5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

国産クワガタ人気ランキング

1 ::||‐ 〜 さん:2012/10/03(水) 21:36:03.38 ID:6u3ducEX
国産クワガタ人気ランキングのスレがなくてたてました。
国産クワガタってたくさん種類がありますよね。
どのクワガタが好きですか?

2 :ヒラタクワガタ:2012/10/03(水) 21:38:59.93 ID:6u3ducEX
・ダイトウヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus daitoensis
大東諸島に生息しています。
・ツシマヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus castanicolor
対馬、韓国の済州島・珍島、中国の一部に生息しています。
・イキヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus tatsutai
壱岐諸島に生息しています。
・ゴトウヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus karasuyamai
五島列島に生息しています。
・タカラヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus takaraenis
トカラ列島の宝島、小宝島に生息しています。
・アマミヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus elegans
奄美群島に生息しています。
・トクノシマヒラタクワガタ
学名:Dorcus tinanus tokunoshimaensis
奄美群島の徳之島に生息しています。
・オキノエラブヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus okinoerabuensis
奄美群島の沖永良部島に生息しています。
・オキナワヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus okinawanus
沖縄の複数の島に生息しています。
・サキシマヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus sakishimanus
先島諸島の石垣島、竹富島、小浜島、黒島、新城島、西表島、鳩間島、与那国島に生息しています。
島によって個体差があるようです。
・ホンドヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus pilifer
山形県以南の本州、四国、九州などに生息しています。
・ハチジョウヒラタクワガタ
学名:Dorcus titanus hachejoensis
伊豆諸島の八丈島に生息しています。
・スジブトヒラタクワガタ
学名:Dorcus metacostatus
コウチュウ目クワガタムシ科オオクワガタ属ヒラタクワガタ亜属の昆虫です。
奄美諸島の奄美大島、加計呂麻島、与路島、請島、徳之島に生息しています。
体長はオスで23〜70mm、メスで25〜41mm。 体に太い筋のような縦の
・チョウセンヒラタクワガタ
学名:Dorcus consentaneus
コウチュウ目クワガタムシ科オオクワガタ属ヒラタクワガタ亜属の昆虫です。
対馬、朝鮮半島、韓国の済州島・珍島、中国の一部に生息しています。



3 :ノコギリクワガタ:2012/10/03(水) 21:44:03.96 ID:6u3ducEX
・ノコギリクワガタ種
クロシマノコギリクワガタ
ミシマイオウノコギリクワガタ
クチノエラブノコギリクワガタ
学名:Prosopocoilus inclinatus kuchinoerabuensis
口永良部島
体長は♂〜68 ♀30前後
特記事項:採集禁止
・リュウキュウノコギリクワガタ種
アマミノコギリクワガタ
トカラノコギリクワガタ 悪石島
トカラノコギリクワガタ 中之島
トカラノコギリクワガタ 口之島
トカラノコギリクワガタ 諏訪之瀬島
トクノシマノコギリクワガタ
オキノエラブノコギリクワガタ
オキナワノコギリクワガタ
学名:Prosopocoilus dissimilis okinawanus
分布は沖縄本島、伊平屋島、小宇利島です。
体長は♂〜70 ♀30前後
・クメジマノコギリクワガタ
学名:Prosopocoilus dissimilis kumezimaensis
分布は久米島です。
体長は♂〜64 ♀30前後
・ハチジョウノコギリクワガタ種
ハチジョウノコギリクワガタ
学名:Prosopocoilus Hachijoensis
分布は東京都八丈島です。
体長は♂〜59mm、♀28mm前後
・ヤエヤマノコギリクワガタ種
ヤエヤマノコギリクワガタ
学名:Prosopocoilus pseudodissimilis
分布は石垣島、西表島です。
体長は♂〜63 ♀30前後


