5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ソードアート・オンライン】わいはキバオウや!かっこええやろ!

1 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 18:31:28.76 ID:ijoutjCW0
関西弁でうざいのに何故か大人気!のキバオウについて語るスレ

2 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 18:36:48.28 ID:X94hybhG0
なんでや!ワイの関西弁の何がうざいんや!

3 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 18:37:25.52 ID:EeJHX2ga0
はしれー はしれー ッキバオー 本命穴馬かき分けて〜♪

4 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 18:37:38.31 ID:I6zcLNuBP
キバオウさん何やってるんすかー?

5 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 19:47:31.58 ID:Mz4/Huxv0
     ∧__∧       ちょーまってんか。わいはキバオウってもんや
     <#`Д´>|||      限定ジャンケンをする前に言わせてもらいたいことがある
    (     O//バンッ!!
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |              | _
こんなかに今まで別室に送られ2000人に詫び入れなあかん奴がおるはずや
リピーターどもはこんクソゲームが始まったその日にビギナーを見捨てて消えよった
奴らはウマい攻略法を独り占めして自分らだけぽんぽん勝って、な。その後もずーっとしらんぷりや。
こん中にもちょっとはおるはずやで リピーターの奴らが
そいつらに土下座させて溜め込んだ金や星を吐き出してもらわなあかん
対戦者として命は預けられんし、預かれん

6 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 19:58:30.03 ID:Mz4/Huxv0
なんでや なんでディアベルはんを             |  |∧      ∧/|  | きっとあいつベータテスターだ
見殺しにしたんや そやろが 自分はボスが使う技を  |  |鮮\    /中|  | だからボスの攻撃パターンも知ってたんだ
しっとったやないか 最初からあの情報を         |_|∀´>.   (`ハ |_| 知ってて隠してたんだ 他にもいるんだろ
伝えとったらディアベルはんは死なずにすんだんや    |  | o)     .(  o|  | ベータテスターどもはでてこいよ
                                  | ̄|―u'     `u.| ̄|

                            ∧ ∧         ∧_∧
口だけは達者なトーシロばかり、         (,,゚Д゚)   て    (    )
よく揃えたもんですなぁ。まったくお笑いだ。  (9  三O  て  ⊂   / 
俺達ならまばたきする間に皆殺しにできる、 (  |   て   ⊂___ノ
忘れないことだ                  (/`J

7 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 21:02:58.38 ID:ggy4J/V80
あいつまだ出てくるのか?w

8 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 21:26:45.70 ID:4KsgqZ4k0
たぶん10話以降でw

9 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 22:09:01.55 ID:ZGtYeq0Z0
本スレ、こんな感じだったな
http://s1.gazo.cc/up/s1_30189.jpg

10 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 22:10:38.04 ID:dCFgjNM00
なんでや!朝鮮人にも人権はあるやろ!謝罪と賠償を要求する!

11 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 22:13:55.60 ID:EeJHX2ga0
(;´∀`)…うわぁ…      (゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )
                 (゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )
                 (゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )
                 (゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )゚д゚ )

12 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 22:15:15.20 ID:dBWngEGb0
キバ王さんの未来予想図では
ディアベルさんのサブリーダー的ポジションゲットして
レアアイテムゲットやっ!だったのに
ディアベルさん死んじゃうし
わけ分からん奴にアイテム持ってかれるし
散々でしたねwねぇ今どんな気持ち?

13 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 23:01:25.55 ID:Px7oFH4f0
誰得すぎるスレwwww

14 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 23:07:31.87 ID:I6zcLNuBP
普通男のスレのスレタイは○○かっこいいなのにキバオウさん自分で自分を誉めてやがる…

15 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 23:20:31.97 ID:GHF3b1ny0
あの変な頭の形にはなにか秘密がありそうだな。後に牙大王を名乗ると予想。

「崋山角抵戯で鍛えたこの頭 お気に召したようだな・・・!」

16 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 23:23:13.01 ID:EeJHX2ga0
伊達や酔狂でこんな髪型してるわけじゃないんやでー!

17 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 23:28:52.29 ID:GHF3b1ny0
こいつ見ているとベルセルクで鷹の団にいたコルカスを思い出す

18 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/17(火) 23:59:36.09 ID:tNJSNUFO0
本スレでのキバオウ人気は異常

19 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/18(水) 06:31:36.17 ID:PwYn5Of30
幼女を無理矢理ひん剥くってほんと?

20 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/18(水) 07:30:29.31 ID:SksBeTBW0
猛虎魂を感じる

21 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/18(水) 08:20:41.45 ID:Kldrekq50
キバオウさんまじキバオウ

22 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/18(水) 14:19:55.80 ID:gmBQ5bPF0
なんだこの人気はw

23 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/18(水) 14:42:01.93 ID:lQalPB+U0
シリカでさえ単独スレが無いというのに

24 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/18(水) 17:10:09.55 ID:DP2TIlz+0
「不公平だ!キバオウも人気者とか言われているが、つまるところ手柄を奪おうとする悪党ではないか!

25 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/18(水) 19:52:41.40 ID:hQletcmPP
小物界の大物的な魅力がある

26 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/18(水) 22:57:28.59 ID:SLaHT9q40
モヤッとボール

27 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/18(水) 23:05:03.46 ID:4olWx7ol0
騎刃王

28 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/19(木) 01:05:43.10 ID:ERTNCRaPO
本名は木場さんじゃなかろうな

29 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/19(木) 03:06:34.19 ID:+LvJMrF30
>>23
シリカちゃん、まだアニメまともに登場してないですやん

30 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/19(木) 06:43:32.66 ID:hxjsWTNM0
せやな

31 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/19(木) 08:19:41.69 ID:/w/U9Pa60
せやろか?

32 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/19(木) 13:25:46.68 ID:JL6S+pyM0
牙大王

33 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/19(木) 20:38:59.67 ID:yO4/vP6T0
>>32
あれでも牙大王は部下には慕われていたんだぜ

34 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/19(木) 20:57:00.51 ID:AxYlx6XN0
これからはキリトさんの前で誰か死ぬたびに「なんでや!?なんで○○はん見殺しにしたんや!?」って
糾弾するおいしい役回りになるな

35 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/19(木) 21:15:27.13 ID:Z79aXEpe0
「なんでや!?なんでピナはん見殺しにしたんや!?」

36 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/20(金) 08:01:21.17 ID:7hS2T2lz0
うるせーこのオワコン関西弁野郎!

37 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/20(金) 08:55:31.46 ID:aqWfhlE70
なんでや!ワイの関西弁の何がうざいんや!

38 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/20(金) 12:40:31.59 ID:n/b4Rq8xO
エギルさんのスレは無いのに何でこいつのはあるんだよ

39 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/20(金) 12:59:34.52 ID:S4YBoE1U0
そんなの分かりきっとるやないか
キバオウさんがめっちゃかっこええからや

40 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/20(金) 21:50:32.64 ID:r2/NWPwM0
キバオウなんてオワコン

41 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 05:47:51.34 ID:21hcLjxl0
まぁネトゲでこういう奴は必ず居るよね。
兎に角難癖つけて金やアイテムせびってくる奴


42 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 07:09:04.30 ID:52Vh4g770
水戸黄門が印籠だして助けてやっても
「なんでや!?なんで○○はん見殺しにしたんや!?」
ってケチつけてきそう

43 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 09:22:21.47 ID:LdW9spN70
なんでや!キバオウ関係ないやろ!

44 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 10:20:03.73 ID:Da9BjP+Q0
金さん「その方らの悪事を確かに見ているものが居る。遊び人の金さんという者が…」
キバオウ「おお、その金さんとやらが恐らくこの事件の首謀者です!如何にも怪しげな遊び人でして、
  派手な桜の刺青をしておりました。…きっとそいつがディアベルはんを殺害したに違い有りません!」
金さん「おうおう…随分と言ってくれるじゃねえか…目ん玉かっぽじってようく見やがれ!おめえが見たって言う桜吹雪は…これのことかい!」

45 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 14:57:28.75 ID:zmOIgUDU0
キバオウもういいから退場しろ

46 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 17:05:34.73 ID:FyCnAYE+0
せやで

47 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 18:10:23.96 ID:0wLWsu1x0
引き込んだ仲間を踏み台にして
上へなりあがる為の煽り!
この実にSMチックな離れ技を使用する
ある高名なネトゲ廃人を作者は知る。

\○/ 本人の希望によりキバオウの名は伏せるが
  | 他者をPK寸前にまで追い込む
 ̄| 荒業を条件にこの屑は

実 在 す る !!

48 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 21:57:17.00 ID:GuQjO81b0
264 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日:2012/07/21(土) 12:34:26.31 ID:5bUjfd640
例えば現実の今この時も、飢えや治る病気で人はバタバタ死んでいる
しかし自分も含めて生活レベルを大きく落とす程ボランティアや寄付する人はほとんどいない
単純に知らない人をそうまで助けたいと思わないこともあるし、近くの人に却って迷惑というのもある

SAOもそうだが上が突出することで、結果的に死が少なくなる可能性も考えられる
そうはいってもやはり肯定もし難く、死んだ人の関係者の気持ちの問題も考えると良い様には見えない
どういう立場に立つにしろ、本来これはとても難しく重たい話だ

2話ではキバオウという性格に難有りな人物と、βテスターに対する嫉妬も同時に出てくる
これにより弱者の命の取り扱いという重大なテーマが、βテスターという軽い問題に置き換えられてしまう
大事により小事が置いておかれることは道義はともかく多いが、SAOは逆に大切な方が軽んじられるのだ

この珍妙な構造は、命を積極的に守らないことよりも、ソロに意味があることを注視させるためと思われる
つまりキリトを視聴者視点から格好良く見せるための不義であり、許せない
わいがキバオウや

49 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 22:57:12.80 ID:21hcLjxl0
まぁキバオウのテスターへの不満みたいなのが出るのもビギナー組にしたら当然だとは思うが(後半の賠償だのは別として)
全員が全員キリトみたいに高PS&豊富な情報持ちでもないってのも普通わかると思うがな
というかあの局面でいいだすことじゃねーし

50 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/21(土) 23:55:28.48 ID:5ZjQESTQ0
king of モヤットボール
キバオウの存在自体がもやもやすることを如実に表してるのがこの髪型である

51 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/22(日) 04:26:48.50 ID:6cDAg1Jk0
わいがキバオウや!
嫌儲からきたで!

52 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/22(日) 09:38:50.27 ID:HkGB3go10
          |: : /.:/: : : : \ : : : : : : ヽー――=ァ
      ,,=ニニ:}: : : /: ::: : : : \: : : : : : ‘:. : /
       〈:::::::::::::/: : : : ::::: : : : : \: : : : : :‘./
      ∨ニ= {: : トvヘ、::::::: : : :,  ´ ̄/: : : : : }
        V/{ :r'    \:::;,   ´   ´ ̄`>: : :> .,_
        ‘\}:/ }     ´           | \: : : : /
        ∨:}| ヘ          _ {  }: : : :/
            Y{    \    /   /     r{: /⌒'.
           ‘ヽ. } ̄fj`  〈 /''¨fj¨¨ア  j: //...} }
           い.   ⌒,   '   ー― '/ /_/ }...//
             Y     ノ''           / 彡 ´/
             Y   〈   _      /   / ̄リ
           ‘:}               /  .!
               E、ヽ ニ==ニ三〉 /   /    |
               Y:. r≧ュ   /  , ´    |
              Y、__W   ,.   ´   /   丶
           _,,  ゞ´‘,  ̄´      /     \
     -=ァ≦///       }          /          \___

53 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/22(日) 10:23:23.48 ID:hM7Y1Rs00
              ,r"゙\
         /"'-,,_/     ヽ_,,-'"i
    ,─--,,,,/__/      ヽ_,,l,,--─''ヽ
    \       ⌒   ⌒         /
      ヽ      (●)_ (●)      /  溜め込んだ金やアイテムは預けられん
       ヽ    ⌒(__人__)⌒     /   
        〉                〈
       k//゙゙''-,,/ヽ'"ヽへ/゙゙''-,,ア、
      /              //ヽヽ   ヽ
        l /"\ ___     ヽ∨/ ,/゙ヽ l
      | "''ー-' ヽ 、-二''-、   `" '-‐''" |
        l /ヽ   ヽヽ //     ,,、     l
     rヾ゙ヾ、゙i   ヽ,/    /, l  ,r"ス,、
      i  ,,、\       /∠_l l /、    l
     \く__ノ }      ゙───'' { i゙__,> /
       \,,,_ノー--,,,,,,__,,,,,,--一ヽ_,,,-"



54 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/22(日) 16:52:12.28 ID:3EYdc3300
>>52
誰?

55 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/22(日) 20:08:09.84 ID:rvV4BcYC0
マミヤの村を狙う凶悪な盗賊集団・牙一族の頭。自らの肉体を鋼鉄の鎧と化す「華山角抵戯」の使い手。
手下は全て大王の息子で彼らから「おやじ」と呼ばれ、大王は彼らを「息子達」と呼び一族の絆を尊重している。
ただし大王自身が窮地に立たされると息子を捨て駒にして逃げようとするなど自己中心的なところがあり、
「わしがいれば代わりはいくらでも作れる」とも発言している。
息子達が大勢殺された復讐をするため、レイの妹・アイリとマミヤを人質にしてケンシロウとレイとを
闘わせようと図るも二人の作戦にはまり、華山角抵戯の奥義「華山鋼鎧呼法」で肉体を鋼鉄の鎧と化して
ケンシロウに戦いを挑むが、秘孔「大胸」を突かれて防御力を無効化されると、自らの爆弾が手から
離れなくなって右腕を吹っ飛ばしたうえ、最期は岩山両斬波で頭を割られて絶命。断末魔は「あ!!」。
TVアニメでは岩山両斬波の後に「うわぁ?、た?、べ?!」の断末魔と共に溶岩に落ちていくシーンが追加されている。

56 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/23(月) 06:55:31.01 ID:bv0rbwt+0
しらんがな(´・ω・`)

57 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/23(月) 13:11:42.53 ID:/nqb1pD70
今更だが・・・・なぜ立てたwww

58 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/23(月) 16:23:59.82 ID:hVEn3HPe0
>>55
懐かしいな。
アニマックスで見たわ

59 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/24(火) 08:18:39.50 ID:vsxQhYih0
誰得スレ

60 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/24(火) 20:31:13.69 ID:xk2ZMdYp0
こいつってリアルでもあんな髪型してるのか?

61 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/24(火) 22:56:22.06 ID:74qy4Awb0
髪型はゲームでいじったんだろ

あのゲーム力あげまくってもリアルが貧相だったらいつまでたっても貧相なんだろうか
こわー

62 :LR変更議論中@自治スレ:2012/07/25(水) 08:18:06.61 ID:StEd57Ym0
もうゴールしていいよ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 22:03:41.59 ID:EDGir3oJ0
なんでや!

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 22:52:46.61 ID:6cNlAbQH0
ただの言いがかりかと思われたキバオウさんの発言は、
3話でキリトの図星を突いたな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/26(木) 14:55:06.53 ID:xtCmHI5V0
どうでもいいよこんなモヤッとボール

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/26(木) 21:56:24.65 ID:ommzUyWv0
なんやて!?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/26(木) 22:20:02.41 ID:ZZtAUFk70
ワイが英雄王や!

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/26(木) 22:21:47.24 ID:9cs7RHyK0
AUO

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/26(木) 23:28:50.63 ID:ZZtAUFk70
我はキバオウという者だ、汚物と戦う前に言う事がある、
この中に今まで死んだ雑種共に詫びを言うべき者がおるのではないか?


キリト「なんだあの金ピカ男・・・、」

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/27(金) 05:20:50.79 ID:KMdC3WfW0
だがAUOはそんな瑣末な事を気にしたりしないがな

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/27(金) 21:35:06.88 ID:VX8i1N1x0
マキバオウ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/28(土) 05:44:01.05 ID:wpNxYRJJ0
もういいよ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/28(土) 19:07:57.70 ID:uxahqeg90
出番もうないんだろ?

74 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2012/07/28(土) 20:58:15.65 ID:sIv20VgQ0
なんやて!?

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/28(土) 21:09:21.03 ID:F/D0SK/q0
今日出てほしいわw

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/28(土) 21:51:43.29 ID:zgfkTFnW0
えぇ…

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 08:03:37.16 ID:IyXvtGa90
オワコン

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 08:18:30.21 ID:yigV5MzO0
つか、もうアニメの範囲じゃ出番ないんだろ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 10:20:22.77 ID:E0Y/IrTr0
つ 朝霧

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 15:42:50.39 ID:8kujWe3W0
>>78
なん…やて…

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 16:18:35.58 ID:fCZ6tzdo0
なんだそれ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 22:38:56.62 ID:Ri53pSuu0
新婚生活編で出るんじゃない?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 22:59:58.73 ID:7ImfzAap0
反響の大きさ見て2,3カット入れてくるかもね

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 08:04:41.15 ID:O8BoYJVN0
反響大きいの2chたけじゃね?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 08:08:52.53 ID:kj2FokzE0
キバオウさんはオワコン

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 08:34:24.36 ID:X6j2UdFX0
オワコンさんのことキバオウって呼ぶんじゃねえ!

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 09:01:54.21 ID:n3P0t+zL0
なんでや!?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 23:19:38.09 ID:0dOceXe30
なんでもや!

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/31(火) 08:24:46.38 ID:m++TZi/I0
せやな!

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/31(火) 08:28:18.63 ID:X4JBRHmg0
せやろか

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/31(火) 09:33:00.38 ID:teybUhTa0
キバオウって元々名前だけのMOB以下だったのにどうしてこうなったw
最初はアニメオリジナルキャラだとフツーに思ったんだがwww

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/31(火) 10:26:28.42 ID:pms+BXhJ0
ニコ動キバオウ沸きすぎワロタwww

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/31(火) 11:20:51.34 ID:1j4tTapr0
なんでこんなに愛されてるんだよw

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/31(火) 20:36:55.93 ID:+TpGSAYE0
オワコンのくせに

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/01(水) 04:53:03.90 ID:cWcBVrjt0
なんでや!

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/01(水) 16:09:33.68 ID:gSbnt2z90
かっこええやろ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/01(水) 17:34:02.49 ID:xRgT3gZi0
次の新刊には出まっせ

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/01(水) 20:33:24.29 ID:QNeFxpUH0
もういいよ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/01(水) 21:34:19.36 ID:nGJpfpow0
キバオウさんは今日も元気っすねw

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/01(水) 21:36:40.94 ID:A1x1FI9j0
なんでや!

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/02(木) 00:27:10.53 ID:u8XXVWcq0
チートやんけ!

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/02(木) 11:54:59.16 ID:olCS7HnB0
うるせえ関西弁が

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/02(木) 12:03:29.36 ID:c1sPM8P20
なんでや!

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/02(木) 20:10:58.60 ID:IDIdkjEB0
なんでもや!

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/02(木) 23:17:31.88 ID:4mRmzN+e0
せやな!

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/03(金) 08:00:36.15 ID:22OJ2xCp0
せやろか!

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/03(金) 08:59:00.02 ID:3ekKHnxO0
関西弁うぜえ

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/03(金) 09:42:56.06 ID:7E+wXeUY0
なんでや!

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/03(金) 15:32:44.33 ID:NE7Zr/oU0
なんでもや!

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/03(金) 19:07:26.94 ID:zsPyFkAi0
最終回でダルシムになって世界を救ってくれる予感がする

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/03(金) 19:34:01.15 ID:7E+wXeUY0
なんやて!?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/03(金) 19:51:43.52 ID:qqvF5OBW0
なんでもや!

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 01:47:38.16 ID:WjsZDqxjO
>>4-33

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 05:12:28.64 ID:34kOqIfNO
なんでや!阪神関係無いやろ!

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 06:52:25.45 ID:22ubsg5Z0
せやろか?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 08:43:32.93 ID:gHdZX6Ig0
せやな!

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 09:57:31.85 ID:8fKQTnHg0
せやで!

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 14:08:43.39 ID:M4kZrDPm0
素敵やん

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 18:56:46.21 ID:0hvv9z4K0
>>118
ヤクザはお断りや!

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 19:59:33.34 ID:8uvBfK/t0
なんでや!
893ちゃうで!

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 21:00:21.26 ID:2OG2VqQE0
この強さ
やくざや!本物のやくざやん!

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 21:17:45.68 ID:SXiWkj1h0
キリトはん!
ワイよりその閃光女を選ぶんか!?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 23:16:17.47 ID:g4GRSV3H0
キバオウさんの髪型、どっかで見たことあるんですよねぇ
思い出せない、モヤモヤするなぁ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/04(土) 23:48:22.31 ID:qy+sMcB50
           ハ     ,、
          ノ\´ ̄`ヾ{
       __/:{: {: : : :,z.,__: :〉=ァ
       Y:z―ヽ/  _〈: :/
  ,、   _|:.|    j /__ }:ハ                             ,:´ ̄`i
  〈/少  `ヽ{`>, ´、‘ノ リ/                             /     |
   \\   { 、~ 〈     「{                                /    j
.     \\  ',  r ⌒>} / {                               __/      /
        \\ \ Π´ /  `/¨:/ ̄ ̄i/`ヽ_,, 、              //    /
        \丶ノ丁 ´   /: : :/   / //    / ̄ > ,_____,.ィ/:.:.:ゝ ,__/、
        イ: :{     }__/: : :/   /   {: {    /: : : : : : : : : : / /:.:.________}{:.:.:.:.:}\
.      / ! :..{ー 、   j/ ヾ.   |    .{: {    {: : : : : : : : : :..′/:.:.:.:.:.:.:\::::ノ⌒ヾ、: :〉
      ′ |:..:.{¨¨¨不¨¨ |ニニニ|  |     ゞi    {: : : : : : : : : : { {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}′  ノ.‘,: :}
      | │: :{ イニニ\|ニニニ|、  、____,,‐'⌒ーゝ--―……・∨ハ:.:.:.:.:/¨⌒ヽ'"_____} 〉
      |  ハ: : ∨ニニニ/ヾニ/ \_/}              `¨¨¨ヽ  冫ー'⌒ー‐ ′
.       \{=ハ /∨ /\ニУニニニ/ニ}                   ¨´
      r{__ヽ∧_:_}\ニニ/\二ニ=/ニ/
      |   ‘,\/\′ニ`ー=ァ--/
      /    ‘,ニ\  \ニニニ/二/

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 00:24:46.61 ID:a3WHl0GW0
この人もう出てこないの?
なんでや!

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 02:44:24.33 ID:Xlu4p6QiO
>>123
ザクとかじゃないの?
それかガンダムハンマーとか

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 04:06:01.57 ID:0vlaTsCB0
>>125
ちゃんと出るわ!

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 08:12:06.96 ID:rnkQQaRe0
>>124
このイケメンは誰や!?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 09:12:24.53 ID:nSAy1C6g0
でなくていいわ!

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 11:56:50.52 ID:yi6YUF5F0
なんでや!

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 12:04:08.20 ID:a3WHl0GW0
>>128
わいはキバオウってもんや!

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 12:16:43.92 ID:ZmazmeXf0
>>128
どこがイケメンや!

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 16:04:49.74 ID:PzWFfZp20
キバオウさんがラスボスなんだろ
知ってるぜ(棒)


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 19:12:29.08 ID:i79CoQdM0
>>133
せやろ!

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 21:54:17.73 ID:5MCPlDtk0
、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |     ____________
      | /  ヽ/  ヽ |  |     /
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    |  キリトのくせに
   _  |.\  人__ノ   6 |  <
   \ ̄  ○        /    |      なまいきだぞ
.     \          厂     \
     /  _____/          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/05(日) 23:32:36.53 ID:AaRQUu150
なんでや!

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 05:09:53.03 ID:J5CuOhQO0
最近キバオウが出るMADが面白いから素材もっと増えてほしいw

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 05:43:35.06 ID:alLs2TQRO
キバオウてエギルさんのスキンヘッドにびびってたショボい奴だよな?

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 07:13:45.28 ID:xjBZXWTn0
なんやと!

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 07:30:03.26 ID:f9t4QI1j0
せやろか!?

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 08:25:55.54 ID:alLs2TQRO
そう言えばこいつ青の退魔師とかいうアニメにも出てるよな?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 08:31:15.17 ID:CL+KYBjx0
祓魔師じゃね?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 12:16:23.99 ID:alLs2TQRO
それだよそれ。関西弁だから間違いなくキバオウだ。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 13:52:18.80 ID:yEKbG4vW0
じゃあわいもキバオウや!

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 23:05:03.09 ID:xjBZXWTn0
なんでや!

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/06(月) 23:21:26.26 ID:TPADMZHxO
わい参上!

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 02:56:02.36 ID:wm7cqFhx0
なんでや!なんでスレ伸びないんや!

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 04:09:50.44 ID:SkAIyBcB0
一過性のネタ人気だからや!!

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 07:00:30.69 ID:cx9DRIRiO
キバオウて死ぬの?いつ死ぬの?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 07:52:59.06 ID:SBj6W6c20
ある意味もう死んでる

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 11:15:30.96 ID:Ke499lgv0
んなわけないやろ!

