5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀魂’〜ぎんたま〜第二百八十三訓

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 03:07:43.71 ID:vUQrZXTm0
テレビ東京系列(TXN)で放送
毎週木曜日18:00〜18:30(平成18年04月04日より平成22年03月25日迄) 第1期
(平成18年4月4日〜9月19日までは毎週火曜日19:00〜19:30)
毎週月曜日18:00〜18:30(平成22年04月05日より平成23年03月28日迄) 第1期再放送
毎週月曜日18:00〜18:30(平成23年04月04日より平成24年03月26日迄) 第2期(放送終了)

new!
毎週木曜日18:00〜18:30(平成23年10月04日〜)第3期と再放送半々
2013年空知描きおろし完全新作映画全国公開

・次スレは>>970が宣言して立てること。立てられない時は代わりを指名。
・sage進行(E-mail欄に半角で[sage])。2chブラウザ推奨。
・煽り、荒らし、自演荒らしは徹底的に放置&各自NG登録。
・放映遅れ、過度の作画話、原作との比較等の愚痴は各自自粛しませう。
・アニメ未放送の原作バレ話はアニメサロン板の【銀魂ネタバレスレ】で。
・予告等で放送されたのに本編で放送されなかった映像は、DVD補充になる事があります。
・【※実況厳禁】実況(放送時間中の書き込み)は、以下の実況板を利用するべし。

【実況版】
アニメ特撮実況板
http://hayabusa.2ch.net/liveanime/
番組ch(TV東京)実況板
http://hayabusa.2ch.net/livetx/
BS実況ch(民放)実況板
http://hayabusa.2ch.net/livewowow/
アニメ特撮実況掲示板(read.cgi終日停止中/2chブラウザ以外では閲覧不能)
http://cha2.sakura.ne.jp/cgi-bin/anitoku/
http://www.chat-ch.net/cgi-bin/animetokusatu/

【公式HP】
サンライズ:ttp://sunrise-inc.co.jp/gintama/
テレビ東京:ttp://www.tv-tokyo.co.jp/anime/gintama/
東Pコラム(携帯からのみ):ttp://ax.mobile.tx-bb.com/e/ax/30misc/03colum/index.php
【前スレ】
銀魂’〜ぎんたま〜第二百八十二訓
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1346030516/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 03:09:03.56 ID:vUQrZXTm0
【スタッフ】
原作:空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」掲載)
監督:藤田陽一
監修:高松信司
シリーズ構成:大和屋暁
キャラクターデザイン:竹内進二
デザインワークス:乙幡忠志
美術監督:野村裕樹
色彩設定:歌川律子
撮影監督:老平英
編集:瀬山武司
CG監督: 中島豊
音楽 :Audio Highs
音響監督:小林克良
アニメーション制作:サンライズ
製作:テレビ東京・電通・サンライズ

【キャスト】
坂田銀時  :杉田智和         近藤勲   :千葉進歩
志村新八  :阪口大助         土方十四郎:中井和哉
神楽     :釘宮理恵         沖田総悟  :鈴村健一
定春     :高橋美佳子       山崎退   :太田哲治
志村妙   :雪野五月         長谷川泰三:立木文彦
お登勢   :くじら            猿飛あやめ:小林ゆう
キャサリン :杉本ゆう          柳生九兵衛:折笠富美子
桂小太郎  :石田彰          月詠     :甲斐田裕子
エリザベス :そのへんにいたオッさん

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 03:10:00.44 ID:vUQrZXTm0

【アニメ】銀魂’〜ぎんたま〜第二百八十一訓避難所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/comic/6366/1345700135/

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 05:00:48.92 ID:f/huheUxO
>>1

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 05:08:18.09 ID:75kj8e7a0
★現在このスレを含む多くの銀魂関連のスレに荒らしが常駐しています★
荒らしの対処や荒らしの相手をしたい人はこちらへ

【高杉M可愛い】銀魂の荒らし自爆ヲチ39【銀高腐】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1345132321/

■銀魂の荒らし自爆ちゃんまとめwiki
http://www18.atwiki.jp/zibakuchan/
■新・対策掲示板(したらば)
http://jbbs.livedoor.jp/comic/6382/
■携帯用
http://jbbs.m.livedoor.jp/b/i.cgi/comic/6382/

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 07:09:47.81 ID:/BSq6hjc0
★現在このスレを含む多くの銀魂関連のスレに荒しが常駐しています★

荒らしの対処や荒らしの相手をしたい人はこちらへ

銀魂の荒らし飴ちゃんヲチ5【月詠厨・銀土腐】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1336647547/


Yahoo知恵袋(元・活動場所)
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/toumeicandy

Twitter(現在のメイン)
https://twitter.com/#!/toumeicandy


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 08:54:46.27 ID:y3Wfp/Os0
>>1乙 
延長線の録音始まってるんだな
一話目はこれは新録だろうな

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 08:59:30.08 ID:2dNj5tLK0
>>1
一ヶ月後にはアニメスレに返り咲きだな

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 11:16:25.97 ID:K9bmAqu90
>>1
引越しが多いスレですね
一喜一憂させやがってwありがとう

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 13:59:14.14 ID:CBzJTw9W0
生徒会の一存の1期から2期みたいなこともあるんだよな
それにくらべて銀魂はホント恵まれてるな

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 14:27:28.21 ID:b3DbmZlV0
桂エロ可愛いよ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 14:52:41.36 ID:ZlSK9z5Y0
桂腐きも( ´;゚;ё;゚;)

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:18:53.90 ID:b3DbmZlV0
月詠腐きも( ´;゚;ё;゚;)


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:19:59.73 ID:sa8zYNlk0
髪切られてショートカットになったヅラは可愛いと思った

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:22:19.84 ID:kWCWASgV0
>>14
(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:23:20.85 ID:2StxLfJE0
ヅラ可愛いし美しいのに嫉妬している月詠腐キモイわ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:24:11.86 ID:ZqVS8mt50
桂ファンと呼べない嫉妬豚月詠腐ババア

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:25:33.09 ID:9uejvk570
髪切られるは幼馴染み三角関係の映画ヒロインだなあ
桂は

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:26:19.57 ID:b3DbmZlV0
月詠厨お顔真っ赤()

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:27:20.15 ID:fnx7CiNbO
>>1

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:27:49.71 ID:bD8kykJv0
桂さんファンおっつー

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:28:14.66 ID:CQMWNv7j0
>>1
桂さんファンおっつー

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:29:22.14 ID:s2HXwbPz0
白夜叉×桂映画に嫉妬している月詠厨シネ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:29:44.28 ID:ZlSK9z5Y0
ID変えすぎだろw

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:31:03.34 ID:pVpSLgtf0
桂が映画に出るわけないんだけどなあ・・・
テーマとして全然関係ないのに
頭おかしいんじゃないの?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:35:00.69 ID:ZlSK9z5Y0
>>25
おお!リークか!詳しく!