4 :オオクワガタ:2012/10/03(水) 21:46:04.49 ID:6u3ducEX
オオクワガタ
学名:Dorcus hopei binodulosus
コウチュウ目クワガタムシ科オオクワガタ属オオクワガタ亜属のクワガタです。
ホペイオオクワガタ(Dorcus hopei)の亜種とされています。
日本に生息しており、日本では各地のブナやクヌギ林に生息しています。
山梨県韮崎市、大阪府能勢町、福島県桧枝岐村、佐賀県筑後川流域、岡山県、十和田湖周辺などが有名な生息地となっています。
体長は通常2〜7.5cmで、飼育下では最大で86mmに成長する個体も存在します。日本に生息するクワガタの中でも最も大きくなる種類のひとつです。
過去にはオオクワガタブームとなり、大型の個体は高価で取引されていたため「黒いダイヤ」とも呼ばれていました。
現在は養殖が行えるものの自然の個体の数が激減しているため、絶滅が心配されています。

5 :ミヤマクワガタ:2012/10/03(水) 21:49:57.44 ID:6u3ducEX
・ミヤマクワガタ
学名:Lucanus maculifemoratus maculifemoratus
ミヤマクワガタの基本種で、北海道、本州、四国、九州や各地の島などほぼ日本全国に生息しています。
・イズミヤマクワガタ
学名:Lucanus maculifemoratus adachii
伊豆諸島の伊豆大島、利島、新島、神津島、三宅島などに生息しています。
・アマミミヤマクワガタ
学名:Lucanus ferriei
甲虫目カブトムシ亜目コガネムシ上科クワガタムシ科ミヤマクワガタ属の昆虫です。
鹿児島県奄美大島の標高の高い山地に生息しています。
体長は20〜50mm。
・ミクラミヤマクワガタ
学名: Lucanus gamunus
甲虫目カブトムシ亜目コガネムシ上科クワガタムシ科ミヤマクワガタ属の昆虫です。
御蔵島、神津島に生息しています。
体長は20〜30mmと小型のミヤマクワガタで、生息数が少なく絶滅が心配されています。
個体によっては赤みがかった色をしています。


6 :コクワガタ:2012/10/03(水) 21:51:30.83 ID:6u3ducEX
・コクワガタ
学名:Dorcus rectus rectus
コクワガタの基本種で、日本の北海道・本州・四国・九州・五島列島、中国、台湾、朝鮮半島に生息指定います。
・ハチジョウクワガタ
学名:Dorcus rectus miekoae
八丈島に生息しています。
他のコクワガタと比べて赤みを帯びているのが特徴です。
・ヤクシマコクワガタ
学名:Dorcus rectus yakushimaensis
屋久島、種子島、馬毛島、甑島列島に生息しています。
・ミシマコクワガタ
学名:Dorcus rectus mishimaensis
薩南諸島の竹島・硫黄島・黒島、男女群島、口永良部島に生息しています。
・トカラコクワガタ
学名:Dorcus rectus kobayashi
トカラ列島に生息しています。

7 :アカアシ、ヒメオオクワ:2012/10/03(水) 21:55:54.72 ID:6u3ducEX
アカアシクワガタ
学名:Dorcus rubrofemortus
沖縄県以外の日本各地に生息しています。
主に標高200〜1000m近辺の高山地帯に生息しています。
体長は25〜58mmで、アシの関節や腹部が赤い特徴があります。
クワガタの中では珍しく昼間でも行動することがあり、夜間に外灯などの光にも集まってきます。
主にヤナギの木の樹液を食べていますが、クヌギやハルニレなどの樹液も吸っています。
アカアシクワガタの基本種で、日本の本州・四国・九州・佐渡、対馬などや、朝鮮半島、シベリアなどに生息しています。
Dorcus rubrofemoratus chenpengi
中国の遼寧省、朝鮮半島、ロシアの一部に生息しています。
Dorcus rubrofemoratus miyamai
中国の四川省に生息しています。
・ヒメオオクワガタ
学名:Dorcus montivagus montivagus
ヒメオオクワガタの基本種で、日本の北海道、本州、四国に生息しています。
・キュウシュウヒメオオクワガタ
学名:Dorcus montivagus adachii
九州に生息しています。