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 11:20:38.93 ID:arCj7WEm0
ネタバレ見たらキバオウってホンマモンのクズやないか!

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 12:20:29.69 ID:cx9DRIRiO
解放軍云々

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 12:26:59.46 ID:pRb44nnR0
なんでや!

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 19:53:19.95 ID:PRiThVuP0
なんでもや!

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/07(火) 21:45:06.96 ID:KCooFJWh0
そんなんチーターや!

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/08(水) 18:05:16.79 ID:ynwxYcNf0
せやろか?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/08(水) 18:23:30.14 ID:wSDlpyy+0
キバオウさん解放軍のギルマスを騙してハイレベルモンスター徘徊する迷宮奥深くに転送放置してギルド乗っ取り未遂とかw
悪よのうw


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/08(水) 22:15:48.59 ID:6rISJYyh0
キバオウ◯ね

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/09(木) 06:39:24.79 ID:+7YNg/OX0
なんでや!

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/09(木) 07:59:05.80 ID:c5dzFJoV0
なんでもや!

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/09(木) 17:39:33.77 ID:SN0pLqRX0
せやな

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/09(木) 20:14:23.88 ID:NAkxuPR/0
うるせえ関西弁

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/09(木) 22:39:48.27 ID:XGTEu7gY0
いやや!

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/10(金) 01:33:52.40 ID:NvTPrR170
なんでや!

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/10(金) 07:55:27.95 ID:rz38nd6F0
なんでもや!

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/10(金) 10:03:56.92 ID:LJe9gsEm0
エセ関西弁は本物の関西人に対する配慮
キバオウさんはやさしい人

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/10(金) 11:42:14.32 ID:LJe9gsEm0
半年くらい前のある日、最前線に転移していざ迷宮に出発って思ったら、広場の芝生で昼寝してる人がいるんです。
レベルはそんなに高くなかったようですが、わたし頭に来ちゃって、その人に、
「こんなところで時間を無駄にする暇があったら少しでも攻略に参加してください」
って怒鳴っちゃって……

そしたらその人、
「今日はあの日と同じ空なんや、迷宮に潜るよりも大事なことかてあんねん……」
って言って
「すまん、一人にさせてくれ、ほっといてんか」
なんて、失礼しちゃいますよね。

でも、わたしそれを聞いてハッとしたんです。
この人はこの世界でちゃんと生きてるんだって思って、こんなに天気のいい澄んだ青空を、この人はどうしてこんなに悲しい目で見つめているんだろう――って。
ギルドの人を先に行かせて、わたしその人が気になってこっそり見ていたんです。
風はほんとに気持ちよくて……ぽかぽかあったかくて、忙しい毎日を忘れて、この世界を初めて見た感覚を思い出しました。

そしたら寝入った彼の口から、
「ディアベルはん……なんでや……なんで死んでしもたんや――」
嗚咽で目覚めた彼はバツが悪そうにその場を離れようとしたんです。
でも、わたしのその人の手をぎゅって握っちゃって、私もなんだか涙が溢れてきちゃって……その場で泣き崩れてしまいました。
その後、夕方まで泣きじゃくるわたしをそばで見守っていてくれたのが……それがこの人です。

言葉を切ると、アスナはんはわいの手をぎゅっと握った。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/10(金) 11:44:51.08 ID:LJe9gsEm0
>>168を考えたんはわいやない
あんまり素晴らしいんで転載させてもろたんや
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/anime/1344500508/710
からや

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/10(金) 11:54:35.27 ID:Eo4ZQM640
キバ×ティアやないか!

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/10(金) 13:27:33.25 ID:Qrf6ap4Q0
なんでやねん!

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/10(金) 19:10:23.22 ID:8eo/oMml0
キバオウさんの口調、誰に似てるかと思ったらようやくわかった・・・

プロゴルファー猿やっ!

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/10(金) 23:37:29.40 ID:e/3Zs7HW0
キリトは他人(女性)を助けるとそれに付け込んで世話を焼く直結厨だが、キバオウさんは助けてもテレ屋が祟って一言残して去ってしまう

例)キバオウさん(Lv15)
女性(Lv18):あ、あの、ありがとうございました//////
キバオウさん(Lv15):れ、礼には及ばんで
女性(Lv18):あの、よかったらこれ――
キバオウさん(Lv15):ええねんええねん、それはあんさんが誰かを助けてやるときまでとっとき、ほなな!(転移結晶)
女性(Lv18):あ、あの!愛して――

例)直結キリト(Lv78)
女性(Lv18):(え……横殴り……?)
直結キリト(Lv78):ふう……危なかったね、怪我はない?
女性(Lv18):あ、あの……
直結キリト(Lv78):この辺りはモンスターのレベルも高いから一人で無理しちゃいけないよ。装備貸してあげるから一緒にやろう
女性(Lv18):あの……えっと――
直結キリト(Lv78):君が妹に似てるからさ

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/11(土) 01:46:33.49 ID:gMK0okiw0
んなわけないやろ!

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/11(土) 01:56:36.57 ID:lPi1gFuq0
森を歩いているとプレイヤーの元に一匹の動物がすり寄ってきました

〜キバオウさんの場合〜
キバオウさん:お、なんや、えらい人懐っこいやっちゃな……
(抱きかかえる)
キバオウさん:なんや、腹減っとんのか?ん?
女性の声:ミウー、ミウー、どこ行ったのー……あっ――
キバオウさん:おっ、お前さんとこの子かいな
女性:あ、はい!ありがとうございました!……もう一人で遊びに行っちゃダメじゃない、あの、愛して――
キバオウさん:いや、なんものうて良かった良かった、ほなな!(転移結晶)

〜ビーターキリトの場合〜
キリト:おや……こいつは≪ラグー・ラビット≫じゃないか!ハッ!
動物:きゅ〜……
(キリト、よしと左手をぐっと握る)
キリト:いよっしゃあああ!≪ラグー・ラビットの肉≫ゲット!クラインも喜ぶだろうなぁ……
女性:ミウー、ミウー、どこ行ったのー……あっ――

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/11(土) 07:17:46.52 ID:2chRwsg90
やかましいわ!

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/11(土) 09:08:33.00 ID:hfm/UXCo0
ttp://p.twimg.com/Az7-89pCMAAoAkU.jpg

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/11(土) 16:33:56.60 ID:4rwoQjTG0
キバオウさん次いつでるんや?

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/11(土) 18:02:05.87 ID:SsrPiJO70
もう出番なくてええんやで?

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/11(土) 19:49:43.98 ID:lscRQvnK0
なんでや!

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/11(土) 23:41:21.16 ID:CBPaaLvI0
なんでもや!

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/12(日) 08:58:40.78 ID:VnXqltDK0
関西弁◯ね

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/12(日) 16:23:43.27 ID:Wt5vdBC70
なんでや!

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/12(日) 19:00:31.63 ID:EMFZC3V00
わからんのか!

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/12(日) 20:24:15.56 ID:oM+KhZJ20
この戯けが!

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/12(日) 22:38:18.34 ID:RJO7qF3i0
なんやお前!?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/12(日) 23:56:38.90 ID:Qt3mzIds0
しらんがな!

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/13(月) 00:13:15.02 ID:sA23W4m/0
おそるおそる視線を凝らし、出てきたカーソルの文字を読む。
≪The Gleameyes≫、間違いなくこの層、七十四層のボスモンスターだ。
名前に定冠詞がつくのはその証である。
グリームアイズ――輝く目、か。

そこまで読み取った時、突然青い悪魔が長く伸びた鼻面を振り上げ、轟くような雄叫びを上げた。
そして地響きを立てつつ猛烈なスピードで真っ直ぐこちらに走り寄ってきた。

刹那――。

「ここはわいに任せて逃げるんや、キリトはん――!」
恐怖のあまり身動き一つ取れない俺とアスナの間に割って入ったのは――
かつてβテスターであった俺をチート使いだと罵り、同じくβテスターであった一人の男の死を悲しむ男――
「はよう、はよう逃げんかい!そんなに長くは持たんで……」
俺は抜けた腰をなんとか持ち上げ、恐怖に打ちひしがれるアスナの手を掴むと、おぼつかない足で入り口の扉へと駆けた。

安堵もつかぬまま部屋の中に目を向けようとしたその時であった。
「キリトはん!わいは、わいはお前さんに言わなあかんことが――」
その男の声と同時に部屋の中へ目をやると、グリームアイズの持つ巨大な大剣が彼と交えていた剣ごと飲み込み――
神経を逆なでするような効果音と共に無数の断片となって飛散した。

「キバオウ――!」
光の破片が散り行く中、俺の声は虚しくもボス部屋の中に響くことしか出来なかった。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/13(月) 08:38:47.56 ID:1X/H+vU50
ながいわ!

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/13(月) 09:08:33.40 ID:2JWQJWyp0
なんでやねん!

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/13(月) 12:36:02.06 ID:sA23W4m/0
「……ごめんね、ほんとなら……ほんとなら、わたしが決着をつけなきゃいけなかったのに……」
わいは小さく息を吸い、すぐに長く吐いた。
「いや……、クラディールが狙ろたんも、そして奴をあないにまで駆り立てたんもわいや。あれはわいの戦いやったんや」
アスナはんの瞳を見つめ、ゆっくり頷きかける。
「わたしも……背負うから。あなたが背負ってるもの、全部一緒に背負うから。約束する。これからはわたしがあなたを――」

それこそは――。
かつてのわいが、今に至るまでついに一度として口にできなかった言葉やった。
瞬間、魂から音が零れ出てくるのを、わいは聞いた。
「これは――」
ごくごく微かな声が、密やかに空気を揺らした。

「これはゲームなんや――」
予想通り、アスナはんの表情がぐっと強張った。
「アスナはん、これはゲームなんや。今のわいもアスナはんも、全部かやなんとかが作ったニセモンなんや」
アスナはんの悲壮な顔を見つめるのはあまりにも胸が痛く、わいは視線を天井へと移して言葉を続けた。
「逃げたらあかんのや。散っていったもんを報いるためにも、わいらは逃げたらあかんのや」
かつてわいらを統率し、志半ばにこの世界を去ってしまった一人の男の姿が脳裏を過ぎる。

わいは沈黙するアスナはんを他所に、服を着つつ背中で語る。
「せやけど、も、もし、このゲームをクリアして現実の世界に戻れたら――」
振り返ると、そこにはベッドで膝を抱え小さく震えているアスナはんの姿があった。
部屋の中に重苦しくも静かな空気が流れた。
「――すまん」
そう一言残し、わいは部屋を出ると、夜明けにはまだ遠い星空の下、七十五層の迷宮へと走った。

逃げるように走った。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/13(月) 14:07:07.53 ID:FVoGJx870
わけわからんわ!

193 :ハルヒ.N:2012/08/13(月) 15:00:02.41 ID:DgteyneF0
>>1見た瞬間、「ホンマかいなwガキがチクこいとるんやろww」と思った
私は月券ち糸且w
ええ加減にしなさいww

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/13(月) 18:38:03.21 ID:LtVwAM1wI
なんか河内さんが混じってません?

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/13(月) 18:38:42.89 ID:3nyAbNcY0
うぜえ関西弁
しばくぞ

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/14(火) 00:55:52.19 ID:AGNe7v5q0
おう、いてこましたれ

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/14(火) 03:10:29.94 ID:iXJ85fnj0
「四十七層……」
陽はとうに落ち、鬱蒼と茂った森の中――。
見知らぬ男性に手を引かれ、命からがら逃げることに成功したあたしにもたらしたもう一つの絶望だった。
ピナを生き返らせることが出来るアイテムが、四十七層の≪思い出の丘≫にあるらしい。
しかしあたしはこの三十五層より上には行った事がなかったのだ。
ピナの残した羽を見つめ打ちひしがれるしか出来ないあたしに、その人が口を開いた。

「よっしゃ!わいがひとっ走り行って来たる!」
どう見ても四十七層なんかに上れそうな格好もしていないのに、彼は意気揚々と言ってみせた。
「これでも第一層のボスを攻略した時のメンバーや、わいに不可能はないで」
「…………なんでそこまでしてくれるんですか?」
あたしに近づく男の人は、自分で言ってしまうのも何だが、いわゆる下心丸出しの人が多かった。
あたしはこれまで自分と同い年くらいの女の子を、このアインクラッドで見たことがなかった。
しかし――、あたしの予想とは裏腹に、彼は目を丸くしてこう答えた。

「人を助けるのに理由はいらんやろ。持ちつ持たれつ、こんな状況やったら尚更や。それにな――」
一瞬だけどこの人の目に陰りのようなものが見えたのが分かった。
「わいもこれまでさんっざん人の世話になってきたんや。誰かの力になれるんなら、こんな恩返し冥利に尽きることはないで。……なんや、なんか可笑しなこと言うたか?」

可笑しかったわけではない。
この人がもたらす安心感が、わたしの不安と悲しみをどこか遠くへとやってしまったのだ。

「ごめんなさい……あのこんなんじゃ全然足りないと思うんですけど――」
「いや、ええよええよ。それに四十七層はちょうど寄る用事が――」
「じゃあわたしも行きます!連れて行ってください!」

置いて行かれるのが不安だったわけじゃない。
彼を一人で行かせるのが心配だったわけでもない。
ただ、ただついて行きたかったのだ、この人に――

「あたしシリカって言います」
彼は右手を差し出し、こう続けた。
「わいは――わいはキバオウや!しばらくの間、よろしゅう頼むで!」

あたしは彼の手をぎゅっと握ると、その手を放さぬまま、二人して主街地ミーシェ内の転移門へと向かった。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/14(火) 03:18:53.45 ID:iXJ85fnj0
「これでピナが生き返るんですね……良かった――」

≪プネウマの花≫――。
道中はあたしが予想していた以上に厳しかったものの、キバオウさんと協力して目的の物を手にすることができた。
しかしこの人は一体何者なんだろう?
正直なところキバオウさんのレベルはあたしよりも随分低い。
あたしが前衛、彼が後衛でここまでやってきたのだが、後方からの指示は驚く程に的確で、回避動作に神経を要したがあたしが被弾することはついに一度もなかった。

「でも、何でキバオウさんもこの花を?もしかしてキバオウさんも≪ビースト・テイマー≫なんですか?」
無邪気なあたしの問いとは対象的に、キバオウさんは少し寂しそうな目をした。
「これはペット――ちゃうな、使い魔用の蘇生アイテムや。せやけど……まぁ縁起を担ぐ、みたいなもんや」
何か聞いてはまずいことを聞いてしまったのか、あたしは言葉に詰まってしまった。
「あの――」
「まぁ気にしなさんなや。お互い目的のブツは手に入ったし街に戻ろか」
彼はあたしを気遣い照れ笑いを浮かべた。

「おっと待ちなよ、そこ行くお二人さんよォ……」
ぽかぽかと天気の良い昼下がり。
≪思い出の丘≫から四十七層の街へと続く橋に、数名の人の姿があった。
「へへへ……ここは通行料が必要でねぇ。痛い目見たくなけりゃ金目のもん置いていきな――」
「おお、可愛いお嬢ちゃんじゃねーの。お嬢ちゃんをこっちに差し出すってのなら、野郎の方は見逃してやるぜぇ?」
あたしは思わずキバオウさんに身を寄せた。
野党である。
「シリカはん――」
あたしに囁き掛けたキバオウさんの言葉の意味は瞬時に理解できた。
何かあったら躊躇わずに使ってくれ、そういって渡された転移アイテムを使えというのである。
「オゥ、何をごちゃごちゃとやってんだい。何だ、女とお別れのご挨拶か?」
野党たちの品のない笑い声があたしたちを挑発する。
「先に使い。ミーシェの宿屋で待っといてんか――」
彼の言葉を信じ、あたしは野党たちには聞こえない程小さな声で転移先を指定する。

「金目のモンやったら――」
キバオウさんの威勢のよい声と沢山の鈴の音を鳴らすような美しい音色と共に、あたしの視界は転移の光に包まれた。

満天の星空は漆黒の雲によって陰り、ポツポツと地面を濡らし始めた。
深夜になっても、キバオウさんは約束の場所に現れることはなかった。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/14(火) 08:21:25.33 ID:i1zUwKw40
ながいわ!

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/14(火) 09:36:34.74 ID:AqC8/TPt0
キバオウさんPKされちゃったの?;;

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/14(火) 09:48:53.61 ID:IozS9BXH0
せやで!

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/14(火) 10:07:33.97 ID:bukWSZgd0
キバオウさんってどのアニメに登場しても一定の地位を確保しそうだよな

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/14(火) 20:31:09.81 ID:3KRSDyQw0
んなわけないやろ!

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/15(水) 02:39:52.93 ID:p0QdeHIK0
そんなんチートや!チーターや!

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/15(水) 09:23:09.53 ID:2mNRsMoz0
うるせえキバなんとか

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/15(水) 12:31:30.10 ID:G/67eAJG0
キバオウさん人気も朝霧の巫女回の後は…

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/15(水) 17:46:50.65 ID:cbJf6Dvb0
実際キバオウってただのクズだしな
2話ではちょっと言い分に正当性があっただけで

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/15(水) 19:50:35.28 ID:jK5kzhH50
「……もうずいぶん昔、一度だけギルドに入ってたことがあんねん……」
彼はゆっくりと言葉を紡ぎ出した。
「わいが無茶な狩りをしとる時にな、たまたま通りかかったそいつらに助けてもろたんや。」

彼は私を見ることなく言葉を続けた。
「みんなええ奴やってん。一人で無茶しとるわいをPTに誘うてくれてな……あないなところでソロ狩りやっとんのが珍しかったんや
ろう。見た感じ、装備もレベルもわいとは段違いの連中や。せやけど……わいの悪いクセでレベルもスキルもウソっぱちこいて……、
みんなにすごいすごいと囃し立てられて、ええ気になって――、気がついたらそのギルドの一員になっとったんや……」

いつもであれば彼は自分を大きく見せるために話を誇張して語る節がある。
彼は真実をそのまま口にしているのだ……、これまで誰にも明かすことのなかった胸中を。

「わいが前衛をやったらみんなのためにならん言うてな、丁度サチっちゅうおとなしい女の子を前衛にしたい言うもんやから、それな
らわいが後方から指示を出したる言うて……それからの狩りは一層のボス戦で――ディアベルはんの見よう見真似や、アスナはん
も知っとるやろ」

ディアベル――。
アインクラッド第一層ボス攻略戦において指揮を執り、その戦いの渦中でこの世界を去ってしまった……。
彼がこのディアベルという男性を慕っていたということは、当時傍から見ていてもよく分かった。

「サチっちゅう子はようやっとった。後ろにメンバーがおるいうても、でっかいモンスターの真正面に立つっちゅうのは怖いもんや。
わいなんかよりも全然度胸がある……そう思っとった」
「……思ってた?」
自分でも驚く程に優しい声が出ていた。
まるで泣きじゃくる子からその理由を聞き出す母親のような――
「度胸なんてなかったんや。ふつうに考えればそらそうや。奮闘しとったのもギルドのみんなを守るためでもない、いつかこのゲーム
がクリアされる日まで生き延びようとするわけでもない――、死ぬのが……死ぬのが怖いんやなって。ある夜、わいは思い切って
そうちゃうかと聞いてみたんや。したら――」

そんなことないよ。
そりゃ最初はちょっぴり不安だったけどさ、後ろにみんなもいるし、あなたが的確な指示をくれるじゃない。
大丈夫、何があってもしっかり守ってあげるから――、このサチ様に任せておきなさい。

彼は淡々と彼女の言葉を口にするが、肩は微かに震えていた。
「わいにはそれが信じられへんでな、毎晩毎晩、何かにつけては絶対死なせへんからなって言うようになってたんや」

冷たい風が頬をかすめていく。
東の空がぼんやりとオレンジ色を見せ始める中、彼は言葉を続けた。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/15(水) 19:54:14.33 ID:jK5kzhH50
「わいが加わってしばらくしてからや、リーダーのケイタはんを除く五人で迷宮に潜ることがあってな。ケイタはんはようやく貯まった
資金で家を購入するために売り手と交渉しに行っとったんや。ほいで迷宮に行ってそこそこ稼いだ帰りや、メンバーの一人がトレジ
ャーボックスを見つけてな、サチはんは帰ろう言うてたんやけど、わいら野郎どもはお宝に目がくらんでしもて――、何も気にせんと
それに手を出してしもたんや」

彼は私の様子を見ることなく淡々と語り続けた。
「――最悪な罠やった。部屋の全ての入り口から山ほどモンスターが湧き出してきよったんや。わいらは咄嗟に緊急転移で逃げよう
思たんやけど……最悪も最悪や、結晶が使えんダブルトラップやった。あないなモンスターの山、後にも先にも見たことあれへん……」
私は言葉が出なかった。
「みんなパニックや……ほいでみんなわいを見るんや。わいは……わいも慌ててしもうてなんも、なんも出来んまま、一人、また一人と
HPをゼロにして――」

「もう止めて」

そう、冷たく彼を制してしまった。
その先は私みたいな部外者が聞くには重過ぎる――、私はすっかり冷え込んだ彼の体を抱きしめることしか出来なかった。
そんな私の行動をもってしても彼は続けるのを止めなかった。

「サチはんは戦っとった。死の恐怖なんぞどこにもあれへん、わいを――へたりこんで動くことがでけへんわいを守るために……。
大丈夫だから、私が守るから――そう言うて、サチはんはわいの目の前で――」

「止めて!止めてって言ってるのよ、このバカ!」
感情的に制する私を他所に、彼はなおも……なおも止めようとはしなかった。
ただ彼の言葉に生気はなく、まるでシステムメッセージが無造作に流れるような――

「……気がついたらわいはボロボロな状態で街に帰ってきとった。不思議と足はケイタはんの待つ宿へと向いとった。宿屋の前や、
ケイタはんに会うなりわいは人目も気にせず土下座して事の顛末を……みんなに黙ってた事を洗いざらい吐き出した。ケイタはんが
どんな目でわいを見とったのか、哀れんでんのか軽蔑してたんか、それは知らん――。
顔を上げたときにはケイタはんの姿はどこにもなかった」

彼の言葉がようやく止んだ――、そう思った時、彼の冷えた手が私の肩を包んだ。
そして涙でボロボロになった私の顔を見つめ――
「これが……これがわいが血盟騎士団に入れん理由や。死んでしもたみんなに――そしてケイタはんに許してもらえる日が来るまで、
わいはギルドに入る資格なんぞあれへんのや」

そう言い残すと、彼が私の元を離れるのが分かった。
涙に溢れて止まない私の目に、彼の背中は誰かに許しを請うために生きる男のものとは思えない……。
まるで死に場所を探しているような――
そんな彼の背中を、私はただ見ているしか出来なかった。

東の山の輪郭がくっきりとオレンジ色のラインを描き草葉の朝露に陽の光を与える中、彼の足は七十四層の迷宮へと向いていた。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/15(水) 21:49:45.79 ID:1a6eT+2B0
無駄に長い

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/15(水) 22:10:21.05 ID:n0iaHg/z0
ながいわ!

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/16(木) 01:00:05.79 ID:mx2ihX5J0
あなたがこれを聞いている時、わたしはもう死んでると思います。
あなたは気づいてたようだけど、ほんとのこと言うとね……、わたし始まりの町から出たくなかったの。
でもそんな気持ちで戦ってたらきっといつか死んでしまうよね。
それは誰のせいでもない、わたし本人の問題なんです。

あなたはあの夜からずっと毎晩毎晩、わたしに「絶対死なせない」って言ってくれたよね。
だからもしわたしが死んだら、あなたはすごく自分を責めるでしょう。
だからこれを録音することにしました。

それとわたし、あなたがわたしたちより一回りレベルが低いって知ってるんです。
前にね、偶然覗いちゃったの。
それでもあんなに指揮を執るのが上手いから、いつもの狩りが攻略組みたいな感じになったってみんな言ってました。
あなたが本当のレベルを隠してわたしたちと戦ってくれる訳は……一生懸命考えたんだけど、よく分かりませんでした。
でもね、どんなピンチの時もあなたが言う「勝とうぜ!」ってセリフ、嬉しかった。
すごく安心できたの。

だからもしわたしが死んでも、あなたはがんばって生きてね。
生きてこの世界の最期を見届けて、この世界が生まれた意味、わたしみたいな弱虫がここに来ちゃった意味を――
そしてあなたとわたしが出会った意味を見つけてください。
それが私の願いです。

じゃあねキバオウ――、あなたに会えて、一緒にいられて……ほんとによかった――

ありがとう

さよなら

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/16(木) 03:02:26.68 ID:2RVsxv9A0
2話にしか出てないのに乱用多い

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/16(木) 10:17:18.34 ID:j/8I9ObS0
二○動のキバオウMADの多さにワロタ

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/16(木) 13:54:05.78 ID:AnB/sJwP0
なんでやねん!

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/16(木) 16:12:44.30 ID:MZmzKjB60
レギュラー確定や!

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/16(木) 16:14:39.31 ID:lHZzr9pk0
なんでや!なんでわいはIFですらレベル低くて足引っ張るって設定なんや!

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/17(金) 06:39:40.95 ID:Rl8PeKNS0
キバオウだからや!

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/18(土) 20:05:27.30 ID:gdohIi4U0
なんでや!