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:39:13.89 ID:bpvAW1Q2O
基地にさわる馬鹿ってなんで一緒に沸くんだろうな

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:42:38.37 ID:BCzEBn4R0
>>25
はあ?攘夷過去に桂が出ないわけないじゃん
月詠厨キモすぎ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:43:16.42 ID:wVvOX4Ud0
桂に嫉妬している月詠厨頭ワルすぎ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:44:18.05 ID:0RSTNErS0
映画に出るわけないって
ああ嫉妬のあまり紅桜見に行けなかった月詠厨ですか

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:45:09.20 ID:YkIXE1UD0
実際映画に出るわけないのって
テーマになんの関係もない月詠だよな

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:45:28.15 ID:VIvjxPBf0
月詠が映画に出るわけないんだけどなあ・・・
テーマとして全然関係ないのに
頭おかしいんじゃないの?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:45:53.59 ID:0xtiBpwB0
>>32
うん
こっちのほうがしっくりくるわ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:48:34.81 ID:oOcEOV9x0
桂が映画に出るのは当然なんだけどなあ・・・
テーマとして攘夷絡みそして傾城という引き立て役編の表と言える作品
頭おかしいんじゃないの?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:49:16.64 ID:ouOkdP7r0
月詠厨頭おかしいんじゃないの?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:49:55.79 ID:a0CEXfQQ0
月詠ブタ
頭おかしいよ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:51:35.54 ID:8nXApZVg0
月詠死体( ´;゚;ё;゚;)クッセー

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 15:56:53.61 ID:ZlSK9z5Y0
桂腐が発狂してら
こりゃまた埋め立てられるかねえ

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:01:34.11 ID:CjU8AJMu0
お前が煽るからだろ
本物()とかいう奴のコント臭いけど

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:02:27.66 ID:iEnLagnz0
月詠腐が発狂してら
こりゃまた埋め立てられるかねえ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:03:04.90 ID:FVprvx350
お前が煽るからだろ
本物()月詠腐とかいう奴のコント臭いけど

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:03:45.49 ID:3D8rCJd/0
月詠厨は桂ファンに嫉妬しすぎだよなあ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:04:53.89 ID:UV8TRpY60
例の基地は相手されないと自分で触って煽って自演もするからまとめて無視しろ

※基地荒らし自演中につき住人は避難推奨

【アニメ】銀魂’〜ぎんたま〜第二百八十一訓避難所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/comic/6366/1345700135/


★現在このスレを含む多くの銀魂関連のスレに荒らしが常駐しています★
荒らしの対処や荒らしの相手をしたい人はこちらへ

【高杉M可愛い】銀魂の荒らし自爆ヲチ39【銀高腐】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1345132321/

■銀魂の荒らし自爆ちゃんまとめwiki
http://www18.atwiki.jp/zibakuchan/
■新・対策掲示板(したらば)
http://jbbs.livedoor.jp/comic/6382/
■携帯用
http://jbbs.m.livedoor.jp/b/i.cgi/comic/6382/

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:05:48.03 ID:qwK2O3TG0
946 名無しかわいいよ名無し 2012/09/01(土) 16:01:35.63 ID:cKLFNwUg0
つーかお前も潰してほしそうに桂たんに嫉妬レスしてんじゃんwww

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:09:11.26 ID:nJtALCt/0
例の月詠基地は相手されないと自分で触って煽って自演もするからまとめて無視しろ

※月詠基地荒らし発生中につき住人は避難推奨

銀魂の桂は男に汚されたが銀さんに愛されている
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1345875695/



★現在このスレを含む多くの銀魂関連のスレに荒しが常駐しています★

荒らしの対処や荒らしの相手をしたい人はこちらへ

銀魂の荒らし飴ちゃんヲチ5【月詠厨・銀土腐】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1336647547/


Yahoo知恵袋(元・活動場所)
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/toumeicandy

Twitter(現在のメイン)
https://twitter.com/#!/toumeicandy


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:10:17.88 ID:FMOGKUHT0
桂が映画ヒロインだからって負け組月詠腐が発狂しているなw

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:17:30.29 ID:b3DbmZlV0
桂M可愛いは公式だもの
銀さんと幼馴染カップルだしね

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:19:12.76 ID:vhAl036A0
銀さんと桂は幼馴染みカップルというか既に夫婦だよ

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:19:58.16 ID:qiDW5qlA0
>>48
でも攘夷映画なら当時はカップル

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:20:48.86 ID:mU2AqCi/0
ああそうか
白夜叉×淫乱の貴公子のツートップだね

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:29:05.03 ID:8lNxYdH20
おっさんふっさん以外のスタッフもあんまり変わってないといいのう

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:30:55.89 ID:kUUA7gEs0
糞尿髪の月詠腐がエロ可愛いヅラに嫉妬してると聞いてきました

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:31:25.22 ID:R/zWCxX90
映画ヒロインと言えば桂だよね

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 16:56:31.09 ID:JpFBaxZt0
※基地荒らし自演中につき住人は避難推奨

【アニメ】銀魂’〜ぎんたま〜第二百八十一訓避難所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/comic/6366/1345700135/

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 17:31:22.26 ID:pjb9/Wi80
※基地荒らし自演中につき住人は避難推奨

銀魂の桂は男に汚されたが銀さんに愛されている
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1345875695/


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 19:57:57.86 ID:qvyIcmh10
主題歌誰やろー

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 20:00:33.59 ID:y3Wfp/Os0
>>51
主要スタッフは全然変わってないはず
ソースは「銀魂再開」ニュースを報じたネット記事のどれか
前スレに貼ってあった

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 20:28:24.06 ID:pMTaYT2V0
二期作画ちっと荒れが目立ったんで三期は安定してほしいのう

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 20:48:20.47 ID:7zl3BrTA0
佐藤さんちょっと変な癖付いたよね
バトルはうまいんだけどさ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 21:05:01.85 ID:y3Wfp/Os0
>>59
佐藤さんは少女漫画原作アニメに長く携わってたのがあって
キラキラしすぎな感じがある
影の付け方とか、顎の細さとかが目立つ
ただ佐藤さん以上にバトルが巧い人がいない(佐々木さん鶴田さん抜けたし

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 21:08:43.46 ID:p5iM87n00
佐藤さん初めはそうでもなかったがシーズン3か4くらいから絵変わった印象
特に顔

