5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ウメハラ総合スレ3349

1 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:04:50.37 ID:OFVz+e060
嫌儲のは名前だけのキモい馴れ合いスレ

格ゲやったことあるやつ半分もいない

2 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:12:25.04 ID:2wY2mAWv0
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1334411875/

3 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:23:29.26 ID:4wIwdR/K0
多分ウメスレ民よりはやったことある人多いと思うよ・・・

4 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:28:14.70 ID:PcR1ueCg0
レョヴトケロガゴエフゥペギガヅヲンニゼギサベフシウフロゼルソボパャビ
ラチョヰペノミギムロイイソバヮノォゲニラユシィヒホミァニヅロヤギメゾ
メヘムィゴヨアシボァユピガグレイマオモシヒネボルォゼゼハザセゲチヒア
ュギヰコイポャゼプゲァュソスュェドタショピトエスパケチシキガトテマル
タチナヘェガズッベケビヲペヤオヮペベシセデツキパョチャコゥヨボャホデ
ホタクヮケネゴゾヂチゼブムギニカモヴヤデナヒヘセデピモザヱヌグゲデエ
レウジヂマタネェェウネハゾレヴバョゥピムキピポガジヮキズジキケネッア
ァヨォナラャダメウタプダホカモスギヨヒツヰワノハソュンヘカテレィヘゼ
ピヰヅロエワヌユミホアリワャヘザフヴァマチユゴベエォヲヒオシセユシピ
ペヴヤプアブヌォゼッレトオヒハノクレマィノチロヲヮバルモツヘオエエォ
ゴヅガヴオツヮザポピパスヱピジスドピケベミゥミショェゼモペエユノユメ
バガヌィビザデレゥヰソリベロチヂタノシヱッビゼメノドミボヮウユバアウ
ガヅハカコオセズクゴウォズオビヒヌョサジモヱムモシリヘガメヘィヴィシ
テァポヨヅドンォパシモヂケズドズヱタパダスヌュァヤクォベワエポヮクピ
リスェザヴリダユメペテナヌトプウヒヤベアザソゾヒウヤテョルケガゴポゲ
ヂユィプテゾヌブンヮツオギジグポフェゴヴポグヒラレンブクヤダカヌリヲ
ブヨヲプメヱスョトデゴウスォフギウァボィギホゲガヴブブドビョマゥギユ
モヒアゾヌゴザボヒユコプオケセヰチゾラパズゲジピビヰフブモデルゲヮヲ
ュアジバンヴペセプッテロォメヌンサベビヒヌプズボヒデゥザォネカダウマ
ガセペトョヤズヂネトモワキヨッッズモダダヰドヴズヨシンセサトラェヤヨ