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/18(土) 20:47:04.56 ID:PVSElUc6O
キバオウのくせに生意気なんだよ!

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/18(土) 21:51:49.56 ID:fNP6057x0
そんなんチートや!チーターや!

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/18(土) 23:02:09.94 ID:rTRubeNx0
このスレまだあったんか!
さっさと潰せ!

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/19(日) 04:04:45.39 ID:v053sFNA0
なんでや!

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/19(日) 06:45:03.05 ID:LIOS+5ow0
なんでもや!

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/19(日) 12:25:48.51 ID:h+UNDKrVO
こいつが出世した後の話はカットされるんだろうな。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/19(日) 16:12:11.79 ID:34UG6Iui0
なんでや!なんでわいの出番をカットしはったんや!

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/19(日) 16:32:12.35 ID:mlqfHugz0
魔将キバオウ

99階層のボス
アインクラッド解放軍在籍時代に築いた物資の備蓄を津波の如く撒き散らす奥義
「ビーターは死ね」を繰り返す難敵
対峙するだけでアイテムストレージを満杯にしてくれる宝箱キャラであるが対戦場が結晶無効空間であるがため逃げられず
ストレージが満杯になると同時に物資の津波は死の怒涛となる

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/20(月) 04:25:51.55 ID:bBNwDhum0
キバオウ「奴の行動からもてる秘訣は理解したで」

女の子「きゃー、モンスターにやられちゃうー」
キバオウ「どっせーい、モンスターはワイが倒した。早くワイとイチャイチャしてーな」
女の子「きゃー、変態よー」

キバオウ「昼寝や!昼寝で女の子ゲットや!」
女の子「きゃー、この人仰向けになりながら移動してスカートの中覗いてくるわー」

キバオウ「武器屋でフラグたてや!」
リズ「予算はあるんですか?」
キバオウ「これくらいや!」
リズ「そんなんじゃうちの武器は買えませんからでてってください」

キバオウ「なんでや…なんでワイがやると失敗するんや!」


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/20(月) 14:05:16.20 ID:MbV7Q/nE0
やっぱりビーターじゃないと駄目だな

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/21(火) 23:20:12.27 ID:9aP5xjAZ0
なんでや!

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/23(木) 06:01:07.54 ID:ODHBoBaqO
キバオウもやっぱりホモなんだ。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/25(土) 00:23:07.58 ID:EbxEJwjp0
ちょい待ってんかー!

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/25(土) 00:44:58.54 ID:TnghBcJE0
おう

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/25(土) 10:13:38.84 ID:C0n6Ylyi0
なんでや!

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/26(日) 22:48:37.52 ID:uxhLg5gb0
>>227
「誰や……わいは――わいは――」

アインクラッド第九十九層――、その階層のボス部屋へと続く扉の向こうに彼は静かに鎮座していた。
「おかしいんや……この世界はおかしいんや――」
おそらく彼が次層への道を塞ぐ者、九十九層ボスであろう。
彼は俺が何を言うでもなく口を開き始めた。

「このゲームが始まってぎょうさん人が死によった……。せやけどや――。なんでや……なんで女とイチャコラしとるような奴がのうのうと生き続けて、ディア――」
彼は――、いや冷たく暗い部屋で淡い紫色のオーラを放つ九十九層ボスは大きく首を振った。
「なんや……誰や!誰なんや……なんでそないな目でわいを見るんや――」
彼の言葉は俺に向けられているのではない。
そんな感じがした。
彼の言葉はなお続く。

「百層のボスを倒したらこんゲームは終わる……それがみなの目的やったはずや……。死んでいったもんの願いでもあったはずや……それがなんや!何が女と仲良うなってリアルでも会おうや――」
唯一の光源である彼の纏うオーラは、彼の頬を伝う涙を俺に見せた。

彼はおそらく俺と同じく一人のプレイヤー。
この世界を築いた茅場晶彦自身かとも思ったが、彼から溢れ出る感情は開発者のそれではない。
そしてこの九十九層ボスとして設定された彼は――。

怨念――。

生き残った者、志半ばで散っていった者……このアインクラッドに渦巻く負の感情の集合体ではないだろうか。
俺の目に映る彼は最も強烈にそれを発するプレイヤーの姿、俺にはそう思えた。

「ぐぁあああ!何やお前はんは……?わいにはもう何も思いだせへん……何も見えへん――。しかし何をせなアカンかは……お前ら――ニンゲンドモヲ ネダヤシニ――」

プレイヤーを阻むことが彼本来の≪役目≫であろうが、それとは違う異質な何かが彼から発せられていた。
彼の頭上には≪The Kibaou≫の文字。
百層へと到達するには彼を――、多くのプレイヤーの執念や悔いを背負う必要がある。
プレイヤーからプレイヤーに向けられた牙、その頂点に君臨する王――。

「なんでや……」
隣で眠る彼から寝言のようなものが聞き取れた。
きっとまた楽しい夢でもみているのだろう、そう思うと彼に毛布を掛け直し……再び眠りへと落ちていった。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/27(月) 00:42:42.66 ID:1NuXdHAU0
なんでや!なんでワイはそんな役回りなんや!

237 :長いけど堪忍やで:2012/08/27(月) 11:18:58.65 ID:Ty4nZha60
>>228 『導かれし者たち』

死のうと思っとった。

あてもなくフラフラとしとったわいは、気付けばどこぞの層の外壁から雲を見下ろしとった。
デスゲームが始まってからいうもの、こないな場所から身を投げる奴は後を絶たんかった。
聞けば≪蘇生者の間≫に設置してある全てのプレイヤーの名が刻まれた碑に、身を投げた奴の名前には打ち消し線が引かれとると。
現実ではどうなっとるかは知らんが、確実にこのクソみたいな世界からおさらば出来たっちゅうこっちゃ。

あるプレイヤーがおった。
そいつとは第一層のボス戦で一緒やったんやが、ディアベルはんを見殺しにしたそいつは……わいら初心者やβテスターをさんざん
馬鹿にした挙句、ボスのドロップアイテムを独り占めしてどこかに行ってしもうた。
その後もそいつの噂はよう耳にした。
黒の剣士、ソロのビーター、低層狩場の独占野郎……あまりええ響きやないもんばっかりや。
せやけどわいが耳にした中で強烈なもんがあった。

『毎日連れている女の違うナンパ野郎』
『倫理コード解除のプロ』
『歩く誘女灯』

耳にする度、はらわたが煮えくりかえるような思いをした。
何でこないな奴がのうのうと生き続けて、皆を導いてこの世界を抜け出そうとした人間が死ななアカンのかと。
せやけど……少しばかり羨ましい気持ちもあった。
温もりが欲しかったんや。
そらようつるむ連中とかもおったが、わいの心は孤独やった。
そいつの噂を頼りにあれこれ試してみたりもした。

そいつはモンスターから追われる女の子を手に入れよった。
「いきなり横から何するんだい?あれかい、この≪タイタンズ・ハンド≫にケンカ売ろうってのかい?」
なんでや。

そいつは昼寝しとっただけで美人さんを手にいれよった。
「きゃー、この人仰向けになりながら移動してスカートの中覗いてくるわー」
なんでや。

そいつは武器屋で買い物したついでに、そこの若い女店主を手に入れよった。
「そんなんじゃうちの武器は買えませんからでてってください」
なんでや。

世の中は冷たいもんやと身に染みて分かった。
報われんモンは一生報われん。
こないな世界でみじめなまま飼い殺しにされるくらいやったら、いっそのこと自ら別れを告げた方が楽や。
ゲーム中で死んだら現実のわいがどうなるかなんぞ知ったことか……そう外壁に手をついたその時やった。

238 :長いけど堪忍やで:2012/08/27(月) 11:23:06.61 ID:Ty4nZha60
「何をするつもりかね?」

落ち着きのある低い声がわいの背中に当てられるように感じた。
「関係あれへんやろ、放っといてんか」
振り向くこともなくそう言い放つ。
しかし……わいは外壁についた手に力を入れることも、どけることも出来へんかった。
これから無様に散ろうとしとる姿を見られることに対する恥ずかしさやろうか、ここから飛び降りればそないなこと関係あれへん、そんなことを考えとった。
わいがこれからやろうとしとることを止めてくれる安心感も……正直なところ僅かながら感じとった。
せやけど、その男の口から出た言葉は意外やった。

「私は止めはしない。それもプレイヤーの判断に任せるべき選択だ」
振り向いた先には学者はんを思わせるような、長身で痩せ気味の真っ赤なローブに身を包んだ男がおった。
そのローブには白い十字架を象った……どこかで見たことのある紋章が刺繍されとった。
わいは険しい顔をしとったんやろう、その男の笑みでも非難するでもない表情、そして不思議な真鍮色の瞳に捕らわれるばかりやった。

「止めはしない。しかし君がそうするに至った理由には興味がある。一つ、聞かせてはもらえないだろうか?」

いけ好かん男やった。
こんな惨めな男を上から目線で説教か――。
「ええやろ、じっくり聞かせたるわ!耳ん中かっぽじいてよう聞くんやな!」
腰の高さ程度しかない外壁の上にどすんとあぐらを掻くと、吐き散らかすようにデスゲームが始まったあの日からのことを語った。

不思議な感じやった。
最初こそ敵意剥き出しの攻撃的な口調やったが……うん、うん、なるほど、その男の相槌はわいのそれを少しずつ解していくかのように思えた。
終いには……わいは俯いてしもうて、隠すことなく――、洗いざらい吐露した。

不安、焦燥、絶望……孤独。
何もかも吐き出した、というよりもつぶやくような感じで聞いてもろうた。
わいは一通りを話し終えるとその男の言葉を待つように、わいらの間に沈黙が流れた。

「ディアベル――」
男はわいが何度も口にした名前をつぶやくと、目を閉じ空を仰いだ。
「2022年12月3日19時42分――、第一層ボス戦の終盤にて≪戦闘不能≫。そうか、彼も――」
なんでそないな細かいことを……しかしわいはその男が口にする言葉を聞きとうて、口を挟まんかった。
「君は彼を支えに今日まで生き延びて来たと見える。それは亡き彼にとっても誇りであろう」
胸を打つとはこういうことを言うんやろうな、こないな感覚は産まれて初めてとさえ思えた。

「君は彼の志を継ごうとは思わなかったのかね?」
突然、大それたこと言い始めよった。
わいはそないに大きな人間やない、そんなことは自分がよう分かっとる、焦るように言うた。
しかし男はわいから目を放すとこう続けた。
「第一層には今だ多くのプレイヤーが存在する、誰に導かれることなく踏み出す勇気を振るえない者が。今の君のように」
「わいのように……」
全てを見透かされとる感じやった。
わいには……わいにはここから飛び降りる度胸なんぞ最初からなかった。
「君にはもう一つ選択肢があったのだ。それを選ぶも蹴るも君の自由だ。しかし……私には少し興味がある。導かれし者が、今度は他者を導くという展開にね――」

顔を上げるとその男の姿はどこにもなかった。
わいの胸はここから見える空のように、どこか晴れきったようなもんがあった。

日はまだ高く、風は草を揺らし、微かに鳥のさえずりも聞こえる。
普段当たり前のようにあるもんがいやに新鮮で心地好いもんやとさえ思うた。
アインクラッド第一層――。
わいがこれからやるべきことはそこにある。
それがわいのためでもあり、ディアベルはんへの恩返しでもあり、わいをそこへ導いてくれたあの男への礼にもなる。
そしていつか、このゲームを終わらせることが出来るんやったら――。

この先に何が待ちうけとるかは知らん。
しかしわいの足は何に臆することもなく、街へと――転移門の先にある第一層、はじまりの街へと踏み出しとった。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/29(水) 01:03:09.00 ID:XKhL9i9/0
なんでや!

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/29(水) 02:28:00.77 ID:wsNCqCsu0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3361252.jpg

川原
キバオウ(笑)。2話にだけ出てくる、エセ関西弁のうっとおしい男。関智一さんが熱演してくれて、とてもおもしろく見られました。
しかし残念、もう二度と出てきません。

>もう二度と出てきません。

>もう二度と出てきません。

>もう二度と出てきません。

>もう二度と出てきません。

>もう二度と出てきません。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

まだや!ガンダム00ではスタッフに愛されたパトリック・コカコーラとかいう奴は出番増えよった!
二期にも映画にも出てきよった!わいにもまだ、わいにもまだ光はあるはずや!

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/29(水) 03:02:42.41 ID:EYnRcPJ+0
                         ____
                        / ___\   ここまでネタキャラとしてよくやった
                  /   | ´・ω・| \  もうお前に用はない
                 /      ̄ ̄ ̄  |
                 |  i          /
                 L二ヽ       ̄ ̄ \
                         〉   ,、_/⌒\ノ
                     /   /               / ̄ ̄ ̄\  ∩
                      /__/´              ∩ /___   ヽ/ ノ
 _,,..-―'"⌒"~⌒"~ ゙̄"~ ゙̄"~ ゙̄"~ ゙゙̄"'''ョ           \ ヽ|・ω・` |    /
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ"~ ̄Y"゙=ミ""゙=ミ              ヽ  ̄ ̄ ̄   _/ そんな〜
T  |   l,_,,/\ ,,/l  l,_,,/\ ,,/l  |              キバオウ

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/29(水) 08:09:31.02 ID:IJqxRYG60
動かなくても喋らなくてもせめてあれやこれやの説明する時に一枚絵くらい必要やろ!

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/29(水) 14:11:35.70 ID:m9r1C3Ll0
なんでや!なんでなんやああああああああああ

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/30(木) 00:46:04.10 ID:H/OTlnHB0
キバオウ「なんでや!なんでキリトはんばっかりモテるんや!」

キバオウ「もうジゴロどころやない!チーターや!ジゴロのチーターでジーターや!」

キリト「ジーターか、いい呼び名だなそれ」

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 14:47:27.04 ID:QMsO1wcD0
落ちてないとは

やっぱりキバオウさんは最高や

246 :198のつづき(1/4):2012/09/01(土) 15:13:54.04 ID:k7zAWUm60
「ンッ――!ンッ――!」
迷い込んで来ることはあれど一般のプレイヤーは滅多に立ち寄らない、ノーマルゾーンにあたるダンジョンの一画――

耐久値を失った防具はとうに消滅し、哀れにも下着姿で吊るされている男の体にロザリアの振るう鞭がその跡を刻みつける。
『金目のものは持っていない、煮るなり焼くなり好きにしろ』、さっさと殺して別の獲物を探せばいいものの、団を仕切るロザリア
の意向でアジトに連れてくることとなった。
「んふふ――。屈強な男が情けない鳴き声を上げるのも好きだけど、情けない男の鳴き声ってのもゾクゾクするわぁ――」
「ンゥンッ――!ンッ――!」
口には猿ぐつわを、目には目隠しをされ、男は悲鳴を上げる以外のことは出来ない。

「しかし女を逃がして投降するなんざ、なかなか泣かせる野郎じゃないの」
「まったくだ――」
鞭を振るい愉悦に浸るロザリアをよそに、俺と相棒は道行く商人から分けてもらったローストビーフをワインで胃に流し込む。
「こないだ襲った奴はよぉ、女置いて逃げちまいやがったってのによ。ま、泣き叫ぶ女を抱くってのは悪かなかったがね」
「悪い趣味だ」
「そう言うなよ」
相棒はワインを片手に肩をすくめてみせる。

ロザリアも俺の相棒も――、いや俺以外の≪タイタンズ・ハンド≫のメンバーが日頃からこうしてプレイヤーを襲う理由――
それは≪欲の解放≫に他ならない。
現実世界の俺たちはどうなっているかも分からず、いつこの電脳世界から解放されるかも分からない。
娯楽と言えば飯と酒……それだけでは解消されないストレスが日々確実に募るばかりだ。

俺はどうなのだろう……。
元々俺はどのMMOにおいてものめり込みがが強く、更には対人志向も強かった。
過去には他のプレイヤーから≪疾風迅雷≫と称され、多くのプレイヤーから慕われたこともある。
それが今では――

ロザリアは地面に転がっているポーション瓶を手に取ると、おもむろに男に浴びせかけた。
男の体力ゲージは緩やかに回復していくが、それを遮るようにロザリアの鞭が再び乾いた音を響かせる。

俺は立ち上がると、手元に置いてあった≪ダークソード≫と≪フレイムブレード≫を左右の手にぶら下げ――
寝息を立てる相棒には目もくれず、恍惚な笑みを浮かべるロザリアにゆっくりと歩み寄った。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/01(土) 23:57:35.88 ID:P6xJwVX50
なんやで!

248 :198のつづき(2/4):2012/09/02(日) 09:06:38.67 ID:MVLrgV1K0
「ああッ――!」
私がそこに辿り着くと、一人の女性が『なぜ?』という顔のまま、悲鳴と耳障りな音と共に飛散した。

三十五層の主街地であるミーシェに立ち寄った際に宿屋の前で泣いている女の子と出会った。
理由を聞くと四十七層でオレンジマーカーに襲われ帰還したものの、相方である男性が帰ってこないのだと。
四十七層で暗躍するオレンジギルドの情報は、私の属するギルド≪血盟騎士団≫にもいくらか集まっていた。
そしてその根城が四十七層の中心地から遠く離れた、各種クエストにも関係しなければボスがいるわけでもない、
そういうダンジョンにあるということも。
迷宮調査とボスを倒す攻略組はこの層より上に、≪軍≫と称される組織は主に低層を活動の場としている。
現状、中層地帯が一番治安の悪い状態にあるのだ。

女の子を宿に残し、数名のギルドメンバーを引き連れ……こうして彼らの住まうダンジョンへと赴いたのである。
私が直々に出向くことになったのも、女の子の言う男性の名前に僅かながら聞き覚えがあったからだ。
しかし道中は迷路のように入り組み、同胞クラディールの意見もあって各個別れて事態にあたることになった。
そして……私の進む道が≪当たり≫であった――

「ひっ――」
あのエフェクトの発する音にはどうしても慣れず、抑えるつもりであった悲鳴が少しばかり漏れた。
飛散した女性の傍らには、下着姿で吊るされた男性と、攻略会議でよく意見の対立する少年と同じような……。
いや、彼よりも背が高く、憂いを帯びた眼の青年がそこにいた。
二本の刃――、女性を切り裂いたそれを手に下げた青年は私を一瞥するとこちらに向き直った。

「あんたは……≪血盟騎士団≫の副団長――」
殺人者に顔を知られているというのはあまりいい気分ではない。
しかし――
「あなたは≪タイタンズ・ハンド≫のメンバーなの?」
恐れを見抜かれぬよう気丈に問う。
彼は何も答えなかった。
代わりに、私の目の前に一つのウインドウパネルが展開される。

【ナイトハルト から1vs1デュエルを申し込まれました。受諾しますか?】

デュエルに勝てば教えてやる……そう言わんばかりの眼で私を見ていた。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/02(日) 17:14:34.51 ID:wHIGBGogO
今回はキバオウさん大活躍だったな!キバオウが副軍団長を務める解放軍の雑魚がキリトきゅんに助けられて大活躍!

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 08:22:52.49 ID:QBQ1MW8HO
キバオウさんの栄光と没落話で三話連続スペシャルやったらDVDとか馬鹿売れだぞ。きっと。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/03(月) 20:33:11.58 ID:VFvkXdu40
おめーのせきはねーです

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/04(火) 03:24:22.67 ID:Lei2ikMb0
     \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    精鋭が敗退するなんてそうや
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんや
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ワイは今、夢を見ているんや
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目が覚めたとき、
   |l    | :|    | |             |l::::   ワイの精鋭はまだ攻略に出てない
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   起きたら閲兵に行って、
   |l \\[]:|    | |              |l::::   串謎カツを食べて、涼しい午前中に謎ホットドックを食べながら実務して、
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   午後から部下連れて町を練り歩くんや・・・
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/04(火) 09:07:30.79 ID:vQzYUKUU0
なんだこのスレwwww

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/04(火) 17:46:26.48 ID:LiQOYn7CO
キバオウさんまじ半端ねぇす。漢の中の漢っすね!次の登場心待にしてます!

255 :198のつづき(3/4):2012/09/04(火) 19:24:38.27 ID:ICRHZO4O0
決着はあっさりと着いた。
最初こそ様子を見ようとスキルを使わず立ち回っていたのだが、≪血盟騎士団≫の副団長である彼女はそのまま体力ゲージを減らし――
もう一振りでも当てようものなら――ロザリア同様、光の欠片となり飛散するまでになっていた。
「くっ――」
地べたにへたり込んだ彼女の厳しい目が俺を捕らえる。

彼女は今、何を感じているのだろうか。
死の寸前まで体力を削られ、恐怖なのか……それとも俺が何もしないこの状況に安堵すらついているのか――
彼女の放つ多彩なスキルは、ついに一度も俺にかすることすらなかった。
勝ち目の無さに絶望でも感じているのだろうか?

殺してしまうことは容易い。
これまで何人ものプレイヤーにやってきたことと同じように、どちらかの刃を振り下ろせば――

このアインクラッドで最初に殺しをやったのは、当時所属していたギルドでデュエルをした時だった。
その時俺は新入りで、相手はギルド結成メンバーの一人だった。
ほんの腕試しのはずだったが……両者白熱し、結果的に一人の命を失うという形でデュエルは決した。
ギルドに加入して数日と経たず俺は追放処分になり、≪キルカウント 1≫というステータスとオレンジマーカーを得た。

それからは≪キルカウント≫が増えるばかりだった。
進んでPKを働いたわけではない、ダンジョンへ向かう道中や狩場でも俺を狙うプレイヤーが絶えなかったのだ。
初めの頃は俺を追放したギルドのメンバーが俺を襲った。
それが次第に腕試しのプレイヤーや≪軍≫と呼ばれる連中も襲ってきた。
全て返り討ちにしたせいもあって、気付けば俺の≪キルカウント≫の数字は優に三桁を越えていた。

俺はいつしか止めを刺す前に相手を観察するようになっていた。
いつも伺えるのは死に対する恐怖であった。
中には泣いて土下座をする者、俺と組まないかと言い始める者、仲間に入れてくれと申し出る者――、生に対する執着……そればかりだった。

しかし彼女の目は何か違う。
死の淵にいてなお屈しないとでも言おうか、戦っている相手は俺ではないと言おうか……。

「アイ、リザイン――」
俺は自ら負けを宣言しデュエルを放棄すると、彼女の制止も聞かずその場を後にした。
負けたつもりはない……気になったのだ、彼女の目が……彼女が俺の向こう側に見ていたものが。
俺もいつしか強者に屈し、あのような目をする日が来るのであろうか……新しい楽しみをくれた礼のつもりだった。

256 :198のつづき(4/4):2012/09/04(火) 19:28:02.11 ID:ICRHZO4O0
彼はなぜ負けを宣言しこの場を去ったのだろうか――
彼が去った後……私は仲間に連絡をすることなく、気の抜けたようにその場にへたり込むしか出来なかった。

彼の強さは次元が違った。
自分で言うのもあれだが、私は精鋭の集う攻略組の中でも上位クラスに部類する腕があると自負している。
そんな私がまるで赤子の手を捻るかのように……何も出来ないまま死の淵まで追いやられたのだ。

恐怖があった……と思う。
私を見つめる彼の顔が不気味な笑顔に変わって、手にした刃が私に振り下ろされる――
そんなイメージが――、ほらもうすぐ来るぞ、いやまだだ、ほら来るぞと私を煽っていたかのように。
それは私にもう一つの感覚を与えたようにも思えた。
このデスゲームが始まった日……最初の街の宿屋で腐るよりも……最期まで生き抜く、それがここで砕けるのかと――
死を受け入れることは、彼に、自分に――そしてこの世界に負けたと認めることになる。
それは誰に向けるでもない歯痒さへとなり――

考えるよりも先にやることがあると、私は同行してくれたメンバーに位置を知らせると、裸で吊るされている男性――キバオウさんを解放し、恥ずかしそうにする彼に適当な防具を装備させた。
裸のまま同性に合わせるのはあまりにも哀れだったからだ。
そして隅のテーブルで酔いつぶれている男性を軽く拘束すると……キバオウさんに向き直った。

宿屋で待つ女の子の話をすると、彼はもじもじと口を開いた。
転移結晶という高価なものは元々一つしか持っておらず、それを彼女に渡したのだと。
そして残った自分は敏捷度も高くなく、逃げても追いつかれるだけだと……オレンジギルドの興味が自分に向いていれば彼女は安全だと――

「殺されるとは思わなかったんですか!」
思わず怒鳴ってしまった。
すると彼は、誰かの為に死ねるのであればそれでいい、嘘じゃない、そう口にした。
呆れたものである。
と同時に……私はそれまで強張っていた頬が緩むのを確かに感じた。
他者を生かすために自身の生を犠牲にする……体力ゲージがゼロになれば終わりのこのゲームでそういう行動を取る人はいない。
それを実践してみせた彼が少しばかり新鮮に思えたのだ。

≪ナイトハルト≫という人物の存在はギルドには報告しなかった。
彼とは私個人が決着をつけなければならない……そして、そんな私を生かしておいた――せめてもの礼のつもりだった。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/04(火) 20:07:49.35 ID:gUTfNjEG0
キバオウは死んだ、もういない

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/05(水) 00:00:41.80 ID:pCFkUrms0
うそだ><

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/05(水) 00:43:25.64 ID:yykd3JG80
ある意味キバオウ改変ssスレ見に来てるようなものだし



260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/05(水) 09:32:15.05 ID:lmGNhyUY0
「わいや、ヒースクリフはん!殺されるのは、わいや!」
かすれた声で精一杯に叫びながら、ついに磔台に昇り、釣り上げられてゆく友の両足に齧りついた。
群衆は、どよめいた。
ワロタ、もう許した、と口々にわめいた。
ディアベルの縄は、ほどかれたのである。

「ディアベルはん――」
キバオウは眼に涙を浮かべて言った。
「わいを殴ってくれ。ちから一ぱいに頬を殴れ。わいは……途中で一度、逃げ出そう思うた。ディアベルはんがわいを殴ってくれなんだら、わいはディアベルはんを抱擁でけへん」

ディアベルは、すべてを察した様子でうなずき、刑場一ぱいに鳴り響くほどの音高くキバオウの右頬を殴った。
殴ってから優しく微笑み、
「キバオウ……俺を殴れ。俺はこの三日間、たった一度だけ、お前を疑った。出会ってから初めてお前を疑った。お前が俺を殴ってくれなければ、俺はお前と抱擁できない」

キバオウは腕に唸りをつけてディアベルの頬を殴った。
「ありがとう、友よ――」
二人同時に言い、ひしと抱き合い、それから嬉し泣きにおいおい声を放って泣いた。
群衆も沸いた。
暴君ヒースクリフは、群集の背後から二人の様を、まじまじと見つめていたが、やがて静かに二人に近づき、顔をあからめてこう言った。

「君たちの目的は達成せしめられた。ゲームクリアおめでとう、キバオウ君、ディアベル君。信実とは、決して空虚な妄想ではなかった。どうか、私も仲間に入れてくれないだろうか。君たちの仲間の一人にしてほしい」
ヒースクリフは、身に纏っていた真紅のローブと下着を脱ぎ捨て、二人に歩み寄った。
どっと群衆の間に、歓声が起った。
「万歳、ヒースクリフ王万歳」

黒いマントを纏ったひとりの少年が、そのマントをキバオウに捧げた。
キバオウは、まごついた。
友は、気をきかせて教えてやった。
「キバオウ、お前は、真っ裸じゃないか。早くそのマントを着るがいい。この少年は、お前の裸体を皆に見られるのが、たまらなく口惜しいのだ」
友は、言った。
「そないなもんいらへん。おまはんも早う、その服を脱ぐんや。わいらは……わいらは仲間や」

少年は、ひどく赤面した。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/06(木) 00:16:30.10 ID:1dkZxiRR0
なんやこのホモスレは

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/07(金) 16:56:58.60 ID:vHs4ZKhm0
キバオウさん出てきたらBDDVD売れるから再登場はよ

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/09(日) 03:45:08.89 ID:UahTkAgd0
はよ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/09(日) 04:26:28.42 ID:Ah2c1fgp0
いえ、出番ありません。これは仕様です。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/09(日) 11:47:49.31 ID:er5M+CJu0
なんでや!?
なんでクラディールはんが死ななアカンのや!
おかしいわ!絶対におかしいわ!