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 21:26:27.43 ID:43L0D9RP0
金魂編とか鈴蘭編はやってくれるのかなぁ?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 21:28:11.61 ID:lJBQodoR0
佐々木さん鶴田さんもう戻ってこないのかな
バトル上手い人が佐藤さんだけしかいないとなると今度の劇場版のバトルシーンがちょっと心配

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 21:52:47.82 ID:y3Wfp/Os0
佐々木さんがキャラデザやってるファイ・ブレインはもうすぐ終わるらしいが
鶴田さんのエリアの騎士も同様
でも二人とも「出世」したのだから、平の作画監督としては仕事しないかも

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 21:57:02.87 ID:/syTGQme0
307 Classical名無しさん 2012/09/01(土) 21:52:40.76 ID:Glodwz3I
嫉妬豚月詠腐自演わかりやすすぎwwwww

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:01:25.59 ID:IN5SNUyA0
314 Classical名無しさん sage 2012/09/01(土) 21:59:43.24 ID:GR0AYKpH
月詠腐発狂しすぎ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:04:28.90 ID:6cafrSdh0
出世は喜ばしい事だが寂しいねえ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:05:30.86 ID:hnG7I8uj0
598 名無しかわいいよ名無し 2012/09/01(土) 22:04:06.54 ID:URQe7RTt0
「銀時ィィィィィ」叫びながらちゃんと銀時と背中合わせで戦闘もこなすヒロイン桂さんとは雲泥の差

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:10:44.76 ID:lXOs5sOs0
鶴田さんの絵が一番好み

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:22:36.86 ID:5XUyBJ9j0
桂「貴様等!俺をヒロイン扱いしているって!ふざけるな!!
俺は銀時や真選組同様に愛されてるし女顔で子供も産めるが!!
もし懲りずにヒロイン扱いするなら銀時と共に天誅するから覚悟しろ!!」

銀時「落ち着けヅラ…お前は俺のヒロイン、いやツレだ…結婚してくれ…ヅラァ」

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:23:19.53 ID:GOioRNl+0
桂「ぎ、銀時…実は俺…お前の子を妊娠してたんだ……。きっと松陽先生かお前にソックリな子を産むよ」

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:36:53.69 ID:eURHcknD0
バクチダンサーのジャケ絵描いた人は誰?あれ好きだ
あとおっさんはなんで昨日のツイート消したん?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:50:25.07 ID:B5PlUjK80
ダサ杉の絵はいらない

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:50:51.53 ID:b1ZQn37m0
タコ杉腐乙

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:52:19.58 ID:PhOrmtv/0
幼少の銀時と桂のてつなぎジャケは好き

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:53:31.45 ID:yXEf9xZ70
あと桂をヒロインとしておっきく描いた空知先生かきおろしムービーポスター

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:54:38.88 ID:+AR9pAL20
>>76
ああいうの見ると次の映画ヒロインもヅラだなってますます感じるな

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:56:32.17 ID:Zo0xzj9sO
>>72
昨日のツイートどんなのだったの?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 22:57:52.14 ID:l6BYYNVA0
>>78
オッサン「月詠は出番ないのでさらば月詠」

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:09:48.03 ID:eURHcknD0
>>78
延長戦というのは制作の便宜上ついてるだけで正式タイトルではないですよ。
じゃないと、253話とかだと、もう何が何だかわかんない事になってるんで(笑)
takama2_shinji (高松信司)

台本画像とかこち亀の話数のツイートとかいくつか消えてる

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:10:30.52 ID:Bu4qTWBB0
おっさんよく消すから珍しいことでもない
理由は知らんが

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:18:08.71 ID:NbjaHinU0
こっちにはよく分からんけどまずい内容で指摘されたのかね

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:28:58.97 ID:LmvdRCSB0
>>72 宮脇千鶴さん

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:29:17.67 ID:dZREGtBm0
業界には業界のタブーやルールがあるのだろう

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:31:16.42 ID:dHKEjgHz0
>>83
ガキのお絵かきレベルだな

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:32:04.36 ID:04Vr5CuB0
やっぱり空知の描いた公式ヒロインヅラの絵が一番

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:38:12.45 ID:aonYumV60
ありゃこち亀の消しちゃったのか残念

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:47:58.76 ID:fnx7CiNbO
>>80
これが消されたのか
特に問題ある発言とも思えんが何がまずかったんだろ

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:48:46.26 ID:hbKPOYpc0
銀時「心配すんなヅラァ…月詠と結野アナは共食いで死んだ。あいつら化け物だった。死体はグロ」

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:53:54.85 ID:eURHcknD0
>>83
ありがとう

おっさん拗ねちゃったん?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:55:46.83 ID:BvLz34gf0
>>90
高杉厨死ね

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:57:16.61 ID:SgsPF9Iq0
こち亀他局だから駄目とか…はないか

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 00:01:08.05 ID:gR18vZ2h0
本編で他局のアニメパロしまくってるからそれはないだろうw

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 00:09:17.23 ID:nDDXUEIq0
一般人には分からない事情もあるさね

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 01:14:47.56 ID:b10WZWlj0
325 Classical名無しさん 2012/09/02(日) 01:12:48.98 ID:aOAhH/DC
>>320
月詠も月詠腐もキモい
まじいらね

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 01:15:18.04 ID:immXECla0
いらないキャラだから月詠は消されましたざまあwwwww

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 02:10:21.09 ID:ulZhi4n60
空知って絶対寒流嫌いだよな
時事ネタとか結構使ってるのに韓国関連は、チャンガンソクの短冊の皮肉くらいじゃね?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 02:17:26.83 ID:MqUmUVai0
韓ドラ(っぽいタイトル)のビデオ借りに行くとかあったし、
「ニダ」という口調のキャラもいる。
好きか嫌いかは知らん。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 02:20:36.46 ID:p+CkxJZw0
銀フルエンザ回の、超絶補正銀さんの作画は大好き。

おっさんさん、差し障りのない程度で、銀魂裏話とか
つぶやいて下さい。
監督降りるときのED話とか、よかったですよ。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 02:23:33.57 ID:6UCHrT6N0
>>98
チャングムの裸体!!