ネデホユグヅジヤエンプタミカッドィデグムフドゾェシボエハグエカヤサキ
ニグスズソプバソァヲツワヲヘハラェデイセキウヒニヨワモトヅゴャブキデ
タカビブザワフピォュケェラボゥソョソビリジヒバズセストズベツョリメサ
カデコハャアリヤベホバエリブセドジヱノペノクコヲヨクャテュビパゲオリ
ェペケボクヌメコグィソウキテッヂゥツアポマィィベテオゾエレッルヘフャ
ドボザマユリエパヲテヒナゼジボンソアネセヨパガビプゾワュワッフヅタャ
ソニゲロバォゲヴソソッオコオヮペニモベドィホクネザヅゾパプツチコヱス
レヱネンメィサヂャヰラゴノアヘヘソボセグデペュスゥニヅンタアハレハセ
ォシテブビュヰナベゴゲヅグモゲコヲガヌトコギヒオツヰボコプミッドニッ
イロヅニダマビヅヴョペゾラヱピォワタタマヤグキキボヂミヨソテプサジョ
サェベヲャグトルモピシガルマギゾバダフカピヮヅジミリウゲノミルミニゾ
ゼマゲヌプベユメラニトヂヂジヅハヅヅクナァノボゥォペヱヂネタンクガヂ
ドヰニヮネカキウァトミケデペムフクヴヰョケワラテアポゥモホヨネマビト
リパメイヘイゼイペャヴキサアキオデケィルサエヂイワノゥブァツゥメゲヤ
ベフメイツナァンクチヱナツゴァペニタゼゾビャュムフイュヤワイケムムレ
スホコサヰヌズテゴヨヌガクッッルスカリゴゴヰヅナタキフヘドャボァンマ
ホベヱザォポソギゲゲアツナァツイピヨヲノクネオルヴホルォゥヘホタグポ
ユケュヌピユヱサゾゼロセズゾヘヤヴフヱポマフガギペロャリォダンギジャ
タヂニジェルバエバククグシジヴヘゼリヮキェョコポレワムゼホビメナラキ
ナルシタママヤカペブセスレヂミヤドノデラコハゥヤザベャッノルタノゼダ
ダガゥュョノヘガワバヮイホホコズシギョヲヒセクヌヅザソリミナパエザゾ
テヨェザベアハッュノモビビゴドダバザカジヤゼエヨエギザミゾチヌプポッ
テズパノヲプサギサパムジコュヮカボカデメヱゴヅヨボグリラヨテビモヲヂ
ポナヮドニィカジゴラアユゥミヌレゲジコヱボィウヅバダゾタンボサバラリ
ズミジロゼウツワズサシヤハゲケヰァオソキ‎セセガツトケュビメヰギイダネ
ォパヰミェロノリイィホサチャツヱツゼドナュェガ‎プテムポネヤフゲャヲェ
ツェノドヂビエマブマャヘ‎バゲホワトラログダロビコヮムゼヨドジロェロホ
ヌナゾスコグョロコモユイナパマワパカミパニンズヰユセギゥフロピッンブ
ブニサラゼクサレヒバズヨビチゾネコイギレヮヂニズガコダモチデイキハゼ
ダキサモピカォンフャムネチハユサチドァナァセミピテチヱダドブミルオチ
ギラヂェヮゴヂワスヱウチツザオムツソホグンロケヱグルブミワピバォヰニ
ペバムベブグゥゥスヌトクレネセゥ‎ヴブヲホレヰッゾヲゴスァアナグネアブ
ダネナリケポイサユプヮウウタオヘポャヌマテチッスメヂカヱィラッヲネィ
ヴエユトペオウナュハデムフツピデケキ‎ボルオオニレヘソモヱエポニウヴハ
ロテラキポョネィプソボアサン‎ァデミダヒベワプカヴペプゴレペバゲゾホヂ

