移民や教育などを依頼するべきでしょう。
国や民族などの存続にかかわる、国や民族などの文明化のためになされた、先進国などによる支援や貢献などの成果の街や文化などについては、国や民族などや、人類の文明化の歴史の一部として尊重して、大事にするべきでしょう。

しかし、中華街や沖縄などのような形態の、人類の文明の進歩のために必要のない、文明の破壊につながるような侵略は、破棄するべきでしょう。
外国への旅行は簡易になっています。文明の進歩に必要な場合などを除いて、原則としてそれぞれの文化を尊重するべきでしょう。

聖書には、犯罪民族が滅ぼされたり、公共の福祉によって成果のない民族などが滅ぼされる場合があることが記載されているようです。
犯罪民族などは滅ぶ必要があります。
滅ぶべき民族などは、滅ぶ必要があります。

人類もいずれ滅びることでしょう。
そして、おそらく、新たに生きるべき、新しい種族に道を譲ることになるのでしょう。
人類が滅びるときには、人類が築いてきた成果を、新しい種族に託すべきでしょう。


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 19:05:36.89 ID:PqmyHdDq0
以前、中国の発展について、アメリカや日本が貢献したが、中国自身の努力によるものというようなことを書きました。
しかし、現実には、ユダヤ人の努力が最も重要であり、アメリカなどの手助けが効果を発揮し、中国は駄目のようです。


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 19:09:09.27 ID:PqmyHdDq0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%A4%9C%E4%B8%80%E5%A4%9C%E7%89%A9%E8%AA%9E
千夜一夜物語
妻の不貞を見て女性不信となったシャフリヤール王が、国の若い女性と一夜を過ごしては殺していたのを止めさせる為、大臣の娘シャハラザード(シェヘラザード、??????)が自ら王の元に嫁ぐ。
そしてシャハラザードは千夜に渡って毎夜王に話をしては気を紛らわさせ、終に殺すのを止めさせたという物語が主軸となっている(また、姉のシャハラザードの傍らに、妹のドゥンヤザードもいる)。
話が佳境に入った所で「続きはまた明日」とシャハラザードが打ち切る為、王は次の話が聞きたくて別の女性に伽をさせるのを思い留まり、それが千夜続いたという。
説話は、冒険商人たちをモデルにした架空の人物から、アッバース朝のカリフであるハールーン・アッ=ラシードや、その妃のズバイダのような実在の人物までが登場し、多彩な物語を繰り広げる。
説話は様々な地域に起源をもち、中世のイスラム世界が生き生きと描き出されている。


女性を所有物や家畜同然に扱う異常な凶悪犯罪者が連続殺人を止めた話であり、愛とは無関係のようです。
アラブやアラブ化したものには、異常性欲があるだけで、人間としての健全な愛は存在しないのでしょう。


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 19:52:45.66 ID:UgdfY2hm0
>>447
愛のないものに生きる資格はありません。


449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 19:52:58.81 ID:UgdfY2hm0
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2008/02/post_4767.html
それから至る所で市民達は
   世界の少数派の革命党員達から自身を防衛する事を余儀なく
   され、それらの文明の破壊者達を根絶するだろう、そしてキ
   リスト教に幻滅した大勢の自然神教的魂は、その時からさま
   ようだろう、理想を切望して、しかし考えもせずに崇拝する
   ものに捧げ、最終的に公衆の眼前に出現するルシファー(訳
   注:悪魔大王)の純粋な教義である、宇宙の霊魂の顕現を通
   じて本物の光をうけるだろう。この霊魂の顕現は、両者、同
   じ時に征服され、根絶される、キリスト教と無神論の破壊へ
   と続く、全般的な反動的動きから、もたらされるだろう。”


450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 13:39:32.45 ID:OyJqqI7n0
>>127
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%95%99
女性への性暴力現代のイスラーム世界において、女性に対する性暴力の解決に対する障害はイスラームを名目としたものや、地域の慣習に基づくもの、およびそれらの混合したものなどさまざまである。
イスラームの伝統的解釈によれば、婚外の性的関係は厳しく取り締まられるべきものである。
また、イスラームの教え自体が家父長制を支持するものと解釈されてきたこともあり、
現代のイスラーム世界でも女性の処女性を男性家長が厳しく管理することを社会規範とする面があり(イスラーム女性のベールは、このような目的を達成するための衣類であるという側面も有している)、
そのため女性に対する性暴力を告発することにたいする心理的・社会的・法的制約が存在する。
無論これは前近代以来人類社会に普遍的な特徴であったが、現在のイスラーム世界におけるそれは人権思想との衝突などの点で他の地域のそれより強く注目される傾向にある。
強姦罪において、イスラーム法によれば容疑者を有罪とするためには証人が4人必要であるとされ、証人を用意できない場合逆に誹謗中傷の罪や、姦通罪に問われることから被害者にとって不利が大きく、国際的な非難の的である。
イランでは、道徳裁判所の判決により、強姦の被害者が姦通罪により死刑になるような事例も伝えられている。
さらに、貞操や名誉などの伝統的な社会通念を重んじる地域では、強姦の被害を受けた女性は被害者であるとみられるよりもむしろ「恥」とみられるような感覚をもたれることになり、国法によらず私法により処刑されること(名誉の殺人)があり、問題となっている。


451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 13:40:48.12 ID:OyJqqI7n0
ベールなどをつけていない女性に対する性暴力に関して、一部の超保守的なイスラーム教指導者は、まるでそのような女性はレイプされて当然であり、女性のほうが悪いという発言をすることもあり、問題視されている。
オーストラリアでは2006年10月に一人のイスラーム教のウラマーが「肌を露出している女性は強姦を誘っている」という発言を行い、オーストラリア世論の憤激を買った。
ただしこの発言に対しては、オーストラリアのウラマー達の多数が「強姦を正当化するものであり容認できない」という見解を示している[41][42]。
また後述するジハードに関しても、ムハンマド在世中の遠征で女性捕虜に対する強姦が兵士の報酬として認められていたことを伝えるハディースが存在しており[43]、問題視されている。
また、前近代イスラーム世界では、古代ローマにおける処女を殺すことへのタブーから引き継がれた俗信として「処女のまま死んだ人間はアッラーフの待つ天国に行く」というものがあり、
それを防ぐため処女の死刑囚は、死刑執行の前に看守に強姦させるべきだという説があった。
現代でもこの俗信を信奉する人間がおり、イラン革命後のイランでは指導者ホメイニーの布告であるとして処女の死刑囚を看守に強姦させてから死刑に処した事例が報告されており、国際社会の批判を浴びている[44][45]。


女性への暴行などは、地域や文化などとは無関係の、因習などの犯罪のようです。
地域や文化とかかわりなく、犯罪への処罰が必要です。


以前、アフガンなどについて書いた際に、一時的な植民地もやむえないのではないかなどというようなことを書きましたが、植民地は廃絶されて駄目なので、取り消します。
文明化などのために、必要ならば、移民などを活用するべきなのでしょう。
人間の健全な能力の発揮を妨げるのは重大な犯罪です。
犯罪者の処罰や、因習や犯罪慣習などの犯罪の根絶が必要です。


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 13:41:22.39 ID:OyJqqI7n0
>>445
国や民族などや、人類の文明化の歴史の一部として尊重して、大事にするべきでしょう。

由来などを明確にすると共に、課題に対応できるようにするためにも、国や民族などや、人類の文明化の歴史の一部として尊重して、大事にするべきでしょう。


>>424
モンゴル

満州


453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 13:44:15.14 ID:OyJqqI7n0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E7%B1%B3%E4%BF%9D%E5%AE%88
反米保守の思想は、基本的に戦前・戦中の大日本帝国の流れを汲む面がある。
支那事変(日中戦争)から大東亜戦争(太平洋戦争)に至る一連の軍事行動に関しては「アジア解放および自存自衛のための戦い」「(中国、アメリカないしソ連の)挑発や陰謀により仕掛けられた」として肯定している者もいる。
戦後民主主義を、占領軍と国内の左翼勢力が結託した日本の伝統や主体性に対する否定行為と非難している。中国、ロシア、北朝鮮等の東アジア方面の脅威に警鐘を鳴らす親米保守に比べ、米国主導の東京裁判への批判が強く行われる。
冷戦時代は共産主義に対する脅威のため反共主義でアメリカ合衆国・親米保守とやむなく妥協していたが、冷戦構造の終結ののち、グロ−バリゼーションへの違和感、アフガン戦争・イラク戦争への反発、
また小泉純一郎政権の登場に対して行われたや市場原理主義批判やアングロ・サクソン脅威論を背景に近年台頭してきている(なお、小泉政権は対米協調の外交・内政を続けていたため、反米保守の強い批判を浴びている。
また、2001年総裁選において靖国神社参拝を公式に掲げて登場した小泉が、2006年まで終戦の日を避け続けてきたことへの批判も根強い)。

反米の姿勢が特に顕著に現れている面として、イラク戦争を侵略戦争と認識、対米従属を懸念する。この点は、保守であってもイラク戦争を支持・肯定する立場とは相容れない部分であり、親米保守との大きな対立点となっている。
多くの保守派がイラク問題において対米従属になびいていると批判し、反米こそが真正保守であるという人もいる(西部邁など)。


反米保守という凶悪犯罪者は、アラブ側です。
まともな市民がいるならば、反米保守と証する凶悪犯罪者などの、文明の破壊者であり、絶対的無神論者や暴力革命主義者を根絶する必要があります。



454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 13:44:57.03 ID:OyJqqI7n0
>>433
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93
「武士道」という言葉が日本で最初に記された書物は、高坂昌信著とされる『甲陽軍鑑』である。 近年述べられる武士道の多くは、平和な江戸時代に官僚的な幕府制度を維持することが目的である。
決して、実際の戦闘で役立つ思想や哲学でなく、高潔な人格を尊ぶ道徳性は、いつの時代にも必要とされ、その提唱である。
武士道は、個人的な戦闘者の生存術としての武士道であり、武名を高めることにより自己および一族郎党の発展を有利にすることを主眼に置いている。
「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」という藤堂高虎の遺した家訓に表れているように、自己を高く評価してくれる主君を探して浪人することも肯定している。
また、「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という朝倉宗滴の言葉に象徴されるように、卑怯の謗りを受けてでも戦いに勝つことこそが肝要であるという冷厳な哲学をも内包しているのが特徴である。
これらは主に、武士としての生き方に関わるものであり、あくまでも各家々の家訓であって、家臣としての処世術にも等しいものである。
普遍的に語られる道徳大系としてのいわゆる「武士道」とは趣が異なる。


武士道は、普遍的に語られる道徳大系としてのいわゆる「武士道」とは趣が異なる個人的な戦闘者の生存術であり、近年述べられる武士道の多くは、平和な江戸時代に官僚的な幕府制度を維持することが目的である。
決して、高潔な人格を尊ぶ道徳性思想や哲学でなく、武名を高めることにより自己および一族郎党の発展を有利にすることを主眼とされ、その提唱である。
自己および一族郎党の発展を有利にすることを主眼に置いて「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」という藤堂高虎の遺した家訓に表れているように、自己を高く評価してくれる主君を探して浪人することも肯定している。
また、「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という朝倉宗滴の言葉に象徴されるように、卑怯の謗りを受けてでも戦いに勝つこと『個人的な戦闘者の生存』こそが肝要であるという冷厳な哲学をも内包しているのが特徴である。
武士としての生き方に関わる、各家々の家訓で、処世術にも等しい。