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 02:32:56.25 ID:MqUmUVai0
>>100
思い出した、もとはチャングムの痴態だっけw

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 02:35:40.12 ID:Jzd/F14V0
真理すぎてフイタ

628 名無しさんの次レスにご期待下さい sage 2012/09/02(日) 02:04:52.96 ID:XBwnvK6R0
実際に自爆だと指摘されて困らない
世間は高杉腐認定してる
桂に嫉妬もしてないんだったら
堂々と構えてればいいんじゃないっすかねw
月詠厨さんはw
なにをそんなに焦って反応してるんすかねw


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 04:46:22.22 ID:Twz6vTgD0
空知は世間一般が思ってること爆笑問題の大田みたいに結構言っちゃうよな

>>空知って絶対寒流嫌いだよな
オビワンのときに韓国語いれてたよな
あれも韓国皮肉と言われてたけど、意味がわからなかったな

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 05:13:12.42 ID:MqUmUVai0
悪い天人(国)に騙され、地球(日本)を窮地に陥れるために利用されたという事では。

そもそも天人と地球の関係は日本と外国の関係なのだから。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 05:25:35.95 ID:2lZenOmaO
あの国はヘドが出るほど嫌いだがチャンガムの裸体や痴態程度のネタなら笑えるからおk
けど子役が泣ける演技するドラマなのに痴態ってどういう事だよww

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 05:29:05.60 ID:2lZenOmaO
あ、銀魂の中で子役の演技が泣けるんだよって台詞があったって意味ね
ネタになったドラマは見てないからシラネ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 06:02:24.64 ID:MC8M8YGWO
寒流ネタの真意はわからんが、タモさんが好きってのはなんとなく伝わる
扱いやすいのか一番出てくるよね

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 07:09:10.48 ID:OQ/Q6D240
月詠腐って余裕なさすぎ
ヅラに映画ヒロインのフラグたちまくってんのがそんな許せないの

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 07:13:39.20 ID:trn4KcEM0
OPテーマ「LET'S GO OUT」 AMOYAMO(デフスターレコーズ)
EDテーマ「ムーンウォーク」 MONOBRIGTH(デフスターレコーズ)

261ページ欄外にひっそりと書いてる

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 07:19:53.30 ID:tEFD6n3e0
72 fusianasan 2012/09/02(日) 01:01:43.41
ヒロインヅラたんに嫉妬している月詠厨と指摘されるとなにかまずいのかしらん^^^

73 fusianasan 2012/09/02(日) 01:03:21.64
月詠厨じゃなければ別にまずくないおね^^
ヅラたんに嫉妬しているホンモノ豚が月詠厨だと事実指摘されても^^

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 08:21:35.44 ID:Uqp/85id0
>>109
どんな曲だろう?楽しみ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 09:58:27.16 ID:1eJGMxt9O
>>109
OPはちょい前から噂になってたなTommyプロデュースのモデル二人組か…どうせならTommy本人が良かったわ
EDはアナタマジック好きだったから期待

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 10:05:41.39 ID:1eJGMxt9O
新作再放送の混合だがOPEDの改編周期はどうなるかな?よりぬきみたいに早く変わったりするのか

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 10:23:44.24 ID:BoIZaa+kO
>>109
MONO板ではスルーだったから知らなかった…ヒダカが加入した新生MONOはいつか来ると思ってたぜ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 10:44:18.38 ID:o84HdcIy0
>109
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379119.jpg

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 11:10:14.12 ID:PPce4XpJ0
>>109
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 11:11:14.72 ID:b+RbP4kM0
342 Classical名無しさん 2012/09/02(日) 10:32:15.90 ID:Q2wnqtf1
月詠って大江戸温泉出番ないし
最近存在自体スルーされてるもんなあ
銀さんと仲の良い桂に嫉妬しまくりでキモイ

343 Classical名無しさん sage 2012/09/02(日) 10:33:03.35 ID:sbYXYxnL
まさにヅラに嫉妬してるゴミクズ月詠と月詠厨

344 Classical名無しさん sage 2012/09/02(日) 10:35:48.66 ID:VE8IhtLY
大江戸温泉は銀+桂+神楽で完全によろづらでしたし
本誌では攘夷トップの桂さんが銀さんと仲の良さをしめしながら倒幕しそうな勢い
月詠厨は嫉妬して歯軋りww
キメエwwwww

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 12:17:04.13 ID:F5iv1W290
金さん役は誰だろ
噂では小野Dと聞いたが

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 13:03:09.89 ID:oBTyUtJXP
個人的には普通に杉田がいいなあ
今度のウエハースに金時のボイスカードあるんだけど
声優別人なら長編一回だけのゲストでボイスって初になるね

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 13:05:10.36 ID:HWbNA8Mt0
674 名無しさんの次レスにご期待下さい 2012/09/02(日) 11:41:54.46 ID:ABJDpS2R0
次の一番クジ『月詠だけハブ』吹いた

676 名無しさんの次レスにご期待下さい sage 2012/09/02(日) 11:44:10.79 ID:BSy89W/00
>>674
月詠は需要ないキャラだもの仕方ない

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 13:12:08.32 ID:coZB8Zxh0
白血球王のように杉田兼任じゃないか
別の声優さんでもいいけど一応ベースは銀さんだし

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 13:49:38.23 ID:wO+PphOX0
杉田がちょっとイケメンっぽい声にして演じ分けすれば無問題

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 13:53:28.94 ID:xIsDCrEE0
アニメ再開決まってるんだし、
出来ればバレスレでお願いしたく・・・

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 13:55:46.15 ID:8yK1Ss3M0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:03:48.33 ID:htrb44eT0
そういや前はテンプレにバレスレ入れてたが終わってから省略されてたな