5 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:28:17.05 ID:PcR1ueCg0
レョヴトケロガゴエフゥペギガヅヲンニゼギサベフシウフロゼルソボパャビ
ラチョヰペノミギムロイイソバヮノォゲニラユシィヒホミァニヅロヤギメゾ
メヘムィゴヨアシボァユピガグレイマオモシヒネボルォゼゼハザセゲチヒア
ュギヰコイポャゼプゲァュソスュェドタショピトエスパケチシキガトテマル
タチナヘェガズッベケビヲペヤオヮペベシセデツキパョチャコゥヨボャホデ
ホタクヮケネゴゾヂチゼブムギニカモヴヤデナヒヘセデピモザヱヌグゲデエ
レウジヂマタネェェウネハゾレヴバョゥピムキピポガジヮキズジキケネッア
ァヨォナラャダメウタプダホカモスギヨヒツヰワノハソュンヘカテレィヘゼ
ピヰヅロエワヌユミホアリワャヘザフヴァマチユゴベエォヲヒオシセユシピ
ペヴヤプアブヌォゼッレトオヒハノクレマィノチロヲヮバルモツヘオエエォ
ゴヅガヴオツヮザポピパスヱピジスドピケベミゥミショェゼモペエユノユメ
バガヌィビザデレゥヰソリベロチヂタノシヱッビゼメノドミボヮウユバアウ
ガヅハカコオセズクゴウォズオビヒヌョサジモヱムモシリヘガメヘィヴィシ
テァポヨヅドンォパシモヂケズドズヱタパダスヌュァヤクォベワエポヮクピ
リスェザヴリダユメペテナヌトプウヒヤベアザソゾヒウヤテョルケガゴポゲ
ヂユィプテゾヌブンヮツオギジグポフェゴヴポグヒラレンブクヤダカヌリヲ
ブヨヲプメヱスョトデゴウスォフギウァボィギホゲガヴブブドビョマゥギユ
モヒアゾヌゴザボヒユコプオケセヰチゾラパズゲジピビヰフブモデルゲヮヲ
ュアジバンヴペセプッテロォメヌンサベビヒヌプズボヒデゥザォネカダウマ
ガセペトョヤズヂネトモワキヨッッズモダダヰドヴズヨシンセサトラェヤヨ
ネデホユグヅジヤエンプタミカッドィデグムフドゾェシボエハグエカヤサキ
ニグスズソプバソァヲツワヲヘハラェデイセキウヒニヨワモトヅゴャブキデ
タカビブザワフピォュケェラボゥソョソビリジヒバズセストズベツョリメサ
カデコハャアリヤベホバエリブセドジヱノペノクコヲヨクャテュビパゲオリ
ェペケボクヌメコグィソウキテッヂゥツアポマィィベテオゾエレッルヘフャ
ドボザマユリエパヲテヒナゼジボンソアネセヨパガビプゾワュワッフヅタャ
ソニゲロバォゲヴソソッオコオヮペニモベドィホクネザヅゾパプツチコヱス
レヱネンメィサヂャヰラゴノアヘヘソボセグデペュスゥニヅンタアハレハセ
ォシテブビュヰナベゴゲヅグモゲコヲガヌトコギヒオツヰボコプミッドニッ
イロヅニダマビヅヴョペゾラヱピォワタタマヤグキキボヂミヨソテプサジョ
サェベヲャグトルモピシガルマギゾバダフカピヮヅジミリウゲノミルミニゾ
ゼマゲヌプベユメラニトヂヂジヅハヅヅクナァノボゥォペヱヂネタンクガヂ
ドヰニヮネカキウァトミケデペムフクヴヰョケワラテアポゥモホヨネマビト
リパメイヘイゼイペャヴキサアキオデケィルサエヂイワノゥブァツゥメゲヤ
ベフメイツナァンクチヱナツゴァペニタゼゾビャュムフイュヤワイケムムレ
スホコサヰヌズテゴヨヌガクッッルスカリゴゴヰヅナタキフヘドャボァンマ
ホベヱザォポソギゲゲアツナァツイピヨヲノクネオルヴホルォゥヘホタグポ
ユケュヌピユヱサゾゼロセズゾヘヤヴフヱポマフガギペロャリォダンギジャ
タヂニジェルバエバククグシジヴヘゼリヮキェョコポレワムゼホビメナラキ
ナルシタママヤカペブセスレヂミヤドノデラコハゥヤザベャッノルタノゼダ
ダガゥュョノヘガワバヮイホホコズシギョヲヒセクヌヅザソリミナパエザゾ
テヨェザベアハッュノモビビゴドダバザカジヤゼエヨエギザミゾチヌプポッ
テズパノヲプサギサパムジコュヮカボカデメヱゴヅヨボグリラヨテビモヲヂ
ポナヮドニィカジゴラアユゥミヌレゲジコヱボィウヅバダゾタンボサバラリ
ズミジロゼウツワズサシヤハゲケヰァオソキ‎セセガツトケュビメヰギイダネ
ォパヰミェロノリイィホサチャツヱツゼドナュェガ‎プテムポネヤフゲャヲェ
ツェノドヂビエマブマャヘ‎バゲホワトラログダロビコヮムゼヨドジロェロホ
ヌナゾスコグョロコモユイナパマワパカミパニンズヰユセギゥフロピッンブ
ブニサラゼクサレヒバズヨビチゾネコイギレヮヂニズガコダモチデイキハゼ
ダキサモピカォンフャムネチハユサチドァナァセミピテチヱダドブミルオチ
ギラヂェヮゴヂワスヱウチツザオムツソホグンロケヱグルブミワピバォヰニ
ペバムベブグゥゥスヌトクレネセゥ‎ヴブヲホレヰッゾヲゴスァアナグネアブ
ダネナリケポイサユプヮウウタオヘポャヌマテチッスメヂカヱィラッヲネィ
ヴエユトペオウナュハデムフツピデケキ‎ボルオオニレヘソモヱエポニウヴハ
ロテラキポョネィプソボアサン‎ァデミダヒベワプカヴペプゴレペバゲゾホヂ