455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 13:54:22.42 ID:OyJqqI7n0
現実に日本には、自己および一族郎党の発展を有利にすることを主眼として、個人的な戦闘者の生存や武名を優先して、国や民族や人々を苦しめて殺すために、総意や歴史的決断や、信義や信用の存在自体を認めない、凶悪犯罪者やならずものが実在するようす。
ちなみに、日本が、終戦時に周辺国に引き渡されていれば、物資や食料の支援もなく、資源の入手も交易も不可能になって産業も農業も壊滅したでしょう。外来在来の左翼による伝統や文明の破壊や搾取や圧制で、飢餓が頻発し、内戦や暴動や弾圧や浄化がなされたでしょう。
自由主義国であたりまえとされることを、当然だと考えるものが多いようですが、その国が、自由主義国の代表として、ならず者国家と、実力思想外交内政等で戦って、自由主義国の発展や平和や交流を守り、文明を生み出していなければ、世界は闇に閉ざされていたでしょう。
その国と連携していた自由主義国以外では、自国民殺戮や、飢餓や圧制や、度重なる文明や文化の破壊や、民族浄化などがなされていたようです。平和や健全な自由主義の恩恵を受けながら、感謝もせず報酬も支払わないものに生きる資格はありません。
信義や公正の存在自体を拒絶し、人種差別撤廃や植民地解放を建前として、差別や侵略や植民地化を推し進めて卑劣な奇襲をしたファシズムのならずものの偶像崇拝国の日本が勝利していれば、世界は、文明を失って、破滅していたでしょう。
日本が、凶悪犯罪者を処罰しなければ日本の評価は確定します。武士道とは凶悪犯罪者の信念であり、他の日本人はごまかしなどで従っていたのでしょう。しかし、現実に偶像崇拝がなされていることが確認できたので、過去にも偶像崇拝があったのでしょう。
凶悪犯罪者などを恐れるなどして、ごまかして従うのが、犯罪国などの特徴です。犯罪者を処罰しないのが人道的と考えるのは間違いであり、犯罪の共犯です。犯罪者に従えば、学校でも社会でも国でも、犯罪が満ち溢れて、苦しんで破滅することになります。
まともなものが指導者になれば、犯罪者が処罰されるが、犯罪者が指導者になれば、誰も処罰せずにすむなどと考えるのは凶悪犯罪者であり、ごまかして凶悪犯罪者に従うのは犯罪の共犯です。善や真実を求め、内省して、犯罪者を処罰して根絶する必要があります。
また、偶像崇拝などによって、ごまかして、実際には犯罪だと分かっていながら、だまされていただけだなどとして、実質的に人々や国や民族を苦しめて殺す凶悪犯罪者に従う場合にも犯罪国となります。
内紛があっても、現実に犯罪を止めない限り減刑などはなされません。戦闘者などといって暴力などを押し通す凶悪犯罪者などを実力で処罰して根絶する必要があります。
日本の天皇などの偶像を根絶し、偶像崇拝の文明?を根絶する必要があります。偶像崇拝を放置すれば創造が歪み、世界が破滅します。日本の天皇のような偶像崇拝や偶像崇拝の文明?が、承認されることはありません。犯罪者を処罰して根絶する必要があります。



456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 13:56:51.22 ID:OyJqqI7n0
>>455
文明?

因習などの犯罪

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 14:26:36.86 ID:OyJqqI7n0
日本の凶悪犯罪者は、文明国が民族抹殺などできるはずがないと考えているのでしょうが、平和や文明を支える努力をやめれば破滅が待っています。自由主義国がリーダーと共に、平和や健全な自由主義を守るために、大きな努力をして維持しているのが現実です。
戦後にも、支援や資源しなければ最貧国のままだったでしょうし、周辺国に引き渡せば文明もろとも破滅していたでしょうし、手を引くだけで、東アジアで紛争が頻発してテロ地帯になり核で滅亡したり、奴隷化で文明が崩壊して殺戮がなされうるでしょう。
局地戦で一定期間勝利しても、弾薬不足や人海戦術などで突破されたり、核戦争で終わりというシュミレーションが出ているのでしょうが、戦闘者の生存術で、最後まで国や民族や人々を苦しめ抜いて殺して、最後の一人になっても戦って生きると威嚇しているようです。
しかし、近隣諸国は、左翼によって日本の情報機関にアクセスできるでしょうし、速やかに鎮圧されるでしょう。
自己を高く評価してくれる主君を探して浪人することも肯定しているので、自己および一族郎党の発展を有利にすることが確信できれば、「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」といって、近隣諸国についたり、つくものもいるのでしょう。(不明)
いずれにせよ、価値判断を拒絶する絶対的無神論者や暴力革命主義者なので、状況によって、休んだり、戦ったり、意見や立場などを変えたりして、それぞれが、自民族や人や国を苦しめて、どれか一つでも、裁かれない犯罪が残れば、かまわないのかもしれません。
「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という朝倉宗滴の言葉に象徴されるように、卑怯の謗りを受けてでも戦いに勝つことこそが肝要であるという冷厳な哲学をも内包しているのが特徴である。として個人的な戦闘のために破滅を招くようです。
近隣諸国は、反米左翼や、凶悪犯罪者を煽って日米同盟を破棄して国際社会から孤立させて、米軍基地を撤去させて、左翼と連携して少しでも多くの国や民族や人々苦しめて殺したいのでしょう。個人的な戦闘者として生きるものとは、利害が一致するようです。
日本人が、武士道とは関係ないならば、まともな価値判断に基づいて、絶対的無神論者や暴力革命主義者などを実力行使などで根絶する必要があります。現実に、国や民族や人々を苦しめて殺すために憎悪を滾らせている凶悪犯罪者を処罰する必要があります。
まともな市民達は、偶像崇拝で、信義や人道や文明の存在自体を拒絶し、信義や人道や文明は全て戦闘者の方便で、切れたら何をするか分からないと脅して、文明を破壊して、植民地化や武力侵攻を勝つまで繰り返して、破滅するのを止める必要があります。
健全な市民達は、ごまかしで凶悪犯罪者などに従って破滅を繰り返すのではなく、まともな価値判断に基づいて、偶像崇拝や絶対的無神論者や暴力革命主義者などを根絶して、まともな同盟国やまともな国際社会と共に、信義や人道を求めて努力する必要があります。


458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 14:30:38.12 ID:OyJqqI7n0
日本であれドイツであれイタリアであれ、たとえ世界で最も優れていたとしても、一つあるいは複数の民族などが世界や地域を支配すること自体が間違いです。たとえ世界を支配しても、次に他の国や民族などに生まれればやり直しで際限がありません。
日本に生まれたもののなかで恵まれたものにとっては日本の慣習が気に入っているのでしょうが、他の国に生まれて恵まれれば他国が気に入ることでしょう。そして、価値あるものがあるならば、侵略せずとも、多くの国や民族などが学んで採用することでしょう。
人々は、さまざまな国や民族などに生まれます。最も優れた者達や、リーダーになることを望む優れた者たちが、どの国や民族などに生まれるかは分からないので、アメリカのような多民族からなる強力な国家が、他の民族国家などからなる世界を導くことになります。
もしも、日本が、何度戦ってでも、どれだけ努力してでも、勝つまで戦って正義を打ち立てるというならば、資源が豊富で立地の良い国に移転して、世界の民族を招いて共に正義の国を作り、愛によって神の創造に貢献して、正義によって国々を導くべきでしょう。
現実には、そのような国としてのアメリカが世界のリーダーとして承認されるでしょう。日本の正義を通して世界で勝利するためならば、真の正義にたどり着くことさえも厭わず努力し、真の正義を求めて至るものがいるならば、アメリカも世界も待っていることでしょう。


459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 14:39:20.34 ID:OyJqqI7n0
戦闘者が戦闘者として生きるには、際限のない戦争が必要となり、最後まで戦うには、最後の一人まで皆殺しにすることが必要となり、戦闘者自身は最後に戦って生きるということになりそうです。凶悪犯罪者を放置したり、ごまかして従うのは、共犯者です。
日本に、まともな市民が実在するならば、まともなものが生きるためのまともな自治や治安維持をするやる気を出して、能力を身に着けて、犯罪者を放置したり従ったり、ごまかしで犯罪を繰り返すのを止める必要があります。
犯罪者を処罰しないでも、我慢すれば、役に立つ面もあるし活用できるなどと考えるのは犯罪の共犯です。犯罪者を処罰しなければ、犯罪民族や、犯罪国になって破滅します。犯罪者を立てて、ごまかして従うのが、標準的な普通の犯罪民族や犯罪国です。
まともな社会人は、価値判断を重視しており、信用できるかどうかを見定めて、まともなものに信義を示すように努力しているようです。しかし、信用できる相手でも、問題が起きないようにある程度は注意しているようです。
そして、まともな社会人は、価値判断を重視しており、犯罪者に対しては、警察や社会のまともなものと連携して対処するようです。たとえ犯罪者の刑罰が軽減されうる場合があるとしても、犯罪者は犯罪者として、処罰するようです。




460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 14:46:59.86 ID:OyJqqI7n0
日本国は、かつて、偶像崇拝によって、信義や人道や真実の実在を認めず、拒絶して、信義や人道や真実をごまかして方便にして、人々や民族や国などを苦しめて殺す、絶対的無神論者や暴力革命主義者などによって滅びに向かい、現在も同じ過ちを繰り返しています。
実を見て判断するならば、日本の天皇は、偶像崇拝です。
偶像崇拝を根絶する必要があります。


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 14:47:23.87 ID:OyJqqI7n0
日本国は、かつて、偶像崇拝によって、信義や人道や真実の実在を認めず、拒絶して、信義や人道や真実をごまかして方便にして、人々や民族や国などを苦しめて殺す、絶対的無神論者や暴力革命主義者などによって滅びに向かい、現在も同じ過ちを繰り返しています。
実を見て判断するならば、日本の天皇は、偶像崇拝です。
偶像崇拝を根絶する必要があります。


462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 16:16:55.08 ID:Hz3qnhJ70
>>443一部訂正
闘争の実に

闘争のみに

>>451一部訂正
人間の健全な能力

まともな人間の健全でまともなな能力の健全な

>>453一部訂正
と証する

という

>>455一部訂正
しかし、現実に偶像崇拝がなされていることが確認できたので、過去にも偶像崇拝があったのでしょう。

現実に偶像崇拝がなされていることが確認できましたし、過去にも偶像崇拝があったそうです。
しかし、方便などで人種差別撤廃や植民地解放を唱えた武士道カルトや、敗戦革命の左翼などでなく、植民地の解放や自衛のための戦いだと思ったものが実在していたならば、植民地が解放され、平和を守られている現実を見て、信義や人道の実在を認めるでしょう。
そして、凶悪犯罪者が根城にしている偶像崇拝を廃止し、真実の実在の否定や拒絶や虚偽などでまともな価値を破壊する絶対的無神論者を根絶し、そして、信義や人道の存在を否定して人々や民族や国を苦しめて殺す左翼などの暴力革命主義者を根絶するでしょう。

>>431


463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 20:24:26.33 ID:Hz3qnhJ70
>>457
日本人が、武士道とは関係ないならば、

日本人が、邪悪な武士道カルトとは関係ないならば、

>>462
武士道カルト

邪悪な武士道カルト


464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 15:34:00.76 ID:qYMnb2U20
>>458
複数

いくつか



>>273
もしも、ペルシャ人にイスラムの信仰があったのならば、部族間抗争などを正義や文化や名誉とするジャーヒリーヤのアラブの根絶のために戦い、アラブの邪悪な慣習を次々と廃絶していき、アラビア語を廃絶し、アラブを根絶していたことでしょう。
もしも、アラブにイスラムの信仰があったならば、部族間抗争などを正義や文化や名誉とするジャーヒリーヤのアラブの根絶のために戦い、アラブの邪悪な慣習を次々と廃絶していき、アラビア語を廃絶し、アラブを根絶していたことでしょう。
そして、ジャーヒリーヤを根絶して、クルアーンを削除して、もっと善いものを得ていたことでしょう。
また、ひげが薄くなるように努力し、少なくとも悪意でひげをはやしたり、悪意でひげを伸ばすことなど決してなかったでしょう。


ムハンマドは、おそらく旧約聖書も読んで、アラブ根絶のための戦いを始めたのでしょう。クルアーン自体は、クルアーンよりも善いものが与えられるとされていることからも、最善のものではないのは明らかですし、削除してかまわないものとされています。
また、ムハンマドは、ムハンマド自身を神格化しないように注意していることから、ムハンマドの行動などをそのまま繰り返すようなことは意図していなかったでしょうし、戒めていたのでしょう。
おそらく、ムハンマドは、クルアーンや、ジャーヒリーヤのアラブとしてのムハンマド自身を含めた、ジャーヒリーヤのアラブの根絶のために、戦いを始めたのでしょう。