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:25:04.61 ID:ho3KAzOT0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:25:33.45 ID:KFrQcoWN0
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:25:54.45 ID:OofsZnLt0
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:26:14.92 ID:Tz/m1I6h0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:26:35.09 ID:BLYaouIN0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:27:14.66 ID:nNmokORT0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:27:37.30 ID:NPjyXqPG0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:27:55.63 ID:wWKXoKB70
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:28:12.68 ID:8NPHMeBm0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:28:31.26 ID:rjLmcoVz0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:28:47.35 ID:ZyVx5Yce0
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:29:28.03 ID:52LQTE7D0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:29:43.63 ID:PYSURzSt0
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:30:05.60 ID:DYQvPd+d0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:30:22.02 ID:4b5BJnLN0
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:30:39.60 ID:vHiMr/q20
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:31:17.85 ID:ad6fRjaZ0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:31:39.26 ID:RqtFCcln0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:31:56.45 ID:HvadJGoF0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:32:19.95 ID:2g+J2I2x0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:32:36.96 ID:lvENgh2d0
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:33:16.70 ID:KQj+dyzY0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:33:32.70 ID:MiGlq1bQ0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:33:47.89 ID:Mg8137P00
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:34:06.88 ID:Dk/XKMBF0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:34:28.93 ID:Y8gWZM010
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:34:45.77 ID:C3FKZeVX0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:35:26.68 ID:eD8sL3m10
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:35:43.75 ID:uujD9GkN0
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:36:00.47 ID:9S5ZSOWm0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:36:18.06 ID:soJ9w1GI0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:36:36.91 ID:sFCzSfLA0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:36:54.41 ID:Y7mKV5SV0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:37:29.89 ID:a0Dma+QP0
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:37:46.25 ID:fPHfy4xr0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:38:05.26 ID:NZpr5J0Q0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:38:21.78 ID:191z2qo90
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:38:43.14 ID:XY2P4AtW0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:39:02.21 ID:qJvmPful0
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:39:40.36 ID:4hy9X22t0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:39:57.38 ID:EWtZl9Mh0
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:40:14.63 ID:G6sgN7BO0
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:40:30.70 ID:lX6KSIqJ0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:40:58.16 ID:Tz/m1I6h0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:41:34.34 ID:nY0WzRwC0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:41:50.06 ID:Lsj/SOpQ0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:42:07.26 ID:Yo8MlEgr0
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:42:25.19 ID:r7uYYTwK0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:42:42.22 ID:ftpTpDsa0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:42:59.19 ID:Oy1/hwBb0
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:43:47.44 ID:WIqD2rG70
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:44:01.68 ID:4SQ8B+Mt0
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:44:18.23 ID:UA9bx07o0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:44:39.19 ID:kVbKqdb90
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:45:03.26 ID:4hy9X22t0
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:45:42.38 ID:tBYouMZ10
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:46:02.30 ID:dmst+9pU0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:46:21.08 ID:XvCTxWLa0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:46:43.38 ID:uG9rezOK0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:47:01.72 ID:8uMD57do0
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:47:19.17 ID:1FYGP3B+0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:47:35.83 ID:E7QEQQOH0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:47:53.17 ID:D2TyE7+g0
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:48:14.50 ID:DQvFlbrR0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:48:49.06 ID:4SbR+KBl0
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:49:18.97 ID:a6ZY2+5n0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:49:35.84 ID:aGhkPON80
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:49:54.98 ID:gHDlYhD+0
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:50:11.92 ID:9sP52BGh0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:50:47.98 ID:q+3d8qNR0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:51:06.46 ID:pTHPzBqq0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:51:30.32 ID:hRxN1uNX0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:51:49.67 ID:K4op/tjf0
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:52:07.37 ID:lG332UCT0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:52:28.96 ID:s6AdVg7z0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:53:08.70 ID:apFAZTiV0
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:53:30.84 ID:LgMI3iJQ0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:53:50.06 ID:+P7DCvz40
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:54:05.66 ID:0W1YP4Kf0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:54:23.28 ID:r2uggIqT0
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:54:41.29 ID:KhSG+mQ30
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/571394Z2Q/lib571394.jpg

207 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1/5:0) :2012/09/02(日) 14:56:53.48 ID:wONbwowv0
シルバー銀魂スピリットは最高だよ!?♪。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 14:58:36.87 ID:RRmRrYFH0
【アニメ】銀魂’〜ぎんたま〜第二百八十一訓避難所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/comic/6366/1345700135/

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 17:22:57.03 ID:gBPWLYjq0
2期で金魂やらなかったり空知書き下ろし劇場版とか10月アニメ再開とか
最終回の頃には決まってたんだよね?
あの最終回は一体なんだったんだよ?まんまと大人に騙されてたのねくやしい

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 18:09:16.25 ID:X1wylGoZ0
いつ決まったかは分からん

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 18:56:34.76 ID:gr1CzfHK0
何となく二期終了時はまだ決まってなかったって印象

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:18:00.26 ID:nYBAKbZz0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:18:50.73 ID:4elree9f0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:19:09.78 ID:oJBc9izx0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:19:30.27 ID:LUSWbyCj0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:19:50.81 ID:5+nfdsb20
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:20:12.91 ID:sNHnisU60
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:20:31.29 ID:sL7CGlsc0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:21:08.68 ID:uG9rezOK0
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:21:28.04 ID:PPce4XpJ0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 19:21:44.72 ID:kIXmWRYc0
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 12:19:55.37 ID:9/ju+7T8P


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 14:34:08.29 ID:IHaE/1Nk0
ジャンプに何か続報ありますたか

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 14:43:06.94 ID:V1A889dU0
ゲームについてちょっとだけ

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 16:23:02.68 ID:nHyEbxENO
銀魂のアニメ再開に第二弾映画化ときたらそろそろナムコ・ナンジャタウンとのコラボに銀魂がきそうな予感がする。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 16:46:43.80 ID:+fbrfgBKO
AMOYAMOデビューシングルがアニメ「銀魂」OP曲に抜擢

10月31日にリリースされるAMOYAMOのメジャーデビューシングル「LET'S GO OUT」が、テレビ東京系アニメ
「銀魂」の10月のオープニングテーマに起用された。

AMOYAMOは、原宿系モデルとして青文字系ファッション誌の読者から絶大な支持を得ているAMOとAYAMOによるユニット。
8月1日にはTommyこと川瀬智子(Tommy february6、Tommy heavenly6、the brilliant green)のプロデュースによる
ミニアルバム「A☆M☆O☆Y★A★M★O」をタワーレコード限定でリリースした。

「LET'S GO OUT」はインディーズ盤に続いてTommyのプロデュースによる、キュートでアッパーなロックチューン。
デビュー曲が人気アニメのオープニングテーマに抜擢されたことについて、AMOは「ジャンプ愛読者の兄の影響もあり、
『銀魂』は私にとってずっと偉大で、それでいて身近な存在の作品でした。
そんな特別な思いのある『銀魂』と、音楽という形で携わらせていただけたことは本当に夢のようです。
この曲が『銀魂』ファンの皆さんにもかわいがっていただける曲になると嬉しいです!」と話し、AYAMOは
「『銀魂は』私にとって本当に特別で大切な作品! 決まったときは泣き笑い暴れ喜びました!同じようにとてもたくさんの人からすごく愛されている作品なので少しプレッシャーもあるのですが、
皆さまに早くこの曲も愛してもらえるよう日々精進します!」と喜びをあらわにした。

http://natalie.mu/media/1209/0903/extra/news_large_AMOYAMO_LETSGOOUT.jpg
AMOYAMO


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 16:48:55.58 ID:VX31SBtW0
誰や

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 16:55:31.66 ID:ob2tYfIb0
知らない

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 16:55:40.40 ID:aY6+hkuf0
何じゃこのぱみゅぱみゅ臭は

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:02:58.39 ID:eNwsqvFd0
>>229


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:06:51.87 ID:h5Gtrewh0
よくしらないし少々リップサービスな気もするが銀魂好きな人なようでなにより

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:11:54.06 ID:aSvkJSQI0
トミー自身がまた歌えばいやんけ

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:13:56.05 ID:xwuqceaV0
まあ銀魂にあってさえいれば誰が歌おうが何でもいいよ

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:16:18.68 ID:LAC5uogE0
なんて読むんこれ
アモヤモ?