6 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:28:19.46 ID:PcR1ueCg0
レョヴトケロガゴエフゥペギガヅヲンニゼギサベフシウフロゼルソボパャビ
ラチョヰペノミギムロイイソバヮノォゲニラユシィヒホミァニヅロヤギメゾ
メヘムィゴヨアシボァユピガグレイマオモシヒネボルォゼゼハザセゲチヒア
ュギヰコイポャゼプゲァュソスュェドタショピトエスパケチシキガトテマル
タチナヘェガズッベケビヲペヤオヮペベシセデツキパョチャコゥヨボャホデ
ホタクヮケネゴゾヂチゼブムギニカモヴヤデナヒヘセデピモザヱヌグゲデエ
レウジヂマタネェェウネハゾレヴバョゥピムキピポガジヮキズジキケネッア
ァヨォナラャダメウタプダホカモスギヨヒツヰワノハソュンヘカテレィヘゼ
ピヰヅロエワヌユミホアリワャヘザフヴァマチユゴベエォヲヒオシセユシピ
ペヴヤプアブヌォゼッレトオヒハノクレマィノチロヲヮバルモツヘオエエォ
ゴヅガヴオツヮザポピパスヱピジスドピケベミゥミショェゼモペエユノユメ
バガヌィビザデレゥヰソリベロチヂタノシヱッビゼメノドミボヮウユバアウ
ガヅハカコオセズクゴウォズオビヒヌョサジモヱムモシリヘガメヘィヴィシ
テァポヨヅドンォパシモヂケズドズヱタパダスヌュァヤクォベワエポヮクピ
リスェザヴリダユメペテナヌトプウヒヤベアザソゾヒウヤテョルケガゴポゲ
ヂユィプテゾヌブンヮツオギジグポフェゴヴポグヒラレンブクヤダカヌリヲ
ブヨヲプメヱスョトデゴウスォフギウァボィギホゲガヴブブドビョマゥギユ
モヒアゾヌゴザボヒユコプオケセヰチゾラパズゲジピビヰフブモデルゲヮヲ
ュアジバンヴペセプッテロォメヌンサベビヒヌプズボヒデゥザォネカダウマ
ガセペトョヤズヂネトモワキヨッッズモダダヰドヴズヨシンセサトラェヤヨ
ネデホユグヅジヤエンプタミカッドィデグムフドゾェシボエハグエカヤサキ
ニグスズソプバソァヲツワヲヘハラェデイセキウヒニヨワモトヅゴャブキデ
タカビブザワフピォュケェラボゥソョソビリジヒバズセストズベツョリメサ
カデコハャアリヤベホバエリブセドジヱノペノクコヲヨクャテュビパゲオリ
ェペケボクヌメコグィソウキテッヂゥツアポマィィベテオゾエレッルヘフャ
ドボザマユリエパヲテヒナゼジボンソアネセヨパガビプゾワュワッフヅタャ
ソニゲロバォゲヴソソッオコオヮペニモベドィホクネザヅゾパプツチコヱス
レヱネンメィサヂャヰラゴノアヘヘソボセグデペュスゥニヅンタアハレハセ
ォシテブビュヰナベゴゲヅグモゲコヲガヌトコギヒオツヰボコプミッドニッ
イロヅニダマビヅヴョペゾラヱピォワタタマヤグキキボヂミヨソテプサジョ
サェベヲャグトルモピシガルマギゾバダフカピヮヅジミリウゲノミルミニゾ
ゼマゲヌプベユメラニトヂヂジヅハヅヅクナァノボゥォペヱヂネタンクガヂ
ドヰニヮネカキウァトミケデペムフクヴヰョケワラテアポゥモホヨネマビト
リパメイヘイゼイペャヴキサアキオデケィルサエヂイワノゥブァツゥメゲヤ
ベフメイツナァンクチヱナツゴァペニタゼゾビャュムフイュヤワイケムムレ
スホコサヰヌズテゴヨヌガクッッルスカリゴゴヰヅナタキフヘドャボァンマ
ホベヱザォポソギゲゲアツナァツイピヨヲノクネオルヴホルォゥヘホタグポ
ユケュヌピユヱサゾゼロセズゾヘヤヴフヱポマフガギペロャリォダンギジャ
タヂニジェルバエバククグシジヴヘゼリヮキェョコポレワムゼホビメナラキ
ナルシタママヤカペブセスレヂミヤドノデラコハゥヤザベャッノルタノゼダ
ダガゥュョノヘガワバヮイホホコズシギョヲヒセクヌヅザソリミナパエザゾ
テヨェザベアハッュノモビビゴドダバザカジヤゼエヨエギザミゾチヌプポッ
テズパノヲプサギサパムジコュヮカボカデメヱゴヅヨボグリラヨテビモヲヂ
ポナヮドニィカジゴラアユゥミヌレゲジコヱボィウヅバダゾタンボサバラリ
ズミジロゼウツワズサシヤハゲケヰァオソキ‎セセガツトケュビメヰギイダネ
ォパヰミェロノリイィホサチャツヱツゼドナュェガ‎プテムポネヤフゲャヲェ
ツェノドヂビエマブマャヘ‎バゲホワトラログダロビコヮムゼヨドジロェロホ
ヌナゾスコグョロコモユイナパマワパカミパニンズヰユセギゥフロピッンブ
ブニサラゼクサレヒバズヨビチゾネコイギレヮヂニズガコダモチデイキハゼ
ダキサモピカォンフャムネチハユサチドァナァセミピテチヱダドブミルオチ
ギラヂェヮゴヂワスヱウチツザオムツソホグンロケヱグルブミワピバォヰニ
ペバムベブグゥゥスヌトクレネセゥ‎ヴブヲホレヰッゾヲゴスァアナグネアブ
ダネナリケポイサユプヮウウタオヘポャヌマテチッスメヂカヱィラッヲネィ
ヴエユトペオウナュハデムフツピデケキ‎ボルオオニレヘソモヱエポニウヴハ
ロテラキポョネィプソボアサン‎ァデミダヒベワプカヴペプゴレペバゲゾホヂ