その人の決定に逆らうための努力と、その人の決定に従うための努力は全く違います。
その人の決定に従うために、正義や人道などを発揮しなければ、正義にも人道にも真実にもたどり着かないのでしょう。
また、その人の決定に従うにあたって、それぞれに与えられた、正義や人道や大義などを発揮しなければ、納得できず、人間として自己責任を負って自立して、正義や人道や大義などを実現して生きることにはならないのでしょう。




465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 15:43:05.53 ID:qYMnb2U20
少数の人道を求めるように見えるアラブのために実力で戦っても、アラブのアラブ化を止められませんでした。また、小数の文明を求めるように見えるアラブのために、建築や文明などで働いたペルシャも、アラブのアラブ化を止められずに、アラブ化して滅んだようです。
アラブの移民を受け入れるなどした、エジプトやアフリカなどでは、古代から有数の文明民族が破壊され、自然破壊や砂漠化が進み、緑豊かで農業に適した土地でも、アラブの影響を受けたのだろう因習や部族紛争や民族浄化などで殺しあっているようです。
ペルシャやエジプトなどにも何らかの罪があったのかもしれませんが、もしも、ペルシャやエジプトなどが自らのなんらかの罪を改めて、旧約聖書やクルアーンなどによって、ジャーヒリーヤのアラブを根絶していたならば、自然と調和た文明を築いていたのかもしれません。

実力によるならば、ジャーヒリーヤのアラブの根絶のために実力を行使する必要があるのでしょう。文明によるならば、ジャーヒリーヤのアラブの根絶のために文明化する必要があるのでしょう。
移民などによるならば、ジャーヒリーヤのアラブの根絶のために移民するべきなのでしょう。

移民などが駄目ならば、別の方法を探すべきでしょう。
アフガンについていろいろ書きましたが、植民地以外にも禁止事項があるならば、除外するべきでしょう。


466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 16:19:45.91 ID:qYMnb2U20
>>404
>>405
アメリカや日本の実際の意図がどうであれ、日本の元首相や内部抗争している絶対的無神論者などの凶悪犯罪者は、新たにアメリカなどが承認して押し付けたものとして憲法を位置づけ直した上で、歴史的経緯を覆して、アメリカなどの承認と憲法の内容を拒絶しているようです。
戦争に負けて無理やり押し付けられたものと新たに位置づけなおして、これまでの歴史的経緯を覆した上で、アメリカが承認して押し付けたとして拒絶している、憲法の内容は、伝統の維持や、国際協調や人道や平和、名誉ある地位などです。

かつての日本は、武力侵攻や植民地支配やファシズムのために、暴力や絶対的無神論などにごまかしで従って、国際社会の一員として人類の健全な発展のために努力して貢献して責任を果たして得た名誉や地位や信義や人道を踏みにじって襲い掛かったようです。
そして、敗戦したにもかかわらず、敗戦後、寛容に認められてきた、伝統の維持や、国際協調や人道や平和、名誉ある地位などを踏みにじって、再び襲い掛かり、何度でも襲い掛かると主張しているようです。

国際社会が健全に維持されているならば、国際協調や人道や平和については、意思にかかわらず、実力で強制されることでしょう。
まともな市民達が実在するならば、凶悪犯罪者を根絶することで、国際協調や人道や平和、名誉ある地位などを望んでいることを証明することでしょう。



467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 16:29:51.93 ID:qYMnb2U20
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87
この詔書は「人間宣言」と呼ばれている。しかし、人間宣言はわずか数行で、詔書の6分の1しかない。その数行も事実確認をするのみで、特に何かを放棄しているわけではない[23]。
元々日本国民の大半は天皇を「God」という意味の「神」であるとは認識していなかったが、GHQが「日本国民は天皇を神として崇めている」と勘違いし、このような詔書が出された[24]。

日本では偶像崇拝がなされています。
そもそも、聖書では、牛の像を立ててでたらめや犯罪などを行った場合にも、偶像崇拝がなされたと判断されているそうです。
そもそも、偶像崇拝は、対象が何であれ、認識がどうであれ、扱いがどうであれ、処罰の対象になるようです。

虚偽を虚偽だと分かった上で押し通すのは悪意の犯罪です。
虚偽を虚偽だと分からなかった場合でも、犯罪は犯罪ですが、教育などが有効な場合や、能力などに問題がある場合なども、ありうるのかもしれません。(不明)



468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 16:40:46.98 ID:qYMnb2U20
>>400
総意が犯罪ならば、犯罪民族です。
現実には、犯罪民族も実在するようです。
ただし、どの国にも犯罪者がいますし、犯罪者が支配して、まともなものがごまかして従ったり、逃げ出している場合もありうるのかもしれません。
まともな市民達がいるならば、少数の暴力革命主義者や絶対的無神論者を根絶して、まともな国々の助けを借りて、まともな民族に立て直す必要があります。
まともな市民達がいない犯罪民族は、生きるべきまともなものに命を託して、滅ぶ必要があります。
犯罪民族を処罰して滅ぼす必要があります。



469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 16:43:45.27 ID:qYMnb2U20
>>457
平和を愛する諸国民の一員として、国際社会のなかで責任ある健全な自由主義国の一員としての独立国を築いてきた市民達が、自由主義諸国の間での信頼を取り戻すには、左翼や凶悪犯罪者などの犯罪者を根絶する必要があります。
凶悪犯罪者や左翼などの犯罪者は、冷戦期に、平和を守ってもらった恩義に、さまざまな侮蔑や闘争などで報いてきたようです。
状況は大きく変化しています。日本が確固たる価値判断に基づいて自己責任を負って自立しなければ、信頼を得ることはできず、応分の負担をして自由主義国と協力して自主防衛しなければ、破滅するほかないでしょう。
日本人が、まともな価値判断をもたず、偶像崇拝や凶悪犯罪者を放置して、民族としての信頼を失えば、製品や学術にいたるまで、全ての信頼を失うことになるでしょう。



470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 18:11:04.01 ID:gfMW2CcE0
自然の健全な愛のある結婚や独立は重要なものであり、承認も重要な意義を持っているので、自然の健全な愛のある結婚や独立や承認などを願って求めて至るものは、自然の健全な愛のある結婚や独立や承認などのために、健全な努力をしていることでしょう。



471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 18:11:42.36 ID:gfMW2CcE0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%88
ファウストが悪魔メフィストと出会い、あの世での魂の服従を交換条件に、現世であらゆる人生の快楽・悲哀を体験させるという約束をする。
ファウストは素朴な街娘グレートヒェンと恋をし、子供を身ごもらせる。そしてあい引きの邪魔になる彼女の母親を毒殺し、彼女の兄も決闘の末に殺す。
そうして魔女の祭典「ワルプルギスの夜」に参加して帰ってくると、赤子殺しの罪で逮捕された彼女との悲しい別れが待っていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%88_%E7%AC%AC%E4%B8%80%E9%83%A8
悲劇の結末 [編集]
ファウストはメフィストと共に獄中のグレートヒェンを助けに駆けつける。しかし、気が狂ってもなお敬虔な彼女は、ファウストの背後に悪魔(メフィスト)の影を見出して脱獄を断固として拒否する。
ファウストは罪の意識にさいなまれて絶望し、"O, war’ ich nie geboren!"(おお、私など生まれてこなければ良かった!)と嘆く。メフィストは、「彼女は裁かれた!」と叫ぶが、このとき天上から「救われたのだ」という(天使の)声が響く。
ファウストはマルガレーテをひとり牢獄に残し、メフィストに引っ張られるままにその場を去ってゆく。



http://www.kekkon-all.com/adobaisu/post_2.html
まずは挨拶!
「結婚しよう!」と2人の間で気持ちが固まっても、ご両親への報告、挨拶なしにはここから先が進みませんよね。とっても緊張する、ドラマでもおなじみの場面です。
これから結婚に向かってたくさんのことを相談して決めていかなければならない、将来家族になる方々にきちんとご挨拶するのは当然です。
初めてだから、大好きな人のご両親ですから緊張するのは当たり前です。
すでに何度かお会いしている場合でも、
けじめとして正式なご挨拶をすることをお勧めします。

ここでは挨拶のチェックポイントとして、
心がけておくと安心なこと、気をつけること、マナーをご紹介します。
好印象を与えられるように、頑張って下さいね!


472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 16:49:20.65 ID:qG5pLr7l0
伝統などを守ると主張する国々のうちで、古代ギリシャなどの古代文明と同程度のレベルの伝統が、どれだけあるのでしょうか。

伝統などを守ると主張する国々のうちで、人類の健全な能力を、人道的に平和に協調して、健全に発揮するための文明としての価値のある伝統がどれだけあるのでしょうか。

人類の文明は、古代ギリシャなどの古代文明を失って、大きく後退したようです。
人類の文明が、古代ギリシャなどの古代文明のレベルに達するために、どれだけの時間が掛かったのでしょうか。

まともな人間にとって、伝統を守ると主張する国々の近代化以前の伝統に、古代ギリシャなどの古代文明に匹敵するレベルの伝統が実在するのでしょうか。



473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 16:49:41.28 ID:qG5pLr7l0
>>467
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120101/art12010103160000-n1.htm
【次代への名言】
受難と復興の日誌編(27)
2012.1.1 03:16
 ■「昨夜十二時に就褥(しゅうじょく)す。何年振りかに除夜の鐘の音を聴いた。夜空に傳(つた)はる遠い響きに格別の感慨あり」(内田百●(ひゃっけん))
 《勇気を出せ、断じて行ふ決心をすれば、予想以上に力も出る》
 昭和23(1948)年のきょう元日、2カ月後に組閣することになる外相、芦田均(あしだ・ひとし)が日記に書き付けた一文である。
 その2年前、“終戦明け”の21年の元日。厚相だった芦田は、のちに首相として皇室改革に取り組むことを予期したかのような一節を記している。
《宮内省の旧態制を今少し民衆化すべきである(中略)この儘(まま)であつては天皇は今尚(な)ほ現御神(あきつみかみ)であるに過ぎずして、君も人なりとのhumanな感覚が湧き出さない》
 《私も四十歳である。不惑である。私はしかし大いに惑う、大いに迷うであろう。文学への気持は不惑だが》
 これは作家、高見順の21年元日の記。一方、冒頭は同じ日に、内田百●が日記につづった一節である。文学者としての百●の側面が出た一文だが、人生の達人としての面目は高松宮が《町の感じは昨年より気分の出ぬ景色なり。
(中略)羽子(板)も凧(たこ)も「インフレ」では出廻(でまわ)らぬ。/やつぱり暗い気持ちが流れてゐるのだらう》と書いた翌22年の元日にある。
 この日、なけなしの貴重品だった大好物のビールを豪快に飲み干してしまったあと、百●はしたためている。
 《後は無くなつても又(また)その時はその時の風が吹くといふのが(妻の)こひも同意を表明したる見解なり》(文化部編集委員 関厚夫)
●=間の日が月



474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 16:50:03.90 ID:qG5pLr7l0
一部の凶悪犯罪者の日本人は、刀で自殺などをすることを、これが日本だと主張しているようです。
日本は、ペリーの砲艦外交で無理やり開国されて文明開化したが、刀で自殺などができなくなった恨みを抱えて、いつか襲い掛かって殺そうと、憎悪をたぎらせていたそうです。
そして、惜しみなく文明を教えてくれた恩義を踏みにじって、刀で自殺などをするために、邪悪な兵器を集めて戦う準備をしてきたそうです。
そして、武力侵攻や植民地支配やファシズムによって、力ずくで、刀で自殺などをする慣習を回復するために、憎悪を爆発させて、襲い掛かったが、敗戦したそうです。
そして、今でも、刀で自殺などをする慣習を回復するために、なんどでも、襲い掛かると主張しているそうです。


475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 16:50:19.97 ID:qG5pLr7l0
>>474
削除