8 :マルバネクワガタ:2012/10/03(水) 21:59:48.09 ID:6u3ducEX
・チャイロマルバネクワガタ
学名:Neolucanus insularis Miwa,
石垣島・西表島。体色が明るい茶色、体長は♂で18、8mm〜36、6mm飼育下では35、7mm(2008年)と小型、
昼行性、よく飛翔する、幼虫の食物が樹木の赤色腐朽物(フレーク)ではない、といった点で
日本の他のマルバネクワガタと大きく異なる。
・アマミマルバネクワガタ N. progenetivus Y. Kurosawa, 1976
原名亜種 N.p.progenetivus
奄美大島・徳之島。旧タテヅノマルバネクワガタ亜種群中最もオスの大顎の発達が悪く、大歯型は極めて稀である。
体長は♂で43、3mm〜65、2mm(飼育下では67、2mm2009)。
・ウケジママルバネクワガタ
学名:N. p. hamaii Mizunuma,
請島。一部のマナーの悪い採集者のため、同島は採集禁止区域になっている。
1994年に追加された。
なお環境省第4次レッドリストでは絶滅の可能性が2番目に高い絶滅危惧@B類に指定されている。
・オキナワマルバネクワガタ
学名:N. okinawanus Sakaino,
沖縄本島北部。黒色で艶がある。国産マルバネクワガタの最大種で体長は♂で43mm〜70mm飼育下では71、3mm(2006年)
文献によってはアマミマルバネクワガタの亜種に分類されている。
・ヤエヤママルバネクワガタ
学名:N. insulicola Y. Kurosawa,
原名亜種 N. i. insulicola
石垣島・西表島。オキナワマルバネクワガタに似るが体色は若干茶色味を帯びる。
体長は♂32、6mm〜67、0mm♀38、4mm〜57、0mm飼育下では♂69、2mm(2006年)幼虫は
シイ、カシ、リュウキュウマツ等のフレークを食べて育つ。
八重山諸島が生息地であるが、数は減少した。
・ヨナグニマルバネクワガタ
学名:N. i. donan Mizunuma,
与那国島。体長は、♂で35、4mm〜62、7mm飼育下では65、0mm(2011年)。


9 ::||‐ 〜 さん:2012/10/03(水) 22:04:19.35 ID:6u3ducEX
では、どうぞ。

10 ::||‐ 〜 さん:2012/10/03(水) 23:02:41.42 ID:6u3ducEX
では、僕から
@アマミヒラタクワガタ
Aツシマヒラタクワガタ
Bトカラノコギリ 悪石島産

どれも気性が荒くて大きくなる個体です。
@は初めてブリードした種なので1位にしました。

11 ::||‐ 〜 さん:2012/10/17(水) 23:02:44.47 ID:OAW/N9fc
バカ

12 ::||‐ 〜 さん:2012/10/23(火) 12:23:58.00 ID:UAkocSwy
本土ヒラタ
本土ノコギリ
アマミネブト

13 ::||‐ 〜 さん:2012/10/25(木) 22:18:40.72 ID:GqEeCvLo
本土ヒラタって人気あるよね
小さくてもかっこいいからかな?

14 ::||‐ 〜 さん:2012/10/26(金) 20:08:20.11 ID:wceBT04F
本土ヒラタの分類はイマイチわかってないところがあるというね
九州北部産はツシマの血が入ってるからでかくなるって
去年80mm出たみたいだし

15 ::||‐ 〜 さん:2012/10/27(土) 01:09:05.44 ID:UmQYttN9
でも、九州はオオクワもでかいよ
気温が関係あるんじゃない?

16 ::||‐ 〜 さん:2012/11/08(木) 17:26:05.58 ID:r5oNHh4e
誰かいますか?

17 ::||‐ 〜 さん:2012/11/19(月) 15:33:35.46 ID:o+P35gKH
飼育数や販売数で考えたら
オオクワガタがダントツの一位だろ。
語るのは二位以下だけで良い

18 ::||‐ 〜 さん:2012/11/19(月) 17:57:55.12 ID:l1KVFvvj
見た目ならばミヤマが1位、2位がオオクワ、3位が水牛ノコかな。

19 ::||‐ 〜 さん:2012/11/19(月) 18:54:16.26 ID:it3Ep+iw
俺は川西市某所の出身なので、
子供の頃はオオクワガタは珍しくもなく、そんなに人気なかったな。
それよりもケンカをよくする水牛の方が人気があった。
カブトムシと戦わせたりして、よく遊んだ。
子供からすると、臆病なオオクワガタは魅力なかったな。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)