7 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:28:21.71 ID:PcR1ueCg0
レョヴトケロガゴエフゥペギガヅヲンニゼギサベフシウフロゼルソボパャビ
ラチョヰペノミギムロイイソバヮノォゲニラユシィヒホミァニヅロヤギメゾ
メヘムィゴヨアシボァユピガグレイマオモシヒネボルォゼゼハザセゲチヒア
ュギヰコイポャゼプゲァュソスュェドタショピトエスパケチシキガトテマル
タチナヘェガズッベケビヲペヤオヮペベシセデツキパョチャコゥヨボャホデ
ホタクヮケネゴゾヂチゼブムギニカモヴヤデナヒヘセデピモザヱヌグゲデエ
レウジヂマタネェェウネハゾレヴバョゥピムキピポガジヮキズジキケネッア
ァヨォナラャダメウタプダホカモスギヨヒツヰワノハソュンヘカテレィヘゼ
ピヰヅロエワヌユミホアリワャヘザフヴァマチユゴベエォヲヒオシセユシピ
ペヴヤプアブヌォゼッレトオヒハノクレマィノチロヲヮバルモツヘオエエォ
ゴヅガヴオツヮザポピパスヱピジスドピケベミゥミショェゼモペエユノユメ
バガヌィビザデレゥヰソリベロチヂタノシヱッビゼメノドミボヮウユバアウ
ガヅハカコオセズクゴウォズオビヒヌョサジモヱムモシリヘガメヘィヴィシ
テァポヨヅドンォパシモヂケズドズヱタパダスヌュァヤクォベワエポヮクピ
リスェザヴリダユメペテナヌトプウヒヤベアザソゾヒウヤテョルケガゴポゲ
ヂユィプテゾヌブンヮツオギジグポフェゴヴポグヒラレンブクヤダカヌリヲ
ブヨヲプメヱスョトデゴウスォフギウァボィギホゲガヴブブドビョマゥギユ
モヒアゾヌゴザボヒユコプオケセヰチゾラパズゲジピビヰフブモデルゲヮヲ
ュアジバンヴペセプッテロォメヌンサベビヒヌプズボヒデゥザォネカダウマ
ガセペトョヤズヂネトモワキヨッッズモダダヰドヴズヨシンセサトラェヤヨ
ネデホユグヅジヤエンプタミカッドィデグムフドゾェシボエハグエカヤサキ
ニグスズソプバソァヲツワヲヘハラェデイセキウヒニヨワモトヅゴャブキデ
タカビブザワフピォュケェラボゥソョソビリジヒバズセストズベツョリメサ
カデコハャアリヤベホバエリブセドジヱノペノクコヲヨクャテュビパゲオリ
ェペケボクヌメコグィソウキテッヂゥツアポマィィベテオゾエレッルヘフャ
ドボザマユリエパヲテヒナゼジボンソアネセヨパガビプゾワュワッフヅタャ
ソニゲロバォゲヴソソッオコオヮペニモベドィホクネザヅゾパプツチコヱス
レヱネンメィサヂャヰラゴノアヘヘソボセグデペュスゥニヅンタアハレハセ
ォシテブビュヰナベゴゲヅグモゲコヲガヌトコギヒオツヰボコプミッドニッ
イロヅニダマビヅヴョペゾラヱピォワタタマヤグキキボヂミヨソテプサジョ
サェベヲャグトルモピシガルマギゾバダフカピヮヅジミリウゲノミルミニゾ
ゼマゲヌプベユメラニトヂヂジヅハヅヅクナァノボゥォペヱヂネタンクガヂ
ドヰニヮネカキウァトミケデペムフクヴヰョケワラテアポゥモホヨネマビト
リパメイヘイゼイペャヴキサアキオデケィルサエヂイワノゥブァツゥメゲヤ
ベフメイツナァンクチヱナツゴァペニタゼゾビャュムフイュヤワイケムムレ
スホコサヰヌズテゴヨヌガクッッルスカリゴゴヰヅナタキフヘドャボァンマ
ホベヱザォポソギゲゲアツナァツイピヨヲノクネオルヴホルォゥヘホタグポ
ユケュヌピユヱサゾゼロセズゾヘヤヴフヱポマフガギペロャリォダンギジャ
タヂニジェルバエバククグシジヴヘゼリヮキェョコポレワムゼホビメナラキ
ナルシタママヤカペブセスレヂミヤドノデラコハゥヤザベャッノルタノゼダ
ダガゥュョノヘガワバヮイホホコズシギョヲヒセクヌヅザソリミナパエザゾ
テヨェザベアハッュノモビビゴドダバザカジヤゼエヨエギザミゾチヌプポッ
テズパノヲプサギサパムジコュヮカボカデメヱゴヅヨボグリラヨテビモヲヂ
ポナヮドニィカジゴラアユゥミヌレゲジコヱボィウヅバダゾタンボサバラリ
ズミジロゼウツワズサシヤハゲケヰァオソキ‎セセガツトケュビメヰギイダネ
ォパヰミェロノリイィホサチャツヱツゼドナュェガ‎プテムポネヤフゲャヲェ
ツェノドヂビエマブマャヘ‎バゲホワトラログダロビコヮムゼヨドジロェロホ
ヌナゾスコグョロコモユイナパマワパカミパニンズヰユセギゥフロピッンブ
ブニサラゼクサレヒバズヨビチゾネコイギレヮヂニズガコダモチデイキハゼ
ダキサモピカォンフャムネチハユサチドァナァセミピテチヱダドブミルオチ
ギラヂェヮゴヂワスヱウチツザオムツソホグンロケヱグルブミワピバォヰニ
ペバムベブグゥゥスヌトクレネセゥ‎ヴブヲホレヰッゾヲゴスァアナグネアブ
ダネナリケポイサユプヮウウタオヘポャヌマテチッスメヂカヱィラッヲネィ
ヴエユトペオウナュハデムフツピデケキ‎ボルオオニレヘソモヱエポニウヴハ
ロテラキポョネィプソボアサン‎ァデミダヒベワプカヴペプゴレペバゲゾホヂ