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 16:50:48.65 ID:qG5pLr7l0
日本は、二千年以上続いたとされる偶像崇拝などの致命的な犯罪を廃絶して、新たに生きるべきまともな市民達か、新たに生きるべきまともな民族などのために滅ぶ必要があります。
国家犯罪や民族犯罪などのために、まともなものが犠牲になるのは間違いです。犯罪国家や犯罪民族を滅ぼす必要があります。
まともな市民達は、凶悪犯罪者などの巣窟である偶像崇拝にごまかしで従って、破壊や破滅を繰り返すのを止めて、新しい国を築く必要があります。
まともな市民達が実在しないならば、新たに生きるべきまともな民族などのために希望などを託して滅ぶ必要があります。


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 16:51:11.79 ID:qG5pLr7l0
>>465
ペルシャやエジプトなどはジャーヒリーヤのアラブを根絶しなかったことが致命的な犯罪になったようです。
しかし、ほかにも、なんらかの犯罪があったのかもしれません。(不明)



>>466
凶悪犯罪者を根絶することで、

絶対的無神論者や暴力革命主義者や凶悪犯罪者などの犯罪者を根絶することで、



478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 16:56:40.29 ID:qG5pLr7l0
二千年以上、犯罪伝統や犯罪慣習によってきた犯罪国があったとします。
国際社会などがまともならば、二千年以上続いた犯罪国の伝統や慣習の全てを否定することでしょう。
犯罪国から見れば、二千年以上続いた全ての伝統や慣習が否定されることになるでしょう。

二千年以上、犯罪伝統や犯罪慣習によってきた犯罪民族があったとします。
国際社会や国などがまともならば、二千年以上続いた犯罪民族の伝統や慣習の全てを否定することでしょう。
犯罪民族から見れば、二千年以上続いた全ての伝統や慣習が否定されることになるでしょう。

二千年以上、犯罪伝統や犯罪慣習によってきた犯罪者があったとします。
国際社会や国や民族などがまともならば、二千年以上続いた犯罪者の伝統や慣習の全てを否定することでしょう。
犯罪者から見れば、二千年以上続いた全ての伝統や慣習が否定されることになるでしょう。



479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 16:58:53.61 ID:qG5pLr7l0
まともなものが、犯罪者や犯罪民族や犯罪国に生まれたとしても、犯罪を続けるのではなく、犯罪を断ち切って、まともな者やまともな民族やまともな国として生きるべきでしょう。
犯罪者や犯罪民族や犯罪国は滅ぶ必要があります。


480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 17:00:16.25 ID:qG5pLr7l0
犯罪集団に生まれた子供がいたとします。犯罪者に育てられて、二千年以上続いた犯罪で犯罪が当たり前だと思ってきたとします。
善を求めて、犯罪集団に生まれたことに気がついたとき、子供はどうするべきなのでしょうか。
犯罪集団にごまかしなどで従って、犯罪を続けるべきなのでしょうか。
善を求めて、まともなものとともに、まともな集団を作って、まともに生きる必要があります。

犯罪民族に生まれた子供がいたとします。犯罪民族に育てられて、二千年以上続いた犯罪で犯罪が当たり前だと思ってきたとします。
善を求めて、犯罪集団に生まれたことに気がついたとき、子供はどうするべきなのでしょうか。
犯罪民族にごまかしなどで従って、犯罪を続けるべきなのでしょうか。
善を求めて、まともなものとともに、まともな民族を作って、まともに生きる必要があります。

犯罪国に生まれた子供がいたとします。犯罪国に育てられて、二千年以上続いた犯罪で犯罪が当たり前だと思ってきたとします。
善を求めて、犯罪国に生まれたことに気がついたとき、子供はどうするべきなのでしょうか。
犯罪国にごまかしなどで従って、犯罪を続けるべきなのでしょうか。
善を求めて、まともなものとともに、まともな国を作って、まともに生きる必要があります。


481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 15:23:46.30 ID:aZdvi8o+0
>>476
日本は、

偶像崇拝などの犯罪国の日本は、


482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 15:39:41.47 ID:aZdvi8o+0
>>436
日本には滅亡を前提として大きな変革が必要になります。

偶像崇拝などの犯罪国としてのある国には滅亡を前提として大きな変革が必要とされるでしょう。

>>455
日本の天皇

ある国の伝統

>>460-461
日本の天皇

ある国の伝統

>>467
日本

ある国

>>469
日本人

ある民族

>>481一部削除
の日本


483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 15:46:26.69 ID:aZdvi8o+0
バブルなどがおきて資本主義が成熟して腐敗して格差が開いて資本家が独占して、搾取がなされて労働者が貧しくなって、10の需要に対して、12の供給力のある資本主義社会が決定的に破綻したとします。
果たして、共産党員や社会主義者などが、一人一人の自由や趣味趣向に配慮して、生活や健康や人生に対して全責任を負って、持続可能な産業や社会を築いて、健全な社会を構築できるのでしょうか。
共産党の赤旗は赤字で経営困難だそうです。また、共産党は、綱領を押し付けて言論を封殺しており、顔色の悪いものが多い党員を安価な賃金や無給などで選挙活動や赤旗販売などにこき使って、幹部は別荘や豪邸を建てて肥え太って言論や富を独占しているようです。
ちなみに共産主義における、自由な団体がどのような団体であれ、団体内部や団体間の問題に対する、高度な倫理や実力などを持った調整者がいなければ、品質の維持も、供給力の維持もできずに、争いあって、混乱の中で滅亡するほかないでしょう。


484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 15:48:59.71 ID:aZdvi8o+0
>>483
削除

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 15:51:46.38 ID:aZdvi8o+0
>>466
新たに位置づけたのでなく、事実上の承認としての意義のあるものならば、事実上の承認の破棄の意図があるということになり、より重大な結果を招くことでしょう。
ちなみに、自国の意志で決めたものならば自国の意思を踏まえたうえでの改正になるのでしょう。
ダイヤモンドは、非常に固い結晶だそうです。しかし、乱暴に扱ったり粗末に扱えば割れたり、傷ついたり、燃やせば灰になってしまうそうです。たとえ、大事にしていた場合でさえも、壊れてしまう場合もありうることでしょう。
事実上の承認を破棄した場合には、新たに、事実上の承認を取り直す必要があることでしょう。
事実上の承認を与えたものが、国とは限らないでしょう。
ちなみに、どの国であれ、聖書を知るものならば、偶像崇拝などの犯罪根絶のために努力してきたのでしょうし、偶像崇拝などの犯罪を認めることはなく、偶像崇拝などの犯罪根絶のために努力することでしょう。



486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 15:53:35.66 ID:aZdvi8o+0
>>472
民主主義の選挙制度などの人道に基づく社会のあり方や、国際機関の設立などの平和や協調のあり方は、欧米が決めて押し付けたものではなく、日本自身が、比較的早くから、重要なメンバーの一員として作り上げ、構築してきたものでもあったそうです。
しかし、日本には、人類の歴史を踏まえて、健全な人間の能力の発揮を求めて、努力したものなどいなかったのかもしれません。人々を苦しめて殺すために、あらゆる手段で闘争する、暴力革命主義者や絶対的無神論者や凶悪犯罪者こそが、日本なのかもしれません。

日本にまともな市民達が実在するならば、暴力革命主義者や絶対的無神論者や凶悪犯罪者を根絶することでしょう。市民達の活動には、思想良心の自由が認められており、言論活動や、政治活動や、組合活動、デモや不買運動などがなされる場合もあるようです。



487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 16:10:13.13 ID:aZdvi8o+0
仮説
ちなみに、明治維新の際に日本は、国家の意思を国内外にはっきりと明示して、明確な決断をして、開国を選択しており、邪悪な因習などの犯罪の根絶して人道を求めることや、国際協調主義に踏み切ったそうです。
しかし、この際、人道や国際協調を求める国家の意思を、旗などによって明瞭に示したにもかかわらず、はっきりと人道や国際協調を破壊する意思を持って、旧来の既得権益層の武士などからなる反文明主義者や凶悪犯罪者などが逆らって反乱を起こしたそうです。
この人道や国際協調を求める国家の意思に対する反乱については、明治政府の有力者だった西郷隆盛が、暴力革命主義者や絶対的無神論者や凶悪犯罪者を説得しに行って失敗したとか、政府と連携して暴動を起こして鎮圧させたというような趣旨の説もあるそうです。
しかし、この後も、反文明主義者や凶悪犯罪者などによる、人道や国際協調主義を求める国家の意思の破壊のための闘争は続き、戦前には226事件を起こして、左翼を踏み台にして西欧と戦い、戦後も、人道や国際協調の破壊を煽って、破滅のために闘争してきたようです。
そして現在も、終戦の詔勅や、詔勅に基づく憲法で明瞭に示された、人道や平和や国際協調を求める国家の意思に、逆らって、凶悪犯罪者が、人道や国際協調や平和を憎悪し無視し破壊したり、国や民族や人を殺したり、個人的な闘争などのために戦っているようです。
凶悪犯罪者の反乱が続くならば、鎮圧が必要になるでしょうが、226事件のような国家による法的決着では逆効果であることは歴史でも明らかであり、最低でも西南戦争規模の広範な殺戮を伴う根絶が必要になりうるのかもしれません。(不明)
沖縄についても現状のままでは武力鎮圧や武力侵攻などが必要になりうるのかもしれません。(不明)
歴史を見ると、日本の凶悪犯罪者や暴力革命主義者などについては、最後まで戦って滅ぶという状況が必要なのかもしれません。そして、根絶に当たっては、226事件のような国家による法的な処罰ではなく、西南戦争のような市民達による根絶が必要なのかもしれません。


488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 16:12:10.23 ID:aZdvi8o+0

邪悪な武士道カルトなどの凶悪犯罪者は、国際協調や人道を求める国家の意思への反逆を繰り返してきました。凶悪犯罪者の、どこが日本で、どう日本人で、どこがどう日本のためになっているのでしょうか。
たとえ、混乱した世界情勢の中で、駆け引きなどのために凶悪な意見を主張する役回りが必要だと考える間違ったものがいたとしても、かつての、社会党でさえ日本を大事に思ったためか、自主的に主張を控えたり、政権をとろうとはしなかったという説があるそうです。
しかし、凶悪犯罪者の場合には、明確に、人道や平和や国際協調を求める国家の意思への反逆者であり、国家の破壊者であり、軍事的に見ても破滅すると明瞭に理解していながら、政権までとって、民族や国や人を苦しめて殺すために、実際に国家を破滅に導いています。

ちなみに、かつては、武装した農民出身などの市民達が、人道や国際協調を求める国家の意思に対して反乱を起こして人道や国際協調の破壊などを求めた反文明主義者や絶対的無神論者や暴力革命主義者や凶悪犯罪者などを、砲や銃などで、ばたばたと撃ち殺したそうです。


489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 16:14:29.86 ID:aZdvi8o+0
>>487
西欧と戦い、

西欧などと戦い、

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 16:19:17.24 ID:aZdvi8o+0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%8D%97%E6%88%A6%E4%BA%89

3月1日に始まった田原をめぐる戦い(田原坂・吉次峠)は、この戦争の分水嶺になった激戦で、戦争から100年以上たった現在でも現地では当時の銃弾が田畑や斜面からしばしば発見されている。
薩軍では副司令格であった一番大隊指揮長篠原国幹をはじめ、勇猛の士が次々と戦死した。官軍も3月20日の戦死者だけで495名にのぼった。田原坂の激戦は官軍の小隊長30名のうち11名が命を落としたことからも窺うことができる。
こうして多大な戦死者を出しながらも、官軍は田原坂の戦いで薩軍を圧倒し、着実に熊本鎮台救援の第一歩を踏み出した。


491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 16:20:18.99 ID:aZdvi8o+0
>>487-490
削除


492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 21:26:12.38 ID:CbXLuSs00
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%82%B9
パトリキウス(Patricius, 387年? - 461年3月17日)は、アイルランドにキリスト教を広めた司教(主教)。カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会で聖人。「アイルランドの使徒」と呼ばれた[1]。アイルランドの守護聖人。
しばしば英語名で聖パトリック (Saint Patrick) とも呼ばれる。パトリキイとも。アイルランド語ではPádraigと綴り、ポーリクなどと発音する。
イギリス西部にあるウェールズでケルト人の家庭に生まれた。

北アイルランドなどへの間接直接の侵略やテロなどの犯罪をやめて、人道や平和や協調を守って健全な人間性や愛などを発揮できるのだろうか。


493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 21:42:40.02 ID:1sKpPYFd0
>>492
一部削除