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/09(日) 22:00:55.75 ID:LXT7/I480
なんでゴドフリーはん見殺しにしたんや!?

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/10(月) 02:24:14.60 ID:7p/u8zKo0
夏のある日、キバオウ率いる≪アインクラッド解放軍≫は食料や資材を確保するために奔走していました。
第二十五層攻略時に多大な犠牲を出し、しばらくは力を蓄えることにしたのです。

奔走といってもモンスターを倒したりNPCから購入するわけではありません。
同団体に所属する三千名を超えるプレイヤーからの徴収が主でした。
プレイヤーの保有する資産に関係なくせっせせっせと声をかけ、一層はじまりの街の中央広場に面する≪黒鉄宮≫に収めるよう言って回っていました。
特に副リーダーを務めるキバオウは一層で志半ばに散った≪友≫のこともあり、これ以上仲間を死なせたくないと今後の準備を入念に行うよう行動に移したのです。
食事や睡眠もろくにとらず、資材を蓄え、それを用いて集団でレベリングする……自身は狩りもせず、ただひたすらに物資を集める日々でした。


しかし≪軍≫に所属……というよりも行き場がなく名だけ連ねているプレイヤーにとってはキバオウの行動を快く思っていない人もいました。
「あれはていのいい略奪だ」
「あれで私腹を肥やしているに違いない」
「≪血盟騎士団≫にくれてやる方がましだ」
と、無責任な悪い噂はあっという間に広がり、キバオウの努力も虚しく、彼の立場は日に日に悪くなる一方でした。

ある日、一層の中央広場に人だかりができていました。
「成果を示せ、これ以上の略奪には応じない」
そう、プレイヤーたちは声を荒げていました。
ことの責任を感じたキバオウは、自身を筆頭に、忠臣であるコーバッツと名うての精鋭十余名による七十四層ボス攻略を企画しました。
しかしコーバッツは言います。
「キバオウ殿自らが出る幕ではない。指導者を支えることが我々下の者の務め」

苦い顔で承諾したものの、キバオウは納得していませんでした。
そしてコーバッツが七十四層に向かう当日、彼らを見送ることなく、早朝先回りするかのように、一人七十四層へと向かいました。

迷宮の入り口に、丁度キバオウの目の前にプレイヤーの姿がありました。
わずか二名ではありますが、彼のよく知る二人でした。
彼らの後をこっそりと追い、ボスの情報をコーバッツに届けよう……そう思っていました。
しかし――。

>>188

キバオウが最期に口にしようとした言葉は、彼を孤高へと追いやった贖罪でした。
しかし、それは誰の耳にも届くことはなく……。

いかに努力を重ねようとも、報われない者は一生報われないというお話です。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/10(月) 08:58:36.75 ID:0mu4GSNu0
“征服王”ゴドフリーはんが死んでしまうやなんて、どうなっとるんや!
”二刀流の悪魔”は詫び入れなあかんやろ?!
なにちゃっかり結婚しとんねん!

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/10(月) 18:25:11.92 ID:7p/u8zKo0
「ようこそ、人の子よ。ここはアインクラッド第八十層、バルハラ宮殿……。戦いに敗れた者が、死後ここへ来るのだ」

気がついたら、わいは真っ白な部屋につっ立っとった。
部屋というよりも神殿というか……どこまでも伸びる通路の脇には、立派な柱が遥か遠くまで生えており、足元には雲のようなものが当たり一面に広がっとった。
ここがどういう場で、わいがなぜこないなところにおるんか……それとなく理解出来た。

「じゃあわいは……死んでしもたんか……」
背後からした声に別段驚きはせんかった。
わいを見下ろしつつ、オーディンと名乗った巨体で角の生えたおっちゃんが口を開く。
「まあ、そういうことだ。だがわしにはお前を生き返らせる力がある。純粋な戦闘で敗れたのであればこうはいかないが、お前がいつの日かわしと戦うことを誓うなら、今一度、その勇気に敬して生き返らせてやろう」

生き返る――。

「ちゅうことは……死んでいった他のモンもみんな生き返っとるいうんか?」
オーディンのおっちゃんは表情を陰らせた。
「わしの役目は死者の最期を見届けることだ。これまでに多くの人の子の最期を見送ってきた」
「せやったら何で……」
「わしはアインクラッドにいる全てのプレイヤーを見ている。他者を生かすために命を投げ出す者を死なせるにはあまりにも惜しい」

ふと、振り返りたくはないある光景が脳裏をよぎった――。
「サチはんは――、サチはんはどうなったんや!」
「彼女にもお前と同じ機会を与えてやった。しかし――」
おっちゃんは言葉を続けた。
「彼女は死を受け入れた。いつしかわしの前に、自分にはない強さを持った男が現れる、そう言い残してな」
「サチはん……」

不意にどうしようもない悔いが込み上げてきた。
「見てたんなら分かるやろ……サチはんが死んだんはわいのせいや!わいが弱いせいであないなことになったんや!それだけやない――」
「グリームアイズの奴に一撃で葬られたのも、お前が弱いせいだと言えるか?」
「当たり前や!」

わいの怒声は響くことなく、風に誘われるよう……柱の向こうに覗く澄み切った青空へと飛散していった。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/10(月) 18:28:11.55 ID:7p/u8zKo0
「……もう戦う気力はないと?」
長い沈黙を破ったのはおっちゃんやった。
その場にどかっと座り込んだわいは、不思議と冷静やった。

「……わいみたいなのが生き返ったところで何が出来るわけでもないやろ」
「ふむ……ここで剣を置く、それも良いだろう」
おっちゃんの優しい声は身に突き刺さるようやった。
これから自分は消えてしまう……かやなんとかが言うとったように、ヘルメットのどうのこうのがわいの脳を――。
恐怖は……ないと言えば嘘や、せやけど一瞬で、一思いにやってくれるんやったら……なるようになればええ。

「せや、キリトはんとアスナはんは――」
「お前が身を挺して守った二人なら……見てみるかね?」
おっちゃんは手にした巨大な槍を掲げると――、わいの目の前に二人の姿が映し出された。
二人はどうやら逃げ果せたようで、通路にへたり込むように俯いとった。
そして数名の男がその二人を取り囲むようにしとった。

「無事やったか……コーバッツは?わいの部下らもあそこへ向かっとるはずなんや」
「彼らなら――」
おっちゃんは槍の尻で地面をカツンと鳴らすと、わいの目の前にある映像が瞬時に切り換わった。
「なっ――」
わいの目の前には……グリームアイズに為すすべなく打ち払われる、コーバッツらの姿が映し出された。
「無茶や――、引き返すんや!」
「彼らは……彼らは何のために戦っているのであろうな」

元より死ぬつもりやった。
攻略組がボスに挑む際、限界ギリギリの三十余名で編成する。
しかしわいが募ったのはその半分にも満たん……形だけの十余名や。
わいがボスにやられた後、コーバッツらを帰還させ……連中をわいやのうてリーダー派の傘下に編入させるっちゅう筋書きやった。

「彼らもまた、守るために戦っておるのだ。それが何か分かるか?」
あいつらは……あいつらはわいなんかのために――。
「お前がこれまでそうしてきたように、彼らもまた、同じなのだ。勇気ある者の姿なのだ」
ヘマばかりやらかすわいなんかのために――。

「おっちゃん!さっき言うたんは取り消しや!わいを――」
「その言葉を待っていたぞ」

おっちゃんは手にした槍をわいの方へと差し出し――、わいはその槍をぐいと掴む。
体の中に消沈していた何かが息を吹き返すような、みずみずしく溢れ出るような感覚がわいの中を駆け巡る――。

「アインクラッド第八十層の迷宮を攻略し、再び我が前に立ちはだかることを誓うがよい」

「お前がいつの日か、わしと戦うことを誓うなら、今一度、その勇気に敬して生き返らせてやろう」


「勇者よ。戦いを続ける勇気はあるか?」


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/11(火) 17:55:50.53 ID:zihxkQCR0
>>270
なんでや!なんでこんなええ所で終わってはるんや
続きはよう!

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/12(水) 12:00:59.31 ID:km0EySyi0
>>270
こんなええとこで区切るとかチートや!

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/12(水) 16:45:56.77 ID:Iv51F7zv0
あげ

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/13(木) 19:53:38.70 ID:OX4HaPJH0

        / ̄ ̄\  
       /   _ノ  ヽ    そしてキバオウさんがビーストテイマーとどう関係してくるか・・・
.      |    ( ●)(●)             ____
       |     (__人__)                /      \   いったい誰が殺人ギルドなんだろうね・・・
.       |      ` ⌒´ノ          /  ─    ─\
       |        }          /    (●)  (●) \
      ヽ        }             |     (__人__)    | ___________
     /⌒ヽ、     ノ               \     ∩ノ ⊃ / | |             |
___/   ,   ィ ´    ∫     ___(  ` 、 _/ _ノ   \ | |             |
| |  /   /    }       ∬   | |   \   “  / ___l  || |             |
| | /   /      |i    ┌‐┐  | |   | \   / ____/| |             |
| | ( 〆⌒ ──r─≒、 .| =|  | |   |    ̄             |_|___________|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄("二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_..]

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/16(日) 00:18:40.50 ID:ixVkAjRx0
今日キバオウさんが出ると聞いて

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/16(日) 04:09:54.49 ID:iMYjUnXJ0
気のせい

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/16(日) 11:40:42.76 ID:AnoCSNF/0
なんでや!

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/17(月) 21:44:46.42 ID:1RXoUikL0
キバオウって2話の関西弁クズ悪役キャラだったのか。

名前が牙王とかカッコイイから、話題にチラッとのぼる度に、
「まだアニメ未登場だけど、原作では後半大活躍する、
 強くて偉くて人間じゃなかったりする大物敵キャラ」かなんかだと
と思ってました。だまされた

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/18(火) 00:21:21.64 ID:TanYgiz50
キバオウ「なんや?」(なに見てんだ)
関西人A「なんやねん」(なんだよ) 
キバオウ「なんやと?」(やるんか?) 
関西人A「なんやこら!」(なんだと) 
キバオウ「なんや!」(かかってこい!) 
関西人A「なんやとはなんや?」(なんだとはなんだ) 
キバオウ「なんや!」(やんのか?) 
関西人A「なんやねん!」(やんのか?) 
関西人B「なんやなんや?」(どうしたどうした?) 
関西人C「なんやなんや?」(なんだなんだ?) 
キバオウ「なんや!」(うるさい) 
関西人A「なんや!」(黙ってろ)
関西人B「なんやなんや」(落ち着いて落ち着いて)
関西人C「なんやったんや?」(なんだったんですか?)

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/18(火) 01:49:12.37 ID:EoovaJaT0
――有り得ない。
それがコーバッツ中佐と名乗った男の……最期の言葉だった。
それをきっかけに先ほどまで怯えていたアスナは、何を思ったのか雄叫びを上げつつグリームアイズに突撃した。
俺やクラインも『もうどうにでもなれ』と、半ばやけっぱちにその後を追う。

目の前にそびえるのは、圧倒的な絶望。
牙を剥き出すような俺たちの怒りの――渾身の一撃は、ことごとくグリームアイズの手にした大剣によって為すすべなく打ち振るわれる。
世はかくも無情なもの……数字が全てであるこのソードアートオンラインにおいて、人間のもつ感情など、何の役にも立たないのだ。
むしろ怒りは冷静な判断力を失わせ、俺たちを窮地に追いやるばかりであった。

――判断を誤った。
巨体から振るわれる大剣の一太刀を避けるものの、それが発する衝撃波で俺の体力ゲージがまた僅かながらも削られる。
それは皆も同じであった。
アスナの後を追う前に、装備とスキルの変更をしておけば……。

≪二刀流≫――。
おそらく現状において、この武器スキルを習得しているのは俺だけである。
片手剣を左右の手に一本づつ装備できるこのスキルは、ある日忽然と俺のスキルウインドウに表示されていた。
発見から一年ほど経つが……あまりにもクセのあるスキルだった。
≪二刀流≫のソードスキルは連撃を主にするため、発生から打ち終わるまでの時間が使用するスキルによって非常にまちまちなのだ。
連撃の発動中も敵の行動は続き、それをかい潜る慣れがなければまともに運用するのは厳しい。
ヒットアンドアウェイのソロですら手を焼くこの特性は、ボス攻略では不向きであると、そんな理由で人目に晒すことはなかった。
火力こそあるが……集団戦において≪スイッチ≫のタイミングを見誤ると、無駄な被弾を誰かが受けることになる――。

考えている時間は無駄だ。
この戦局をひっくり返そうというのではない。
今は……やれることをやるしかないのだ。

「アスナ!クライン!十秒だ、十秒だけ持ちこたえてくれ!」
俺は叫ぶと、二人の応答に耳を貸すことなく悪魔の放つ一撃を弾き、無理やりブレイクポイントを作って横に転がり距離を取る。
ワンミスすら許されないメニュー操作……剣の練習はすれど、このような早さが求められる操作は初めてだった。
武器とスキルを解除し、その空欄に武器をセット――、そしてスキルの再配置――。
しかし≪二刀流≫をもって、どう奴に立ち向かうかは……いまだに暗雲の中だ。
ミスなく終え、OKボタンにタッチしウインドウを消すと、背に新たな重みが加わったのを確認しながら俺は顔を上げた。

俺の影に、それを覆い隠す程の影が重なっていた。

全てがゆっくりと動くように見えた。
俺の前に立ちはだかった……俺を見下ろすグリームアイズの目が暗闇で不気味に輝き――、巨体の悪魔が手にした大剣がゆっくりと俺に振り下ろされる――。
そして投げ捨てられた剣の音と共に――、俺が最も信頼する男の背中が目に入り――。

俺の前に捨て身で割って入ったクラインに――。
グリームアイズの大剣が為すすべなく振り下ろされる――。
それはまるで俺とアスナを庇った……あの男のように――。

「クライン――!」

全てがスローに映る世界で……叫びも虚しく、俺の視界は光によって包まれた。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/18(火) 07:16:01.24 ID:EoovaJaT0
クラインが死んだ。
俺が判断を誤ったばかりに。

目の前に広がる光とは対照的に、俺の胸中には後悔の念による闇が広がった。
一層のはじまりの街で初心者である彼を見捨てた。
一層のボス戦後には一人で≪ビーター≫という名を背負い、誰を助けることもなく……ソロプレイヤーとして生きてきた。
そんな負い目を背負う俺を……ギルド≪風林火山≫のリーダーを務めるクラインは――。
わずか一瞬の間に、人はこれだけの強い悔いを感じるものだと思い知らされた。

しかし――。

金属と金属がぶつかり合う乾いた音が耳に入って来ると同時に、光は消え……俺の目の前には先ほどと変わらない光景が映っていた。
そう……目の前にはクラインの背中が――。

「な、なんだ――」
クラインは生きていた。
俺もそうだが、彼自身、何が起こったのか分からないようだった。
いや――。

クラインの前に≪人影≫があるのが分かった。
グリームアイズではない、人間の――。
彼は大きな槍を横にし、柄の部分でグリームアイズの大剣を受け止めていた。

ボス部屋の周囲に退避している≪軍≫の連中が口々にその男の名を漏らした。
彼がなぜここに……というように聞こえた。
俺も同じだった。
彼は……間違いなく俺の目の前で――。

「キ、キバオウ――」
あの体格に髪型……間違いなく彼だ。

「こ、こんならぁ――!」
キバオウは威勢良く槍を振り上げると、受け止めていたグリームアイズの大剣を大きく弾いた。
それと同時に――。
「キリト!」
「ああ!」
クラインの声に瞬時に応じ、俺は右に、クラインは左へと抜け――、二人同時に無防備になったグリームアイズの横腹に襲い掛かる。

≪スイッチ≫――、それも阿吽の呼吸の。
俺はクラインの使うスキルと状況を瞬時に判断し、手数は少ないものの瞬発力のある二刀流突撃技≪ダブルサーキュラー≫を選択する。
クラインと俺の武器が光を帯び、各々のソードスキルが発動する。

「オオオオオ――!」

雄叫びが響き渡る。
しかしそれは……両脇を薙がれたグリームアイズのそれではない。
突きのレイピアで奴の背中を『斬りつけた』……目は紅く輝き、牙を剥いた――。

まるで獣のような……アスナ自身のそれであった。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/18(火) 08:40:50.13 ID:9lBP+yxY0
こん中に、小説改変を投下せなアカン奴がおるやろ!

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/18(火) 12:19:28.48 ID:EmRauEP50
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., '´   , '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:。.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.'     ,.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゜.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: : : : : : : ,'    ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : :,!    !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゜: : : : : : : : : : : : : : :
+ ' . '!     '!        ∧,,∧    みんなキバオウにな〜れ!
.  o  '、    .'、    (`・ω・)つ━☆ ・ * 。 ,    ,   。     ゚
. ,     丶.    丶   ⊂  ノ      ・ ゚ +.          ,   。
  .。   ヽ、    ヽ  し'´J  ノi    * ・ °。     。
 .  .。   `'-、,  `ー−--‐'" ,ノ   ゚  ・ ☆  ゚.     ,    ,。
           `゙''ー‐- ---‐'''"     *  ・  * ☆
  +     ゚  . +       . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
     ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
               。     。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
       。                 ゚   .   。
  。      ,ハ,,,ハ (ヽ_/) ∩w∩ ∧,,∧ γ''""ヽ ヘ⌒ヽフ
         ( :;;;;;:::) ( :;;;;: ) ( ,,;;;;;;;;)( .::;;;;;; ) U .,;;;;;;U ( .;;;;;;;;)
         (::;;o;;:) (:;;;o;;:) (;;;;o;;;;;)( :;;O;;;:) (,;;;O;;;) (:;;;ζ;;;)
     ‐''"´'''"""''"`''""`"""''''''"´'''"""''"`''""""'''"''''''"`"""''''``'




              ジョウダンヤナイデ   カメヘンガナ
       ナルカッチュウネン    ドナイヤユウネン  セヤナ  エエンチャウ?
         ,ハ,,,ハ  (ヽ_/) ∩w∩ ∧,,∧ γ''""ヽ ヘ⌒ヽフ
         ( ・ω・) (・ω・)( ・ω・)( ・ω・) U ・ω・U ・ω・)
         ( ∪∪ ( ∪∪( ∪∪ ( ∪ ∪ o(,,∪∪ つ と)
     ‐''"´'''"""''"`''""`"""''''''"´'''"""''"`''""""'''"''''''"`"""''''``'‐


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/18(火) 15:03:16.86 ID:9sl8g1jK0
http://i.imgur.com/Hs4lH.jpg
                                  ,ィ´ヽ
                                ,//  ヽ
                               ,ィL/    、
         _ィェ-─-、              / /
        /:./、:ヽ: l: ∧           ,ィ´ /
        |λ: 、r=、/λ!          /'| ̄´            、
        Y l: :λ: :|:斥         /' /               、
         /`>|!:|: :lリノ       /' /                 \
        ∧:::Yi|_レ1        ,.',.' ̄´
        / ヽrヽ≧≧     //                                    ハ     ,、
       ,'   ll::::ヽ:::`ミl     //                             \!i゙'゚'`ノ\´ ̄`ヾ{
       》==t、ヽクヽ:::::::ヽ、r‐</                              ヽ__/:{: {: : : :,z.,__: :〉=
      {i:::::::{i≫≪|ヽ:::::ヾll>ィ                                    Y:z―ヽ/  _〈: :/  。 ゚
      ヾK>iY==彡ヾ、::::/;;;ヽ____                        _|:.|    j /__ }:ハ , i ゚ 。
 ̄ ̄ ̄ ̄{:|;;;|;;;l:::::::::::::::/::::\、;;;;;;;,、      ̄ ̄ ─── ____               `ヽ{`>, ´、‘ノ リ/:/
     r<ヽ__:::::::::::::::/::-f\j ヽ;;;;;;,,;ァ.__               ミニ=-...._       。{ 、~ 〈     「{ ヽ 。゜。
     |MORE>r‐''"´:.:|     ヽ;;;;;;;;ソ                          \       ',  r ⌒>} / { 
     | DEBAN |. ,ィテ| |::      `"´                         \      \ Π´ /  `
   r≦>--....._|/:;イ_:Li::::
   ヽ≧ニニニニニ彡::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::::

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/18(火) 20:25:19.59 ID:EoovaJaT0
覚醒スキル≪バーサーク≫――。
プレイヤーに備わる回避と防御の性能を大幅にダウンさせ、攻撃力を飛躍的に上昇させるというスキルだ。
しかしこれを発動させると……指定した対象の体力ゲージがゼロになるか、スキル使用者が≪気絶状態≫にならないと解除されない。
βテストの時点では好んで使うプレイヤーもいたが、一旦使用すると制御不能に近い状態になるせいもあって、体力ゲージがゼロになれば現実の命も同時に消えるこのデスゲームでは使用する奴はいない。

プレイヤーの残り体力が10%を切った状態で、自身よりレベルが10以上高いモンスターの体力をソロで満タンからゼロにする――。
これが≪バーサーク≫の習得条件だ。
さらに攻撃力の上昇を望むのであれば、同様のことを繰り返し行いスキルレベルを上げる必要がある。
死にながら習熟度を上げるスキル……言わば死に上げスキルの代表だ。

彼女が≪血盟騎士団≫の副団長である所以はこれにあったのか、そう思った。
狂気の沙汰……それこそが強さの証明でもあるかのような――。

「アアアア――!」
アスナは悲鳴にも近い咆哮を放ちつつ、彼女の方へと向き直ったグリームアイズに正面から突進する。
「アスナ!下がるんだ!」
咄嗟に口から出たものの、この状態のアスナに俺の声が届くはずもない。
グリームアイズの獲物がアスナに襲い掛かる。

ッギィン――

「ぐ、ぐっ――」
再びキバオウがそれを受け止める。
考えることは無駄だ。
無茶でもなんでもいい……こいつを倒さない限り、俺たちに明日はない。
俺がダッシュを掛けるとほぼ同時に、クラインも仕掛ける。
打ち合わせも何もなく、俺とクラインは先ほどと同じスキルでグリームアイズに突撃する。

このまま押し通せば安定して倒すことが出来る。
そう思っていた。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/18(火) 20:29:13.04 ID:EoovaJaT0
「アスナッ――!」
巨体の悪魔はタンクであるキバオウに背を向け、背後から斬りつけたアスナの方へとその大きな体を向ける。

一見安定しているように見えるが、≪バーサーク≫状態にあるアスナの猛攻に皆が追いつけなくなるまで……そう時間を要しなかった。

不規則なアスナの攻めからグリームアイズの攻撃を誘発させ、それをキバオウがタンクとして受け、その隙を狙って俺やクライン、風林火山のメンバーがダメージソースとなるアタッカーの役割をこなす。
少数人数ながらも戦闘に参加しているメンバーは、突如現れたキバオウ以外、みな攻略組だ。
俺も火力のあるスキルは控えめに、≪ダブルサーキュラー≫を主体に隙を突く。

しかし不規則なアスナの動きに完全に対応出来るはずもなく、タンク役のキバオウ、そしてアタッカーの俺たちも攻撃の余波や不意の一撃で体力を大きく減らしていた。
結晶の使えないこの部屋では体力の回復はままならず、ポーションを飲むにもその隙さえ伺い難い。

この七十四層のボスモンスターのAIは……雑魚モンスターに搭載されているフィードバックされないそれとは違う。
プレイヤーによってこれまで攻略されたボスの情報がフィードバックされている、そう思わせる動きが目立った。
俺たちの弱い部分を徹底的に突いてくる――、しかしそれを撹乱する要因がアスナにあった。

だがそれすらも俺たちの弱い部分であるということはまるで見抜かれているかのようだった。
半分近く削ったグリームアイズの体力、その内の半分はアスナの攻撃によるものだ。
それも『ソードスキルを使用しない素殴り』でだ。
アスナの攻撃は、ソードスキルを使用している俺やクラインの一撃よりも、多くのダメージを与えている。
≪バーサーク≫のスキルレベルが異様に高い……誰もがそう思っていただろう。

地面を蹴ってグリームアイズに飛び掛ったアスナを、その巨体から振るわれる一撃が完全にそれを捕らえた。
獣が発するような悲鳴を上げ、アスナは壁面に打ちつけられた。
「アスナさん――!」
咄嗟にアスナに駆け寄るクラインに、巨体の悪魔は狙ったかのように容赦のない蹴りを叩き込む。
「クライン――!」

もう自分が何をしているかも分からなかった。
「うおおおおおあああ!」
エクストラスキル≪二刀流≫、その上位剣技、連続十六回攻撃を放つ≪スターバースト・ストリーム≫――。
俺は絶叫を上げながら左右の剣を次々に敵の体に叩き込み続けた。

八連撃目だった。
グリームアイズの腕がスキル発動中の無防備な俺の体を打ち――。
俺は地に伏すことをやむなくされた。

次に巨体は俺の体にその大剣を突き立てるだろう。
せめて思い切り睨みつけてやろう、そう顔を上げると――。

その足は俺ではなく――。

倒れたアスナとクライン……それを介抱する為に駆け寄ったであろう≪軍≫の連中へと向けられていた。

終わった。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/18(火) 21:57:14.27 ID:xKOr8ZK90
>>286
ながいわ!