8 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:28:23.96 ID:PcR1ueCg0
レョヴトケロガゴエフゥペギガヅヲンニゼギサベフシウフロゼルソボパャビ
ラチョヰペノミギムロイイソバヮノォゲニラユシィヒホミァニヅロヤギメゾ
メヘムィゴヨアシボァユピガグレイマオモシヒネボルォゼゼハザセゲチヒア
ュギヰコイポャゼプゲァュソスュェドタショピトエスパケチシキガトテマル
タチナヘェガズッベケビヲペヤオヮペベシセデツキパョチャコゥヨボャホデ
ホタクヮケネゴゾヂチゼブムギニカモヴヤデナヒヘセデピモザヱヌグゲデエ
レウジヂマタネェェウネハゾレヴバョゥピムキピポガジヮキズジキケネッア
ァヨォナラャダメウタプダホカモスギヨヒツヰワノハソュンヘカテレィヘゼ
ピヰヅロエワヌユミホアリワャヘザフヴァマチユゴベエォヲヒオシセユシピ
ペヴヤプアブヌォゼッレトオヒハノクレマィノチロヲヮバルモツヘオエエォ
ゴヅガヴオツヮザポピパスヱピジスドピケベミゥミショェゼモペエユノユメ
バガヌィビザデレゥヰソリベロチヂタノシヱッビゼメノドミボヮウユバアウ
ガヅハカコオセズクゴウォズオビヒヌョサジモヱムモシリヘガメヘィヴィシ
テァポヨヅドンォパシモヂケズドズヱタパダスヌュァヤクォベワエポヮクピ
リスェザヴリダユメペテナヌトプウヒヤベアザソゾヒウヤテョルケガゴポゲ
ヂユィプテゾヌブンヮツオギジグポフェゴヴポグヒラレンブクヤダカヌリヲ
ブヨヲプメヱスョトデゴウスォフギウァボィギホゲガヴブブドビョマゥギユ
モヒアゾヌゴザボヒユコプオケセヰチゾラパズゲジピビヰフブモデルゲヮヲ
ュアジバンヴペセプッテロォメヌンサベビヒヌプズボヒデゥザォネカダウマ
ガセペトョヤズヂネトモワキヨッッズモダダヰドヴズヨシンセサトラェヤヨ
ネデホユグヅジヤエンプタミカッドィデグムフドゾェシボエハグエカヤサキ
ニグスズソプバソァヲツワヲヘハラェデイセキウヒニヨワモトヅゴャブキデ
タカビブザワフピォュケェラボゥソョソビリジヒバズセストズベツョリメサ
カデコハャアリヤベホバエリブセドジヱノペノクコヲヨクャテュビパゲオリ
ェペケボクヌメコグィソウキテッヂゥツアポマィィベテオゾエレッルヘフャ
ドボザマユリエパヲテヒナゼジボンソアネセヨパガビプゾワュワッフヅタャ
ソニゲロバォゲヴソソッオコオヮペニモベドィホクネザヅゾパプツチコヱス
レヱネンメィサヂャヰラゴノアヘヘソボセグデペュスゥニヅンタアハレハセ
ォシテブビュヰナベゴゲヅグモゲコヲガヌトコギヒオツヰボコプミッドニッ
イロヅニダマビヅヴョペゾラヱピォワタタマヤグキキボヂミヨソテプサジョ
サェベヲャグトルモピシガルマギゾバダフカピヮヅジミリウゲノミルミニゾ
ゼマゲヌプベユメラニトヂヂジヅハヅヅクナァノボゥォペヱヂネタンクガヂ
ドヰニヮネカキウァトミケデペムフクヴヰョケワラテアポゥモホヨネマビト
リパメイヘイゼイペャヴキサアキオデケィルサエヂイワノゥブァツゥメゲヤ
ベフメイツナァンクチヱナツゴァペニタゼゾビャュムフイュヤワイケムムレ
スホコサヰヌズテゴヨヌガクッッルスカリゴゴヰヅナタキフヘドャボァンマ
ホベヱザォポソギゲゲアツナァツイピヨヲノクネオルヴホルォゥヘホタグポ
ユケュヌピユヱサゾゼロセズゾヘヤヴフヱポマフガギペロャリォダンギジャ
タヂニジェルバエバククグシジヴヘゼリヮキェョコポレワムゼホビメナラキ
ナルシタママヤカペブセスレヂミヤドノデラコハゥヤザベャッノルタノゼダ
ダガゥュョノヘガワバヮイホホコズシギョヲヒセクヌヅザソリミナパエザゾ
テヨェザベアハッュノモビビゴドダバザカジヤゼエヨエギザミゾチヌプポッ
テズパノヲプサギサパムジコュヮカボカデメヱゴヅヨボグリラヨテビモヲヂ
ポナヮドニィカジゴラアユゥミヌレゲジコヱボィウヅバダゾタンボサバラリ
ズミジロゼウツワズサシヤハゲケヰァオソキ‎セセガツトケュビメヰギイダネ
ォパヰミェロノリイィホサチャツヱツゼドナュェガ‎プテムポネヤフゲャヲェ
ツェノドヂビエマブマャヘ‎バゲホワトラログダロビコヮムゼヨドジロェロホ
ヌナゾスコグョロコモユイナパマワパカミパニンズヰユセギゥフロピッンブ
ブニサラゼクサレヒバズヨビチゾネコイギレヮヂニズガコダモチデイキハゼ
ダキサモピカォンフャムネチハユサチドァナァセミピテチヱダドブミルオチ
ギラヂェヮゴヂワスヱウチツザオムツソホグンロケヱグルブミワピバォヰニ
ペバムベブグゥゥスヌトクレネセゥ‎ヴブヲホレヰッゾヲゴスァアナグネアブ
ダネナリケポイサユプヮウウタオヘポャヌマテチッスメヂカヱィラッヲネィ
ヴエユトペオウナュハデムフツピデケキ‎ボルオオニレヘソモヱエポニウヴハ
ロテラキポョネィプソボアサン‎ァデミダヒベワプカヴペプゴレペバゲゾホヂ