北アイルランドなどへの間接直接の侵略やテロなどの犯罪をやめて、人道や平和や協調を守って健全な人間性や愛などを発揮できるのだろうか。



494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/04(水) 19:34:13.08 ID:k2ddtkru0
てすと

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/04(水) 22:44:57.16 ID:/50eoq660
>>73一部削除
民主主義の採用は、日本だけでなく、西欧においてさえ、実現困難な、多くの犠牲を伴う、険しい道でした。


>>279
結婚はともかく、少なくとも子供を残すのは、顔の白い男だけになるのでしょう。

結婚はともかく、子供を残すことはできないのでしょう。


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/04(水) 22:45:24.25 ID:/50eoq660
>>492一部削除
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%82%B9
パトリキウス(Patricius, 387年? - 461年3月17日)は、アイルランドにキリスト教を広めた司教(主教)。カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会で聖人。「アイルランドの使徒」と呼ばれた[1]。アイルランドの守護聖人。
しばしば英語名で聖パトリック (Saint Patrick) とも呼ばれる。パトリキイとも。アイルランド語ではPádraigと綴り、ポーリクなどと発音する。
イギリス西部にあるウェールズでケルト人の家庭に生まれた。




497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 00:23:03.28 ID:zjXquL6D0
>>495
結婚はともかく、子供を残すことはできないのでしょう。

アラブは、結婚はともかく、子供を残すことはできないのでしょう(不明)。



498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 00:23:28.29 ID:zjXquL6D0
社会主義の下では、欧州で生産される車でさえも、ほとんど進歩がなく、環境にも酷く悪いものだったそうです。


499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 00:24:05.78 ID:zjXquL6D0
日本について、ずっと、植民地の解放戦争だと思ったものがいたとか、国家の存続を願ったものがいたなどというような趣旨のことを書いてきましたが、確認できなかったので全て取り消します。


500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 00:25:05.98 ID:zjXquL6D0
>>485一部取消
事実上の承認を与えたものが、国とは限らないでしょう。


501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 00:26:37.94 ID:zjXquL6D0
>>498
ほとんど進歩がなく、

ほとんど改善などがなく、

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 00:27:59.45 ID:zjXquL6D0
愛のないものに生きる資格はありません。
命を粗末にするものに生きる資格はありません。


503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 00:29:04.48 ID:zjXquL6D0
>>498削除
>>501削除

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 00:32:53.34 ID:zjXquL6D0
愛がなければ生きる資格も、その国に入る資格もありません。
その国に入る気もなく、入ろうともしないものは、国であれ民族であれ人であれ滅ぶほかにないでしょう。
滅ぶほかにない国や民族や人もいることでしょう。
滅ぶ国や民族や人などは、価値あるものを託して滅ぶべきでしょう。

じゃあね。


505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:50:35.29 ID:NMCb7tlN0
現在の世界は、でたらめな価値観が蔓延し、その人やその国への反逆や簒奪がなされている原始時代です。
現在の世界では、一部の先進国では、ようやく近代化がなされて人道的な社会を創りつつありますが、多くの国々では、原始時代ので

たらめな犯罪慣習が蔓延しており、人類の文明や人道は、絶対的無神論や虚偽などの犯罪によって、滅亡の危機にさらされています。

ある国も、血筋やでたらめな慣習などを誇っており、凶悪犯罪者が、偶像崇拝や、汎神論などによる無神論で、ごまかしています。
ある国は、外国の軍隊に自由や人道や文明を強制されていますが、自由とも人道とも文明とも無縁の、犯罪国です。
ある国の人道や文明などの成果は、全てユダヤの成果であり、アメリカが効果を発揮したものであり、ある国自体は駄目です。
ユダヤなどは、寛容に振舞い、様子を見てきたようですが、もはや、ある国のごまかしや偶像崇拝などの犯罪を許さないでしょう。
ある国は、その人に逆らい、血筋による偶像崇拝や、その人以外の全てを神とする汎神論などによって、領土や人々などを不法占拠し

て、簒奪して、真実を貶めて、人々を血統などで差別して奴隷化しています。

ある国の汎神論は、真実をごまかしで失って、その人以外の全てを偶像崇拝する凶悪犯罪です。
ある国では、血筋による差別を行い、偶像崇拝をして、真実を拒絶し、絶対的無神論が蔓延しているようです。

ちなみに、その人以外の、現実には存在しないような何らかのものを偶像崇拝する、絶対的無神論を蔓延させているカルトも実在する

ようです。


506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:51:01.11 ID:NMCb7tlN0
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120121/art12012103120000-n1.htm
受難と復興の日誌編(46)
2012.1.21 03:11
 ■「鮮血の中の劇的なうぶ声、実に人生観を一変するばかりの光景なり。実に人間は、母の血潮の中に最初の叫びをあげるのである

」(山田風太郎)
 当時は医学生だった作家、山田風太郎の怒りは終戦から2年がたとうとしてもなお、おさまっていなかった。
 《米新聞記者曰(いわ)く「日本にはまだ過去のアヤマチを自覚しない頭の固い人間がいる」。何を言っとるか。アヤマチとは彼ら

から見たアヤマチではないか。頭が固いとは不動の決意を意味するのだ。道は唯一(ただひと)つ、再び実力を得ること!》
 昭和22(1947)年春の日記の書き込みである。別に《日本人の自信喪失せるや滑稽なるばかり也》ともある。
 《ソヴィエット自身、理解を自ら踏躙(とうりん)して日本に宣戦布告したるにはあらずや、吾人はソヴィエットに恨みあり、米国

にもあれど、こは後日の御馳走(ごちそう)として、さしあたりソヴィエットに復讐(ふくしゅう)せんと欲す》
 これは同じころにつづられた記述。そして終戦記念日の8月15日、山田は前年と同様、次の一文を刻んでいる。
 《われらが復讐記念日!》
 そんな山田はこの年の晩秋のある日、外来実習で初めて、出産の瞬間に立ち会った。
冒頭はそのさいの記述で、以下の一文が続く。《雲霞(うんか)のごとき群衆を日々眺(なが)めて、人間を殆(ほとん)どゴミのよ

うに考えていたが、その観念がいささか改まった》
 山田の、若さゆえの筆のすべりは、ぜひともご容赦をお願いしたい。そうすれば、史上の混乱期にある一人の多感な青年の心にさし

た、“復興の曙光(しょこう)”が見えてくると思う。(文化部編集委員 関厚夫)




507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:51:18.82 ID:NMCb7tlN0
多くの国々が、その国のために多大な努力をしてきました。そして人道や平和などの結果を求めて努力しながらも、問題を起こしたり

、悔い改めて、問題を改めたりしてきたようです。
多くの国々は、裁くのはその人だと認めています。多くの国々は、その人による裁きを認めたうえで、言葉を大事にして真実を求めて

、その国を求めて、努力して、悔い改めて、経験を蓄えて、問題を解決し、成果を上げようと努力しています。
多くの国々は、その国を作るために、その人に対して、過ちを認めて、悔い改めてきたようです。




508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:51:40.22 ID:NMCb7tlN0
多くの国が、人道や文明や真実や、その国のために働いたようです。
しかし、ある国は、人道や文明や真実などを踏み潰して、復讐心や侵略を正当化し続けてきたようです。そして、ついに、復讐や侵略

を復興しようとしているようです。
ある国は、砲艦外交や軍事力によって、人道や文明などを強制されて国を開き、復讐や侵略の本心を隠して、恩義のある国々をだまし

て、やむを得ずに人道や文明などを学んで、力を蓄えて爆発させたそうです。
ある国には、人道や文明や真実はありません。ある国の人道や文明などの成果は、全て、ユダヤ人や他の先進国などの強制によるもの

です。
ある国は、偶像崇拝国であり、絶対的無神論者であり、その国のために働かず、人道や文明のために働かず、その人に逆らって不法占

拠や簒奪してきた歴史をもっており、ある国の本心は、復讐や侵略を押し通して、その人に逆らう不法占拠や簒奪を広げることです。
ある国は、偶像崇拝や無神論のごまかしの国であり、侵略で犯罪を広げて、その人に逆らい、その国を破壊しようとした犯罪国です。
ある国は、間違いを認めることも、改めることもなく、恩恵や支援を踏みにじり、今でも、復讐や侵略のために実力を蓄えています。
ある国は、人道や文明を強制されることで苦しんで、忍耐の限界だと叫んで、怒りを公言しています。
そして、今や、有力な凶悪犯罪政治家さえ立てて、強制されてきた人道や文明や自由を踏みにじって、ごまかしや差別や偶像崇拝や無

神論などで人々を犯罪の奴隷にして、命を粗末に扱い、侵略を自信を持って正当化して、復讐心を爆発させようとしています。



509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:52:18.21 ID:NMCb7tlN0
ある国は、聖書を知りながら、主に逆らい、裁く権利が主にあることを、悪意で認めない、凶悪犯罪国です。
ある国の本質は、平和でも愛でも人道でもありません。
ある国は、自由も人道も真実も求めず、ごまかしや無神論や偶像崇拝や邪悪を求める犯罪国であり、許されません。
ある国は、その人を認めず、領土や人々を簒奪して奴隷化してきた上に、周辺国に襲いかかって侵略して犯罪の奴隷にしました。
その人や、その国のためでなく、血族差別や武装集団の暴力による支配などによる絶対的無神論や偶像崇拝などを正当化したり、自信

を持つこと自体が致命的な犯罪です。
その人を認めないものには、権利は認められません。
ある国は、言葉を蔑ろにして、血筋などによる差別や偶像崇拝や無神論などによるごまかしや奴隷労働で成り立っているようです。あ

る国は、他国の軍事力による強制がなければ、自由や人道や文明を求めることもなく、誰も真実や自身を生きられないようです。
ある国は、強制されなければ人道や平和や協調などを求めず、その人に逆らって、領土や人々を簒奪して侵略して、差別や暴力や偶像

崇拝や無神論などの犯罪の奴隷にして、虚偽を突き進み、復讐を正当化して、成し遂げようと日々憎しみを公言しています。
ある国の本質は、血筋による差別や、偶像崇拝や、神以外のあらゆるものを神とするごまかしの汎神論に基づく絶対的無神論や、人口

の数パーセントの軍事勢力による身分制の暴力や、命の危険によって強制している差別や奴隷制や憎悪や復讐などの凶悪犯罪です。
凶悪犯罪者によれば、ある国の凶悪犯罪は、2000年以上の歴史を持つといわれており、問題を認めることも、改めることもなく、

隙があれば人道や文明を踏みにじろうとして、復讐心や侵略の正当化だけを求めているようです。
ある国はユダヤ人の努力や、欧米などの恩恵によって近代化して、人道や文明の進歩に成果を上げましたが、全て軍事力などによって

強制されたものであり、全てはユダヤ人などによる経営や指導などの成果です。
ある国自体は、恩恵や支援に感謝することもなく、文明や人道や真実を求めることも決してありません。ある国は、砲艦外交や近代兵

器などの実力に基づいて強制されたために、止む得ず、文明や人道や真実を求めるように装っているだけで、本心は復讐だけです。
ある国は、聖書を知りながら、その国を求めることも、真実を求めることもなく、その人に逆らって、領土などを簒奪しています。
ある国にあるのは、偶像崇拝や絶対的無神論に基づく、復讐や侵略や差別や奴隷化や憎悪などの凶悪犯罪であり、人道や文明などのた

めの努力は強制されてしたやむをえない手段に過ぎません。ある国の本心は、暴力による奴隷化や血族差別であり、侵略や復讐です。
ある国が、国々の調和や人類の発展や人道を求めて成果を挙げたように見えたとしても、それは、全てユダヤ人などの成果です。ある

国は駄目です。あるくには、その人に逆らって、領土や人々を簒奪して奴隷化しており、侵略を正当化し復讐心を滾らせています。
ある国の本質は、その人に逆らい、真実をごまかして偶像崇拝や無神論を突き進む凶悪犯罪であり、その人に逆らうための侵略の正当