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:21:33.02 ID:3mERTlPe0
tommy自身の歌じゃない理由が
ちゃんとあるんだよwww
再開1話目からの話がポイントだ

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:22:52.74 ID:LAC5uogE0
理由って何さ

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:36:10.71 ID:C8NGw9DN0
>>226
なんだかとっても嫌な予感がする
聞いてみないと何とも言えないけど

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:39:03.19 ID:HZAEkpLu0
OPは銀さんが走って順番にキャラが飛び出るようなのがお約束なんでちょっとひねりが欲しい

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:40:27.76 ID:i+DGzJYF0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:40:46.26 ID:rXFPZVln0
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:41:06.36 ID:b7OAjauv0
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:41:30.62 ID:BfURaaRV0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:41:52.95 ID:IuhcZZug0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:42:37.76 ID:J8FwFbvv0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:42:57.64 ID:0v0WY3vG0
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:43:17.08 ID:J72bCFNc0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:43:34.06 ID:LzfFNheR0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:43:55.56 ID:TM0QKLXX0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:44:11.38 ID:5RU7EZzG0
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:44:51.82 ID:gcDrskvS0
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:45:11.99 ID:fV2ULFZU0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:45:32.65 ID:oPw8VZav0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:45:56.01 ID:edcronL70
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:46:27.56 ID:3JEFoHcu0
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:47:03.21 ID:tgVs2mLJ0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:47:23.36 ID:maZBGUMx0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:47:41.89 ID:0B6lAOd30
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:48:01.71 ID:KxcYPRto0
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:48:18.91 ID:1LeE8Quj0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:48:36.34 ID:N3/ZEdwe0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:49:12.38 ID:65QIWVsl0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:49:28.68 ID:7DSEQs2S0
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:49:50.14 ID:J+yCavKZ0
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:50:07.67 ID:Zr4qKA280
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:50:25.97 ID:oPw8VZav0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:50:44.37 ID:MRJIqmsc0
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:52:01.21 ID:UJQGecdz0
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:52:18.45 ID:Mf9OmJpL0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:52:35.40 ID:v1Z00iyx0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:52:53.01 ID:bUY7UPde0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:53:10.75 ID:UQsFdY490
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:53:51.27 ID:TK/ewJdY0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:54:08.44 ID:g2NRFlhC0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:54:32.73 ID:gR6EBxsz0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。




275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:54:50.05 ID:/Bo6/daQ0
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。



276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:55:08.74 ID:HCZXt+eK0
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな
しかし空知先生の描く攘夷桂は美しすぎる 色んな男に抱かれてるだけのことはあるな

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:55:30.76 ID:qmz6wl7f0
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式
銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式 銀時×桂公式

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:55:46.67 ID:uimkb6pc0
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:56:08.09 ID:eitH5AQ10
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ



280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:56:26.00 ID:ODoGdLVR0
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg
ヅラに嫉妬しているウンコツッキー厨はキャラ同様迷惑なゴミクズ
http://uproda.2ch-library.com/572474zYM/lib572474.jpg

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:56:47.38 ID:goIwzjtv0
桂は天人に次々と犯された。
何本もの性器で代わる代わる貫かれたそこは赤く腫れ上がり、吐き出された白濁を
絶えず零しながら震えていた。
入り口は開いたままになり、呼吸に合わせて物欲しげに小さく開閉していて、
陵辱を拒むどころか迎え入れているようですらあった。
「入れやすくなったのはいいけどよ・・・ちゃんと締めろよ、オラッ」
「あゥッ」
 腰をつかんで引き上げられ、足が胸につくほど折り曲げられると、真上から天人が乱暴に突きこんでくる。
内臓が押しつぶされて苦しい体勢だが、その苦しさにすら感じてしまい、桂は喘いだ。
 7人いた天人は皆順番に桂を犯し、それでも足りないのか2週目になっている。
いつ果てるともない陵辱に、桂は既に何度も意識を飛ばしていた。
その度に、気絶した体では具合が悪いと無理やり意識を引きずり戻された。
 終わらない快楽に脳を犯され、桂の目は次第に焦点を失っていく。
精神が限界まで追い詰められて、逃避のためかあるはずもない幻影を見た。
「・・銀、時・・・ああっ」
「おい、こいつ男の名前呼んでるぜ」
「すました顔して男を散々くわえ込んでたんだろうな」
 意識があれば、舌を噛み切りたいほど屈辱であろう、天人の揶揄の声も聞こえなかった。
「ぎんとき・・・ん、あッ・・・・・・・もっと」
 意識が朦朧とした桂の目には、自分を犯す醜悪な天人が一番逢いたい男に見えていた。
自ら甘えるように摺り寄り、細い足を天人の腰に絡みつける。
「おっ、大サービスだな」
「!・・・おいおい、中までまた良くなったぜこいつ。
 どういう体してんだ・・・くっ」
 銀時に抱かれている。
そう認識している桂の体は、それまで以上に解れ、もっと欲しいというように挿入れられた性器に絡みついた。
その刺激に耐え切れず、天人が再度吐き出す。
「っつ」
「あああッ」
 中に出される感覚に、桂は身悶えて極まった声を上げた。
「・・・ハッ、こりゃすげえ拾いモンだ」
 荒く息を吐き、すぐに回復したものを埋め込んだまま、このままもう一度と桂の足を 抱え直した天人の肩を別の天人が掴んだ。
「おい、お前ばかりやるな!か、代われよ!」
「待てよ、もう一回くらい・・・」
「俺はさっきから待ってるんだ」
 天人たちが桂を犯す順番を争っている間も、桂は小刻みに息を吐きながら、 未だ夢の世界にいた。
(去ってなどいなかったのだな、銀時)
 銀時が桂の背を撫で、髪に顔を埋める。 いつも情事のあとはそうしてくれた。
 くすぐったくて、幸せな時間。 (銀時)
「どけよ、俺が・・・ッ」
 桂の足の間にいる男を突き飛ばし、サイのように鼻に角のある天人が、
鼻息も荒く桂に圧し掛かってきた。 その太い首に、するりと桂の白い腕が回される。
「銀時・・・もうどこにもいかないでくれ・・・・」
 ずっと言えなかった言葉と一緒に、透明な涙が桂の白いもので汚された頬に流れた。
「へっ、飛んでやがる」
 サイのような天人は、桂の下肢を限界まで開くと一気に根元まで挿入した。
「あ――――ッ」
「うおっ、こりゃイイ!」
 甲高い声を上げて、桂は銀時だと思っている相手を受け入れる。
縋りつくように首にぎゅっとしがみついた。 気分よくされるがままにしながら、天人は桂の骨ばった肩にむしゃぶりつき、 派手に音を立てながら何度も突き入れた。
その度桂は腰を捻らせて嬌声を上げる。 その様子を視姦しながら、天人達は顔を見合わせた。
「なあ、こいつどうせ突き出しても、俺たちには金一封くらいだろ?」
「だよなあ、官吏に楽しませるのもしゃくだしな」
「せっかくだからこいつここで飼うっていうのはどうだ?」
「いつでもヤれるようにか?いいな、こんな具合のいい便所を使い捨てるのはちょっと勿体ねえ」
「しかし居ないときはどうする?繋いでおいても逃げるんじゃないか」
「いねえ間はタマに面倒見させとけばいいだろ」
「死んだら上に持ってけばいいな、報奨金かわんねえし」
 桂を性の道具として飼うという提案に、全員が頷いた。 そんな話も聞こえず、天人に体中を嘗め回されながら桂はまだ幻影を見ていた。
「ぎんとき・・・あアッ、や・・・はあッ」