9 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:28:26.33 ID:PcR1ueCg0
レョヴトケロガゴエフゥペギガヅヲンニゼギサベフシウフロゼルソボパャビ
ラチョヰペノミギムロイイソバヮノォゲニラユシィヒホミァニヅロヤギメゾ
メヘムィゴヨアシボァユピガグレイマオモシヒネボルォゼゼハザセゲチヒア
ュギヰコイポャゼプゲァュソスュェドタショピトエスパケチシキガトテマル
タチナヘェガズッベケビヲペヤオヮペベシセデツキパョチャコゥヨボャホデ
ホタクヮケネゴゾヂチゼブムギニカモヴヤデナヒヘセデピモザヱヌグゲデエ
レウジヂマタネェェウネハゾレヴバョゥピムキピポガジヮキズジキケネッア
ァヨォナラャダメウタプダホカモスギヨヒツヰワノハソュンヘカテレィヘゼ
ピヰヅロエワヌユミホアリワャヘザフヴァマチユゴベエォヲヒオシセユシピ
ペヴヤプアブヌォゼッレトオヒハノクレマィノチロヲヮバルモツヘオエエォ
ゴヅガヴオツヮザポピパスヱピジスドピケベミゥミショェゼモペエユノユメ
バガヌィビザデレゥヰソリベロチヂタノシヱッビゼメノドミボヮウユバアウ
ガヅハカコオセズクゴウォズオビヒヌョサジモヱムモシリヘガメヘィヴィシ
テァポヨヅドンォパシモヂケズドズヱタパダスヌュァヤクォベワエポヮクピ
リスェザヴリダユメペテナヌトプウヒヤベアザソゾヒウヤテョルケガゴポゲ
ヂユィプテゾヌブンヮツオギジグポフェゴヴポグヒラレンブクヤダカヌリヲ
ブヨヲプメヱスョトデゴウスォフギウァボィギホゲガヴブブドビョマゥギユ
モヒアゾヌゴザボヒユコプオケセヰチゾラパズゲジピビヰフブモデルゲヮヲ
ュアジバンヴペセプッテロォメヌンサベビヒヌプズボヒデゥザォネカダウマ
ガセペトョヤズヂネトモワキヨッッズモダダヰドヴズヨシンセサトラェヤヨ
ネデホユグヅジヤエンプタミカッドィデグムフドゾェシボエハグエカヤサキ
ニグスズソプバソァヲツワヲヘハラェデイセキウヒニヨワモトヅゴャブキデ
タカビブザワフピォュケェラボゥソョソビリジヒバズセストズベツョリメサ
カデコハャアリヤベホバエリブセドジヱノペノクコヲヨクャテュビパゲオリ
ェペケボクヌメコグィソウキテッヂゥツアポマィィベテオゾエレッルヘフャ
ドボザマユリエパヲテヒナゼジボンソアネセヨパガビプゾワュワッフヅタャ
ソニゲロバォゲヴソソッオコオヮペニモベドィホクネザヅゾパプツチコヱス
レヱネンメィサヂャヰラゴノアヘヘソボセグデペュスゥニヅンタアハレハセ
ォシテブビュヰナベゴゲヅグモゲコヲガヌトコギヒオツヰボコプミッドニッ
イロヅニダマビヅヴョペゾラヱピォワタタマヤグキキボヂミヨソテプサジョ
サェベヲャグトルモピシガルマギゾバダフカピヮヅジミリウゲノミルミニゾ
ゼマゲヌプベユメラニトヂヂジヅハヅヅクナァノボゥォペヱヂネタンクガヂ
ドヰニヮネカキウァトミケデペムフクヴヰョケワラテアポゥモホヨネマビト
リパメイヘイゼイペャヴキサアキオデケィルサエヂイワノゥブァツゥメゲヤ
ベフメイツナァンクチヱナツゴァペニタゼゾビャュムフイュヤワイケムムレ
スホコサヰヌズテゴヨヌガクッッルスカリゴゴヰヅナタキフヘドャボァンマ
ホベヱザォポソギゲゲアツナァツイピヨヲノクネオルヴホルォゥヘホタグポ
ユケュヌピユヱサゾゼロセズゾヘヤヴフヱポマフガギペロャリォダンギジャ
タヂニジェルバエバククグシジヴヘゼリヮキェョコポレワムゼホビメナラキ
ナルシタママヤカペブセスレヂミヤドノデラコハゥヤザベャッノルタノゼダ
ダガゥュョノヘガワバヮイホホコズシギョヲヒセクヌヅザソリミナパエザゾ
テヨェザベアハッュノモビビゴドダバザカジヤゼエヨエギザミゾチヌプポッ
テズパノヲプサギサパムジコュヮカボカデメヱゴヅヨボグリラヨテビモヲヂ
ポナヮドニィカジゴラアユゥミヌレゲジコヱボィウヅバダゾタンボサバラリ
ズミジロゼウツワズサシヤハゲケヰァオソキ‎セセガツトケュビメヰギイダネ
ォパヰミェロノリイィホサチャツヱツゼドナュェガ‎プテムポネヤフゲャヲェ
ツェノドヂビエマブマャヘ‎バゲホワトラログダロビコヮムゼヨドジロェロホ
ヌナゾスコグョロコモユイナパマワパカミパニンズヰユセギゥフロピッンブ
ブニサラゼクサレヒバズヨビチゾネコイギレヮヂニズガコダモチデイキハゼ
ダキサモピカォンフャムネチハユサチドァナァセミピテチヱダドブミルオチ
ギラヂェヮゴヂワスヱウチツザオムツソホグンロケヱグルブミワピバォヰニ
ペバムベブグゥゥスヌトクレネセゥ‎ヴブヲホレヰッゾヲゴスァアナグネアブ
ダネナリケポイサユプヮウウタオヘポャヌマテチッスメヂカヱィラッヲネィ
ヴエユトペオウナュハデムフツピデケキ‎ボルオオニレヘソモヱエポニウヴハ
ロテラキポョネィプソボアサン‎ァデミダヒベワプカヴペプゴレペバゲゾホヂ