化や、復讐です。ある国の文明や人道や人種差別反対はすべて、ユダヤ人のコントロールや欧米などから強制されたものです。
ある国の本心は、軍事力などを蓄えて侵略を正当化して復讐を果たし、その国を破壊し、その人に逆らって、主権を簒奪して差別や奴

隷化することです。ある国は、その国を破壊して、その人に逆って、際限ない争いや、人道や文明や自由の破壊を求め続けています。
ある国に対していくら恩恵や理解や誠実さを示しても無駄であり、復讐のために利用するだけです。ある国の本質は、絶対的無神論で

あり、自ら真実や人道を求めることなどありません。


510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:52:54.49 ID:NMCb7tlN0
ある国が求めているのは虚偽や憎悪や侵略や復讐です。現在は、他国の軍隊などによって強制されて、人道や命などが尊重される機会

が与えられているようですが、復興などといって、軍事勢力による暴力支配や、差別や奴隷制や偶像崇拝などに戻ろうとしています。
ある国では、血筋などによる差別や偶像崇拝や、真実以外を強制するごまかしや汎神論による絶対的無神論が蔓延しており、他国の軍

事力などによる強制がなければ、人々は犯罪の奴隷にされて、自由も真実もなく、自自分自身として生きることも不可能です。
ある国は、血筋による差別がなされ、市民や人命はゴミのように考えられて奴隷にされており、偶像崇拝などによって逆らうことも許

されず、凶悪犯罪者の支配下で、一部の貴族階級だけが利益や自由を独占している奴隷支配によって成り立つ奴隷国家のようです。
ある国では、真実を求めることがなく、まともな価値判断がなされず、絶対的無神論や偶像崇拝や差別や奴隷制や復讐などの凶悪犯罪

以外の、全てが虚偽です。
ある国では、軍事勢力による暴力支配や、方便としての人種差別撤廃などを野放しにしており、状況に応じて、指導者をさいころを振

るように、でたらめに変えるなどして、価値判断によらずに、出鱈目をしているようです。


511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:54:26.11 ID:NMCb7tlN0
ある国は、血筋などによる差別や、偶像崇拝や汎神論や無神論などによって、人々を虚偽や犯罪などの奴隷にしています。そして、真

実を求めることや、真実によって善く生きることを妨げています。
多くの国々が、真実を求めて、その国を作るために、問題を起こしながらも、努力して、改めてきたようです。
しかし、ある国は、偶像崇拝などで、その人から領土や人々を割拠して簒奪しただけでなく、侵略などで犯罪を広げたことを未だに正

当化し続けており、いまだに、復讐心を滾らせているようです。
その人に逆らうことは、致命的な犯罪です。
その人に逆らう犯罪国などは、滅ぶ必要があります。


512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:55:14.56 ID:NMCb7tlN0
まともなものは、血縁などに基づく差別や偶像崇拝や、汎神論による無神論や、ごまかしや、暴力集団による暴力支配や奴隷労働など

の凶悪犯罪を処罰する必要があります。
まともなものは、凶悪犯罪者によって死の危険にさらされ、ごまかしや奴隷化や差別や虚偽などの犯罪を繰り返すのではなく、凶悪犯

罪者と戦って処罰して、問題もあったようですが、マッカーサーなどに与えられた、自由や人道への機会を実現する必要があります。
ある国は、マッカーサーなどによって、問題もあったようですが、血筋による差別や偶像崇拝や人命無視などの凶悪犯罪から解放され

て、自由や民主主義や国際協調などを実現するための機会を得ることができました。
しかし、ある国では、凶悪犯罪者が復興して、侵略や復讐心を滾らせて、偶像崇拝などによる奴隷制などが復興しつつあります。ある

国は、今や、同じ過ちを繰り返そうとしており、人道や自由や、真実や、真実を生きることなどが、失われようとしています。
伝統は、人道や平和や国際協調などの価値ために全く役に立ちません。伝統は凶悪犯罪者のペテンのネタであり、巨大な権威で、人々

を押しつぶして犯罪や虚偽の奴隷にして、侵略や復讐のために、多くの命を奪って、国際協調や人道を破壊したのが歴史の事実です。
凶悪犯罪者は、今でも、有力犯罪政治家と連携して、ペテンで、人道や文明を踏み潰して、侵略を正当化して、復讐を爆発させようと

しています。
凶悪犯罪者は、偶像崇拝やペテンを暴かれても、反省も内省も全くありません。凶悪犯罪者は、その人に逆ってきただけでなく、その

人に逆らい、ますます逆らって、ますます怒って、人々を、憎悪や復讐や破滅に導こうとしています。
まともなものは、真実や自由や人道や文明のために、凶悪犯罪者を処罰して倒して、偶像崇拝や無神論などの犯罪を廃止して、まとも

なもののためのまともな国を創る必要があります。
ある国で、自由や人道や文明や真実を求めれば、偶像崇拝の凶悪犯罪者などによって、危険にさらされているようです。
ある国に、外国軍による強制がなければ、人道や文明や真実は失われて、凶悪犯罪者の激烈な怒りによって、多くのものが侵略や復讐

の奴隷にされて、犯罪を繰り返して、死ぬことになるでしょう。


513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:56:13.02 ID:NMCb7tlN0
ある国は、米軍基地やアメリカの強制によって、ようやく、自由や人道や文明や真実を求めるものが、殺戮や虐待や奴隷化から免れる機会を与えられているのが現実です。
ある国には、まともな価値判断がなく、聖書を知りながら、その国のために働くこともなく、自ら人道や文明や真実を求めることもあ

りません。国際協調や平和主義や人道は、強制されたものであり、ある国の本心は、侵略の正当化と、復讐です。
まともなものが人道や文明などに成果を上げられたのは、ユダヤ人の指導や、欧米の軍事力などによる強制力があったからです。強制

力などがなければ、ある国は、偶像崇拝の犯罪奴隷国であり、血族差別や偶像崇拝や無神論で、侵略して復讐に突き進む犯罪国です。
ある国は、国際社会の一員として自立するための人道や協調や平和に冠する価値観がありません。人道や協調や平和は、外国によって

押し付けられたものであり、外国の軍隊に強制されているものです。
そして、ある国では、外国に強制された、人道や平和や強調から逃れようと、凶悪犯罪者が仲間を集めて、侵略を正当化して、復讐心

を滾らせています。
ある国には、人道や文明や自由や真実を求める価値観や意思がなく、その人に逆らって、偶像崇拝やごまかしや無神論常で、侵略を正

当化して復讐することを求めています。
近年も、アメリカが相対的に弱くなったとして、押し付けられて耐え忍んできた人道などの虚偽をかなぐり捨てて、本心である侵略や

復讐などを復興させるために、凶悪犯罪者達が、有力犯罪政治家と共に、ますます怒って、真実に逆らっています。
現在のある国では、外国から押し付けられた人道などを破棄して、その人に逆らい、無神論や偶像崇拝や差別や犯罪奴隷支配を繰り返

すことを望むものが、勢力を集めています。
ある国では、凶悪犯罪者が、公に偶像崇拝を行い、怒りや憎悪を滾らせて、外国によって文明を教授された恨みに歯軋りして、人道や

平和や名誉などを押し付けられて耐えてきた恨みを訴え、復讐を公言して、政権をとろうとさえしています。
現在のある国は、米軍による強制によって、人道や自由を求める機会が与えられていますが、貴族制度や偶像崇拝や無神論などによっ

て、市民の奴隷化が進みつつあります。市民が奴隷だから、貴族制度が必要になるのでしょう。
偶像崇拝者などの凶悪犯罪者は、どこにでもいる犯罪者であり、どの国のものでも、どの民族のものでもありません。
偶像崇拝者などの凶悪犯罪者を処罰して滅ぼす必要があります。



514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 18:57:02.94 ID:NMCb7tlN0
ある国が戦後を終わらせるためには、偶像崇拝や汎神論や絶対的無神論やごまかしなどをなくして、自由や人道や文明や真実を守るた

めの、まともな国を創る必要があります。
凶悪犯罪者によるペテンの伝統や歴史に惑わされずに、ペテンを破棄して、マッカーサーによる自由や人道や文明の成果を受け継ぐ必

要があります。伝統が協調や人道や平和を求めているように見えても、凶悪犯罪者のペテンであり、何の役にも立ちません。
伝統は、理想のために機能していませんが、その人に逆らい、その国を壊したり、人々から人道や平和や文明などを奪って、人々を差

別や無神論や偶像崇拝などの犯罪の奴隷にして、侵略を正当化して、復讐のために破滅させるなどの凶悪犯罪のペテンになっています


まともなものは、凶悪犯罪者を追い出して、偶像崇拝や無神論などの犯罪を廃止して、真実を求めて、まともな国を創る必要がありま

す。
言葉を大事にして、自分自身を見失わず、真実を求めて、ごまかしや無神論や偶像崇拝などの犯罪を止めて、犯罪の奴隷になるのを止

める必要があります。そして、凶悪犯罪者を処罰して滅ぼす必要があります。
まともなものは、マッカーサーなどによって与えられた、人道や自由を求める機会を守り、活かして、受け継いで、自分自身や真実を

大事にして、善の為に生きる、新しい善の国を創る必要があります。
ある国の文明や人道などの成果は全て、マッカーサーなどによる成果です。ある国の伝統も歴史も凶悪犯罪者に占拠されており、復讐

や侵略のペテンのため以外には、全く機能していません。
マッカーサーなどによって、自由や真実を得る可能性が守られていることに感謝して、2000年以上続いたと凶悪犯罪者が主張して

いる、無神論や偶像崇拝やペテンやごまかしなどを根絶する必要があります。
ある国はマッカーサーによって与えられた、自由や真実を求めうる機会を、新しい国として完成させ、示された理想主義的な体制を、

徹底させて、自由や真実のために善く生きることのできる国を創る必要があります。
ある国が自由や人道や文明を得る機会を得たのは、マッカーサーなどのおかげです。ある国自身では、自由や真実を求められませんで

した。伝統が人道を求めるように見えても、無効であり、凶悪犯罪者が侵略の正当化や復讐心を守り通すための方便のペテンです。
凶悪犯罪者が偶像崇拝をして悪用してきた伝統が、人道や平和や国際協調を求めているように見えたとしても、全て方便のペテンです


伝統が、その人に逆らう偶像崇拝であり、人道や平和や国際協調のために全く機能しておらず、何の反省の機会にもならず、凶悪犯罪

者たちが侵略や復讐などの犯罪を正当化して、ますます怒り、ますます逆らっていることは、明白に証明されています。
現在のある国は、凶悪犯罪者によって、過ちを繰り返して、侵略や復讐の国になろうとしています。凶悪犯罪者の本心は、無神論や偶

像崇拝や差別や奴隷化や虚偽などの犯罪の正当化であり、侵略の正当化や復讐です。
現実に、ある国の凶悪犯罪者は、現在も、その人に逆らい、侵略の正当化や復讐などのために戦っており、勢力を増やしており、強制

的に押し付けられた人道や名誉に対して、怒っています。
まともなものがいるならば、差別や奴隷労働からの解放を求めて戦って、真実に基づく善い命を取り戻す必要があります。
ある国は、このままでは、無神論や偶像崇拝で、人道やその国を破壊して、凶悪犯罪者による侵略の正当化や、復讐などによって、過

ちを繰り返して、血族差別や偶像崇拝などによって犯罪の奴隷にされて破滅することになります。
血族差別や奴隷労働や偶像崇拝などを廃絶して、ごまかしを止めて、真実を生きる必要があります。


515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/22(日) 19:01:00.09 ID:NMCb7tlN0
>>505
カルト

邪悪なカルト

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/23(月) 17:16:35.76 ID:WOcygkM60
>>1
解散総選挙やってみろ
自由党批判してんなら旧自由党外した民主党だけでやれ

自分のいってることを実行してみろ
出来ないのなら貴様は詭弁師だ
有言実行には程遠い机上の空論だけで語る能無し、それが民主党の仙石だ


517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/23(月) 20:21:06.02 ID:DfCUIehF0
http://www.youtube.com/watch?v=Wnn0gKoc8jI