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 01:23:23.88 ID:nNUbI2Hw0
コーバッツ中佐殿が倒れ、突如現れたキバオウ殿も奮戦虚しく片膝をついて荒々しく息を吐いている。
圧倒的な立ち回りを見せた≪血盟騎士団≫の≪閃光≫も倒れ、攻略組の≪風林火山≫の連中もひどく消耗している。
そして二本の片手剣を振るった≪黒の剣士≫と称される少年も倒れ……。
風林火山の団長は僅かながら意識もあり、我々のポーションを少量づつ口にすることが出来た。
しかし≪閃光≫のアスナは意識を失っており……レッドゾーンまで減った体力を戻すことが出来ない。

ふと、我々を一つの影が覆った。
悪い予感というものは的中するもので……意を決して振り向くと、そこには輝く目をした化け物の姿があった。

「ひっ――!」
皆、同じように悲鳴を上げた。
手練の連中ですら太刀打ち出来ない相手に、攻略の一線から一時的ではあるが身を引いた我々に何が出来ようか!

我々を見下ろした化け物の顔に不気味な笑みのようなものが浮かぶのが分かった。
これまで目にしてきたモンスターとは違う、何か意思を持っているかのような――。
『どうした人間どもよ、ここで終わりか?』、無力な我々にまるでそのようなことを感じさせるようでもあった。

満足したのか、グリームアイズは手にした大剣を大きく振り上げ――。

刹那――。

「グォオオオオ!」
化け物が吠えた。
勢いをつけて振り下ろされる――。
身の毛もよだつとは正にこの事。
誰もが一瞬死を覚悟した。

「……わいはまだやれるで」
化け物の咆哮の原因は……奴の背中を薙いだ、キバオウ殿の一閃にあった。
肩で大きく息をするキバオウ殿は、肉体的にも精神的にも限界のはず……。
それでもなお――。

我々を覆っていた巨大な影は退き、ゆっくりとキバオウ殿の方へと向きを変えると……地を蹴り駆け出した。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 01:27:06.20 ID:nNUbI2Hw0
彼と初めて出会ったのは、アインクラッド第一層はじまりの街の主街区にある一軒の飲み屋だった。
当時の俺はギルドには所属していないものの、即席の野良PTでのハントを主にしていた。
多くの仲間を慕え、理想を熱く語るキバオウ殿の姿は最初こそ青臭いと思っていたが……その熱弁に耳を傾けている内に、俺に一つの関心が沸いた。
「レベルが高いモンも、低いモンも関係あれへん!皆一丸となってゲームをクリアするんや!」

俺はこの一年半近く何をしていたのだろうと。
時折手にする情報誌で攻略組の成果は聞きに及んでいた。
この調子で攻略が進めば、いつかはこの世界から抜け出せるであろう……他人の為す努力や成果に関心はなかった。
危険な攻略は他人に任せて現実世界に帰れる日を待つ、キバオウ殿を前にそんな自分がとても小さく、ちっぽけで哀れに思えたのだ。
「なんや兄ちゃん……えらい強そうやなぁ。ま、座りぃや!――お姉ちゃん、この兄ちゃんにビールや!」
気がつけば自分から声を掛けていた。
テーブルに着いていた十数名は三十代前後の年そこそこの連中で、皆ここで知り合ったのだと。
俺もその一員になれたということは、恥ずかしながらも幸福に思えた。

≪アインクラッド解放軍≫の副リーダー派に身を置いて慣れ始めた頃、俺は最も信頼を置いているコーバッツ中佐殿に胸中を明かした。
……キバオウ殿は理想こそ高いが、自身は安全なところで高みの見物をやっているだけではないのか、と。
第一層にそびえる≪黒鉄宮≫の屋上で……コーバッツ中佐殿は雲一つない空を仰いでこう答えた。

人間というものには役割がある。
攻略の一線から引いた我々が、再び最前線の皆と合流出来るようレベリングに勤しむ、それが私やお前の役割だ。
そして狩場の統制や物資の確保、それらを提案し実行に移すのがキバオウ殿の買って出た役割だ。
ゆえに我々は効率よく、懐具合を気にせず存分に強くなれる。
しかしその強さは己を誇示するためのものではない。
我々の強さも、裏で奔走する者も……全てはこのアインクラッドを制覇するためなのだ。


今の今になって、ようやくコーバッツ殿の真意が見えた。
彼がなぜキバオウ殿にああまで忠誠を置いていたのかということに。
キバオウ殿は自ら選んだのだ……汚れ役という役割を。
我々や、ひいては全てのプレイヤーを現実世界に戻すために。
行き過ぎた物資の徴収も、全てのプレイヤーが一丸となるべく――。

全てはプレイヤーを守るべく――。

「俺はこれからキバオウ殿を援護しつつ、奴の注意を引く。その間にあの少年の介抱するのだ」
真っ直ぐに化け物の背中を見つめ立ち上がったものの……何とも情けないことに腰は引け、足も震えていた。
「無茶だ――、俺たちに敵う相手じゃないぞ!」
「そんなことは分かっている!……今奴はキバオウ殿に夢中だ。何としても守るのだ。我々が、あの少年を」
震える体とは裏腹に、胸中に熱い活気が生じる。
恐怖を打ち払う自己暗示……一種の現実逃避なのかもしれん。

恐る恐るではあるが――、武器を手に皆立ち上がった。
「俺がグリームアイズの気を引こう。二名ほどで気づかれぬよう少年を頼む。後は≪風林火山≫のメンバーと戦闘を交代、アスナ殿とクライン殿を何としてでも守り通すのだ」

私は、俺は、いやそれは俺がと皆、役割を買って出た。
指揮官を失いどうすることも出来なかった我々に、熱と活気が息を吹き返すが如く蘇った。

指揮官は生きていた。

俺の……我々の胸の中に。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 02:12:16.67 ID:LJVQ51II0
>>284
クソワロタwwwwwwwww

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 07:50:33.26 ID:nNUbI2Hw0
「――うわっ!」

ぼんやりと目を開けると、黒い鉄の塊が目の前にあった。
「気がついたか、少年よ」
と、そこそこ高価なポーションの瓶を数本渡された。
そうか……こいつは≪軍≫の――。
差し出されたものを何となく受け取り、その内の一本を口にする。
と――。

「何分だ!どれくらい気を失っていた!?」
意識は一瞬の内に元に戻った。
俺は≪スターバースト・ストリーム≫の途中で奴に薙ぎ払われ……。
「ほんの数分だ。だが今は……僅かの間だが、出番に備えて少しでも体を休めるのだ。我々もそう長くはもたん――」
いつしか耳には怒号が届いていた。
目の前にいる≪軍≫の男の後ろには、グリームアイズに散らされながらも剣を振るう≪軍≫の連中が、そしてキバオウと荒れ狂う化け物の姿。
それらが発する数々の雄叫びが。

立ち上がろうとしたが肩に手をやられ制されてしまった。
「放せ!じっとしていられる場合じゃないだろ!」
部屋に目をやると、十数名いた軍の人間は……両手の指で数えても何本か余る程度にまで減っていた。
「そうであれば尚のこと、あの男のように黙って見ておるのだ!……我が同志らは貴君らに、あの化け物の最終段階の情報を提供することしか出来ん」
「仲間が死んでいってるんだろう!何で黙って見て――」
「キリトォ!」

俺の怒声は、少し離れて壁に寄り掛かっているクラインの更なる怒声によって打ち消された。
しかし……その目は俺ではなく、グリームアイズに向けられていた。
大粒の涙を流しながら。
「……じっくりと見ておくんだ。確実にあいつをぶっ倒すためによぅ……」

「すまんな――」
男の兜の隙間から光るものが見えた。
本来ならばこの男も仲間の元へ、今すぐにでも駆け出したいのだろう。
その気持ちをぐっと堪えて、俺やクラインを介抱してくれていたのか……。
傍らには体力ゲージが僅かしか残っていない、気を失ったアスナの姿があった。
「あんたは……俺たちを守って……」
「……それが我々、≪アインクラッド解放軍≫の務めだ」

男はそう言うと、落ち着きを取り戻した俺に安心したのか、剣を手にグリームアイズに向き直った。
「我らの生き様、とくと目に焼き付けておいてくれよ」
「死ぬなよ――」
こんな言葉しか出てこなかった。
しかしこれが、その男の背中に向かって放てる精一杯の一言だった。

「健闘する」
俺たちを守っていた男はその言葉を最後に、グリームアイズへと駆け出した。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 08:16:34.82 ID:nNUbI2Hw0
「ルォオオオオオ!!」
グリームアイズが天井を仰いで咆哮すると、周囲に衝撃波が生まれ、それによってアタッカーが吹き飛ばされる。
タンクのキバオウはノックバック程度、攻撃の準備態勢であった者はバックステップなりで直撃だけは避けていた。

巨大な悪魔の残り体力ゲージは五本ある内の最後の一本を残すのみ。
≪軍≫の奮闘もありその一本も三割程度削られていた。

今日まで何十体とアインクラッドのボスを見てきたが、こいつもそれらと同じく、残り体力が25%前後以下になると凶暴化するといったところだ。
まず特徴的なのはこの衝撃波だ。
十六連撃の≪スターバースト・ストリーム≫なんぞやろうものなら、発動中にそれをやられると直撃は免れない。
やはり主体とするのは二刀流の≪ダブルサーキュラー≫か、それとも堅実性を狙って片手剣スキルか――。

次に攻撃のパターン。
最初こそあの巨大な剣を片手で振り下ろす動作が目立ったが、凶暴化にあたっては切り上げや両手持ち、剣を地面に突き立てての地響きと……なかなか筋が読めない。

そして敏捷性。
全体的にグリームアイズの攻撃モーションの速度が上がっている。
攻撃速度が上昇して威力も数段増したというところだろうか、直撃を受けようものならひとたまりもないだろう……。
またグリームアイズはキバオウの≪パリィ≫後、アタッカーの攻撃を避けるというシーンも何度か見られた。
避けられることを前提にアタックしないと、その隙を突かれることは必至。

しかし――。

「キバオウ、えらくタフだな……」
クラインや控えにまわっている≪風林火山≫のメンバーと情報を参照している中、誰かがぽつりとそれを口にした。
聞けば俺の前に再び現れて以来、ずっとグリームアイズに張り付いたままらしい。
最前線で戦ってきた俺たちですらこの体なのに、まさかキバオウは俺よりももっとレベルが――。

「奴の槍の先端を見てみろ……あいつ、喰ってやがるんだよ――」
≪軍≫の奮闘を見据えたまま、クラインが静かに呟いた。

キバオウはタンクとして攻撃を受けるのみでなく、グリームアイズの背中にリーチを活かした突きを放つこともあった。
しかし、その槍は元々の青白い光を放っていたくらいで、ソードスキル特有のエフェクトは見られなかった。
苦し紛れの素殴り程度にしか見えなかったが――。

グリームアイズがキバオウに背を向ける格好になった。
その背中をキバオウは関西弁の奇声を上げつつ槍を突く構えをとる。
じっくり見て初めて分かった。
彼の持つ青白い光を放つその槍の刃が……まるでドラゴンの顔のような形になり――。
グリームアイズの背中に噛み付いた。
すると三割程度しか残っていなかったキバオウの体力ゲージは半分近くまで――。

「あれは……≪ドレイン≫なのか……?いや、しかし――」
俺はこのソードアートオンラインにおいて、武具の、特に武器にはかなり詳しい方だ。
武器の種類は多岐に渡り、それを手にそれぞれ応じたスキルで攻撃をする……基本的にはこれが全てだ。
中には麻痺効果をもつ短剣なども存在するが……威力はお察しと言ったところである。

すると……あれは言うなら≪ユニーク・ウェポン≫か?
対象の体力を吸収するという≪ドレイン≫効果のある……。

「みんな、ちょっと聞いてくれ!」

勝ち筋が、見えた。


293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 08:21:11.65 ID:nNUbI2Hw0
「次の咆哮が来るまで攻撃を止めて距離を取るんだ!衝撃波の発生中にアタッカーとタンクを入れ替える!」

こういったことは不慣れも不慣れだが、俺は部屋中に響き渡る程の大きな声で≪軍≫のメンバーとキバオウに指示を飛ばす。
不安はあった。
連中が≪ビーター≫と称される俺なんかの指示を聞き入れてくれるだろうかという――。

「オオオオオオ!!」
咆哮は衝撃波発生のモーションかと思ったが……あまりにも耳に響くそれは思わず体ごと竦ませる。
この状況下、≪軍≫の連中はこんな中で死闘を演じていたのかと思うと、それはまさに畏怖にすら値する。
それまで戦っていた連中はバックステップなり踵を返すなりでグリームアイズから距離を取った。

俺は愚かだった。
彼らは俺たちに、確実にこの怪物を仕留めるための手立てを探らせていたのにだ。
……命を掛けて。

奮闘していた≪軍≫の三名は離脱し、クラインが彼らと入れ替わる。
そして俺は――。

――ッギイン

「キ、キリトはん――!」
キバオウに向かって振り下ろされる大剣を、左右に装備した剣をクロスさせ受け止める。
その衝撃のあまりに思わず力む声が漏れそうになったが、なんとか堪え――。
「俺がタンクをやる――!……それから、もう一仕事頼めるか?」
「なんや!何でも言うてくれ!」
大剣の重みとグリームアイズの腕力に耐えられなくなり、気合の一声と共に交差させた両腕を思い切り開く。
そして――。
大剣と共に打ち上げられ、のけ反るようになったその無防備な脇腹を、クラインが一閃する。
脇腹を薙がれたグリームアイズはクラインの方へと向き、彼に向かって太い豪腕が振り下ろされる。

しかしその豪腕すらも――。
俺とクラインは打ち合わせ通りに、互いの位置を交代し先ほどと同じように剣をクロスさせ受ける。
「俺の後ろに張り付くんだ!奴の衝撃波がギリギリ届かない程度に距離を取って――」
重みのある豪腕の力が一瞬抜ける、腕を戻そうとするその瞬間を感じると、俺はその腕を思い切り弾く。

「キバオウ!今だ、その槍で突け――、≪スイッチ≫!」
俺はバックステップで距離を取ると……俺が立っていた位置にキバオウが陣取り――。
「ぬりゃぁああ!」
威勢の良い怒声を発すると、その槍をグリームアイズの腹に向かって突き出した。
槍の先端は先ほど目にした光景と同じように、竜が大きな口を開けるかのように形を変えその腹に齧りつく。

「ルグォオオオオオ――!!」
巨体の悪魔はのけ反りながら数歩後退しつつ、悲鳴とも取れる叫び声を上げた。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 08:26:26.21 ID:nNUbI2Hw0
今、グリームアイズと対峙しているのは……俺とクライン、そしてキバオウの三人だけだ。
三人に絞ったことには理由がある。

まずグリームアイズがターゲットとして捉える相手を判断しやすくするためだ。
凶暴化を観察した結果、タンクの≪パリィ≫後、こいつは一番ダメージを与えたアタッカーをターゲットとして捉える節がある。

次に戦術面の問題。
俺の装備やスキルはタンク向けのそれではない。
全てを受けきれるかと言われると、そんな自信は毛ほどもない。
上から下に繰り出される攻撃は、二本の片手剣の耐久値を大きく削ることにはなるが、凌いでチャンスに繋げるしかない。
横からの薙ぎ払いや蹴り、そういった攻撃は全て避ける。
状況に応じて、俺は奴の背後からのみ≪ダブルサーキュラー≫で攻撃し、俺を捉えるように促す。
クラインはアタッカーであると同時に、そのための餌役でもある。

それらも全ては、退避しているアスナや疲弊した≪軍≫の連中を奴の視界に入れないようにするためだ。
凶暴化以降はどうにも分からないが、こいつにはプレイヤーの弱みを突く、どこか人間臭い性質がある。
万が一に備えて≪風林火山≫のメンバーを彼らの警護に当て、クラインの計らいもあり隙を伺ってボス部屋からの離脱を指示した。

そして――。

「≪スイッチ≫――!」
確か四度目であろうか……奴の体力を大きく削ることの出来るチャンスが生まれた。
俺は奴から振り下ろされた大剣を弾くと、大きく後方へと飛び……完璧なタイミングでキバオウの槍が巨体の腹に食らいつく。

≪ダメージディーラー≫としてこれほど優秀な武器は初めて目にする。
観察した結果、あの≪ドレイン≫はおそらく使用者の最大HPの10%程度を回復する……つまり相手の防御力に関係なく、キバオウ自身の最大HPの10%が追加ダメージとなっているはずだ。
そして俺の剣の耐久力が尽きた時には、体力を温存したままタンク役を交代出来る――。

「……グッジョブ」
多くの衝撃を受け、俺の意識は朦朧としていた。
絶望に近い状況の中ではあるが、俺の脳裏にはある光景が過ぎった。
アインクラッド第一層、そのボス戦――、当時のアスナが見せた俊敏なレイピア捌き、そして……ディアベルという男の姿を。
この終盤において初めて指揮の声を上げた時に微かに感じたものは、まさにそれであった。
俺と同じくβテスターであり、俺とは違って他のプレイヤーのために指揮を執ったその男が背負っていたものが――。
今のこの俺の――。

「キリト――!」
俺を呼ぶ声に、脳裏に掛かっていた霞のようなものが一瞬にして晴れた。
思わず俺は大きく後ろに飛び退くが……奴から放たれた剣の振りを完全には回避出来ず――。
俺が左手に装備していた、リズベット工房渾身の一作である≪ダークリパルサー≫が――。

乾いた音と共に光の粒となり……飛散した。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 08:31:12.67 ID:nNUbI2Hw0
「ルォオオオオオ!!」
着地と受け身に失敗し、地面に転げ落ちる形になった俺を……グリームアイズの咆哮は俺を立ち上がらせまいと地べたに縛り付けにした。
体が……体が動かない――。
このままじゃ衝撃波の直撃を――。

誰かが俺の横を抜け、グリームアイズに駆けた。

「こんならぁああああ!」
「キバオウ――!」
彼は槍の届くとは思えない距離で、手にしたそれをグリームアイズに向かって突き出し――。

いや――。

投げ放った。

投げ放たれたそれは槍自身が発する青白い光の軌跡を残し、一匹の青き竜を思わせるかのような形に変化し――。
咆哮を発するグリームアイズの首元へと食らいついた。

苦しみもがく巨体は、今まさに『弱み』を見せた。
その後方から突撃するクラインの姿が――。

俺は急いでメニューウインドウを開くと、スキルウインドウを開き、すぐ視界に入った片手剣スキルを選択しOKボタンを押す。
先ほどの≪二刀流≫ように武器自体を変更する必要がないため、操作は一瞬で完了した。

「食らいやがれ――!」
クラインの渾身の一撃がグリームアイズの背中を捕らえた。
そして俺の目の前には……クラインへと向きを変えようとする巨体のモーションが目に入る。
精魂尽き、膝を着いたキバオウの横を抜け――。

「うおおおおおおおおおお!」
絶叫と共に、突きの構えを取り……残った力を脚力に注ぎ、その背中を目掛けて突っ込んだ。
右手に握った愛剣≪エリュシデータ≫が黄緑色の光を帯びる。

片手剣突進技≪ソニックリープ≫――。

『ゴァァァアアアアアアアアア!』
絶叫しているのは俺だけではなかった。
天を振り仰いだ巨大な悪魔が、口と鼻から盛大に噴気を撒き散らしながら咆哮している。
更にここぞとばかりに、クラインの二撃目、そして俺の追撃が容赦なく叩き込まれる。
俺とクラインは右へ左へ――、動きを止めたその悪魔に、ソードスキルの光を浴びせ続けた。

そして連撃の果てに――。
グリームアイズは、膨大な青い欠片となって爆散し……部屋中にキラキラと輝く光の粒を撒き散らした。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 18:32:52.42 ID:7eNqPMDX0
来週の予告冒頭でキバオウキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 20:10:43.18 ID:mJ6kquVK0
予告にキバオウさん

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/19(水) 22:09:05.44 ID:LJVQ51II0
なん・・・でや・・・

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/20(木) 02:31:33.06 ID:zcuG923t0
このグリームアイズ戦は原作に対する強烈なアンチテーゼのようなものを感じる


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/21(金) 17:47:40.37 ID:PC8+3tkvO
2話見返したらキバオウさん一番槍でワロタ
ノブリスオブリージュを理解するキバオウさんは、ナイトの心得をディアベルはんから継いだんやな…

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/21(金) 23:29:40.42 ID:oUj0hKHa0
とんでもないスレを見つけてしまった・・・

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/22(土) 00:52:32.61 ID:faDuOLT4P
>301
いまさらかYO!wwwww

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/22(土) 07:32:52.18 ID:JHrnbi1C0
死者九名……ボス攻略でここまで犠牲者が出たのは初めてだった。
半ば自棄に開戦したが、勝利出来たのは間違いなく≪軍≫の犠牲者あってこそだ。
俺にポーションを渡してくれた男も……奮戦叶わず、圧倒的な暴力の前に消えていった。

素直には喜べない勝利だった。

「お前さんたちのおかげで、俺の仲間は一人も欠けることがなかった。ギルド≪風林火山≫のリーダーとして礼を言わせてくれ」
クラインは、おいおいと片隅で涙に打ちひしがれている≪軍≫の生き残った五名に歩み寄ると、深々と頭を下げた。
ギルドの長として気丈に振舞うその姿勢は、俺よりも年長者であるという……社会人として生きる男の背中に思えた。
「……けどよぉ……死んじまっちゃ……死んじまっちゃ何にもなんねぇだろうが……」
クラインは崩れるように膝を着くと……≪軍≫の生き残りや≪風林火山≫のメンバーと同じく、声を上げて泣いた。

俺の横では、目を覚ましたアスナが怖かったと呟いた後、膝を抱えるように泣いていた。

グリームアイズが支配していたこの部屋に満ちた暗く陰気な空気は晴れ、壁面に灯された淡い光が煌々と室内を照らし出していた。
しかし……この場にいる人間の心は、誰一人と微塵も晴れることはなかった。