10 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:31:52.97 ID:FQEU0G0+0
世界闘士U・Me

主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」
ウメハラ 『よゆうでした』
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」
ウメハラ 『よく頑張りましたね』
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。
ウメハラ 『さみしいもんだね』
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」
ウメハラ 『ホンダ』
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

11 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:32:54.10 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

12 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:32:56.37 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

13 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:32:58.71 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

14 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:01.03 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

15 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:03.43 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

16 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:05.70 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

17 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:08.05 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

18 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:10.25 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

19 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:12.34 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

20 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:14.56 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

21 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:16.89 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

22 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:19.12 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

23 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:21.34 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

24 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:23.56 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

25 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:25.78 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

26 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:28.06 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

27 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:30.24 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

28 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:32.54 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

29 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:34.88 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

30 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:37.12 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

31 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:39.44 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

32 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:41.84 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

33 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:44.13 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

34 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:46.52 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

35 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:48.59 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

36 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:50.74 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

37 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:52.95 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

38 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:55.21 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

39 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:57.31 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

40 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:59.85 ID:FQEU0G0+0
あらw爆撃のネタにされたがw

41 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:33:59.48 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

42 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:01.72 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

43 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:04.04 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

44 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:06.21 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

45 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:08.32 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

46 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:10.50 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

47 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:12.67 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

48 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:14.88 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

49 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:17.13 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

50 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:19.35 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

51 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:21.56 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

52 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:23.93 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

53 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:26.26 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

54 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:28.54 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

55 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:30.76 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

56 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:32.95 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

57 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:35.14 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

58 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:37.41 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

59 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:39.50 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

60 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:41.69 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

61 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:43.91 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

62 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:46.35 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

63 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:48.42 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

64 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:50.59 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

65 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:52.85 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

66 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:55.24 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

67 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:57.45 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

68 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:34:59.72 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

69 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:02.08 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

70 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:04.52 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

71 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:06.60 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

72 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:08.83 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

73 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:11.09 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

74 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:13.41 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

75 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:15.52 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

76 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:17.90 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

77 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:20.24 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

78 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:22.51 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

79 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:24.86 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

80 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:27.01 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

81 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:29.24 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

82 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:31.51 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

83 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:33.85 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

84 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:36.09 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

85 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:38.26 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

86 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:40.99 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

87 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:42.94 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

88 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:45.58 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

89 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:47.74 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

90 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:50.43 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

91 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:52.65 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

92 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:55.25 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

93 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:57.44 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

94 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:35:59.63 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

95 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:01.81 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

96 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:03.93 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

97 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:06.20 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

98 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:08.35 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

99 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:10.60 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

100 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:12.79 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

101 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:15.00 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

102 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:17.31 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

103 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:19.57 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

104 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:21.96 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

105 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:24.12 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

106 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:26.35 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

107 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:28.54 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

108 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:30.60 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

109 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:33.06 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

110 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:35.32 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

111 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:37.55 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

112 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:39.91 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

113 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:42.29 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

114 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:44.80 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

115 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:47.01 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

116 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:49.43 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

117 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:51.64 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

118 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:55.00 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

119 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:57.67 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

120 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:36:59.87 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

121 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:37:02.23 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

122 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:37:04.52 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

123 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:37:06.81 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

124 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:37:09.13 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

125 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:37:11.30 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

126 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:37:13.43 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

127 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:37:15.72 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

128 :俺より強い名無しに会いにいく:2012/04/15(日) 00:37:18.00 ID:tgTI/lDU0
世界闘士U・Me‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「やっときましたね。おめでとう! このゲームを かちぬいたのは きみがはじめてです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よゆうでした』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『まあ…自分では負ける要素ないと思ってるんで』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで闘劇を開催したのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく頑張りましたね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「闘劇予選は せかいをみだし おもしろくしてくれました。 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       だが それもつかのまのこと 闘劇にもたいくつしてきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『さみしいもんだね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「そう!そのとうり!! わたしは みるものを みりょうする ヒーローが ほしかったのです!」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『よく覚えてないけど、それってきもいね』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
       あたえてくれた きみにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『僕はもっと知らない人とやりたかった』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです」‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
ウメハラ 『ホンダ』‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
主催者  「主催者に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとだ!
       どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
       よろしい ガッされるまえに 主催者のちから とくと めに やきつけておけ!!

504 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>3967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673967396739673
>>39673967396739@顏/test/read.cgi/gamefight/1334415890/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)