5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大阪の江坂にあった蔦谷書店を覚えてるか?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/20(水) 18:31:38.09 ID:7JetkpKP
あの頃のビデオのレンタル料金っていくらだっけ?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/21(木) 10:10:08.67 ID:vs4Y2kZj
半世紀ちかく昔のエッセー「風に吹かれて」のなかで(春秋)
2013/03/21 日本経済新聞
 半世紀ちかく昔のエッセー「風に吹かれて」のなかで、五木寛之さんが欧州の洗練された都市と東京の
街並みを比べて感慨にふけっている。登場するのは渋谷だ。「雑然たる渋谷ハチ公前に立つとき、私は強
い嫌悪感と、激しい愛着の念を同時におぼえずにはいられない」
▼けばけばしい看板、街頭放送の絶叫、クモの巣のごとき電線。しかしこれは戦後日本がつくりあげた「精
一杯の街」であると五木さんは見定めるのだ。時は流れ、人は変わり、渋谷もずいぶんきれいになった。
けれどハチ公前のあの混沌と喧噪(けんそう)はどうだろう。迷路のような駅の構造はなんだろう。そこには
なお昭和が匂う。
▼カマボコ屋根のターミナルを捨てて、東急東横線の渋谷駅が地下に潜った。空いた場所にはJR埼京線
のホームが移り、東京メトロ銀座線の駅も場所が変わるそうだ。いやいやこれはほんの手始めで、将来は
超高層ビルが立ち並び、東西の坂を空中回廊がつなぐという。ライバルの新宿も驚く、この街の戦後の終
焉(しゅうえん)である。
▼やがては新しいビジネス拠点にも育つだろうから、東京にもまだ成長の余地があるわけだ。とはいえか
つて作家に嫌悪感と愛着とを催させてやまなかった陋巷(ろうこう)は消え、無機質な未来が出現するなら
寂しくもある。東横線の大移動はたった数時間で完璧に遂行された。技術大国のそんな力に託す夢が郷
愁とせめぎあっている。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)