「……わいからも礼を言わせてくれへんか」
クラインの背後に歩み寄る影があった。
クラインは涙を拭うと、膝を着いたままその声の主に振り返った。
「わいは≪アインクラッド解放軍≫、副リーダーを務めるキバオウいうもんや。此度はわいの……わいの無茶な計画のせいで、お前さんのギルドや連れにもえらい迷惑を掛けてしもうた。せやけど、こうして生き残ったもんもおる。お前さん方のおかげや。……すまんかった」

≪軍≫の……副リーダー……。
あいつが――?
第一層のボス戦後……約二年、姿を見せないと思ったら、悪評名高い≪軍≫の幹部に――。
そんなことを考えていると……。

クラインがキバオウの顔面を……思い切り殴りつけ乱暴に胸倉を掴んだ。
「てめぇ――!てめぇのせいで何人死んだと思ってやがる!ええ!?」
マズい――。
「落ち着け、クライン!そいつは――」

事態の責任は俺にも十二分にあった。
アスナの静止も聞かず、興味本位でボスを覗こうとしたばかりに、俺たち二人はこの男によって命を救われた。
……。

そうだ、こいつは……キバオウは俺たちの目の前で――。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/22(土) 08:24:19.60 ID:JHrnbi1C0
「第八十層――」
一同は呆気に取られるかのように言葉を失った。

にわかには信じがたい話だった。
キバオウは……俺とアスナを庇って散った後、この第七十四層より上の第八十層でオーディンと名乗る存在に出会ったと。
そして、そのオーディンといつの日か対峙することを誓って蘇った……キバオウはそう語った。
グリームアイズと戦った時に手にしていた槍は、大きさは異なれど、オーディンが手にしていたものと同形であるとも――。

また今回の≪軍≫の出兵に関しても語った。
第一層で≪軍≫に名だけ連ねる一般プレイヤーが度重なる徴収に耐えられなくなり、成果を出せと迫ったのだと。
黙って見過ごすようであれば、ただでさえ評判が良くない≪軍≫の看板を更に貶めることになる。
それを解消するべく七十四層ボス討伐を企画した。

「解消つったってよ……わずか十数人でどうするつもりだったんだよ?」
キバオウに侘びを入れ、落ち着きを取り戻したクラインが静かに問うた。
一瞬、地に目をやったキバオウは、クラインに倣って静かに口を開いた。

俺やアスナ、クライン……≪軍≫の連中ですらも言葉を失う程の答えが返ってきた。

死ぬつもりでここに来たのだと……。

コーバッツと合流後、指揮官であるキバオウが倒れたら即時撤退、それと同時に一般プレイヤーから徴収を主に行っていたキバオウ派は解散、暴君は倒れ残った者はリーダー派の傘下に編入させる……そういう筋書きを用意していたらしい。

それから先は口にしなかった。
俺を気遣ってくれたのだ、この男は……。
軽率な俺の行動でキバオウは一度死んだ。
その後撤退した時に、俺が≪軍≫の連中を留めることが出来ていたならば……コーバッツを含めた九名も、命を落とさずに済んだのかもしれない。
『たられば』を語ってもどうにかなるわけでもないが、決定的に事態を悪化させたのは……間違いなく……この俺だ。

何か言わなければいけないと口を開こうとしたが……一つの言葉も出て来なかった。

「全ての責任はわいにある……堪忍や――」

キバオウは俺たちを前に、地面に頭を擦り付けるように詫びた。
その謝罪は、俺の胸に……誰よりも深く突き刺さるものだった。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/22(土) 10:40:39.51 ID:JHrnbi1C0
俺はメニューウインドウを開くと、グリームアイズのドロップ品である≪アルカ・ブリンガー≫を選択し具現化する。
具現化されたそれは、グリームアイズが手にしていたような大きさの……派手な装飾を模した鞘に収まった両手剣だった。

「キバオウ、これを――」
「キリトはん、これは――」

キバオウにそれを渡すと、俺は一つの提案をした。
湧き上がる嫌悪感を振り払い……思い立ったことを口にする。

「グリームアイズは≪アインクラッド解放軍≫によって打ち滅ぼされた。ボスドロップ品だ……それが証拠になるだろう」
「せやけど――」
「それで≪軍≫の立場が一時的にでも持ち直すのであれば……何も言わずに納めてくれ」

キバオウは言葉に詰まった。
無理もない。
こんな俺の下衆なやり方……困惑するのも当然だ。
侘びを入れず、こんな姑息なやり方で話を付けようとしているのだ。

「受け取っとけよ……。それが死んでいった連中の供養にも、誇りにもなるだろうしよ」
クラインがキバオウの肩を叩いて、そう促した。
「おおきに――」
キバオウの感謝の涙声に……俺は思わず俯いてしまった。
クラインにまで気を遣われる自分が……その優しさがあまりにも自分を情けなく感じさせた。

「それから、俺からも一ついいか?」
クラインは言葉を続けた。
「八十層の……オーディンの話は聞かなかったことにするわ。人を庇って死んで生き返るってのは確実性が無さ過ぎる。死んで生き返った奴ってのは今まで聞いたこともないしな。――これはお前たちも同じだ」

クラインは振り返るとギルドのメンバーにそう言って聞かせた。
奴の言うことは尤もだった。
確かに……情報屋に顔が広い俺でもそんな話は聞いたことがない。
もしキバオウの話を実践して帰ってこなかったら……冗談では済まされない。

「キリトも……アスナさんも、それでいいだろ?」
「……分かったわ」
泣き崩れていたアスナは、いつの間にか気丈な面持ちで俺の背後に立っていた。
「……ああ」
うわずった気を悟られまいとするが、どうにも抜けたような返事が思わず口から零れる。

話は一通りまとまった。
アスナが後日、キバオウを≪血盟騎士団≫のヒースクリフのもとへ召喚するかもしれないからとフレンド登録の処理をしていた。
俺は槍の詳細が気になり、贔屓にしている武器工房をキバオウに紹介した。
しかし……。
隠していた二刀流のこともこれで公になるだろう、そう思っていると――。

「――黒の少年!」
部屋から出ようとするキバオウ率いる≪軍≫の集団から踵を返し、こちらに向かってくる男の姿があった。
「貴君が戦闘中に見せた……あの、片手剣を二本扱う技について聞きたい。私もあのように強くなりたいのだ」
まさかここで聞かれるとは思ってもみなかった。
「出現条件はまだ分かっていないんだ。それに……見ての通り、グリームアイズには歯が立たなかった」
「そんなことはない!奴に単騎突撃するあの勇士こそ、我らが持たねばならぬ精神なのだ。それをあの技にあやかりたい!」
男は俺に迫ってくるが……不思議と悪い気はせず、その男がとても大きく感じられた。
「……扱い難いスキルだけど、出現条件が判明次第、必ず公開するよ。約束する。ただ、それまでは……黙っててくれると助かるかな」
「左様か……貴君の勇士、≪黒鉄宮≫で待つ皆の土産話にさせてもらおうと思っていたのだが……残念だ」
「……すまない」

男は笑みを漏らすと、いつか攻略組で合おうと、キバオウたちの後を追って行った。


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/22(土) 10:50:49.64 ID:JHrnbi1C0
こうして長きに渡る七十四層のボス攻略は幕を閉じた。
……序盤は攻略と呼べるものではなかったが、≪軍≫の奮闘が加わった終盤のあれは紛れもなく攻略だったと思う。

ここはアインクラッド第七十五層――。
古代ローマ風の造りをした主街区が目の前に広がる。
この光景を目にするのは、プレイヤーとしては俺たちが初めてだろう。
マップに表示されたその名は≪コリニア≫。

街にはNPCの姿がちらほら見れるだけで、俺たち以外のプレイヤーの姿はない。
神殿風の建物や広い水路、巨大なコロシアムを眺めつつ……転移門の前までやってきた。

「さて、≪アクティベート≫だが……誰がやるよ?」

≪アクティベート≫――。
転移門を開放し、他の階層からでも瞬時にここに来れるようにする……ボス討伐後に行われる慣例行事だ。
本来はその戦闘において活躍した者が、栄誉を以って開放するのが攻略組の慣わしだが――。

俺やアスナ、クライン、≪風林火山≫のメンバーは顔を見合わせた。
「まぁ……今回の立役者は間違いなくあいつだろうな。ここにゃいないが」
転移門を前に誇らしげにクラインは言ってみせる。
一同も頷いた。
「となると……最終指揮を執ったキリトか」
「――お、俺!?」
そうだそうだと囃し立てる≪風林火山≫のメンバーたち。
アスナも緊張が抜けたのか、俺に笑みを投げかけてくれる。

「それじゃ――」
俺は皆より数歩前に出ると、転移門に向かって手をかざした。
開放にあたって、代表者は願いを込めて≪アクティベート≫を行う、これも慣わしだ。
俺は――。
俺にポーションをくれた男、後に聞かされた倒れた俺を壁面まで運んでくれた男たち、そして奮闘し情報をくれた男たち、コーバッツ……散っていった皆に誓う。

「もっと強くなる――」
思わず口にしてしまった。
それだけキバオウに侘びることが出来なかった負い目があるのだと……強く、強く自覚した。
「強くなれ、少年!」
囃し立てるクラインたちの声を耳に、俺は開放の言葉を口にした。

ついでに飯でも食って行こうと、俺とアスナはクラインたちに誘われ食堂へと向かった。
古代ローマ風の街並みを眺め、先ほどの戦いの陰気な汗を拭いつつ、その足は進む。
「こういう風景を間近で見られるってのも新鮮だな」
隣を歩いていたアスナに声を掛ける……が、アスナは俺よりももっと後ろで足を止めていた。
「アスナ……?」

「私も……私も、もっと強くならなきゃ――」

そこには……俯き、思い切り拳を握り込む……アスナの姿があった。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/22(土) 11:28:53.42 ID:5qnMXmzB0
ところで長文書いてる奴は何目的?


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/22(土) 18:17:02.25 ID:TWe623Th0
好きにすればいいさ

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 00:24:19.52 ID:xpliv3Q/0
最速班キバオウさんの活躍を速報せよ!!

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 00:39:53.63 ID:ssxLJXBa0
名前はよく出ていた
あと2話の登場シーンが回想で使われた

セリフは無い

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 00:43:03.32 ID:RfXd1SEo0
なんでや!なんでキバオウさん失脚のシーンがないんや!

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 01:06:08.64 ID:te7M0Vqu0
キバオウさんは、第2話のあとに、元ベータテスターには一切頼らずに自分の攻略ギルドを育てたる!
と決意したわけですが、25層でとある事件が起きてギルドが半壊し、失意のうちに第一層に去りました。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 03:28:29.33 ID:xpliv3Q/0
キバオウさんの過去回想だけでもいいから欲しいで・・・


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 03:43:53.99 ID:mPX6aWIu0
なんでや!

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 06:03:21.23 ID:XE+Fkyg30
二話から今までの間に牙王さんに何があったんや!!

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 06:21:08.32 ID:bDh8c3Cn0

   ど う し て こ う な っ た ? ?


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 08:41:31.43 ID:/Xu9J72I0
もともと2話時点で偏った人っぽかったから
そういうのが閉鎖空間で変にとんとん拍子で権力持った場合の典型的なパターンキャラだったな

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 08:53:04.71 ID:fMgY+4JjO
今回はキバオウさんが主役だったな。回想だけだけど。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 11:09:45.81 ID:S5JCjRCS0
            ∨  /: : :..:|: : : :/              \: : : : }: : :../
           ∨  \: : : :|: : :/                  ゝ: : ノ: /
            __∨二彡ート: : :7 ⌒ヽ           ,. -- } / Y
          /_,,.. -‐  ´ | ヽ/  r===≧=-ノ Lt==≦===ァ {/ .′
           {        ,, 、{  ヽ。__0__`ヽー ィ´/__0rっ  } /_
          ー‐r…  ¨´ > \}     ¨¨`    ¨¨`     /ィ } 丶
            `丁¨ヽ/    ハ       ::}          /  o}   \
           ,. ーァ。.′   {         :} ,       /     }    。 、
         ,.  ´   {....{。    {  \    __,,..  -―ュ  . ′   。}       } `  、
.         /        {....{.      {   \L..⌒ー―― ´」/    ゚ ′゚ ゜  .}    丶
      .′       {....{゚     {     \ イ:゙:゙:゙:ト、 /      / °    }        \
      |        {....{.      { \     ーレvイ‐'゜     -‐ /      {         }
      |       \∨   ∧  `ー― 、    / ̄   //       ′       |
      |             ∨   ∧\               ィ /        /          ,:′
      :,       \    ∨   ∧ `ー―――――‐r――――┐   ′/      /
      /         \   、    丶~¨¨¨¨/ニ\¨¨¨′ニニニ二二|  / ../      /{
       〈            \     \/ニニニニヽ/ニニニニニニ二l--− ′       |
.       \                /ヽ     丶\二二/ニニニニニニニ/              /
         }ヽ         /{.......\      \ヽ=/ニニニニニニニニ{           /
        /\\_________/.....∧/ニ\  rxノ  >、ニニニニニニ/:\        イ

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 21:53:30.19 ID:xpliv3Q/0
ディアベルはんが生き残ってたらキバオウさんは軍に入ってなかったのかな?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 23:02:32.96 ID:fMgY+4JjO
キバオウンコは軍の創立時からのメンバーじゃないのか?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/23(日) 23:42:09.13 ID:7ImrMRa8O
キバオウのスピンオフ作品頼む

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/24(月) 02:22:29.44 ID:YtlN4k00O
ソードキバオンライ

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/24(月) 02:44:40.19 ID:/G20bTCr0
「無理なお願いだということは私にも分かっています!でも彼が今どうしているのかと思うと……もう、おかしくなりそうで……」
アスナが事実確認を行ってからだと返答すると、ユリエールと名乗った女性は大粒の涙を零しながら喚くように言った。

どうにも腑に落ちなかった。
それはアスナも同じようで、彼女の話をそのまま信じるには……あまりにも確証が不足していた。

俺とアスナは所用で一層に赴いていた。
その時、≪軍≫の下っ端が一般プレイヤーを恐喝している現場に遭遇し、アスナの強行で事態を解決したのだ。
それをどこで耳にしたのか、このユリエールという女性プレイヤーは俺たち二人のところへやってきた。

≪軍≫のリーダーであるシンカーの副官を務めるユリエールは言った。
権力を強めたキバオウは、狩場の独占や恐喝紛いの徴収を行っていた。
しかし成果を見せないキバオウの圧政に耐えられなくなった人々の声が大きくなり、最精鋭の配下を最前線へ送り出すことになった。
そして最悪の結果にキバオウは強く糾弾され、彼はギルドを追放される寸前までに至った。
追い詰められたキバオウは、≪軍≫のリーダーであるシンカーを罠にかけるという強攻策に出た。
そしてシンカーはダンジョンの奥深くに置き去りにされた。

俺の知っている話とは若干、食い違っていた。
キバオウはあの七十四層の戦いの後、自ら失脚したと聞いている。
今はリズの店の一室を間借りし、これからのことを思案しているらしい。
それに……奴は人を罠に掛けるような男ではない。
言うならば逆に利用されるタイプだ。

俺たちからもいろいろ話すべきだろうが、あの層での出来事は俺たちの口から話すべきではない。
グリームアイズに挑み討伐を果たしたのは、キバオウを含めた≪軍≫の連中のみと……公にはそうなっている約束だ。

俺と同じく事情を知るアスナも返答に困っていたようだった。
「全ては副官である私の責任です!私が……私がもっとしっかりしていれば――!ああ、愛しいシンカー!」
ユリエールは大粒の涙を流しながら懇願するように迫ってきた。
どうにも芝居掛かった彼女の振る舞いに、俺の疑惑はますます膨らむ一方だった。

「疑って後悔するよりは……信じて後悔しようぜ」
困惑するアスナにそう投げかけた。
疑うにしてもその確証すらままならない。
それならばいっそのこと彼女の言う通りに――。

俺の決断とともに、早速俺たち三人はそのダンジョンに赴くことになった。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/24(月) 02:46:30.38 ID:/G20bTCr0
「まさか……はじまりの街の地下にこんなダンジョンがあるなんて……」
アスナがぽつりと呟いた。
ユリエールに連れられて来た場所は……なんと、一層の……それも街中にある建物の地下だった。

彼女の話では上層攻略の進み具合によって開放されるタイプらしく、キバオウはここすらも独占しようと目論んでいたとか。
街中にあるということは、確かに利便性が高く、旨みもある。
ここを押さえたいという考えも分からないでもない……。
彼女の言うようなタイプのダンジョンは、このソードアートオンライン以外でも極普通に存在する。

「それが……六十層クラスの強力なモンスターが出るので、ほとんど狩りは出来なかったようです」
しかし……第一層にそんな強力なモンスターが出現するというのも変な話だ。
それにもし低レベルのプレイヤーがここを発見してしまった場合、レベル差もあってモンスターから逃げることもかなわないだろう。
そんなことがあればアスナの所属する≪血盟騎士団≫や≪聖竜連合≫なりに、その存在の報告が向けられてもおかしくはない。

だが……情報屋に顔の利く俺ですらも、こんなダンジョンの存在を耳にしたことはなかった。

薄明かりに照らされる湿り気を帯びた石畳を踏み、迷路のような道を右へ左へと曲がりどこまでも進む。
案内人のユリエールに逃げられでもしたら、歩いて帰ることは容易ではないだろう。
だがこちらには転移結晶がある。
何かあっても問題は――。

「その割には……随分と静かですね――」
前を行くユリエールの背中に、アスナは呟くように言った。

それは俺も薄々感じていた。
このダンジョンに入ってからというもの、索敵スキルで周りを伺うが……得られる反応は何もなかった。

「……確かにおかしいですね。前に来た時にはそこそこ戦闘を要したのですが……」
「ふーん……≪リポップ≫されないダンジョンなのかなぁ」
俺は心にもないことを言ってみせる。
ユリエールはメニューウインドウを開くと……マッピングしたであろうと思われる地下迷宮の地図を展開した。
「シンカーはこの位置から動いていません。多分……安全エリアにいるのだと思います」
……なるほど。
「じゃあ、そのエリアの周りにはモンスターが――」

アスナも感じていたようだった。
ここはただの迷宮ではない、と――。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/24(月) 02:48:24.52 ID:/G20bTCr0
薄暗い長い通路の先に光が見えた。
その先には――。

ダンジョンの最奥とも思われる……まるで教会のメインホールを思わせるような広い一室が広がっていた。
そして部屋を囲むように灯された蝋燭の火に、一人の人間の姿が浮かび上がる。
「ユ、ユリエール――」
部屋の一番奥には……シンカーであろう男が……手を後ろに回され、椅子に縛り付けられ拘束されていた。
その顔や声からは、助けに現れた人間に向けられるものではない……驚愕する様が見てとれた。

「これは置き去りにされたとは言えないんじゃないかな……?」
俺はいつでも武器を抜けるよう、ユリエールから距離を取る。
アスナもそれにならって腰のレイピアに手を置いていた。

「ようこそ……我らがアジトへ――」
半身にこちらをゆっくりと振り返ったユリエールの口から言葉が紡がれた。
薄暗い炎の灯りもあって、映しだされたその表情は不気味なものだった。

刹那――。

背後に気配を感じた。
俺は目線だけでそれを確認すると……。
背後だけではなく、そこら中の柱からも……黒いローブを纏った、≪プレイヤー≫の群れが俺たちの前に姿を現した。

そしてシンカーであろう男の首元にナイフを向ける男の腕には――。

≪笑う棺桶≫――、壊滅したはずの犯罪者ギルド、≪ラフィン・コフィン≫の刺青が、克明に刻まれていた。


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/24(月) 13:38:23.51 ID:0sdYm0030
アを付けるとアキバオーになるな(´・ω・`)

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/24(月) 13:57:45.11 ID:woTnra680
魅力的なキャラってシリカちゃんとアキバオーさんだけだし
今までのは設定解説の序章
こっから一気に駆け上がるで

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/25(火) 06:16:12.23 ID:Mt6PPB3j0
コイツってリアル復帰したら間違いなくリアル襲撃されるよな

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/25(火) 11:49:46.57 ID:cL2B0Dwk0
>>328
だよな4話まではおもしろかった
圏内事件辺りから急にシリアル方面に向かって・・・

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/25(火) 20:19:11.60 ID:xDN5y/n5O
>>330

ほう。アスナがキリトに手作りコーンフレーク食わせたりする回でも有ったのか?

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/25(火) 21:01:10.57 ID:2wyn/l0H0
キバオウが主役のアニメか漫画出してほしいわりとマジで
こいつがいた時だけあのアニメは面白かったわ

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/25(火) 21:49:53.68 ID:n3AOfS2J0
なんでや!なんでこんスレッドが現行なんや?!
(記念パピコ

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/26(水) 06:43:43.27 ID:hswAfMZD0
俺とアスナはメニューウインドウを開くと、武装を解除し……ユリエールの要求通り、武器を彼らの前に放る。
二本の剣が地面に打ち付けられ、乾いた金属音が陰気な室内に響き渡った。

まさかこんな展開が待っていようとは――。
事実上、巨大犯罪者ギルドの≪ラフィン・コフィン≫は壊滅していたはずであった。
その討伐作戦には≪攻略組≫である俺たちも参加していた。
それからしばらく経ったある事件においても、ラフコフのメンバーが姿を見せることはあったが――。

室内にいる黒いローブの集団……その数、ざっと見ても三十近く、大半の頭上にはオレンジのマーカーが浮かんでいた。
しかしその中でもユリエールの振る舞いは何か違っているように見えた。
まるで集団を指揮する――。

「あんたが今のラフコフの親玉ってとこか――」
ユリエールを見据え、そう言い放った。
「さぁ……どうかしら?」
優位にいる者の余裕というやつだろうか、ユリエールは俺の問いを冷淡な笑みを以って受け流す。

「姉御、さっさとやっちまいましょうぜ――」
シンカーの首にナイフを向けていた男が痺れを切らしたかのように言った。
「待てユリエール――!彼らは、彼らは無関係の者だろう!」
自分の首が掻っ切られる寸前でもあるのにも関わらず、≪軍≫のリーダー、シンカーは叫んだ。
「無関係……?」

ユリエールの表情が凍りつくように強張った。
ツカツカと足早にシンカーにその足を向けると、彼の腹にブーツの先端をめり込ませ……胸倉を掴んだ。
ユリエールの頭上に浮かんでいたキャラクターマーカーが、その色を緑からオレンジへと瞬時に変える。

これは復讐でもあるのだよ――。

彼女の動機は紛れもなく復讐であった。
組織は≪攻略組≫によって散らされ、≪タイタンズ・ハンド≫という兄弟ギルドすらも討たれた。
そして……俺たちに生きていてもらうと困る、そう叫ぶ。
キバオウがすでに≪軍≫から身を引いているという事実を知る俺たちを――。

「ラフコフの資金源だったのね……過剰な≪軍≫の徴税というのは――」
アスナの言葉には静かに燻る怒りを感じた。
「――回廊結晶」
……そういうことか。
それならば彼女の全てに合点がいく。
高価である回廊結晶を用いた、アジトと目的地の往復……これならば彼らが身を潜められた事実も納得出来る。
そしてキバオウの失脚を公表せず、存在しない彼を隠れ蓑として引き続き徴収の体制を取る。
だからこそその弊害となるのだ……事実を知る、俺やアスナが――。

「もういいわ……さっさと終わらせましょう」
ユリエールは顎で周囲の連中に指示を出すと……三十名近いそれが、俺たちと保っていたその距離を詰め始めた。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/26(水) 06:45:49.73 ID:hswAfMZD0
「ま、待ってくれ!――俺は死にたくない!」
俺は刃を向ける集団を余所に、ユリエールに哀願した。

「アハッ――」
強張っていたユリエールの表情は瞬時に恍惚な笑みへと変わるのが分かった。
「殺すなら……殺すならこいつにしてくれ!」
「なっ――」
俺に指を向けられたアスナは目を丸くし、驚愕の声を上げる。

「この期に及んで何を言い出すのよ!」
「う、う、うるさい!第一俺は、お前みたいな女が大嫌いだったんだよ!」
「言ったわね!――このロクデナシ!」
アスナの放つ大振りの拳が、俺の左頬を強烈に打った。
素殴りのはずが……俺の体力ゲージを四分の一程削るのが分かった。
何という一撃であろうか。

「な、何しやがる、この暴力女!――殺してやる!俺の手で殺してやる!」
吹き飛ばされた俺は、投げ捨てた自分の一本……≪エリュシデータ≫を手に取ると、震える手でメニューウインドウを開き、それを装備し直した。
「あんたに殺されるくらいならね――、私の手で黙らせてやるわよ!」
「だ、黙れ!――この雌豚!」
「キーッ!」