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/27(金) 19:12:18.87 ID:1hOntmSr0
武井咲「生まれ変わったら韓国人になってみたい」(雑誌セブンティーン2010年12月号)
http://kusasoku.com/pic/120113/a120113063410a1.jpg
【韓流(笑)】武井咲「学校では韓国ブーム。友達はみんなK-POP(笑)好き。韓国語の勉強をしてる人も多い。私も行きたい」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1305538333/
【フジテレビ】月9に武井咲を連想する役名 サブリミナル疑惑浮上
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1326639985/
武井咲の韓流ゴリ押しステマがひどい件 「韓国語を勉強中。大好きな韓流スターと・・・」(週刊朝日)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1326166896/
武井「イケメンは浮気OK、キモデブは無理嫌だ」(行列のできる法律相談所2011年1月30日放送)
http://blog-imgs-47-origin.fc2.com/b/u/h/buhisoku/103_2_20120112141449.jpg
武井「あまり理想の先生に巡り合えなくて…いい思い出というのがない」(月9制作発表)
http://blog-imgs-17-origin.fc2.com/b/e/a/beautydiet4u/extra_uptv0008461.jpg
武井「女の人が付き合っているのにかかわらず、告白してきて、うっとおしくなったのでほんとマジ無理」(しゃべくり007 2010年11月29日放送)
http://blog-imgs-47-origin.fc2.com/b/u/h/buhisoku/103_3.jpg
武井「撮影でダサいつなぎを着させられているので、制作発表はかわいいものを着たかった」
http://www.sanspo.com/geino/news/110420/gnj1104200504007-n1.htm
「私の周りのいつも見ているスーツの男性(事務所関係者)はおじさんばかりなので…ごめんなさい」
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/11/03/0004592986.shtml
【元ヤンキー】ゴリ推し武井咲【不人気】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/cm/1323240179/


519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:12:16.29 ID:hiuUeaDj0
ある致命的に邪悪な絶対的無神論者が、強盗が奪うのと、店で対価を支払うのが、金を取るということでは同じだといっていました。
また、犯罪と正義の違いはわかっているが、強盗が奪うことと、店で対価を支払うことが、違うという説明がなされていないとか、納得できないなどといっていました。また、店が不当な請求をした場合にはどうなるかなどといっていました。
そして、強盗が奪うことと、店で対価を支払うことが、同じだと考えることが、深い考えだと誇っていました。

犯罪が犯罪だとわかっているのに、さらに犯罪を肯定する時点で、犯罪肯定の犯罪者です。
犯罪によって人々が不幸になる苦しむことや、正義によって多くの人々が幸福を増やしうることの違いに対しては、まったく関心がないようです。
また、犯罪の処罰や実力行使が、まともな人々のまともな暮らしのために必要なものであり、犯罪者による実力行使が悲惨な苦しみや破滅などをもたらし犯罪を増やすことにも関心がないようです。
そして、善を行うには、善悪の価値判断をして、善のために責務を果たす必要がありますが、善のために価値判断することや、善のために働くことには、まったく関心がないようです。
そして、善を貶めることや、責務を逃れることに努力して、悪をごまかし、悪行を正当化することに全身全霊を注いでいるようです。

邪悪な絶対的無神論者に対して、法で定めてあるといっても、法を踏み潰してでたらめをしたり、法を変えようとするだけかもしれませんし、いかなる説明をしても、悪意で正義を罵倒して引き摺り下ろして、犯罪の共犯や犯罪をし続けるのかもしれません。
そもそも、邪悪な絶対的無心論者は、善悪の違いを知っており、違いを知った上で、悪意で悪となり、犯罪を押し通し、善を貶めて、善のための努力や問題よりもましか同じだなどといって、苦しめて殺すことそのものを求めて、犯罪にふけっています。
そして、犯罪が処罰されないで、ごまかしとおせると誇っているようです。

そもそも、犯罪と正義の違いがわかっていると認めている時点で、犯罪と正義を同じだとすることが、犯罪になります。
強盗と店での対価が違うとわかっている時点で、悪意で混同して、邪悪に突き進んだ犯罪者ということになります。
悪意でマイナスになったものを、引き戻しても、ゼロになるだけですし、そもそも悪意の犯罪者なので、際限のない無駄です。
悪意で邪悪に突き進むものは悪意の犯罪者なので滅ぶ必要があります。
言葉の上だけであったとしても、言葉の破壊にあたり、この時点で対話そのものが成立しなくなります。
現実の犯罪者を擁護すれば共犯になるでしょうし、対価を支払わなかったり強盗をそそのかせば犯罪になるでしょう。


520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:14:41.66 ID:hiuUeaDj0
絶対的無神論は、犯罪の原因になっているようです。
善悪の違いを知りながら理由がわからないなどと言って善悪の概念自体を破壊する場合や、実力行使の対応が同じだと言って善悪を破壊する場合や、店が不正な請求をするなどの犯罪の場合などと混同するなどの具体的な内容をごまかす場合などがありうるようです。

邪悪なものを説得したとしても、マイナスがゼロになるだけのようです。
まともに生きるやる気も能力もないものは、滅ぶ必要があります。
正義を求めるもののための支援や努力が必要でしょう。

善い社会を創るためには、まともなものが善を求めて、善く努力する必要があります。
歴史や伝統は繰り返すためのものではなく、善行によって幸福を求めるために、経験を蓄積して、問題に対処するためのものです。

左翼は、世界中の邪悪な因習や人々を苦しめるテロリストや邪悪な独裁者の共犯であり、人々を苦しめる因習や邪悪を押し付け押し広げ、どれだけ死者が出ても洗脳や独裁をし、現実に食料さえ生産できない体制のために憎悪や暴力を肯定する悪意の凶悪犯罪者です。

偶像崇拝による犯罪は、現在も数多くなされています。文明の破壊者が文明を妨げた民族なども、自然とともに生きているなどといって、自然などを偶像崇拝して自由を妨げ文明などを貶め、盗賊などを野放しにして、努力を貶めて、でたらめを繰り返したのかもしれません。
かつての地上には、自然と共生して狩猟採集などをする生命ならば、人間よりも美しく見事な生命が実在したようです。人は、それらの生命から地上を託され、現在も多くの生命から支えられて、人の善の可能性を追求して責務を果たすことを求められています。
人は、人としての善い能力を発揮して、自然と共生して人の責務を善く果たす必要があります。人としての責務を果たさず、人として自然と協調しないものは、人として他の生き物を殺戮するのをやめて、他の生き物に地上を譲って滅び去る必要があります。


521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:16:54.00 ID:hiuUeaDj0
ある国の凶悪犯罪者は、破滅することがわかっていながら債務を膨らませて支払義務や責任を果たさず、人々が苦しんで死ぬと知りながら悪意で憎悪をあおり、邪悪な因習によって人々を奴隷化して洗脳して破滅させて、大量殺人を実行しようとしています。
結果として、凶悪犯罪者が野放しになっており、伝統や歴史などの権威が独占され、同じ過ちが繰り返されようとしています。まともなものがいるならば、偶像崇拝による洗脳や奴隷化などと戦い、人々が苦しみ、大量殺戮などがなされるのを止める必要があります。
ある国には意味不明の伝説があるようですが、ある国の凶悪犯罪者は、伝説に基づく建国の経緯や在意義や理由を否定して、自然にできた国家だと主張しているようです。
また、ある国の凶悪犯罪者は、偶像を悪用して大きな権威を得ており、自己の権威や優位を確認するために、常習的に歴史をゆがめ、虚偽にふけったり、罵倒したり、強制したりして、権勢を振るって、私服を肥やし、権力を蓄積して、肥え太っているようです。
そもそも、ある国の凶悪犯罪者は、ある国の伝統や歴史とはまったく無関係の大量殺人者です。そして、ある国の歴史や伝統から見ても、虚偽であり、処罰の対象です。
しかし、ある国では偶像崇拝がなされており、偶像は実際に犯罪を処罰することはないので、凶悪犯罪者を実力で処罰するものが存在せず、犯罪が跋扈して、力を蓄えて、破滅を繰り返そうとしています。

町の乱暴ものを放置すれば、邪悪な町になって、多くのものが苦しんで駄目になって破滅するでしょう。まともなものが、まともに生きるために、犯罪と戦わなければ、警察などがあっても役に立たないでしょう。
偶像を崇拝していれば、偶像から裁かれることはないので、偶像崇拝者は、いかなる犯罪でも平然と行うようになります。そして、歴史や伝統などといいながら、歴史や伝統そのものも平気でゆがめて、絶対的無神論を押し通しているようです。

人にはまともなものもいれば犯罪者もいます。能力の上下にかかわらず、倫理の低いものや高いものも実在しています。いかなる制度や社会でも、経験や事実などに基づいて、現実の問題に対処しなければ、同じ破滅を繰り返すだけです。


522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:19:15.32 ID:hiuUeaDj0
まともな社会のために努力するものと、犯罪のために努力するものはまったく違います。犯罪者に力を与えれば、破滅するほかにありません。ある国が、まともな独立や自立を得たいならば、マッカーサーによる自由や人道を国の基礎に据える必要があります。

ある国の凶悪犯罪者は、伝説や歴史などを完全に踏みにじって、ある国が自然にできた国だなどと主張しているようです。
社会契約論は契約によって国家を作るものです。契約は、最初の契約だけでなく、新たな参加者による契約や、契約の継続についても問われて承認が求められます。契約の締結のために、信用の確保や、成果についてもそれぞれの責任が問われます。
社会契約は、承認や努力などによって市民によって支えられるものでもあります。ちなみに、ある国の歴史や伝説によれば、ある国では、なんらかの実力の介入によって実力行使がなされて、譲渡などによって、支配がなされたとされているようです。
ちなみに、ある国の文明の歴史は、周辺国に比べても非常に浅いものだとされているそうです。それまでのある国では、人間としての能力を貶めて悪意で発展を妨げていたのかもしれませんし、自民族だけでは人道に到達できなかったのかもしれません。
ある国における実力の行使が、偶像崇拝によるものならば、破壊や侵略になるでしょう。いずれにせよ、ある国であれ、どの国であれ、自然にできた国などありません。また、多くのものが承認して、自己責任を負って、善の努力によっても支えているものです。
ある国が、凶悪犯罪者のでたらめや、偶像崇拝を放置して、凶悪犯罪者が力を蓄えて、洗脳や殺戮のために効果を発揮するようになれば、多くの人々が苦しんで死ぬでしょう。
ある国の一部の世代などは、自由や人道を承認せず、責任を負わず、権利を乱用して善を貶め、国内外の犯罪に加担して犯罪にふけり、負担を逃れて罵倒してきたようです。ある国の一部の世代などの犯罪を処罰して、責任を負わせて、負担させる必要があります。
ある国の、凶悪犯罪者もまた、自由や人道を承認せず、歴史や伝統さえ、虚偽でゆがめて、罵倒に用いて、でたらめを主張して、人々を洗脳して苦しめて殺して、恨みや復讐で戦わせて、無謀な戦争を仕掛けて、完全に滅ぼそうとしています。
ある国の凶悪犯罪者は、まともに生きるやる気も能力もない、過ちを繰り返して、苦しめて殺すことが目的の、滅ぶべき犯罪者です。



523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:21:59.97 ID:hiuUeaDj0
ある国の凶悪犯罪者は、伝統や歴史などを悪用して、悪意で人々を苦しめて破滅させ殺そうと公言しています。
左翼は、警察による実力行使などをあげつらって、警察も犯罪者も実力行使では同じだなどと犯罪を正当化したり、警察の実力行使よりはましだなどといって、悪意で、人々を苦しめて破滅させて殺すために、邪悪な犯罪やテロや暴力を突き進んできたようです。