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:57:05.59 ID:AGSk9FnK0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3379641.jpg
銀さんは桂のカラダの魅力にメロメロなのです

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:57:22.38 ID:OBI3I4rv0
「ひああああっ」
 銀時の腰に跨らされた状態で、乱暴に竿の半ばまでを挿入され、桂は髪を振り乱して悲鳴を上げた。痛みに震える体を抱きしめ、銀時は桂の尻を鷲?んで広げさせ、更に奥まで挿入した。そのまま、桂ごと揺さぶる。
「あっ、痛ッ・・・うぐっ」
 ズンズンと衝撃が腰から背骨を通って脳にまで響いているようで、深く貫かれるごとに桂は声をあげた。
 好き勝手に揺さぶられながら、狭い内部を銀時が遡ってくるのを感じ、何とも云い難い震えに襲われる。
「あ、だいぶよくなってきた。お前の中、きゅうきゅう搾ってきてきもちいい・・」
 銀時は桂を突き上げながら、揺れる髪を掻き分け肩口に顔を埋めた。
 汗とほのかな香のような香りがする。
桂に香を焚き染めるような趣味はなかったから、これは桂の匂いなんだろうか。
「いい匂い・・・」
 肩口から項まで舐め上げると、桂の肩がびくっと震えた。
「そろそろ本格的に動くぞ」
「ちょ、待て貴様ッ!・・・アアッ」
 桂の返答はもとより聞く気などない銀時は、桂の尻を掴んだまま桂の内部を性器で探り始めた。
向かい合って密着した状態で揺さぶられているせいで、桂の性器も銀時の腹に擦られて
またゆるく立ち上がり始めている。
痛みに慣れてきた体は、内臓を擦られる刺激を次第に快楽と捕らえてきていた。
入り口に近い腹側の粘膜を擦られると、銀時の腰をまたいで伸ばされた白い脚ががくがくと暴れる。
銀時の下生えが穴の淵にふれるほど根元まで押し込められて、桂は途切れ途切れに喘ぎを漏らす。
「あっ・・・・だめだ、こんなッ」
 銀時と、とても人に言えないような場所で交わっているという事実。
それは不思議なことに不快ではなかった。
そのことがより桂に羞恥を覚えさせる。
 体の力が抜け、この行為に次第に快感を感じだした桂を、銀時は更に結合部からいやらしい液が
飛び散るほど乱暴に貫き始めた。
「はあうっ、んうっ、アッ・・・はっ」
「ヅラ、中で出すから」
「はッ、ば、馬鹿やめろ!」
 縛られた腕で銀時の首を輪で通すようにしてしがみついていた桂が、不穏な言葉に目を向く。
銀時は白い首筋に噛み付くように口付けると、腰を限界まで突き上げた。
銀時よりはるかに軽い体は、おもちゃのように揺さぶられて銀時を最奥まで受け入れた。
「あひっ・・・・くッ、あああああっ!」
 瀕死の鳥のようにびくびくとのけぞりながら、桂が達する。
銀時を根元までくわえ込んだ秘所が痙攣し、絞り上げるように締め付けた。
「ヅラ、お前、すげ・・・ッ」
 銀時も胴振るいし、言葉どおり桂の中に放つ。
体の中いっぱいに熱いものを注がれる感触に桂は息を詰めて耐えた。
いつも体温も低く殆ど汗をかかない桂の体は、情交のせいでしっとりと汗ばみ、青白い肌は薄く色づいている。
荒い息を吐きながら、銀時は汗を舐めとるように桂の首を舐め上げた。
絶頂の間際に噛んだ首筋は歯型がついて薄く血が滲んでいる。肉食獣の捕食を思い出し、銀時は薄く笑った。
(ま、食っちゃったし)
 その血も舐め、銀時は呼吸の収まらない桂に深く口付けた。
苦しいのだろう、首をねじって逃げようとするのを押さえつけ、舌を吸い上げる。
桂の唾液はなぜか甘い気がした。
「・・・はっ、ぎんとき、もうはなれろっ」
 抗議の声で見下ろせば、まだ二人は交わったままだった。
絶頂を迎えたあとの秘部に、未だ固いままの銀時が嵌っているのが苦しいのだろう。
「へーへー」
「・・・アッ」
素直に聞いたふりをして、桂の中から一気に引き抜く。
排泄感に桂はまた小さく喘ぎを漏らした。
その力が抜けて閉じられない足の狭間から、銀時が吐き出したものがとろりと腿を伝う。
広げられていたせいで、急には閉じられない穴が、桂が息をつくたびに銀時の残滓をこぼした。
あまりに卑猥な光景を見やり、銀時はたちの悪い笑みを浮かべる。
「でも銀さんまだまだ元気だし、せっかくだから最後まで面倒みてくんない?」


