5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【まどか☆マギカ】まどか×さやかスレ36

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 19:38:47.30 ID:hnPhbgMhP
 さやかちゃんはすっかりオーバーヒートしきって動けなくなったわたしをお姫様だっこして、見滝原中まで連れてきてくれました。
 道中、仁美ちゃんはニコニコしているばかりで全く不審そうな様子がありませんでした。あまりに非現実的な事態に、
わたしはまだベッドで寝ていて、今見ているものはすべて夢ではないかとも思いましたが、わたしを席に降ろしてくれたあとに
さやかちゃんがほっぺにしてくれたキスの感触は、確かに現実のものでした。
 クラス中の視線がわたしとさやかちゃんに集まっていますが、さやかちゃんは気にした風もありません。一方のわたしはまだ頭が
パニックから回復していませんし、クラスメイトの注目や何より後ろの席のさやかちゃんからの視線が気になって授業どころではありませんでした。
 そして、休み時間。さやかちゃんは相変わらず「あたしの宝物」「地上に舞い降りた天使」「愛しい愛しいあたしの女神」などと
わたしがその場から逃げ出したくなるほど嬉しくなるような大げさな言葉ばかりをかけてくれます。
 お昼ご飯の時は膝に乗せてくれ、一口一口「あーん」して食べさせてくれました。スキンシップはいつものようなセクハラではなく
優しくわたしの手を取ってエスコートしたり、廊下を走ってきた男子にぶつかりそうだったわたしを腰を抱いて華麗にかばってくれたりと
普段のさやかちゃんとは別人のようでした。
 下校の時も同様です。わたしの鞄を持ってくれ、わたしの手を取って耳元に甘々な台詞を囁きながら家まで送ってくれたさやかちゃんは、
最後にわたしのおでこに優しく口づけし、「明日また会えるときが待ち遠しいよ。いい子にして待っていてね、可愛いまどか」とわたしを抱きしめてくれました。
 わたしはもううっとりとしてしまって、暗くなるまでその場に立ち続けていました。

               *


213 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)