ある国では、これまでは、一部のまともな勢力が、マッカーサーによって解放された自由主義や人道によって統治しようと努力してきたようですが、凶悪犯罪者の執拗な攻撃で、自由主義や人道を失いつつあります。
ある国では、時刻だけでは人道にも自由にも到達できなかったにもかかわらず、偶像崇拝から開放し、人道や自由への機会を与えてくれたくれたマッカーサーに対する罵倒が蔓延しているようです。
そして、ある国では、凶悪犯罪者が力を蓄えて、責任や自由などを悪用して、偶像崇拝を復興させて、独裁やでたらめなどによる破滅を繰り返そうとしているようです。
ある国が、まともな国家として、まともな国際社会のために責任を負って自立しようというならば、ある国の自由や人道の由来であるマッカーサーを国の基礎に据えて、自由や人道のために責任を負って自立する必要があります。
ちなみに、ある国の左翼は、世界中の悲惨な独裁国や邪悪な因習で人々を苦しめるカルトの共犯者であり、人々を苦しめて殺すために戦う犯罪者なので、人々を苦しめて殺す点で利害が一致しているので、凶悪犯罪者に対抗する勢力にはなりえません。
また、左翼と凶悪犯罪者が、人々を苦しめて殺すための方法論で、互いに憎悪しあって、戦ったとしても、どちらを応援しても破滅するほかなく、どちらが勝利しても、苦しんで破滅して死ぬことになります。
ある国の政治の場は、近隣諸国の侵略者や犯罪者同士の闘争の場となっています。また、言論の場所は、犯罪資本家の独占などによって、でたらめや犯罪や侵略や洗脳の場となっているので、まともなものは、押しつぶされて、自由や人道を失いつつあります。



524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:26:56.13 ID:hiuUeaDj0
ある国の新聞社は、自由や幸福を求めてきた国や企業などを罵倒し続け、かつては破滅に至る戦争を煽り、人々を苦しめる独裁国や邪悪な因習に加担してきたようです。
ある国の新聞社や所有者や社員などは、致命的な犯罪者です。
たとえ、ある国の新聞社にまともなものがいても、凶悪な資本家などによって犯罪の奴隷にされているので、まともな仕事はできません。
価値判断の基本が邪悪な犯罪肯定の犯罪者は、滅びるほかにありません。
ある国の新聞社に、まともなものがいるならば、邪悪なものを処罰して滅ぼして、まともな新聞社をつくって、自由や幸福を求めている国や企業などと連携したり、公正などの問題に対処し、伝統や歴史を悪用する国内外の邪悪な凶悪犯罪者と戦うべきでしょう。
ある国には、犯罪肯定の信念に基づいて個人で新聞社を独占して、悪行にふけり、膨大で巨大な不正資産を築いている、邪悪な凶悪犯罪者が実在するようです。凶悪犯罪者を処罰して滅ぼす必要があります。
ある国の新聞社は、自由や幸福を求めて事実に基づく問題への対処に努めている国と、伝統などを偶像崇拝して人々を苦しめて犯罪肯定してごまかし続ける邪悪なカルト国家などを同等とみなして、まともなものの名誉を毀損して、犯罪に加担してきたようです。
警察力の行使と、犯罪者の暴力とは違います。違いを知りながら、ごまかして犯罪に加担し、名誉を毀損し、責務を果たさないのは犯罪者です。



525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:42:01.13 ID:hiuUeaDj0
>>522
自民族だけでは人道に到達できなかったのかもしれません。

自民族だけでは文明に到達できなかったのかもしれません。

課税すると景気が悪くなるという説があるようです。
しかし、福祉に対して、負担が必要なのは事実であり、必要な負担から逃れることはできません。
社会保障という言葉があるようですが、かつて、イギリスでは、ゆりかごから墓場までといわれる社会保障を整備して、債務が膨らみ活力が失われて、国家運営などが持続不可能となって、未来が見えなくなって社会や人々が暗くなったので改めたそうです。
ちなみに、自由主義では、福祉が必要とされているそうです。健全な社会を築くには、自立して、助け合うことが必要です。
社会保障では責任を負いきれないので駄目なようです。まともなものがまともに生きて、まともに生きるやる気や能力のあるものへの助けが必要です。
人生にはさまざまな時期があります。結婚して子供を育てるには家が必要です。大家族ならば大きな家が必要になるでしょうし、小さな家族ならば大きな家は不要でしょう。
人が老いて、別々に暮らして、家族が少なくなるならば、大きな家も不要になり、食事も少なくてすむようになり、かかる費用も少なくなることでしょう。助けが必要な期間もありうるようですが、健康で助けがなくても自立できるほうがより幸せでしょう。
格差などといいながら、現実の若者や労働者などから、仕事や自立の機会を奪ったり、賃金を下げたり奪ったりしながら、自己の世代のために国債を負わせるのは間違いです。
借金漬けにして債務奴隷にしたり、養殖するのは犯罪です。
所得の再配分が必要ならば、格差解消のための累進課税などが有効でしょう。また、世代間格差の解消も課題ですし、不要だったり死蔵された資産を再配分したり、搾取などに悪用されるような資産を開放する必要があるでしょう。
まともな価値判断をして、善行によって幸福を求める必要があります。
健全に生きる、やる気も能力もないものは滅ぶ必要があります。
健全に生きる、やる気や能力のあるものものための、協力なども必要でしょう。


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:43:36.53 ID:hiuUeaDj0
景気などに対しては、別途の対策が必要になります。過去の経験から、課税したら景気が悪くなったと唱えても、現実に債務が膨らんで歳入が増える見込みもないようなので、問題の解決のためには役に立たないようです。
景気が悪くなった原因を解消するために検討したり、悪影響を緩和する対応策を検討したり、成長余地があるならば採算のあう具体的な事業や直面している課題の解決に効果のある事業などを検討するべきでしょう。
歴史を見ると、教育や産業などの事業や近代化のためや、環境汚染などの課題の解決のために資金を注いだ場合には、資金を回収できるようですし、環境などが大幅に改善する場合もあるようです。
課題を検討した上で、課税できないと判断したならば、支出を減らす必要があります。
継続不可能な経済規模を保つことはできないので、縮小が必要な局面もありうるでしょう。
ちなみに、共産党の発行している赤旗という新聞は赤字だそうです。赤旗の生産能力は需要を大幅に上回っているそうですが、共産党は無償で赤旗を配布することもできず、働かずに赤旗を配布できる団体も構築できませんし、できないと知っているでしょう。
継続不可能な無駄な生産能力を放置していれば、資源を浪費して、破滅に至るのが、現実です。おそらく、赤旗についても発行部数を減らしたり、経費を削減しているのでしょう。
ある国の共産党は、破滅に至ることを知りながら、悪意で、人々を苦しめて殺そうとしています。
個人でも法人でも国でも、バブル期などに、資産と債務を膨らませて、不正な利益を得ようとするものがいるようです。しかし、バブルは崩壊しますし、実態に合った経済しか持続できず、労働に見合わない報酬は犯罪です。
経済の規模については、大小ではなくて、持続可能性や、結果の是非にたいする価値判断なども必要になります。
人々を苦しめ破滅させる裏経済や闇社会の問題などに対する対策も必要になります。
また、表側にいながら悪意で犯罪や因習に加担する、犯罪新聞社などに対する対策も必要です。
現実に健全な成果を挙げる事業を発展させるために、犯罪新聞社など滅ぼして、犯罪資本家などの責任を問うて処罰する必要があります。また、邪悪と戦うためにも、まともな新聞社などが必要です。
まともなものは、犯罪新聞社を潰して、犯罪資本家などによって悪用されている資源などを開放して、まともな新聞社を創って、やり直す必要があります。



527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:49:17.97 ID:hiuUeaDj0
ある国では、負担を逃れている世代などがおり、払うべき税金を、国債にして、肥え太って傲慢になって、貧しいものを踏みつけて搾取しており、貧しいものから言葉さえ奪って、貧しいといって怒って、支払うべき金をごまかしているようです。
ある国の、負担を逃れている世代などは、いまだに、労働者から賃金を搾取しようとしたり、過剰な福祉を奪おうとしているようです。そして、自らは不正な賃金を得ながら、引退後に、正当な報酬さえも出し渋って、奴隷化しようと、罵倒しているようです。
ある国の一部の世代などは、左翼や凶悪犯罪者などになって、国内外の善行や正義への努力などをひたすら貶めてきたそうです。そして、ある国の一部の世代などは、国内外の邪悪な因習などの犯罪に加担してきたようです。
ある国の、犯罪に加担したり、負担を逃れている世代などに対して、邪悪な犯罪に対する責任を問うて、必要な負担させる必要があります。
ある国については、ある世代の犯罪者などへの対応を根本的に見直して、犯罪を処罰して、責任を負わせて、無駄で不合理な福祉などを縮小したり廃止する必要があります。



528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 22:57:22.91 ID:hiuUeaDj0
善を求めて間違いを改め幸福を求める自由な社会と、邪悪なカルトやごまかしや過ちを繰り返す犯罪や邪悪な因習支配などの犯罪国とは、まったく違います。
犯罪者が警官に抵抗すれば、職務執行妨害で、罪が加算されます。
邪悪なカルトなどの犯罪国は滅ぶ必要があります。



529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 23:16:48.47 ID:hiuUeaDj0
ある国の凶悪犯罪者は、ある国が自然にできたものだなどと、歴史とも伝統とも無関係なでたらめを主張しているようです。
ある国の凶悪犯罪者は、ある国の歴史や伝統の基準でも犯罪者であり、ある国の歴史とも伝統とも無関係の、どこの国にもいる、強欲で、金や殺戮や人々の苦しみを求める、でたらめな犯罪者です。
ある国の凶悪犯罪者は、そもそも歴史や伝統に関心はなく、不正な利益で肥え太って、人々をだまして苦しめて殺すことに専念している大量殺人鬼です。
凶悪犯罪者にとっての、歴史や伝統は、侵略や大量殺戮を正当化するためのペテンのネタであり、だまして搾取して、過ちを繰り返して、苦しめて殺すことが目的です。
ある国の凶悪犯罪者は、現実に、自らの権威を振るって、偶像を思い通りに悪用するために、さまざまな圧力をかけて、偶像を支配下に置こうとしているようです。
凶悪犯罪者は、人道や自由を奪って、過ちを繰り返すために、力を蓄えて、圧力を行使して、でたらめを押し通しています。
偶像崇拝が成立すれば、凶悪犯罪者の犯罪が正当化されて、多くのものが犯罪の奴隷になって、同じ過ちを繰り返して滅亡することになるでしょう。
凶悪犯罪者の主張は、まともな国を憎悪して、マッカーサーによる自由や人道を破棄して、偶像崇拝で犯罪の奴隷にして、責任を負うと欺いて北朝鮮のような孤立した軍事独裁国家を作って、洗脳や憎悪や復讐などによって、人々を殺すということのようです。
凶悪犯罪者を放置すれば、過ちを繰り返して滅ぶほかにないでしょう。



530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/29(日) 23:39:08.90 ID:hiuUeaDj0
ある国の凶悪犯罪者は、自国の歴史さえ知らず、人道や自由を貶めて、侵略を正当化して侵略を戒められたことに復讐心をたぎらせ、
過ちを繰り返そうとしながら、人類を導けると考えているのでしょうか。
後からついていって、先に走ったものよりうまく走れたからといって、先に走ったものの間違いを非難しても無意味です。
また、先に走ったものよりも、間違いが少なくても、間違いの理由にはならず、悪意なら、悪意の責任を問われるでしょう。
また、先に走っているものが、立ち止まったときに、追い越して、どこに行くつもりなのでしょうか。
そもそも、何の価値観もなく、行き当たりばったりで、目先の利益で選択する犯罪者には、なんの未来もないでしょう。

どの民族にも邪悪な犯罪者がいます。
価値判断もなく、歴史の事実を無視して、でたらめな勢力を育て上げて、さいころを振っているようでは、破滅するほかにないでしょう。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>818‐819
>>823
>>902‐906
>>912
>>914
>                    ゝ、         , ‐'"
                       ` ‐ 、 __, --‐''"
3922:56:3922:56:3922:56:3922:56:3922:56:3922:56:3922:56:3922:56:3922:56:39 '''' href="../test/read.cgi/mona/1161962826/1" target="_blank">>>1』
  し'∪   |   |   |   ∪ /  電波〜   電波〜    \毎日何処かの板で糞スレを立てる>>1
          ̄ ̄ ̄ ̄     /  .∧__∧      ∧__∧      \糞スレを立てる事しかできない白痴。
      ガッキーン       /  ( ゚∀゚ )    ( ゚∀゚ )          st/read.cgi?bbs=kao&key=989644592&st=106&to=106&nofirst=true" target="_blank">>>106
人造人間17号 ★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)