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:57:40.98 ID:+a5V7c4m0
「・・・んッ」
後ろから性器を持ち上げるようにされ、息が漏れた。
更にもう一本、後ろから少し細い触手が桂の褌の隙間から潜り込んできた。
「な、何を」
 そのまま触手は尻の穴をぞろりとなぞっていく。
皺の隙間に塗りこめるように、どろりと大量の分泌物を零された。
気持ちの悪さに固く引き締まって震える穴を宥めるように、円を書く仕草で触手はそこを撫で回した。
ぞくぞくと寒気を感じ、桂は震えた。
これではまるで性行為のようだ。
ふいに桂の頭に銀時の声が過ぎる。
「お前、きつきつで慣らすのも大変だけど、苦労する甲斐あるすげーイイ体してるよな」
 あの時は、行為の最中でろくに反論もできなかったが、後で殴りつけてやった。
「なんで怒るかね、ほめてんのに。・・・ッテ、別に愚弄とかじゃねーって。
 もうこの体に突っ込めるのが一生俺だけだったらいいのにって思ってさ。
 魔性みてえだもん。なんか人間じゃなくてもメロメロになりそうな
 ・・・・って痛ェって」
 銀時のことを思い出すと、そんな状況でないとわかっていても胸が痛んだ。
銀時が出て行ったことを、理由も考えて理解しているつもりだ。
だが、受け入れられてはいない。
 意識が逸れたのを見抜いていたのか、わずかに力が抜けたせいか。
尻の穴を弄っていた細い触手が、大量の粘液の力を借りて中にずるっと挿入ってきた。
「うぐっ」
 狭い穴の中に押し入るように、触手はその身を捻らせながら侵入しようとしてくる。
桂はそこを固く締めて耐えた。
こんな生き物に好きにされるなど死んでもごめんだ。
 触手は先端をどうにかもぐりこませたものの、脚を震わせながら必死に抗う桂の抵抗で先に進めない。
しばらくぐりぐりと強引に侵入しようとしていたが、やがてふと動きを止めた。
 諦めたのか、思っているとやがて触手はぷるぷると身を震わせ、ごぽりとその細い管から大量の粘液を吐き出した。
「なっ」
 固く閉じている桂の中には注ぎ込めず、粘液の殆どは触手と入り口の隙間から零れだす。
それを待っていたように、いくつもの細い触手がそこに群がってきた。
「や、嫌だ、やめろ!」
 言葉が通じないとか、考える前に桂は叫んでいた。
穴の淵の皺をひとつひとつ伸ばすように、細い触手達が我先にとそこを押し広げようとする。
腿の内側の筋肉が張り詰め、震えた。
 先ほどから、桂は何か違和感を感じていた。
頭の芯が少しずつ熱を帯び、少し気を抜くと体の力が抜けそうだ。
(これは・・・なんだ)
息が荒くなっていき、頬が赤くなっているのが自分でも分かる。
 まるで、行為の最中のような。
(馬鹿な、こんなことくらいで・・・。何か変な薬でも盛られたわけでも・・!)
 思い立って、見下ろすと胸を嬲っていた触手は更にぬるぬると白く滑らかな肌に粘液を擦り付けている。
先ほど尻の穴に撒かれた粘液が、何だか熱い。
(まさか・・・・この粘液に何か・・)
 桂が呆然としている間に、緩んでいた褌は既に触手に解かれ、晒された穴に群がる触手は更に数を増した。
桂は固く目を瞑り、ともすれば力が抜けそうな体を必死に支えて踏ん張る。
 目を閉じていたせいで、桂は気がつかなかった。
 一回り大きい触手が、先端を花のようにぱっくりと広げ蛇のような動きで、半ば勃ち上がって震えている
桂の性器に近づいているのを。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:58:24.60 ID:96OBpzjS0
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる
銀さんと づ ら たんは夫婦  づ  ら  たんは夜な夜な銀さんの下で喘いでる

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:58:42.12 ID:Mjv+q1QW0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 17:59:00.78 ID:gtZbvB+b0
「ヅラぁ…お前のナカきゅうきゅう締め付けてるぜ?」
そう言って銀時は桂の下口に飲み込まれた3本の指のうちの一本をクッとまげて肉壁を抉る。
「んぁっ…あ…銀と…き…!」
桂のいい所を銀時の指が掠める度に、桂の唇からはとめどない唾液と喘ぎが零れた。
後ろしかいじってないのにもかかわらず、桂のペニスは赤くぱんぱんに張り詰め、先走りに塗れている。
「ここ、そんなにイイの?上の口も下の口も息子までダラダラだらしねーなぁ」
銀時は口角をあげていやらしく笑い、全ての指を抜いた。
ずるりと異物が抜ける感覚にさえ桂は体を震わす。
「ぅああっ…!やだっ…」
まだイってないのに刺激がなくなり、もの足りなさに後ろが熱く疼く。
「あぅっ…も、やだっ…」
耐えきれずに右手が自分の後ろに移動するが、すぐに銀時によって遮られ、帯で後ろ手に纏められてしまった。
「駄目じゃん。俺に許可取ってないでしょ?」
銀時が意地悪く桂を覗き込む。
桂はもうおかしくなりそうだった。
目の前で動く唇にむしゃぶりつきたい。
強く長い指で振れられたい。
銀時の大きくて自分を淫すものが欲しくてたまらない…
「やだぁ…銀時っ…わかってるだろう…?」
乾いた涙の上からまた涙が伝う。
涙の溜まる瞳に見上げられた瞬間、銀時のペニスが膨れ上がり少し焦る。
(やっべーこの年でパンツに射精ってやべぇだろ!)

「うっ…ぎ銀時の、それが…ほ、欲しいんだって…!」
頬を真っ赤に染めて目をそらす桂に我慢の限界を感じ、銀時は下着から自分のペニスを取り出した。
目の前に現れた大きくて赤黒いものに、桂はごくりと唾を飲む。
「仕方ねーなぁ。ほらケツ出せよ。」
余裕のフリをしてるが内心ぶち込みたくて仕方がない。
両手を縛られ快感にとろけた桂の緩慢な動きにじれて、強引に腰を引き寄せると後ろから自分のものを桂の穴にねじ込んだ。
「ぁぁあああっ!」
桂は大きく喘ぐと背を反らしてビクビクと痙攣し、射精した。
不意な締め付けに銀時は顔をしかめた。
「くっ…オイオイ早えーな!悪いけど俺まだだし動くよ?」
と、少し腰を引き、先端で桂のイイ場所を目指して突き上げる。
「あぁぁっ…!銀時、まだ…やっ!」
腰を打ち付ける度に、桂からは悲鳴に似た喘ぎが漏れる。
「痛っ銀と…上っ向かせ…あぁ…はっ…」
桂が何か言おうとしていたが、銀時はそれどころではなく、夢中になって桂のナカを貪っていた。
「あっんっ…んぅぅっ!」
喉の奥で呻くと、桂は再度射精した。
限界が近かった銀時は、その締め付けに耐えられずに桂のナカに白濁をぶちまけた。
「はっ…はっ…」
脱力して桂の上に倒れ込み、荒く息をする細い身体を抱きしめる。
ぼんやりと目を開くと、畳に血を擦りこんだ後があった。
ばっと起き上がり桂を仰向けに転がすと、手を後ろに縛っていたために、肩や胸、頬や顎が赤く剥けていた。
途端に桂に対して申し訳ない気持ちが込み上げてくる。
「ごめんな…」
汗に濡れた漆黒の髪を優しく撫でる。
そして、目を瞑りゆっくりと呼吸を整えてる桂に、軽いキスをした。

503 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)