5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

神のみぞ知るセカイII FLAG92

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/12(月) 01:27:36.80 ID:oTO4/BZ40
転落せずにすみ、桂馬たちは少し離れる。
歩美「……落ちるじゃんか…」
桂馬「す、すまん…」「ボク、迷惑かけてばっかりだな……」「現実のこーゆーの慣れてなくて…」
歩美「本っ当!!いっつも迷惑なことばっかりして!!」
しかし、それ以上怒鳴り返すわけでもなく、歩美は黙ってうつむく。
このままおとなしく攻略続行、とはいかないわけで。ノーラの連絡がハクアに届く。
ノーラ「まずいわよ。」「早くもヴィンテージの追っ手が来たわよ!!」「今、歩美の家の近くで1人始末したわ。」
    「思ったより人数いるわよ!!」「そっちにも今、行ったわ!!」「移動した方がいいわよ!!」
ハクア「移動って…!!」「今、いいところなのに!!」
桂馬「こーなったら…」「とことん…迷惑かけるよ!!」
歩美「………」「な…」「なに…?」
ハクア「桂木!!ヴィンテージがここに来るわ!」「場所移動しましょう!!」
桂馬(移動!?)(くそ!!あと5分遅く来いよ!!)
計画変更を余儀なくされ、桂馬は見せたい場所がある、と歩美の手を取り移動。ハクアもちひろを促し後に続く。
ちひろ(歩美と桂木…)(前から関係あったのかな…)(じゃあ前夜祭の私とのデートは、)(なんだったのさ…)
誰もいなくなった河原の上空を、ヴィンテージの追っ手が漂う。

歩美「公園――?」「桂木が公園に連れてくるなんて、」「外 出ない子供だったんじゃないの?」
歩美はミニすべり台のてっぺんに座り、桂馬はイルカの乗り物にまたがる。
桂馬「ボクだって公園ぐらい行ってた。」「すべり台にジャングルジム、砂場にシーソー…」「色んな場所でゲームしたよ。」
歩美「それってイミあるの?」「わ、すべれない。」「お尻はさまった―――」
ちひろたちは自販機の陰に。桂馬たちはブランコに乗りかえて。
桂馬「ここに、」「歩美と来られてよかった。」
歩美「…どして?」
ここにも、追っ手が迫る。ハクアに歩美の注意をそらすよう言われ、桂馬はブランコから転がり落ちる。
ハクアがためらいなく追っ手を切り裂くのを見て、ちひろの血の気が引く。
歩美「大丈夫、桂木!?」
桂馬「あてて…」「話すのに精一杯で…」「ブランコ忘れてた。」
歩美「ほんとバカ…」
追っ手はハクアが倒したものの、ここにももう居られない。次の場所へ移動。
桂馬(次は舞島神社だ…)(くそ!!いい場所もセリフも次々なくなる!!)「好感度はキープしてるが…」
ハクア「ちひろ、また移動よ。」「ごめんね大丈夫?」
ちひろ「あの…」「桂木が失敗したらどーなんの?」
ハクア「失敗?」「そんなの許さないわ!!」

近くのコンビニ・LAWSAN。
リューネ「まー、見つかんなくてもお前らがひどい目に遭うだけだけどさ、」「もう見つけた時以外連絡しないでよ、面倒くさい。」
からあげサンを手に、通信を切る。
息を切らした桂馬が休んでいるのは、すぐそばだった。
桂馬(こ…この攻略はゲーマーには厳しい… 舞島神社遠い!!)(次で決めないと…!!)

フィジカルはからっきしな桂馬の前に、リューネ(ヴィンテージ幹部)が!次号、流血!?


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)