怒り心頭なアスナのレイピアが俺に向けられ――。
純白の光を撒き散らしながら、そのソードスキルのエフェクトが俺に襲い掛かる。

これは確か……上位剣技である八連続攻撃、≪スター・スプラッシュ≫――。

周囲から聞こえる軽々しい野次とは裏腹に、必死にその連撃を避けようとするものの……確実に俺の息の根を止めようと剣先は迫る。
「ぐっ――!」
体ごと大きく弾かれた俺はシンカーの真横の壁面に、思い切り体を打ちつけた。
六連撃目、まともに食らっていればクリーンヒットしていただろう、バックステップでその衝撃を緩和させるが、俺の体力ゲージを大きく削った。
再び剣を構えようと身を起こすが――。

「つまらない男――」
吐き捨てるようにアスナはそう言うと、俺に目掛けて突っ込んできた。
「ほらほら坊や、のんびりしてると、あの怖い小娘に串刺しにされるよ」
「う、うるさい!」

しかしアスナは恐ろしい勢いでこちらに迫ってくる。
その形相たるや、まさに鬼のそれであった。
「はぁああああッ――!」
アスナは大きく跳ぶと蹴りの体制を取る。
駄目だ――、避けきれない――。

「ぐえっ」
アスナのなぎ払いのような回し蹴りは、思い切り獲物にクリーンヒットした。
俺ではない――。
シンカーに刃を向けていた男に、である。
吹き飛ばされたその男は……轟音と共に無理な体勢で柱に打ち付けられると、地面に落ちピクリとも動かなくなった。

俺はユリエールの背後に回ると、手にした≪エリュシデータ≫の剣先を彼女の首元に添える。

「……形勢逆転だな」

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/27(木) 18:12:35.73 ID:aIfKDdPu0
キバオウは自分さえよければあとはどうでもいいって言う素晴らしいネタキャラだな。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/28(金) 06:23:14.43 ID:5xl27dzq0
「あんたたち、構うことはないよ……アタシごとやりな――」
ユリエールの口から出た言葉は意外だった。
どうせハッタリだ――。
俺はユリエールを拘束する腕に力を入れ、首筋と剣先の距離を縮め連中を威圧する。

しかし……≪ラフコフ≫の残党はそれでも距離を詰めてくる――。

「アンタ、ハッタリだと思っただろう――?」
「――何?」

ユリエールの声には……動揺も、俺を牽制する力強さも感じられなかった。
自分が死んでも、また新たなリーダーが生まれるだけのこと。
何としても守らなければならないのは長としての使命ではなく、≪ギルド≫としての面子。
≪ラフィン・コフィン≫はそうして生き長らえてきた……滅びを迎えようとも何度でも立ちはだかる、恐怖の象徴として――。

背筋が凍る思いだった。
こちらに有利になるよう一芝居打ったつもりだったが、形勢は……何も変わっていないどころか、ますます不利になっていた。
彼女の背中から俺に伝わる鼓動の変化を探ろうとも思ったが、所詮はポリゴンに過ぎないプレイヤーの体からは、それを感じ取ることが出来なかった。
しかし、彼女の語る口調に偽りの色は見えなかった。

「ユリエール……」
声を漏らしたのはシンカーだった。
目だけで彼を追うと……ユリエールを見つめるその表情には悲壮な色が伺えた。
ユリエールはその声に答えることはなかった。
ただ……彼女の首を絞める俺の左腕を、ぽつ、ぽつと濡らすものがあった。
この二人は――。

「キリト君――」
アスナは覚悟を決めたのか、一歩前に踏み出した。
俺は――。
覚悟は定まっていなかった。
この場を収める手立てをあれやこれや巡らせてみるものの……明確な解が得られることはなく、決断の時を迫らせる。
「やるしか……ないのか――」

その時だった。

入り口で歩哨に立っていた二人の男が――。
断末魔を上げることなく……薄青い光を撒き散らすように飛散した。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/28(金) 06:26:40.41 ID:5xl27dzq0
圧倒的だった……。
俺たちの前に突如として現れたオレンジマーカーの男は、一人、また一人と……≪ラフコフ≫のメンバーを飛散させていった。
長身で、俺と同じような黒いコートに身を包んだ奴が繰り出すあれは――。

≪二刀流≫――。
彼の両手にはそれぞれ一本づつ、片手剣が握られていた。
右手には漆黒の刃、左手には血のように紅い刃を……。
エクストラスキルである≪二刀流≫は、現在俺だけが習得している≪ユニークスキル≫だと思っていたが……。
奴の手から繰り出される二本の刃は、次々と≪ラフコフ≫のメンバーを仕留めていく。
奴が手に掛けているのはオレンジマーカー……犯罪行為を犯した者だった。

「ナイトハルトめ――」
猛威を振るうあのプレイヤーの名前だろうか、拘束しているユリエールが口惜しそうに呟いた。
それにハッとしたかのようにアスナがユリエールに目をやる。

俺もアスナも、目の前の惨劇に言葉もでなかった。

俺があれだけ苦労したにも関わらず、碌に使いこなすことの適わなかった≪二刀流≫を、奴は舞いでも披露するかのように華麗に振り回していた。
左手で受け、右手で追撃を……時にはその逆を。
奴はソードスキルを使っていない――。
繰り出される斬撃からはソードスキル特有のエフェクトが見られない。
アスナがグリームアイズ戦で見せた≪バーサーク≫素殴りのように――。

「あいつも……≪バーサーク≫使い――」
あまりにも速い動きの中――、奴の目に、あの時のアスナと同じ赤い残光が尾を引くのが……僅かではあるが確かに確認出来た。
しかし様子だけは違っていた。
牙を剥くことも雄たけびを散らすこともなく、無造作に、淡々と、刃を振り下ろすことが当然でもあるかのような冷徹ささえ見て取れる。

呆気に取られ、力の抜けた俺の腕からユリエールが飛び出した。
「ユリエール!」
叫んだのは俺ではなかった。
「――死ねぇ!」

ユリエールは駆けると共に細剣を抜き……無防備なナイトハルトの背中に突撃する。
しかし――。
その方向から来ることを予測していたかのように、奴はユリエールに目を向けることなく、真紅の刃で細剣を弾き――。

息を呑んだ。
あまりにも華麗な……演舞を見ているかのようだった。
まるで二人の息が合うかのように、奴の右手から繰り出される漆黒の刃が下から降り抜く形でユリエールを裂き――。
後を追うように、左手からの真紅の刃が……上から斜めに降り抜かれた。

「ユリエール!」
拘束されているシンカーは手を伸ばすことすらも出来ないまま――。
ユリエールの体は、わずか二回の斬撃で、耳をつんざく効果音と共に青い欠片となり砕け散った。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/28(金) 18:28:16.88 ID:NC/MmCd40
>>327
マを付けるとマキバオーになるな(´・ω・`)

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/29(土) 22:44:21.09 ID:MHtgQdgX0
キバオウの頭の形どっかで見たことあると思ったらモヤットボールにそっくりだ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/30(日) 07:22:19.76 ID:V3yO9g400
なんでや!

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/30(日) 13:35:37.41 ID:Rj+WUKua0
本名、木場道央でどうよ?

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/01(月) 17:39:46.96 ID:yqxSoVGGO
キバオウまじで再登場無しなのか?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/01(月) 17:54:41.31 ID:c/IPrRRs0
作者がキバオウの顛末を書きたいような事は言ってたけど
アニメの登場はもう無理でしょう。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/02(火) 00:26:45.80 ID:BOEEqknD0
>>340
スッキリした

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/02(火) 22:47:49.56 ID:5Q8W5I0e0
12話はキバラーにとってはモヤっとする展開だったね

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/04(木) 06:51:37.63 ID:/q8aQuTRO
ディアベルはーーーーーん!!

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/07(日) 11:46:56.63 ID:qfAH7ZMN0
なんでや!
なんで、あの女、毒消し草も無しにマヒから回復した挙句ヒースクリフさんの斬撃に割りこむほど速いねん?!
黒い男もおかしいわ!
なんで、HPゼロから復活できんねん?!
ビーターや!

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/09(火) 00:00:29.35 ID:Rvo1ohAYO
キバオウ帰れたね

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/09(火) 17:32:56.03 ID:yHovQoKCO
キバオウあんた最高だったよ。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/09(火) 18:50:58.74 ID:xDRH72ba0
追放されて再起を図っている間にゲームクリアされちゃうこの惨めさ

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/11(木) 15:54:43.54 ID:+PRxx/U90
SAOP読め
おそらく今後10年ぐらいはキーキャラだ

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/11(木) 15:59:41.74 ID:7Pdg9ejU0
アニメと違いまだキレイ

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/12(金) 01:21:57.10 ID:VBKyAIK/O
SAOPのキバオウさんはツンデレだったな
キリトさんをビーター呼ばわりしたのもキバオウさんじゃなくてリンドとかいう奴だったし
その場面の挿し絵でもアニメとは違ってキリトさんを心配してる風な感じだったし何かそのうち和解して仲間になりそうな雰囲気
まあどうせ絶対仲間にはならないんだろうけど……

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/12(金) 22:22:32.50 ID:Rl+T58eBO
キバオウさん!SAO編最終回での御活躍期待してます!!

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/13(土) 08:52:05.88 ID:bZh+rEdg0
>>340
ドドリアヘッド?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/13(土) 14:39:28.34 ID:wPC/O1EB0
派閥…この場合は勢力争いといった方がいいのか、
それ前にはビーターを糾弾することすら棚上げなんだな。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/13(土) 21:31:55.94 ID:XoFBSw5dO
今夜はキバオウさんの最後の勇姿が拝めるぞ。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/14(日) 12:15:36.90 ID:P13/1jYS0
なんでやねん!
ワイも妖精のゲームに出ようおもて、二ヶ月間毎日耳引っ張ってとんがらせてスタンバイしとんのやで!!
なんで出番がないんや?!
おかしいわ!

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/14(日) 17:21:43.35 ID:EIeoXcI/0
わいが主人公のアニメまだ?

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/15(月) 19:46:53.94 ID:zOA/3U4RO
エギルっ出すぞ

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/16(火) 08:49:09.71 ID:MV1cL7e3O
うっディアベルはんッ

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/16(火) 09:31:07.84 ID:IfwMPATa0
わいきば!

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/16(火) 12:17:20.51 ID:g2cAkKB3O
キバオウが変態スゴーに誘拐された300人のうちの1人だったらいいのに。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/16(火) 18:02:03.99 ID:+XW2aJ7uO
ディアベルはん、ディアベルはん!生きとったんやな!

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/16(火) 19:25:13.57 ID:HENQgMvS0
このスレまだあったのかよwwwwwwwwwww

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/16(火) 19:39:24.90 ID:g2cAkKB3O
十年後にはキバオウ主演のアニメが放映されていることだろう。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/16(火) 20:27:23.43 ID:xgA0nqM90
クラインとエギルのスレが落ちて、これが生き残ってる不思議

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/16(火) 21:34:35.49 ID:g2cAkKB3O
キバオウさんのスレは俺が守り抜くぜ!ビータースレには負けない!!

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/17(水) 05:23:46.36 ID:8Z913TE0O
キバオウ!!キバオウ!!

371 :1/2:2012/10/17(水) 14:34:35.03 ID:rGCDo7Id0
『――立ちたまえ、キリト君!!』
「とっとと立たんかいこのクソビーターが!!」

 頭の中と外から同時に響いたその声は、雷鳴のように轟き、稲妻のように俺の意識界を切り裂いた。
 遠ざかっていた感覚が、一瞬で全て接続されたようだった。俺は目を大きく見開いた。
 ぼやけた視界にトゲ付きの茶色い鉄球のようなシルエットが映る 
「フム?進入禁止の設定ににしてあったはずだが…君はどこから……もしかして内部の…まさか」
「ご明察や。やっとみんなあのクソゲームから開放されて、ソースたっぷりのお好み焼きとたこ焼き死ぬほど食えると思うたのに、お前らに捕まって弄られとった300人がおったやろ。ワイはその一人や」
 忘れるはずがない。幾度と無く聞いたあの憎らしくも頼もしい響きの関西弁を。
「そこのクソビーターの娘とか名乗る妖精に話を聞いてなぁ…ワイ、泣く子とおかんにはかなわんのや」
 SAOにおいては誰知ることのない影の英雄―――キバオウが、そこにいた
「それで、君は武器も持たずにかけつけて来たと?脱走した囚人が、看守に対して何か出来るとでも思ったのかね?クックックッ」
 喉の奥からこらえ切れないといった笑いを漏らす須郷
「う……お……」
 喉の奥からしわがれた声が漏れた。
「お……おおぉ……」
 歯を食いしばり、瀕死の獣にも似た声で唸りながら、俺は右手を床に突き、肘を立てた。
 体を持ち上げようとすると、背中の中央を貫いた剣が固く、重く、圧し掛かってきた。
 ――こんな物の下で無様に這いつくばっているわけにはいかない。こんな、魂の無い攻撃に屈服するわけにはいかない。この男の、キバオウの剣はもっと重かった。もっと痛かった。
 須郷などという、剣士の誇りを持たない人間の剣に、倒されるわけにはいかない!
「うおお……オオォォォォ!!」
 一瞬の咆哮ののち、俺は全身全霊の力を込めて体を起こした。ざりっ、と嫌な音を立てて剣が床から離れ、俺の体から抜け落ちて転がった。
 ふらつきながら立ち上がった俺を、キバオウが引き上げるように支えた。
「おい、ビーター。まだ寝ぼけとるんやないやろうな」
「ああ…大丈夫だ。アンタの顔は寝覚めの気付けには丁度いい」
「ようやっとやっと調子が出てきたようやな」
 犬歯を覗かせてニヤリと笑ったキバオウと、挨拶代わりに固めた拳をゴツッと突き合わせた

372 :2/2:2012/10/17(水) 14:35:34.23 ID:rGCDo7Id0
 その様子を須郷はぽかんとした顔で見つめた。次いでアスナの体から手を離し、芝居じみた動作で肩を竦めながら首を振る。
「やれやれ、オブジェクトを固定したはずなのに、妙なバグが残っているなあ。開発部の無能どもときたら……」
 呟きながら俺達の前まで歩き、右拳を振り上げて俺の頬を張ろうとした。俺は左手を上げ、その拳を空中で掴んだ。
「お……?」
 訝しい顔をする須郷の目を見ながら、俺は口を開いた。脳の奥で響いた一連の言葉を、そのまま繰り返す。
「システムログイン。ID、ヒースクリフ」
 その途端、俺を包んでいた重力が消失した。
 次いでキバオウが紡ぐ。最も気高い思想の持ち主故に、最も早く命を落とした者の名前を
「システムログインや。ID、ディアベル=ハーン」
 死してなお、その魂でキリト達を導いてくれた漢の名を。途端、キバオウの体は蒼い鎧に包まれた
「な……なに!? なんなんだそのIDは!?」
 驚愕の表情を張り付けた顔面を左右から殴り込まれ、妖精王は吹き飛ぶような勢いで壁に叩きつけられた
「くぉるあこのヘッポコドッコイのコンコンチキのドテチンがぁ!」
 怒りを抑え切れないといった様子でキバオウがアスナをビシッと指差し須郷に啖呵を切る
「酒と女は自前で用意するもんや!ごっつぁんで何が楽しいねん!!」


373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/17(水) 20:10:38.06 ID:8Z913TE0O
続きだ!続きはどうした!

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/17(水) 20:25:17.24 ID:zUxpY7ar0
続きは劇場で

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/18(木) 03:55:35.67 ID:5L9A8zMA0
最後の行のセリフどっかで聞いたで兄弟!

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/18(木) 05:15:33.37 ID:bkdWk39gO
おもしろヘアーの人おはよう。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/18(木) 15:29:39.12 ID:YLnA3NDi0
キバオウのMADが楽しすぎる

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/18(木) 22:45:38.96 ID:phF8yREo0
キバ大根摩り下ろしたい

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/19(金) 05:19:59.59 ID:9GypmxARO
今日もキバオウさんのお陰で快便です。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 03:56:32.00 ID:82jaJtWq0
今回活躍したエギルさんのスレが落ちてて泣いた

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 04:11:34.44 ID:DENzTWFH0
このスレも逝くのか

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 09:05:21.74 ID:Xoj9lrCD0
男キャラのスレはわいとビーター野郎しか残ってないんや

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 14:45:22.26 ID:bG45wAjAO
副司令のスレは私が守ります。落ちるとか「あり得…無い…。」

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 20:16:39.07 ID:PvhgFB800
ナビゲーションピクシー キバオウ「なんでや!」

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 20:17:48.53 ID:IiT1uxcM0
頑張るんやで

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 20:30:55.22 ID:82jaJtWq0
Anotherの中尾スレですら落ちたんや!! あんじょうきばりや!!

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 20:50:27.80 ID:bgzXGlVtO
エギルさんの店でオフ会あってもキバオウさんは呼ばれなさそうだな

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 21:28:24.69 ID:Xoj9lrCD0
>>387
なんでや、最終話にでれる筈や

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 21:37:55.03 ID:KMQkcVrx0
そろそろキバオウ回来ないかな

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 23:01:39.79 ID:iC+nOqHx0
キバオウさんは今何してんの

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 23:17:34.31 ID:82jaJtWq0
死んだんじゃねーの

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 05:17:32.44 ID:iJIUZbp9O
キバオウならラーメン屋でバイトしてるよ。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 12:24:47.12 ID:bU9E7kSr0
>>391
なんでや!
キバオウはトラックの運ちゃんやってそうや

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 15:30:30.26 ID:LD2Vvc6I0
>>382
ニシダさんも残ってるだろ

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 01:13:39.01 ID:LhDjVIpf0
ねじり鉢巻でたこ焼き焼いてそう

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 03:36:57.76 ID:RtGiEFpu0
>>394
に言われるまでニシダのスレの存在に気が付かなかったwww

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 09:28:44.13 ID:EQjR3i7n0
屋台のおっちゃん

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 17:50:06.24 ID:bSvVcrcN0
キバオウさんだって一応SAOでレベル50くらいはあったよな多分
ならキバオウさんもAFOの世界にくりゃ十分チータークラスの強さになるんじゃないの!?

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 17:52:50.53 ID:ro2YGm9TO
>>398
PS低すぎてデスペナくらいまくってそう

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 21:58:30.17 ID:qWgSGcrv0
キバオウに彼女いるって本当?
事実なら相当ショッキングなんだが

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 22:52:02.82 ID:rPG7wnQK0
>>400
なんでや、なんでわいに彼女がおったらあかんのや

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 22:54:53.56 ID:j52x7/fk0
キバオウさんもともとはいい奴だったんですね

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 06:01:23.72 ID:flfd7ONVO
キバオウすれ死守

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 12:42:33.42 ID:/K3ehRX60
わいはたこ焼きややない

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 13:04:17.05 ID:Hg5YpC9T0
キバオウさんは詐称ナマポ

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 13:07:21.26 ID:QylpdhL50
キバオウは25層ボス攻略までには攻略組のリーダー的存在に成れたっぽいよ

そっから転落していったわけだけど…

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 14:05:36.96 ID:BlHUnht/0
キバオウさん改心しないかな

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 00:41:33.54 ID:StwtV4Fu0
帰還後のキバオウさんってどうなってるんや?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 03:12:59.80 ID:3/59tHsu0
囚われの300人枠なのか、無事帰還なのか…。

どっちにしても人数が多いギルドの派閥争いで
シンカーを謀殺しようとしたわけだから顔を知っている人間の数は
尋常じゃないわけで表だって顔は出せないような気がする。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 05:19:28.44 ID:81I3p0WQO
あのヘアースタイルと軍での過激な行動が変態メガネの目に止まって300人枠に当選。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 05:26:49.47 ID:DUEA3OV/0
そんな枠あんのか ならキバオウは今頃閉じ込め・・・

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 12:58:13.88 ID:27Km1LkU0
キバオウなんか閉じ込めたっておいしくないよ
誰も助けに来ないし

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 15:04:25.03 ID:S7++UbZr0
>>412
ディアベルはん

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 18:12:52.58 ID:XuhOSaTYO
ルインコボルトセンチネル相手に一番危険な先鋒を務めるキバオウさんなんだからシンパも沢山いるはず

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 20:03:09.47 ID:81I3p0WQO
ルイン何とかてなんだ?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 20:04:11.60 ID:ibDtZKKP0
2話見てこい

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 21:15:27.03 ID:81I3p0WQO
なんだ、一層のフロアボスか。あの時キバオウさん先鋒だったんだ…。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 21:26:07.45 ID:27Km1LkU0
当時のやつら「んな昔のこと忘れたわ」

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 12:37:02.09 ID:6GNw8dlD0
最近いいキバオウMADがないなー

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 20:35:26.18 ID:t+fze0WKO
SAO関連スレでホモ・エロネタが無いのここだけだな。さすが漢キバオウさんスレだな。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 20:56:50.29 ID:w9AZMplI0
>>420
ディアベルはん・・・!

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 22:50:00.54 ID:/yUJjh130
>>420
キバオウさん・・・!

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 04:31:53.53 ID:XgIh3e870
>>421-422
なんでや!

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 05:15:45.71 ID:Kajc3Gcu0
今更だけどスレタイの元ネタってガンマ??

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 12:15:46.63 ID:Qw6AoEt30
>>420
俺の名前はエギルだ・・・!

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 21:14:00.61 ID:IFZ4BWFf0
>>420
俺ァクラインってんだ! よろしくな!

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 21:39:47.62 ID:KUEVBaaE0
チッ!このスレまだ生きてるのか

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 22:02:55.11 ID:Kajc3Gcu0
>>427
あったりまえや!!舐めとんか!!

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 22:08:11.14 ID:PY9CexSe0
>>420
だが負けたら君がケツに入るのだ

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 22:31:41.52 ID:jpS5QhS3O
ディアベルはーーーーーーーーん!

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:01:26.08 ID:IbYK4b/e0
2話でああいう登場させた訳だし、どうせならキバオウにももう少しドラマを与えてやればよかったのに

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:04:32.15 ID:G9JoEjCy0
ディアベルはんとの熱く切ない恋愛ドラマを

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:11:28.81 ID:WGhAY4R7O
「ククク、キバオウいい事を教えてやろう
貴様が友達だと思っていたディアベルだがな、奴もベータテスターなんだよ
ラストアタック報酬が欲しいがために無駄な特攻をした挙げ句に無様に散ったがな」

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:52:15.23 ID:jlqTby3J0
キバオウがALOにでるそうだな
期待

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 00:27:00.78 ID:ci8glugJ0
そんなことはない・・・!
ディアベルはんは、きっと嫌な予感がしとったんや・・・
せやから自分が最初に出ていったんや!
ディアベルはん・・・!

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 01:00:51.21 ID:zaBDZcsYO
>>432

キリトホモスレに帰れ!ここは、漢キバオウすれだぞ!

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 03:51:31.15 ID:vrCh3CH/0
>>435
泣いた

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 05:40:51.04 ID:zaBDZcsYO
キバオウさんがALOに出るってマジか?

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 06:17:02.42 ID:R5N87Fns0
ディアベルがキリト等の他の高レベルプレイヤーの協力を仰がなかったのは失策だけど、
キリトの言う定石通りにしていたら被害が増えてた可能性があるしな

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 07:03:59.99 ID:VNLDA3eg0
>>438
ホンマやで!!

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 07:34:49.00 ID:xbzbfJh2O
ヘルアンドヘブン

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 08:50:02.02 ID:zaBDZcsYO
>>440

ほんまか?

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 12:14:22.34 ID:zXHSsay/0
フ ,.:' : : : : :./     /              ≪_    丶
/´ ̄ ̄>l    /                 ` _....,.-─-.、
    . : : ;イ   /               _...-‐ ''"´ ̄´     \
   . :_; -ムr.<´/     /    _..-‐''"               ヽ
. : : チ:/λ;ハ _ _ -''" _ -‐''"´               lヽ.  ゙ .
_..イ/.イ: : :{. :У ヽ.___/_/                 、゙、 \ l
─|': : :. ̄: : ヽト、.: .:|:<// ,.' 〃≪          ,, '' ,イ. ,ハ !  \、
 ̄`゙>: : : : ハ: :.ゝ‐ァ'<--// ゝ─`  ミ彡/   ,   /:,' / ! ヾ、  ヽ
. . .: : : : _: -─:\|\___/ ...::,::-'"  .../  ..../  /:/ ハ. |
_: -‐:''": _: -:─:''"\: : / ..: :/   ..::;:ィ:;:-''"7´ ,ィチ;ィ:./ |.l
‐''"´─-:::_ : : : : : fニY .:-'"  . : ;x<|/   /  /ィ寸チ:/  リ
     /: : : : : :八,リ/ . : : ;ィT之斥≧xz.λ { じ レ'     ,r 、
 _...-:'": : : : : : : : :/   :.,-'"  ` ゞニ'’     ヽ八 !      ノ,へヽ
: : : : : : : : : : : :./  _∠゙ー、               /人__r‐r‐ァ':ノ   ヾ、
: : : : : : : : : :/ _,ィ圭ゝ≧ゝヽ、          ,.イイ-V 〃´)'´     ヽ
::_: :- ''"´/,.ィ圭圭圭圭ゝミミ'≧:......   ,rァ/"´Yハァv':;ヘ´       ",
´   /ィ三三三三三三三≫三ニニ≧ー-´    ノ  ,'::,' \、   r、fL /!
 __/'三三三三三三三≫"  ヾ="´       / _..-| .: ..  ヾ、___,ハr'ー‐、|_
./三三三三三三三フ"      `ー、     { /  ゙、: : :...   ムへ     ≫-..._
三三三三三三三7´:          ゙ r<二}    \: : : :. ...-': : : :フ<_ "ー _ ≫-..._
ニ三三三三三三7 : :              | |. . . `ー-..__..-''"ハ: : : : : ,::-''    ` <_ "ー ._ ≫-
三三三三三三7|: : :           | |: : : : : : : : : : :/  `ー''"          `<  "ー


「誰得なのよ、このスレ!?キリト君を出しなさいよ!!」

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 17:28:16.56 ID:zMzA2ksOO
キバオウ軍団が世界樹攻略に乗り出すのか!?

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 18:58:59.03 ID:aXNRtMa00
キバオウさんに似合う種族ってなんだろう
性格的にもサラマンダー辺りが王道かな

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 06:04:58.48 ID:6R+7hC0fO
キバオウンコ

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 14:22:10.73 ID:SXn/6J3k0
キバオウスレしぶといなw

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 19:01:22.61 ID:BjYqjBZ40
PSP版76層スタートじゃ死亡キャラ生存ルートできないじゃんね
キバオウさんとディアベルはんのタッグで進みたかったんだが

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 19:58:19.13 ID:MkpK3KgF0

               /\
             //\ヽ_
            //   ヽヽ ヽ
       r=ニニアヌ'⌒ヾ ̄`ヽl、|;r‐┴─-、
       | | /  イ   :.l    ヽ ̄ ̄フ /
       Y/  / !   :.:|  、 ヽヽ //
         !  /⌒ |   : :l⌒、 l .:|:. |/:\
      /l /   ヽ  :.,'   `! .:!:. !:.:l:.:.:. \     ______________
     r=テリ|! ○  \/ ○ ,| .:イY、ヽー、:. l  /
     \ > | r────-、 ( !ハУ=─ァ ノ/  |  キバオウさん、キバオウさん
       ヽ人 |       /<ヽ/|__..-'" '´  <  おめーのでばん
       / }>.、..____/_ゝ l-<ヽ          |  もうねぇですwww
        |/ |:_:7 l=l ̄l=| | :|:.:l!ノ}         \
            〉リT!`ヾ' ̄==!ノにノ\           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        t个{|≧≡==≦人  ,イア
        ゝト、:::::`ゝ-'⌒ー"::::::ゝ≧フ
         ヽヽ::::Уヾ、:::::::::://
           ヽイ==| \_=≦チ
            ゞ"´   ヽ::/
                  `

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 21:41:16.71 ID:rraccqfT0
妖精さんは使い易いな。って、ALO仕様か

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 22:56:43.06 ID:smNPTo0Y0
キバオウそろそろしね

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 22:59:05.93 ID:udJhcwIRO
ワイは死ねんのや…!
腐れビーターのせいで死んでいったディアベルはんのためにも

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 05:29:26.13 ID:iqci6UpPO
キリト、キバオウ、ニシダの三名生存。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 17:54:52.31 ID:uMyDsEeI0
>>452
そのディアベルも腐れビーターですぜ

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 20:24:31.63 ID:iqci6UpPO
>>454

駄目!!その話しちゃダメーッ!!

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 20:41:11.97 ID:hMshHfjN0
ALOで世界樹の鳥籠を撮影した一団を率いていたのはキバオウさん説
「馬鹿だけど頭良い」イメージがあるし

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 21:23:52.03 ID:or9NghJj0
人情家のわりにずっこい

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 21:59:44.21 ID:iqci6UpPO
キバオウ軍団格好いい。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 23:05:16.10 ID:N+YPHxInO
>>454
なんやて!?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 12:19:40.95 ID:jskNXD92O
保守

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 19:45:11.39 ID:UqRmfHtY0
キバオウさんのホームタウンは何層のどこだったか公開してほしい

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 23:04:44.96 ID:x9UXAy2G0
わいは命を狙われていたから一ヶ所に留まらずいつも野宿してたんや

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 00:38:00.42 ID:ktVsOYjJ0
野宿とかよくPKに会いませんでしたね
それとも実は結構強いのでしょうか

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 17:05:09.00 ID:chBXSWpe0
少なくとも雑魚ではないだろう。ボス討伐にも参加してたし
最終的にはあれだったものの軍の幹部に納まるにもある程度の実力か求心力が居る筈

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 18:21:17.86 ID:guM30GhSO
部下がグリムアイズの居る層まで登って行けるんだからそこそこ強いだろ。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 02:38:47.07 ID:DLFzX7b90
まああの部下の隊長と実力的には変わらないだろうけど

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 05:22:27.89 ID:2qPCQsDEO
最終回颯爽と登場するキバオウさんを見るのだけが楽しみ。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:44:12.69 ID:o3FerElk0
ゲーム版第二弾が有ったらキバオウさん操作でSAOプレイしたい
ディアベルはんに無茶させずに生存させてコンビで最終ボスを倒そう

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 00:36:15.68 ID:E+wemSnQ0
>>464
2話で広場の階段を飛ぶように降りてきた辺り
キバオウさんは敏捷特化型か?

>>468
ディアベルはん参報にも向いてそうだしな
二人居れば軍を最後まで率いる事が出来たかも

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 12:24:10.01 ID:eVPc6f4uO
あの頼りない司令よりディアベルの方がリーダーに向いてる。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 12:17:58.09 ID:+vmzk3puO
このスレにもビーターが居るはずや!

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 18:17:43.07 ID:rs105ERO0
ビーターって呼び名正直流行りそうに思えないんですが
結局ブラッキー先生以外居なかったみたいですし

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 06:01:20.16 ID:1LIaP76tO
βテスト経験者て千人くらい居たんだろ。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 20:31:07.60 ID:ol8X8bRP0
ビーターって言葉もキリトのハッタリだし実際に居たのかどうか
チーターやベーターのみで構成されたギルドも有ったかもしれないけど

>>470
ディアベルが居ればキバオウももっと軍内で友好的な関係を築けた気がする
キバオウ、ディアベル、コーバッツ、シンカー、ユリエールのパーティとか見てみたい

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 07:54:51.30 ID:8dZPz0HNO
そうやな!

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 08:19:39.04 ID:/ie3Zo1Q0
せやろか?

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 13:58:56.55 ID:ptrqlFtYO
落ちぶれたキバオウがニシダさんと釣りをするシーンが見たい。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 18:20:09.40 ID:F2x5cmvh0
実はキリアス夫妻のヌシ釣りのギャラリー内に居たキバオウさん

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 18:34:22.59 ID:FdfX41vNO
「キバオウさんまだです。キバオウさんはこんなとこで消えるような人ではないはずです」

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 05:52:37.48 ID:R7sHZORj0
たとえプログラム関連の知識にどんだけ詳しいとしても、自身がログアウトして外部から干渉できないあの状況じゃチートなんてできないんじゃないかなあ>チーター

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 08:32:52.94 ID:BYHr2PDU0
さよか

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 21:22:25.52 ID:ggxBS3VUO
俺、リストラされそうだけどキバオウさんのことを思うと勇気が湧いて来ます。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 23:17:44.34 ID:P8KNrt9D0
           r‐- 、
       ,.-―'' 、   ハ    _
    r‐ r'    ・  ヽ  リ   / l
    { f,_,.ノ    | / / /
 ゝ`' 、 ゙' t      ,/"/ /_
   > 、,`' ゙ゝ ,...--      '__ ノ  無敵のキバオウさまがALOに降臨や
   ゝ__.... /,   、 `゙t_____ノ
     ⊂( T    !/ ,/
      7    `Y
   ((  f       t
      l       ヽ ))
      !       ハ      _____
      j   ,.--.,   |===="´ ̄ ̄''こ_、
      /´ ン´  `t_ ヽ,       ィ'".: . .:;ハ
     `´       `´       メ : :. ::;メ
                     "´ヨ,,,彡´

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 18:39:59.09 ID:OzbmiubI0
ALOならキバオウさんはスプリガン選んでトレジャーハントで一儲け狙いそう

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 18:52:15.68 ID:2eHBqJvqO
>>478

録画必死に見返してるが何処にキバオウさん居るんだよ?

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 19:34:30.05 ID:kqxTPDKV0
ベータ参加者1000人

内、本サービス移行者はベータ終了時のキリトの感覚としては約800人

ゲーム開始1ヶ月以内に死んだ2000人の内
ベータ出身者と思われる人はアルゴ調べで約300人

最終的には約4000人くらい亡くなったわけで、開始1ヶ月と同じ比率で亡くなっていたら
クリアまで生き残ったベータ出身者は100〜200人未満だろうね。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 18:22:29.09 ID:Qsj6WRj40
キバオウさんは軍の兜を真面目にかぶってたのだろうか
シンカーさんやユリエールさんを見るに幹部クラスはつける義務は無さそうだが

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 22:22:18.41 ID:s1F1G/L1O
>>487
モヤっとしてるから被れないよ

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 03:55:22.51 ID:4eQEYvor0
そろそろ逝くか

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 19:04:28.72 ID:2PrwUgwG0
SAOPの裏主人公はキバオウさん
軍で権力を得ちゃうまではシンカーさんとも親友で
ユリエールさんに憧れたりしてそう

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 00:36:39.72 ID:2CZ6zlcx0
>>488
キバオウ専用兜が作られているのかもしれん

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 02:13:04.31 ID:N6JB0BGL0
キバオウの兜はヘッド一体型だろ

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 11:56:17.25 ID:xNpsOmgs0
キバオウさん専属の職人が居るのか…
密かにキバオウさんを慕ってる美少女だと萌える

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 21:24:53.20 ID:7UPWBM/ei
俺、生まれ変わったらキバオウさんに成るんだ。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 23:58:48.13 ID:EJivbgKu0
なんでや!

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 18:48:24.94 ID:7l9MVPWl0
グリームアイズ戦後〜

キバオウ 「おう、何発ブチ込んだんや?」
キリト   「へい、≪スターバースト・ストリーム≫、十六連撃です」
キバオウ 「一発でしとめんかい――」
キリト   「すんまへん」

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 23:18:55.74 ID:gItFG5l/0
>>496
コーバッツさんを失った直後にビーターと漫才するのは想像できない

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 00:21:12.88 ID:IE21axFuO
コーバッツ死亡の報告聞いて怒り狂ってただろうな

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 19:32:10.72 ID:xG3Cp2QV0
あの無駄な強行軍もキバオウの方針なのかね
結果として自分の首を絞めた訳だけど

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 06:01:56.19 ID:MYd0+bIzi
あれはコバの趣味だな。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 19:48:51.61 ID:+Ab1KahBO
>>499
シンカーの副官が下からの突き上げだって言ってた

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/28(水) 23:44:04.92 ID:HvTBIzYz0
25層の顛末からしてもしかするとシンカーを諮ったのもキバオウの意志とは無関係な可能性が

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/29(木) 01:27:07.35 ID:RLJ5OCGx0
わい、キバオウは命を狙われとる。
なぜ、誰に、命を狙われとるかは分からん。
ただひとつ判る事は、≪アインクラッド解放軍≫の利害関係があるちゅうこっちゃ。
ユリエールは首謀者の一人。
他にも名を馳せた奴が4〜5人以上。白い十字架マークらの奴らも関わっとる。

第一層地下迷宮は≪笑う棺桶≫のアジト。
徴収した物資の保管先もここや。
証拠となるマッピングデータやスクリーンショットは奪われてしもうた。

どうしてこんなことになったのか、わいには分からん。
これをおまはんが読んだなら、その時、わいは姿を消しとるやろう。
…実体があるか、ないかの違いはあるやろうが。
これを読んだおまはん。真相を暴こうなんてせんでくれ。連中の同行にだけ注意してくれ。
一日も早くゲームクリアを目指すんや。それだけがわいの望みや。

                                    キバオウ

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/30(金) 00:09:36.80 ID:Xp/3NYiJ0
>>503
ユリエール可愛いまで読んだ

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/30(金) 18:10:31.02 ID:cCXss6R0i
エリエール?ティッシュ?

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/01(土) 20:58:19.10 ID:Vnj3jVxKi
今夜遂に妖精キバオウとうじょうか?

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/04(火) 18:50:01.43 ID:BnQ2VdVmO
クラインとキバオウとハゲとMOREDEBANちゃんを出して

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/04(火) 21:52:11.42 ID:duZCxRJZi
最後の奴が誰か分からない。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/05(水) 08:26:02.12 ID:XTVJq281i
キバオウさんおはようございます。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/06(木) 17:33:38.67 ID:xXoqGMM1i
キバオウさんあんたのこと憶えてるのもう俺だけになっちまったよ....。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/09(日) 23:32:17.43 ID:9T5DO1G00
コンチェルトがくればまたキバオウさんの時代が来るさ
SAOから生還出来たかは先に知りたいが

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 09:05:30.62 ID:DcKcAJK70
FF3のゴブリンがキバオウさんにしか見えない

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 18:15:33.60 ID:YjrTQWpt0
なんや、あのBTOOOM!の平っちゅうおっさんとは他人の気がせえへんのや

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/14(金) 17:31:05.44 ID:DaeRI3J7i
そろそろ保守せなあかん。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/18(火) 20:03:00.91 ID:N0p3oWlp0
しね

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/20(木) 05:21:23.91 ID:LzLDFlrji
保守

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/22(土) 23:20:45.24 ID:2YvEfwkei
最終回保守

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/22(土) 23:46:35.84 ID:+CBMyqKbO
結局ここまで生き残ったなw

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 00:07:03.62 ID:GefmRDaQ0
放送終わったか

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 01:32:05.05 ID:h3/Fc+4e0
最終回まで生き残るとはwwwww

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 02:43:10.50 ID:mD37aw2b0
キバオウさんでなかったね

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 04:58:48.54 ID:Gk+AavcB0
シンカーさんは出番あったのに

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 06:40:40.54 ID:CsIbmZup0
シンカーさん放置の件もあったし生存しててもキリトとの仲は悪いままなんだろうな

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 07:12:04.10 ID:UPBPQNBC0
オフ会にキバオウさんがいなかった
なんでや!

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 07:22:58.26 ID:JcSnlM880
キバオウよりも影の薄かった奴が2,3人いたっちゅーのはどーゆーこっちゃあああああああああ

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 09:04:14.93 ID:UwJtTg4u0
このスレ最初から目を通し直すかな
よく最後まで持ちこたえたもんだよw

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 12:09:26.27 ID:mD37aw2b0
たぶんキバオウさんは関西だからこれなかったんだよね。呼ばれてないんじゃなくて

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 12:11:08.13 ID:4gvY9Pqe0
軍の犬なんて呼ぶ必要ない

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/23(日) 18:16:03.54 ID:gQaDpg3Gi
キバオウさんは飼い主の側だぞ!

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 06:33:50.34 ID:BGZ3mA6li
取り敢えず保守

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 15:11:09.58 ID:5U+gmCYO0
もう休め

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 15:54:18.19 ID:xhhnE26X0
保守レスはローカルルールで一応禁止になってる

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 16:09:49.01 ID:/IvwvEbsO
最終回キバオウさんにも羽が生えててたな

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 19:01:58.09 ID:rXlgkvog0
ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=32349635

躍進が止まらない

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 22:04:43.18 ID:BGZ3mA6li
この貴重なスレを保守することが我ら軍の務め。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 22:07:44.27 ID:wmg6XBre0
せやせや

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 22:14:50.32 ID:bGFsfFpjO
>>533
エンジェー エンジェー エンジェー アー
時に埋もれた記憶の彼方
そうさキバオウは天使だった
ギルド作って入手コルを撒き散らして このゲームから悲しみ消したかった
ねぇ 広いブルースカイ見上げていると 勇気が湧かないか
今でも

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 13:53:50.44 ID:nn952W6f0
最終回に出るだろうと思って待ってたのにこないだと・・・

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/27(木) 12:22:18.31 ID:ewHkRqbWi
エンディングにすら出て来なかったな。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/27(木) 22:06:03.13 ID:Bxvk3osR0
リーファもシノのんも出るのにキバオウさんはPSP版に出れないのだろうか

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/29(土) 00:24:29.35 ID:PJ0gDHFS0
キバオウのAA無くね?

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/29(土) 00:26:24.86 ID:i1Omanjp0
あるで!

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/29(土) 03:48:32.07 ID:NplQDqKJ0
探せ! この世の全てをそこに置いてきた!

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/29(土) 04:58:09.99 ID:Fnke3Mwp0
なんでや!探せて≪この世の全て≫にわいは含まれてないんや!
オフ会にも呼ばれへんしなんでわいだけいっつもいっつも仲間はずれにするんや!

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/29(土) 10:58:50.26 ID:DUrKwPC7O
エンドカードですらはぶられたキバオウさんw

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/29(土) 21:35:04.96 ID:35XoCfEF0
ネカマカップルでさえ出たのになw

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/31(月) 11:11:10.19 ID:zxiWAU8U0
キバオウさんは初詣行くんですかね
軍メンバーの生き残りで親しい人と

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/02(水) 01:01:31.89 ID:1gdTd17ci
昨日キバオウさん見たよ。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/03(木) 09:43:33.20 ID:L2E8UXF60
しねキバオウ

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/03(木) 12:04:11.00 ID:CdgUA71f0
なんでや!

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/04(金) 15:03:14.97 ID:KEmUXqrz0
SAOP2巻楽しみ
後一年は掛かるだろうけど

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/05(土) 18:31:56.44 ID:70tIgTn10
出番少なすぎだろ
後半とかもうこいつ完全に忘れてたわ

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/06(日) 15:35:00.22 ID:Ikzp4w0Y0
まあ出てきたとしても更に屑にされるだけだし
なんせ出番なくても屑にされたからなキバオウさんは
ビーターのキリトさんが2刀でうおーしたらモテモテで誰もかなわない設定なんだから
しょうがない

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/06(日) 16:02:30.49 ID:KavUILup0
作中だけで考えたら完全に自業自得なんだけど、
キリトさんの敵だったばかりに…って思ってしまうのはあるな。2期にあたる所でも

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/07(月) 06:00:35.17 ID:VJ+dZ5C0i
外伝はよ書いて欲しい。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/11(金) 10:33:54.52 ID:oUetRi/T0
攻略始まれば出てくるかと

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/13(日) 16:17:48.16 ID:I2M7ZfGD0
せやな

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/15(火) 04:52:18.26 ID:FJh0ghA80
もったいないな
このキャラをうまく生かしきれなかったのが

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/15(火) 16:51:02.77 ID:kDt56JfO0
ああ飢罵凹ね

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/16(水) 15:33:17.65 ID:G8Ull00x0
軽い

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/18(金) 00:40:41.36 ID:YkAosdzk0
ダサい

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/18(金) 04:46:22.54 ID:Eit0PTxc0
EDに出なかったね…(´・ω・‘)

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/18(金) 16:37:39.30 ID:iwP8mpnG0
このスレまだあったのか

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/19(土) 23:53:09.40 ID:jNXEgWBs0
キ、キバオウ?…あ、ああ、あいつね え?忘れてないって。髪がピンクのやつね え、違う?(挙動不審)

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/20(日) 03:31:20.60 ID:CKx3KlMJi
馬鹿だなぁ、キバオウて言ったらアレだろ?黒いでっかい馬に乗ったマッチョなあいつだよ。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/21(月) 23:31:38.01 ID:JNA2yOc/0
ばっ、そいつは世紀末覇者の人だよ

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/22(火) 10:58:34.87 ID:DAHM0nD50
彼もキバオウ、我もキバオウ

意味
彼も私もキバオウである。同じキバオウなら、他のキバオウにできることが自分にできないことはない。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/22(火) 16:46:27.90 ID:ouPv/pXu0
キバオウって本名なんていうんだろう

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/22(火) 17:06:19.68 ID:iBsK2W8z0
石垣 雅也

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/23(水) 02:27:06.33 ID:z48A/efp0
キバオウも木から落ちる

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/24(木) 02:28:36.16 ID:M4T4a5Pc0
ふふ

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/26(土) 13:46:05.71 ID:zMKNxPII0
キバオウさんの髪を黒く染めてあげたい

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/26(土) 14:10:32.04 ID:GIFWUbN2O
グラップラー牙刃王

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/26(土) 20:14:52.09 ID:yV1aUKqc0
dasai

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/28(月) 12:10:04.14 ID:AsDmsvzKi
キバオウさん久しぶり!

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/01(金) 01:48:42.58 ID:3HETiH0z0
マキバオウ

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/04(月) 13:19:47.83 ID:3c+pfIPGT
キバオウ

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/05(火) 04:13:42.46 ID:cMJ76R970
ユイが落ちたか

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/05(火) 04:54:50.99 ID:qHvJcPuy0
SAOってキバオウが一番振り回されてる感じがしたな、人間にもゲームにも
出番はアニメの第二話だけだったが活き活きしてた
他のキャラクターはレールの上に乗せられてRPしてるようにしか見えん

キバオウという存在はもっと知らしめなければならない
だからこのスレは完走させる
例え俺一人であろうとも

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/05(火) 14:09:32.76 ID:ayPsI08M0
何故ここが

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/06(水) 21:54:05.98 ID:ucEDtZxO0
一人自演なのか

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 00:26:57.55 ID:WWmYTZKE0
キバオウ復活

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 03:08:21.11 ID:4R/tkyab0
黒白のコンチェルト最新話に俺たちのキバオウさん来たで!!
http://wordgear.x0.com/novel/

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 04:36:42.85 ID:VcnGbgKm0
>>583
もうさすがに読む気しねーわw

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 08:11:19.42 ID:kqmCQsWLi
ニシダさんのスレが!

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 09:12:35.42 ID:f3L82DiV0
ニシダさんの霊圧が消えた!

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 14:42:43.19 ID:9bUWZlIP0
勝者キバオウ

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 17:51:16.98 ID:H/mho7niO
なんでや!なんでニシダさんを見捨てたんや!
あんたらはしっとったはずや!
レスがつかないスレの末路を!
知ってて見捨てたんや!
ニシダさんのスレを落としたのはあんたらや!

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 17:52:43.64 ID:R35VVqCg0
このスレもそろそろ落ちていいよ

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 20:36:33.88 ID:kqmCQsWLi
ニシダさんの無念はこのスレで晴らす。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/07(木) 21:17:20.89 ID:vcF8383T0
ニシダさん単独スレ有ったんだ…と思った俺にわか

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/08(金) 06:12:10.92 ID:9D7bmBF9i
ニシダ軍団万歳!

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/08(金) 06:31:05.62 ID:3MS5voiZ0
.      _,. -‐====‐- 、
.     ,.イ彡ニ三三ミミミヾ\
    /7>ァァゞ''"´´````゙ヾミミ、
.  ,'///f             ',ミ
  jj/,イイ            }j
  fく彡´  ,,.-―=j  ,.‐==‐!{
  l {ミ{   -=ェテ'   !-ェテ' {{ もしも〜ピアノが〜弾けたなら〜♪
  ', ゞ!   ` ̄ ,.   '、 ̄´ }
   ゝ,゙     ,ノ゙ー-‐' ヽ イ!
    ,', ',   ゙ァ―…ーヘ' ,′
 __/:Λ ヽ、       〃
´::/::::::| \ `   、   _/イ、\
::/:::::::::',  `ヽ、__二=イ、::::'、:::`ヽ、
::\::/:ヽ  ,.< ̄,>、 /::::\:〉:::::::::
:::/::::::::::::∨ /⌒ヽ У:::::::::::ヽ:::::::::

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/08(金) 08:07:27.16 ID:iQRW2Est0
電撃の何周年だかと銘打って川原自身もいいおっさん
釣りでニシダといえば当然あの人を据えてくるだろうと思っていた

そんなことはなかった

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/09(土) 21:01:23.52 ID:jpNIbBkri
ニシダさんForever

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/09(土) 23:07:01.05 ID:LWdGDs9jO
終わらんでー

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/10(日) 10:43:08.21 ID:XGRlTwN80
しねキバオウ

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/11(月) 14:12:24.81 ID:ebFDi3NS0
なんでや!

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/11(月) 21:17:48.29 ID:5XjKNojRi
このスレはニシダ軍団が接収します。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/11(月) 22:50:37.56 ID:aD2X4GSs0
600

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/12(火) 20:08:17.77 ID:gHdB3j1P0


602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/13(水) 20:23:45.51 ID:AJK6NFMk0


603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/14(木) 01:09:52.33 ID:W9WadaJp0
キバオウ!中に出すぞっ!

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/14(木) 08:25:28.55 ID:/ByjCwYqi
このスレが陥落するのも時間の問題だな。ニシダさんが涅槃で待ってるぜ。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/15(金) 18:08:51.08 ID:TBXnKuaO0
落ちるのちょお待ってんかぁ?

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/15(金) 18:39:36.52 ID:VrPMhyd00
SAOPでの出番が続く限り需要はあるね

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/16(土) 00:57:13.41 ID:sOFtgT/30
うむ

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/17(日) 05:31:19.94 ID:ISQpeL6ui
ウンコ

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/17(日) 10:09:24.81 ID:vLtDbqiO0
(*゚ー゚)キバオウの中、暖かいナリ

194 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)